旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

旧帝大と早慶をズバリ比較

さて、ここまで旧帝大それぞれの特徴について見てきました。旧帝大に通ってみたいと思った人も居るのではないでしょうか?
最後に、旧帝大とどちらに行くか迷うことも多い私立大学のトップである早稲田大学・慶應義塾大学とを様々な観点から比較してみたいと思います。

学生数は早慶が多い=賑やかなのは早慶?

早稲田大学 約52000人
慶應義塾大学 約33000人
北海道大学 18000人
東北大学 18000人
九州大学 19000人
京都大学 23000人

学生数2万人前後、最も多い東大でも28000人の旧帝大に対して、早稲田5万2千人、慶應3万3千人と早慶のほうが学生数が多いことがわかります。
前述の通り旧帝大はそれぞれ広いキャンパスを持っていますから、とても伸び伸びとした学生生活を送ることができるはずです。
一方で早慶は学生数が多い分学生間の活発な交流があり、サークルや部活動でもより活気のある生活が送れると思います。

偏差値・入試難易度 科目数が多い旧帝大はバランス型受験生におすすめ

冒頭で早慶と旧帝大の偏差値を比較しました。その数字によると偏差値から見る入試難易度としては、
東大・京大>早慶+その他の旧帝大
と見ることができます。

しかし、単なる偏差値の数字以上に早稲田大学や慶應義塾大学と旧帝大では入試の性質が大きく異なってきます。
特に「科目数」と「併願チャンス」の違いが重要なポイントです。
国公立大学である旧帝大を受験するためには、「センター試験で5教科」、「二次試験で3教科」受験することが必要です。(東京大学、京都大学は二次試験で4教科必要)
一方で早稲田大学や慶應義塾大学は、基本的には3教科または2教科で受験することができます。また、理系であれば物理、化学、生物、地学から1科目、文系であれば地歴から1科目で受験できる学科もあります。
このように試験範囲としては概ね旧帝大の方が早慶より広いのです。
そのため一般には「旧帝大受験は総合力、早慶受験には少ない科目に特化した力」が求められるといわれます。
「英語がめちゃくちゃ得意だけどそれ以外は苦手」という人は早慶のほうが合格しやすいでしょうし、「得意な科目もないけど苦手な科目もない。全科目模試の偏差値55くらい」という人であれば早慶より旧帝大の入試を目指したほうが良いかもしれません。

また、国立大学である旧帝大は、前期入試、後期入試に「大学・学部・学科」を選んで1校ずつ受験することになります。一方で早慶であれば受験日がかぶらない限り沢山の学部を受験することができます。
受験チャンスという観点から比較すると1年に1度しかチャンス無い旧帝大の方が難しいといえるでしょう。

旧帝大の学費は年間53万円!

旧帝大を含む国立大学は、学費が年間53万5800円と決まっています。
一方で早稲田大学の学費は文系で年間約100万円、理系で約140万円となっています。
また、慶應義塾大学の学費は文系の学部が約110万円、理系では理工学部が160万円で薬学部や医学部などになると年間200万円を超えてきます。
学費に関しては、年間文系学部でおよそ50万、理系学部ではおよそ100万円からそれ以上の差がつくことになります。

もちろん各大学・学部・学科によって行われている授業は違うのですから、学費を比較して「お得かどうか」を議論することはできませんが、「学費が安く済む」というのも旧帝大の特長の1つだと言えますね。

早慶と旧帝大、就職はどっちが有利?

大学を選ぶとき、勉強やサークルなど大学生活の他に「この大学・学部からはどんな進路があるのだろう」ということも気になるポイントだと思います。
ここでは、各旧帝大学と早慶の就職について比較してみようと思います。


また、日本の大企業の半数は東京都にあることからも分かる通り、就職活動では東京、あるいは大阪といった大都市が中心になります。最近はSkype等を使った遠隔での面接も導入され始めたとは言え、まだまだ都心有利は否めません。
地方大学に通っている学生の中には就職活動の時期になると面接のたびに新幹線や飛行機を使って東京に来る人も多いです。
そういった苦労が無いという点では、東大、阪大以外の旧帝大よりは早慶の方が就職活動はしやすい環境だと言えます。
また、私自身就職活動を経験していて思ったのですが、「早稲田や慶應と比べると、東大はOBの結束が弱い」という印象があります。
特に「三田会」というOB会を持っている慶應義塾に顕著なのですが、OBがとても強く結束していて、現役学生を快くサポートしてくれるという話を早慶に通っている友人からよく聞きます。
一方で東京大学は比較するとそういったつながりは強くなく、自分の力で就職活動を進めていかなければいけない部分が大きいです。
自分が通っているわけではないので他の旧帝大の正確な状況はわからないのですが、早慶ほど強力な体制が構築されているという話は聞いたことがありません。
交通の不便さも含めて、旧帝大に通う人が東京での就活に力を入れようと思うと自分の努力が要求されると言えます。

一方で、日本有数の大企業であるトヨタ自動車の採用数トップの大学は名古屋大学であるなど、その地方で一番優秀な大学である旧帝大の学生は地元の企業からは非常に高い評価を受けています。
そのため、大学周辺の企業に就職する際には早慶と比べて圧倒的に有利であると言えます。地方在住で「将来は地元で働きたい(Uターン就職)」と言うような考えを持っている人は早慶に進学するよりも、近くの旧帝大にいったほうが良いでしょう。

サークルなど学生生活は?

公認サークルの数を調べると九州大学186に対して早稲田大学では600のサークルとなります。
また、東大や京大、阪大など周囲に大学が多い都市部の旧帝大ではない地方の旧帝大では沢山の大学から構成されるインカレサークルというものはあまりありません。
そういう意味では早慶の方が旧帝大よりも沢山の知り合いができる環境といえるかもしれません。

こういう人は旧帝大

ここまで様々な観点から旧帝大と早慶の比較を書いてきました。
私の主観も多分に入っていますが、旧帝大に入るのにオススメの人物像は「ガッツリ研究したい真面目タイプ」or「文武両道を貫きたい○○タイプ」の人です。
研究費が多く、学生数が少ないという充実した環境で学ぶことができるのは早慶にはない旧帝大の大きな魅力です。
また理系に顕著ですが、学費の差は大きいです。大学4年間だけでなくその後大学院に進んでいくと更にその差は広がります。
そう考えたとき、「将来は研究者になりたい」というように、研究に対して強いモチベーションを持っている人はぜひ旧帝大に進んでほしいと思います。

また、スポーツ推薦がある早稲田大学や付属校が沢山ある慶應義塾大学と違って、旧帝大の部活動は受験勉強を乗り越えた人だけで構成されています。
旧帝大の体育会にはそういった環境で、「七大戦で勝利したい」とか部活によっては「日本一になる」というような高い目標を掲げで一生懸命取り組んでいる人たちがたくさんいます。
「文武両道」という言葉に惹かれるあなたにとってとても魅力的な選択だといえます!

最後に

旧帝大の特徴・各旧帝大の紹介・受験生の多くが迷う早慶と旧帝大との比較についてお話してきました。
私自身が旧帝大の1つである東京大学に通っていて、七大戦の盛り上がりを肌で感じていたり(2016年は東大で七大戦が行われました)、他の旧帝大に通う友人から大学の話を聞いたりして過ごしているのでもしかすると「旧帝大びいき」に感じてしまうかもしれません。

しかし、どの大学も自信を持ってオススメできる良い大学なのは本当です!
あなたもぜひ興味を持った大学について調べてください!

旧帝大とは別の難関国公立大学群である東京一工をまとめた記事もぜひ読んでみてください。
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
あなたの勉強を後押しします。

関連するカテゴリの人気記事

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

【早慶上智】早稲田・慶應・上智の偏差値と各大学の魅力を紹介!

【看護大学の選び方】専門学校との違いからおすすめの大学まで!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に