so thatの意味・使い方・用法を例文で完全理解!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

最後に

【so thatの重要ポイント】
・so that 「〜するために(目的)」
・so...that~ 「とても...なので〜」

この記事では、意味と言い換え表現がたくさんあって、混乱しがちなso that/so...that~をご紹介しました。同意表現のsuch thatではsuchの後に名詞が置かれること、so that~とin order thatの言い換えなどに気を付ければ、英文法でもミスなく得点が取れるようになると思います。

英文法の勉強は復習がメインと言っても過言ではありません。一度理解したと思った文法事項でも、何度でも復習してみましょう。あなたがso thatの構文や、so thatの意味や使い方、用法をマスターして、試験で高得点を叩き出すことを願っています!

高校生必読!高校英語文法が驚くほどわかる45の記事を総まとめ

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に