【文学部を徹底解説!】実は就職に強い!?文学部の実態と就職先情報

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「受けたい大学は絞れて来たけど、どの学部がいいか決められない!」
「文学部ってどんなことを勉強してるの?」
「文学部は就職できる?卒業生の就職先は?」

とお悩みのあなたに向けて、この記事では文学部で学べる内容や、多様な専攻・コース、気になる就職先、受験に必要な科目までまとめて紹介しちゃいますので、ぜひ参考にしてみてください◎

文学部とは

文学部または人文学部では、いわゆる「人文科学系統」の学問を学びます。すなわち、文学・語学・哲学・心理学・歴史学・考古学・文化人類学などです。

では、そんな文学部の理念や研究目的はどのようなものなのでしょうか。

“文学部は、過去から現在まで多様に展開されてきた人間の営みのすべてに対して、さまざまな角度からの考察を試みながら、究極的には、生きた人間そのものを総合的に理解することを目的として構成されている学部です。”

明治大学 文学部

私立 / 東京都 神奈川県

上の文は、明治大学文学部のウェブページからの引用です。


文学部と聞くと「文学」について学ぶ学部、というぼんやりとしたイメージを持っている人が多いかもしれません。もちろん、文学を学ぶこともしますが、それだけではありません。引用文のとおり、文学部では、「人間の営みのすべてに対して」多角的に考察を試みながら、「人間そのものを総合的に理解すること」を目的としています。ですので、文学部では文学について学ぶことはもちろん、それ以外にも、語学や哲学、歴史学、芸術学なども学びます。それは、「人間の営みのすべて」に対しての考察を試みるからです。

人間と文化の本質を究明するための多様なアプローチ法を取りながら、人間そのものや人間の多様な営みを総合的に理解するための学問研究に携わっているのが、文学部なのです。

また、授業は少人数制のゼミナールが多いのが文学部の特徴です。教員と直接コミュニケーションを取ったり、学生同士での意見交換をしたりすることで、問題意識を深めていったり、思考力や理解力、コミュニケーション能力を高めたりすることができます。また、4年間の学問の集大成として、自らの考えを表現し、考察する力を鍛えるために、卒業論文を必修としている大学が多くあるようです。

☆文学部に向いている人
・本を読むことが好き
・外国語が好きで、外国の歴史にも興味がある
・歴史が好きで、資料を読み解いて事実検証をしたい
・自己というものを探求する哲学に興味がある
・心理学を学んで、将来は心理カウンセラーになりたい
・自分が興味を持てることについて研究をしていきたい
・試験よりもレポートの方がいい

資格は、大学のカリキュラムによって、博物館学芸員や教員免許などを取得することができるようです。

文学部の学問分野

そんな文学部の学問系統は、大きく分けて「言語系」、「思想系」、「歴史系」、「行動系」の4つがあります。

言語系

「言語系」は、文学のことを指します。日本の古書や他国の文学に触れ、翻訳を行ったり文章理解をはかったりをします。「ことば」に関わる文化の問題に取り組み研究をしていきます。言語系の専攻では、いろいろな文学作品を数多く読みふけることになるでしょう。私の友人では、年間で何百冊も本を読むという人もいます!

思想系

「思想系」は、主に哲学を指します。高校での「倫理」を更に突き詰めていく倫理学も含まれます。思想系の授業では、哲学・倫理・宗教などを主に学び、人間の深い思考についての考察を試みるので、かなりの思考力が必要です。私たちにとって世界が持つ意味や、世界に生きる自己のあり方を探求する学問ですので、世界に対する「自己」というものを探求しながら、自分で考える力というものを養うことができます。

歴史系

「歴史系」は、歴史学や考古学、文化人類学などが当てはまります。過去に起こった物事を取り上げ、残された物や建造物、文章などから研究します。現存している一次資料を正確に読み取り、事実かどうかを検証していくという、非常に根気のいる学問です。人類の生み出した文化や社会の諸相を、変遷という時間軸に沿って研究し、現代の諸問題を解決するために貢献しようとする学問でもあります。

行動系

「行動系」は、心理学や社会学が当てはまります。人間の認知・行動を学び、人がどのような状況でどのような行動をするのかを主に研究しています。19世紀に哲学から派生して生まれた学問ですが、現在は認知科学や脳科学など、他分野に大きな影響を与えるまでになっています。心理学は人を用いた実験が多く、授業も実験や調査が中心で、実践的で面白いと感じる生徒が多いようです。

〈主な学問領域〉
【言語系】
言語学、日本語学、日本文学、比較文学、中国文学、英米文学、ドイツ文学、フランス文学、現代文学
【思想系】
哲学、東洋哲学、西洋哲学、インド哲学、倫理学、宗教学、キリスト教学、美学芸術学
【歴史系】
日本史学、東洋史学、西洋史学、中国史学、考古学、民族学、音楽史学、美術史学、現代史学
【行動系】
心理学、社会学、社会心理学、地理学、教育学


※大学によっては「人間科学部」「人間社会学部」などの社会学系の学部に「行動系」の学問が分類されていることもあります。
自分が行きたい大学の学部学科や、そこで学べる内容をきちんと調べましょう!

文学部の主な学科

〈国公立〉
【東京大学 文学部】思想文化学科/歴史文化学科/言語文化学科/行動文化学科

国立 / 東京都 千葉県

【京都大学 文学部】人文学科

国立 / 京都府

【神戸大学 文学部】人文学科

国立 / 兵庫県

【京都府立大学 文学部】日本・中国文学科/欧米言語文化学科/歴史学科

【大阪大学 文学部】人文学科

国立 / 大阪府

〈私立〉
【早稲田大学 文学部】文学科

私立 / 東京都 埼玉県 福岡県

【慶應義塾大学 文学部】人文社会学科

私立 / 東京都 神奈川県

【青山学院大学 文学部】英米文学科/フランス文学科/日本文学科/史学科/比較芸術学科

私立 / 東京都 神奈川県

【上智大学 文学部】哲学科/史学科/国文学科/英文学科/ドイツ文学科/フランス文学科/新聞学科/保健体育研究室

私立 / 東京都

文学部の学科は「文学科」や「人文学科」など単一の学科のみの大学が多く見られます。ですが、同じ学科でも、専攻やコースで細かく分野が分けられているのが一般的です。文学部の学問領域は多岐にわたるので、その専門分野は非常に多く、各大学でも十数個の専攻やコースが存在しています。

この記事を書いた人
現役でお茶の水女子大学に合格しました。お菓子が好きで、中でも和菓子が大好きです!みなさんのお役に立てれるような記事(主に国公立向け)を執筆しています。

関連するカテゴリの人気記事

【大学の学部】文系・理系の主要15学部をまとめて紹介!

【日本大学 学部一覧】偏差値やキャンパス、ランキングを紹介!

【心理学部を徹底解説!】偏差値順!心理学部のある10大学と就職情報

【情報学部を徹底解説!】偏差値順に大学紹介!院進学率が高く就職もしやすい!

【薬学部とは?】大学偏差値ランキングや大学別就職情報

【外国語学部を徹底解説!】気になる大学ランキングや留学事情

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に