【センター英語】オススメの時間配分と超効率的勉強法で9割から満点を目指す!リスニング対策も!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター英語は多くの受験生にとって関門です。
本番では9割以上を狙っているのに「センター英語の点数が7割、8割から伸びない…」と悩んでいる受験生。
これから東大生の私が実践していた、センター英語のおすすめ時間配分と9割から満点を目指す超効率的な勉強法を大公開したいと思います。

センター英語は、決して難しい試験ではありません。
正しい勉強法で対策をすれば十分に9割以上を狙えます。

なかなか9割の壁を超えられないあなた、ぜひ参考にして頑張ってくださいね!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

センター英語の配点と時間配分

ここでは、「敵を知る」という意味で、まずセンター英語の概要を簡単に説明していきます。
最低限、頭に入れてからセンター英語の勉強をはじめるようにしましょう!
では、始めていきます。

センター英語の配点

センター英語は筆記が200点満点、リスニングが50点満点です。
リスニングの扱い方は各大学によって異なるため、自分の志望校の情報を各自で調べるようにしてください。

では、まずは、筆記部分の配点と設問形式を見ていきましょう。
センター英語の勉強法・解き方の戦略を考える時に重要となるのでしっかり確認しておくことが大事です。

筆記は大問が6つあります。

大学入試センター 2017年度センター英語本試験の正解

以上のような配点になっています。
大問1が発音・アクセント問題、大問2が文法・語法問題、大問3~大問6までが長文問題という感じです。

これを見ても分かるようにセンター英語では長文の割合が非常に高くなっています。
なので、まず長文で9割以上を取れるようにすること。
そして次に発音・アクセント問題、英文法問題などの知識問題で最小失点に抑えることが、センター英語で9割を取るためのコツとなります。

気になるセンター英語の平均点は?

センター英語の平均点って気になりますよね。
自分の実力を相対化するためにも平均点にも目を向けるようにしましょう。
下に平均点を2013年から2017年までの5年分まとめておきました!

大学入試センター センター試験英語過去の平均点

センター英語の平均点は以上のようになっています。
筆記は120点前後、リスニングは30点前後でここ数年推移していることが分かります。
これを見て「高い」と思う人も「意外と低いな」と思う人もいると思います。

しかし、センター試験に限っては相対的な数値よりも絶対的な数値を気にしましょう!
つまり偏差値などを気にするよりは、自分の目標とする点数に到達しているか否かで自分の実力を判断するのが良いでしょう!

おすすめのセンター英語の時間配分とは?

センター試験の英語に関する感想でよく耳にするのが「時間が足りない」というものです。
恐らく、時間配分に頭を悩ませている受験生は多いのではないでしょうか。

しかし、これは初めてセンター英語を解いた人なら誰しもが感じることなので特に心配する必要はありません。
私も初めてセンター英語を解いた時は、ほとんど見直しの時間が無い状態でした。
ですが、練習を重ねているうちに制限時間の半分の時間で解き終えるぐらいまで成長しました。

大事なのは「慣れ」です!

無理に速読をしようとする必要はありません!
英語力がある程度付いてきたらセンター英語では自然と時間に余裕が出てきます。
時間が無いのは単純にまだ英語力が足りていないのです。
7割から8割をすでに取れている人は長文問題集なども利用して練習量を増やしましょう。
6割以下の人は単語・文法といった基礎的な部分がまだ不安定なので基礎をもう一度やり直してみましょう。
それなりに英語力が付いてセンター試験に慣れることができれば、必ず時間に余裕が生まれるので心配しすぎる必要はありません。

時間配分ですが9割を目指す人は最低10分以上の見直し時間を確保できるよう心掛けましょう。
では、理想の時間配分をお伝えします!

私は遅くとも各設問、平均して3分ほど引いた計50分程度で解いていました。
どうしても190点以上を安定させたい難関国公立・難関私大志望者は、遅くともこれぐらいで解いて見直しにたくさん時間を割くと得点が安定します。
ただ、大事なのは正答率です。
速く解くことを意識しすぎると、ミスをしてしまう可能性が高まります。
気持ち急ぎ目程度で時間配分を考えるのが良いでしょう。

ここで時間配分を考える上で重要なことをお伝えします!

わからない問題は積極的に飛ばす

知識問題は特に悩んでも答えが出ない場合が多いので、時間勝負のセンター試験ではわからない問題は積極的に飛ばしましょう。
全部終わってからもう一度考えたら、一度解き終わった安心感も重なって案外すぐに答えが出るなんてこともあります!

時間がどうしても足りない人は配点の高い問題から解く

センター英語は最後にいけばいくほど配点が高くなる傾向にあります。
大問1や大問2は、1問2点ですが最後の長文は1問6点もあります。
時間が足りなくて配点が高い問題を落とすのはとても勿体無いですよね。
なので、時間が足りなくなることが分かっている人は、配点の高い長文から解くのをおすすめします。
配点が高い方を先に終えると安心感も湧くのでその後も落ち着いて解くことができますよ。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

【設問別】センター英語で9割から満点を取る超効率な勉強法

はじめにでお伝えしたようにセンター英語では発音・アクセント、英文法、長文とバランス良く得点する総合的な力が求められています。
ここでは、センター英語で伸び悩んでいる人が9割〜満点を取るための勉強法を詳しく説明していきます!
以下の内容を参考にして勉強してみてください!

【センター英語勉強法・大問1】発音・アクセント問題

例年、大問1では発音問題が3問、アクセント問題が4問出題されています。各2点なので合計で14点分もあることになります。
しかし、この設問は対策が最も手薄になるところでしょう。
長文や文法は取れるけど第一問の発音アクセント問題だけは苦手という人もいると思います。実際、私がそうでした。センター模試では、ほとんどが運頼みになってしまっていました。

ですが、秋以降対策を講じることで多くとも2問ミスまでに抑えることができるようになりました。
必ずしも満点を狙いに行く必要はありません。3問ミスまでに抑えれたら上出来と高を括りましょう!

まず、発音・アクセント問題の対策法は大きく2つあります。

①単語を覚える際に発音とアクセントも一緒に覚えてしまう(習慣的)
②発音アクセント用の参考書を買う(集中的)

一つ目の「単語を覚える際に発音とアクセントも一緒に覚えてしまう」というのは、普段の勉強から発音アクセントを意識するという意味で習慣的と名付けました。

皆さんが使っている単語帳には恐らく発音記号が書いていて発音とアクセントが分かるようになっていると思います。
新しい単語を覚えるときに発音・アクセントを一緒に覚えていると特別に対策をする必要も無く正答率も高いレベルで安定するはずです。

「単語を覚える際は必ず発音記号を見て最低5回は音読する」と決めているだけで発音アクセント問題は劇的に点が安定するようになりますよ!

ですが、当然この勉強法は普段の積み重ねが大事でハードルが高いので「今更もう無理…」って思う人も多いですよね。そんな人におすすめしたいのがセンター英語の発音・アクセント問題に特化した参考書を購入してそれをやり込むことです。これは、直前期の人でも十分間に合います!

私はこちらの方法を採用して本番では2ミスに抑えました。

私が使った参考書はおすすめのセンター英語の参考書のコーナーでご紹介します!
ぜひ、真似してみてください。

発音記号を覚えよう

いずれの勉強法を採用するにしても必ず発音記号をマスターするようにしておきましょう。
発音記号が正しく読めないと勉強が始まりません!
ですが、この発音記号を覚えるのが結構厄介で私も苦労しました。

学校で習う人は良いのですがそうでない人、聞いたけど忘れてしまった人は先生に聞くなり参考書を参考にするなりして、一通り読めるようにしておきましょう!

【センター英語勉強法・大問2】英文法・語法問題

次に第二問英文法・語法問題に対する勉強法についてお伝えしていきたいと思います。この設問は44点分あります。
目標としては「最低8割以上」を目指しましょう。

センター英文法の勉強法

では、英文法問題で最低8割を死守するにはどうすれば良いのでしょうか。

勉強法としては、とにかくインプットです。
網羅系の英文法の参考書、問題集を一冊やり込みましょう。
解説と問題が一体となっているものが多く販売されているのでそれを使うのが良いでしょう。

私はネクストステージというものを学校で使っていたのでそれを何周もしました。
分厚くて量が多いですがその分網羅性が高くやり切ればかなり英文法には自信がつきました。
色々なものが売られているので書店に足を運んで色々比較してみてくださいね。

とにかく英文法の知識を詰め込むことでここでは、8割を目指します。

では、設問を見ていきます。

設問としては

A 四択の英文法・語法問題
B 整序英作文(並び替え)
C 対話文の完成

の3つに分かれていて、それぞれ20点12点12点の配点となっています。

解き方のコツは以下の三点です。必ず意識しましょう!

空欄の内容を予想する

Bの整序英作文とCの対話文完成問題に共通することですが、問題を解く時は

「必ず文章の内容を踏まえて空白にどんな内容が当てはまりそうか考え、それに沿って選択肢を文法的に正しいように並び替える」ということを守りましょう。

消去法を使う(全選択肢に目を通す)

消去法はセンター英語の鉄則ですが特に英文法問題など細かい知識が重要になる設問では必ず守るようにしましょう。
全選択肢を吟味しなければ、勘違いによる誤答を生んでしまう可能性が高まります。

後で「選択肢全部見とけばよかった」なんて思うのはとても勿体無いですよね。それを防ぐためにも消去法を必ず使いましょう!!

分からないところは積極的に飛ばす

これは先程もお伝えしたことの繰り返しになります。
英文法問題は知識問題なので出来るか出来ないかのどちらかです。
そのため、分からないからといってそこで時間を費やしてしまうと後々、時間が足りなくなる原因となります。
少し考えて分からない時は勘でもいいのでマークして積極的に飛ばしていきましょう!

例題1

2017年度センター試験英語(筆記) 大学入試センター

例題は解いていただけたでしょうか?
これは2017年度に出題された大問2Bの整序英作文です。

簡単だったでしょうか?
解く手順として、まず空白に入りそうな内容を考えます。
はじめにRitaが「家に帰らなければならない」と言っています。
その後、Fatherは何かを言った後に「夕食まで残るのかと思っていた」と答えています。
そこで空白の並び替えの選択肢を見ると「how come」が入っていることに気付きます。
「how come」は「どうして?」の意味です。
つまり、選択肢と与えられてた文章から「どうしていつもよりも早く出て行くの?」と言った意味の疑問文だと気付きます。
次にこの文章を英文法的に正しいように並び替えます。この場合、「how come」を使った疑問文の時は例外的に語順がそのままということに気をつけます。
そうすると答えは「How come you are leaving earlier than usual?」となります。

丁寧に説明しましたがこのような作業を素早くやることが大事です。
この問題だと空白の内容はすぐに予想できると思うのですが、過去にはそれが難しい問題も出題されています。
闇雲に選択肢を見ても答えが分からない時は文脈を意識してから考えましょう!
また内容が分かっても「How come」の後は語順がそのままということを知らなければ、正解できません!
この様な文法、更には熟語の知識も必要となるのがセンター英語の文法問題です。

センター英語長文読解問題の特徴

センター英語の長文読解の特徴は各段落ごとの要約を重視している点です。
「結局この段落の言いたいことを一文でまとめると、どうなる?」と問われていいます。ですので、英語長文を読む時は必ず段落ごとの要約と段落ごとのつながりを意識するパラグラフリーディングを行いましょう!

では、大問3〜大問6までの長文問題についてこれから詳しく解説していきます。

【センター英語勉強法・大問3】長文読解(不要文削除・要約)

このセンター英語大問3から長文読解となります。大問3は、Aの対話文の空所補充とBの不要文削除、Cの意見の要約問題から成っています。恐らくBの不要文削除は苦手な人が多いと思うのでポイントを詳しく解説していきます!Bの不要文削除は2014年度から出題され始めた新傾向の設問です。

まずAの対話文の空所補充ですがこれは、かなり難しい部類に入る設問だと思います。というのも文脈だけで絞るとかなりの確率で二択になってしまうのです。そこからは文法的に誤っているものを消すことで正しい答えを導きます。つまり、大問2的な要素が強いんですね。なので必ず消去法を使いましょう!内容だけで絞ると確率二分の一で間違えることになります。

次にBの不要文削除ですが、意識するポイントは2点です。

①一つのパラグラフには一つの主張
②パラグラフの冒頭と末尾に着目

この2点はとても大事です。不要文の例として関係ない主張が紛れ込んでいることが多いからです。パラグラフの冒頭と末尾はその段落で述べたいメインの主張がまとまっています。

そこにはほとんどの場合、下線が引かれていないことから、下線文がそのメインの主張に沿っているかどうかで不要か否かを判断していきます。
では、2017年度の過去問を見ていきましょう!

例題2

2017年度センター試験英語(筆記) 大学入試センター

では解説していきます!

まず冒頭で輸送手段には様々な種類があるがどれも長所と短所を持っていると主張しています。読み進めていくとその具体例として飛行機、バス、船、トラックが挙げられていることがわかります。
しかし、バスの具体例だけは、プラスの面についてしか述べられていませんよね。
ここで一つのパラグラフには一つの主張が一貫していなければならないという原則を思い出します。

そうすると、プラスの面しか述べられていないバスの例の②番が主張に沿わない不要な文だと分かります。

【センター英語勉強法・大問4】長文読解(表と図・広告)

大問4は主に表やグラフの読み取りと絡めた長文問題のAと広告の読解のBに分けられます。大問の3のCの内容要約もどちらかといえばこちらの形式に近いでしょう。
センター試験の長文問題では「結局何が言いたいの?」という部分が問われています。
設問の選択肢が本文の内容をしっかりと含んでいるかを吟味しましょう。
例えば、2つの事について述べている文章の要約として片方しか含んでいない選択肢は正解にはなり得ません。

Bの広告問題は苦手な人が多いですが問題の答えは必ず広告内にあるのでしっかりと見落とさずに読みましょう。特に例などが列挙されている箇所は漏れがないか正確に読む必要があります。

【センター英語勉強法・大問5&大問6】長文読解(物語文・説明文)

大問3からは読解的要素が強いのですが特にこの大問5と大問6は「the英語の長文問題」といった感じを受けます。配点も1問が6点と高いので出来ればノーミスで乗り切りたいところです!

大問5の長文読解ではここ数年、物語文が出題されています。物語文ではよくある説明文的な英語長文とは違って登場人物の心情に着目しながら読み進める必要があります。そのため【情景を思い浮かべながら読む】ことを意識しましょう。

そうは言っても現代文の小説のような深い心情が問われるわけではなく、正確に問題文が理解できれば簡単に正答できるレベルの問題しか出題されていません。物語文だからといって特に意識しすぎる必要も無いでしょう。

大問6は説明文的な長文読解です。設問は6つあります。そのうち3つがパラグラフの内容理解を問うもので要約問題に近いもの。もう一つが難単語の意味を推測させる問題。そして最後がパラグラフ毎の内容を一行でまとめる問題です。

こうしてみるとほとんどの問題がパラグラフの要約問題であることに気が付きます。
英語長文を読む時に段落毎に何が言いたいのかを明確にして読む訓練を普段からしましょう。

センター英語の過去問の使い方

センター英語の過去問の使い方についてここではお伝えしていきます。
以下の3点を意識しましょう。

①本試験を最低5年分は解く。できれば10年分(余裕があれば追試験も)
②余裕がある人は制限時間を本番より短くしてやる。
③必ず見直しの時間は確保する。

早く解ける人は制限時間を短くしてやると効果的でしょう。(必ず時間は測ってくださいね。)ですが、見直しの時間は必ず確保してください。本番でも見直しをすることになるので自分なりの見直し方法を確立しておきましょう。

過去問を解き始める時期ですが、12月以降でも構わないでしょう。学校で解くという人はそれに合わせましょう。ただし、1年分も解いたことが無いという人は今すぐに解くことをおすすめします!自分の実力を知るという意味で大事です。

間違えたところは理由を考えよう

間違えたところは何故間違えたのかを考えるようにしましょう。
自分が間違えやすい設問や引っ掛けパターンが見えてきて、それに応じて対策を講じることも出来ます。

苦手な大問だけを重点的に解く

長文は得意だけど大問1の発音・アクセントに苦手意識があるあなた。そんな時は大問1の過去問だけを遡って解くのもいいでしょう。

私は二次試験との配分からセンター英語の過去問は5年分しか解くことは出来なかったのですが、不安のあった大問1の発音・アクセントと大問2の英文法は10年分やりました。苦手分野はいっぱい演習を積んでいると安心でしょう。

センター英語の予想問題集は解くべき?

駿台、河合塾、Z会、東進など各予備校が出版しているセンター英語の予想問題集は、やるべきなのでしょうか?
これは多くの受験生が抱いている疑問だと思いますが、私の意見は時間に余裕があるのならやってもいい程度です。
というのも各予備校が出しているセンター英語の予想問題集はセンター試験の英語と比較すると問題の質が落ちてしまいます。

なのでまずは過去問をしっかりやりましょう!その後に予備校の予想問題集を形式に慣れるために使うのはありです!
予備校の予想問題集は私の体感として難易度が低い順から

河合塾<東進<駿台<Z会

となっています。是非参考にしてみてくださいね!!

センター英語対策におすすめな参考書&問題集一覧

頻度順 音で覚える発音・アクセント(大学入試即解セミナー)

この参考書はセンター英語の第一問、発音・アクセント問題の対策に本当におすすめです。
頻出度が高いものから順番に並んでいるためとても効率的に勉強できます。
また、センター英語では受験生が引っかかりやすい発音・アクセント問題が出題されることが多いのですが、その網羅性が非常に高くほとんどをカバーしている点もおすすめする理由の一つです。

付属のCDを必ず利用して、耳で聞いて発音するというサイクルを繰り返しましょう!

参考書名
頻度順 音でおぼえる発音・アクセント (大学入試即解セミナー)
著者
栗林 隆
ページ
103ページ
出版社
旺文社

センター直前期に、1点でも多く取るために使用しました。 まず発音アクセントは、対策するしないで大きく変わります。対策してないけど初アク取れる人は、ネイティブかもしくは英会話めっちゃできる人くらいでしょうw そうじゃない人は、優先順位は低いですが、1点もぎ取りたいならやるべきです。初アク対策本の中でもこれは優秀だと自分は思います。 まずレイアウトがとてもよく、CD付きなので正しい初アクを習得できます。毎朝ぶつぶつ声に出してると、自然と覚えられます。 これやって過去問とか解くと、ほとんどこの参考書でやったことあるのばかりなのに驚くはずです。もしも載ってないのがあったら、自分で書き加えるなどして、少しでも多く知識を増やすことが大事です。 初アク対策したいならコレ!!!

CDを聞きながら、発音するがまるで頭に残らない。自分の記憶能力が低いことは知っているが... 体で覚える感じのタイプはわたしには向かないようだ。理論要素はほぼない。そりゃ音で覚えるって言ってるから...でもにしたって理論要素も書いてはほしい、一般化できないから。

【良い点】 ✔️出る順に並んでる ✔️まとまってて、覚えるものが少なめ ✔️発音記号の説明がわかりやすい ✔️練習問題付き 【悪い点】 ✔️間違いやすい読み方が隣に書いてあり、それを覚えそうになる ✔️CDはテンポが悪くてあまり使えない ✔️練習問題の答えが後ろにあって見るのが面倒 センター対策に使いました。これまで発音記号が読めませんでしたが、この本で読めるようになり、模試でも発音アクセント問題は常に8割取れるようになりました。おすすめです。練習問題がかなり難しく、力がつきますが答えを見るのが面倒でした。発音アクセントはセンター1ヶ月前から詰め込めば入ります。そのくらいで始めれば十分だと思います(私立である人は別ですが)。発音問題は、単語を見て発音記号が頭に浮かぶかどうかです。この本ならそれができるようになると思います。凄くおすすめです!

レビューをもっと見る

システム英単語

センター英語を解く上で当然ながら単語力は不可欠です。
このシステム英単語はミニマルフレーズという短い文章が付いていてとても実践的なのでおすすめです。
センター試験で出てくる単語は基本的なものが多いため三章まで覚えれば十分でしょう。

参考書名
システム英単語 (駿台受験シリーズ)
著者
刀祢 雅彦, 霜 康司
価格
1,080円
ページ
375ページ
出版社
駿台文庫

ターゲットは捨ててシス単しよう

しすたんだいすき🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰

数ヶ月前、私はシス単とは無縁のごく普通で平凡な毎日を過ごしていた。もちろん、シス単なんていう言葉も知りもしなかった。 そう、あの日がくるまでは… これはあの日から現在までの話である。 私はその日[あの日]も普通にご飯を食べ、風呂に入り、寝る支度をして布団に潜り込んだ。その日はあまり疲れていなかったのか、すぐに眠りにつくことができなかった。なんとか眠ろうと目をつむっているとどこからか何か歌のようなものが聞こえてきた。 「シス♪ シス♪ シス♪ タタンタン! シス単♪ シス単♪ タタンタン!」と、甲高い声で確かにこう聞こえてくる。 私は(なにこれ、夢?シス単ってなに?)と、思ったもののそのまま眠りについてしまった。 次の日に目覚めると、私から見てちょうど北西の辺り、今これを読んでる人から見ると南南東の辺りに水色のジャケットを身につけた少しデカめの本が立っていた。恐る恐る近づいて表紙を見てみるとそこにはシステム英単語と書いてあった。その時私は昨日の夜の出来事を思い出した。(あっ!シス単ってシステム英単語っていう本のことだったのか!ってことは昨日のは夢じゃなかったんだ!)と、思った。こういう場合普通の人なら、朝目覚めたら自分が買った覚えのない本がそこに置いてあり、さらにその前日の夜にその本の声を聞いたとなれば、自分の精神状態を心配し、不安や恐怖で体が震えて髪の毛が36本ぐらい抜けてしまうと思うが、私は24本で済んだ。 さっきも言ったがシステム英単語は水色のジャケットを身につけていた。私はこの下がどうなっているのか気になり、水色のジャケットを無理矢理脱がした。すると中は肌色でその濃さは、ルワンダでもオランダでもカンボジアなどでもなく、日本の肌の色だった。日本の中でも、沖縄や九州、北海道、東北、中国、四国、近畿でもなく関東地方よりの中部地方の肌の色だった。 そんな肌の色をじろじろ見ていると、シス単が顔を真っ赤にしてこちらを睨んでいた。ジャケットを脱がされ、裸姿を晒されていることに対して怒っているのだ。私は、「悪気があって君のジャケットを脱がしたわけじゃないんだ。そんなに怒らないでくれよ。」と言ったが、シス単は聞く耳を持たずジャケットを置いたまま逃げてしまった。 それから何ヶ月もシス単には会っていない。私の手元にあるのは水色のジャケットだけ。私は今でもシス単を探し続けている。なんでかって?そんなの決まっている。肌の色ばっかり気にしすぎて肝心な中身がまだ見れていないからだ。

レビューをもっと見る

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

Next Stageは私の高校で配られていた英文法の参考書です。かなり量はありますがこれを3周することでだいぶ英文法の基礎が固められました。
Next Stageでなくても似たような英文法の参考書はあるので自分が使いやすそうなものを選んでみてください!

かなり多いので挫折しないためにも1日1章などと決めてあまり無理しないようにしましょう。
秋までに3周するのが理想です。量が多いので直前期には向いていないので注意してください!

この参考書をやった後は過去問をやり込みましょう!焼き直しもあるので10年分ほどやると安心です。

参考書名
Next Stage英文法・語法問題4th edition
著者
ページ
511ページ
出版社
桐原書店

もともと英語が苦手で、分厚い参考書を読むのも苦手なので、これは辛いです。 問題の解説もほとんどないので、初学者にはもう少し詳しい方がいいなー しかも赤!!目がぁ目がぁあ 個人的には青か白黒が好みです。 文法はほとんど出来てて、復習程度に使うならいいと思います。 これで覚えるのは私には無理でした。 時間に余裕あるんで、スタサプやろうと思いまーす

『言語は雰囲気が大事』と恩師から教わりました。それ以来、英文を1年間毎日読みまくりました。文法の参考書はネクステのみです。足りないところは模試の復習で補いながら。 勉強で大事なのは参考書ではなく自分の努力だと思います。 体験談:数学である分野を数研の教科書で勉強し、また他の分野を白チャートで勉強しても模試では9割以上取れました(進研模試)。 参考書にこだわり過ぎず、勉強を頑張ってください。

理屈っぽく受験英語として学ぶ方にはあまり評判は良くないようですが、ある程度英語的感覚があれば使いやすいと思います。

レビューをもっと見る

ポレポレ英文読解プロセス50

この参考書は一般にポレポレと呼ばれています。このポレポレは構文把握力を付けるのに最適な参考書です。
50個の特別な構文を含んだ文章がありその文章の構文解説が詳しくなされています。

センター英語ではそれほど込み入った構文把握が問われるわけではないですが、やはり英語の長文を読む上で構文把握の力は絶対に必要です。英語が苦手な人に取っては少し難しいかもしれないですが、ぜひチャレンジしてみてください!

参考書名
ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式
著者
西 きょうじ
ページ
129ページ
出版社
代々木ライブラリー

高校時代は東進の講座でお世話になりました。リアルでも会いましたが女性の話がとても多かったのを覚えています。 それはさておきこの参考書は非常にオススメできます。ただし適当にやってると力はつかないでしょう。特に初めてこれを見て、「一体何を書いているんだろう?」と思った方は精読の授業を受けてからもう一度取り組んでみましょう。 少なくともセンター試験で8割以上安定して取れるような実力をつけ、難関大(目安として神戸大学を挙げておきます。)の問題もある程度解けるような状態になった時に取り組んでみるのがいいと思います。 これを一通りこなすことで、京大をはじめとする難解な英訳問題に対してのアプローチ法がつかめてくることでしょう。

高3の6.7月くらいから3題ずつした記憶があります。面白かったな〜!単語が私には一番難しかったので、単語が出来なくても構わないと思います。もちろん構文を取るのも難しかったけど。勉強になるのかは正直わかりませんが、英語してる〜♪って感じがして大好きでした

あああああ!んぎもちぃちいいいいいいい! 英語がぁあああああああああ!ようわかるぅうううううううう! にしきょうじぃぃぃ!!!プリン大好き!

レビューをもっと見る

やっておきたい英語長文300・500

これは英語長文の問題集です。300、500、700、1000と4つの種類があるのですが、センターの長文対策としては、やっておきたい英語長文300とやっておきたい英語長文500をおすすめします。英語長文に苦手意識を持っている人は300から始めるといいでしょう。

使い方としては、まず問題にある制限時間通りに時間を測って解いてください。解き終わって答え合わせをします。
自分の間違えた理由を把握して間違い直しまで終わったら必ず全文の解説を見ましょう。
難しい単語や構文の解説もあるのでそこで自分が理解出来なかったところを見て分かるようにください。
必ず本文のどこが聞かれても答えられるぐらい完璧にしましょう。
完璧になれば3回程度音読します。そうすれば勉強法としては完璧です!

参考書名
やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)
著者
杉山 俊一, 塚越 友幸, 山下 博子, 早崎 スザンヌ
ページ
151ページ
出版社
河合出版

本気で英語ができない人でした 夏休みはひたすらこれを音読する日々でした 解いて丸つけして訳読んで構文確認して音読 なんやかんやありましたがセンターの長文ノーミスぐらいには成長したので初心者の人にはおすすめできるのではないでしょうか

偏差値60を超えたらやったらいいんじゃないでしょうか 少なくとも産近甲龍には絶対オーバーワーク

おい、そこの私英語できるからやっておきたい500からやろーとか思っとる奴? 受験終わってからゆーなよーーーーー?? 「やっておけば良かった長文300…」 それくらい良い問題集だと思います。 最初は難しく感じます。 この問題集は解説が少ないことで有名ですが、問題を解き終えてから精読するとかなりの発見があります。なるほどなぁーってなります。 良問揃いです。 この問題集で偏差値爆上げ予定です。

レビューをもっと見る

センター英語満点のコツ

この参考書はセンター英語で満点を取るための解き方のコツを詳しく解説しています。
載ってある問題も過去のセンター試験で出題されたものばかりで、焼き直しがあるセンター英語では非常に助かります。
分野毎に別れているので、苦手な部分だけやるのがオススメです。

参考書名
センター英語〔会話・読解〕 満点のコツ (満点のコツシリーズ)
著者
坂木 俊信
ページ
224ページ
出版社
教学社

センター試験英語過去問2018(赤本・黒本)

最後にセンター英語を受ける上で欠かせない過去問です。過去問の使い方は上で紹介しました。
私はいわゆる黒本を使用しましたがどちらも大差ないと思います。
掲載年数はこの2つがダントツなのでどちらかを選ぶといいでしょう!手にとってみて好みの方を買いましょう!

参考書名
センター試験過去問研究 英語 (2018年版センター赤本シリーズ)
著者
ページ
1664ページ
出版社
教学社

はじめまして!先輩からいただいた赤本。 自分には早いので、6月までに知識を入れて夏休み、挑戦してみます! 今年のセンターの筆記を越えてみせる!

since 2017,10/01〜2018,01,14 これまでいっぱいデートもしたし、ケンカもしたけどついに別れる時が来てしまったね…君はほんとにいつも顔を赤くして可愛かったね。来年以降また別の人と幸せになってね。僕は君と過ごせて幸せだったよ!こんなに近くで一緒にいてもリスニングがこんなに難しくなると予想出来なくてごめんね、でも筆記は君のおかげで9割超えることが出来たよ。それじゃ、短い間だったけど本当にありがとう。またね(^_^)/~~

今日はクリスマスイヴ、いくら受験生とはいえ彼女と過ごす大事な日。僕が君と付き合ってから4ヶ月。毎日一緒に登校したり、一緒に寝たりしてだんだん君のことが分かってきた。君はすぐに恥ずかしがって、顔が火照って赤くなるよね。そんなところも僕は大好きだよ。たまに分かり合えないこともあって、しばらく目を合わせないこともあったけどやっぱり真正面から向かい合いたくてよく話し合ったね。世の中には君に似た黒や青の服を着た子もいると聞いたことがあるけど僕は君に一途だよ。今日は1年のうちでも僕達にとって一番大事な日だね。いつもより分かり合えるといいな!ほんとに君のことが大好きだよ!そう、君の名は… センター英語2018!(この話はフィクションです)

レビューをもっと見る
参考書名
大学入試センター試験過去問レビュー英語 2018 (河合塾シリーズ)
著者
価格
950円
ページ
790ページ
出版社
河合出版

枕に良し、 ダンベルに良し、 そして何より、英語の勉強に良し。 まさに最高の一冊です。

ちょうど今帰りに寄った本屋さんでこの本と出会いました。この太さと厚みがあれば僕の体はムキムキマッチョのノンスタ石田のようになれるのではないかと。。。 今日からしっかり過去問演習もしてそのあとにこの本を活用して筋力も学力もつけていきたいと思います。

レビューをもっと見る

9割から満点を狙うセンターリスニングの対策法【完全版】

これまで筆記パートについて詳しくお伝えしてきました。
次はセンターリスニングの対策法についてご紹介していきたいと思います。

二次試験でリスニングを受験しない受験生にとってセンターリスニングの勉強は大きな悩みですよね。
語彙や文法も固まっていて長文なら自信あるのにリスニングとなると全然できないという人もいると思います。
また、そもそもリスニングの対策が面倒くさいという人もいるでしょう。
ここでは、センターリスニングで9割から満点を取るための対策法について紹介していきます。
仮に直前期の受験生でも1ヶ月間毎日実践すれば十分に9割を狙えます。
実際に私も秋頃までは30点台でしたが、本番では9割を取ることが出来ました。
リスニング力は訓練すればその分だけ確実に向上するので頑張りましょう。

センターリスニングの特徴

センターリスニングの配点

センターリスニングの配点は以下の通りです。満点は50点です。
試験時間は約30分です。
大学によってセンターリスニングの圧縮具合が変わってくるので志望校の入試情報を入念に調べておきましょう。

決して難易度は高くない

センターリスニングの難易度は決して高くありません。
確かにリスニングの勉強をしたことがない人には多少難しく感じるかもしれません。
ですが、語彙のレベルも筆記より低く対策をした人には簡単に感じられるでしょう。
そのため9割から満点を取る人もチラホラ見かけます。

センターリスニングの平均点

センターリスニングの平均点は大学入試センターによれば、おおよそ30点前後で推移しています。
センター試験は平均点が6割程になるように作られているので妥当な難易度でしょう。
ただリスニングは対策すれば必ず伸びる分野なので、9割や満点といった高得点を狙っていってもいいでしょう。
2017年度は28.11と低めでした。

本番はイヤホンを付けて聞く

本番でのセンターリスニング試験のやり方は少し特殊です。
模試なのでは会場放送が一般的ですが、センター試験の場合は、特別な機器を用いて行います。
受験者は配布された機械から流れてくる音声をイヤホンを通じて聞きます。
少し慣れないかもしれませんので、普段からイヤホンを通してリスニングの勉強を行ったりするなど対策をしておきましょう。

センターリスニングの勉強法

「リスニングの勉強って何したらいいの?」と悩んでいる受験生は多いでしょう。
ここでは、受験生が悩みがちなリスニングの勉強法について私の経験と交えて簡単にご紹介していきます!

リスニングは継続してやろう

リスニングの勉強は継続することが何よりも大事です。
言語ですので毎日聞いていないとすぐに落ちてしまうのは想像できますよね。
ですので、遅くとも直前期の12月にはリスニングの勉強を始めるようにしましょう。
少なくとも2日に1回、出来れば毎日時間を決めて継続するのが理想です。

聞き取れなかった箇所は何回も聞こう

リスニングの勉強をする時はスクリプトを出来るだけ見ないようにしましょう!
自分で聞き取ることを積み重ねていくことがリスニング力をupする方法です。聞き取りにくかったところはそこだけを重点的に何回も聞きましょう。それでも聞き取れなかった時にスクリプトを使いましょう。

聞き終わった後は音読しよう

リスニングの勉強で良くないのが聞きっぱなしです。聞きっぱなしでは勉強の効果が薄れてしまいます。

そこでスクリプトを見てもいいので音読するようにしましょう。
一番良いのはシャドーイングという手法です。
リスニング音源を聞きながら後追いで音読していきます。
最初は難しくて全然できないと思います。
なので、スクリプトを見てもいいでしょう。
慣れてきたらスクリプトを見ないでやると効果は絶大です。

普段は1.2~1.5倍速で練習しよう

これは私も私の友達も実践していたオススメの方法です。
練習の時に速いスピードで聞いていると耳がそのスピードに慣れるので本番ではゆっくり感じることが出来ます。
私の場合は、同じ音源を複数回聞いてスクリプトを読んで内容を完璧に理解した後に速くして聞いていました。
おすすめは1.2~1.5倍速です。
あまり早くし過ぎると聞こえなくなるので、自分の聞こえる範囲で速くしてみましょう。
音声のスピードを調節できるスマホアプリが出ているので、それを使ってみるのも良いでしょう。

センターリスニングの解き方のコツ

リスニングでは内容を理解することが一番大切です。
それができるようになれば、後はセンターリスニングの傾向に合わせて対策していきましょう!
少しテクニック的な解き方のコツを紹介していきたいと思います。
センターリスニングは30点から40点の間で伸び悩んでいる受験生が多いですよね。
そんな受験生にこそオススメです。

先読みをしよう

先読みとはリスニングの放送が始まる前に設問の選択肢を先に読んでおくことを言います。
この先読みのメリットは2つあります。
これからどんな話が放送されるのかをある程度予想できるという点と注意して聞くところが分かる点です。
先読みを行うタイミングは2回目の放送中です。
そのためには、確実に1回目で答えを出しておく必要があります。
先読みをして1回目の放送で答えを出し、2回目の放送でまた次の問題の先読みして…と好循環を作っていくことが大事です。。
これが出来るようになれば40点以上は超えてくるでしょう!

集中力を付けよう

集中力もセンターリスニングは大事な要素です。
本番のセンター試験は普段よりも緊張します。
また、センター試験は1月です。周りの受験生が全員風邪を引いているかもしれません。
たとえ鼻をすする音がうるさくても試験では言い訳できません。
どんな状況下でも本番は集中できるように練習しておかなければいけません。

模試を受けたり人が多い自習室で勉強してみたりと本番を想定した中で集中する訓練をしましょう!

センターリスニングの過去問の使い方

センターリスニング過去問のおすすめの使い方をここでは紹介します!
過去問演習をしっかりした上で本番では9割〜満点を目指しましょう!

まず時期ですが、これは冬からでも構いません。
ある程度リスニングの勉強を始めてから過去問に移りましょう。
解く年数ですが、目安としては5〜10年分がいいでしょう。
やり方としては、上でお伝えした方法で構いません。
解いた後は聞き取れなかったところを何回も聞き直します。
聞き取れないところが無くなったら音読していきましょう!

センターリスニングのおすすめ参考書と問題集

「リスニングの試験はセンター試験のみ」という人に取ってはせいぜい一冊買えば十分でしょう。
仮に買わなくとも赤本など過去問を利用したり、携帯のアプリで英語のニュースを聞いたりということも出来ます。
ここでは数は少ないですが、オススメのリスニングの参考書と問題集をご紹介したいと思います。

大学入試パーフェクトリスニング

このパーフェクトリスニングは私が受験生時代に使用していた参考書です。
私は二次試験でもリスニングが課されていたのでセンターリスニング対策と二次リスニング対策を兼ねてこの参考書を使っていました。難易度的にはセンター試験だけの人にもおすすめできます。

何よりも英文の量が豊富な点が良いです。練習量が多く確保できます。
またスクリプトが別冊になっているので使い勝手いいところもおすすめです。

参考書名
大学入試パーフェクトリスニング (Volume2) (駿台受験シリーズ)
著者
駿台英語科
価格
2,160円
ページ
175ページ
出版社
駿台文庫

大学入試センター試験英語過去問2018(赤本・黒本)

こちらはセンター英語の過去問です。
有名な赤本と黒本ですね。
筆記とリスニングの過去問が一緒になっています。掲載年数も一番多いこの2つがセンターリスニングの良い問題集となるでしょう!
問題集を買うのもお金がかかるので追試などを活用してセンター試験の問題を教材としてリスニングの勉強を進めるのも良いでしょう。

参考書名
センター試験過去問研究 英語 (2018年版センター赤本シリーズ)
著者
ページ
1664ページ
出版社
教学社

はじめまして!先輩からいただいた赤本。 自分には早いので、6月までに知識を入れて夏休み、挑戦してみます! 今年のセンターの筆記を越えてみせる!

since 2017,10/01〜2018,01,14 これまでいっぱいデートもしたし、ケンカもしたけどついに別れる時が来てしまったね…君はほんとにいつも顔を赤くして可愛かったね。来年以降また別の人と幸せになってね。僕は君と過ごせて幸せだったよ!こんなに近くで一緒にいてもリスニングがこんなに難しくなると予想出来なくてごめんね、でも筆記は君のおかげで9割超えることが出来たよ。それじゃ、短い間だったけど本当にありがとう。またね(^_^)/~~

今日はクリスマスイヴ、いくら受験生とはいえ彼女と過ごす大事な日。僕が君と付き合ってから4ヶ月。毎日一緒に登校したり、一緒に寝たりしてだんだん君のことが分かってきた。君はすぐに恥ずかしがって、顔が火照って赤くなるよね。そんなところも僕は大好きだよ。たまに分かり合えないこともあって、しばらく目を合わせないこともあったけどやっぱり真正面から向かい合いたくてよく話し合ったね。世の中には君に似た黒や青の服を着た子もいると聞いたことがあるけど僕は君に一途だよ。今日は1年のうちでも僕達にとって一番大事な日だね。いつもより分かり合えるといいな!ほんとに君のことが大好きだよ!そう、君の名は… センター英語2018!(この話はフィクションです)

レビューをもっと見る
参考書名
大学入試センター試験過去問レビュー英語 2018 (河合塾シリーズ)
著者
価格
950円
ページ
790ページ
出版社
河合出版

枕に良し、 ダンベルに良し、 そして何より、英語の勉強に良し。 まさに最高の一冊です。

ちょうど今帰りに寄った本屋さんでこの本と出会いました。この太さと厚みがあれば僕の体はムキムキマッチョのノンスタ石田のようになれるのではないかと。。。 今日からしっかり過去問演習もしてそのあとにこの本を活用して筋力も学力もつけていきたいと思います。

レビューをもっと見る

最後に

これまでセンター英語で9割から満点取るたをめの勉強法と過去問の使い方をお伝えしてきました。
筆記では、上で紹介した時間配分を参考にして自分に合う時間配分、解く順番を確立してください!
リスニングは継続して勉強することが大切です!毎日コツコツ勉強すれば確実にリスニング力は向上します!

そして筆記とリスニング両方に言えることですが、過去問演習は怠らないようにしましょう。過去問をやり込めば問題のパターンも掴めて得点が安定するはずです。以上の内容を参考にして本番のセンター試験では9割から満点を狙っていきましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

【センター英語】時間配分と解答順を直して満点を取ろう!

センター英語対策完全版!時間配分と9割満点取る勉強法&参考書・問題集

センター英語の勉強法と解き方のコツ!一ヶ月で平均点を超え8〜9割へ

【センター英語】9割超えの受験生に共通する時間配分と勉強法

【センター英語】オススメの時間配分と超効率的勉強法で9割から満点を目指す!リスニング対策も!

【センター英語文法】誰でも満点を取れるコツとおすすめ参考書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に