18125175

物理は難しい?難問でも解けちゃう記述対策を教えます!

はじめに

物理は、数学と同様、難しい問題、大学になればなるほど、出来る人と出来ない人の差が開く科目だと言われています。
なぜなら単純な暗記をするだけでは難問には太刀打ち出来ず、扱う物理現象をしっかりと「理解する」ことが求められる科目だからです。
成績が上がってきて、少しレベルが上の大学にチャレンジしてみようと思ったけれど、早稲田や慶應、或いは国公立大学の過去問を解いてみたら全然解けなかったなんて経験したことありませんか?

物理の勉強には適切なステップがあります。
難しい問題が解けないという人は、それを解決するための方法をキチンと行えばいいのです。
ステップをしっかりと踏んで実力を着実に伸ばしていけば、必ずどんな難しい問題にも対応できる力が身につきます。
そして、難関大の合格を手に入れましょう!

物理の勉強の3つのステップ

15182453?w=430

物理の勉強の進め方には、3つのステップが有ります。
この3ステップを意識して物理の勉強に取り組んでいる人は少ないかもしれませんが、早慶や上位国立などの難関大に合格する人はみんなこれらを知らず知らずのうちにやっているのです。

その①:物理現象・公式の理解

まず最初にある物理現象がどうして起こるのか、どうしてその公式が導かれるのかといったことを理解する段階です。
先ほど「物理は単純な暗記だけでは解けない」と書きましたが、高校の物理では公式を導くための詳細な説明をすることが出来ない分野もあり(単振動など)、ただ公式を暗記するのみになってしまっている人も多いです。
しかし、不十分な説明だとしても、それを理解して自分の中に落とし込めていることが後々難しい問題に当たるときに重要になってきます。
単振動の例でいえば、単振動の運動方程式は微分を用いて導かれますが、円運動の正射影をグラフで図示することによっても理解することが出来ます。
このグラフ的な理解をしておけば、後々単振動の問題で躓いた時に立ち返って考えることが出来ます。

このステップは、教科書を読んだり『物理のエッセンス』や『橋元の物理をはじめからていねいに』等の参考書を読む段階に相当します。

物理のエッセンス

748332
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
21789265?w=80

物理に必要な本質を見抜くテクニックが惜しみなく乗っていて理系なら是非やってみたい教材のひとつだと思う。青は赤より評価が一般的に低いがそんなに変わらないように思えた。

23462221?w=80

解き方が分かっていれば必要ないと感じます。 良問の風スタートでもいいと思いますよ!

Icon default user

教科書レベルが丁寧に簡潔に説明されている参考書。 自身は物理が大の苦手科目だったが、エッセンス→良問→名門の王道ルートで得意科目へ持っていけた。 東工大二次直前対策として用いたのはエッセンス。名門や過去問の高難易度問題を解いて慣らしたあとに基礎の整理としてエッセンスを用いれば物理の目を更に良くしてくれる。ここで基本知識と背景、意味を整理すれば物理の初手は一瞬で思い浮かぶようになる。 訂正 教科書レベル→基礎レベル

レビューをもっと見る
875236
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
20146151?w=80

この参考書を特に勧めたいのは、受験物理を指導者なしではじめてする人や、受験物理を習いたての人です。まあ、そういう人たち以外でも、この参考書は勧めたい。大学受験物理は微積を使うか使わないかでかなり意見が別れますが、正直そんなことはどうでも良くて、自分が理解しやすい方からやればいいと思います。物理は微積の概念を分かっていないとキツイところも結構ありますが、近似計算のパターンを熟知しておけば、一応なんとかなります。もう一度いいますが大切なのは、自分が使いやすい武器をつかうことです。因みに自分はエッセンス派です。

14686265?w=80

理解が難しい電磁気の分野も、ただ説明が書かれているだけではなくほかの分野と結びつけて書かれているのでわかりやすいです。低価格でありがたいです。

21844296?w=80

熱 33題 電磁気 95題 原子 40題 ※いずれも例題を除く

レビューをもっと見る

橋元の物理をはじめからていねいに(はじてい)

10285278
参考書名
橋元の物理をはじめからていねいに 力学編
著者
橋元 淳一郎
ページ
250ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
616391
参考書名
視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録―新課程
著者
数研出版株式会社
ページ
168ページ
出版社
数研出版
Btn amazon

その②:物理の公式・基本的な解法の定着

公式がどんな意味を持つのかということが解ったら、次はその公式を実際の問題の中で使えるようになることが必要です。
『リードα』や『セミナー物理』などの教科書傍用問題集や、『物理重要問題集』のA問題や『基礎問題精講』なども少しレベルは上がりますがこのステップの範疇です。
このレベルの問題集を繰り返し解けば、解法の知識は十分身に付き、センター試験や中堅程度の大学の問題を解く実力は身に付くでしょう。
しかし難関大学の問題で合格点を取るためには更にもう一つステップが必要なのです。

物理重要問題集(物重)

14721602
参考書名
物理重要問題集ー物理基礎・物理 2017
著者
ページ
143ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
18296897?w=80

よいところは問題自体の質だね。知っておくべきパターンは網羅されているよ。だからこれを完璧やっておけば、解法を組み合わせることでどんな受験問題でもスラスラとけるよ。 やったね! 悪いところはまず問題の並べ方だね。殆ど全ての問題がページをまたいでいてやりにくいことこの上ない。これとこれとこれの順序をいれかえたら見やすくなるのになあ。なんでそんなことも考えられないんだよ無能編集者! のうなしあんよだね。 解答解説も行き当たりばったりで一貫性がないよ。さすがの無能編集者もその辺は理解してるみたいで、後ろに略解をつけてるよ。「立場上解答解説つけたけど、絶対わかりにくいから略解を見てね」というメッセージだね。その証拠に重問化学は略解がないのだ。 と、いうことで解答解説は捨てるのが啓明でしょう。 以上の点に気をつけて解けばとても良い問題集だよ。 やったね!

レビューをもっと見る

その③:難しい問題を解ききり記述する応用力の養成

その最後のステップは応用力の養成です。
応用力という表現は少し具体性を欠きますが、「教科書傍用問題集にあるようなレベルを超えた難しい問題に対して、適切な解答を導くことが出来る力」だと言えます。
簡単な問題をたくさん解けば難しい問題も出来るようになるのかといわれるとそんなことは無く、難しい問題を解いてそこで求められる頭の使い方を身に付けなければいけません。
物理の難しい問題では、細かい知識が求められるということはありませんが、問題文が長く複雑になっていることによってどの解法を使えば良いのかが分かりにくくなっているからです。
それを解きほぐして、どのような解法を使えばいいのか考える力が応用力だと言えます。

『名問の森』や『難問題の系統とその解き方』など難しめの問題集に頭をひねらせることで、この力を伸ばしていくことが必要です。

「基本的な問題は解けるけど、模試等で難しい問題を出されると手が付かない」という人は応用力が足りていない人だと言えます。
一方で、基礎的な問題集も覚束ないという人はより前のステップに返って、『物理のエッセンス』等の参考書を読み返す必要があるでしょう。

この章のまとめ
・物理の勉強は3つの段階を追って進めていくべきである
・最初に参考書を読んで公式の導出やその公式が持つ意味を理解する
・次に基礎レベルの問題集を繰り返し解くことによって、解法を身に付ける
・最後に難しい問題を解けるようになるために応用力をつける
・自分がつまずいているポイントに合わせて対策することが必要で、難しい問題が解けない場合は「応用力」が足りていない場合が多い

物理の難しい問題に求められる「応用力」とは何なのか

14705644?w=430

難関大で出題される問題は、問題文が長く何をやっているのかわかりにくい、図示しようとしても複雑で整理しきれないという様なことに陥ってしまいがちです。
それを解決して問題を解いていく力を「応用力」と呼ぶのであればその中身は何なのでしょうか?

基本的な要素に分解する

実は物理の難しい問題というのは「問題文を長くしたり図を複雑にすることでどうやって解けばいいのか判り難くなっている」だけなのです。
何故ならば物理は単純な知識を問う問題がなく、出題できる範囲に制限があるからです。
どんな難しそうな問題でも力学の範囲ならエネルギー保存則や運動量保存則などの限られた法則を用いることで必ず解くことが出来ます。


過去に京都大学で「最強の打者」に対してスタジアムの大きさを設定するような問題や、
東京大学でロケットの打ち上げを扱った問題が出題されたことがありますが、これらは与えられたことのない設定を与えることで「何を使って問題を解き進めていけばいいのか」分らなくさせるための設定だと言えます。
上記の例でいえば、京大の問題は放物運動、東大の問題は運動量保存則を使って解き進めていけばいいのですが、一見しただけではそうとわからなくなっています。
難しい問題を解く時には、問題文の記述を読み、何が問われているのかをしっかり把握しながら進みましょう。

問題を見た瞬間「筋道が立つ」ように訓練しよう

問題を基本的な要素に分解できるようになると、問題を解き進める前に「この問題はこれを使って解けばいいんだ」ということがわかるようになります。
『リードα』や『セミナー物理』を何回も繰り返し解くと、似たような問題を見るだけで問題の解き方がわかるようになると思います。
そのレベルとまではいきませんが、難問に対しても問題文を読むだけでどういった内容に問題が発展していくのかわかるようになると「応用力」がついたと言えるでしょう。

図示する力も大切

また、問題が難しくなる理由の一つに、出てくる要素が多かったり視点が斜めだったりして図が複雑になってしまうということも挙げられます。
特に電場と磁場両方が複雑に絡む荷電粒子の問題などは上手く図示することが難しいです。
図に関しては、解答に上手くまとまっているものがあるはずなので、解答を読んで上手い図示の方法を知りましょう。
そうして問題を解くたびに自分の中にストックを積み重ねることで得意にすることが出来ます。


この章のまとめ
・難しい問題、複雑な問題は見かけだけ。基本的な問題に分解すれば必ず解ける。
・難問に触れることで、問題の筋道が立てられるようになろう
・沢山の問題に触れて図示しにくい問題に対する対策を身につけよう

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

15378452?w=430

問題集はこう進める

さて物理で求められる応用力を正確にとらえたら、次は実際に問題集をどう解いていけばその力を付けていくことができるのかについてお話していきます。

問題集の選び方(名門の森・標準問題精講・難系)

まず最初に、「問題集をどう選ぶか」という疑問について考えます。
早稲田や慶應、国公立大学などの難関大学の受験生によくお勧めされる問題集をいくつか挙げると
『名問の森』『物理 標準問題精講』『難問題の系統とその解き方』
などが挙げられます。
これらの問題集は入試問題の中でも高難度のものを集めていて、『リードα』などの教科書傍用問題集や人によっては『物理重要問題集』、『物理 基礎問題精講』などのやや易しい~標準レベルの入試問題集をやり込んだ後に取り組むことになります。

難易度が『難問題の系統とその解き方』>『標準問題精講』>『名問の森』
問題量が『難問題の系統とその解き方』>『名問の森』>『標準問題精講』
という具合です。
自分が物理にかけられる時間や志望校のレベルを考えて問題集を決めましょう。


私は『リードα』を解いた後に『重要問題集』を4周ほどやり込み、その後に『難問題の系統とその解き方』(難系)を購入しました。
難系を選んだ理由は、その扱う問題のレベルです。
私は国立の中でも最難関と呼ばれる大学を志望していたので、問題が特に難しい『難問題の系統とその解き方』を使いました。
また、重要問題集を解き終えたのが3年生の12月で、難系をやるには時間が足りないかと思われました。
問題量が多いという難系のデメリットを補うために力学の分野だけに絞って取り組みました。この方法は難関大を受験することを考えるととても効果的なのです。

8682487
参考書名
名問の森 物理 力学・熱・波動 1
著者
浜島 清利
ページ
224ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
23503229?w=80

来年辺りに「難問の海」を出して。

23305835?w=80

“名問の草”はないんですか

20779704?w=80

元々学校で買わされた重門を使ってた。 ずいぶん前になんとなく買っていた名門をやってみたならば、なんてわかりやすいこと。 解説が細かいので、行間をいちいち読まなくて良い(数研は行間を読むのに辛いことがある) これからは名門で受験に挑もうと思う。

レビューをもっと見る

物理標準問題精講

8588046
参考書名
物理[物理基礎・物理] 標準問題精講 5訂版
著者
中川 雅夫, 為近 和彦
ページ
144ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
21621960?w=80

タイトルは「標準」問題精講とありますが、掲載されている問題はどれも旧帝大(特に東大、京大や東北大)のものでとてもレベルが高く、「難関大学での標準問題」という感覚です。 解説は非常に丁寧で、わかりやすいです。問題ごとに急所となることが図解されています。 自分は力学と電磁気を中心に解きました。 力学は典型問題から重心やゴムひもの単振動や加速度計の問題に加え、見慣れない設定のものも多く扱っています。 電磁気には描図問題が多い気がします。

23456498?w=80

「物理勉強し始めだから標準的なレベルの参考書がいいな〜。」        【物理 標準問題精講 】 「おっ標準って書いてあるからこれにしよっと。」 帰宅 「標準問題すらまともに解けない自分って…。」

19647895?w=80

浪人生向け。旧帝、医学部、早慶程度でなければ手をつける必要はない。難しい。下手に手をつければ火傷する。でもちゃんとこなせば最強の問題集。とても自信がつく。「物理は誰にも負けない」それくらいの自信を持って受験できた。結果合格したし、騙されたと思って買って、1日3題解いてみろよ。解説は読まないと逆効果かもしれないけどな。

レビューをもっと見る

難問題の系統とその解き方

9116078
参考書名
難問題の系統とその解き方物理
著者
服部 嗣雄
ページ
530ページ
出版社
ニュートンプレス
Btn amazon
14156915?w=80

生半可な気持ちで取り掛かると、必ず痛い目を見ます。気をつけてください。これをやるよりは名門をやり込んで、過去問演習に行ったほうがいい気がします。

16667820?w=80

まぁ、普通。悪い点もそんなないし迷ったらこれ使えば?

22015841?w=80

例題20日演習題40日、約2ヶ月で一周できます 名問とどちらにしようか迷える場合がほとんどだと思いますが難系の例題だけやるなら名問を周回して赤本に移行しましょう 演習題までしっかりと解くことを強く勧めます 理由は以下の3つです ①こなした問題数という圧倒的な自信がつく ②複雑な問題設定に面食らうことがなくなる ③物理が好きになる 私が取り組んだ参考書は主に 教科書→名問→難系 となっています、後は赤本です 名問と難系を全問繰り返すことをおすすめします 演習題の解説は確かに少ないです しかし必要最低限のことしか書いていないので、分からなくて答えを見ても必ず自分で考える必要があり、徐々に実力がついてきます 慣れてくれば、少ない解説を見ても、これで十分だと思えるようになります 最後に、もう1度言いたいことをまとめると 例題のみであれば名問を繰り返す方が良いです 演習題までやり込む時間の作れる人には強くおすすめします (最終的には駿台全国模試7~8割、東工大模試6~7.5割ほどの実力がつきました)

レビューをもっと見る

力学を集中攻略

物理の応用力を伸ばしたいけれど、物理に掛けられる時間が少ない人にオススメなのが、力学分野だけ難しい問題集を使うという方法です。
大学受験の物理は「力学」「電磁気」「波動」「熱力学」「原子物理」の5つの分野で構成されています。
これらの中でどこの大学でも必ず出題される分野こそが「力学」です。
波動や熱力学が得意だとしても、受験する年に出題されなければ意味はありません。一方力学は毎年出題されるので、力学が得意なら必ず役立つ武器になってくれるのです。
力学を集中的に取り組んで「どんな難しい問題でも力学だけは8割以上取れる」という状態を作れば物理の試験全体で6割以上の点数を取ることは容易になります。
大学のレベルが上がって問題が難しくなればなるほど合格に必要な得点は低くなっていきます。6割取れれは早慶や上位の国公立大学の合格ラインは十分超えることができます。
限られた時間で最大の効果を上げるために、応用レベルの問題集を解くときは力学を集中的に解いていきましょう。
力学に次いでよく出題されるのは電磁気です。力学を終えて余裕がある人は電磁気にも取り組みましょう。

「模試の解き直し」を最重要視

難しい問題集をどう使えば応用力を伸ばせるかということをお話しました。
実は、問題集以外にも応用力が必要になってくる問題に触れたことがあるはずです。
それは、あなたも必ず受けたことがあるor受ける「模擬試験」です。

模試の問題は幾段階にも壁がある良問

模擬試験、中でも記述形式の試験は、大学入試の問題と違ってどんなレベルの受験生でも差がつくような仕組みになっていなければいけません。受けた生徒の実力を評価するためには問題が簡単すぎても難しすぎてもダメだからです。模擬試験は簡単な出題から始まって大問の最後の方ではトップレベルの受験生でもなかなか解くことが出来ない難問が出題されます。
つまり、模擬試験の問題を復習することは基礎から最難関の応用問題までカバーすることになるのです。
模試の問題は必ず保管しておき、後で復習しましょう。
苦手な分野の演習量が足りないと思った時や受験が近づいてきた時期の力試しに役立ちます。

最後に

難関大を目指す人にとって、物理で一点でも多く取り周囲と差をつけることは重要です。
問題文が長く複雑に見える問題も丁寧に基本的な法則や公式に分解していくことで必ず解けるという視点を持って問題演習に取り組んでいきましょう。
『標準問題精講』や『難問題の系統とその解き方』などの問題集、或いは模試の解き直しなどを通じて「複雑な問題を分解していく」視点を養っていきましょう。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
20975003?w=72
Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

関連するカテゴリの人気記事

15082846?w=120

物理の参考書・問題集紹介!レベル・難易度別で苦手な人も安心

16380622?w=120

オームの法則公式覚え方や計算のやり方!電流や抵抗を自在に求めよう

17404041?w=120

加速度とは?物理基礎で使える加速度の求め方や等加速度運動を解説!

18125175?w=120

物理は難しい?難問でも解けちゃう記述対策を教えます!

15150953?w=120

物理の公式を「理解する」ための勉強法力学編!「わからない」を脱却!

19283704?w=120

【受験物理勉強法】苦手な物理を独学で克服できる!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay