物理は難しい?難問でも解けちゃう記述対策を教えます!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

最後に

難関大を目指す人にとって、物理で一点でも多く取り周囲と差をつけることは重要です。
問題文が長く複雑に見える問題も丁寧に基本的な法則や公式に分解していくことで必ず解けるという視点を持って問題演習に取り組んでいきましょう。
『標準問題精講』や『難問題の系統とその解き方』などの問題集、或いは模試の解き直しなどを通じて「複雑な問題を分解していく」視点を養っていきましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
あなたの勉強を後押しします。

関連するカテゴリの人気記事

物理の参考書・問題集紹介!レベル・難易度別で苦手な人も安心

オームの法則公式覚え方や計算のやり方!電流や抵抗を自在に求めよう

加速度とは?物理基礎で使える加速度の求め方や等加速度運動を解説!

【受験物理勉強法】苦手な物理を独学で克服できる!

物理の公式を「理解する」ための勉強法力学編!「わからない」を脱却!

物理は難しい?難問でも解けちゃう記述対策を教えます!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に