【英語の関係詞】関係代名詞・関係副詞・関係形容詞の要点まとめ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「関係詞って覚えることが多い」
「関係代名詞・関係形容詞・関係副詞の違いがわからない」
関係詞について苦手意識を持ったことはありませんか?
覚えることが一見細く見えて、暗記が難しく感じられる単元です。

しかし、関係詞は基本的な内容を理解するだけで、関係詞の発展的な内容にも十分対応できるようになります。
この記事では「関係詞とは?」という基本的な内容からスタートし、それぞれの関係詞を整理して解説していきます。

関係代名詞・関係形容詞・関係副詞のポイントを理解し正確な読解ができるようになります。
本記事を読んで、ぜひ関係詞をマスターしましょう!

関係詞とは

まず、関係詞には主に2つの役割があります。1つは「2つの文をつなぐ役割」です。
接続詞のようにはたらき、前の文は「主節」、後ろの文は「関係詞節」と呼ばれます。
もう1つは「名詞・形容詞・副詞のいずれかになり主節の先行詞を修飾する役割」です。

このため関係詞は関係代名詞・関係形容詞・関係副詞とさらに3つに分けることができます。
次に、関係詞を使った2つの文のつなぎ方について紹介します。
以下の例文を見てみましょう。

・This is the book.(これは本です。)
・I bought it yesterday.(私はそれを昨日買いました。)

この2つの文を1つの文に直すときに使われるのが関係詞です。
その手順としては
1. 2つの文に同じものを指す語句を見つける(主節中の語句を先行詞という)
2. その中の関係詞節中の語句を関係詞に直す
3. 関係詞を主節の後ろに持ってくる
この3つのプロセスが大切です。

上の文を1文に直すとしたら、
1 「the book = it」という同じものを指す語句を見つける
2 itを関係詞(ここでは関係代名詞)のthat [which]に直す
3 関係詞that [which]を主節の後ろに持ってくる ⇛ This is the book that [which] I bought yesterday. 「これは私が昨日買った本です。」

このようになります。
関係詞が2つの文を1つにまとめ、主節の先行詞(the book)を修飾していますね。
ここでは関係代名詞を取り扱いましたが、関係副詞にも関係形容詞にも同じ役割があります。
関係詞の役割と2つの文を1つにまとめる手順はどの関係詞にも共通しますので、ここでバチッと暗記しましょう。

関係代名詞

ここでは関係代名詞について紹介します。最も頻出の関係詞ですので、1つ1つ丁寧に理解するようにしてください。

関係代名詞とは、関係詞の中で名詞の代わりをするものをいいます。関係代名詞についておさえるべきポイントは「先行詞によって使える関係代名詞が限られること」

関係代名詞は、原則として先行詞が人であればwho[that]を、人以外であればwhich[that]を使います。例えば、

1.I have a friend who lives in Canada.
 私にはカナダに住んでいる友人がいる。
2.The pen which you use is mine.
 君が使っているペンは僕のものだ。

このように使われます。先行詞はそれぞれ人(= a friend)、人以外(= pen)であり、それぞれに応じた関係代名詞が使われています。また名詞の代わりをしていることも見て取れると思います。

関係代名詞については以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧になってください。

【関係代名詞】東大生が解説!絶対におさえるべき3つの用法

関係形容詞

次に関係形容詞についてです。関係形容詞は他の関係詞とは少し違ったはたらきがあるのでそれらも踏まえて理解しましょう。

関係形容詞とは接続詞+形容詞の役割を持つ関係詞をいいます。関係形容詞に
は what と which の2つしかなく、文中での使用もそう多くないです。

まずは関係形容詞のwhatについてです。基本的に「what +名詞」でしか使われません。whatの次に名詞が来るのは見慣れないと思いますが、そのときに抱く違和感を頼りに関係形容詞だと見抜きましょう。「関係形容詞のwhat+名詞A」で「…する全ての名詞A」と訳します。具体的には
I gave him what help I could.「私は与えられるだけの援助を彼にした。」
このように使われます。ここでは関係形容詞のwhatが「与えられる全ての援助」という一つのまとまった意味を作っています。

次に関係形容詞のwhichについてです。こちらは非制限用法でしか使われません。ちなみに非制限用法については後ほど紹介します。
関係形容詞のwhichは「〜〜+カンマ(,)+which+名詞A」の形で、「〜〜、そしてその名詞Aを(は/が)」と訳します。
The friends wore the same trousers, which clothing looked all expensive.(私の友達は同じズボンを履いていたが、その服はどれも高そうだった。)
このように使われます。

関係形容詞は文章中で見つけることはあまりありません。ですが文法問題ではしばしば見かけます。深い知識は要らないのでサクッと暗記してしまいましょう。

この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

高校生必読!高校英語文法が驚くほど理解できる45の記事を総まとめ

英語のbe to構文を徹底解説!5つの意味・用法をマスターしよう

【英文法・不定詞とは?】to不定詞と原形不定詞をわかりやすく解説!

【大学受験の英語文法】2ヶ月でできる基礎からの英文法勉強法!

「英文法・前置詞とは?」イメージで覚える英語の前置詞一覧&使い方

【英語の関係詞】関係代名詞・関係副詞・関係形容詞の要点まとめ

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に