【英作文の勉強法】おすすめの参考書と例文暗記法で書き方のコツを身に付けよう

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

英作文の書き方が分からなくて困っていませんか?
英作文の参考書はどれを使うべきか悩んでいませんか?
これから受験生が悩みがちな英作文の勉強法について、書き方のコツとおすすめの参考書をご紹介していきます。

英作文はセンター試験でこそ出題はありませんが、ほとんどの国公立大の二次試験では必ずと言っていいほど出題されますし、一部の私大でも出題されることがあります。
そして何より英作文は得点の稼ぎどころです。
採点は多くの場合、減点方式なためミスなく書ければ、満点が取れちゃう!なんてこともあります。
対策しないなんてもったいない!
ぜひこの記事を参考にして、安定した英作文力を身につけましょう。

英作文の勉強法【方針】

まず英作文には大きく分けて2つの出題形式があります。
和文英訳と自由英作文です。
和文英訳は日本語(和文)が書かれていて、それを英語に訳します(英訳)。

一方で自由英作文とは書く内容が指定されておらず、何かしらのテーマが与えられ、それについて自分の意見を書いていきます。
多くの大学入試では、このどちらかが課されるわけですが、まずは和文英訳の勉強から始めましょう!
というのも自由英作文を書く時でも、日本語で書く内容を頭に描いて、それを英訳していくので和文英訳の力が必要となります。
そのため、日本語から英語に訳す練習を徹底的にしましょう!
では、英作文の基礎となる和文英訳の勉強法を表現暗記と例文暗記をメインにお伝えしていきます!

表現をインプットしよう

英作文はアウトプットです。
アウトプットを行うにはどうしてもインプットが必要になってきます。
そのため、表現力は不可欠です。
表現力とは単語、熟語、構文などの語彙の力です。
表現力が豊富な人はどんな問題でも安定した解答作りができるため、高得点で安定する傾向があります。
ただ、語彙力のupと言っても英作文においては単語、熟語を運用する能力が求められています。
意味を覚えても、正しく使えなければ意味が無いのです。

では、英作文に生きる単語、熟語などの表現力はどう強化すれば良いのでしょうか。
表現暗記について詳しくこれから具体的な戦略を説明していきます!

ニュアンスの違いを知ろう

まずは、表現の細かなニュアンスの違いを知ることです!
日本語に訳すと同じ意味になる英単語ってよくありますよね?
それらの使い分けは理解できているでしょうか?

例えば、「hear」と「listen」という2つの単語があります。
どちらも日本語にすると「聞く」なのですが、ネイティブに取っては全く別々の意味に感じる単語です。
「hear」は自然と聞こえてくるイメージで「listen」の場合は耳を傾けて聞くという意味です。
だから、「音楽を聞くのが好きです」というのは、

○I like listening to music.

となるわけです。

このような細かなニュアンスによる単語の使い分けは入試レベルでも必要となります。
そのため、単語の意味を辞書を引く、添削を受けて間違ったところをどんどん覚えていくなど日頃から単語の持つニュアンスを意識して勉強してみましょう!

群動詞で前置詞をマスターしよう

「ここforだっけ?toだっけ?」なんてことは良くありますよね。
前置詞は日本語には無い概念で私たち日本人を悩ませるものです。

ここで大事なことは、前置詞と動詞の関係性に注目することです。
いわゆる群動詞(句動詞)というものです。
群動詞とは、動詞に前置詞や副詞を加えたもので、動詞の働きをするものとして一塊と見なされます。

有名な例として、「put on」(着る)、「bring up」(育てる)、「set out」(始める)などがあります。
このような群動詞をたくさん覚えることで前置詞に悩む機会は確実に減ります!

基本的なものを熟語帳などで一通り暗記しましょう!!
その際に、前置詞の原義にも目を向けると覚えやすくなるでしょう!

常にコロケーションを意識しよう

コロケーションとは単語と単語の連結のことです。
これは英作文の勉強において非常に大事なものです。
コロケーションの例を挙げてみましょう。

「その問題に答える」という日本語を英訳するとします。
「answer the problem」と「answer the question」という2つの解答の候補が出ました。
果たして正解はどちらでしょうか。
一つ目も二つ目も合っているような気がした人は要注意です。

正解は二つ目の「answer the question」です。
正確に言えば、一つ目は、あまり使われない表現です。
一つ目の誤答を正しく直すと「solve the problem」となります。

このように、「answer」という動詞を使えば目的語には「question」が、「problem」の目的語には「solve」という動詞が、といった具合に、単語同士には相性のようなものが存在します。
このようなコロケーションを無視して書く間違いが、とても多いのです。

このミスを無くす為には、必ず知っている表現を使うという英作文の大原則を守ると同時に、熟語帳や例文暗記を通してどんどんコロケーションをインプットしていきましょう!

積極的に例文暗記を行おう

例文暗記は英作文の代表的な勉強法として挙げられることが多いですが実際のところ、効果はあるのでしょうか?
私個人の意見としては例文暗記は、非常に有効です。

ライティング力に限らず英語力全般を向上することができるからです。
英作文に限定して言うと実際の受験の場で、暗記した例文の一部が使えることがよくあります。
私は本番の試験で覚えていた例文を問題に合わせて改変しつつ使用することで得点源にできました。
また、先程紹介した、群動詞やコロケーションが自然と身につくという利点もあります。

では、どのように例文暗記をしていけばいいのでしょうか?大事なことは音読することです。
これによって断然記憶に残りやすくなります。
騙されたと思ってやってみてください。

そして音読する時は、必ず意味も考えながら音読しましょう!
意味を考えずに音読するだけでは、効果も半減してしまいます。

とにかく書きまくる

これは英作文の勉強において最も重要な部分です。
いくら表現をインプットしたとしても、それを上手くアウトプットすることが出来なければ意味がありません。
英作文とはあくまでもアウトプットです。
表現を蓄積していく一方で、学校で配布された教材や参考書等を利用してどんどん問題を解いていきましょう。

この際、どうしても分からないところは辞書を引いても構いません。
ある程度は、自分の力で表現しようとする努力も大事ですが、どうしても分からないときは、正しい表現を学んで覚えていきましょう。

書いたら必ず添削してもらおう

添削は英作文の勉強ではとても大事です!
書いて満足して終わってしまう人が偶にいますが書きっぱなしは、やめましょう。
英作文を解いた時は必ず頼れる人に添削を頼むのが良いでしょう。
学校の先生でも塾の先生でも構いませんが、おすすめはネイティブの先生です。

添削してもらった後は、新しい表現を覚えたり自分のミスしやすい箇所を把握して見直しに役立てたりと次に繋げるようにしましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

英作文の書き方【実践編】

まず、英作文の勉強で基本となる和文英訳を行う際に意識すべき書き方のコツをお伝えしていきます。
その後、いよいよ自由英作文の書き方についてもご紹介していきます!

【和文英訳編】

まずは、和文英訳の解き方の手順をお伝えします。
その後、英作文の書き方のコツについて紹介し、その例題と解説もつけておきました。

簡単にできるのでぜひ取り組んでみてください。

無理に直訳せず柔らかい日本語へ

これは和文英訳の基本です。
大学によっては日本独特の表現を持ち出して英訳させる大学もあります。

そんな時は、そのまま英語に直訳すると全く意味の通らない文になってしまうので無理に直訳しようとしないでください。
もちろん意味が通る時は、直訳しても構いません!

まず日本語文を見てそのまま訳せそうなら訳します。
難しそうなら、これなら書けそうという優しい日本語に置き換えてみましょう。
その際、必ず文意に注意しましょう。
文意を変えてしまうと減点されてしまうかもしれません。

次にその日本語に従って英訳していきます。
この際、形容詞や副詞などの表現も忘れることなくしっかりと解答に反映させてください。

では実際に例を上げてみます。
与えられた単語を使って以下の文を英訳してみてください!

(もしあなたが構わなければ、私は和食が食べたいです: like / Japanese / food / mind)

早稲田大学法学部 入試問題 2015

この場合、「あなたが構わなければ」という箇所がそのままでは訳しにくいのでここを「もし、あなたが嫌でなければ」と英語で書きやすい日本語に自分で変換します。

正しい答えは「If you do not mind, I would like to eat Japanese food.」です。
こんな風に答えを見ると意外と簡単に思うのではないでしょうか。

この問題では、さらに意訳して「もしあなたが、和食が嫌いでないならば」としても良いでしょう。

とにかく自分が書きやすい表現まで噛み砕きましょう!
無理してそのまま訳そうとすると、どんどん減点されてしまいます。

英作文では自分の知っている表現を使おう

英作文では、いかにミスをしないかということが大切です。
そのため、「自分の知っている表現だけを使う」というのが英作文のコツであり鉄則です。

あやふやなまま書くと必ずミスをしてしまいます。
ここはとても大事なところなので覚えておきましょう!
自信がないところでは安全策で乗り切ります。

困ったら関係詞節を使おう

皆さんは、訳し方の分からない単語や表現に出会った時はどう対処していますか? 
入試問題を解く上で必ずと言っていいほどそういった表現に出会うでしょう。
そんな時に使える書き方のコツが関係詞を使うことです。

例えば、箸という単語が分からないとしましょう。
リスクを犯してスペルミスをしてしまうよりは、知っている単語・表現で「 two sticks that are often used to eat food in Asia」と書くほうが無難です。

和文英訳では分からない単語がや表現があるのは当然でそれを、どう対処するかという表現力も問われています。
このようなコツを使って減点されることは絶対にないのでどんどん使っていきましょう!

【自由英作文編】

ここでは、自由英作文の書き方とコツについてお伝えしていきます。
大事なのはパラグラフ構成です。英語特有のパラグラフ(段落)の作り方があります。
その型を学んだ後は、自分の意見をそれに当てはめて書きます。

書く時は、和文英訳で培った英作文の力を発揮するだけです!書いて添削を受けて間違いを直すというサイクルをひたすら繰り返しましょう!

また、余裕があれば出そうなテーマに目星をつけておきましょう。
想定解答を日本語で考えておくだけで本番では他の受験生に差を付けられるでしょう!

では、詳しく説明していきます。

自分の志望校の自由英作文の傾向を知ろう

自由英作文の問題を解く前に自分の志望校の過去問を見ましょう。
大学によって自由英作文の出題傾向はまちまちです。
その際に着目するポイントは大きく3つあります。

・出題されているテーマ
・字数制限
・時間制限

出題テーマは大別すると意見を書かせるタイプとグラフや図を用いて描写、説明させるタイプがあります。
字数制限も30字程度のものから何百字も書くものまであります。
字数によって構成は変わってくるので、根拠はいくつ書けばいいのか、どこまで掘り下げて書くことができるのかをしっかりと見極めましょう。

どれくらい英作文に時間を割けるのかも大事です。
時間が十分に取れる場合は余白に日本語で構成を書いたりする時間が取れるかもしれません。
その辺を見極めるためにも、過去問には早い段階で目を通しましょう。

自由英作文の構成

英語と日本語では文章構成が根本的に異なっていることは知っていますか?
前置きが長く、主張が後にくることが多い日本語に対して、英語はまず主張を明確に提示してそこから論を展開していくという特徴があります。

入試英作文では、この英語のルールに則って文章を書いていく必要があります。そこで、意見を述べるタイプの問題に出会った時に意識するのは、

主張→根拠→結論(主張の言い換え)の流れです。

これはとても大事なので必ず覚えておきましょう!
まず一文目で主張を述べ自分の立場を明確に示します。
この主張のことをTopic Sentenceと言います。
是非を問う問題なら賛成か反対かを明らかにします。

次に根拠です。主張を支えるため、一般にSupporting Sentenceと呼ばれます。
根拠は2つが目安ですが制限字数が150字を超える場合は増やしてもいいでしょう。
この根拠を書く時に使うのが例、対比、譲歩です。
制限字数が大きい時は「例、対比、譲歩」をふんだんに用いましょう!
根拠が英作文でメインとなる箇所なので一番気合を入れて書きましょう。

最後に結論を述べます。
「あれ、結論は最初に言わなかった?」と思ったあなた、その通りです!
ここでは、最初に示した主張と同じ内容を再度書きましょう。
先の主張と同じことを書いてください。
使う単語が一字一句同じでは見劣りするので、少し単語を言い換えるなど工夫をするといいでしょう。(importantをsignificantに変えるなど)

根拠を主張と結論でサンドイッチすると覚えておきましょう!
最低限、これは頭に叩きこみましょう!

自由英作文で必須のディスコースマーカー

ディスコースマーカーとは文と文との論理展開を示す言葉です。
自分の解答をより論理的に、相手が読みやすく書くには、これらをどんどん使っていきましょう。
よく使うディスコースマーカーをまとめてみました。
これだけ覚えていれば十分でしょう。

根拠を述べる際はFirst, Secondなど列挙していくといいでしょう。
参考にしてみてください。

おすすめの英作文参考書&問題集をランキング形式で紹介

【表現編】英作文の参考書

【第1位】鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

この鉄壁という参考書は鉄緑会という塾が出版している単語帳兼熟語帳となっています。
これは表現暗記に使います。
この本の最大の特徴は単語ごとの解説の詳しさです。
語源の解説が詳しく為されている上にその単語のイメージを絵で示してくれています。
これが記憶に残りやすくまた英作文を実際に書く際にも単語の使い分けで非常に役立ちます。

また、熟語も掲載されているために一つの参考書で単語と熟語を暗記することができる点はメリットです。

参考書名
鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

単語覚えやすいです! 只今の使い方 1.とりあえず知らない単語に付箋を貼りまくる 2.普通に覚えていく 3.覚えられなかったものを何度も見返す 4.覚えたと思ったときから2週間くらいたったときにもう一度テストしてその時覚えてたらそこの付箋をはがす(この時その単語に丸をつけておく、2週目以降のため) 状況と関連づけて覚えると覚えやすいです! twist ひねる ツイストドーナツ🥨 みたいな感じで!

序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど……俺は負けないよ?

英語は単語ゲーだと思うので、難関大を目指す方は早めにとりかかることを推奨いたします。

レビューをもっと見る

【第2位】システム英熟語

こちらも表現力をupするためのものです。
鉄壁と違うのはこれは単語は収録されていません。
その分、熟語の網羅性には長けています。
先にお伝えしたコロケーションや群動詞もしっかりと含まれていて熟語を集中的にやりたい人にはとてもおすすめです。
各前置詞のイメージの解説が詳しいので前置詞に苦手意識を持っている人にもいいかもしれません。
熟語の力は読解でも必要となるため一冊決めてしっかりと対策しましょう。

参考書名
システム英熟語 (駿台受験シリーズ)

表紙にTNT(トリニトロトルエン)C7H5N3O6 のイラストがあるので化学が好きな人におすすめです

覚えやすさはなんとも言えない。繰り返しで覚えたい人はこの本が向いていないかもしれない。ターゲットをオススメする。ただ、この本はある程度熟語が出来てきたときに見ると頭がみるみる整理されていく感じを覚えた。もちろん新たに覚えた熟語もたくさんあったが、それはもともとある程度の前置詞や単語や例文の感覚が身についていたからかもしれない。受験の中ではある期間本気で覚える時間を設けなければならない。それは、理屈とか抜きに絶対に知識を詰め込まなければならない時があるということだ。ある程度の闇雲に詰め込んできてふとこの本のような綺麗に整理された本と出会うと一気に学習が加速するのである。世の中には効率の良い勉強法が溢れているがそれを鵜呑みにせず、諸君らが血の滲むような努力をして自分に合った勉強方法を見つけることを期待する。それが真の勉強である。 さて、まとめとしては、この本は楽に繰り返せる本ではない。しかし、やりきったときには難関二次突破レベルの語彙力がついているだろう。

まず表紙の爆弾を投げる絵を見て購入を決めました。おおこれぞトランプ大統領に見せてやりたい。そう思いましたが、実はターゲット使ってます。

レビューをもっと見る

【書き方編】英作文の参考書

【第1位】大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編/自由英作文編

英作文の基礎を固めるのにもってこいの一冊です。
12章に分かれていて66のテーマがあり例文は300近くあります。
そのため網羅性に優れていて基礎を固める人におすすめです。
問題を解いて解説を読むというスタイルですが必ず問題は一度自力で解きましょう。

また解説がとても詳しくて日本人には難しい感覚的な部分もしっかりと説明しています。
特に時制の部分は秀逸です。
例文が多くCDも付属しているので例文暗記の参考書としても使え汎用性も高いです。

東大志望など、自由英作文の対策がしたい人には自由英作文編もおすすめです。
和文英訳をきっちりとマスターしてからこちらに移行するようにしましょう。
先程お伝えしたパラグラフ構成をさらに詳しく丁寧に解説しています。

自由英作文でよく使う頻出表現もまとめられているため、これ一冊で自由英作文の対策は可能でしょう。
ここでも必ず問題は自分の力で一度解いて必ず添削を受けましょう。

自由英作文は表現や文法に加えて内容も重視されるため客観的な視点から見てもらう必要があります。

参考書名
大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

もし学校や予備校の和文英訳の授業が先生の解答を写すだけの授業なら即受けるのをやめよう。和文英訳はポイントを押さえた上で書くことが大事なのである。この本では英作文における文法的なポイントが網羅されてるので文法ミスが大きく減る。またそのポイントを押さえることで解答の方針が浮かびやすくなる。あとは付録で表現や語彙を増やしてよりよい解答を目指す。

基本的なことから、ひとつひとつ復習できます。 見やすいですし、よくまとまっています✨ これを使って、以前より英作書けるように(私的には)なった気がします

この本は和文英訳で必須のポイントを66個にまとめて解説している参考書です。 でもポイント1個につき例文が2個ずつ、また途中のページに入試問題が入っていたりと、たくさんの英訳練習問題(約220題)が入っているので問題集としてもとても重宝します! この本は基礎的なところから抑えることを目的としていて、特に一番最初のページから始まる「疑問文の作り方」などは、中学で教わるので、ほとんどの大学受験用英訳参考書とかには載っていないですが、案外やってみると作り方を忘れていたりするので、この本ではそういうほんとの基礎から学ぶことが出来るのでとてもいいです! また英作文を書くことを通じて文法が学べるようにうまく工夫して作られているので、文法の復習にも使えます 個人的にはある程度のレベルの大学ならこれと過去問で充分だと思います。 気になった方は是非1度本屋さんで手に取って見てください(^-^)

レビューをもっと見る

【第2位】体系英作文

この体系英作文という本は書くための文法に焦点を当ててテーマ毎に解説をしています。
重要表現や構文がきれいにまとまっていてとても勉強しやすいのが特徴です。
著書が例解和文英訳教本の著者と被っているため内容も重複が見られます。

こちらのほうが薄くレイアウト的にも読みやすいという面があり私はこちらを上位につけました。
問題集としても使用できるのでとてもおすすめです。
この種の参考書は解説が詳しいかどうかで選びましょう!

参考書名
802体系英作文 (体系シリーズ)

全部で三部構成の300問程度。全て大学の過去問から選ばれた問題です。 [一部] 150問。平均的な国公立で使用する典型的な言い回しが覚えられると思います。必ず一問に二つ解答例が付いていて、細かいニュアンスの違いによる誤答の解説が親切です。暗記してしまいたい表現が多数あります。 [二部] 100問くらい。使用者を選びます。旧帝大クラスなら必須、他は時間があればやるべきだと思います。回答の丁寧さも一部と同じ。 [三部] 5.60問くらい。東大や一橋と言った難関校のディベート・手紙型の自由英作文。あとその模範回答です。正直ここを暗記しても意味はないのですが、書き方や練り上げ方の解説が丁寧。時間のかけ方は自分で判断するべきパートです。 英作が少しでも必要なら、一部をやる目的だけでも買う価値はあると思います。 一冊で十分だし、結構時間もかかる印象です。

中身を開けるとふわふわとした卵のようで、更につぶつぶと細かい英語表現が…。 かなり英語表現が細かく、それは僕の学校で使われていたエイザーと呼ばれる紙(神の逆)英文法参考書とは比べられないくらい。どちらかと言えば受験英語より詳しい表現もあったりするけどそこは自己判断で取捨選択、とても良い。 ただ難点は自分での添削は不可能という点、これは高校や塾や予備校の講師に頼みやってもらうのが吉と見える。そこを除いても買って損はない またつぶつぶの感じはタピオカみたい。噛むと柔らかく、でも少し苦くと言ったところ。しかし周りのマロンクリームが絡み合いまろやかで優しい甘みへと変化し英作文と同時に英文法も美味しく食べれた。ごっそさん。

この本が従来の英作文の参考書と違うところは、英文法の分野であやふやにされがちな英文の細かなニュアンスを、満遍なく説明しているところです。(英作文をする上では、その細かなニュアンスの違いが失点に繋がることもあります)また、英作文を通して、英文法理論の見直しを図り、正しく英文法を捉えられるようになります。英文法をある程度習った人にオススメです。センター試験などの英作文を必要としない人にも個人的にはやってもらいたい一冊です。 また、当たり前ですが添削は自分ではできません。 まずは、自分で英文を作るのではなく、本の中にある綺麗な英文を書けるようにすることを目指しましょう。 (以下、体系英作文 (体系シリーズ)P2.P3より引用)英作文は昔から「英借文」だと言われてきたように、どんな人でも最初はモノマネから入るものである。いきなり自己流に書いても、文法的にめちゃくちゃで、語と語の正しい組み合わせ(コロケーション)もおかしければ、相手に通じるはずもない。(〜中略〜)いわゆる英語的センス・英語脳などと呼ばれているものは、たくさんの文を暗記していくうちに身につく。

レビューをもっと見る

【第3位】竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本

同じく竹岡広信氏の著書です。
これはドラゴン・イングリッシュと比べるとより実戦的で網羅性も高くその分、量も多くなっています。
参考書と問題集が一体となっています。

最初に、この本を使用するのもありですが、ドラゴン・イングリッシュを使った後にこれを使うと復習にもなってより効果的です。
レベルは高めに設定されていて、旧帝大を目指す人まで対応しています。
特に阪大や京大を目指す受験生には、これで和文英訳を鍛えましょう。

究極的にはこれ一冊をやり込めば英作文は、なんとかなります。
ただ一周するのにとても時間を要するので時期を考えて使うようにしましょう!

参考書名
竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本 決定版

ultimate600との接続が非常に良い。二次で和文英訳がある人はこの本が必要十分条件だと思う。自由英作文の為にも十二分に効果はあると思う。 個人的な勉強法は、まずは自解を出して解説を読み、解答との差異を調べて完璧ならもう解かない。及第点/全然ダメならそれぞれマークして後日に再解する。また、自分で改題して重要事項をおさらいしてみるのも意外と楽しみながら勉強出来ると思う。1日2題大体1時間×30日で終わるのでさっさと終わらし、あとは反復演習を積み重ねていけば怖いもの知らずになれるだろう。

これ一冊で英作文は大丈夫。むしろ得意分野になると思う。 あとは、問題文の日本語は何を言いたいのか、どういうことを言っているのかということを考えて、その内容を自分が知っているフレーズで書くだけ

レビューをもっと見る

【第4位】例解和文英訳教本(文法矯正編)

時勢や冠詞などは英作文を書く時に悩みがちなところですよね。
時制、冠詞、比較、助動詞など受験生が悩みがちな文法事項をこの本は体系的に詳しくまとめています。
英作文の基礎を固めたい人からより正確な文法力を付けて書きたいハイレベルな人までそれぞれの人に役立つでしょう。

書く文法は、これで完璧になるでしょう!

参考書名
例解 和文英訳教本 (文法矯正編) --英文表現力を豊かにする

一通り学んだ後で取り組むと良いと思います。 分厚く無いので、繰り返し、気になるところを見直せます。

英語に対する知的好奇心を高めてくれた。受験生でなくとも、英語に触りたい人全員に勧めたい良書。

私が高校生の頃、某予備校教師に言われた言葉がある。「英語は語順で語る」これを体現するかのような一冊。特に英文法の学習を一通り理解している人にお勧めできる。例えば日本語で語尾が「〜た。」とある場合、単に過去形なのか、現在完了なのか、はたまた過去完了なのか…などなど使い分けが難しい場面でも非常に論理立てて解説がなされている。 英語学習者が間違えやすい表現、単語のちょっとしたニュアンスについてもなぜこれではダメなのかというところまで解説をしている。まさに痒いところに手が届くような感覚である。 この本を一通りこなせると英作文だけではなく英文法、英文解釈にまでいい影響を与えるのではないかと考える。(文法矯正編なので当たり前ではあるが…) 例解とあるので量をこなしたいのであれば他の教材を使うのをお勧めする。とはいえ、英作文の基礎を築くという点ではこの本の右に出るものはない。

レビューをもっと見る

【例文暗記編】英作文の参考書

【第1位】ドラゴンイングリッシュ基本英文100

先にお伝えしたように英作文では例文暗記がとても重要になってきます。
これはその例文暗記にはもってこいの参考書です。
著者の竹岡広信氏は、ドラマ、ドラゴン桜のモデルにもなっている方で私も受験生の時にお世話になった先生です。
本番を想定した実戦的な内容を重視している印象です。

そんな彼の著書の中でも特に有名なのが、このドラゴンイングリッシュです。
厳選された100の英文を用いて、英語独特のルールや表現法がとても詳しく解説されています。英文の数が100と比較的少なめですが、基本的な構文は一通り網羅されているので取っ掛かりとしておすすめです。

使い方としては一度自分で訳した上で解答解説を読みましょう。
そして、付属のCDを用いて日本語から英語が瞬時に行えるレベルになるまで暗記しましょう。

参考書名
ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

紙の質が画用紙みたいです。 図画工作かて。

国立大目指す人はほぼ必須であろう。 ドラゴンイングリッシュは基礎的なもの。 と言われがちであり、実際そうである。 しかし、受験英語の英作文なんて基礎的な文とか決まりきった文を書くだけの『英借文』なのでこれのみでOKです

これで頑張る!

レビューをもっと見る

【第2位】基本英文300選-英語的発想の日本語をヒントにして覚える

これは駿台から出版されている例文集です。
例文集には様々なものがありますが、これはとてもおすすめです。それは例文の量が300文と適切だからです。
この参考書でしっかりと例文暗記をすれば確実に英作文の力が付くでしょう。特に日本語から英語への訳がスムーズに行えるようになるはずです。
載っている例文の質も高く頻出する表現が幾度となく出てきます。

ですが、一つ注意点として例文に対する解説があまり多くないため一度、その解説で文章を確実に理解できそうかどうかを自分で確かめてから使うようにしましょう!
しかし、この点を除けばCDも付いていて例文暗記用の参考書としてはもってこいの一冊です!

参考書名
英作文基本300選―英語的発想の日本語をヒントにして覚える (駿台受験シリーズ)
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

【英作文の勉強法】おすすめの参考書と例文暗記法で書き方のコツを身に付けよう

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に