【絶対値】不等式、方程式の求め方。外し方も。

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

絶対値とは。絶対値の意味を理解できて、方程式と不等式どちらも間違えずに計算できますか?
この記事を読めば、絶対値記号を外し方をマスターできるでしょう。
絶対値の外し方、場合分け、不等式の計算の求め方を覚れば絶対値は理解できます。
私と一緒に絶対値の性質を学んでいきましょう。

絶対値とは何か

まずは絶対値とは何かを見ていきましょう。

絶対値とは?

絶対値とは【ある数の、0からの距離】を示しています。
1と−1を例に数直線を思い浮かべてみましょう。視覚的に絶対値を捉えることができます。

1の絶対値について

−1の絶対値について

1の絶対値も、-1の絶対値も1になりましたね。

「絶対値は0からの距離を表している」ということを覚えておいてください!

絶対値の記号

絶対値の視覚的なイメージは掴めたかと思います。しかし毎回数直線を書くわけにもいかないので、ここからは数式に出てくる絶対値を見ていきましょう。
絶対値は「||」という記号を使って表します。

先程の具体例1と-1で見てみると、
1の絶対値は|1|、-1の絶対値は|-1|と表します。
数字を棒で挟むだけなので簡単ですね!

絶対値の外し方

上の例で見ると、1の絶対値も−1の絶対値も1なので
|1|=1、|−1|=1と表すことができますね。
つまり絶対値記号は外すことができます。むしろ絶対値記号を外さないと計算を進めることができません。

そこで、ここでは絶対値記号の外し方を見ていきましょう!

絶対値の中身が数字の場合

1と−1の具体例からも分かるように、絶対値の中身が正の数か負の数かによって絶対値の外し方が違います。

また、0は原点からの距離が0なので|0|=0です。下の説明では0は省略しますが場合分けの時に出てくるので覚えておいてください。

絶対値の中身が正の数の場合

絶対値の中身が正の数の場合は、(数字の値)=(0からの距離)なので絶対値記号をそのまま外すことができます。

|2|=2
|10|=10
のように絶対値記号を外すことができます。

絶対値の中身が負の数の場合

絶対値の中身が負の数の場合は、(数字の値)=ー(0からの距離)なので
|−2|=2
|−2.5|=2.5
|−3/4|=3/4
のように絶対値記号もマイナス記号も取り除くと【0からの距離】になりますね!

「マイナスを取り除く」とは、表現を変えると絶対値の中身を−1倍することになります。
この考え方は次に説明する「絶対値の中身が文字式の場合」で使うことになります。
|−2|=−(−2)=2
|−2.5|=−(−2.5)=2.5
|−3/4|=−(−3/4)=3/4

【まとめ】

今回の記事で最も大切なポイントが上で説明した絶対値の外し方です。これだけは絶対に覚えて帰ってください。
文字が絶対値記号の中に含まれたり、絶対値付きの方程式・不等式を解くときにも、基本は全く同じです。

絶対値の中身が文字の場合

絶対値の中身が文字の場合も難しく考える必要はありません。気をつけることは絶対値の中身が正か負かです!

・|x|の場合(絶対値の中身が変数1文字のみの場合)
x>0のとき|x|=x
x<0のとき|x|=−x

・|x−3|の場合(絶対値の中身が数式の場合)
x-3>0⇔x>3のとき
|x−3|=x−3
x−3<0のとき
|x−3|=ー(x−3)=−x+3

ここで、上で紹介した「マイナスを取り除く」方法が使われていますね。

絶対値の性質

絶対値の外し方の最後に、計算で使われる絶対値の性質を知っておきましょう。全部で4つありますが、見れば「当たり前じゃん!」と思えることばかりなので気負わなくても大丈夫です。

【性質①】|-a|=|a|
【性質②】|a|² =a²
【性質③】|ab|=|a||b|
【性質④】|a/b|=|a|/|b|

実際に計算してみることが最も速く理解できる方法です。下に載せてある例題を解いてみてください。

絶対値付き計算の例題

ここまでで学んだことを練習問題で復習してみましょう。

【例題】

【例題1】
|−1|+|4|を求めなさい。

【例題2】
|−3|²-5を求めなさい。

【例題3】
|3|×|6|を求めなさい。

【例題4】
|3/(-6)|を求めなさい。

【解答】

【例題1】
|−1|+|4|を求めなさい。
【解答】
まずは絶対値を外してから計算しましょう。
|−1|+|4|=1+4=5

【例題2】
|−3|²−5を求めなさい。
【解答】
|−3|²−5=9−5=4

【例題3】
|3|×|6|を求めなさい。
【解答】
|3|×|6|=|3×6|=|18|=|18|

【例題4】
|3/(-6)|を求めなさい。
【解答】
|3/(-6)|=|−1/2|=1/2

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
慶應義塾大学 理工学部に通っています。1人旅が趣味で、得意科目は数学と英語です!

関連するカテゴリの人気記事

平方根(ルート)の計算や問題の解き方を完璧に理解しよう!

因数分解のやり方・公式と解き方のコツ教えます!高校レベルまで対応!

二次方程式の解の公式・因数分解による解き方を解説!解の公式をマスター

部分分数分解の公式とやり方を解説!

三平方の定理が一瞬で理解できる!公式・証明から計算問題まで解説

二次関数のグラフの書き方と公式を使った最大値最小値問題の解き方!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に