【古典勉強法】古文・漢文の大学受験勉強法とおすすめの参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「古典はフィーリングで解くもの」そんなふうに古典を甘く見ていたあなた。

受験を目前に古典の勉強法が分からなくなってはいませんか?

古典は確かに日本語ではありますが、現代の日本語とは単語や文法が異なっているので、フィーリングで解くような解き方をするのは非常に危険です。

「かといって、そんなに時間もかけたくない…」

安心してください。実は、古典は覚えるべきことを覚え、正しい解き方をおさえるだけで、短期間で得点がのびやすいとても"割のいい"科目なのです!

そこで、本記事では古典の基本的な勉強法から古文・漢文それぞれの勉強法のポイント、さらにはおすすめの参考書・問題集にいたるまで古典勉強の基本のすべてをご紹介します。

本記事を読んで基本的な古典の勉強法をマスターし、志望校合格にはずみをつけましょう!

古典=外国語?まずは古典勉強法の基本をおさえよう

ここでは古典を勉強するにあたって基本となる学習のステップを紹介します。
はじめに述べた通り古典を現代語と同様に捉えるのは非常にリスキーなので、英語のような全く異なる外国語として一から学び直す姿勢が重要です。

古典の覚えるべきことを覚えよう

古典の勉強で基本となるのは暗記です。
古文単語や句形はもちろん、動詞・助動詞の活用から助詞や敬語の種類にいたるまで、あらゆる基本事項を覚えなければなりません。

けれど、日本史や世界史などと違うのは、活用に規則性があったり種類が限られていたりと、覚えるべきことがそこまで多くないということです。
また、覚えるべきことを覚えさえすれば、かなりの問題が解けるようになってしまいます。

まずは暗記すべきことを覚え、読解に必要な基礎力を身につけましょう。古典の場合、この基礎力が得点を非常に左右することになるので、ここが一つの踏ん張りどころです!

古典の読み方を知ろう

基本的な力が身についたら、いよいよ実際に古文・漢文を読んでみましょう。
単語や句形がわかればかなりの部分が分かるようになっているはずです。

まずは一つ一つの文章について細かく文法事項をチェックしつつ現代語訳ができるようになりましょう。覚えた単語や句形、助動詞などの確認にもなりますし、文章を正しく理解する上で、細かい訳ができるようになることは重要なフェーズの一つです。

次に、現代語訳が板についてきたら、「ポイントをおさえて読む」読み方を身につけましょう。センター試験のような時間が非常に限られた試験では特に、すべての文を正確に訳しながら読むと到底解き終わりません。

例えば古文漢文どちらにも言えるのはまず主語をおさえるということです。
古典の文章はなにかと主語が省略されやすいので問題として問われることが多いので、どんな文章でも必ず主語を意識しながら読み進めましょう。

文章を正確に理解しつつ問題に関わる部分に特に重点をおいて読む、というようなポイントをおさえた古典の読み方を身につけられるとセンター試験にも自信を持って立ち向かうことができますよ。

古典の文章に読み慣れよう

正しい読み方が身につくにはやはり慣れが必要です。
現代語とは違う古典独特の言い回しやリズムが存在するので、たくさんの古典に触れ、読み慣れましょう。

より多くの文章に触れることで、単語や助動詞の意味が瞬時に理解できるようになったり、動詞の活用や助詞・助動詞の接続の正しい形に見慣れたりと古典の読解力がぐんぐん身につきます。

また、説話などは特に物語のパターンが似たり寄ったりなので、文章の展開が読みやすくなり実際に問題に取り組む時のヒントになることもあります。

古典の予備知識を身につけよう

古典が英語などの外国語と異なるのは、読解の上で予備知識を求められるという点です。

ここでいう予備知識というのは、たとえば平安時代の結婚は男性が女性の家に通うという通い婚が普通であったというようなその時代の習慣であったり、あるいは有名作品の作者や書かれた時代など非常に多岐に渡ります。

現代とは全く異なる生活を営んでいた時代の文章を理解する上でその背景にある習慣や時代を知っておくことは確かに重要なので、文章を読みながら身につけていきましょう。

古典の基本的な勉強法まとめ
・覚えるべきことを覚えよう
・古典の読み方を知ろう
・古典の文章に読み慣れよう
・古典の予備知識を身につけよう

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

古文編

古文勉強法のポイント

中でも古文は漢文の基本となる知識であるうえ、漢文よりは覚えることも多いので、先に古文の勉強法を見ていきましょう。

古文勉強法のポイント①活用・接続を覚えよう

先程から古典は暗記が重要だとうるさいくらい強調してきましたが、古文においてまず覚えるべきは「活用」です。
なぜかというと「活用」は古文を読む上で欠かせない知識でありながら、覚えるべきことは意外と少なくすむからです。

古文単語より何よりまずは「活用」を完璧にしましょう。
「活用」と一口に言ってもその種類は様々ですよね。

まずは「動詞・形容詞・形容動詞の活用」をおさえましょう。
教科書の後ろのページによく載っている活用表はわかりますか?活用はあれがすべてといっても過言ではありません。
「あ、い、う、う、え、え」「い、い、いる、いる、いれ、いよ」のような簡単な覚え方がたくさんあるので、声に出しながら何度も繰り返し読み、何も見ないで活用表が書けるようにしましょう。

次に覚えるべきは「助動詞の活用および接続」です。
動詞や形容詞、形容動詞に比べて覚えることは多いですが、まとめて覚えてしまえばそこまで時間はかかりません。まずはそれぞれの活用を覚え、その後接続が同じ助動詞をまとめて覚えるというように段階的に覚えるのがおすすめです。
こちらも様々な覚え方があるので先生に聞いたり、参考書で調べたりしてみてください。

そして最後に、「助詞の接続」を覚えましょう。
助詞はなんとなく理解できそうな気がして手を抜きがちですが、現代語訳をする際に採点のポイントとなるので気を抜かずにしっかりと覚えましょう。

古文勉強法のポイント②敬語の種類と意味を覚えよう

古文の読解においてかなり重要になってくるのが「敬語」です。
覚えるべき単語数は50語弱とさほど多くはないですが、その種類と意味を明確にとらえる必要があります。

敬語には「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の3種類があり、その分類によって「誰から誰に敬意が向いているのか」が全く異なってきます。
主語や目的語が省略されやすい古文では、この敬意の方向が主語を見極めるヒントになることがあり、
それゆえ、それぞれの敬語が「誰から誰への敬意を表現するか」をおさえることは、古文をマスターするうえで必須であるといえます。

また、敬語の中には複数の意味を持ったり、特定の人に対してのみ用いられたりするものがあるので、注意して一つ一つ丁寧に覚えていきましょう。

敬語がおさえられれば、主語や目的語が省略されて読みにくい古文の文章も随分読みやすくなりますよ!

古文勉強法③古文単語を覚えよう

基本的な文法事項をおさえたら、古文単語を覚えていきましょう。

現代語とは全く意味が異なるものも多く、注意が必要です。
ですが、センター古文に必要な単語数が約300〜500語と英単語に比べれば大した数ではありませんし、そうはいっても親しいものが多いので覚えやすいです。古文単語帳を一冊用意し、頻出単語をおさえましょう。

覚え方は人それぞれなので、語呂をつくってみたり、声に出して読んでみたり、試行錯誤を重ねて自分に合った覚え方を見つけましょう!

古文勉強法のポイントまとめ
・活用・接続を覚えよう
 (動詞・形容詞・形容動詞の活用→助動詞の活用・接続→助詞の種類・接続)
・敬語の種類・意味を覚えようー敬意の方向に注意!
・単語を覚えよう

この記事を書いた人
現役で東京大学 文科Ⅱ類に合格しました。文系学部ですが数学が得意なので、数学や国公立対策の記事を中心に執筆しています。 マヨネーズが苦手なのですが、最近ちょっとずつ食べられるようになってきました!

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験国語】確実に国語偏差値を上げる現代文勉強法

【国語記述問題対策】解き方・書き方の勉強法とおすすめ参考書・問題集

【大学受験】国語勉強法の総まとめ!現代文・古文・漢文を完全網羅!

【古典勉強法】古文・漢文の大学受験勉強法とおすすめの参考書・問題集

【東大文1合格体験記】「高校1年〜浪人まで」の国語勉強法

【東大理1の合格体験記】国語の勉強法!現代文古文・漢文の総まとめ

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に