【センター古文】満点を取るための勉強法&参考書を紹介します!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

この記事ではセンター古文で満点を取るための勉強法とおすすめの参考書を紹介します。古文の勉強はやるべき内容が決まっているため、的を射た勉強を心がければ他の受験生と比べて大きくリードすることができます。
この記事を参考にぜひセンター対策を進めてみてください。

センター古文でもう一伸び!今からできるオススメの勉強法

では、本題のオススメの勉強法を紹介します。確実に8割超えることができますので是非参考にしてください。前半3つは普段の勉強で、後半2つは解答するときに活用してください。

単語は基本となる意味だけを正確に覚える

古文単語は基本的な意味を正確に暗記するだけで試験には十分対応できます。単語帳には複数の意味が載っていますが、太字や赤字で書かれている意味が重要です。その他の派生的な意味は文章から推測したり問題文の誘導で容易にわかるので覚えなくて良いです。
古文で点が取れない原因を紹介したときに単語を正確に覚える重要性は指摘しました。なんとなく暗記する習慣とはここでおさらばして一つ一つ丁寧に暗記するようにしましょう。

文法は助動詞の意味の区別の仕方やその他の品詞の特殊な用法も含めて覚える

助動詞の意味・接続・活用を覚えたら次は、細かい助動詞の用法や他の品詞を勉強しましょう。読解系の科目は覚えた知識を使ってこそ点数に結びつきます。助動詞に関しては意味の区別の仕方や定型表現を暗記しましょう。知っておくと一気に文章が読みやすくなります。ズバリ助動詞が問題となったときも迷わず答えることができるので、今まで学んだものに肉付けするイメージで勉強してください。例文で法則を見て確認するとより早く定着できます。

その他の品詞に関しては、形容詞と助詞をメインに勉強しましょう。特にこの2つを取り上げるのは理由があります。それは、あまり重要視されない割に入試では問われるからです。大抵の受験生は用言の活用や助動詞の暗記に気を取られ、形容詞の語幹用法や助動詞の細かいルールはおろそかにしています。それを逆手にとってものにできるようにしましょう。

センター古文対策にオススメの参考書・問題集

『ステップアップノート30古典文法基礎ドリル』(河合シリーズ)

言わずと知れた古文文法ドリルです。文法の説明を読んだらすぐに演習問題に取り組めるようになっています。また、予備校系列が出版するだけあって入試を意識した解き方・考え方のコツが所々に盛り込まれています。それらも含めてきちんと覚えるようにしましょう。自分でペースを決めて3回繰り返し確認すれば古文の文法は怖いものなしです。

参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)
著者
井上 摩梨
ページ
83ページ
出版社
河合出版

現役時、夏休みに学校でセンター対策の講座を受けていた時、この時の担当の先生から文法がまだ終わってない人はこれを夏休み中にやれ、と言われ早速その日の帰りに本屋でこれを買いやってみましたが全然わかりませんでした…そもそも学校の授業などを全く聞いていなかった私が完全に悪いのですが本当に全くわかりませんでした…その後一旦これを諦めスタディサプリで古典文法を学びました。そして再度こいつに挑戦しましたが途中で諦めました…スタディサプリは神でした。それに比べてこいつは糞でした。理由は練習ドリルです。こいつは平気でその先の範囲の知識がないと解けない問題をだしてきます。それに、助動詞の意味の判別も訳して考えるというスタディサプリを一度やった身としては考えられない解説です。 ただ、古典文法は一通りマスターし終えた方なら良い復習教材になると思います。問題自体も基礎的なものばかりですので、おそらくはやい人なら1時間くらい(想像です)で1周できると思います。 長くなりましたが、私が言いたいのは初心者には絶対にオススメできないということと中級者以上が復習に使うのであれば良書ということです。この長く醜い文章が何かの参考になれば幸いです…長文失礼いたしました。

今までは学校の授業では理解しても、すぐに忘れてしまってなかなか覚えられませんでした… でもこれをやったら、一発!! アウトプット用で使うのがいいと思います👍🏻

レビューをもっと見る

『センター古文 満点のコツ[改訂版]』(教学社)

主語が変わるポイントや解答のテクニックなど、単語帳や文法参考書には書いてない内容をカバーしています。聞いたことはあるのに軽く見てしまいがちな知識の重要性を、例を交えてしっかり解説してくれます。私はセンター古文対策にこの本を読んでいました。
使ってみて、満点のコツが凝縮されていると感じました。余計な説明が一切ないのですぐに内容を吸収でき、今まで悩んでいた問題も難なく解けるようになりました。センター古文で満点を取るためのコツだけが詰まっている、まさしくセンター古文の特効薬です。
センター古文の読み方・解き方がわからず勉強しているのに点が取れない人はぜひ買って読んでください。

参考書名
センター古文 満点のコツ[3訂版]
著者
北村七呂和
ページ
192ページ
出版社
教学社

古文の勉強で心がけてほしいこと

過去問を解いたら平均点と比較する

年度によって平均点が高かったり低かったりします。過去問を解いたらその年度の平均点と見比べてみましょう。あなたの出来具合と受験生の平均点は比例しますので出来が悪くても落ち込まずガンガン過去問を解いていきましょう。

満点を狙って勉強しない

意気込んで満点を狙う人がいますが、「良くて8割ぐらい」と割り切って、満点が取れたらラッキーだと思って勉強しましょう。心にゆとりを持たせることで冷静に読み解くことができるのでかえって点数がアップします。

最後に

センター古文の対策は、必要なことだけをコツコツ取り組むことが大切です。ぜひ私が紹介してきた勉強法を実践してみてください。
的を射た勉強を心がければ満点も夢じゃありません。本番では納得のいく結果を残せるようがんばってください!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

【センター古文】満点を取るための勉強法&参考書を紹介します!

【センター古文】満点を取れる勉強法とレベル別おすすめ参考書

【センター古文の勉強法】満点をとれる参考書・問題集を紹介!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に