接弦定理と証明を図で詳しく解説!接弦定理の逆も紹介◎

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

あなたは接弦定理を確実に理解できていますか?
「正弦定理や余弦定理は使いこなせるけど、接弦定理はよくわかんないや…」
接弦定理は覚えておきたい定理です。接弦定理を覚えていなければ思わぬところで足をすくわれます。

今回はそんな接弦定理を、公式だけでなく証明の覚え方まで詳しく解説します。

一度理解してしまえば、接弦定理は正弦定理や余弦定理よりも簡単です!
いつ出題されても大丈夫なように、この記事で接弦定理を理解していってください!

接弦定理とは?

接弦定理とは、円に三角形が内接し、さらにその三角形のある1点を通る円の接線が存在するときに成立する定理です。


接弦定理は図を見て視覚的に定理を覚えましょう!!

丸暗記するよりも、図を見てイメージできることのほうが大切です!

円に三角形が内接し、そのどれか1点を通る円の接線が存在するとき、

∠BAC=∠BCD

となる定理を接弦定理と言います。



難しい説明をすると、接弦定理は

「円Oの弦BCと、点Cを通る接線CDとのなす角∠BCDは、∠BCDに含まれる弧BCの円周角∠BACと等しくなる」

という内容になります。

厳密な説明では、円に内接する三角形は出てきません。

かわりに、円周角や弦、さらには角に含まれる弧など数学用語が出てきます。

また、∠BCDのことを「接線と弦が作る角」と呼びます。


言葉で説明されてもよく分かりませんね…

接弦定理は、言葉ではなく視覚的に覚えましょう!


ちなみに接弦定理は、∠BCDが90°よりも大きな場合(接線と弦が作る角が鈍角の場合)にも成り立ちます。

【90°より大きい場合】

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

接弦定理の証明

それでは、接弦定理の証明を解説していきます!

∠BACが
・鋭角のとき
・90°のとき
・鈍角のとき
の3つの場合について証明します。

∠BACが鋭角のとき

接点Cと円の中心を通る線分CEを引く。

また、EBを結ぶ。このとき∠EBC=90°

円周角の定理より、∠CAB=∠CEB(オレンジの角)

△CEBの∠ECBについて(赤の角)
∠ECB=180°ー(∠EBC+∠CEB)
  =180°ー(90°+∠CEB)
   =90°ー∠CEB
   =90°ー∠BAC

また点Cの∠ECBについて(赤の角)
∠ECB=90°ー∠BCD

∴∠BAC=∠BCD(証明終わり)

∠BACが90°のとき

弦BC(直径)と接線CDのなす角∠BCD=90°
また、弦BCに含まれる弧ECの円周角∠BAC=90°
よって∠BAC=∠BCD(証明終わり)

∠BACが鈍角のとき

鋭角の接弦定理より、∠BCF=∠BEC(赤い角)ー①

また、円に内接する四角形ABECについて
∠BAC+∠BEC=180°
∴∠BAC(オレンジの角)=180°ー∠BECー②

∠BCDについて、
∠BCD=180°ー∠BCF
①より
∠BCD=180°ー∠BECー③

②③より
∠BAC=∠BCD(証明終わり)

接弦定理の逆とは?

接弦定理の逆とは、

点Cと点Fが直線BDに対して反対側にあり、下の図のオレンジの角が等しければ
直線EFが三角形の外接円と接する

というものです。



難しそうですが、大学入試ではあまり出題されないので知っておく程度で大丈夫でしょう。

この記事を書いた人
慶應義塾大学 理工学部に通っています。1人旅が趣味で、得意科目は数学と英語です!

関連するカテゴリの人気記事

平方根(ルート)の計算や問題の解き方を完璧に理解しよう!

因数分解のやり方・公式と解き方のコツ教えます!高校レベルまで対応!

二次方程式の解の公式・因数分解による解き方を解説!解の公式をマスター

部分分数分解の公式とやり方を解説!

三平方の定理が一瞬で理解できる!公式・証明から計算問題まで解説

二次関数のグラフの書き方と公式を使った最大値最小値問題の解き方!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に