【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

この記事を開いたあなた!
もしかして、東大英語の対策に困っていませんか??

東京大学の英語は、問題量に対して制限時間が少ないこと、設問パターンが豊富なことから対策をしていないと、なかなか高得点は見込めません。
英語は東大の受験対策を考える上で最優先教科です。
文系・理系共に英語は合否に関わる重要な科目であるため、周りの受験生に差を付けられないようしっかりと対策をする必要があります。

ここでは、東大英語の設問別の出題傾向と対策法、時間配分、おすすめの参考書等について現役東大1年の私が詳しくお伝えしていきます。本番で80点以上取りたい受験生は必見です!
東大英語の勉強法で悩んでいる受験生!
今すぐ対策を始めてみましょう!

東大英語の配点と目標点

先に簡単に東大英語の試験情報をお伝えしたいと思います。
これを頭に入れた上で、具体的な東大英語の対策に進みましょう。

配点と出題形式

東大英語の試験は制限時間が120分の120点満点で行われます。
出題形式はSpeakingを除くReading, Listening, Writingの3技能を意識した設問となっています。
リスニングの試験は試験開始45分後に約30分間行われます。

大問は全部で5つです。
詳しい出題形式は下で紹介しています。
年度によって多少の細かい変更はありますが、基本的にこの構成は何年も続いているのでこれを頭に入れてください!

詳しいデータが公表されていないため正確な配点は分かりませんが、予備校の模試などを参考に考えるとおおよそ、Readingが60点、Listeningが30点、Writingが30点です。
正確な配点が分からない以上、あまり細かな配点に拘る必要はありません。
過去問を解く際も正確な配点でなくていいので、おおまかな点数を出すように心がけましょう!

合格者平均点と目標点は何点?

細かな配点は気にせず、大体の点数で良いと言いましたが、何点取れば合格点なのでしょうか?

東大に入学してすぐの英語の授業では、入試の成績によってクラス編成がなされます。
それを見ると、合格者の上位1割ラインが90点前後。上位4割ラインが75点前後です。
合格者平均点は70~75でしょう。
なので、英語が得意な人は80~90以上。平均的な人は70点台後半、苦手な人の場合は低くとも文系が70点、理系が65点を目標にするといいでしょう。

ここでは、英語に関して合格点とも言える80点以上を目指すための勉強法に絞って書いていきます。

東大英語の時間配分と設問別対策

時間に余裕を持つ時間配分とは?

東大英語の特徴として制限時間が短いことが挙げられます。受験生の多くが時間の少なさに悩んでいると思います。
実際、私も時間が足りなくて点数に伸び悩む時期がありました。
ただし、過度に問題を解き切ることに意識が傾くと、今度は、正答率が下がってしまいます。

そこで時間不足を少しでも解消するには

①シンプルに英語力を高めて読むスピードを上げる
②解く順番や時間配分を工夫する

という二つの方法があると思います。
前者は、後々の対策法を参考にすることで可能です!
ここでは、即効性のある時間配分と解く順番について私のやり方をご紹介します!

これが私の受験時の時間配分でした。この時間で解く事が出来れば、かなり点数は安定してくるはずです。
意識してみましょう。

次に問題を解く順番です。
私の場合は、

英作文→要約→和訳→リスニング→(和訳)→長文読解→段落整序→文法→見直し

でした。
英作文から解き始める人は珍しいと思いますが、試験が始まって緊張した中で、すぐに英文を読み始めると頭に入ってこない時があったので、先に英作文から解いていました。
東大英語の解答用紙は英作文の面積が大きいので、英作文を先に終えると心理的な安心感も生まれます。
ですが、これは私の好みなので自分でやりやすい方法を身に付けましょう。

ただ、リスニングが途中で入るので中断して困る長文読解などではなく、文法や和文英訳をリスニングの直前に解くようにしましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

設問別の東大英語の対策と出題形式

要約編

大問1のAは要約問題です。
要約問題は300字程度の英文を読んで100字程度でまとめます(2017年度は70〜80字)
英文の内容が抽象的な年もあり、指定字数内で上手くまとめることのは至難の業です。

この問題で大事なのは、解答ポイント(=メインの主張)を素早く見つけて解答に反映させることです。
読み進める中で、文章の構成に気を付けると良いでしょう。東大の要約問題で多いのが「二項対立」です。
二項対立の文章が出題された時は、どちらがメインの主張なのかを見抜きましょう。もう片方の主張・意見は、メインの主張を強調するために引き合いに出されている場合がほとんどです。それを見抜けたら後は解答にそれを反映させるだけです。

この東大の要約問題は数十年続いている形式なので、過去問がたくさんあります。
過去問を解く中で色んなバリエーションの英文の型に触れてください。
そしてもう一つ、頭で理解できていても、瞬時に指定字数内で文字に起すのは多少の訓練が必要となります。
問題を解く際は必ず時間は測って手を動かすことを心がけてください。

欠文補充/段落整序編

大問2のBは欠文補充か段落整序です。いずれにせよ文脈を元に選択肢を吟味していくことに変わりはありません。
英語で現代文の問題を解くイメージです。
解き方のコツとしては、代名詞・指示詞・冠詞に着目しましょう。
これらは問題を解く上で大きなヒントとなり得ます。
特に段落の冒頭で指示詞やtheが使われている場合は直前の段落末で指示内容が明示されている場合があります。さらに人の名前が出てきた時には固有名詞を含む段落が先、その人称代名詞を含む段落が後と分かります。
文章の内容を追うのは勿論ですが、このような様々なヒントを頼りに素早く解いていきましょう。

特化した問題集は無いのでやはり過去問を使って練習しましょう。

英作文編

大問3は英作文です。
東大英語の英作文は2題で、いずれも50~60語の自由英作文となっています。
題材は、意見を述べる問題から絵、グラフ、ことわざの説明、英文の要約まで様々な問題が出題されています。
その場で考えるテーマが多く、テンプレートの丸暗記はあまり効果を持たないでしょう。
そのため、どんなテーマに対しても自分の考えをスムーズに伝えられる力を日頃からつけることが大事です。

時間制限が短く構成を考える時間はほぼないので、日頃から書きまくって叩き込みましょう。構成のテンプレ程度は準備しておいてもいいでしょう。
例えば私の場合、
In my opinion, 主張 for the following reasons.
Firstly, ~~
Secondly~
(In conclusion~~)

という感じで書いていました。

そして、書きまくった英作文は、必ず添削を受けましょう。
東大の英作文の採点はネイティヴの先生が行っているという噂があるので、ネイティヴの方に添削を頼むのがベストです。
難しい表現を無理に使う必要はないので、自分の使える表現で素早く書いていくことが大切です。

リスニング編

東大のリスニングは大問が3つで設問が各5問ずつあります(全てマーク)。 おそらく30点分の配点があると考えられます。全体の1/4ですね。 これは対策しないわけにはいきません。
講義を聞いて内容理解を問う問題なので、設問としてはシンプルです。2回流れるため取り組みやすく、聞き取れれば問題は簡単に解けます。
そのため、リスニングは東大英語の中でも稼ぎどころと言われています。 ここは3問ミス以内で乗り切りましょう。

東大リスニングでは、 先読みが必須です。先に設問を見ておくだけで内容が予想できたり注意して聞くポイントも分かります。
先読みは5分あれば終わるので、リスニング開始5分前にスタートしましょう。

対策としては、リスニングを毎日継続して行うことです。これに尽きます! リスニング対策は面倒になりがちですが、電車の行き帰りの時間などをうまく活用してみてください。
東大志望の多くは、キムタツの東大リスニングという参考書を使っています。これに加えて過去問と余裕のある人はTED TalksやCNNなどを聞いています。
私は夏頃からリスニング対策を始めましたが、聞いて音読のサイクルをこなしているだけで、秋以降、聞こえる単語が確実に増えて成長を感じました。
リスニングは、しっかりやれば確実に力になる分野なので頑張りましょう!

和文英訳編

和文英訳には、東大を目指す受験生にとってはそこまで複雑な文構造は含まれていません。
しかし、いざ日本語に訳すとなると上手く訳せなくてもどかしくなる、そんな問題です。
大事なのは英文の中での文脈を考えることです。単語も直訳するのではなく、文脈を考えた訳を当てる必要があります。
文脈を踏まえた解答であることをしっかりアピールすることで周りの受験生に差を付けられます。

文脈や文構造を大きく外さないように基本的な和訳を完璧にした後、過去問を使って訳し辛さを体感してください。
和訳は点の稼ぎどころのため、8割以上を狙いましょう!

文法編

文法問題は不要語削除や語句整序です。
時間があれば解けるけれど、短時間で全問正解するとなると難しい問題が多いです。

ここは、5問中3問正解を狙うといいでしょう。
内容的にはそこまで難しい文法事項は問われません。基本的な文法を完璧にした後は過去問で引っ掛けパターンに慣れてください。

長文読解編

大問5は長文読解問題です。これは論説系というよりは随筆・小説など文学的な題材がよく使われています。
設問は空所補充、内容理解、心情理解などがあり、記述問題もあります。
東大の小説は、なかなか手強いので苦手な人はまず5割を目標にしてみましょう。

東大英語の長文読解対策で大事なのは、会話表現などカジュアルな表現に慣れることです。
過去問だけではなく、簡単な洋書などに手を出してみるのもいいでしょう。

studyplusでは東大志望者の勉強時間・人気教材などあらゆる受験情報がゲットできます。
気になる人はぜひチェックしてみてください。

国立 / 東京都 千葉県

おすすめの参考書と問題集一覧

東大英語の時間配分と設問別対策について詳しくお伝えしてきました。
ここでは、東大英語に対応するためのおすすめの参考書と問題集をご紹介していきます。
何をしたらいいか分からないで悩んでいるあなた!ぜひ参考にしてみてください。

鉄緑会東大英単語熟語鉄壁

通称「鉄壁」は多くの東大受験生が使用している単語帳です。
見た目は少し厳ついですが、実は単語レベルはそこまで高くなく、1語1語がとても詳しく解説されています。
特に語源の解説や単語のイラストは秀逸で覚える際に記憶のフックとなってくれます。
東大英語の単語対策はこの一冊で十分とも言えるでしょう。

参考書名
鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

高3です。 シス単を章ごとに何周もしながら全体をやり終えて、英単語で後悔したくないと思い購入しました。 1単語ごとの説明や派生語の説明が丁寧なので、良い復習になっています。 1日2セクションずつやっていますが、1時間くらいかかります。ほとんど復習のようにして進めていてもそれぐらいかかるので、この単語帳からすべての単語を覚えようとするとかなり時間がかかってしまうと思います。またとても分厚いのでこれで単語を1から覚えようとすると確実に挫折すると思います。 シス単やターゲットの方が薄くて続けやすいと思うので、現在高3でまだ単語の基礎が固まってないという人はそちらを優先し、この本は避けた方がいいと思います。

まずこの単語帳の著作元が鉄緑会ということもあり、コスパ(?)としても参考書としても優れていると感じます。なので、とにかくたくさんの量をこなすというよりかは、要領良くそこそこ収録されている英単語を憶えていくといったほうが近いと思われます。だとしても、そもそもの収録語数が多くページもかなりあるので、もしやるなら高1の後半か高2の前半から始めていくと余裕をもって憶えていけるように思いました。もしくは、それとは別にシス単を(((忘れてください。

高1で購入しました。特に東大を目指してない人でも、やるべきです。 シス単の次に買いました。初学から鉄壁でやってる友人もいました。 個人差はあるものの、5周もしたら見出し語は見ただけで訳が浮かびます。 10周したら語法や熟語、コロケーションも大体頭に入ってます。 なるべく早く取り組むべき。高2夏〜秋までに完成できたらベストだと思います。 もっと単語を覚えたいのなら、「英検パス単準一級」「速読英単語 上級編」「単語王」をおすすめします。 「単語は力なり」です。

レビューをもっと見る

英文要旨要約問題の解法

これは東大英語の要約対策に使える、数少ない参考書兼問題集です。
要約問題に出てくる英文のパターンを分類しそれぞれの取り組み方を詳しく解説してくれています。
英文の文章構成をパターン化することで素早く要旨を見抜くことができるようになります。
また、細かい採点基準が公開されているので、独学で勉強する人も使いやすくなっています。

参考書名
英文要旨要約問題の解法 (駿台受験シリーズ)

文章の要約はパラグラフの最初と最後をまとめればいいと思っていたけど、この参考書を終えたときには要約問題への取り組み方が変わった。特に早稲田国教の要約対策には最適。

解答の日本語訳が嫌いです。僕たちは作家ではないので本番でかかるレベルの解答が欲しかった。あと後半の方はマジで雑すぎてワロタ。 過去問で十分です

私は早稲田国際教養の要約問題のためにやりました‼︎ この本は要約問題の条件ごとに色々と解説してるので、受ける学校の過去問によって幅広い英文要約問題に対応できると思います。 とにかく模範解答の日本語要約が綺麗すぎて始めは驚きますが、繰り返すことで英文を短くしっかりと要素を拾って日本語に要約する力がつきます✏︎

レビューをもっと見る

灘高キムタツの東大英語リスニング

東大のリスニングに特化した参考書、問題集って意外と少ないですよね。
このキムタツの東大英語リスニングは多くの東大受験生が使用していることで有名です。
東大形式の問題がたくさん載っていて演習用に重宝します。
私は夏の模試時点で18/30点しか取れなかったのですが、夏以降これを解いて音読していたら秋では26/30点まで上がりました。
ぜひおすすめしたいです。

参考書名
灘高キムタツの東大英語リスニング (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

選択肢が5問じゃないし、別に内容も良くないし、ネットにリスニング教材は溢れてるし、わざわざ高い金出してやる価値はないです。

遅い。発音が綺麗すぎる。問題文、選択肢がやたら短い。CNNなどの方が聴きにくいので重宝する。ただし、音読、シャドーイングを徹底的にやり使いつぶすことで読む力がつく。3年の初期とかでやりこめればグッド👍

数年前から集積場の生ゴミにたかってくるカラスに困ってたため、対策として購入を決意しました。 この本のCDを吊るしてみたところ、カラスは一切寄り付かなくなり、大変助かりました。

レビューをもっと見る

英文読解の透視図

この参考書は英文解釈のためのもので主に和訳対策です。
先ほどもお伝えした通り東大英語の構文は標準的なレベルなので、この英文読解の透視図を完璧に仕上げれば、文構造の把握には困らないでしょう。
この参考書で英文解釈の力を付けてから過去問を解くとスムーズにいきます。

参考書名
英文読解の透視図

結果から言うと、これをやったら河合記述の総合問題で111/120点取れるレベルになり、偏差値も65周辺から74まで上がりました。駿台偏差値も66くらいまで上がりました 「精読」練習本です(速読とかは直接の目的ではないです)。一定のレベルを越えると読めなくなる原因として、省略だったり倒置だったり、一般の5文型が崩れる事が挙げられる。というところから始まります。まずそれを認識し、前述の読めなくなる原因になりやすい単元ごとに和訳練習をすることができます。自分の訳と見比べて、訳例の上手さに舌を巻くこともしばしばという感じで楽しく取り組めます。 (この本で精読を練習してから、パラグラフリーディングといったテクニックに進むのが良いかと思います。逆に精読が出来ないならテクニック系の参考書をやるべきではないと考えます) 私は文型をとりながら前から訳すタイプだったので非常に相性が良かったです。また名詞や動詞などの各品詞の働きや、文の要素(主語、述語、目的語、補語)の役割を認識していたので、すんなり入れました。そうでない人でも、こういった知識を補ってくれる別冊(付属します)があるので安心して取り組めると思います。 一通りしっかりやることができればかなり訳せるようになると思います。最初に書いた模試の時は、「透視図やってなかったらめっちゃ詰まってただろうな」と思いながら訳してました。訳せた時は超気持ち良かったです。 こういった経験もあってオススメです。レベルは高いですがやる価値ありです。

難しすぎるからしないほうがいいといはれていますがそこまでの難易度ではないかと思います (基礎英文精巧と比べるとはるかに難しいが) やって損はないと思います サイコー

😎「みなさん、要素の移動成句的動詞表現省略倒置挿入強調仮定法仮定法比較級。こんなものさ…あなた方がどう勉強されたか知らないけど覚えとけ後は使うだけ!ウゥンちょっと違うぞと。形で見ろ。ウン えー今後ずーっと年間通して言っていくけれど英文は言葉です。計算じゃない。言葉なんです、表現なんです、言語なんです。英文の中に意味があるんです。言葉が分かってる人はその意味が分かりながら、その意味が見えながら変形つまりそれが読解なんです。本当に分かっている人なら満点、どんなに悪くても9割、それ以外は悪いけどお話にならない。どんな難解な英文も透視図をやればシュンカン」 自分は英語が得意でないのでポレポレから繋ぎ4周くらいしましたが、構造が掴めない分がほぼなくなります これを極めれば後は多読等で長文慣れしていけば読解はアドバンテージが取れるかと思います。早慶以上を目指す人には非常におすすめです。

レビューをもっと見る

東大英語 総講義

東大英語総講義は東大英語の全設問を扱った参考書兼問題集です。
そのためページ数は膨大ですが、予備校講師がここまで詳しく東大英語の解説をしている参考書はあまりないので、傾向と詳しい対策法を知りたい人には超おすすめです。
著者の宮崎先生はネイティブの感覚を大事にした解説に定評があり、東大英語のコンセプトと一致していてとてもタメになると思います。
時間がない人は苦手な設問だけを見るのも良いでしょう。
英語に割ける時間を考慮してこの東大英語総講義を使ってみましょう!

参考書名
東大英語総講義 (東進ブックス)

僕はこの本を知りません。

他のレビュー同様とても本質的だし良い参考書です。かっこいいし。でも、なかなかこれだけで全部いけるかって言われたらきついです。

東進の東大特進コースで東大英語を担当されている、宮崎尊先生の著作です。 『東大英語総講義』と名乗るだけあって、東大英語の全大問について、実際の過去問を並べながら解説してあります。一冊丸ごと、ほぼ東大英語です。 宮崎尊先生は「英語」を「英語」として理解させようとする方針です。すなわち、予備校チックな構文分析はあまり行わず、誤解を恐れずに言えば「フィーリング」で説明しようと試みています。 宮崎尊先生の言葉を借りれば、「英語のカン」というやつですね。 その意味で、本書は基礎徹底のための参考書だと言えるでしょう。 英文の読み方に大部分のページを割いていますので。 ですから、使用するのであれば高2からスタートすることをオススメします。できれば周回したいですね。 東大志望者に限っては、過去問を消費してしまうという点をお忘れなきよう。 大問ごとにバラバラにして配置してありますから、過去問演習の際に「1年セット」で本番同様に解くことは難しくなります。(既知の問題が複数混ざるので。もちろん復習にはなりますが、本番の感覚とは程遠いものになるでしょう) 他大志望者であれば、特に悩むことなく手を出して構わないと思います。 分厚くはありますが、1ヶ月あれば余裕で終わります。論説文や小説の章だけでも十分に役立つでしょう。

レビューをもっと見る

東大の英語25ヵ年/東大の英語リスニング15ヵ年

東大英語の対策をする上で最も大事なことは過去問を解くことです。
東京大学の英語はとてもよく作り込まれた良問です。その良問を使わずに残しておくのは勿体無いの一言です。
直近5~10年をセット用に、それより前のものは設問別に解くというやり方が良いと思います。
25ヵ年はすべて解き切ることをおすすめします!

一方でリスニングはたくさん解いても伸び代が少ないことが多いので、安定している人は5~10年解けば十分だと思います。

参考書名
東大の英語25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)

非常に易しいレベルで、一度原点に戻り基礎からやり直したいという方にオススメです。 実践形式で、アルファベットから、小学校3年生レベルまでの英単語が大きくてわかりやすい絵とともに掲載されています。 また付録CDには、「お父さん・お母さんと一緒に遊んで学ぼう!ENJOY ENGLISH!!」という体験型の英語曲が収録されており、非常にわかりやすいのでとてもオススメします。

レビューをもっと見る
参考書名
東大の英語リスニング15カ年[第5版] (難関校過去問シリーズ)

日本語訳が横に書いてあり使いやすい。 20ヵ年より薄く持ち運びやすい。 音声ですが少し遅いみたいです。 リスニング対策ならキムタツよりこちらかもしれません

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

【東大合格勉強法】現役東大生の考える東大受験に必要な勉強時間・計画まとめ

【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大数学】めざせ満点!東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

【東大国語】おすすめの対策法や参考書!現代文と古文それぞれ解説!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に