【センター英語】オススメの時間配分と超効率的勉強法で9割から満点を目指す!リスニング対策も!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター英語は多くの受験生にとって関門です。
本番では9割以上を狙っているのに「センター英語の点数が7割、8割から伸びない…」と悩んでいる受験生。
これから東大生の私が実践していた、センター英語のおすすめ時間配分と9割から満点を目指す超効率的な勉強法を大公開したいと思います。

センター英語は、決して難しい試験ではありません。
正しい勉強法で対策をすれば十分に9割以上を狙えます。

なかなか9割の壁を超えられないあなた、ぜひ参考にして頑張ってくださいね!

センター英語の配点と時間配分

ここでは、「敵を知る」という意味で、まずセンター英語の概要を簡単に説明していきます。
最低限、頭に入れてからセンター英語の勉強をはじめるようにしましょう!
では、始めていきます。

センター英語の配点

センター英語は筆記が200点満点、リスニングが50点満点です。
リスニングの扱い方は各大学によって異なるため、自分の志望校の情報を各自で調べるようにしてください。

では、まずは、筆記部分の配点と設問形式を見ていきましょう。
センター英語の勉強法・解き方の戦略を考える時に重要となるのでしっかり確認しておくことが大事です。

筆記は大問が6つあります。

大学入試センター 2017年度センター英語本試験の正解

以上のような配点になっています。
大問1が発音・アクセント問題、大問2が文法・語法問題、大問3~大問6までが長文問題という感じです。

これを見ても分かるようにセンター英語では長文の割合が非常に高くなっています。
なので、まず長文で9割以上を取れるようにすること。
そして次に発音・アクセント問題、英文法問題などの知識問題で最小失点に抑えることが、センター英語で9割を取るためのコツとなります。

気になるセンター英語の平均点は?

センター英語の平均点って気になりますよね。
自分の実力を相対化するためにも平均点にも目を向けるようにしましょう。
下に平均点を2013年から2017年までの5年分まとめておきました!

大学入試センター センター試験英語過去の平均点

センター英語の平均点は以上のようになっています。
筆記は120点前後、リスニングは30点前後でここ数年推移していることが分かります。
これを見て「高い」と思う人も「意外と低いな」と思う人もいると思います。

しかし、センター試験に限っては相対的な数値よりも絶対的な数値を気にしましょう!
つまり偏差値などを気にするよりは、自分の目標とする点数に到達しているか否かで自分の実力を判断するのが良いでしょう!

おすすめのセンター英語の時間配分とは?

センター試験の英語に関する感想でよく耳にするのが「時間が足りない」というものです。
恐らく、時間配分に頭を悩ませている受験生は多いのではないでしょうか。

しかし、これは初めてセンター英語を解いた人なら誰しもが感じることなので特に心配する必要はありません。
私も初めてセンター英語を解いた時は、ほとんど見直しの時間が無い状態でした。
ですが、練習を重ねているうちに制限時間の半分の時間で解き終えるぐらいまで成長しました。

大事なのは「慣れ」です!

無理に速読をしようとする必要はありません!
英語力がある程度付いてきたらセンター英語では自然と時間に余裕が出てきます。
時間が無いのは単純にまだ英語力が足りていないのです。
7割から8割をすでに取れている人は長文問題集なども利用して練習量を増やしましょう。
6割以下の人は単語・文法といった基礎的な部分がまだ不安定なので基礎をもう一度やり直してみましょう。
それなりに英語力が付いてセンター試験に慣れることができれば、必ず時間に余裕が生まれるので心配しすぎる必要はありません。

時間配分ですが9割を目指す人は最低10分以上の見直し時間を確保できるよう心掛けましょう。
では、理想の時間配分をお伝えします!

私は遅くとも各設問、平均して3分ほど引いた計50分程度で解いていました。
どうしても190点以上を安定させたい難関国公立・難関私大志望者は、遅くともこれぐらいで解いて見直しにたくさん時間を割くと得点が安定します。
ただ、大事なのは正答率です。
速く解くことを意識しすぎると、ミスをしてしまう可能性が高まります。
気持ち急ぎ目程度で時間配分を考えるのが良いでしょう。

ここで時間配分を考える上で重要なことをお伝えします!

わからない問題は積極的に飛ばす

知識問題は特に悩んでも答えが出ない場合が多いので、時間勝負のセンター試験ではわからない問題は積極的に飛ばしましょう。
全部終わってからもう一度考えたら、一度解き終わった安心感も重なって案外すぐに答えが出るなんてこともあります!

時間がどうしても足りない人は配点の高い問題から解く

センター英語は最後にいけばいくほど配点が高くなる傾向にあります。
大問1や大問2は、1問2点ですが最後の長文は1問6点もあります。
時間が足りなくて配点が高い問題を落とすのはとても勿体無いですよね。
なので、時間が足りなくなることが分かっている人は、配点の高い長文から解くのをおすすめします。
配点が高い方を先に終えると安心感も湧くのでその後も落ち着いて解くことができますよ。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

【設問別】センター英語で9割から満点を取る超効率な勉強法

はじめにでお伝えしたようにセンター英語では発音・アクセント、英文法、長文とバランス良く得点する総合的な力が求められています。
ここでは、センター英語で伸び悩んでいる人が9割〜満点を取るための勉強法を詳しく説明していきます!
以下の内容を参考にして勉強してみてください!

【センター英語勉強法・大問1】発音・アクセント問題

例年、大問1では発音問題が3問、アクセント問題が4問出題されています。各2点なので合計で14点分もあることになります。
しかし、この設問は対策が最も手薄になるところでしょう。
長文や文法は取れるけど第一問の発音アクセント問題だけは苦手という人もいると思います。実際、私がそうでした。センター模試では、ほとんどが運頼みになってしまっていました。

ですが、秋以降対策を講じることで多くとも2問ミスまでに抑えることができるようになりました。
必ずしも満点を狙いに行く必要はありません。3問ミスまでに抑えれたら上出来と高を括りましょう!

まず、発音・アクセント問題の対策法は大きく2つあります。

①単語を覚える際に発音とアクセントも一緒に覚えてしまう(習慣的)
②発音アクセント用の参考書を買う(集中的)

一つ目の「単語を覚える際に発音とアクセントも一緒に覚えてしまう」というのは、普段の勉強から発音アクセントを意識するという意味で習慣的と名付けました。

皆さんが使っている単語帳には恐らく発音記号が書いていて発音とアクセントが分かるようになっていると思います。
新しい単語を覚えるときに発音・アクセントを一緒に覚えていると特別に対策をする必要も無く正答率も高いレベルで安定するはずです。

「単語を覚える際は必ず発音記号を見て最低5回は音読する」と決めているだけで発音アクセント問題は劇的に点が安定するようになりますよ!

ですが、当然この勉強法は普段の積み重ねが大事でハードルが高いので「今更もう無理…」って思う人も多いですよね。そんな人におすすめしたいのがセンター英語の発音・アクセント問題に特化した参考書を購入してそれをやり込むことです。これは、直前期の人でも十分間に合います!

私はこちらの方法を採用して本番では2ミスに抑えました。

私が使った参考書はおすすめのセンター英語の参考書のコーナーでご紹介します!
ぜひ、真似してみてください。

発音記号を覚えよう

いずれの勉強法を採用するにしても必ず発音記号をマスターするようにしておきましょう。
発音記号が正しく読めないと勉強が始まりません!
ですが、この発音記号を覚えるのが結構厄介で私も苦労しました。

学校で習う人は良いのですがそうでない人、聞いたけど忘れてしまった人は先生に聞くなり参考書を参考にするなりして、一通り読めるようにしておきましょう!

【センター英語勉強法・大問2】英文法・語法問題

次に第二問英文法・語法問題に対する勉強法についてお伝えしていきたいと思います。この設問は44点分あります。
目標としては「最低8割以上」を目指しましょう。

センター英文法の勉強法

では、英文法問題で最低8割を死守するにはどうすれば良いのでしょうか。

勉強法としては、とにかくインプットです。
網羅系の英文法の参考書、問題集を一冊やり込みましょう。
解説と問題が一体となっているものが多く販売されているのでそれを使うのが良いでしょう。

私はネクストステージというものを学校で使っていたのでそれを何周もしました。
分厚くて量が多いですがその分網羅性が高くやり切ればかなり英文法には自信がつきました。
色々なものが売られているので書店に足を運んで色々比較してみてくださいね。

とにかく英文法の知識を詰め込むことでここでは、8割を目指します。

では、設問を見ていきます。

設問としては

A 四択の英文法・語法問題
B 整序英作文(並び替え)
C 対話文の完成

の3つに分かれていて、それぞれ20点12点12点の配点となっています。

解き方のコツは以下の三点です。必ず意識しましょう!

空欄の内容を予想する

Bの整序英作文とCの対話文完成問題に共通することですが、問題を解く時は

「必ず文章の内容を踏まえて空白にどんな内容が当てはまりそうか考え、それに沿って選択肢を文法的に正しいように並び替える」ということを守りましょう。

消去法を使う(全選択肢に目を通す)

消去法はセンター英語の鉄則ですが特に英文法問題など細かい知識が重要になる設問では必ず守るようにしましょう。
全選択肢を吟味しなければ、勘違いによる誤答を生んでしまう可能性が高まります。

後で「選択肢全部見とけばよかった」なんて思うのはとても勿体無いですよね。それを防ぐためにも消去法を必ず使いましょう!!

分からないところは積極的に飛ばす

これは先程もお伝えしたことの繰り返しになります。
英文法問題は知識問題なので出来るか出来ないかのどちらかです。
そのため、分からないからといってそこで時間を費やしてしまうと後々、時間が足りなくなる原因となります。
少し考えて分からない時は勘でもいいのでマークして積極的に飛ばしていきましょう!

例題1

2017年度センター試験英語(筆記) 大学入試センター

例題は解いていただけたでしょうか?
これは2017年度に出題された大問2Bの整序英作文です。

簡単だったでしょうか?
解く手順として、まず空白に入りそうな内容を考えます。
はじめにRitaが「家に帰らなければならない」と言っています。
その後、Fatherは何かを言った後に「夕食まで残るのかと思っていた」と答えています。
そこで空白の並び替えの選択肢を見ると「how come」が入っていることに気付きます。
「how come」は「どうして?」の意味です。
つまり、選択肢と与えられてた文章から「どうしていつもよりも早く出て行くの?」と言った意味の疑問文だと気付きます。
次にこの文章を英文法的に正しいように並び替えます。この場合、「how come」を使った疑問文の時は例外的に語順がそのままということに気をつけます。
そうすると答えは「How come you are leaving earlier than usual?」となります。

丁寧に説明しましたがこのような作業を素早くやることが大事です。
この問題だと空白の内容はすぐに予想できると思うのですが、過去にはそれが難しい問題も出題されています。
闇雲に選択肢を見ても答えが分からない時は文脈を意識してから考えましょう!
また内容が分かっても「How come」の後は語順がそのままということを知らなければ、正解できません!
この様な文法、更には熟語の知識も必要となるのがセンター英語の文法問題です。

センター英語長文読解問題の特徴

センター英語の長文読解の特徴は各段落ごとの要約を重視している点です。
「結局この段落の言いたいことを一文でまとめると、どうなる?」と問われていいます。ですので、英語長文を読む時は必ず段落ごとの要約と段落ごとのつながりを意識するパラグラフリーディングを行いましょう!

では、大問3〜大問6までの長文問題についてこれから詳しく解説していきます。

【センター英語勉強法・大問3】長文読解(不要文削除・要約)

このセンター英語大問3から長文読解となります。大問3は、Aの対話文の空所補充とBの不要文削除、Cの意見の要約問題から成っています。恐らくBの不要文削除は苦手な人が多いと思うのでポイントを詳しく解説していきます!Bの不要文削除は2014年度から出題され始めた新傾向の設問です。

まずAの対話文の空所補充ですがこれは、かなり難しい部類に入る設問だと思います。というのも文脈だけで絞るとかなりの確率で二択になってしまうのです。そこからは文法的に誤っているものを消すことで正しい答えを導きます。つまり、大問2的な要素が強いんですね。なので必ず消去法を使いましょう!内容だけで絞ると確率二分の一で間違えることになります。

次にBの不要文削除ですが、意識するポイントは2点です。

①一つのパラグラフには一つの主張
②パラグラフの冒頭と末尾に着目

この2点はとても大事です。不要文の例として関係ない主張が紛れ込んでいることが多いからです。パラグラフの冒頭と末尾はその段落で述べたいメインの主張がまとまっています。

そこにはほとんどの場合、下線が引かれていないことから、下線文がそのメインの主張に沿っているかどうかで不要か否かを判断していきます。
では、2017年度の過去問を見ていきましょう!

例題2

2017年度センター試験英語(筆記) 大学入試センター

では解説していきます!

まず冒頭で輸送手段には様々な種類があるがどれも長所と短所を持っていると主張しています。読み進めていくとその具体例として飛行機、バス、船、トラックが挙げられていることがわかります。
しかし、バスの具体例だけは、プラスの面についてしか述べられていませんよね。
ここで一つのパラグラフには一つの主張が一貫していなければならないという原則を思い出します。

そうすると、プラスの面しか述べられていないバスの例の②番が主張に沿わない不要な文だと分かります。

【センター英語勉強法・大問4】長文読解(表と図・広告)

大問4は主に表やグラフの読み取りと絡めた長文問題のAと広告の読解のBに分けられます。大問の3のCの内容要約もどちらかといえばこちらの形式に近いでしょう。
センター試験の長文問題では「結局何が言いたいの?」という部分が問われています。
設問の選択肢が本文の内容をしっかりと含んでいるかを吟味しましょう。
例えば、2つの事について述べている文章の要約として片方しか含んでいない選択肢は正解にはなり得ません。

Bの広告問題は苦手な人が多いですが問題の答えは必ず広告内にあるのでしっかりと見落とさずに読みましょう。特に例などが列挙されている箇所は漏れがないか正確に読む必要があります。

【センター英語勉強法・大問5&大問6】長文読解(物語文・説明文)

大問3からは読解的要素が強いのですが特にこの大問5と大問6は「the英語の長文問題」といった感じを受けます。配点も1問が6点と高いので出来ればノーミスで乗り切りたいところです!

大問5の長文読解ではここ数年、物語文が出題されています。物語文ではよくある説明文的な英語長文とは違って登場人物の心情に着目しながら読み進める必要があります。そのため【情景を思い浮かべながら読む】ことを意識しましょう。

そうは言っても現代文の小説のような深い心情が問われるわけではなく、正確に問題文が理解できれば簡単に正答できるレベルの問題しか出題されていません。物語文だからといって特に意識しすぎる必要も無いでしょう。

大問6は説明文的な長文読解です。設問は6つあります。そのうち3つがパラグラフの内容理解を問うもので要約問題に近いもの。もう一つが難単語の意味を推測させる問題。そして最後がパラグラフ毎の内容を一行でまとめる問題です。

こうしてみるとほとんどの問題がパラグラフの要約問題であることに気が付きます。
英語長文を読む時に段落毎に何が言いたいのかを明確にして読む訓練を普段からしましょう。

センター英語の過去問の使い方

センター英語の過去問の使い方についてここではお伝えしていきます。
以下の3点を意識しましょう。

①本試験を最低5年分は解く。できれば10年分(余裕があれば追試験も)
②余裕がある人は制限時間を本番より短くしてやる。
③必ず見直しの時間は確保する。

早く解ける人は制限時間を短くしてやると効果的でしょう。(必ず時間は測ってくださいね。)ですが、見直しの時間は必ず確保してください。本番でも見直しをすることになるので自分なりの見直し方法を確立しておきましょう。

過去問を解き始める時期ですが、12月以降でも構わないでしょう。学校で解くという人はそれに合わせましょう。ただし、1年分も解いたことが無いという人は今すぐに解くことをおすすめします!自分の実力を知るという意味で大事です。

間違えたところは理由を考えよう

間違えたところは何故間違えたのかを考えるようにしましょう。
自分が間違えやすい設問や引っ掛けパターンが見えてきて、それに応じて対策を講じることも出来ます。

苦手な大問だけを重点的に解く

長文は得意だけど大問1の発音・アクセントに苦手意識があるあなた。そんな時は大問1の過去問だけを遡って解くのもいいでしょう。

私は二次試験との配分からセンター英語の過去問は5年分しか解くことは出来なかったのですが、不安のあった大問1の発音・アクセントと大問2の英文法は10年分やりました。苦手分野はいっぱい演習を積んでいると安心でしょう。

センター英語の予想問題集は解くべき?

駿台、河合塾、Z会、東進など各予備校が出版しているセンター英語の予想問題集は、やるべきなのでしょうか?
これは多くの受験生が抱いている疑問だと思いますが、私の意見は時間に余裕があるのならやってもいい程度です。
というのも各予備校が出しているセンター英語の予想問題集はセンター試験の英語と比較すると問題の質が落ちてしまいます。

なのでまずは過去問をしっかりやりましょう!その後に予備校の予想問題集を形式に慣れるために使うのはありです!
予備校の予想問題集は私の体感として難易度が低い順から

河合塾<東進<駿台<Z会

となっています。是非参考にしてみてくださいね!!

この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

【センター英語】時間配分と解答順を直して満点を取ろう!

センター英語対策完全版!時間配分と9割満点取る勉強法&参考書・問題集

センター英語の勉強法と解き方のコツ!一ヶ月で平均点を超え8〜9割へ

【センター英語】9割超えの受験生に共通する時間配分と勉強法

【センター英語】オススメの時間配分と超効率的勉強法で9割から満点を目指す!リスニング対策も!

センターリスニングで確実に8割以上取るためのレベル別勉強法

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に