【明治大学の英語】傾向・対策とおすすめの参考書を紹介します

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

この記事では明治大学の英語の傾向と対策、おすすめの参考書を紹介します。明治大学は志望校・併願校としてとても人気があり、受験者数は非常に多いです。
なので早め早めの対策を心がけて志望校合格を勝ち取りましょう!

明治大学の英語 傾向と対策のコツ

問題形式

学部にもよりますが、単語、文法などを問うもの、長文読解、会話文形式の問題など、多岐にわたります。なので偏った勉強を続けると思わぬ知識の穴ができてしまったり、解き方が安定しなくなる場合があります。
単語力を磨きつつ読解のノウハウや会話表現も押さえるようなイメージでまんべんなく学習に取り組んでみてください。

長文は空欄補充と内容理解の問題にはっきり分かれる

ここから大問別の解説ですが、目立った特徴としては、空欄補充問題と内容理解問題に分けて問題が作られていることです。

空所補充問題については、選択肢に紛らわしいスペリングの単語や対義語関係の単語が並んでいます。難しい単語は無いので、丁寧に本文を読んで解答するよう心がけましょう。

次に内容理解問題についてですが、問題によっては傍線が引かれていない、傍線が引かれていても記号がない、なんてことがあるので要注意です。本文の大意を聞く問題であれば傍線がなくても良いですが、本文中の語句の言い換えや説明問題となると、問題番号を間違えてしまったり、読みなおすのに時間を取られてしまいます。
こうした凡ミスを防ぐためにも、先に設問を見て、聞かれている内容を確認しましょう。そのときに自分で記号を書いておくとスムーズに解答できます。問題や本文に書き込むのをためらう人がいますが、ミスを誘うような問題も出ますので欠かさずチェックしましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

長文の難易度は標準レベル

英文自体は難しすぎず易しすぎず、それなりに語彙力を身に付ければスムーズに読めます。難しい表現や見慣れない語句がよく問題にされますが、解答の根拠の箇所がはっきりしています。
ただし、抽象的な内容が多く、コロコロ話の流れが変わるので、前後の文脈を意識してとりわけ丁寧に読んでいくことが大切です。「なんとなく」の理解で流し読みすると、あまり解けない可能性があるので、慎重さは常に維持してください。
ディスコースマーカーをきちんと見て論理のつながりを意識したり、指示語や関係代名詞が何を指しているかを考えながら読むことが大切です。こういった語句をマークしながら読み進めていきましょう。

文法問題のレベルは標準 満点を狙いたい

オーソドックスな問題が並んでいます。文法問題といっても、考えさせる問題はないので、覚えているかどうかが勝負の分かれ目です。難易度的には、学校で配られる文法参考書や問題集に載っている程度のものです。一通り文法の勉強をした人に取ってはサービス問題に近いでしょう。
明治経営の文法問題は、節を目的語に取る動詞かどうかを意識したり、熟語表現の前置詞を間違えなければ全問正解できます。対策としては、今まで習った文法を総復習し、標準レベルの内容をマスターしましょう。余裕があれば新しい表現を覚えると良いです。

会話問題 会話表現が少し多いかも?

会話問題は、独特の会話表現を問うものと、前後の流れから正しいものを選ぶものの2パターンあります。
表現のレベルは標準です。ですが、たまに主語・動詞が省略されたり、見慣れない表現が出てきます。そういった箇所を問題にされると非常に厄介ですが、ある程度は文脈から判断できます。多少わからなくてもサーッと読み進めるようにして、選択肢の検討に時間を充てましょう。

おすすめの参考書

『DUO 3.0』

ワンセンテンスに多くの単熟語を盛り込んでいるタイプの単語帳です。560の例文がありますが、どれも自然な英語です。日々の学習でつまずきそうなポイントは強調して解説されています。定型表現や注意すべき前置詞なども載っているので、単なる単語の勉強ではなく、文法の理解もセットで捗ります。

参考書名
DUO 3.0
著者
鈴木 陽一
ページ
432ページ
出版社
アイシーピー

いきなり下のレビューと異なる意見で申し訳ないが(ケンカを売ってる訳ではない)、初心者向けではない。 本書はとにかく効率化にこだわっていて、「単語も熟語もこれ一冊で十分!」というスタンスをとっている。そのため例文一つ一つにいくつも新出単語や熟語を盛り込んでいる。これがDuoの武器であると同時に欠点でもある。 初心者が本書でいきなり勉強しようとすると、1つの文の中に知らない言葉がウヨウヨあるわけで、「Duoは難しい」とか「モチベーションが保てない」とか言われる原因は大体ここに帰結する。例えばターゲットの例文の中に知らない単語がてんこ盛りになっていたら覚えるべき単語が霞んでしまうし、速読英単語の長文の一文一文に赤字が2つも3つもあったらとんでもない労力を使うことになるだろう。確かに【量】は少なくなるかもしれないが、【濃度】が違いすぎるので結局はそれなりに苦労することになる。 例文もターゲットや速単のように入試問題から引っ張ってくるわけではなく、一から作っているので(しかも他の例文と単語の重複がないように)「作られた文」感は否めない。 そして見出し英文の和訳は翻訳家の協力のもとで行ったらしいが、これも諸刃の剣になってしまっている。 確かに翻訳家が和訳をすれば、より本来の意味に近い訳になることは間違いない。しかし訳が綺麗すぎて、初心者は 新出語が訳のどこに当てはまるのかイマイチわからない という現象に陥る。 「本当の英語」というものを知るには翻訳家が必要なのかもしれないが、特に受験勉強においては高校教師や予備校講師の訳の方がやりやすいように思える。 以上のことから、本書は2冊目として用いるのが適切だ。しかし、ここでもまた問題が発生する。 例えば1冊目にターゲットを使ったとすると、もうそれだけで十分に受験に対応できる力がついてしまう。要するにDuoを使う必要がなくなってしまうのだ。 よってDuoは受験勉強には向いていない。 ただ、他の参考書をマスターして受験勉強を終えた人が、大学生や社会人になってからTOEIC等の資格試験を受けようと思ったらDuoは役立つ。今度は翻訳家の訳がプラスの方向に働き、他の単語帳で覚えた訳をもっと自然に変換した訳を覚えることができる(単語自体はもう習得済みだから例文を読むのが苦ではない)。ここでやっと「本当の英語」が必要になってくる。 Duoは社会人向けだ、とよく言われる理由はここにあるのではないかと思う。 効率化に拘りすぎて空回り感のあるDuoだが、付属のCD(復習用)は真の効率化に成功している。恐らく他の単語帳のCDと比べてもトップと言って間違いないと思う。 何が凄いかというと、Duo一周分、つまり英単語1600語+英熟語1000語を1時間ぴったりで総復習できるのだ(参考までに、ターゲット1900はディスク1~5までで5時間以上、シス単も約5時間、速単1時間強、鉄壁6時間ちょい)。 きっかり1時間ということで計画も立てやすく、予定がある日でも通しで聞くことができる。極端な話、試験1時間前でも2600語を総復習できるということだ。 これに関しては本当に素晴らしい。 Duoは他の単語帳とは使うべき層が違う。そのため使い方によって最高の単語帳になったり、全く使い物にならなかったりする。 「duo」とは「二重奏曲」という意味らしいが、初心者が聴いても不協和音としか感じないだろう。しかしある程度精通した者が聴けば、それはもう美しい旋律だとわかる。 Duoとは、そんな本だ。

単語帳というよりも例文(ミニマルフレーズ)を並べて単語を網羅してるように見せているだけの本。シス単に少し似ている気もしないでもないが、それでもシス単より網羅度が低くこれ一冊で受験英語の語彙が事足りるということは絶対ない。 初学者のはじめの一冊としてなら良いが、中級者以上は余程のことがない限りこれを選ぶ理由はない。

レビューをもっと見る

『ネクステージ』

網羅的文法参考書兼問題集です。基礎的な内容から応用レベルのものまで多くの問題が並んでいます。文法が完璧だと思っている人も、この本では知らない知識に数多く出会うことができます。
さらに文法の力を付けたい人はぜひ買って取り組みましょう。他の大学の受験にも役に立ちます。

参考書名
Next Stage英文法・語法問題4th edition
著者
ページ
511ページ
出版社
桐原書店

ネクステを完璧にしたら怖いもの知らず。 頑張る。

表紙の文字といい、色合いといい、ビジュアルがいいです!👌👌 とにかく問題数をこなしたいって人にオススメです🤗 英語の力は十分つくと思います!!👼🏻

NEXTAGEをやればセンターはもちろん、一般試験にも対応出来る だが、全てを覚えるのは効率が悪い。 1周するのにも本気で頑張っても1週間はかかる。(1週間これだけに時間を費やすことになる) 薄い参考書を何度もやった方が力がつくだろう。

レビューをもっと見る

『明治大の英語』

明治大学を受験する人にとっては、これがベストな読解問題集です。徹底的に入試問題を研究している予備校講師が執筆していて、分析や解説の内容は全て信頼して良いです。解答のために必要な着眼点や、頻出語句の解説、重要会話表現など、日々の勉強では発見できない情報がたくさん詰まっています。
どの問題集を使うか迷っている人は、早めに買うことをおすすめします。

参考書名
明治大の英語[第5版] (難関校過去問シリーズ)
著者
小貝 勝俊
ページ
424ページ
出版社
教学社

最後に

明治大学は受験者数が多いため、前もって対策することが大切です。ぜひ本記事を参考に単元別の攻略法を確立してみてください。
この記事があなたの勉強の手助けになれば嬉しいです。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

【明治大学の英語】傾向・対策とおすすめの参考書を紹介します

計算&記述力で勝負!中央大学理工学部数学の傾向対策・お勧め参考書!

志望校に合格する冬休みの勉強法・12月からの大学受験勉強計画

【法政大学の英語】傾向・対策とおすすめの参考書を紹介!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に