差をつける!英語の未来形「will」と「be going to」の違い

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

皆さんは英語の未来形である「will」と「be going to」を正しく使い分けられていますか?多くの受験生が正しく使い分けることのできない未来形、実はとってもシンプルなのです。この記事ではそんな「will」と「be going to」という2つの未来形を使い分けるためのコツをお教えします!未来形を上手に使い分けて、他の受験生に差をつけましょう。

〈未来形〉willとbe going toの違い

現在形・過去形があるように、英語には未来形なるものが存在します。先にも言ったように、「未来」というのはまだ実際に起こっていなく、ぼやっとしたイメージなので、その表現は話し手によって変わってきます。そして代表的な英語の未来表現は「will」と「be going to」があります。その2つの表現の違いを意味ごとに紹介していこうと思います。

未来形で「意志」を表す時の違い〜前から決まっていたか

まずこの日本語を未来形で表してみましょう。「私は来週からハワイに行くつもりだ」これは話し手の“意志”を表す未来形ですよね。

①I am going to leave for Hawaii next week.
②I will leave for Hawaii next week.

さて、この2つの未来表現は何が違うのでしょうか。結論から言ってしまいますと、
・be going toは話す前から考えていたこと
・willはその場のひらめき
つまり①は以前からハワイ計画は着々と進んでおり、それが来週に迫っていることを表し、②はその場の思いつきで、例えば「来週急に一週間休みができたから、ハワイでもいっちゃうか!」みたいなニュアンスですね。つまり意志を表す未来形において「will」と「be going to」は“前から決まっていたか”が区別のポイントなのです。

未来形で「予測」を表す時の違い〜根拠があるか

次にこの日本語を英語にしてみましょう。
「午後雨が降りそうだ」これは“予測”などを表す未来形ですよね。
①It is going to rain this afternoon.
②It will rain this afternoon.

この2つの違いは
・be going toは目に見える根拠がある
・willは目に見える根拠がない
つまり①は「空には雨雲があるし、午後は雨が降りそうだねえ」という目に見える根拠による予測であり、②は「天気予報で午後は雨って言ってたよ」などの目に見えない根拠による予測なのです。つまり予測を表す未来形の区別のポイントは“予測の目に見える根拠があるかどうか”なのです!

表でまとめるとこのようになります。次に「be going to」、「will」それぞれを基準に意味をより詳しく説明していこうと思います。今紹介した意味のイメージを頭に置きながら読んでいってください。

未来形 be going to

まず「be going to」です。〈be going to+動詞の原形〉の形で未来を表すことができます。動詞はtoの後なので、原形になります。先に紹介した「意志」「予測」の2つの意味を今一度ご紹介しますね。

意志のbe going to

先にもお話ししたように、「be going to」で意志を表す時は「前から決まっていた意志」を表すことができます。例文を見ていきましょう。
・I’m going to buy new shoes today.(私は今日新しい靴を買うつもりです)
これは前から決まっていた意志です。つまりショッピングセンターに向かう途中、「よーし今日は新しい靴買うぞ〜」と言う時に使うイメージですね。

予測のbe going to

「be going to」で予測を表す時は「目に見える根拠のある予測」を表すことができます。例文を見ていきましょう。
・Tigers is going to win this game.(タイガースはこの試合に勝つだろう)
これは客観的に見て勝利が明らかな時、つまりタイガースがジャイアンツに10点ほどの差をつけている時に「やー今日はタイガースが勝つな!」と言う時に使うことができます。この「10点差」とは目に見える予測の根拠になりますよね。

否定形・疑問形

否定形・疑問形の形はbe動詞の要領です。be動詞を否定すれば否定文になり、be動詞を前に出せば疑問文になります。例文を見てみましょう。

・I’m going to buy new shoes today.(私は今日新しい靴を買うつもりです)
・I’m not going to buy new shoes today.(私は今日新しい靴を買うつもりはありません)
・Are you going to buy new shoes today?(あなたは今日新しい靴を買うつもりですか?)

このようになります。

未来形 will

次にwillです。〈will+動詞の原形〉の形で未来を表すことができます。この「will」は助動詞なので、人称や数によって変化することはありません。この「will」にも2種類の用法があります。

意志のwill

「will」で意志を表す時は「その場のひらめき」を表すことができます。例文を見てみましょう。
・I will buy these shoes.(私はこの靴を買うつもりだ)
買い物に来てある靴に一目惚れしたあなたが、一緒にいる友人に言う一言です。これは前から決まっていたことではなく、今その靴を見つけて買うことにしたので「will」を使います。

予測のwill

「will」で予測を表す時は「目に見える根拠のない予測」を表す時に使うことができます。それは例えば通説であったりします。
・It is said that there will be a big earthquake in the near future. (近い将来、大地震が起こるだろうと言われている)
これは目に見える根拠がない予測ですよね。

・She will be here in ten minute.(彼女は10分もしたら来るでしょう)
これも目に見える根拠がない予測ですよね。きっと連絡は来ていないけれど、話し手の長年の経験で「彼女は大遅刻する子じゃないからそろそろ来ると思うよ」みたいなニュアンスを表す時に使うことができます。

対して、彼女から「ごめんあと10分でつく!」という連絡が入った場合はどうなるのでしょうか。そうですね、これは目に見える根拠です。つまり、
・She is going to be here in ten minute.
と表せるのです。

willの否定形・疑問形

wilは助動詞なので、willを否定すれば否定文に、前に出せば疑問文になります。例文を見ていきましょう。

・I will buy this shoes.(私はこの靴を買うつもりだ)
・I will not(won't) buy this shoes.(私はこの靴を買うつもりはない)
・Will you buy this shoes?(あなたはこの靴を買うつもりですか?)

このようになります。

この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に