【大学受験英語】長文読解の勉強法とオススメ参考書・問題集3選

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

たくさん単語や文法を覚えたのに長文読解ができない...
 
そんなあなたが長文読解が苦手な理由は
ズバリ「長文読解への慣れ」が足りないのです!
   
そんなあなたに今回は、「長文読解の実力とは」と単語が定着し文法がしっかり固まってる人が長文読解を効率的に勉強してゆくのにオススメの英語の問題集をご紹介したいとおもいます。
これを機に一気に長文読解を、そして英語を得意科目に変えましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

長文読解に慣れることが英語の実力に

英文を読む方法に「ヨコ読み」と「タテ読み」があります。前者は一文ずつを文法的に読み解いていく読み方で、良く言えば「精読」ですが、長文全体をそうやって読んでいくのには大変時間がかかり、限られた試験時間内に読み終えることは至難の技です。

簡潔に言うと、文脈を追いながら読解するのが「タテ読み」です。

文脈を追うことで論旨が予想できるので読解速度が上がりますし、文脈が頭に入っていれば内容一致問題も外すことがなくなります。
問題を時間内に解き終わり合格するために、単語が定着し文法の基礎が固まった方は、「ヨコ読み」から「タテ読み」へ読み方を変えなければなりません。
そしてこの「タテ読み」を可能にするものこそが、慣れなのです。

沢山の英文に触れ、読解に慣れることで文脈を意識しながら読解する余裕が生まれます。長文読解の演習においてあなたは慣れを獲得するべきなのです。

たくさん長文読解するメリット

①英語慣れがタテ読みを可能にする

②入試頻出のトピックが教養として身につく為、試験の際に問題を解きながら、速く論旨の理解をすることができる
(これは意外とすごい有利に働きます。たくさんの英文を読んだ私は 「あぁまたこの話ねー」という軽い気持ちで本番長文を解くことができました。)

長文読解の実力に応じたおすすめの英語参考書・問題集3選

これまで、長文読解に慣れることが英語力の向上につながる為、沢山英長文に触れることが良いとお伝えしてきました。
とはいえ、当然のことながらあなたの今の実力と目的に応じて取り組むべき長文問題集は変わります。

例えば、読解初心者の方は読解のプロセスを身につけなければななりませんから、難しい長文をたくさん読むよりも、1つの長文を焦らずに解き、何度も復習することの方が実力に結びつきます。復習には丁寧な解説が欠かせないですから、解説を重視して問題集を選んでください。
読解のプロセスを身につけた方は英文をタテに読む為に、内容一致問題がメインの長文問題をたくさん解くことをオススメします。

実力と目的に応じた問題集を、その観点から以下問題集をご紹介します!

旺文社 大学入試 全レベル問題集 英語長文

長文読解の演習を始める際に、あなたがまず初めに取り組むべき問題集が『全レベル別問題集 英語長文』です。各レベルごとに良問が10問収録されているこの問題集の特徴は解説が丁寧であるという点。多くの問題集が語彙や文法構造の説明、全訳を掲載して解説としてるのに対し、この問題集は読解のプロセスが丁寧に解説されています。
慣れを獲得する為に、たくさんの長文に挑戦する前にしっかりとあなたの読解の実力を確認する為に、この『全レベル別問題集 英語長文』に取り組むことをオススメします。

参考書名
大学入試 全レベル問題集 英語長文 5私大最難関レヘ゛ル(CD付)
著者
三浦 淳一
ページ
216ページ
出版社
旺文社

私大最難関レベルと謳っていますが、割と幅広い難易度の問題が取り揃えてあります。 やておき500〜700くらいの難易度のものが7題、それより難しいものが3題といった感じ。 また、付属のCD音声で復習する事が出来るので、速読力が必要になる早慶志望の方にはぴったりの問題集です。 9の慶應法の長文だけやけに難しいと思ったのは私だけでしょうか...

レビューをもっと見る

河合塾 やっておきたい英語長文

読解のプロセスを身につけ始めたと感じたあなたは、やっておきたい英語長文』シリーズに挑戦することをオススメします。特にワード数豊富な長文を収録した『やっておきたい英語長文700』と『やっておきたい英語長文1000』をオススメします。英文の難易度はGMARCHレベルから早慶上理レベルですので、やや難〜難といえます。

この問題集は和訳問題が特徴的であり、1つ目のオススメポイントでもあります。志望校に和訳問題が出ませんという方にもオススメです。なぜなら、この問題集の和訳問題は文法知識を問うものというよりも、内容理解を確認する意味が大きい和訳問題だからです。

2つ目のオススメポイントが英文の内容。入試頻出テーマの英文が扱われていてTopicとして背景知識の解説も付いている為、この問題集を1冊やっておくと頻出テーマを把握することが可能です。この記事の冒頭でも述べたように、頻出のトピックを抑えておくことは非常に重要です。たくさんの長文を読解していく足がかりとしてこの問題集をオススメします。

参考書名
やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)
著者
杉山 俊一, 塚越 友幸, 山下 博子, 早崎 スザンヌ
ページ
153ページ
出版社
河合出版

わたしは300からコツコツ初めていま700やってます。1日1題ずつ読み、解説も熟読したら模試やセンター過去問での第3問以降は間違うことが多くて5こになりました。 ほんとにやっていくうちに長文の点数上がります

11題くらい終わらせて思ったけど、構文解説が無いのが致命的。そのせいで復習にめちゃくちゃ時間がかかり、効率が悪い。音声も無いし出版されたのも10年以上前だし。最新の英文を読むってのは大事。暇な人はやってもいいけど。 優先すべきは、ハイパートレーニングとかポラリスとかイチから鍛える英語長文などの、構文解説が付いてて、音声が付いてるのがオススメ。白文が付いてるとなお良い。英語長文は復習が命だと思います。個人的にはポラリスがめっちゃ好きです。

来る日も来る日も世界の環境問題ばかりで気が狂いそうです。構文解釈無いし解説の単語も なんでその単語あって この単語ないの みたいなことが多々あります。 CDもないし。なにより受験生これやっておかなきゃ死ぬみたいな風潮が自分に合ってませんでした。チューターに無理矢理やらされなければやってなかったのに。 ただ東大の旅日記の文章だけは面白いので読んでください。

レビューをもっと見る

色々な大学の過去問で徹底的に長文読解演習

私は志望校以外の過去問を演習用に用いてました。結局、問題集は過去に大学入試に出題された英文を掲載する為、志望校以外の過去問を演習用に挑戦することには問題集を解くことと同じ意味があるのです。

しかし赤本での復習は全訳と自分の理解の照らし合わせ、知らなかった語彙や文法知識の確認の2つが中心となりますから、基礎的な読解プロセスを身につけたい方よりも慣れを獲得したい方に向いています。

長文読解に慣れるという観点で優れた過去問をレベル別にご紹介します!

【ステップ1】 センター試験英語 大問5,6
言わずと知れたセンター試験の長文は基本的に平易な単語で綴られている為、知識レベルでつまづくことは少ない。読解初心者が取り組むと良い。

【ステップ2】 青山学院大学、立教大学、関関同立
ターゲット1900やDUOなどの一般的な単語帳のレベルの単語力があれば大部分の単語が理解できるが、良質な内容一致問題が多いので、早慶志望者でも取り組むと良い。

【ステップ3】 慶應、ICU
高度な単語力が要求される。しかしながら細かい文法知識を知っているか、という点よりも本文の論旨をしっかり捉えているか、という点を確認する内容一致問題に重きを置いている為、タテ読みの実力向上にとても効果的な練習問題です。

最後に

この記事では長文読解における慣れの重要性について述べ、慣れという観点から問題集をオススメしました。
わたしは受験生時代、志望校の過去問はもちろんのこと、様々な問題集や志望校以外の赤本、英字新聞の切り抜きまで、時間の許す限りたくさんの英文と触れ合いました。あなたもこの記事で紹介した問題集や過去問の中から自分のレベルにあった英文を見つけて沢山触れ合ってください。
読解に慣れることから他の受験生との差が生まれ、あなたは志望校に合格できると信じています。
諦めず貪欲に、頑張ってくださいね!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    現役で慶應義塾大学法学部政治学科に合格しました。英語と世界史が得意科目なので、その2科目を中心に記事を執筆していきます。

    関連するカテゴリの人気記事

    【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

    【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

    【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

    【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

    【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

    【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に