物理は難しい?難問でも解けちゃう記述対策を教えます!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理は、数学と同様、難しい問題、大学になればなるほど、出来る人と出来ない人の差が開く科目だと言われています。
なぜなら単純な暗記をするだけでは難問には太刀打ち出来ず、扱う物理現象をしっかりと「理解する」ことが求められる科目だからです。
成績が上がってきて、少しレベルが上の大学にチャレンジしてみようと思ったけれど、早稲田や慶應、或いは国公立大学の過去問を解いてみたら全然解けなかったなんて経験したことありませんか?

物理の勉強には適切なステップがあります。
難しい問題が解けないという人は、それを解決するための方法をキチンと行えばいいのです。
ステップをしっかりと踏んで実力を着実に伸ばしていけば、必ずどんな難しい問題にも対応できる力が身につきます。
そして、難関大の合格を手に入れましょう!

物理の勉強の3つのステップ

物理の勉強の進め方には、3つのステップが有ります。
この3ステップを意識して物理の勉強に取り組んでいる人は少ないかもしれませんが、早慶や上位国立などの難関大に合格する人はみんなこれらを知らず知らずのうちにやっているのです。

その①:物理現象・公式の理解

まず最初にある物理現象がどうして起こるのか、どうしてその公式が導かれるのかといったことを理解する段階です。
先ほど「物理は単純な暗記だけでは解けない」と書きましたが、高校の物理では公式を導くための詳細な説明をすることが出来ない分野もあり(単振動など)、ただ公式を暗記するのみになってしまっている人も多いです。
しかし、不十分な説明だとしても、それを理解して自分の中に落とし込めていることが後々難しい問題に当たるときに重要になってきます。
単振動の例でいえば、単振動の運動方程式は微分を用いて導かれますが、円運動の正射影をグラフで図示することによっても理解することが出来ます。
このグラフ的な理解をしておけば、後々単振動の問題で躓いた時に立ち返って考えることが出来ます。

このステップは、教科書を読んだり『物理のエッセンス』や『橋元の物理をはじめからていねいに』等の参考書を読む段階に相当します。

物理のエッセンス

参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

お客さんが来た時コースターにして使っています! とてもいい家具です!

エッセンスはマジで物理がちんぷんかんな人でも時間をかけて進めていけばある程度の応用も出来るほどの教材です。日常生活で例えてくれるので分かりやすいです。 私も物理は指先に毛が生えた程度しか分からなかったのですが、エッセンスのおかげで応用にも手をつけれるようにはなりました。 ぜひ使ってみてください 補足ですが、エッセンス簡単すぎってなった方は良問の風というエッセンスに対応した問題集を買うのがオススメです。こちらは国公立レベルの問題もあるため買って損はないと思います。

セミナーあたりの問題集の基礎問題を完璧にして使うべき参考書。 自分が理解できてなかった穴を埋めてくれる最高の1冊。 良問の風に入って詰まってしまう人向け、多分セミナー基礎問題完璧にしてればエッセンスの問題はスラスラ解けるはず。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

嫌いな奴にあげろって暇医先生が仰ってた

高校で物理を学習する人にとっては赤エッセンスも含めてこの2冊で十分戦えると言っても過言ではない。よく漆○原の参考書と比較されることがあるが、パッと見の厚さやデザインに置いても差は歴然としている。そして最大のメリットは1番人気の参考書ゆえに可能である、ネットで問題番号を調べると大体の問題がYahoo知恵袋に解説が載っていることだ。この格差には漆○原も涙目になっているであろう。さあ、全国で1番売れている物理の参考書、物理のエッセンスを解いて志望大学への道を切り開いていこうではないか!

正統な物理学を学びたい方にとってこの本は手に取ること自体が罪です。赤い方もそうですが、この青い方は特に公式・パターン主義的な内容が多い(ほとんど)です。物理の実力を身につける最善の方法は、質の良い問題を物理学の最も根源的なところ(基本原理)から解明する練習を繰り返すことであって、意味もわからず公式を振り回したり何もかもパターン化して分かった気になることでは無いです。もちろん大学入試を乗り越えるという当面の目標のためだけに物理を学ぶのであれば公式・パターン主義は重宝されるのでしょうが、大学以降で自然科学としての物理を真剣に学ぼうと考えている方にはこの本はオススメできません。

レビューをもっと見る

橋元の物理をはじめからていねいに(はじてい)

参考書名
橋元の物理をはじめからていねいに 力学編
参考書名
視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録―新課程

その②:物理の公式・基本的な解法の定着

公式がどんな意味を持つのかということが解ったら、次はその公式を実際の問題の中で使えるようになることが必要です。
『リードα』や『セミナー物理』などの教科書傍用問題集や、『物理重要問題集』のA問題や『基礎問題精講』なども少しレベルは上がりますがこのステップの範疇です。
このレベルの問題集を繰り返し解けば、解法の知識は十分身に付き、センター試験や中堅程度の大学の問題を解く実力は身に付くでしょう。
しかし難関大学の問題で合格点を取るためには更にもう一つステップが必要なのです。

物理重要問題集(物重)

参考書名
物理重要問題集ー物理基礎・物理 2017

赤本までの橋渡し!

よいところは問題自体の質だね。知っておくべきパターンは網羅されているよ。だからこれを完璧やっておけば、解法を組み合わせることでどんな受験問題でもスラスラとけるよ。 やったね! 悪いところはまず問題の並べ方だね。殆ど全ての問題がページをまたいでいてやりにくいことこの上ない。これとこれとこれの順序をいれかえたら見やすくなるのになあ。なんでそんなことも考えられないんだよ無能編集者! のうなしあんよだね。 解答解説も行き当たりばったりで一貫性がないよ。さすがの無能編集者もその辺は理解してるみたいで、後ろに略解をつけてるよ。「立場上解答解説つけたけど、絶対わかりにくいから略解を見てね」というメッセージだね。その証拠に重問化学は略解がないのだ。 と、いうことで解答解説は捨てるのが啓明でしょう。 以上の点に気をつけて解けばとても良い問題集だよ。 やったね!

レビューをもっと見る

その③:難しい問題を解ききり記述する応用力の養成

その最後のステップは応用力の養成です。
応用力という表現は少し具体性を欠きますが、「教科書傍用問題集にあるようなレベルを超えた難しい問題に対して、適切な解答を導くことが出来る力」だと言えます。
簡単な問題をたくさん解けば難しい問題も出来るようになるのかといわれるとそんなことは無く、難しい問題を解いてそこで求められる頭の使い方を身に付けなければいけません。
物理の難しい問題では、細かい知識が求められるということはありませんが、問題文が長く複雑になっていることによってどの解法を使えば良いのかが分かりにくくなっているからです。
それを解きほぐして、どのような解法を使えばいいのか考える力が応用力だと言えます。

『名問の森』や『難問題の系統とその解き方』など難しめの問題集に頭をひねらせることで、この力を伸ばしていくことが必要です。

「基本的な問題は解けるけど、模試等で難しい問題を出されると手が付かない」という人は応用力が足りていない人だと言えます。
一方で、基礎的な問題集も覚束ないという人はより前のステップに返って、『物理のエッセンス』等の参考書を読み返す必要があるでしょう。

この章のまとめ
・物理の勉強は3つの段階を追って進めていくべきである
・最初に参考書を読んで公式の導出やその公式が持つ意味を理解する
・次に基礎レベルの問題集を繰り返し解くことによって、解法を身に付ける
・最後に難しい問題を解けるようになるために応用力をつける
・自分がつまずいているポイントに合わせて対策することが必要で、難しい問題が解けない場合は「応用力」が足りていない場合が多い

物理の難しい問題に求められる「応用力」とは何なのか

難関大で出題される問題は、問題文が長く何をやっているのかわかりにくい、図示しようとしても複雑で整理しきれないという様なことに陥ってしまいがちです。
それを解決して問題を解いていく力を「応用力」と呼ぶのであればその中身は何なのでしょうか?

基本的な要素に分解する

実は物理の難しい問題というのは「問題文を長くしたり図を複雑にすることでどうやって解けばいいのか判り難くなっている」だけなのです。
何故ならば物理は単純な知識を問う問題がなく、出題できる範囲に制限があるからです。
どんな難しそうな問題でも力学の範囲ならエネルギー保存則や運動量保存則などの限られた法則を用いることで必ず解くことが出来ます。


過去に京都大学で「最強の打者」に対してスタジアムの大きさを設定するような問題や、
東京大学でロケットの打ち上げを扱った問題が出題されたことがありますが、これらは与えられたことのない設定を与えることで「何を使って問題を解き進めていけばいいのか」分らなくさせるための設定だと言えます。
上記の例でいえば、京大の問題は放物運動、東大の問題は運動量保存則を使って解き進めていけばいいのですが、一見しただけではそうとわからなくなっています。
難しい問題を解く時には、問題文の記述を読み、何が問われているのかをしっかり把握しながら進みましょう。

問題を見た瞬間「筋道が立つ」ように訓練しよう

問題を基本的な要素に分解できるようになると、問題を解き進める前に「この問題はこれを使って解けばいいんだ」ということがわかるようになります。
『リードα』や『セミナー物理』を何回も繰り返し解くと、似たような問題を見るだけで問題の解き方がわかるようになると思います。
そのレベルとまではいきませんが、難問に対しても問題文を読むだけでどういった内容に問題が発展していくのかわかるようになると「応用力」がついたと言えるでしょう。

図示する力も大切

また、問題が難しくなる理由の一つに、出てくる要素が多かったり視点が斜めだったりして図が複雑になってしまうということも挙げられます。
特に電場と磁場両方が複雑に絡む荷電粒子の問題などは上手く図示することが難しいです。
図に関しては、解答に上手くまとまっているものがあるはずなので、解答を読んで上手い図示の方法を知りましょう。
そうして問題を解くたびに自分の中にストックを積み重ねることで得意にすることが出来ます。


この章のまとめ
・難しい問題、複雑な問題は見かけだけ。基本的な問題に分解すれば必ず解ける。
・難問に触れることで、問題の筋道が立てられるようになろう
・沢山の問題に触れて図示しにくい問題に対する対策を身につけよう

問題集はこう進める

さて物理で求められる応用力を正確にとらえたら、次は実際に問題集をどう解いていけばその力を付けていくことができるのかについてお話していきます。

問題集の選び方(名門の森・標準問題精講・難系)

まず最初に、「問題集をどう選ぶか」という疑問について考えます。
早稲田や慶應、国公立大学などの難関大学の受験生によくお勧めされる問題集をいくつか挙げると
『名問の森』『物理 標準問題精講』『難問題の系統とその解き方』
などが挙げられます。
これらの問題集は入試問題の中でも高難度のものを集めていて、『リードα』などの教科書傍用問題集や人によっては『物理重要問題集』、『物理 基礎問題精講』などのやや易しい~標準レベルの入試問題集をやり込んだ後に取り組むことになります。

難易度が『難問題の系統とその解き方』>『標準問題精講』>『名問の森』
問題量が『難問題の系統とその解き方』>『名問の森』>『標準問題精講』
という具合です。
自分が物理にかけられる時間や志望校のレベルを考えて問題集を決めましょう。


私は『リードα』を解いた後に『重要問題集』を4周ほどやり込み、その後に『難問題の系統とその解き方』(難系)を購入しました。
難系を選んだ理由は、その扱う問題のレベルです。
私は国立の中でも最難関と呼ばれる大学を志望していたので、問題が特に難しい『難問題の系統とその解き方』を使いました。
また、重要問題集を解き終えたのが3年生の12月で、難系をやるには時間が足りないかと思われました。
問題量が多いという難系のデメリットを補うために力学の分野だけに絞って取り組みました。この方法は難関大を受験することを考えるととても効果的なのです。

参考書名
名問の森 物理 力学・熱・波動 1

前書きにも基礎内容の定着は不可欠と書かれている通り、難易度は高いと思います。ですが、解説はとても丁寧で分かりやすいので、おすすめです。

とりあえず全問スムーズに解けるようにはなったのでレビュー及びオススメの使い方を紹介したいと思います レビュー 難易度★★★☆☆ 問題数★★★☆☆ 解説 ★★★★☆ 総評 ★★★★☆ といった感じです まず難易度ですがネットで言われてるほど難しいとは感じられませんでした。 名問の森(以下森)では赤星2つ、赤星1つ、黒星1つ、黒星2つ(徐々に難)と難易度が分かれていますが大抵の問題は赤星1つがメインで黒星1つがちょくちょく、黒星2つはほぼないです 僕はエッセンス→良問→名問 という「王道」ではなく 基礎問→名問 という「邪道」(?) をいきましたが赤星はほとんど黒星1つも半分ほどはスムーズに1回目から解けました。 このようにいわゆる良問基礎問レベル帯からの接続はスムーズだと思われます。 かといって得られるものが少ないわけでもなく黒星はそれなりに骨のある問題です。 次に問題数です。 これは多くもなく漏れ落ちもなく丁度良いと思われます。 僕は間を空けて複数回(具体的には後述)解いたので長くかかりましたが1冊一周1ヶ月半ほどで終わると思います。 そして解説についてです。 これは評価が割れやすいですね。 よくも悪くも 「シンプルでありながら分かりやすく丁寧」 です。 一応エッセンスとの接続が想定されているので「エッセンス参照」としばしば省略がありますが基礎問だった僕でもあぁあの事ねとなったのでそこまで問題はないですね。 ただ名問においてはいわゆる「テクニカル」な手法がしばしば用いられてます。これは物理現象を正しく理解してる人からすると「確かにこうなるから、でこうやって解けるよね。知れてよかった」 となりますが、パターン主義的に解いてきた人は「おぉこれはいいなぁ。たくさん使っていこう」 となります。 実はこれが落とし穴で、別の見かけで同じような問題では使えなかったり、逆にパッと見同じだが中身は異なる問題に誤って使いかねません。 つまり物理を根本から学習した人にとっては無害ですが、公式主義的に解いてきた人には、解説が「シンプルでありながら分かりやすく丁寧」であるが故「有害有益」となり得ます。 ですので名問をやる前に一度公式が一通りに証明できるか、どんなときに適用できるかを確認すべきです。 心配な人は「新物理入門」をやるのも1つですが、これらは大変骨があるので名問をやる前の人にはお薦めできません。 ちなみに解説が分かりやすいと、分かった気になるが見た目が変わると解けなくなりがちなので、他人に解説できるレベルにするのが重要です。 最後に、お薦めの、実践していた使い方を紹介します。(オレンジの方も同じですが、原子は除きます) まずは分野ごとに、難易度に関わらず一周します。これは物理においては問題が1続きであるためです。 この時難しい問題も、なるべくじっくり悩んで解説は見ないようにしていました。例えば状況を図示したり、予想される物体の動きなどを言語化するのも良いでしょう。 そして間違えたり分からなかった問題には印をつけて次の日にでも解きなおしましょう。 ここで重要なのは解説をうのみに「しすぎない」ことです。 根本にある原理現象公式を理解した上で、この解法がとられているのだと理解するのが名問の森を使いこなす鍵だと思います。 さてこうして全分野終わったら1、2ヶ月以上は空いてると思うので2周目をしましょう。 そして2連続正解だったらもうその問題をやることはないでしょう。その問題は解説を深く読まなくても良いと思います。 逆に2回間違えたものは徹底的に解説を読みましょう。この時基礎的な問題集や参考書に戻るのも重要です。 こうして2周目をしたあと、僕は「新物理入門」に入りました。これは個人の志望校次第でしょうが、新物理で根本から物理を理解したあとで、名問で一度間違えた問題を解くとスムーズに進むと思います。 またこの時にテクニカルだった解説のチェックも重要です。これで他の問題にも適応できるようになります。 こうして途中に新物理を挟む挟まないはあるにせよ全問2連続で正解できたらもう名問の森を習得できたといえます。 あまり偉そうなことはいえませんが、大抵の大学では過去問を解くのが良いでしょう。 僕は物理を武器にしたいのでこれから標問(の前に新物理の演習問題集に2周目をしますが)をやろうと思います。 まとめると、名問の森は使い方を間違えなければ、新たな学びもある、ほとんどの人に合う物理の演習書と言えるのでお薦めです。 問題集というよりかは物理を分かったひとが演習をするという意味での演習書です。 なによりユーザーが多いの名問の問題ができないと周りに差がつけられてしまう恐れもあるので、正しくやれば損はないです。 これで物足りない場合にも標準問題精講や思考力問題精講、難系など物理には難しい問題集がまだまだあるので心配(?)はないです。 (個人的には新物理入門の演習の問題集がなかなか骨があると思います) 最後になりましたが名問の森は有名すぎるが故にかえって正しく使える人が少ないのではないか、と思いレビューすることにしましたが、ものすごい長文になっていしまいました。最後まで読んでくださった方(いるのか?w)の参考になったら幸いです。 あとこのレビューをかいてる時間だけ周りと差がつけられたので頑張ります。

公式有りきで物理を解いている人には難しいかもですが、重問より分かりやすく解きやすいです。"高一がでしゃばるな"と言われるかもですがオススメしたいです。

レビューをもっと見る

物理標準問題精講

参考書名
物理[物理基礎・物理] 標準問題精講 5訂版

タイトルの通り全然標準レベルではありません。これ一冊できればほとんどの大学に通用する実力はつくはずです。載っている問題の大学を見ても、東大や京大、旧帝や東工大がぽんぽん出てきます。この一つ下のレベルの基礎問題精講との差がありすぎるので、連続して使うには、「公式を導けるのは当たり前」になっていて、「この問題は何を聞いていて、何をやればいいのか」を見抜く力を基礎問題精講でしっかりと身につける必要があると思います。この本が終わったら過去問演習か、時間がある人は難系をやれば良いと思います。

⚪︎難易度(使用者のレベルの条件) 東大・京大志望用 進研記述模試で偏差値75、全統記述模試で偏差値70、マーク模試では基本満点でないと厳しいと思います。 ⚪︎使用時期 標問を終えたら過去問に入って良いので、10月までに終わらせておくと良いでしょう。 ⚪︎感想 セミナー物理をやった後に標問をし始めましたが、スムーズに進めることができます。問題が解けても解けなくても解説を熟読する事をオススメします。

タイトルは「標準」問題精講とありますが、掲載されている問題はどれも旧帝大(特に東大、京大や東北大)のものでとてもレベルが高く、「難関大学での標準問題」という感覚です。 解説は非常に丁寧で、わかりやすいです。問題ごとに急所となることが図解されています。 自分は力学と電磁気を中心に解きました。 力学は典型問題から重心やゴムひもの単振動や加速度計の問題に加え、見慣れない設定のものも多く扱っています。 電磁気には描図問題が多い気がします。

レビューをもっと見る

難問題の系統とその解き方

参考書名
難問題の系統とその解き方物理

この本を解き終わった頃には、駿台全国模試で物理が偏差値70を超えました。 入試本番においても、物理を武器に全部合格という形で終わることができました。 このように、受験期を通して、本書の底知れぬ強さを実感したので…私にとっての本書の魅力をここで語りたいと思います。 この本の強みとして、 ①演習量が多い ②単純に使用者が少ない ③深める価値のある良問ばかり この3点が挙げられます。本書を開いたことのある方なら、①に関しては納得していただけるはず。大事なのは②③です。 ②を言い換えれば、「この本と向き合っている」というだけで自信が持てるということ。 模試会場で本書を取り出し、机の上に置いたとしましょう。 周りの人は「物理めっちゃできる人きたー!」ときっと内心ビビりますよ。というかそう思い込むと得です。 周りが他の有名な問題集を解きまくっている中、私には「1番難しい問題集を解いているのは私だけ」という特別感と達成感が常にありました。学力には直結しないようでも、意外とそれが直前期~本番にかけて心の支えになりました。 ③について。本書には物理の知識を統合して解くような、複雑だがやりがいのある良問が詰まっています。解くのにも時間がかかりますが、焦らずじっくり解いてほしい。一旦自力で解いた後の復習の時間こそ、1番成長するゴールデンタイムです!かけた時間を無駄にしないよう、問題を深めていきましょう。 問題を深めるには、一緒に論理を組み立てて議論してくれる友達や、間違いを正したり新発見に導いてくださる先生がいるとベスト。 友達と相談しながら復習することは、モチベーションの維持や思考の幅を広げるという点で非常に効果的だと思います。 学校や塾の先生の偉大さは、言わずもがな。特に本書にあるような混乱しやすい問題や、応用のきく問題に触れた時は完答しても質問に行くといいです。 先生に自分の考えを聞いていただくことで気づいた事実などは深く印象に残り、永遠の武器になります。 そのようにして深めた問題たちはもうあなたのものです。どんな応用が加えられても、もう論理を組み立てれば解けるようになっているはず。むしろ、「できない問題があるとするならばそれは周りも全員解けていないだろう」と思う程の自信を持ってください。 ということで、本書は「解ける人」にも「解けない(伸びしろがある)人」にもメリットの多い良書です。 物理を極めたい方におすすめしたい1冊。 基本問題をある程度終えてから挑戦してみてください。完璧にしてからでなくても大丈夫ですので、やるなら高3秋には手をつけてください。 (私はこれを解く前に体系物理を1周しましたが、それで十分でした。参考までに!) 長文失礼しました。 とある一般的な高校生が受験を終えてみて、役に立ちそうな経験談を並べただけです。ご了承ください。

まあまあ難しい気がしますが、字が小さいのとやたら問題多くてやる気失せるので、個人的には駿台の新物理入門演習の方がおすすめです。 京大目指してる友達に貸したら返ってこないうちに入試を迎えることになりました。

評価ほど難しくなく、演習問題もさほど解答が分かりにくいわけではないです。 演習量がこの一冊でカバーできる且つ物理的な思考が育まれるような構成になっているので、この一冊でじっくりと考え込むことを繰り返せばあとは過去問で充分。 新物理入門とかとセットで使うのがオススメです。

レビューをもっと見る

力学を集中攻略

物理の応用力を伸ばしたいけれど、物理に掛けられる時間が少ない人にオススメなのが、力学分野だけ難しい問題集を使うという方法です。
大学受験の物理は「力学」「電磁気」「波動」「熱力学」「原子物理」の5つの分野で構成されています。
これらの中でどこの大学でも必ず出題される分野こそが「力学」です。
波動や熱力学が得意だとしても、受験する年に出題されなければ意味はありません。一方力学は毎年出題されるので、力学が得意なら必ず役立つ武器になってくれるのです。
力学を集中的に取り組んで「どんな難しい問題でも力学だけは8割以上取れる」という状態を作れば物理の試験全体で6割以上の点数を取ることは容易になります。
大学のレベルが上がって問題が難しくなればなるほど合格に必要な得点は低くなっていきます。6割取れれは早慶や上位の国公立大学の合格ラインは十分超えることができます。
限られた時間で最大の効果を上げるために、応用レベルの問題集を解くときは力学を集中的に解いていきましょう。
力学に次いでよく出題されるのは電磁気です。力学を終えて余裕がある人は電磁気にも取り組みましょう。

「模試の解き直し」を最重要視

難しい問題集をどう使えば応用力を伸ばせるかということをお話しました。
実は、問題集以外にも応用力が必要になってくる問題に触れたことがあるはずです。
それは、あなたも必ず受けたことがあるor受ける「模擬試験」です。

模試の問題は幾段階にも壁がある良問

模擬試験、中でも記述形式の試験は、大学入試の問題と違ってどんなレベルの受験生でも差がつくような仕組みになっていなければいけません。受けた生徒の実力を評価するためには問題が簡単すぎても難しすぎてもダメだからです。模擬試験は簡単な出題から始まって大問の最後の方ではトップレベルの受験生でもなかなか解くことが出来ない難問が出題されます。
つまり、模擬試験の問題を復習することは基礎から最難関の応用問題までカバーすることになるのです。
模試の問題は必ず保管しておき、後で復習しましょう。
苦手な分野の演習量が足りないと思った時や受験が近づいてきた時期の力試しに役立ちます。

この記事を書いた人
あなたの勉強を後押しします。

関連するカテゴリの人気記事

物理の参考書・問題集紹介!レベル・難易度別で苦手な人も安心

オームの法則公式覚え方や計算のやり方!電流や抵抗を自在に求めよう

加速度とは?物理基礎で使える加速度の求め方や等加速度運動を解説!

【受験物理勉強法】苦手な物理を独学で克服できる!

物理の公式を「理解する」ための勉強法力学編!「わからない」を脱却!

物理は難しい?難問でも解けちゃう記述対策を教えます!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に