Ode1kq7q1ypnmrkb06dz58xajx3my9g0ybjalvwg9gowvdelqbrz4pek2j4ygnrj

【国語】センター現代文を確実に伸ばす参考書別勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター国語の現代文で思うように点数が取れない。

この記事では、センター現代文を劇的に伸ばしたいあなたのために、センター現代文の参考書別勉強法を紹介します。まずはこの記事で、センター現代文を攻略するための勉強法・参考書・問題集を知りましょう。適切な対策を積み重ねることで、確実に偏差値は伸ばしていくことが可能です。

あなたも、この記事を読んでセンター国語の勉強法を確立し、着実に成績が伸びる勉強法を実践してみてください!

センター国語とは

Rzdqr5pkmqjd5oll4p820bzrba7gybxq4jma9xwnrjmd3qvgeexvy1k6wzyj0kl1?w=430

センター国語の出題傾向

センター国語では、『評論』・『小説』・『古文』・『漢文』の4つの分野から問題が出題されます。
どれもしっかりとした対策が必要ですが、各分野の勉強を進めていく中で、特に受験生の中で対策が曖昧になりがちな分野が評論文です。

評論文とは

評論文とは、一言でいえば『筆者が自分の意見を主張するための文章』です。同じ現代日本語で書かれた物語である『小説』とは、全く異なる目的を持つ文章なので、馴染みがないかもしれません。では、そんな評論文は『どのように』読んでいけばよいのでしょうか。

『小説』を沢山読んできたあなたは、文章を『どのように読めばよいのか』という問いに、疑問符が浮かぶと思います。なぜなら、あなたの読み慣れている『小説』は『物語』であるため、『読解の自由』の権利があなたの側にあるからです。『小説』を読むとき、1つの物語に対する『受け取り方』『感想』は人それぞれです。それが、『読解の自由』を楽しむための読み物である『小説』の特徴なのです。

しかし、一方で『評論文』は目的をもって書かれた文章です。つまり、筆者には何か訴えたいことがあり、それを伝えるために書かれた文章なのです。そのため、評論文の問題では筆者の『主張』を、正しく理解できたかを問われます。受験生の多くは、日本語のネイティブであるがために、評論文の対策を怠ってしまいがちです。読み慣れていない『評論文』で得点するために、まずは『評論文』についてよく知るところから始めましょう!

評論文の読み方

評論文を読む際には、以下の3つのことを意識して読み進めてみましょう◎

『話題』=何について書かれた文章か。
『筆者の主張』=『話題』について、筆者が言いたいことは何か。
『論の展開』=『主張』のための文章の展開(理由・根拠・事例などを含む)

これら3つを意識して把握するように読み進めていくことで、『なんとなく』本文を読んで『なんとなく』設問に答えるという状態から脱することができます。『話題』『主張』『論の展開』を意識して読み進めていけば、筆者が何の『話題』で何を『主張』していて、どのように主張を納得させるための『論の展開』をおこなっているのかを理解することができます。つまり、『読解』に目的をもって読んでいくことで、文章の全体(話題と論理展開)と詳細(主張)に対する理解度が高まるのです。文章の理解度が高ければ、自然に設問への正答率も上がることになります。

センター国語の得点配分

センター国語を全く解いたことがないというあなたも、既に何回も模試で解いたことがあるあなたも、センター国語の得点配分をおさらいして対策を練りましょう。得点配分を知ることで、『何を』『どれくらいの比重で』勉強すれば良いかの目途が立ちます。例えば、あなたの志望校の現代文の問題が、漢字80%読解問題20%であれば、漢字の対策により力を入れた対策を行う必要があるでしょう◎

0165gbexk9a28lmvq46dmwgn50kzo8qvdgwaxglbbjzpreqv3wy7prd1ojojevb4?w=430

得点配分をみると、それぞれの科目に共通して、大きく分けて『基礎=漢字や語彙』と『読解問題=本文の内容理解』の2つの構成になっていることがわかります。『基礎問題』の得点を合計すると50点になり、全体の得点の1/4を占めていることがわかります。つまり、センター国語で8割得点したいあなたは、基礎を固めるだけで200点中40点を確保することができるのです。基礎以外の『読解問題』の配点は合計160点なので、そのうちの75%である120点を得点できれば、『基礎問題』と合わせて160点得点することになり、『センター国語』8割得点を達成することができます。逆に『基礎問題』をボロボロ間違えた場合、『読解問題』で100%近く正答しなければ8割に到達することはできません。センター国語で8割得点するためには、『なんとなく』の読解対策よりも、まず『基礎』となる漢字・古文単語・古文法・漢文の語句を完璧にすることが重要であることがわかるでしょう。

センター国語で高得点を狙うあなたは、まず『基礎』を完璧に仕上げましょう!

センター国語8割達成のための得点戦略

5e63jkknj6me2rzq4jgp0my5qg1wnnmkreoadw7bxrokpbz89vaxledlv3erzvow?w=430

【センター国語対策】語句と文法の失点をなくす

センター国語で8割得点したいあなたは、『基礎問題』である、漢字・古文単語・古文法・漢文の語句での失点を避けましょう。
この部分を確実に得点することで、『読解問題』でのミスを補うことができます。『読解問題』を100%ミスなく解いていくことは不可能に近いので、『基礎問題』での得点が高得点取得の分れ目になります。基礎である漢字などは継続的に勉強し、確実に得点することができるように対策しておきましょう!

『基礎問題』は唯一『やればやるほど点になる』分野です。完璧な対策をして、読解問題に余裕をもって取り組めることが大切です⚠

【センター国語対策】「読解問題」を得点源にする

『読解問題』を自信をもって解くことができるようになると、『基礎問題』での得点と合わせてセンター国語で8割得点することがかなり現実的になってきます。センター国語の読解問題は、一問の配点が大きく、8点近くあります。そのため読解問題の誤答は1問程度に抑えることが重要です。

しかし、実際にほぼノーミスで読解問題をクリアするためには相応の勉強が必要になります。正確で安定した読解力と、誤答と正答を根拠をもって見極める解答力が必要になるので、『センター国語勉強法の5ステップ』を実践してみてください◎

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

【センター国語対策】 読解力養成の5ステップ

センター国語において、配点の高い読解問題を得点源にするために、合格者が実践した以下の5ステップの勉強法を知りましょう。その上で、自分の学力に合わせてどのステップから実践するかを決めると良いと思います◎

センター国語勉強法のステップ①:漢字を固める

まずは、センターの国語『評論文』で得点の20%を占める漢字の対策をしましょう。
漢字は長期的、継続的に取り組むことが重要なので、参考書を1冊決め、その1冊を徹底的に潰しましょう。

 『入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)』

この漢字の参考書は定番の1冊ですが、自分の好きなものを選ぶのがよいと思います。重要なことは、使う参考書を決めたらコロコロ変更しないことです。1冊を徹底的にやり込むことでしっかりと学力を身に付けましょう!

Egq7xp6dk2xkdbm67rw1nx5lylzewygzjrneqzv9v3j8qbppjr4gaom0gbxjjzzk
参考書名
入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)
著者
川野 一幸, 晴山 亨, 立川 芳雄
ページ
232ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
Gd3qdbx7qqbdove0l2wgzmpvg3wpylwyrygnykm6r4baked58jjzl19nxrlkg015?w=80

実際に入試に出た漢字もあるのはもちろん、意味がわかりやすく載ってるので語彙力も上がる。

Gd3qdbx7qqbdove0l2wgzmpvg3wpylejxenoykm6r4baked58jjzl19nxrlkg015?w=80

漢字帳って漢字を書けるようにする事を目的にやる人が多いと思うけど、それは当然やらないけんけど もっと重要なのは 漢字を見て意味が答えれるようになる事。 現代文は 基本的に ①語彙力②テーマ力③読解力 が必要なんだけど ①を鍛えるには漢字帳の意味を覚える事が1番いい、②は 現代文キーワード読解とか 普通に問題集やってつければいい、③は 現代文読解力の開発講座とか 現代文と格闘する とか解説の詳しい参考書でいける、、 俺は今まで全然本とか読んできてなかったから語彙力が乏しかったから キーワード系の参考書は勿論のこと 結構常識的な漢字すら現代文やってて意味がわからなかったからやるしかなかった。 進学校とかに行ってる人は①の力が強い人が多い、、そーゆー人たちはこんな勉強法は必要ないと思うけど 非進学校の人たちは基本①の勉強をしないといけない、、そもそも現代文の勉強をする人が少ないし やったとしても 読解系の参考書ばっかりやって1番大事な 語彙力がつけれてない、、、、英語でいうと単語帳覚えてないのに長文ばっかりやってるのと同じ。そんなアホな勉強はやめよう。 別に漢字帳とかなんでもいいけど 、武田塾の参考書ルートに入っていたから適当にこれにした。 前まで現代文は才能やからやっても伸びないと思っていたけど 文転してやらざるを得ん事になったからね( ̄∇ ̄) 俺は全体的に 国語は武田塾のルートを参考にした(´∀`) 武田塾は理系の参考書ルートはなんか微妙だけど 私立文系には良く出来ていて 特に国語と社会はかなり参考になるところがあった、てか国語は本当にほぼルート通りで伸びた、、 リア友で河合塾に行ってる阪大志望の人がいるが 夏の時点でほぼ成績(国語の)は変わらなかったけど 俺は現代文は才能じゃないって信じてやった結果 爆上げできた、、リア友の彼は今も才能と思っているらしく 伸びてないらしい、、、、、、、、、 現代文の勉強は全教科に響くので 今高1.2生は少しでもやっておこう

Kdxj5vn8rvw2qlpw0a79m1qzpvolnql06g2axmk5ze3b4gdjjxky6regdbwav1l7?w=80

冒頭に手順が書いてあるので、素直に順番通り演習すれば確実に力がつきます。その際、意味もセットで覚えると理解度が格段に上がります! 最低でも書き取りやセンター対策は、必ずやっておくといいと思います。(中には常用漢字範囲外のものもあるので、センターのみであればやらなくてよい) とにかく点を落とさないために入試必須です!!

レビューをもっと見る

センター国語勉強法ステップ2②: 現代文キーワードを知る

『現代文のキーワード』は、安定した読解力を身に付けるために必要なものです。センター国語の評論文は多様なジャンルの文章問題が出題されます。試験時には初見の文章を読み進めていくことになるので、その場での読解力が試されます。しかし、頻出の分野のキーワードを知っておくことで、評論文のテーマについての理解が容易になり、有利に読解を進めることができるのです。

『読解を深める現代文単語〈評論・小説〉』

上記の参考書などを用いて、まずはキーワードを知りましょう。問題集や模試の際に読んだ現代文にわからないキーワードがあれば、参考書から探して印をつけ、内容を理解することも重要です。現代文の幅広い語彙力が身につけば、あなたの現代文の読解力は一段階上がることになるでしょう。

7rzdqr5pkmqjd5oll4p820bzrba7gyb3aqo9xwnrjmd3qvgeexvy1k6wzyj0kl1p
参考書名
読解を深める現代文単語〈評論・小説〉
著者
ページ
302ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
Xlx4qzwrmeqd2wzb79byxgvp4px5ywlxzy8o01r3nkemdkzjlago8vlj6qb5dor9?w=80

大学入試の現代文の試験で頻繁に出題されるテーマに関する単語がそのテーマごとにまとめられています。英単語集と違って軽く図説が入っててその単語のそもそも意味やイメージをつかむことができます。評論文のみならずセンター試験の小説で出題される小説語も扱っているので、多少口語的な小説であっても、やらない場合よりはかなり読みやすくなると思います。

30rgj80m8g1gnqy2arwmb6vxvzejnxyrxe9y7djk4p9qlebzl5r3oxdkwpwlmdl9?w=80

評論文でよく扱われるテーマのキーワードから、初めて聞くような難単語まで様々な単語を網羅しています。後半の単語はかなり難しく、センター程度の評論文ではあまり見かけないものが多いです。逆に二次や難関私立、日常での教養には役立つかと思います。一般的な語彙をある程度頭に入れた上で、さらなるボキャブラリーの補強として使うのがおすすめです。

0165gbexk9a28lmvq46dmwgn50kzo8yx8dqaxglbbjzpreqv3wy7prd1ojojevb4?w=80

素直に楽しい。語彙が増えるのって楽しいよね。別にこれが必要!って推す訳じゃないけど、知ってれば得すると思う。 受験を見て勉強してるならことばはちからダ!一択。 こっちは単語量多いから個人的には趣味というカテゴリに思ってる。普通に役に立つのは間違いないけどね。 とりあえず語彙増えるのは楽しいからこれ好きです

レビューをもっと見る

センター国語勉強法ステップ③: 展開把握・ディスコースマーカー

漢字と現代文のキーワードを勉強したあなたは、センター国語の現代文の『読み方を学ぶ』段階に入っていきます。この段階では、現代文の文章の因果関係、順接、逆接、対立などの論理展開を学ぶことで、本文をより論理的に理解できるようにしていきます。現代文という科目で確実に得点するためには、『センス』などといった不明瞭な定義で現代文の力を測るのではなく、『論理的に文章を読み解けるかどうか』を測ることが重要です。論理展開や文章の流れを理解する方法を学ぶことで、あなたは『いつ』『どんな問題でも』確実に、安定して得点をとれるようになるでしょう。

『出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)』

この参考書は、論理展開を理解しながら読んでいく方法を丁寧に解説している良書です。筆者の主張は何であるのか、どこまでが例文なのか、因果関係の見抜き方など、論理的な読解の基礎を学ぶことができます。

本文の論理展開を理解して読んでいくことで、本文の内容理解が深まります。本文を理解することは、設問に正しく解答するための前提条件です。本文を正確に理解することができれば、あとは誤りの選択肢に惑わされずに、正答を選択していくだけなのです。

Gd3qdbx7qqbdove0l2wgzmpvg3wpylddx7pyykm6r4baked58jjzl19nxrlkg015
参考書名
出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)
著者
出口 汪
ページ
236ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
Ejy6kgm58bzjvqr9kbq4v1xrepl7nlexrbpymwlg6oa2kyedgwdx0znjp3pq5jwr?w=80

問題が少し簡単かもしれないけど サクサク解けて楽しい。これやればMARCHぐらいは余裕でしょ。

P9emmoxz9wr5q0zy8jalk42dg6wgymz1mzgonx7veo3vdpj1qlmmbpkreb7vrzqd?w=80

筆者のキモチなんか知るか、と思ってるそこの君はぜひ!

Gwamrp8bzqy4jar9ldbemxg7p6e3nzk1awwyjkowzrvd0kl52qnv1wgmxp9empvw?w=80

正直ほかやった方がいい。。。

レビューをもっと見る

センター国語勉強法ステップ④: 正答の根拠を見つける

漢字力を身に付け、現代文のキーワードに親しみ、本文の展開を理解して読むための勉強をしたら、実際の問題を多く解くことで力を付けていく段階に入ります。この段階の勉強では、市販の問題集や過去問を使用することになりますが、重要なのは『問題を解くこと』ではありません。

問題演習で最も重要なのは『選択の根拠をもつこと』ですが、一般的に、多くの受験生は現代文読解の勉強を以下のように行う傾向があります。
①問題を解く
②解答を見て丸付けをする(一喜一憂する。実質ここで「やりきった感」がある)
③間違えた個所の解説を読む

この勉強の間違いポイントは、②と③の間にあります。
この勉強方法では、問題を解いたあとで答えを確認し、すぐに間違えた個所の解説を読んでいます。しかし、実際の試験ではあなたは答えを知ることも解説を読むこともできません。解説を読んで、その問題に関しては理解したとしても、試験本番では違う文章、違う問題が出題されます。問題を解いて、解説を読むだけでは、『問題演習』という学習を『自分の学力』に変換することはできないのです。では、『問題演習』によって読解力を高めるにはどのようにすればよいのでしょうか。

『問題演習』によって読解力を高めるためには、②と③の間に『正答の根拠を探す』作業が必要です。

現代文の問題は、解答の根拠は全て本文中に見つかるように作問されています。つまり、『根拠を見つける』ことができれば全ての問題に正確に解答することが可能なのです(漢字などの知識問題を除く)。

以下のように勉強することで、確実に力を付けていきましょう。
①問題を解く
②解答を見て丸付けをする
③正答の根拠を本文中から探す←NEW
④間違えた個所の解説を読む

各設問の正答の根拠を本文中から見つけ出す練習を重ねていくことで、設問に『根拠をもって』解答することができるようになります。言い換えれば、『なんとなく』選択肢を選ぶ『センス』頼りの読解から脱却し、『明確な根拠』をもった、より確実で論理的な読解力を身に付けることができるのです。

演習にかける時間と労力を無駄にせずに、確実に一題一題の演習を自分の力に変えていってください。このような、明確な狙いのある勉強法を実践していけば、徐々にセンター国語の問題で高得点を取れるようになっていくと思います?

センター国語勉強法ステップ⑤: 要約をする

読解力養成の最後のステップ『要約』は、読解力養成の総仕上げ学習です。
解いた演習問題の本文を(この時点で全ての設問の解答の根拠は明確になっている必要があります)『段落要約』と『全体要約』していきます。

【段落要約】
本文の内容を段落毎に理解し、文章の展開を把握しながら読んでいく能力が身に付きます。

【全体要約】
本文中から最も重要な部分を選択し、まとめあげる力を身に付けることができます。

この2つの『要約』学習によって、本文の内容を『自分の言葉で言い換える能力』=『内容を理解して、さらにまとめあげる能力』を育てることができます。この学習は、本文の内容や筆者の主張の理解度を測り、育てるものです。もしあなたが本文を正確に理解することができていなければ、要約を作成することを困難に感じるでしょう。『要約』に取り組むことで、本文を読み取ろうとする姿勢と力が養われます。

是非実践して現代文の読解力を飛躍的に向上させてください。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

最後に

Ejy6kgm58bzjvqr9kbq4v1xrepl7nlddeepnmwlg6oa2kyedgwdx0znjp3pq5jwr?w=430

配点の大きいセンター国語で高得点を取ることができれば、センター利用などにも有利になります。
センター国語が苦手な人は、これまでの対策が不足していたか、成績が伸びる勉強法ができていなかっただけなので、気落ちせずに頑張りましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
Gq7xp6dk2xkdbm67rw1nx5lylzewygx9g1moeqzv9v3j8qbppjr4gaom0gbxjjzz?w=72
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

Mpvbx1ajjnrxew3lqppdlbzv5mq2abe342rod7vk0yg19zbxkgw4ro86emnz4yjq?w=120

【センター国語】9割をとる勉強法とおすすめの参考書を紹介

Gd3qdbx7qqbdove0l2wgzmpvg3wpylzg6wgaykm6r4baked58jjzl19nxrlkg015?w=120

【センター国語勉強法】時間内に8割を取り切るコツとおすすめ参考書・問題集

Wgypb7dnvo1bgqy0plklprjg29wqajddm84yz4edwk5b78va3jm6rexzmx0vv9dx?w=120

【センター国語の参考書】単元別正しい対策法で8割9割目指そう

Dvxngojz45zvbg2kwaxeq3vnrmdyoe0nljdypd8qwpb16o9klrem0x7glj0ga21m?w=120

【センター国語勉強法】時間配分と参考書で確実に8割突破する方法とは

Ode1kq7q1ypnmrkb06dz58xajx3my9ggql0alvwg9gowvdelqbrz4pek2j4ygnrj?w=120

センター国語の過去問のおすすめは?何年分?過去問の使い方を徹底解説!

Ode1kq7q1ypnmrkb06dz58xajx3my9e4oa0ylvwg9gowvdelqbrz4pek2j4ygnrj?w=120

【センター国語】7割をとる勉強法とおすすめの参考書を紹介

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay