志望者必見!経営学部の偏差値・就職情報とおすすめ大学を徹底解説

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

経営学部で学べる内容について知りたい。
経営学部の偏差値と就職先を知りたい。

経営学部への進学を検討しているあなたのために、この記事では経営学部で学べる内容や、経営学部生の主な就職先、経営学部の受験科目、経営学部で取得できる資格などの情報に加え、主要大学の経営学部の偏差値や就職先情報についても徹底解説していきます。

経営学部の受験を検討しているあなたは、ぜひこの記事を読んで経営学部についてのイメージを明確にし、受験対策に臨んでみてくださいね。

経営学部とは

経営学部とは、生産や消費などの経済活動を、より実践的に現実の社会に応用する方法をを学ぶための学部です。そのため、経営学では、企業経営に関わる理論を中心に学びます。1・2年次には一般教養や語学、経営学の基礎的な範囲を学ぶことが多いですが、次第に商学や会計学、マーケティングなど、より実践的なビジネスの創造と推進に関わる内容を学びます。また、経営学部では企業の経営だけでなく、学校や病院、行政機関の経営についても学ぶことができます。経営学部では、実際の社会で役立つ実践的な学問を扱うということができるのです。

経営学部ってどんなところなのか、少しずつイメージができてきましたか?まだまだよくわからない、というあなたのために、実際の経営学部で「何を」「どのように」学べるのかを、MARCHの人気大学の1つである、立教大学の経営学部を例にご紹介したいと思います。

【立教大学経営学部での学び】

立教大学の経営学部経営学科では、「マーケティング」「マネジメント」「アカウンティング&ファイナンス」「コミュニケーション」の4領域で、ビジネスに必要な最先端の専門知識を学ぶことができます。また、全員が履修する「ビジネス・リーダーシップ・プログラム」では、少人数のグループワークを通じて、社会で求められるリーダーシップを身に付けることができます。さらに、「企業を相手にビジネスプロセスを体験できる授業を通し、社会で求められるスキルや視点を学び、将来のキャリアについて考える機会」が多く用意されているようです。

立教大学の経営学部では、経営学を通じた学びの中で、学生が「問題を見つけ、分析し、解決する力」「チームを動かし、引っ張っていく力」「人を動かすプレゼンテーション能力」などを身に付けることができるようなカリキュラムを提供しています。まさに、ビジネスリーダーを育てるための学部と言えそうですね。

立教大学 経営学部 学部紹介

経営学部は、ビジネスの場で活躍したい人にとって、ビジネスに関わる理論と実践的な学びを提供してくれます。
ビジネスに強い関心がある人、経営や企業活動について学び、就職活動でロケットスタートを切りたい人には、最適の学部かもしれません。

まだ受験する学部が決められていないあなたも、志望大学の経営学部でどんなことを学ぶことができるのかを調査してみてはいかがでしょうか。

経営学の学問分野

経営学は、企業の経営管理について研究する学問です。企業経営における戦略や従業員・資金の管理など、企業経営に関わる経済的・人間的・技術的側面を研究対象とします。経済学と混乱しがちかもしれませんが、経済学は社会全体の経済活動を研究する学問であり、経営学は企業の経営に関わる、より実践的な側面を持つ学問です。

経営学にも様々な分類があり、経営戦略論、経営政策論、経営組織論、経営管理論、人事管理論、生産管理論、販売管理論、国際経営論など、広い分野に及びます。

また、経営学を学ぶうえで、経済学や法学、社会学、情報理論など、隣接する分野に関する知識も重要です。情報資源管理論、情報セキュリティ論など、情報に関する科目を多く配している大学もあり、理論だけでなく現実に即した技術の習得も可能です。経営は、経済や政治など、社会の流れに影響を受ける分野であるため、よりよい経営を常に模索するための、理論と技術の研究が盛んなのです。

企業では、経営者や従業員として、たくさんの人々が働いています。
また、企業の外側には材料や部品を供給してくれるサプライヤー、製品を売ってくれる流通業者、お金を貸してくれる銀行、会社の株式を保有する株主、さらには製品やサービスを購入してくれる消費者や地域社会などがあります。このように、一概に「企業の経営」といっても、様々な関係者との関わりがあります。経営学は、このような企業と外部関係者を含んだ、ビジネスに関わる広い範囲に関する学問なのです。

経営学の主な対象は企業ですが、公共団体やNPO、自治体など、様々な組織活動も研究対象となります。
つまり、経営学は、事業の目的が何か、目的にふさわしい経営資源を適切に配置しているか、組織はそれに見合う形で構成されているか、従業員や消費者の満足度はどうなのか、社会に貢献できているかなど、多様な観点から組織を研究し、その成果を実際の社会に還元する、応用を意識した実践的な学問なのです。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

主な学科

経営学部の学科は、複数に分かれていることが多いです。全部取り上げてご紹介すると膨大な数になるので、この記事では人気大学(国公立/私立)の経営学部・学科をご紹介します。

国立大学TOP3

私立大学TOP3

「調べてみたら、志望大学に経営学部がなかった」という方は、経営学部の学科を調べてみてください。経営学部を設置していない大学でも、経営学部の中に経営学科を設けている大学が多くあります。「経営学を学びたいのに、経営学部がない」とがっかりする必要はありません。志望大学の学部・学科をよく調べてみましょう!

この記事を書いた人
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

【大学の学部】文系・理系の主要15学部をまとめて紹介!

【日本大学 学部一覧】偏差値やキャンパス、ランキングを紹介!

【心理学部を徹底解説!】偏差値順!心理学部のある10大学と就職情報

【情報学部を徹底解説!】偏差値順に大学紹介!院進学率が高く就職もしやすい!

【薬学部とは?】大学偏差値ランキングや大学別就職情報

【外国語学部を徹底解説!】気になる大学ランキングや留学事情

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に