【早慶対策】おすすめ世界史勉強法&参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

なんとなく世界史選択に決めたあなた。決めたはいいけど参考書も問題集もたくさんあってなにから始めたらいいか分からない!と悩んでいませんか?
特に早慶上智と呼ばれる難関私大では教科書に載っていないような細かい知識まで要求されるのでどうやってそのような知識を身につければいいのか、どこまで覚えればいいのか、分からないことはたくさんあると思います。
私は高2の秋から本格的に世界史の勉強を始めたものの、はじめのうちは世界史の勉強法が分からずとても非効率的な勉強をしていました。
「せっかく勉強をしていてもやり方が良くなかったせいで全然身につかなかった…」なんて悲しいですよね。
この記事ではこれから難関私大の合格を目指して世界史の勉強を始めるあなたに向けて、独学で早慶上智に合格した私が試行錯誤の中で見つけたおすすめの世界史勉強法を紹介します!

1.NGな世界史勉強法は?

まずはじめに効率が悪くておすすめできない、NGな勉強法を紹介します!実はこれらは全て私の経験に基づいています。
これを読んでいるあなたは私の失敗を活かしてより効率的に学習を進めていきましょう!

a.漫画、映画で世界史を勉強する

いきなり教科書を読むのは難しいから漫画や映画を使って勉強しようかな〜なんて、思っていませんか?私はまさにそうでした。
漫画や映画は確かにとっつきやすく世界史に興味を持つきっかけになりますが、時間がかかりすぎてしまいます…。しかしあなたがまだ高2で時間がある場合や息抜きとして読むのであれば良いかもしれません。

b.いきなり一問一答で覚えようとする

これは受験生がよくやってしまう間違った勉強法です。大まかな流れをつかむ前にいきなり一問一答に手を出してもなかなか知識として定着しません。一問一答は先に教科書や講義式の参考書でインプットしてから知識を確認するために使用するようにしましょう。

c.語呂合わせに頼らない

語呂合わせってなんだかかっこ悪いし、邪道な気がする…なんて言っている暇はありません!世界史は性質上、どうしても暗記を避けることはできないです。繰り返し確認するなど地道に覚えていく方法もありますが、やはり語呂合わせを使う方がと早く確実に暗記をすることができます。年号暗記の参考書はもちろん、ネット上には面白くて役に立つ語呂合わせがたくさんあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

2.じゃあ、どんな順序で世界史を勉強していけばいいの?

やはり知りたいのは今から受験直前期までの時期別の勉強内容ですよね。
ここでは高2の冬〜高3の春に世界史の勉強を始めてから直前期まで、どのような勉強をしていけばいいのか a.〜高3の夏 b.秋 c.直前期 の3つの時期に分けて紹介していきます

a.〜高3の夏(〜8月)

予備校や学校の授業のペースに合わせて勉強する人も多いかと思いますが、それだと全ての範囲が終わるのが秋〜冬になってしまいますよね。通史が終わっていない状態では全体像を把握できず、深く学んでいくに当たって重要になる世界史のタテ(年代順)とヨコ(時代別)の関係が理解できにくくなってしまうので、なるべく早い時期に終わらせてしまうことをおすすめします。
ペースははじめは大まかな流れがつかめればいいので、4ヶ月で一周を目安に進めていきましょう。
また、一通り通史が終わったら夏休みの間に志望校の過去問に触れておくことをおすすめします。一口に早慶上智と言っても出題形式や傾向は様々。あらかじめ自分の志望校の出題の特色や難易度を把握しておくと無駄な勉強を減らせます。

【まとめ】早い時期に通史を終わらせて、過去問に触れておく。

b高3秋(9月〜11月)

この時期には沢山の問題を解き一度学んだ知識を確認していきましょう。問題を解いていく中で自分の知識があやふやだと感じた範囲があればその都度復習し一つずつ苦手を潰していくことが大切です!
また、世界史はいろいろな切り口から見ていくことが重要です。一通り教科書通りの流れを理解したら、国別の通史の確認や同時代に異なる地域で何が起こっていたかなど今までと違った観点から知識を確認してみてください。すると一度目には気づけなかった発見をすることができ、ぐっと世界史の理解が深まるはずです。
さらに、この時期に重要な年号や文化史をきちんと暗記していきましょう。これらの知識は流れとして理解しにくく、さらにどこまで覚えたらいいのか分かりにくいですよね。しかし入試ではこれらの知識がないと解けない問題も多く出題されるため避けて通ることはできません。どんどん語呂合わせを利用して効率よく暗記していきましょう!

【まとめ】沢山問題演習をし、様々な切り口から知識を確認する。年号や文化史も覚える。

c高3冬(12月〜直前期)

この時期はひたすら過去問を解きます。私は12月の初めから1日1年分センター試験の過去問を解きつつ並行して早慶上智の過去問を解くことで、基礎と応用どちらの感覚も鈍らないように注意しました。センター試験の問題はすべて教科書の範囲内から出題されるため、比較的簡単な問題が多いのですがその分重要な問題が多いので取りこぼしがないようにしていきましょう。
また、自分の受験する学部に限らず同レベルの大学・学部の問題も解いてみることも重要です。特に早慶上智は学部間に差があれど、どれもハイレベルな問題なので、難問を解いていく感覚を磨くことができます。
過去問を解いていく中で意識してもらいたいのは「どんな知識を求められているのか」ということです。例えば19世紀のアメリカの作家であるホーソンについての問題を間違えてしまったらついでに19世紀の西洋文化の復習をする、といったようにただその問題で問われた知識を覚えるだけではなく周辺の知識も積極的に確認するようにしましょう。
さらに、間違えた問題をそのままにせずノートに書き残しておくと受験当日まで確認することができるのでおすすめです。

【まとめ】ひたすら過去問を解く。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

3.おすすめの世界史の参考書は?(教材)

だいたいどの時期に何をすればいいかわかってきたと思います。
そこで次に私が実際に使用してみて良かったおすすめの教材を5つ紹介します!

教科書

まずは教科書を読んで通史を覚えていきましょう。私は実教出版の教科書を利用していましたが、使用するのはどの教科書でも大丈夫です。
おすすめは教科書を読んで理解した内容をノートに書き写しながら進めていくという方法です。そうすることでなんとなく読み流してしまうことを防止し、より記憶に残りやすくなります。

参考書名
詳説世界史B 81 世B 304 文部科学省検定済教科書 高等学校 地理歴史科用
著者
木村靖二, 佐藤次高, 岸本美緒
ページ
0ページ
出版社
山川出版社

高校のとき理系のクラスには地理と倫政の授業しか用意されていませんでした。塾に行くお金もなかったので世界史Bをやりたかった私は独学でやるしかありませんでした。 そういうわけで高2のセンター同日模試1ヶ月前から必死にこの教科書をやりました。結果、94点、偏差値は85、文系含め校内1位になりました。(高2なので差がついてこういう偏差値がでました) 1ヶ月これをやりこむだけでここまで来れるなんて素晴らしい教科書です。(物理や化学ではあり得ないことです) この経験は大変なアドバンテージになり、私はその後世界史の勉強をほとんどしませんでしたが、高3で91点、浪人して83点でした。 点数は下がりましたが理系にとって社会の勉強をしなくていいのはものすごく幸せなことでした。(結果的には世界史Bが0点でも合否に影響しなかったけれど) 文系の方でもセンター9割取れない人はそれなりにいると思います。そういう方は一念発起してこの教科書をやり込んでみてはどうでしょうか。

これだったか

暇なとき読んでますがとても楽しいです

レビューをもっと見る

「ナビゲーター世界史」

教科書をそのまま読んで理解するのが難しい人におすすめです。面白いエピソードも盛り込んであり楽しみながら読むことができます。また付録で簡単な練習問題が付いているためこれ一冊でインプットとアウトプットを行うことができます。

参考書名
これならわかる!ナビゲーター世界史B 1 先史~中世ヨーロッパ史の徹底理解
著者
鈴木 敏彦
ページ
236ページ
出版社
山川出版社

4冊とも買って一通り読むだけで、世界史というものへの興味が深まる大変素晴らしい本です。 これのおかげで世界史53点取ることができました。(東大二次じゃなくてセンター)これを買った皆さんも、ぜひ、私のように効率的に使ってください。真面目なことを言うと、読んでるだけじゃ頭に入ってこないので、1つのまとまりをやるたびに、付属のチェックノートで理解しているかチェックしましょう。それしなかったら何の意味もありません。まじで。

タイトルにも書きましたが、全てが網羅されているわけでは無いので教科書、資料集、問題集を併用の上で不足分はドンドン書き足して情報の一元化を図るのが効果的な使い方かと思います。 あと、本書は考えながら読まないとタダの時間の無駄です。 世界史が苦手という方(特に高校1、2年生)は早い時期に本書を使うことで後で苦しむリスクを軽減できるはずです。 オススメでーす。

面白すぎる

レビューをもっと見る

「新世界史頻出年代暗記」

世界史の参考書の中で一番おすすめなものを聞かれたら迷わずこれを選ぶくらいおすすめです!この参考書の優れている点は語呂が五七長で覚えやすい上に同時にその出来事のキーワードを覚えることができる点です。さらに500以上の年号を網羅しておりこれを一冊覚えておけば早慶でも十分対応することができます。(現代史は多少補足する必要があるかもしれません)

参考書名
新世界史 頻出年代暗記
著者
別宮 孝司
価格
810円
ページ
239ページ
出版社
学研教育出版

左ページに語呂合わせ、右ページにその事柄の簡潔な解説、という形なので、並行して、ちょっとした知識も確認できます。 電車とかのすきま時間にちょうどいいと思います!

思い出すためのキッカケを作る気持ちでやるくらいでいいと思います。 強烈に役立つゴロ(ギリシアの制度 財揃え、尖兵遠く 民は減り など)は、得点に直結します。 解説もまとまっているので、軽い気持ちで取り組んでみると楽しいです

年代暗記はこれしかない。 ゴロの中に色々な要素が入っていて素晴らしい。 復興後漢楽勝よ(25年に後漢が洛陽を都に復興)は名作。前漢が長安で後漢が洛陽っていうややこしいところも簡単に覚えられる。 ページ右側の解説も非常に良い、地域別でなく完全に年代別になっているので世界史を完全に俯瞰できます。 とにかくオススメです

レビューをもっと見る

「ヨコから見る世界史」

ある程度通史が頭に入ってから使用しましょう。世紀別にまとめられており、同時代における異なる地域間の交流やその時代の特色などを知ることができます。

参考書名
ヨコから見る世界史 パワーアップ版 (大学受験プライムゼミブックス)
著者
斎藤整
ページ
226ページ
出版社
学研プラス

一通り流れはわかってるけど全体がうまく捉えられてない気がしてて不安だったが、これを読んで頭の中で流れが綺麗に形成されていく感じがある。めっちゃ気持ちいい。 ただ確かに誤字は多い(笑)人名とか平気でミスってるので、そういう意味でも知識の整理用にしか使うべきじゃないと思う。 よーするに分かってる人なら使うべき、でもこれだけで世界史なんとかなる的なもんではない。

タテ同様誤字脱字のオンパレード 校正の林とかいうのの目は節穴か

地域ごとの勉強は必ずしもタテから見る世界史を使わなくても出来ますが、それが頭に全くない状態でヨコを始めると、因果関係が見えにくいので、頭に入ってきにくいです。 ある程度でもいいので、タテもやらないとこの参考書の意味は半減します。

レビューをもっと見る

「詳説世界史論述問題集」

これは論述問題集のため主に国公立向けの内容となっているのですが、自分が深く理解できているのか確認するために利用していました。さらに様々な切り口から世界史を理解することができるようになるためおすすめです。自分の志望校に論述問題が出ない場合は問題を読む→少し考える→解答・解説を読む、を繰り返すだけでも良いでしょう。

参考書名
詳説世界史論述問題集
著者
価格
1,004円
ページ
89ページ
出版社
山川出版社

モンゴル人民共和国の設立の問題など、一橋大学や東大なら必要とする知識ではあるが、京大や阪大程度には要らない知識が多い。教科書以上の内容をバリバリ当たり前のように書いてきます。河合の世界史論述の方が私は好き。

為になります。流れがよくわかるし、解説が詳しい。教科書で得た知識をちゃんと正しく覚えられてるか確認できる。 論述ない人でも世界史受験者はやっといた方がいいと思う。 でもやるならできるだけ早くからやりましょう。論述は一気にガーッとやるのは時間がかかるから、自分の学んだ範囲をこまめに復習がてらやっといた方がいいかなって思います。 解いた問題の範囲は一応教科書読んで確認しとけば世界史の抜けは少なくなると思います。 独学でもできるけどできるだけ先生に見てもらった方がいいです。世界史論述で満点を得られるのは少ないらしいので。

レビューをもっと見る

4.難単語はどうやって、どこまで覚えればいいの?

普通に教科書の単語を覚えただけでは歯が立たないのが早慶の世界史。
教科書に載っていない単語はどこで覚えればいいの?と思いますよね。
そこで難易度順に6つ方法を紹介していきます!

教科書

先程教科書の知識では足りないと言ったばかりですが、やはり重要となるのは基礎知識です!難単語かと思ったら教科書に載っていた、ということもよくあるのでまずは教科書レベルの知識を完璧にしましょう。

実力をつける世界史100題

この問題集には標準的な問題と一緒に応用的な用語が入っているので、無理なく取り組むことができると思います。実際に2017年度の慶應大学法学部の問題でもこれに載っている難単語が出題されるなど、やって損はないです!

参考書名
実力をつける 世界史 100題 [改訂第3版]
著者
Z会出版編集部
ページ
480ページ
出版社
Z会

気に入った点は解説欄の問題の指針とその終わりにある要約のみ 逆に言えばそこしかいいところはない (でもここの欄本当にああ、なるほどなあってわかったつもりでいたのを、見直せられるときがあったからそのためだけに買うのは全然ありです) いや、でもさこれ出ないのばかり おれも一周したけどまじで過去問で出ないからやめとけ、お前ら おれみたいに後悔したくなければ… マーチの人もやってもいいと思います!とか言ってるやつは多分世界史マニアか研究職にもつくのですかねえ。 早稲田1980年〜1990年代くらいに受験した人なら、そりゃ簡単だと思いますが 今の易化しつつある早慶にあえて必要だとは思いません。

基礎のワークと併用してどちらも三周するようにしてます。問題文自体がとても良くまとまっていてこれで流れを抑えています。解説もとても詳しいのでありがたいの極みです。

始めるタイミングが少し早くて途中で飽きたので結局一周はしなかった。これやれるレベルなら過去問解いた方が良いかと。

レビューをもっと見る

山川世界史用語集

山川出版の用語集に記載されている用語を全て覚えていく方法です。この用語集は主要な教科書で使用された用語とその説明をまとめたものなので全て教科書範囲であるといえます。そのため出題者側もこの用語集を基準に問題を作成していると言われており、頻度1まで覚えると大抵の問題を解くことができるのでここを目安にするがおすすめです。余裕がある人は用語の説明文まで覚えるのも良いでしょう。

参考書名
世界史用語集
著者
ページ
398ページ
出版社
山川出版社

東進の一問一答やるより、自分の普段使っている教材にこの用語集を併用した方が絶対良い。一問一答やっても結局はカバーできないところあるし、それなら用語集の用語説明のところで過去問やって聞かれそうなタイプの知識を随時チェックし記憶していくのがベスト。一問一答は赤シートで隠すと隠れるところが多すぎてもはや何かわからない。

慶應法学部にうかりたい方、5週はしましょう

「アレ?この事件の詳細なんだっけか?」 これは赤本を解いているとよく頭に浮かんでくる魔法の言葉です。 通史してある程度の流れを抑え、 次はしっかり出来事の点をインプットしているそこのアナタ! 点で覚えて行くと即効性はありますがちょっと捻られると迷宮入りです。 そこで用語集を使い、どうして起こったのか。という流れを覚えましょう。 要するに背景知識は大事ですよ。

レビューをもっと見る

過去問

過去問で出題された知識をすべて覚えていく方法です。特に早慶上智は同じ用語が問われることが多いため、一度使用された単語は多少難易度が高くても覚えておくと役に立つかもしれません。しかし難問よりもレベルの高い悪問・奇問が出題されることもあるため、赤本の解説等を読んで不必要な知識であると判断される場合は捨ててしまいましょう。

参考書名
慶應義塾大学(法学部) (2018年版大学入試シリーズ)
著者
ページ
560ページ
出版社
教学社

資料集

世界史資料集に記載されている知識を全て(年表等巻末付録を除く)網羅するという方法です。これは一見膨大であるように思えますが重要ポイントがわかりやすくまとめられており、おすすめです。特に文化史を覚える際の範囲の目安にするといいと思います!また載っている写真はどれも重要なものなので繰り返し見て覚えてしまいましょう。おすすめの資料集は「グローバルワイド」で、早慶を狙うにあたって全部覚えても無駄のない知識量となっています。コラムも役に立つので息抜きに眺めてみるのもいいかもしれません。

東進一問一答

これは人気の教材で私の友達もよく使用していましたが、かなり細かい知識まで載っています。これをいきなり使って通史を勉強しようとするのはやめましょう。私は直前期にこれに載っている自分の知らない単語を全てピックアップして覚えようとしましたが出題頻度が極めて低いものも多く、省略しても構わないように思いました。

参考書名
世界史B一問一答 完全版 2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
斎藤 整
ページ
493ページ
出版社
ナガセ

ゴミです、非効率です 内容は濃くて楽しいですが受験教材としてゴミです、無用の長物としか言いようがありません 一番大事な「効率性」、つまり楽して受かるというのをこの本は忘れてます 周回するのにも時間がかかる、要らない単語が多い、世界史全体の流れが掴みにくいデメリットの塊です 今からこれを買うという方は、山川一問一答を強くおすすめします 山川教科書と対応しているのでマクロの知識を教科書でミクロの知識を一問一答で身に付けることができます 自分はこれで慶應文学部商学部で9割以上、経済学部のマーク部分でも9割取ることができました まだ受かってないので何も言えませんが、世界史だけは9割取れたので言う資格があると思ってます 余談ですが 用語集を丸暗記しようとかいうのもやめてください 用語集は調べるものであって覚えるものではありません 実力をつける世界史100題もやってはいけませんよ、筆者は手を出してしまい、時間を無駄にしました 「早慶志望ならこれ」と思って買う人がいますけど、以上のことからそれは大きな間違いです 努力をしていても、ひとつひとつの間違った選択が不合格を生んでしまいます、効率性を追求すれば大して努力をしなくても受かってしまうのが受験です、受験生という時間、体力と集中力が限られたなかで常に最短ルートを歩まねばなりません、どうか皆様には間違った選択をせずに良い結果が残ることを祈っております

この参考書はやりこむにはかなりの時間を要する。やりこめればかなりの効果が期待できるが、やり込めない場合時間の無駄となるのが顕著な問題集である。おそらく、Z会の世界史100題をとくのと同じぐらいリスキーなことだと言っておく。ただ、本書のレベル別になっているという特徴を生かして星3星2レベルを覚えることを目標にどんどんやっていき、すぐに答えられなかった問題にマークをつけて二周目以降マークがついた問題だけ復習していけばかなり効率的に進められる。 あくまでこの本は用語暗記の本である。東大京大一橋などなど難関大でかつ論述が大切な大学においては世界史の流れの把握の方が大切である。流れの把握には過去問の解答を教科書をよんでつくるというのがおすすめである。そして、教科書だけで解答をつくったのちにこの一問一答の中で使えそうなものを抜き出して書き加えると良い。知識の定着も同時にできる。受験世界史は様々な視点でみることを求めてくる。知識の有機的な連結によって体系化していく。(分かりやすく言えばつながりを覚えるということ!)そのためには自分の志望大学の過去問だけでなく他の大学の過去問を解くことも意味がある。 あとは京大志望の方にのみ言いたいことであるが、京大は過去問と類似問題は出ない。であるから過去問研究は過去にどのような論述が出たのかを軽く確認するだけにしておき、できれば他の大学(東大一橋筑波など...)の問題の中から京大に出そうな分野や形式のものを解いていくと良い。あとは予備校の過去問も使えるであろう。問題演習の際は解答をわざわざ全て書くことは必要ない。自分で解答のエッセンスのメモ書きを作成するのみで良い。そして、その知識を教科書や本問題集で確認する。その作業の繰り返しをしていくと世界史の見方を理解できる。書き足りないがとりあえずこのぐらいにしておこう。 問題集などはどんなものであれ使い方次第である。自分なりのやり方を模索してみよう。

早慶志望で世界史重視なら、この本をやるか用語集を暗記が鉄板ですが、こちらの方が取り組みやすいです。 センターでしか世界史を使わない人にはオーバーワークなので別の参考書(スピマスや時代と流れで〜など)にした方が良いです。 この一問一答は大好きで何周したか分かりませんが、よくないところも多々あります。 まず、間違いが多い。単なる誤字脱字から年号間違いなどの致命的なミスまで、最新版でもかなり間違いが多いので、ある程度世界史に自信がないとそれらを見つけられずに誤った情報を覚えてしまうかもしれません。 次に、明らかに覚える必要のないものも少なくない。ポカホンタスなんて絶対試験に出てこないですよね。 あと、製本(糊付け)がかなり雑。東進一問一答の他の教科のもそうですが、どんなに丁寧に読んでいてもページがバラけそうになります。友達のやつも何冊も見たことがありますが皆そうです。

レビューをもっと見る

最後に

早慶上智の世界史は難しいけれど、正しい方法で勉強をすれば確実に解けるようになります。
まずは通史から始めて問題演習、過去問と進めていき、できる範囲で難単語も覚えていきましょう。
この記事を読んだあなたが志望校に合格できることを祈っています。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    慶応大学に合格しました。趣味は旅行です!

    関連するカテゴリの人気記事

    【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介&4つの勉強ポイント!

    【世界史勉強法】受験に勝つ超効率的な勉強法&おすすめ参考書一覧!

    【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

    覚えられないのには理由がある!効率的&確実な世界史の覚え方

    【世界史 参考書】激選7冊!世界史おすすめの参考書・問題集

    世界史論述問題の対策はいつから?必見勉強法と参考書・問題集も紹介!

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に