【世界史勉強法】受験に勝つ超効率的な勉強法&おすすめ参考書一覧!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

おすすめの世界史参考書と問題集一覧

ここでは、おすすめの世界史の参考書、問題集をご紹介していきたいとおもいます。
以下の参考書を使用すれば独学でもセンター世界史で8割は取れます!

ナビゲーター世界史

ナビゲーター世界史は山川出版から出されている講義形式の参考書です。
語り口調で一から詳しく説明してくれているので世界史の全体像をつかむのに適しています。
流れをつかむのには持ってこいですね。
そのため、初学者、独学向けです。もちろん基礎をやり直したい人にもおすすめです。

一方で教科書の内容を噛み砕いて書かれているので全部で4冊もあります。
そのため、夏までには読み切るのが理想です。自分の苦手な時代だけ利用するのも良いでしょう。

参考書名
これならわかる!ナビゲ-タ-世界史B 1 先史~中世ヨ-ロッパ史の徹底理解

僕自身、最初は世界史が苦手、というか嫌いでした。カタカナばっかりだし、人も多いし、、、 でも、この参考書に出会って全て変わりました!今では世界史が1番好きな科目です! 個人的におすすめの使い方は、 ①教科書を熟読する(おおよその意味を理解する) ②この参考書を2周する ③別冊付録のポイントチェックにオレンジペンで書き込んで赤シートで隠して何回も確認する この方法をしていけば、語句も世界史の流れもびっくりするくらい頭に入ってきます!何より、この参考書の長所は教科書ではあっさり書かれてる内容が詳しく解説してあったり、ちょっとした小話もあるので飽きずに読み進められる点だと思います!

予習、通史終わったあとの復習、センター明けに使いました。講義形式?で、流れや因果関係を掴むのには最高にわかりやすい参考書だと思います。(詳説世界史研究は字の小ささと分厚さとなんかお堅いので挫折しました)特に中世近世ヨーロッパら辺は一橋に役立ちます。

ナビゲーターを10周みて付録の冊子を50周くらいすればセンター9割取れます。ソースは国公立目指してる友達がナビゲーターしか使ってないからです。 ここまですればどんな参考書でも同じくらい成果が出るとおっしゃる方が出てくると思います。しかし私が言いたいのはそこではなくひとつの参考書を何周しかしただけで完璧と錯覚して他の参考書レベルの高い参考書に入るのではなくずっと一つのことを継続し続けることに偏差値アップの鍵が眠っていると思います。 お互い頑張りましょう

レビューをもっと見る

荒巻の新世界史見取り図

この本は三冊構成です。
筆者の考えが色濃く反映されていて読書感覚で読み進められます。
こちらも用語をできる限り絞って流れを理解するために書かれたものです。
私も使っていましたが時代ごとの特徴なんかも書いているため、流れを理解するにはおすすめです。

参考書名
荒巻の新世界史の見取り図 大学受験 上巻

まず読んでて飽きない。説明口調で分かりやすいし面白い。時代の背景や因果関係が明確になっていて、山◯の教科書(水色のアレ)より優れていると思います。テスト勉強にもすごく役立ちました!

世界史が苦手だったり、世界史に熱意を持てない人はこのシリーズを読むべきです。荒巻先生の軽快なトークですぐに世界史の魅力に引き込まれるでしょう。また、この本では図、特に地図が多く使われているので、位置関係の理解が捗ります。国同士の位置関係は重要です。世界史は単語の丸暗記で通用する教科ではありません。用語・位置関係・年代、これらが主な要素です。この本のシリーズでは特に位置関係の力がつきます。さらに荒巻先生は受験世界史から逸脱した話も沢山入れていますが、これは記述の基礎となる考え方を含んでいるため、世界史を学ぶ上ではかなり有益な情報だと思います。荒巻最高!!!!

学校の先生が分かりにくいので家でこれ使って補強してます。学校の数倍わかりやすく、歴史背景も記憶に残りやすいです。

レビューをもっと見る

スピードマスター世界史問題集

この参考書はとにかく薄さが売りです。
びっくりするくらい薄いです。
その薄さでセンター世界史レベルの用語をほぼ完璧に網羅しているので驚きです。
基本用語を覚えるのに特化していて章ごとに穴埋め問題が付いています。

欠点として薄い分、流れを無視しているので、あくまで早く通史を一周したいときや模試前、入試前の知識確認に使用しましょう。

参考書名
スピ-ドマスタ-世界史問題集 世界史B

やり切るには根気が必要だった

授業が進むにつれて全然復習できてない!やばい!ってなることがあると思うんですけどこれは大事なところメインで書いてあるし量もそんなに多くないので復習にもってこいの教材だなと思いました( •⌄• )◞︎これを何周も解けばセンター世界史は大丈夫かなと思います◎(もちろんセンター世界史の本を解くのが一番)私大はこれだけじゃ無理だと思うので基礎基本を徹底的にやるにあたってはこの教材が一番です!ほんとオススメです👊🏻⭐️

通史の参考書を何周かして年代とかおおまかな流れを把握するのを前提に使い始めること。 そしたらこいつをフルスピードで読み込めば勝ち。ほんとに良書。穴埋め形式だからアウトプットしまくった。しかも薄いから同じところに何回も触れることが出来る! 2020のセンター試験は難化したけど十分対応できました。ありがとう!

レビューをもっと見る

タペストリー【資料集】

タペストリーは資料集です。
資料集は学校で配られたものを使うのでいいですが、私はこれを使っていたのでおすすめします。
これのいいところは何と言っても網羅性です。
これを全部覚えられたら敵無しですが、実際は不可能なので適宜これを参照しつつ勉強を進めていきましょう。

参考書名
最新世界史図説タペストリー

世界史b一問一答

東進から出版されている一問一答は山川のものよりも量が多く網羅性に優れています。
センターレベルを超えた用語が多く含まれているため、特に私大や国公立の二次試験で世界史を使う人にはおすすめです。
ただ、それぞれの用語が星マークでレベル分けされているので個人の目標に合わせて使うことができ、全受験生におすすめできます。

参考書名
世界史B一問一答 完全版(東進ブックス)

⚠︎注意⚠︎ 2年前のレビューです。センター試験最後の年の受験生でした。 久しぶりに見たら、上の方にあるレビュー辛口だなと思ったのでこれを書いてます。 教材選びの参考にしてください。 【結論】 ☆1問題は捨ててもいいです。(GMARCHより上は受けてないのでごめんなさい。) ☆3を完璧にすること。 この本は教科書や資料集、学校のワークである程度知識が着いてからやると良いです。 試験前の追い込みにも最適です。 章の中にもさらに見出しが合って、スキマ時間にやるには良書。ただ分厚い。 【経験談と実績】 高3 9月頃模試までは世界史47.5あたりを低迷。 高3、9月頃購入。毎日少しずつやった。 センター1ヶ月前〜センター試験までに3周やり、本番9割超えました。(2年前) 【私の使い方】 最初は星3の知識定着から初めて、間違えたところには付箋を貼って毎日やりました。(世界史苦手だと☆1までやると莫大な付箋の量になります、なので、モチベ維持のためにまずは☆3) 間違えた回数毎に付箋の色を変えたり、時々できる問題の付箋の色と区別できるようにすると良いかも知れません。 (付箋色の例) 私の場合2回以上間違えたらピンク 1回間違えたらオレンジ 時々間違える 黄色 付箋が減ってきたら☆2に取りかかりました。 ☆2は基礎ではないのですが、たまに☆3レベルの問題も混じっていたりするので慣れて時間があるのなら解いても良いと思います。 以上。

ブックオフで100円で売ってたので買ってみたけど、無駄な出費だったと思います。 理由は二つ。 ①内容が深すぎる もちろんいいことなのだが、まだ全範囲履修しきってない人間が使うにはレベルが高すぎる。教科書に載ってないような知識もちょこちょこ出てきて「なんじゃこれ?」となる。 「センターから難関私大まで全ての知識を網羅」という言葉に踊らされて買ったことを後悔しました。 ②教科書(山川出版社)と順番が違う。 これは考えてみれば当たり前の話。出版社が違うのだから本の中身は大体同じでも、捉え方、見方が違うのだから順番が変わるのは当然。でも、これに気づかずに買った結果、試験前に範囲を対応させなければいけず、非常にめんどくさかった。 結局、山川出版社の1問1答に切り替えました。おそらくこのまま使っていくことでしょう。無駄な100円を使ってしまったなぁと後悔してます。難関私大を目指す高3生が知識を深めるために買うならいいのかもしれませんが、少なくとも今の自分には時期早尚だった感じ。

やってると飽きる しゃーないのかこれは

レビューをもっと見る

教科書

初学者には取っ付きにくいですが、教科書は使い方次第で素晴らしい参考書となります。
山川、東京書籍、帝国書院などが有名ですがおすすめは帝国書院です。
他の二冊よりも薄くて読みやすく因果関係や流れに重点を置いています。
書店などでは取り扱っていない場合が多いので学校の先生などに頼んで貸してもらいましょう。

参考書名
文部科学省 46 帝国 世B-303 : 新詳世界史B

元祖世界史の年代暗記法

これは年号を暗記するためのものです。
重要な年号がしっかりと網羅されていて覚えやすい語呂合わせが付いています。
もちろん、語呂合わせが苦手な人も使用できるレイアウトになっています。
一冊、年号用の問題集を持っていると安心ですね。

参考書名
元祖世界史の年代暗記法(大学juken新書)

これやらずして上智なし くらい大事です年号覚えれば上智だけでなくセンター瞬殺の問題とか出てきますので絶対やってください(威圧) 世界史は横の流れ大事ですからぁあああ

年代暗記をそろそろ買いたいと思って この教材の評価を見ようとしたそこのあなた! 正解のようだ… 年代というのはただやみくもに 全部を覚えればいいわけではない。 あくまで流れを掴みその上、忘れないことだ この本では右側に復習用に綺麗にその流れが まとめられ、怪しい条約の順番などはまとめてゴロに… What a great book!!

これは全ての人にオススメできる良書です!! どの語呂も口ずさみながらスキマ時間とかで覚えられます。 大切なのは何回もやることだと思います。 ゴロだけじゃなくて横に詳しく説明がされてあったりという点もオススメです。 一度手にとって、見たらわかると思います。

レビューをもっと見る

みるみる論述力がつく世界史

こちらは山川から出版されている論述対策用の問題集です。
独学でも十分に記述問題に対応できるようになります。
まずは自分の力で書き、その後解説や解答を熟読すると良いでしょう。
論述用の問題集は一冊でいいのでしっかりとやり込むことが大事です。

参考書名
みるみる論述力がつく世界史

加点要素に一問一答や用語集では身につかない論述ならではの覚えるべきポイントが書かれており良い。論述の参考書は解答がダメなのが多いが、これは他と比べると比較的良い。

国公立二次の世界史で論述が必要な人にはオススメ。なんといっても解説が丁寧なのだ。というのも、その問題に対する解説だけでなく、関連した事柄を含めた通史的な詳しい説明がある。ひととおり通史を早めに終わらせてこの参考書を進め、理解を深めていくやり方を勧める。

レビューをもっと見る

最後に

これまで世界史の効率的な勉強法についてご紹介してきました。
とにかく、流れを意識して勉強しましょう。
これが一番大事なことです。もちろん試験では用語が問われます。
しかし、用語だけを覚えようとすれば時間もかかり、行き詰まってしまいます。
世界史のタテ、ヨコのつながりに目を向けるだけで効率的に暗記でき、勉強が楽しくなるでしょう。
ぜひ、この勉強法を実践して合格を勝ち取りましょう!

合わせて東大の世界史に興味がある人は 【東大世界史】その対策と参考書を東大生が詳しく解説!も読んでみてくださいね!
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介&4つの勉強ポイント!

【世界史勉強法】受験に勝つ超効率的な勉強法&おすすめ参考書一覧!

【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

覚えられないのには理由がある!効率的&確実な世界史の覚え方

【世界史 参考書】激選7冊!世界史おすすめの参考書・問題集

世界史論述問題の対策はいつから?必見勉強法と参考書・問題集も紹介!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に