【社会学部とは】学べることや大学の偏差値ランキング、就職情報を紹介

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

主な入試科目(国公立/私立)

ここでは、社会学部を受験するのに必要な主な科目についてお話します。国立であれば基本的には5教科7科目が、私立であれば3科目が求められます。

国公立大学

センター試験※一橋大学の例
必須科目:国語、数学(2科目)、理科、外国語
選択科目:日本史B、世界史B、地理B、倫理・政経から2科目

二次試験※一橋大学の例
必須科目:国語、数学(ⅠA・ⅡB)、英語
選択科目:日本史B、世界史B、地理B、倫理・政経から1科目

私立大学

立教大学の例
必須科目:国語(現代文・古文)、英語
選択科目:日本史B、世界史B、数学(ⅠA・ⅡB)から1科目

基本的にセンター試験では5教科7科目が、国公立大学二次試験では4科目が、私立大学本試験では3科目が課されます。
ですが、大学によって受験に必要な科目が異なります。きちんと赤本や大学のHPを見て受験科目を把握し、十分に対策をした上で入試に臨みましょう!

最後に

ここまで社会学部について、学問領域、卒業生の就職先、入試科目を紹介しました。
社会学部はあらゆる事柄を学び、入学当初から専門性の高い内容を扱うわけではないので、◯◯学部(法学部、文学部など)のような学部の枠を超えて学問に打ち込めるのが大きな特徴であり魅力です。
就職先については、特定の専門に特化しているわけではなく就活に不利だと感じるかもしれませんが、裏を返せばどの業界でも有利に就職活動ができる可能性を秘めた学部ということです。どの学部にしようか迷っている方は、ぜひ社会学部も検討してみてください。

学部を選ぶのに「絶対」はありませんが、この記事があなたの学部選びの役に立てれば嬉しいです。

この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

【大学の学部】文系・理系の主要15学部をまとめて紹介!

【心理学部を徹底解説!】偏差値順!心理学部のある10大学と就職情報

【情報学部を徹底解説!】偏差値順に大学紹介!院進学率が高く就職もしやすい!

【日本大学 学部一覧】偏差値やキャンパス、ランキングを紹介!

【外国語学部を徹底解説!】気になる大学ランキングや留学事情

【薬学部とは?】大学偏差値ランキングや大学別就職情報

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に