【英語の勉強法】単語・文法・長文のコツとおすすめ参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

英語の勉強では、主に英単語・英文法・長文読解能力の能力を鍛える必要があります。扱うものや暗記の仕方が違うので、それぞれに応じた勉強法を固めることが大切ですね。

それでも、英語の勉強をしていて、
「何から勉強すればよいか分からない…。」
「なかなか頭に入らない」
なんて状態になり成績が伸び悩んだことはありませんか?英語はどの科目にもまして暗記すべき量が多く勉強の成果が実るまで少々時間がかかってしまいます。
ですがきちんと対策すれば英語の成績は着実に伸びていきます。なのでぜひ入試本番までに英語の力を高めていきましょう!

この記事では、英単語・英文法・長文読解の3つに分けた英語の勉強法とおすすめの参考書・問題集を紹介します。
英文を正しく読み、文法問題も長文問題も今まで以上に解きやすく・読みやすくなるのでぜひ今後の勉強に取り入れてみてください!

英語の勉強法【英単語】

ここからは英語の勉強法について、英単語、英文法、長文読解の3つに分けて紹介します。ぜひ今後の勉強に取り入れてみてください。

まずは英単語の勉強法について紹介します。単語の暗記が捗らず困っている方は、以下の勉強法を試してみてください。今まで以上に語彙力の向上を体感できると思います。

まずはスペリングと訳を覚える

英単語には覚えるべきものがいくつかありますが、まずはスペリング(つづり)と訳だけを覚えましょう。当たり前だと思うかもしれませんが、発音・アクセントや細かい文法事項、さらには例文もセットに覚えようとするとパンクしてしまうことがあり、かえって勉強の効率が落ちてしまうのです。
そこで「スペリング」と「訳」の2つに絞って英単語を暗記していくと良いです。

私は発音・アクセント記号が視界に入るのが嫌だったので、発音・アクセント記号フェルトペンで塗りつぶしていました。見栄えが悪くなってしまいますが、必要な情報だけに触れることができ、暗記のスピードがかなり上がりました。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

CDなど音声教材も効果的

英単語帳には、準拠したCDやダウンロードできる音声教材がついているものもあります。ぜひこういった副教材も使って勉強してみてください。
目だけではなく耳からも覚えることで、より記憶が定着します。さらにこのタイミングで発音やアクセントに触れることで、無理なく英単語に関する知識を得ることができます。

ぜひ登下校中や休日の時間がある時に試してみてください。慣れてきたら倍速再生してリスニングに備えるのもありですよ。

なるべく多くの単語に触れよう

英単語を覚えるときは、一度にたくさんの英単語に触れましょう。1日に100語から200語程度見ることができたらベストです。
このとき、単語帳をぱらぱらめくって眺めているのがポイントです。一気に数百語を覚えるなんて離れ業はできるものではありませんので、サーっと眺めていくつか覚えられたらラッキー、くらいの感覚でいましょう。
これを毎日繰り返していると2週間もすれば本当に数百単語を覚えられるようになります。

まずは質より量を意識した暗記法を実践してみてください。

品詞ごとの文法事項を確認

浅く広く英単語が頭に入ったら、品詞ごとのポイントも意識しましょう。例えば、名詞であれば、可算名詞か不可算名詞か、という感じです。ここをおさえてしまえば英単語の暗記はマスターしたも同然です。主に暗記すべき単語の品詞は名詞・動詞・形容詞に分けられますが、品詞ごとに解説すると、

名詞…可算名詞か不可算名詞か
→可算ならC、不可算ならUと記されています。
動詞…1.自動詞か他動詞か、2.主語や目的語は人か人以外か
→自、1.他と記されています。2.例文で確認してみましょう。
形容詞…名詞を修飾しているか補語になっているか
→例文で確認してみましょう。

以上のようになります。英語では品詞ごとの文法的特徴もおさえる必要があるので、忘れずチェックするようにしてくださいね。

英語の勉強法【英文法】

ここでは英文法の勉強法についてみていきます。学校の授業を聞いて満足してしまう方が多いですが、英文法も欠かさず勉強しましょう。英文法をおさえれば後は長文読解の読み方や解き方を少し身につけるだけで英語の成績が安定しますよ。

英文法は樹形図をイメージした勉強が大切

英文法と樹形図…なんだか関連性のない話のようですが、「勉強法」という観点では非常に大切な考えなのです。樹形図とは数学でよく使う、確率や場合分けを枝分かれの形で表した図ですね。

英文法は、時制、仮定法、助動詞、不定詞、分詞、関係詞など、学ぶべき単元がいくつもあります。単元別に勉強し、それぞれ学ぶ内容が違いますが、1つの内容に深入りするのではなく、常に全体を見通した視点が必要になってきます。
たとえば、to不定詞を勉強するとき、名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法という3つの用法があります。名詞的用法に時間をかけていると、「副詞的用法ってどんなのがあったっけ?」と話が一周し勉強する前の段階に戻ってしまう可能性があります。

こういった事態にならないためにも、今何を勉強しているかしっかりと認識したうえで英文法の理解を深めていきましょう。

易しめの文法問題集で知識の確認をしよう

先ほど、英文法の勉強では覚える内容が多いことを伝えました。それゆえ知らず知らずのうちに暗記した内容を忘れていることが少なくありません。せっかく覚えた内容を忘れないように工夫したいところですね。

そこで、易しめの英文法問題集を解くと良いです。覚えたことをアウトプットできるか、直接確かめることができるのでおすすめです。また、易しめのものを解くことでより基礎的な内容の理解度チェックができます。習った範囲がどれだけ身に付いているか、問題集でセルフチェックしてみましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

英語の勉強法【長文読解】

長文読解は、英語の勉強の中でも特に重要です。試験の配点が高いので、なるべく完璧にしたいですね。英単語・英文法がある程度身に付いていれば長文読解も怖くありません。
テストで高得点取るつもりであと一息頑張りましょう!

読解前の設問チェックは超重要!

長文読解では、読むことではなく、設問に正解することが重要です。読む方に意識が行きがちですが、解く方を重視しましょう。

解くためには設問を見ることが大切ですが、設問は長文を読む前にチェックすると良いです。事前にチェックすることで、どのような表現に注意して読めばよいか(固有名詞や数字、how・whyに対応する内容など)が一目でわかります。読む時間を短縮できたり、設問に正解しやすくなったりとメリットが多いので、ぜひ実践してみましょう。

この作業を怠ると、闇雲に本文を読んで設問と本文をいちいちチェックする必要があり、手間がかかってしまいます。
読解の前の設問チェック、忘れないでくださいね。

長文は精読が大切

長文の読み方は人それぞれですが、精読することが決まって大切です。試験では制限時間があるため悠長に読むことはできませんが、かといって焦ってしまうと内容があまり入ってこないまま問題を解くことになりかねません。
そこで日頃から精読を心がけましょう。練習の段階ですので、丁寧に一回の読解で内容を理解することに力を注ぐことが大切です。精読を続けると、徐々にスピードが上がり、本番では早く正確に読むことができます。

精読の主なポイントとしては、

・指示語を丁寧に読み取る
・ディスコースマーカー(and, butなど)に注目する
・重要なポイント(should, mustの前後など)をおさえる
・設問と対応していそうな箇所をおさえる

この4つが挙げられます。ぜひこれらを意識して長文を読むようにしてみてください。

英語の勉強におすすめの参考書・問題集

ここでは英語の勉強におすすめの参考書や問題集を紹介します。単元別、レベル別に紹介しますので、ぜひ自分に合った対策本を見つけましょう!

おすすめの英単語帳

私がおすすめする英単語帳は、

『試験に出る英単語』
『DUO 3.0』
『単語王』
『ターゲット1900』
『早慶上智の英単語』

です。どの参考書も大学受験で頻出のものに絞って収録されています。その中でもそれぞれの特徴やおすすめの使い方を紹介します。

『試験に出る英単語』は、スペリングと訳、関連語が主に載っている単語帳です。例文や細かい文法事項が載っていないため、見た目が非常にすっきりしています。覚えるべきことは必要最低限にとどめてあるので、読みやすく覚えやすい単語帳です。また、CDが付属で付いていますので、聴きながら単語帳を眺めるとすらすら覚えられます。他の音声と比べて若干速いので、最初は低倍率にして徐々に早くしていきましょう。

『DUO 3.0』は例文から単語を覚えるタイプの単語帳です。例文を軸に単語の意味や文法、派生語など多くの内容が盛り込まれているので、より多くの単語を覚えたいという方にはおすすめです。こちらも別売ですが、対応しているCDがあります。ぜひ合わせて使って、語彙力を増強しましょう!

『単語王』は、とにかく単語力をつけたいという方におすすめです。単語帳の中でも特にボリュームがあり、3周回せば見違えるほどの語彙力がつきます。例文、文法なども載っていますが、単語王は類義語、反意語、派生語など、関連のある語を重点的に載せています。そのため、同じ単語を見ることになり、単語の定着は非常によくなります。量があるため暗記には少し長い時間がかかってしまいますが、大学受験に必要な語彙力が身に付くこと間違いなしです。

『ターゲット1900』は、難関大学でよく出る語を重点的に載せた単語帳です。文法や意味の説明が豊富なため、余すところなく読めます。MARCHや早慶上智、旧帝大を狙う方はぜひ読んでみてください。ハイレベルな単語帳のため、語彙に不安がある方は、他の単語帳でカバーする必要があります。そういった方は、語数を減らした『ターゲット1400』を使ってみてください。

『早慶上智の英単語』は、まさしく受験生のためにあるような単語帳です。内容は、単語と意味だけではなく、その豊富な解説や似たつづりの単語、意外な意味を持つ単語、テーマごとによく使われる語句、論理的接続語など、文法問題や長文問題にも活きるものも詰まっています。かゆいところに手が届く、入試が終わるまで頼れる1冊です。早慶上智を志望する方はもちろんのこと、どの大学の受験にも役立ちますのでぜひ検討してみてください。

参考書名
試験にでる英単語―耳から覚える (試験シリーズDX)
著者
森 一郎
ページ
283ページ
出版社
青春出版社

CDつき。 最重要単語(名詞・形容詞・動詞) 重要単語(名詞・形容詞・動詞) 多義語 という大きなグルーピングが好き。 品詞が混在した単語集は苦手。 一語一訳主義。 語源、派生語記載。 動詞は自他表記があり、 訳語に助詞がついていないところが良い。 (もちろんCD音声も) provide 供給する(本書) を供給する(他書) 例文やフレーズがないところが弱点だが、 長文読込前の暗記本として使うなら、 これで十分満足。

レビューをもっと見る
参考書名
DUO 3.0
著者
鈴木 陽一
ページ
432ページ
出版社
アイシーピー

高校で毎日初めから順に5問ずつ全文暗記して書くテストがありました。 ただの単語として覚えるのではなく、構文、ニュアンス、派生語、全てを網羅して覚えられます。CDも付いているので発音アクセントもばっちりです。 ただ単に単語を覚えるよりも効率は悪いですが、長期記憶にはなります。直ぐに忘れることはあまりありません。 また、テストで特定の単語がわからなくてもDUO 3.0の文を思い出したら何となく意味が推測できるようになり、難関大学の長文はスラスラ読めるようになりました。 友人には辞書替わりに使う人もいました。 ただし、コツコツが苦手な人、努力できない人にはお勧めしません。 P.S. 例文が物語のように繋がっていてとてもおもいろいですよ!笑笑

高二の春に学校で一括購入し配られたものがこちらでしたが、1ヶ月で自分には合わないと感じシス単に切り替えました。 とにかく、赤シートで隠れなければ意味がありません。これを作った人は青字が赤シートで隠れるとでも思っているのでしょうか? ちなみに青いセロハン紙では黒と同系列の色なので全部が見にくくなるだけです。 また、長い例文に何個も単語を入れるのも覚えにくい要因の一つです。この例文はウケを狙ったものが多く、似たような文が入試で出ることはないと断言していいでしょう。その点、シス単のミニマルフレーズは最小限の短文に使われ方(to Vをとる、withを伴う、など)も凝縮されていて非常にわかりやすいです。 唯一褒めるとしたら類義語・対義語の量でしょうか。他の単語帳と比べて段違いに多いです。言うまでもなく黒い字ですがね。 とにかく私にとっては非常に使いづらいです。シス単を完璧にしようと思っています。

多すぎます 平凡な人は挫折します 覚えるだけの単純作業が嫌いな自分には全く合いませんでした。 オススメはあまり教えたくありません。 が教えます。 竹岡広信師のleapです。 これは覚え方がひとつひとつ載っているのでかなりいいです。 まあ、でも最初の、ひとつには向いてません。 これも教えたくありませんがはじめにやるなら合格英単語600ですね まあ神ですね 勉強に身が入らない人特にオススメ あとなんかおもしろくないと勉強やりたくないひとも これやればまーちっていわれてるところは総なめプ余裕です

レビューをもっと見る
参考書名
単語王2202
著者
中澤 一
ページ
488ページ
出版社
オー・メソッド出版

気に入ったポイントやどんな人にオススメしたいか、自分なりの使い方と勉強法、類似教材との比較などについて書いてみましょう。長文の時は、下の入力補助を使うと入力がラクになります。

ヤギの餌みたいな単語帳ですね まぁ一回も使ったことないですケド

ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ!

レビューをもっと見る
参考書名
英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
著者
宮川 幸久
ページ
511ページ
出版社
旺文社

はっきり言って、ある程度中学〜高1レベルの単語がわかる人は、これさえやっとけばあらかたの入試問題で単語に困ることはない

うーんよくわかりませんがいいんじゃないんでしょうか。私は大変気に入っているので、5冊も持っています。 飾って鑑賞する用に1冊、カバンに常に入れておく用に1冊、パラパラめくる用に1冊、手に持って他の人に私やってます感を出す用に1冊、予備の1冊の計5冊です。 この本は開くと英単語が書いてあります。どうやら英単語の本らしいです。最初開いた時は驚きました。 英単語を数えてみると1900単語ありました。だから『ターゲット1900』という名前なんだと思います。 これを使って本当に英単語が出来るようになるのかと聞かれると、私は5冊持っていても勉強する用のはないのでよくわかりません。

幼い頃から犬が好きだった私にとってこの出会いは運命だと言っても過言ではない。私も大きくなりカブトムシ、金魚、すっぽんと段階的にペットの飼育を重ねてきました。そしてついに犬を飼おう。と決心したのです。犬について調べるために書店へ足を運びました。すると1000円程で犬が売られているではありませんか。私はすぐに手に取り連れて帰りました。家に着きブックカバーのような服を着せてあげると。彼はいなくなりました。そして服を脱がせると再び現れるのです。なんて無邪気で可愛らしいことか。彼をジョンと名付けました。私はそれから毎日エサをやり散歩をし共に寝ています。彼のおかげで私の人生は変わりました。 しかし、事件は起きたのです。学校の隣の席である田中君が彼を持っていました。「なぜおまえがジョンを持ってるんだ!いつ連れてきたんだ!」と言いました。すると田中君は私に言うのです。「お前みたいなやつを何人も見てきた。これはな、英単語帳なんだよ。」と。ジョンが2歳になる春のことでした。ジョンとの思い出が一気に崩れる思いがしました。辛くて。苦しくて。しかしこの英単語帳を使うことがジョンのためになりました。必死に勉強を重ね遂に昨日書けるようになりました。Johnという単語を。

レビューをもっと見る
参考書名
早慶上智の英単語[改訂版]
著者
小貝 勝俊
ページ
304ページ
出版社
教学社

早慶上智の英単語と銘打つだけあり、内容は早慶上の過去問に出てきた英単語を載せるといったもので、一見何の変哲もない単語帳である。しかし著者も前書きで謳う通り、実際は他の単語帳と一線を画す点が多分に含まれている。一例を挙げれば、単語の「本来の」意味、ニュアンスを特定でき、速読や和訳の質が大きく向上することに役立つという点がある。 自分は東京大学を受験する上で鉄壁に取り組もうと思ったが、個人的にはこの単語帳で補えると考えたため、本書をやり込むことにした。 最難関私立を受験する上で、英語を得点源にしたいと考える受験生は必読であろう。さらには国立を受験する者にも勧めたい教材である。

シス単などの基礎固め的な英単語帳を終わらせた上で 自分の知らない英単語を潰す使い方がオススメ。

レビューをもっと見る

おすすめの文法参考書

私がおすすめする文法参考書は、

『Forest』
『一億人の英文法』
『ゼスター』

この3つです。文法参考書というと、内容に大差がないように感じますが、頻出のポイントがあったり見やすいレイアウトになっているものは、特におすすめです。

『Forest』は定番の文法参考書です。見やすさだけではなく、中学レベルの内容から深い内容へと段階的に解説してくれるため、苦手を着実に克服することができます。様々な文法参考書が市販されていますが、迷ったらこれをおすすめします。

『一億人の英文法』は、上級者向けの参考書です。易しめの内容はあまり触れていません。その代わり、ハイレベルな英文法を身につけることができます。語り口調で書かれているところもあり、読みやすさも抜群です。

『ゼスター』は近年の入試傾向を意識して作られた参考書です。例文が自然な英語で作られていて、さらに深い内容や入試に役立つ豆知識も載っているのでより入試では高得点を取りやすくなります。

参考書名
総合英語Forest 7th Edition
著者
ページ
655ページ
出版社
桐原書店

買った癖に使わなすぎて森生える。(座布団1枚)

フォレストを使って私は英検の対策問題集と同時に勉強をしていたら英検の対策問題にも、間違えることが減り学校の勉強の理解も増えました!私は、フォレストを使ってほんとに良かったと思いました!すごいわかりやすいです!

Forestが出版契約満了で重版されなくなったわけですが、解いてトレーニングも音でトレーニングも重版されないわけです。わたしは、どれも持ってますがForestをもう一冊買う予定です。Evergreenは、問題集がないのが致命的すぎますからね!ということで、いずれ買うかもしれませんが、まだイラナネー( ´艸`) 【追記】 中古で冊子とCDが付いた物を追加購入しました。現在、解いてトレーニングを解き始めているのですが、各単元に参考書の参考ページ番号が記載されているので、Forest 7thはどうしても手元に置いておきたい一冊となっています!Evergreenも素晴らしい本だと思うのですが、問題集が一般販売されないため、価値が半減です…何でこんな出版から出したんだろう(´・ω・`)

レビューをもっと見る
参考書名
一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
著者
大西 泰斗, ポール・マクベイ
ページ
682ページ
出版社
ナガセ

この書籍の特徴 ◯基本的な文法知識が載っていることに加え、ネイティブがどのような認識を持って実際に用いているかが分かりやすく書かれています。 特に冠詞、時制の説明は英語を話す、書く上で非常に役立ちます。 △例文自体に不自然なものが少なからずあるそうです。この一冊で例文学習を兼ねる際にはその点を少し意識した方が良いかもしれません ・まどろっこしい文法用語が使われていないため、使用者によって読みやすさがかなり変化しそうです。 ・最初から通して読むことを想定した構造になっているため、索引が付いていません。ただ東進のwebにはアップロードされているので印刷すれば使うことは可能です ・CDは付いていません。 一回通して読むだけで、英作文などにおいて「なぜここの冠詞はこうなのか」「なぜこの時制はこうなのか」といった疑問の多くが解決するので、個人的にはかなりオススメの文法書です。

⚪︎本書利用前後の英語の偏差値(進研記述) ・44.2(高2 11月)→53.8(高3 4月) 単語がまだ入っていなかったため、読解はズタボロでしたが、英作は本書の効果抜群で無双できました。 ※12月から使用開始。同時並行でシス単ベーシックと無印の見出し語を20周くらいしました(5割程度定着)。ちなみに、ミニマルフレーズは多義語以外で使うことはありませんでした。8割程度見出し語を覚えたら、高3の7月にあった進研記述での偏差値は63でした。 英文解釈の参考書は本書を使えば必要ありません、めちゃくちゃ良書です! 英作文への恐怖心も払拭できます😊 英語の勘が強化されるので、試験でもし見慣れないパターンの英文が出てきても、対応できる可能性が飛躍的に上がるはずです✨ 本書だけで英語初学者から早慶レベルの文法までカバーできると思います。例えば、連鎖関係代名詞なんてむつかしく思える文法(本書では文法名に触れていない)も、本書を完璧にすればなんてことありません。 まず、本書を短期間で一気に通読することで、英語の感覚をつかむことができます。しかし、分厚い本ともあって多くの人が復習は骨が折れると思うことでしょう。 ※ 本書はちゃらけた文体で書かれていて、たまに著者がボケて寒いが、その分とっつきやすく情報量も丁度良い。結果とても読みやすい一冊となっている。 そこでアプリの活用が最適です。東進ブックスというスマホアプリ内に、本書に出てくる例文の復習ができるコンテンツ(定価480円)があります。 それがまた非常に優秀なんです!(あれ、コレ、もはやステm…笑) 整序問題形式で出題され、二連続正解で修得となります。すべてマスターした後、小まめに復習を続けることで、知識の抜けが確認でき自信にも繋がりますし、後の英語学習の補助にもなることでしょう!! ここまで良い点ばかりあげてきましたが、もちろん悪い点もあります。それは、例文に出てくる単語レベルが初学者には若干ハードだと思われる(代わりにスラングなどが使われていて、ネイティブの英語に触れられる)と、いう点です。私自身、単語を調べながら学習を進めたので、なかなか苦労しました😓 そして、どうしても理解できないという文法事項もチラホラ。しかし、それはアプリでの復習で問題を何度も解いているうちに理解できる可能性が非常に高いです👍 最終手段として例文を完全に暗記してしまえばそれまでですが、他の文法書と照らし合わせて理解するのが一番効率的かつ、効果的かもしれません。 最後に、大学受験における文法問題は、本書と入試の過去問さえあれば突破できると思います。ぜひ、内容の確認だけでも試してみてください。 ◯本書(アプリ込)での学習に向いている人 ・英作文でもっと攻めたい人 ・整序問題を強化したい人 ・英語の感覚をつかみたい人 ・英語が嫌いな人 ・文法問題の正答率を爆上げしたい人 ・初学者☆そう、みんな♡(単語調べながらでもやり抜けば、きっと英語大好きマンになれる!) ※いずれの方も中学レベルの英単語くらいは覚えておかないと、学習を進めていくのに面倒だったり、挫折したりするかもしれません。しかし、個人的には英単語の勉強の方が果てしないうえに面倒だと思います…結局のところ、選択はあなた次第です。 てな感じで、長々と失礼しました。

英語は、コミュニケーションを取るためのツールである。 この普遍的な事実に気づかせてくれる一冊。 学校で教わるような堅苦しいことは書いておらず、英語に対する考え方が変わる。 これで、話せない英語とはこれでおさらば!

レビューをもっと見る
参考書名
Z会 ゼスター(ZESTAR)総合英語
著者
今井康人
ページ
660ページ
出版社
Z会

ただ単に文法の暗記をするだけではなく、体系的に、また実践的に文法を学べる参考書です。 対話形式の例文と、それを解説するページがあり、覚えるべきか、理解するべきかがはっきりしていて、読み込むとかなり文法には強くなれます。

レビューをもっと見る

長文対策におすすめの参考書・問題集

読み方や解き方が確立できない、と悩む方には以下の参考書・問題集がおすすめです。

『大学入試英語長文ハイパートレーニング』
『体系英語長文』


『大学入試英語長文ハイパートレーニング』では、非常に丁寧に解説してくれていて、答えの根拠を示しているほかに、英文構造を文法的に説明してくれています。フィーリングの読み方を卒業して論理的に長文を読めるようになりたいという方にはぜひおすすめです。レベルに応じて基礎編・センター編・難関編に分かれているので、ぜひ使い分けてみてください。

『体系英語長文』は、様々な形式の問題と詳しい解説が載っている参考書兼問題集です。MARCHや早慶上智、上位国立大学の問題を多く載せているので力試しにはうってつけです。さらに、解説には設問ごとの解法の他に読み方や解き方のコツが丁寧に書かれています。長文の読み方・解き方を身につけたい方に特におすすめです。

参考書名
大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編
著者
安河内 哲也
ページ
206ページ
出版社
桐原書店

このシリーズはほんと神です。 「このシリーズの進度に合わせてレベル別問題集を進めるべき。 やっておきたいはよっぽど余裕がある人」ってAmazonで誰かが言ってた。 どちらにせよ、ハイトレとレベル別は神です。 評価:★★★★★ 構造分解はまる。 長文デビューはこの学参で。

他の長文と違って、字体がやる気を無くさせない。笑 速読練習ページがとても使いやすい。音読しながらパッと見ただけで日本語の意味もわかるところが良い! 英語が全然出来ない人にオススメ!!

この本は、英文の読解力が高い人が使うことはまずありません。単語や文法知識が固まっているのに、英文が全く読めない。そういう方にオススメです。きっちりとやり遂げれば、簡単な長文はスラスラ読めるようになります。

レビューをもっと見る
参考書名
大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編
著者
安河内 哲也
ページ
222ページ
出版社
桐原書店

音源がとても聞き取りやすい。 レベルがオレと合っている。 安心の安河内先生。 文字の大きさがちょうどいい。 桐原書店から出てちる。 赤シートで隠せる。 知らない単語を音読で補える。 音読は大事!!

音読でセンターは15分以上余ります😤 個人的な感覚では英語がよくできる人の大半が音読をしています。音読しても意味がないと考える人が沢山いますが、はっきり言ってナンセンス(´△`) 音読を繰り返しすることで英語を英語のままで理解するスピードが上がり、そして速読に繋がるのですフム(( ˘ω ˘ *))フム また長文を沢山読む(多読)というよりは1つの長文に時間をかけた方がはるかに効果的です! 音読はCD(速い方)のスピードで1つの長文につき30~50回音読することをおすすめします! また、音読する前に長文に全部svocを振ってから音読するとなお効果的です!ヽ(`Д´)ノ ポラリスのCDの方がスピードが速いのでハイパーシリーズをしてからポラリスにいくといいかも!難易度は ハイパ1<<ポラ1<やておき300=ハイパ2<ポラ2≦やておき500≦ハイパ3<<ポラ3=700 最後に、レビューを見てくれた人達に幸あれ。

音読用教材としては多分1番優れてる。 スラッシュ訳とそれに合わせた音声あり。 別に白文も載ってる。 一文一文構文解析もされてる。 謎に第1回が難しいので、それだけ解いてやる気を無くさないようにしましょう。

レビューをもっと見る
参考書名
大学入試英語長文ハイパートレーニング (レベル3)
著者
安河内 哲也
ページ
232ページ
出版社
桐原書店

センター長文ほぼ解ける人に向いてます 最初はlesson1ですら読めずにボコボコにされましたが復習と音読繰り返したらだんだん読めるようになってmarchレベルまで読めるようになりました 早慶は知らん 音読CDが付いてるのでオーバーラッピングでもディクテーションでも対応できます marchレベルなら確実に読めるようになります 早慶は知らん

このシリーズはずっと使っていますが 解説が丁寧なのはもちろん 精読のところが良いと思います。 文の構造から訳が書いてあるので しっかり理解して学べます。 何度も解き直して使えるので 力になると思います (大地洋輔さんにオススメです)

全然難関レベルではないがこの一冊をやりこむことでMARCHの長文が読みやすくなると思う。やって損はない。

レビューをもっと見る
参考書名
体系英語長文 (体系シリーズ)
著者
小貝 勝俊
ページ
256ページ
出版社
教学社

マーチと早慶の橋渡し役的な感じですね😏

レビューをもっと見る

最後に

英語の勉強は単語・文法・読解の3つをこなさなければならず、非常にヘビーな科目です。ですが、それぞれきちんと対策すれば英語力は身に付きます。

英単語を覚えるときはつづりと訳から覚えて多くの単語に触れ、英文法を覚えるときは視野を広く勉強して易しめの問題集で知識を定着させることが大切です。長文読解は読解前の設問チェックと精読を心がけましょう。
また、参考書や問題集も必要に応じて使い分けてみてください。

正しく英語を勉強することで、英語の成績は着実に伸びていきます。入試本番では満点を目指して頑張ってください!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に