【大学受験英語】英単語の覚え方!オススメの英単語帳・アプリ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

英単語が全然覚えられない・・・

そんな悩みを持つあなたでも、英単語帳の取り組み方やアプリを利用するなどの工夫次第で簡単に英単語を覚えることができます!
英単語を覚えることは大学受験の英語勉強において初めの一歩であり、試験当日まで貪欲に続けなければならないことです。

この記事では、そんな大学受験英語の鍵を握る「効率的な英単語の覚え方」とおすすめの教材をご紹介します。

効率的に英単語を覚える勉強法

エビングハウスの忘却曲線という言葉を耳にしたことがある人は少なくないでしょう。みなさんが英単語をたくさん覚えようとしてうまくいかないのは、人間がそもそも忘れる生き物だからです。
それだけに、普段生活する上であまり使わない英単語を記憶に定着させるには工夫が必要です。

みなさんはどうやって英単語を覚えていますか?

この章では、みなさんがやってしまいがちなNG勉強法を取り上げつつ、効率的な勉強法をご紹介します。

【NG】 長時間集中 ⇨「頻繁に確認!」

私はよく机に座って何時間も英単語帳を見ている人を目にしますが、この長時間集中する単語勉強法は非効率的です。
単語勉強はなるべく1日の中で分散して行ってください。

人間の中期記憶は忘却されていきますから、記憶の定着には繰り返しの復習が欠かせません。(これはみなさんが小学生の頃から復習の重要性を説かれている通りですが)
では、繰り返しが効果的であることを考えると

①ある量の単語を1時間覚える

②ある量の単語を10分かけて覚えることを6日間行う

両者のどちらが賢い60分の使い方でしょうか?

私は受験生時代、通学電車や休み時間、各科目の勉強時間の合間などの時間を最大限活用して、頻繁に英単語帳を見ることを心がけていました。
みなさんも「頻繁に」という点を心がけてみてください。

【NG】 静かに単語帳を眺める⇨「書いて・言って・見て・聞いて」

私は静かに単語帳を眺めてる人もよく目にしますが、この勉強法も非常にもったいないと感じています。

英単語は文字を書きながら実際に声に出して読むことで、視覚、聴覚の五感を使うことになりますし、スペルや発音まで確認することができます。

受験生であれば誰もが受けるセンター試験の英語には発音アクセント問題やリスニング問題が出題されます。すなわち英単語の音を知っていることが求められるのです。
国公立や慶應義塾大、青山学院大など多くの人気校では英作文が出題されます。すなわちスペルを覚えていることが求められています。

大学受験において、「わかったつもり」という状態がもっとも危険です。英単語を覚える段階からセンター試験や志望校が求めている力をつけるために、書いて・言って。見て・聞きながら単語を覚えましょう。

公共に場所などで、もし声に出せない場合でも、普段から発音やアクセントに配慮しながら単語帳を見ている人は頭の中で確認出来る様になります。
私は受験生時代、満員電車でも周りの方々の迷惑にならないようにできる限り小声で発音やアクセントも確認していました。
 
書くことや声に出すことはアウトプットです、インプットとアウトプットを同時に行うことより効率的に英単語を覚えることができます。

おすすめの英単語帳・アプリ

ターゲット1900

私がおすすめする英単語帳はターゲット1900です。

特徴としては
①1つの英単語に対して中心的な1つに意味をまず覚える一語一義主義

②英単語に加えて、入試頻出の重要用法が強調されている

③1900個の単語が3つのレベル別にまとまっている
の3点
センター試験レベルであれば〜800
MARCHレベルであれば〜1500
早慶上智レベルであれば〜1900まで網羅すれば最低限の単語力は身につきます!

参考書名
英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

あぶらやま大学とねこの額はエキセントリックです。

英単語参考書として定番中の定番。 アプリの他に単語カードや問題集も充実している。 しかし収録語や語義にはかなりクセがある。 例えば、難しいと評判の鉄壁と比べてみても、本書しか掲載されていない難語が、basin,cavity,hollow,lawsuit,superfluous,warfareなどざっと50語以上ある。反対にall,each,bothといった中学基本語がひねりもないそのままの意味で掲載されている。 basin (洗面器)は、本当に大学入試で出るのか不思議でならないし、他の単語集でもまず見かけない。「攻めている」と評判のStock4500だけは掲載されていたが、こちらの語義は「盆地」である。出題されるとしてもこちらの意味だろう。 ・・・・・ ここまでは、5訂版を使ってのレビューだが、6訂版を見ると掲載語が約250語入れ替わった。ちなみにシス単や鉄壁の改訂では100語程度しか変化がない。穿った見方をすれば、5訂版の内の250語はその後の入試でほとんど出題されず、そのために6訂版で削られたとも言える。 6訂版掲載語には、contagious,dementia,entrepreneur,placeboといった今後のトレンドとなりそうな語もあるが、errand,hay,numb,shunのように次の7訂版で削除されそうな匂いがプンプンする語も多い。 最終章の難語400語はこの手の単語が多いので、最初の1500語だけに絞って取り組むのも、アリといえばアリ。 ちなみにbasin は「流域、盆地、海盆。洗面器[台]」と大幅に語義を増やして掲載され続けている。よほど筆者にとって思い入れのある単語のようだ。 逆にreceptionのように、5訂版では「歓迎会、受付」と普通に収録されていたのに、6訂版では「反応、宴会、受付、受信(状態)」と迷走しているものもある。crudeが「天然の」ではなく「大まかな」になってしまったのをみると、悲しみすら感じる。 ・・・・・ また、例文が意外と難しいのもマイナスポイント。本書にも掲載されていない難語が往々にして含まれている。 ただし、連携しているアプリの出来だけは絶賛できる。網羅型の単語集やアプリが好きな人には、デメリットに目をつぶって、本書がお薦めとなることもあるだろう。

※今は6訂版しか売っていないと思います。 学校で配られたのでずっと使っていましたが、これやっとけば間違いないと思います。 Ankiというアプリでターゲットを学習できるのですが、本当に超効率的に学習できるので本当にオススメです。逆にターゲットの公式アプリは良くないです。 訳は赤文字だけじゃなくて全部覚えたほうが良いと思います。 評判の悪い?表紙の犬ですが、私は可愛いと思います!!

レビューをもっと見る

しかし私が本当におすすめする理由は、連携して使える無料アプリ「ターゲットの友」が非常に優れているからです。

【アプリ】ターゲットの友 公式サイト

このアプリの主な機能は2つ

①英語音声チェック

②一問一答の英単語クイズ

発音記号が難解でなかなか正しい発音がわからないという人でも英語音声チェックを利用することで、簡単に耳から英単語を覚えることが可能になります。
きっとリスニングや発音アクセント問題が得意科目に変わるはずです。

英単語クイズではゲーム感覚で英単語の定着を確認することができます。

私は隙間時間などにこの「ターゲットの友」を愛用していました。

最後に

現在、たくさんの優れた単語帳が出版されています。私がご紹介したもの以外でも、あなたが愛用するものがあればそれを使っていただいて構いません。
重要なポイントは1冊を繰り返しやり込むこと。俗に言う「何周もする」と言うことです。多くの受験生は不安に突き動かされされたりして、たくさんの教材に手を出してしまいがちです。その結果どれも中途半端になってしまいます。

「書いて・言って・見て・聞いて」、様々な工夫をして繰り返し、そして頻繁に英単語に触れてください。

初めの一歩であり、本番の直前まで貪欲に努力しなければならない英単語勉強においてこそ
継続は力なり
と言うことができると思います。最後まで頑張ってください!

この記事を書いた人
    現役で慶應義塾大学法学部政治学科に合格しました。英語と世界史が得意科目なので、その2科目を中心に記事を執筆していきます。

    関連するカテゴリの人気記事

    最強の英単語の覚え方!5つのコツとおすすめの単語帳&アプリ

    【大学受験英語】英単語の覚え方!オススメの英単語帳・アプリ

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に