【asの用法】暗記必須の4つの用法と頻出表現を完全網羅

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

asの用法④:関係代名詞の働きをするas

原級比較のas、接続詞のas、前置詞のasが理解できたら、最後に「関係代名詞の働きをするas」をマスターしましょう◎
既にご紹介した3つのasの用法に比べれば出題される頻度は少ないかもしれませんが、覚えておくと英文法と英語長文の問題への対応力が上がります。

苦手な人も多い関係代名詞ですが、asも関係代名詞と同様の働きをすることがあります。下記の例文を読んでマスターしましょう。

この例文では、asが関係代名詞のように、節の中で主語の働きをしています。つまり、「the same jacket was worn by the actress in the movie」の「the same jacket」の代わりとして機能しています。この英文を、見慣れた関係代名詞に置き変えると、「This is the same jacket which was worn by the actress in the movie. 」となります?

この用法では、「the same...as~(〜するのと同じ…)」「such...as~(〜するような…)」という表現で使われることが多いので、覚えておいてください。「such...as~」の表現は例えば、「 I want to paint such pictures as I see in museums.」のように使われます。

また、英語長文でよく出会うのが、「直前の節を先行詞とするas」です。こちらも例文でイメージを掴みましょう!

この英文では、asがwhichのように直前の節全体を先行詞として機能しています。
また、関係代名詞の働きをするasが節全体を先行詞とするとき、先行詞となる節よりも前に置かれることもあります。英語長文をたくさん読んでいると、こちらのパターンに出会うことも多いので、注意しておきましょう。

asを使った頻出表現

最後に、asを使った頻出表現をご紹介します。
英文法や英語長文の勉強をしていると、何度も目にする表現です。英文法問題や英語長文問題でよく出るわりに、知っていれば解ける問題ばかりが出題されがちなので、きっちり覚えて楽に得点を稼ぎましょう。

以下の頻出表現を覚えておくことで、英文法にも対応でき、英作文でも使える表現が増えると思います。是非頭のノートにメモしておいてください◎

これらの超頻出表現の他にも、「as a rule(一般に)」「as a matter of fact (実際のところ)」「as is often the case (大抵の場合)」などの表現も頻出です。上の6つの表現と一緒に覚えておきましょう◎

最後に

大学受験英語において、覚えておくべきasの用法は、

①原級比較のas
②接続詞としてのas
③前置詞としてのas
④関係代名詞の働きをするas

の4つでした。

これらのasの用法に加えて、as soon as possible, as far as, as long as, as ifなどの頻出表現を覚えておくことで、英文法でも英語長文でもしっかりと得点が取れると思います◎是非asの用法と頻出表現をマスターして英語の実力をぐんとUPさせてください!

高校生必読!高校英語文法が驚くほどわかる45の記事を総まとめ

この記事を書いた人
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に