【集合】記号の意味やド・モルガンの法則を問題を解きながら解説!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

集合は記号が色々とありすぎてごっちゃになる…
ド・モルガンの法則ってなんだっけ…?
和集合の問題はいつもミスしてしまう…
なんて思ったことはありませんか?

集合は学校で習うとき、要素やら部分集合やら空集合やら否定やらなんやら、新しい言葉が一気に降り掛かってくることが多いです。
慣れればそんなに難しくないのですが、最初は面食らってしまいますよね。

しかし、それを放置していると大学受験でとても不利になってしまいます。
なぜなら、センター試験の数学1Aではほぼ毎年、論理と集合の問題が出題されています。集合があやふやなだけで、大問を1つ落とすことにもなりかねないのです。

今回の記事では、「集合」「要素」といった言葉の意味を丁寧に解説したあと、ド・モルガンの法則などの大学受験でよく出てくる法則を説明し、最後にセンター試験の問題に挑戦します。

集合をきちんと理解して、センター試験の論理と集合を得点源に変えてしまいましょう!

「要素」「集合」って何が違うの?

ではまず、集合を理解する上で基礎の基礎である「要素」と「集合」の意味について説明します。

要素が集まったものが集合

簡単にいえば、「要素が集まったものが集合」です。
最初から数字で考えるのは難しいので、日本語で考えてみましょう。

例えばアイドルグループのTOKIOは、以下のメンバーから構成されています。
長瀬 智也
松岡 昌宏
城島 茂
山口 達也
国分 太一

彼らのことを、「(TOKIOという集合を構成する)要素」といいます。

数式で考えてみると、
「xは3の倍数」という条件pがあるとします。この条件pを満たす要素の集合をPとおき、図で表すと

こうなります。全部書くことは不可能なので省略しましたが、42以降の3の倍数ももちろんこの円の中に入ります。

つまりは集合とは「グループ」、要素とは「メンバー」ですね。

集合と要素の表し方

さて、この「要素が集まったものが集合」ということが数学的に表す方法は、以下の2つです。

①[集合の名前]={○, ○, ○, …, ○(要素をすべて書き出す)}
②[集合の名前]={x|xが満たす条件}

この「xが満たす条件」というのが少しわかりにくいかもしれませんが、要は「要素が満たす条件をxを使って表す」ということです。
例えば「1以上9以下の3の倍数」という条件を満たす要素の集合をAとおくと、
①だと A={3. 6. 9}
②だと A={x|xは1以上9以下の3の倍数}
となるわけです。

この問題のように要素をすべて書き出せる場合は①②の両方が使えますが、
先程の「3の倍数」のようにすべて書き出すのが不可能な場合は、数学的な正しく記したいなら、②しか使えません。
例)P={x|xは3の倍数}

②はなんで文字を置くの?「|」ってなに?と思うかもしれません。
これは右から読んでいくと覚えやすいと思います。

「∈」は「属する」という意味

これまではすべての要素と集合の関係をどう表すか、という話でしたが、
「1つの要素が、集合に属している」
わかりやすく言うと「城島茂という要素は、TOKIOというグループに属している」「x=3は、「xは3の倍数である」という要素の集合Pに属している」ということを、
記号で表すこともできます。

このときに使うのが「∈」という記号。
「要素aが集合Aに属する」は、「a∈A」と表せるのです。

上の例だと、
城島茂∈TOKIO
x=3∈P
となります。


反対に、属さないときは∈にスラッシュを入れた記号である、「∉」を使います。
トム・クルーズ∉TOKIO
x=4∉P
ですね。


この「∈」は、あとで出て来る部分集合を示す「⊂」と混同しやすいです。
非常に基礎的な部分ではありますが、2016年のセンター試験では実際にこの2つの記号が区別できていないとできない問題が出題されたので、単なる記号と侮らずにきちんと覚えましょう。

集合で出てくる記号を解説!

それでは、集合同士の関係を表す記号の説明に移ります。

=(等しい)

集合Pと集合Qの要素がすべて等しいとき、P=Qと表します。

例えば
p:0より大きい整数
q:自然数
という条件があったとします。

このとき、条件pを満たす要素の集合をP、条件qを満たす要素の集合をQとすると、
Pの要素は1, 2, 3, 4,…
Qの要素も1, 2, 3, 4,…
で、同じです。

⊆(部分集合)と⊂(真部分集合)

P={1, 2, 3, 5}
Q={1, 3}
という集合P, Qがあるとします。

このとき、Qにある要素はすべてPにありますね。これを「QはPの部分集合である」といいます。

そして、このような状態も記号で表すことができます。

等しい等しくないと言っているのは、P=Qの場合でも、QはPの部分集合と言えるためです。もちろん反対にPがQの部分集合ともいえます。
部分集合と言っても、このようなP=Qも含むよというときは⊆、含まないときは⊂を使います。≦と<のようなものです。

実際に問題を解いてみましょう。

【問題】以下の条件を満たす集合P、Qの関係を記号を用いて表わせ。
p:x²=4
q:x=2

【解説】
P={-2, 2]
Q={2}
より、Q⊂P


∪(または)と∩(かつ)
集合Aと集合Bのどちらかに属する要素の集合をA∪B、
集合Aと集合Bの両方に属する要素の集合をA∩B
と表します。

この図の青いところがA∪B、
紫色の斜線が入っているところがA∩Bです。


A={3, 4, 5, 7}
B={1, 2, 3, 6}
という集合A, Bで考えてみると、

となり、
A∪B = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7}
A∩B = {3}
とわかります。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

∅(空集合)

何も要素を持たない集合のことを、「空集合」と呼び「∅」と表します。
なんで要素がないのに集合をつくるんだ?と思うかもしれませんが、これを定義したほうが数学では都合が良いそうです。虚数のようなものです。


虚数ってなんだっけ?という方はこちら↓

実数とは?複素数・自然数との違いは?意外と知らない定義を解説!

たとえば
A={1, 2, 4}
B={100, 200}
という集合A, Bがあるとき、AとB両方に含まれる要素は存在しないですよね。
こういった場合、
A∩B=∅
と表すのです。

 ̄(補集合)

集合Aがあるとして、
全体集合から、Aに含まれる要素を抜いた集合を

と表します。

この全体集合とは、ざっくり言うと「問題において考える数すべて」のことです。
例えばA={1, 2, 3}としましょう。
このとき、 ̄Aは1, 2, 3以外の要素の集合なわけですが、「これは整数だけ?」「実数まで?」「虚数も含むの?」という疑問が生じますよね。
それを防ぐために、「今回はこの数の範囲まで考えますよ」という全体集合を定義するわけです。

例えば全体集合をU={x|1≦x≦10∧xは整数}と定義すると、
 ̄A={4, 5, 6, 7, 8, 9, 10}となります。

ド・モルガンの法則

集合について、以下の法則が成立します。

ちなみになぜこれをド・モルガンの法則と呼ぶかというと、オーガスタス・ド・モルガンという人が発見した法則だからです。

一見なぜこれが成り立つのかわかりにくいですが、ベン図を使うとすぐ理解できます。

これはセンター試験でも本当によく出てくるので、確実におさえましょう!


【練習問題】
全体集合U={x|1≦x≦5}、
A={2, 3, 5}
B={1, 2, 4, 5}
とするとき、 ̄A∪ ̄Bを求めなさい。


【解説】
ド・モルガンの法則より、 ̄A∪ ̄B =  ̄(A∩B)
A∩B = {2, 5}なので、
 ̄A∪ ̄B = {1, 3, 4}

この記事を書いた人
現役で東京大学 文科I類に合格しました。夏からアメリカに1年留学するのですが、マジで太りたくないので野菜しか食べないつもりです。 得意科目は英語と数学で、国公立対策の記事を中心に執筆しています。

関連するカテゴリの人気記事

平方根(ルート)の計算や問題の解き方を完璧に理解しよう!

因数分解のやり方・公式と解き方のコツ教えます!高校レベルまで対応!

二次方程式の解の公式・因数分解による解き方を解説!解の公式をマスター

部分分数分解の公式とやり方を解説!

三平方の定理が一瞬で理解できる!公式・証明から計算問題まで解説

二次関数のグラフの書き方と公式を使った最大値最小値問題の解き方!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に