Ode1kq7q1ypnmrkb06dz58xajx3my9gwwjkalvwg9gowvdelqbrz4pek2j4ygnrj

【世界史勉強法】受験に勝つ超効率的な勉強法&おすすめ参考書一覧!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「世界史の勉強法が分からない」「どんな参考書を使えば良いか分からない」といった人は多いでしょう。
そんな受験生にこれから超効率的な世界史の勉強法とおすすめの参考書をご紹介していきます!

世界史は暗記科目で取り掛かるのが面倒になりがちです。
しかし逆に基礎を固めると世界史は一気に点数が上がる科目でもあります。
私も高2までは基礎的な知識が全く定着しておらず模試では5割ほどしか取れませんでした。しかし、効率的に基礎を固めることですぐに点数はupしました。
今回は一からセンター世界史、私大入試で8割取れる超おすすめの世界史勉強法を伝授していきたいとおもいます!
是非参考にしてみてください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

世界史の特徴

R58e4ngwyndjzw2o4epq73bdz1vjyjde0lramgeqk0x9rakbrl8m56lxvp6ev20m?w=430

具体的な世界史の勉強法を述べる前にまず世界史とはどういう科目なのかについて考えてみましょう。

世界史は暗記科目であり、挫折してしまう人も多い

皆さんも知っての通り世界史は暗記科目です。
暗記科目と聞くと拒絶反応を示してしまう人もいますよね。
暗記するべき事柄も多く、ここまで覚えたら満点が取れるという明確なラインがありません。
そのため闇雲に全部暗記しようとして途中で挫折してしまう人は結構多いのです。

ですが世界史には、英語や国語のような読解力も数学に必要な発想力も基本的には必要ありません。
そのため、より多くの事柄を正確に暗記した人が高得点を取れるおいしい科目とも言えます。

世界史の勉強では流れが大切

世界史の勉強で大切なのは「大まかな流れを掴むこと」です。
世界史の教科書はただ起こったこと出来事を羅列しているのではなく、前後の時代、もしくは周囲の地域と関連し重要であると思われている出来事を載せているのです。
そのため流れを掴むことで個々の出来事がより深く理解できるでしょう。

大きな歴史の流れが木の幹、個々の出来事が枝葉といったイメージです。

世界史には通史と文化史がある

世界史には大きく分けて通史と文化史があります。
文化史は読んで字のごとく文化に関する歴史です。
15世紀から16世紀にかけてのルネッサンスなんかが有名ですね。
書物、絵画、音楽、宗教、発明品などがあります。

通史は文化史以外の歴史です。
〇〇事件や〇〇帝など政治、社会に関する歴史がメインです。

センター試験でも私大入試でもこの2つは必ず出題されるので文化史もしっかりと対策することが重要です。
文化史の勉強法は後ほど詳しくお伝えします。

世界史の勉強法

Wgypb7dnvo1bgqy0plklprjg29wqajwz1p6nz4edwk5b78va3jm6rexzmx0vv9dx?w=430

暗記量が莫大で面倒くさいというイメージが付きがちな世界史ですが、効率的に覚えていく勉強法は存在します。
しかし「どう始めればいいのか分からない」「手始めに学校で使っている教科書を読んでみたけど言葉使いが難しくて読む気にならない」という人も多いかと思います。

そこで、どのように効率的な勉強を進めていけばいいのかということを一つ一つ解説していきたいと思います。

まずは流れを掴む

先ほど、まず流れをつかむことの大切さをお伝えしました。
流れをつかむためには、できるだけ「覚えるべき用語が少なめで口語調」の教材を選びましょう。
最初に教科書や一問一答を使うと、使われている言葉が難しかったり、ただ用語を単発的に覚えることに終始してしまい、効率が悪くてつまらない勉強になってしまいます。

そこで用語が少なくて、流れに重点を置いている口語調の参考書を最初に使用することで、苦手意識を持つこと無く、世界史の大きな流れを理解することができます。
今では、世界史の漫画なども多く出版されており、それらを利用するのもありだと思います。

読む際、はじめのうちは無理に用語を暗記しようとせず、読書感覚で読み進めていくと良いと思います。
最低三回は読み返しましょう。
読み終わった時に「18世紀から産業革命がはじまったんだな〜」ぐらいが分かっていると上出来です。

基本的な用語を覚える

大体の流れがわかったら次に基本的な用語を覚えていきましょう。
あくまでも流れを頭に入れるのが先です。
基本的な用語とはセンター試験で出題されるレベルの用語です。
使う教材は流れを掴むために使用した教材でも構いません。
基本的な用語が一通り網羅されていれば、オッケーです。

この時に、大事なのは出来事の因果関係なども、まとめて覚えてしまうことです。
より印象に残りやすくなります!
ここが一番の山ですが、頑張れば試験での大幅得点upが狙えるので頑張りましょう!

復習が大事

エビングハウスの忘却曲線によれば、人は2,3日すれば覚えたことの80%程は忘れてしまいます。
それを100%に近付けるには定期的な復習が不可欠です。
定期テストと違い入試では古代から現代まで満遍なく出題されます。
一度、覚えたことがすぐに抜けると嫌ですよね。

翌日、1週間後など定期的に復習するよう心がけましょう。

困ったら用語集を見る

用語を覚える時にその用語の意味がよくわからない時、もしくはもっとその用語について知りたいときは、用語集を参照しましょう。
詳しすぎるため全部を覚える必要はないので、辞書のように必要なときにすぐ調べられるようにしておくと良いでしょう。
私は電子辞書に用語集が入っていたので気になった時は、よく調べたりしていました。

手や口を動かして暗記する

暗記のコツは、手や口をフルに動かすことです。
これは実際の入試がマーク式であっても同様です。
ただながめているだけでは理解できたとしても、知識は定着しにくいです。

私はいらなくなった裏紙を手元において覚えるべき用語などを書き殴っていました。
発音しながら書くとさらに効果的です。
ぜひ実践してみてください。

記憶のフックを意識する

これは私が高2のときに先生から教えていただいたことなのですが、印象的な出来事に関連する事柄は記憶に残りやすいです。
先に頭に入れた流れと個々の出来事を結びつけていくイメージで勉強しましょう。
一つの出来事の年号、因果関係、時代背景などもまとめて覚えていくとより効率的に暗記できるでしょう。

重要な年号は覚える

流れをつかむための一つの方法として年号を覚えることは効果的です。
最低でも何世紀に起こったことなのかは言えるようにしておきましょう。
また入試で年号問題が出題されることは多いため、その対策に悩んでいる人も多いと思います。
手が届きにくいところですが、ここはしっかりと対策する必要があります。

私は年号がまとめてある参考書を一つ購入して覚えていました。
年号を覚えるのは退屈で面倒くさい作業なので、語呂合わせを使って覚えるのはお薦めです。

文化史の勉強法

文化史はセンター試験でも私大入試でも出題されるのですが、何かと後回しにされがちです。
ただテストでの配分は低めで独立性も高い分野であるので直前にまとめて暗記してしまうというのもありです。

どちらにしろ、学校の教材でも自分で購入した参考書でもいいので一つのものを徹底的にやり込みましょう。
文化史に限っては教材による違いは、ほとんどありません。

資料集で地図を見る

世界史では視覚的に学習することがとても大事です。
世界地図を完璧に覚えている人はほとんどいないでしょう。
しかし、ある出来事がどこで起きているのかが分からないとイメージが湧きにくく勉強の効率も下がってしまいます。

また、地図問題はセンター試験や私大入試では必ず出題されるためその対策としても重要です。
逐一、学校で配布された資料集などで地図を確認する癖を付けましょう。

一問一答で知識を定着

基本的な用語が一通り覚えられたと感じたら次は一問一答に取り掛かりましょう。
一問一答とは簡単に言うとある用語の説明文を読んでその用語を答えるというものです。
これは用語の確認として最後に使うのがベターで、具体的な使用時期は高3の夏以降でもOKです。
これも最低三周はしましょう。

また一問一答は、種類がいくつかあって出版社によって難易度もバラバラです。
そのため、自分にあったレベルのものを選ぶことはとても大事です。
この紹介は最後の章でします。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

センター世界史勉強法

Kllxrwjq1b5gpdmbylazdex0qvvknevw7z8yxr8zwlp7eogj923k6mnr4w1b9qmo?w=430

受験生の多くが直面するのがセンター試験です。
「センター世界史が難しくて全然点数が取れない…」なんて思っているあなた。
これから、センター世界史で8割を確実に取る勉強法についてお伝えしていきたいと思います。
センター対策をしっかり行えば9割〜満点も十分狙えるでしょう!
実際に私も2017年度のセンター試験では98点を取りました。

センター試験世界史の特徴と傾向

センター世界史の試験時間は60分で100点満点となっています。

例年、大問が4つあり、それぞれ9問ずつあるため、全部で36問構成です。
問題は正誤問題(文化史を含む)が大半を占め、他に年代配列問題、地図問題、写真問題がそれぞれ1,2問ずつ出題されています。
制限時間は60分ですが本番では30分前後で終える人が多く、じっくりと見直しする時間も残っています。
そのため、時間の心配はあまり必要ないでしょう。
基本的にセンター世界史に出てくる用語は教科書レベルなどで難易度としてはそんなに高くありません。

では具体的な対策法をお伝えします。
しっかりとこなせば8割は十分に狙えます!頑張りましょう!

センター世界史の平均点は?

センター世界史の平均点は毎年65点付近です。
詳しい平均点が知りたい人は以下を参照してください。
世界史は他の社会科目に比べて一度覚えてしまうと得点が安定しやすい科目です。
平均点を目指すのではなく、ここは一気に8割以上を目指しましょう。

大学入試センター 過去の試験のデータ

正誤問題は消去法で解く

センター世界史で出題されるのは正誤問題がほとんどです。
正攻法は「消去法」です。
いわゆる、一本釣りは出来るだけ使わないようにしましょう。
これは、思い込みによる間違いに気付きにくいからです。

正解だと思う選択肢派が目に入っても、残りの選択肢がなぜ間違っているのかを必ず考えるようにしましょう。
そうすることで、一本釣りで起こりがちな思い込みによる間違いを”格段”に減らすことが出来ます。
試験時間は余裕があるので全ての選択肢を吟味しても見直しの時間は十分に確保できます。
特に模試や過去問を解く際は、間違いの選択肢まで考えることでより多くの問題練習が出来ますし、知識のインプットにもつながるので有効です。

年号配列問題の解き方

センター試験の年号配列問題は正確な年号を問われているのではなく、複数の出来事を時代順に並べ替えることが出来るかどうかが問われています。
もちろん、年号を正確に覚えている人は即答することができます。
しかし、このタイプの問題は正確な年号を覚えていなくても正答することは可能です。
出来事の因果関係や時代背景を考えれば、順序を推測することが出来ます。

実際、私もこの方法で正確な年号は覚えていなくても本番では正答することができました。
普段から因果関係を掴む勉強をしましょう。
時間がある場合には年号用の問題集を買って対策しても良いでしょう。

地図問題の解き方

地図問題は日頃からどれくらい地図を見る習慣が付いているかにかかっています。
覚えていなければ、正答するのは難しいでしょう。
しかし、2017年度の本試験を見てみると、ヴェネツィア、アムステルダムや大運河といった基本的な問題が多いため、日頃から地図を見る人にとっては、とても易しいと言えます。

地図を見る習慣をつけ、過去問にしっかりと取り組むことでここは満点を狙いましょう。

過去問や模試は出来るだけ多くやる

「センター世界史の過去問は何年分やればいいの?」といった疑問を持つ人は多いと思います。
私の答えは「ある分は全部やる」です。
追試を含めて過去に出題された問題が再度、出題されることは頻繁にあります。
それだけでなく、過去問を解くことで選択肢の引っ掛けパターンが分かってきて、問題文を見たときに目の付けどころが分かるようになります。
そのため、過去問を多く解くことは非常に大事です。

私は本試験を20年分と追試験を数年分解きました。
間違えたところには印をつけて何度か復習しました。
過去問を解き切ったと感じたら各予備校から出版されている予想問題集もやりましょう。
ですがこれは必ずしもやる必要はありません。

詳しい過去問の使い方は【大学受験】赤本はいつから?何年分?赤本(過去問)の使い方を徹底解説を合わせてご覧ください!

おすすめの世界史参考書と問題集一覧

Rwzpnb94wldr05endjpmyeowkxqpokyjdpvnx7rjb28zzvqv3a6bmklgg1yj6z4v?w=430

ここでは、おすすめの世界史の参考書、問題集をご紹介していきたいとおもいます。
以下の参考書を使用すれば独学でもセンター世界史で8割は取れます!

ナビゲーター世界史

ナビゲーター世界史は山川出版から出されている講義形式の参考書です。
語り口調で一から詳しく説明してくれているので世界史の全体像をつかむのに適しています。
流れをつかむのには持ってこいですね。
そのため、初学者、独学向けです。もちろん基礎をやり直したい人にもおすすめです。

一方で教科書の内容を噛み砕いて書かれているので全部で4冊もあります。
そのため、夏までには読み切るのが理想です。自分の苦手な時代だけ利用するのも良いでしょう。

Pa2kwyap4zyke0exqmvwkw3qdrlvyr13arwn85zmpdobgbj627xr1gn9ljz4l7vd
参考書名
これならわかる!ナビゲーター世界史B 1 先史~中世ヨーロッパ史の徹底理解
著者
鈴木 敏彦
ページ
236ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
Apdwe5vxaeg6q173j0l5d8wkdqmnn7lw6y4yrlgvbexmwzyj4roppb9kz2q2llx3?w=80

タイトルにも書きましたが、全てが網羅されているわけでは無いので教科書、資料集、問題集を併用の上で不足分はドンドン書き足して情報の一元化を図るのが効果的な使い方かと思います。 あと、本書は考えながら読まないとタダの時間の無駄です。 世界史が苦手という方(特に高校1、2年生)は早い時期に本書を使うことで後で苦しむリスクを軽減できるはずです。 オススメでーす。

Rwzpnb94wldr05endjpmyeowkxqpokx4gwvax7rjb28zzvqv3a6bmklgg1yj6z4v?w=80

面白すぎる

Xlx4qzwrmeqd2wzb79byxgvp4px5ywgna5ky01r3nkemdkzjlago8vlj6qb5dor9?w=80

全部で4巻あるので総評という形で書きます。 ・タイトルの通り解説がわかりやすい 教科書などではさらっと流されるところもしっかり解説があり、理解が深まります。したがって、論述力の養成にもなります。 ・歴史的意義などへの言及がある 東大や一橋の論述にみられる歴史的意義の出題にも対応できます。実際、1巻の中世は一橋の問題に十分対応できる内容であり、さらに3巻のラテンアメリカ独立とモノカルチャー経済などの解説は17年の一橋でほぼそのまま出ました。(17年に受けていたらその論述は満点とれたでしょう。) ・経済史も充実 疎かになりやすい経済史もきちんと解説しています。一橋では頻出ですね。 ・最新の傾向を捉えている 近年の東南アジア史を重視する傾向に対応し、東南アジア史の解説は他の参考書よりも厚くなっています。急に出題が増えてきたカーリミー商人にも言及しています。 総括 教科書よりも読みやすく、わかりやすいので早く進められ、したがって何周もでき、力がつきます。教科書(山川)と比べてみても、情報に過不足はないように思います。ただ、教科書にしか書いていないことも若干あるので教科書にも一応は目を通すべきです。 私大志望の人もこの本で通史を固めれば早慶でも7割程度の得点が見込めます。しっかり通史を固めてからニッチな知識を詰め込みましょう。東進の一問一答から始める人がいますが、愚の骨頂です。 論述のある国立を目指す人には特に適しています。なお、論述にニッチな知識は必要ありません。センターで満点が取れるレベルの知識で十分です。誤答選択肢も説明できるレベルで。 なお、地図を見るため常に資料集を持ち歩きましょう。(『タペストリー』がオススメです。)

レビューをもっと見る

荒巻の新世界史見取り図

この本は三冊構成です。
筆者の考えが色濃く反映されていて読書感覚で読み進められます。
こちらも用語をできる限り絞って流れを理解するために書かれたものです。
私も使っていましたが時代ごとの特徴なんかも書いているため、流れを理解するにはおすすめです。

Nkdxj5vn8rvw2qlpw0a79m1qzpvolnqarlnxmk5ze3b4gdjjxky6regdbwav1l70
参考書名
荒巻の新世界史の見取り図 上巻―大学受験 (東進ブックス 名人の授業)
著者
荒巻 豊志
ページ
396ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
A2nj8vwdxrzk7qj5jb3rmg1ep94yy4zxvzvav2evn6okdb0lwlapmxg8zqmpdgkg?w=80

学校の先生が分かりにくいので家でこれ使って補強してます。学校の数倍わかりやすく、歴史背景も記憶に残りやすいです。

レビューをもっと見る

スピードマスター世界史問題集

この参考書はとにかく薄さが売りです。
びっくりするくらい薄いです。
その薄さでセンター世界史レベルの用語をほぼ完璧に網羅しているので驚きです。
基本用語を覚えるのに特化していて章ごとに穴埋め問題が付いています。

欠点として薄い分、流れを無視しているので、あくまで早く通史を一周したいときや模試前、入試前の知識確認に使用しましょう。

R58e4ngwyndjzw2o4epq73bdz1vjyjqzvjrnmgeqk0x9rakbrl8m56lxvp6ev20m
参考書名
スピードマスター世界史問題集
著者
ページ
123ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
B6qz8enj7ew8vjz1ok3zmmwd9gqqndab0vwyvpx5ldxkyrl4r20gbpba6epl5gpr?w=80

それぞれの分野事の、短い文章に穴埋め形式で答えを書き込み、後で赤シートで隠して覚えるというのが、駿台の松崎先生の、「世界史100テーマ書き込み問題集」によく似ているので、そちらでも代用可能だと思います。

A2nj8vwdxrzk7qj5jb3rmg1ep94yy4z6xqxav2evn6okdb0lwlapmxg8zqmpdgkg?w=80

最高。「決める!センター世界史」見て、これをぐるぐる何周かすれば大事な所頭に入る。ただ、トップ狙うのにはこの次を何かやらないとなーという感じ。とりあえず愛してる。

A2nj8vwdxrzk7qj5jb3rmg1ep94yy45akjnov2evn6okdb0lwlapmxg8zqmpdgkg?w=80

正直、これが良すぎてコイツの存在を他の人に知ってほしくないレベル

レビューをもっと見る

タペストリー【資料集】

タペストリーは資料集です。
資料集は学校で配られたものを使うのでいいですが、私はこれを使っていたのでおすすめします。
これのいいところは何と言っても網羅性です。
これを全部覚えられたら敵無しですが、実際は不可能なので適宜これを参照しつつ勉強を進めていきましょう。

Lrkby3xy7okgzl69k4r15neajgpjy13bq8qa0q2em8mqxd3dlbvrvbwpwzmd458a
参考書名
最新世界史図説 タペストリー
著者
ページ
396ページ
出版社
株式会社 帝国書院
Btn amazon

世界史b一問一答

東進から出版されている一問一答は山川のものよりも量が多く網羅性に優れています。
センターレベルを超えた用語が多く含まれているため、特に私大や国公立の二次試験で世界史を使う人にはおすすめです。
ただ、それぞれの用語が星マークでレベル分けされているので個人の目標に合わせて使うことができ、全受験生におすすめできます。

1jmjalez47eamldjrgj3yxdrlnq2xnzon23ympv8wp9wzbk5gqob1k6ve0zd7e0d
参考書名
世界史B一問一答 完全版 2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
斎藤 整
ページ
493ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
Ejy6kgm58bzjvqr9kbq4v1xrepl7nld3mbxnmwlg6oa2kyedgwdx0znjp3pq5jwr?w=80

私は世界史の1問1答は、山川の書き込み式のものが学校で配られたのですが、ぺっらぺらで先生もこれ薄すぎるって仰っていたので、 こちらを購入しました。 初めの方は、分厚すぎん?無理やー、と思ってましたが、何度もやって慣れると、ほんと、控えめに言って神です これに教科書と用語集、資料集さえあればなにも問題ないと思います。 私は基本☆☆と☆☆☆だけ解くようにしています。国公立なら多分それで十分な位、どの分野も網羅しています! 世界史の1問1答で迷っているならこれをオススメします!

Kdxj5vn8rvw2qlpw0a79m1qzpvolnqllnm8axmk5ze3b4gdjjxky6regdbwav1l7?w=80

まず最初に、世界史受験の方は、河合の平松先生の授業を受けましょう。本当に死ぬ程面白いです。世界史が楽しくなります。ゼッタイに後悔しません。騙されたと思って、まず体験授業予約しましょう。 私はこれは全くと言っていい程使わなかったです。買ったは良いけど放置でした。 やっぱり世界史は流れで理解することが大事なので、一問一答的に覚えるのは、まあその単調な作業で覚える事ができれば良いんですけど、もっと理解しながらやった方が楽しいので、これを地道に辛い思いしながらやるよりは、河合の平松先生の授業を受けた方が100万倍効果的です。 よって、一問一答は、いりません。

Ode1kq7q1ypnmrkb06dz58xajx3my9nddkvolvwg9gowvdelqbrz4pek2j4ygnrj?w=80

世界史好きなら楽しめると思います!色使いもキレイですし、短い文の虫食い形式なので頭に入りやすいです。問題下の豆知識コーナーが面白いのも魅力です✨ また出典大学名が明記されているので難関大の問題が解けたときの達成感も最高ですね。(笑) ただ答えが黒字で右端に羅列されている形なので、赤シートを使えないのが少し不便です。😅 追記 : センターレベルで十分な方にはマニアックなものが多すぎますし基本的なことは割愛されていたりしますのでこちらよりは山川一問一答を購入することをオススメします。

レビューをもっと見る

教科書

初学者には取っ付きにくいですが、教科書は使い方次第で素晴らしい参考書となります。
山川、東京書籍、帝国書院などが有名ですがおすすめは帝国書院です。
他の二冊よりも薄くて読みやすく因果関係や流れに重点を置いています。
書店などでは取り扱っていない場合が多いので学校の先生などに頼んで貸してもらいましょう。

A2nj8vwdxrzk7qj5jb3rmg1ep94yy46akrbav2evn6okdb0lwlapmxg8zqmpdgkg
参考書名
文部科学省 46 帝国 世B-303 : 新詳世界史B
著者
川北稔 ほか9名
ページ
0ページ
出版社
帝国書院
Btn amazon

元祖世界史の年代暗記法

これは年号を暗記するためのものです。
重要な年号がしっかりと網羅されていて覚えやすい語呂合わせが付いています。
もちろん、語呂合わせが苦手な人も使用できるレイアウトになっています。
一冊、年号用の問題集を持っていると安心ですね。

0mpvbx1ajjnrxew3lqppdlbzv5mq2abe0jdod7vk0yg19zbxkgw4ro86emnz4yjq
参考書名
元祖世界史の年代暗記法 新装三訂版 (大学JUKEN新書)
著者
小豆畑 和之
ページ
224ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
Wgypb7dnvo1bgqy0plklprjg29wqajw2nr6nz4edwk5b78va3jm6rexzmx0vv9dx?w=80

年号をやっているかやっていないかだけで、本当に変わります。 例えわからない問題でも、設問に年号が書かれてたらすぐにわかるし、センターも〜世紀に起こったものとして正しいものは?の問題で、間違えることはありません。 私は、9月頃センター過去問で六割しか取れませんでしたが、年号をやり込み、過去問、実践問題をやりこんだことで、満点取れました。

P9emmoxz9wr5q0zy8jalk42dg6wgymdr97qnnx7veo3vdpj1qlmmbpkreb7vrzqd?w=80

これやらずして上智なし くらい大事です年号覚えれば上智だけでなくセンター瞬殺の問題とか出てきますので絶対やってください(威圧) 世界史は横の流れ大事ですからぁあああ

Apdwe5vxaeg6q173j0l5d8wkdqmnn7ovo1xnrlgvbexmwzyj4roppb9kz2q2llx3?w=80

年代暗記をそろそろ買いたいと思って この教材の評価を見ようとしたそこのあなた! 正解のようだ… 年代というのはただやみくもに 全部を覚えればいいわけではない。 あくまで流れを掴みその上、忘れないことだ この本では右側に復習用に綺麗にその流れが まとめられ、怪しい条約の順番などはまとめてゴロに… What a great book!!

レビューをもっと見る

みるみる論述力がつく世界史

こちらは山川から出版されている論述対策用の問題集です。
独学でも十分に記述問題に対応できるようになります。
まずは自分の力で書き、その後解説や解答を熟読すると良いでしょう。
論述用の問題集は一冊でいいのでしっかりとやり込むことが大事です。

Mldxd0dmwrz61ekpqxj7ble82lkgoam1vg3oqpxz3v9odyb0w5agjn4vmrrn2pj3
参考書名
みるみる論述力がつく世界史
著者
ページ
200ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon

最後に

Kmzev24gpja3b0bddlkworvyejnmnxx8devnme62pkgzq7l159xzrxwqv895qdgy?w=430

これまで世界史の効率的な勉強法についてご紹介してきました。
とにかく、流れを意識して勉強しましょう。
これが一番大事なことです。もちろん試験では用語が問われます。
しかし、用語だけを覚えようとすれば時間もかかり、行き詰まってしまいます。
世界史のタテ、ヨコのつながりに目を向けるだけで効率的に暗記でき、勉強が楽しくなるでしょう。
ぜひ、この勉強法を実践して合格を勝ち取りましょう!

合わせて東大の世界史に興味がある人は 【東大世界史】その対策と参考書を東大生が詳しく解説!も読んでみてくださいね!
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
Mldxd0dmwrz61ekpqxj7ble82lkgoam99r4oqpxz3v9odyb0w5agjn4vmrrn2pj3?w=72
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

Mpvbx1ajjnrxew3lqppdlbzv5mq2abe34klod7vk0yg19zbxkgw4ro86emnz4yjq?w=120

【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介&4つの勉強ポイント!

Ode1kq7q1ypnmrkb06dz58xajx3my9gwwjkalvwg9gowvdelqbrz4pek2j4ygnrj?w=120

【世界史勉強法】受験に勝つ超効率的な勉強法&おすすめ参考書一覧!

1ebymb39qbzxl1rzqmge86x20jn5o3dvz4gamlkvpwkdaywgrjde4vobp73amx9r?w=120

【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

5e63jkknj6me2rzq4jgp0my5qg1wnnm5d70adw7bxrokpbz89vaxledlv3erzvow?w=120

【世界史 参考書】激選7冊!世界史おすすめの参考書・問題集

Kllxrwjq1b5gpdmbylazdex0qvvknevw6akyxr8zwlp7eogj923k6mnr4w1b9qmo?w=120

覚えられないのには理由がある!効率的&確実な世界史の覚え方

Xlx4qzwrmeqd2wzb79byxgvp4px5yw00dxqo01r3nkemdkzjlago8vlj6qb5dor9?w=120

世界史論述問題の対策はいつから?必見勉強法と参考書・問題集も紹介!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay