【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

大学受験英語の勉強法や参考書に関する情報は沢山あり過ぎて、正直どれを信じたら良いのかわからないですよね...。この記事では、私が実際に英語の偏差値40から70まで上げ、早慶・MARCHに全勝合格した大学受験英語の勉強法と、実際に使用した参考書を偏差値別に、実際の体験を交えて紹介します。

英語の偏差値38から受験勉強をスタートした私は、偏差値40から偏差値70までの、偏差値別の勉強法を熟知しています。私の場合、偏差値が40を切るような段階で偏差値を伸ばせずに苦労したので、今回は英語が苦手な人が偏差値70に到達するまで具体的な勉強法を、参考書ベースで丁寧にお伝えしたいと思います。

この記事では、偏差値40から偏差値70までのそれぞれの学力に合わせた勉強法を提案します。偏差値40から偏差値70まで、つまり大東亜帝国から早慶上智・旧帝大まで通用する英語の勉強法を、是非あなたの参考にしてみてくださいね!

この記事を読んで英語の偏差値70を実現し、志望校の合格を手に入れましょう!

偏差値40未満の人の参考書別英語勉強法

これから英語の勉強をはじめようとしている偏差値40以下の「英語初心者」のあなた。取り組むべき勉強の種類の多さに戸惑ってはいませんか?英単語、英熟語、英文法、英文解釈、英語長文と、一口に「英語」といってもやるべきことは山ほどあります。また、英語の参考書や問題集もたくさんありますよね?どれから、いつから手を付けていいかわからないという体験をしていませんか? 「まずは英単語と英文法から初めて、英語長文も解かなくちゃ…。英作文も対策をして、センター英語の過去問もやらないと…」と思っているあなた。ハッキリ言いますが、偏差値40を切っているあなたが取り組むべきはたった1つ、 「英単語」の勉強 これだけです!

英単語勉強法

英語偏差値40に到達していないあなたは、まずは英単語の勉強を徹底しましょう!

英単語力がなければ、英文法の勉強も、英文解釈(長文読解に必要です)の勉強も、英語長文の読解も効率的に進めることが難しくなります。断言しますが、英単語力が低い状態では、センター英語試験や私立大学の一般入試の長文問題に全く太刀打ちできません。英語長文を読むための必要最低限の語彙力のないあなたは、英語の試験において「頭を使う」ことすらできないのです。なぜなら、英文中に知っている単語が少なすぎて内容と設問そのものを正確に理解することができないからです。

模試を受けている時に、「わからなすぎて時間が余る」なんて体験をしたことはありませんか?私はありました。
なぜなら、長文問題の内容も設問も、「単語力」の不足により何一つ理解できなかったからです!そのため、いつも選択肢を「適当に」「勘で」選んで30分ほどでテストを終えていました(わからなさすぎて問題に太刀打ちできないので、逆に試験時間を持て余していました…)。

この体験から学んだことは、「英単語力」は英語学習の「土台」であるということです。英単語力がなくては、問題に正答することはもちろん、「効率良く学ぶ」ことさえもできないのですね。

英語偏差値40を下回っているあなたは、中学レベルの英単語から復習しましょう!
「中学レベルの単語力くらいあるぜ、馬鹿にすんなよ」とお思いのあなた。実際に中学レベルの英単語帳を買って、リストしてあるボキャブラリーの何%を知っているか確認してください。もし90%を超えるようであれば、大学受験用の英単語帳に進みましょう!英文法の参考書や英語長文の参考書など、まだ手を付けるべきではありません。

大切なのは「事実」ベースでの確認です。「できるだろう」ではなく、「できる」を数字で証明してはじめて、次のステージに進みましょう!

【使用参考書1】
「データベース3000基本英単語・熟語」桐原書店編集部 (編集)

この英単語帳か、中学生向けの英単語帳を使用して英語の語彙力の測定をしてみましょう。この段階が90%程度クリアできるようになれば、本格的に大学受験のための英単語帳に入って大丈夫です。

【使用参考書2】
「単語王2202」中澤 一 (著)

MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)や早稲田大学・慶應義塾大学といった難関大学を目指すあなたが、本格的に英単語の学習を行う際に選択するべき英単語の参考書は「単語王2202」です。この英単語帳は、明確に早慶上智合格基準のボキャブラリーを研究して作られたものです。実際にこの単語帳にリストされている単語は量も多く、質も早慶上智レベルにまで対応するものとなっています。また、フラッシュカードも別売りで販売しているため、電車の中や学校の休み時間といった隙間時間に学習するのに最適です。

MARCHを狙うのに、この英単語帳ではレベルが高すぎる(早慶レベルの単語が多い=MARCH基準以上の「無駄な」単語が多い)と考えているあなたにも、わたしはこの単語帳をオススメします。その理由は、早慶上智に合格する実力のある受験生は総じて、余裕をもってMARCHに合格することができるからです。

*わたしも早稲田大学、立教大学、明治大学、学習院大学を受験しましたが、全てに合格することができました。実感として、MARCHの受験はかなり「余裕」で、問題や語彙のレベルも簡単に感じました。

「単語王2202」を使用して単語の勉強をすることのメリットは、「これ一冊で早慶レベルまでの英単語が網羅できる」というものです。つまり、最初からこの単語帳一冊を勉強しておけば、受験の最終シーズンまでこの一冊で対処できるということです。受験期の途中で単語帳をコロコロと変えるのではなく、一冊勉強すれば良いのは「学習の効率」を考えると、重要なメリットなのです(お財布に優しいという利点もあります)。

【英単語の勉強法】
さて、英語偏差値40以下のあなたに、単語学習において守るべきルールを与えます。それは必ず「復習を細かく行う」というルールです。

英語偏差値40に到達していないあなたは、これまで「勉強が苦手」という感覚を抱いてきたのではないでしょうか?
偏差値38だった、高校3年生の時の私は少なくともそう感じていました。しかし今は、「勉強が苦手」という現象は存在しないと私は考えています。なぜなら、偏差値38だった私が、(高校3年生にして5文型も品詞も知りませんでした。前置詞の穴埋め問題は、全て「to」が入るような気がしていました…)英語偏差値70まで上げることができたからです。

人間の脳は本来、非常に「忘れっぽい」という性質を持っています。覚えたことをすぐに忘れてしまうのは、あなたが「勉強が苦手」だからではなく、それが生物として備わった「脳」の自然な機能だからなのです。あなたは勉強したことを「忘れない」ことが成績を上げるために重要なことだと思っていませんか?難関大学の合格に、「忘れない」ことは重要ではありません。むしろどんどん「忘れて」ください。毎日新しいことを勉強するのが大学受験というものです。全てを「忘れない」ことなど不可能です。それができていれば、あなたは今現在勉強に何の悩みを抱えることもなく、英語偏差値70以上どころか、全ての教科で偏差値70以上を実現しているでしょう。

勉強したことの大半は、いつか必ず忘れていきます。だから、「忘れる」ことは成績を上げるうえで問題ではありません。放っておいたら「忘れる」内容を、そのままにしておくこと(復習しないこと)が問題なのです。英語の偏差値を上げるため、勉強したことを「定着させる」ためには、勉強方法を工夫する必要があります。そして、「忘れてもカバーする」勉強の実施のためのルールが、「復習を細かく行う」なのです。

英単語の具体的な勉強方法として、以下の方法を提案します。
単語帳の1つのユニット(通常単語帳はユニット1~50などと区分けされています)を学習したら、次の日は必ず前の日に学習したユニットの勉強を行いましょう。つまり、ユニット1を学習した翌日にはユニット2と1を学習するということです。

このように、前日までの復習を定期的に、反復して行うように学習をスケジュールしましょう。復習がなければ、ヒトの脳は記憶を簡単に喪失してしまいます。また、「1時間の連続した単語学習」よりは「30分の単語学習×2回」の方が定着率が高いです。「繰り返し」と「反復」の2つをキーワードに単語学習を進めましょう。

「忘れる」ことは当たり前のことだと割り切り、「忘れる」を前提条件にしたうえで勉強を行っていくことが、一流大学に合格するだけの学力を身に付けるうえで重要です。単語は「忘れる」ものだと割り切ったうえで、それをどうカバーするかを意識した勉強をしましょう。

【英単語学習の目標=「次のステップ(偏差値40~偏差値50)」に進む目安】
英語初心者=偏差値40以下の方は、「単語王2202」に掲載されているボキャブラリーの7割(1550単語程度)を暗記するまで、次のステップに進むべきではありません。

なぜなら、単語力を盤石にしておくほど、後の文法・英文解釈・英語長文の学習ステージにおいて効率的に学習を進めることができるからです。また、受験の早い段階で「単語を固める」ということは、その後の「単語復習のマネジメント(管理)」に割く時間を最小限にできるということです。逆に、単語学習をズルズルと目標設定なく行えば、文法や長文の学習の成果も思うように出ず、受験直前期になっても単語力がいまいち身に付いていないという悲惨な状況に陥りかねません。

「単語王2202」の70%をまずは完璧にしましょう!

やることはとてもシンプルです。これだけできればあなたは確実に「次」に進む力を身に付けています。これから加速度的に英語の偏差値の上昇を実現するために、土台を固めましょう!

参考書名
データベース3000 基本英単語・熟語 [5th Edition]
著者
桐原書店編集部
ページ
384ページ
出版社
桐原書店

レベルごとに単語が仕分けされており、センター試験で注意しなければいけない単語などが巻末にまとめて記載されており、 熟語も300個ほど載っているので、単語と熟語が同時に学べる点が良いと思いました!

複数の意味を一気に見ることが出来るので、簡単な単語にも意外と知らない意味があったりして面白いし、米英での使用法の違いや、派生単語が示されているものもあるので、1周するだけでもかなりのものを得られると思います。私はこれを完璧にすることから始めてます。

学校でも購入して、3年間使用しました! 簡単な語句から入っているので、使いやすいです! 僕は他の単語帳よりおススメです٩( ᐛ )و

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

偏差値40から偏差値50の人の参考書別英語勉強法

英語偏差値40以下の受験生の課題である、「単語王2202」の70%の暗記を達成したあなたは、偏差値40から偏差値50に到達するはずです。この段階に到達したあなたは、英語の新しい分野を勉強するにふさわしい力を身に付けたと言えます!1つ1つの学習を目標をもって、確実にこなしてきたことは誇ってよいことです。この実践と継続を続けていくことが、学力を上げて志望校に合格するためのキーなのです。

さて、このステージであなたが学習するのは、

学習内容1:英単語
学習内容2:英文法

の2つになります。的を絞った勉強で効率的に力を付け、さらに上のレベルのステージにステップアップしましょう!

英単語勉強法

英語偏差値40から偏差値50のステージに到達したあなたは、引き続き英単語力を固めていきましょう。このステージで行う英単語学習の目的は2つあります。

目的1:学習した70%の英単語の復習と定着
目的2:残り30%の学習

この2つを目的に設定し、「事実」ベースで数字を追求した英単語学習を行いましょう。「単語王2202」が80%以上暗記出来れば、英語長文問題の読み易さが格段に向上します。従って、40以下だった偏差値も劇的に上昇してくるはずです。

【英単語使用参考書】
「単語王2202」中澤 一 (著)

参考書名
単語王2202
著者
中澤 一
ページ
488ページ
出版社
オー・メソッド出版

教科書、センター演習、私大演習 専門用語じゃなければだいたいは載ってます イディオムがあまり掲載されていないので、Next Stageと併用して使っています レベル別になっているのがかなり嬉しいところ

1週目が終了。 派生語とか同類語がまとまってていい感じ。 とりあえずもう一周やるけどたまにやる程度かな。鉄壁買えばよかったって後悔してる思いもある…

フラッシュカードは買いません。

レビューをもっと見る

英文法勉強法

英単語力を増強してきたあなたが、次に取り組むのが「英文法」の学習です。この段階からは、おすすめの英文法の参考書をバンバン使っていきましょう!

英文法は英語の骨のようなもので、文章を構成するルールです。「時制」「受動態」「仮定法」「比較」「分詞構文」「関係代名詞」などといった文法項目を理解することで、英文自体の理解力が向上し、センターの大問2のような文法問題にも対応できるようになります。逆に、英文法の勉強を疎かにすれば、文法単体の問題に満足に答えることができないだけでなく、長文の内容を正確に理解することができないという問題が生じます。英文法の参考書を決めたら、それが完璧になるまで徹底的にやり込みましょう。まずは、英文法の参考書を使って英語の偏差値をバリバリ上げていくための勉強のコツをご紹介しますね。

【英文法の勉強のコツ】
文法学習に本格的に取り組んでいく前に、「インプット(入力)学習」と「アウトプット(出力)学習」の概念を紹介します。これは、私が実際に偏差値が伸びずに困っていた次代に、英語の勉強法に取り入れることで、参考書の吸収率が急上昇した学習理論です。それぞれ、どういう学習かというと、インプット(入力)学習とは、「知識を取り入れる」学習であり、アウトプット(出力)学習とは、「知識の定着を試す」学習を意味します。

具体例を挙げましょう。「仮定法」について学習する際に、「仮定法とは何か」について英文法の参考書や講義を用いて理解したり、「仮定法」で頻出の表現を「暗記」する学習が、インプット学習に該当します。一方で、学習した「仮定法」の理解・知識を英語の参考書や問題集などを使って、実際に理解・暗記できているかを「試す」のがアウトプット学習です。

良い学習=効率の良い・学んだことの定着率の高い学習というのは、このインプットとアウトプットのサイクルが短期間で多く回転している学習です。つまり、「知識を得て、演習で試す」「演習によって漏れていた知識を認識し、もう一度暗記学習に取り組む」といったサイクルを回すことで、学んだことを脳に焼き付けていくことが重要なのです。

頑張って頑張って、長時間英語を勉強しているにも関わらず、偏差値がなかなか上がらない受験生の多くは、「インプット学習」のみを行っている傾向にあります。つまり、知識を暗記する学習はするものの、「何を覚えて、何を忘れているのかを知ること」に取り組まないのです。従って、「現在の学力」が常に曖昧なまま勉強をしていることになります。現在の学力=「自分は何ができて何ができないのか」がわからないのであれば、目標を設定して着実に学力を上げることが難しいのは明らかでしょう。この記事を読んでいる受験生のあなたは、インプット学習とアウトプット学習のサイクルを回し、効率の良い学習を進めましょう!

以下の2冊の参考書を使用して英文法の学習を行いましょう。

【使用参考書1】
「総合英語Forest 7th Edition」石黒 昭博 (監修)

【使用参考書2】
「Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服」 瓜生 豊 (編さん), 篠田 重晃 (編さん)

【英文法の勉強法】
フォレストとネクステージを使って効率よく文法力を身に付ける勉強方法は、一言で言えば「フォレストでインプットし、ネクステージでアウトプットする」です!

「総合英語Forest」は、英文法の全分野を網羅した解説書です。例えば、「受動態」とはどういうものなのか、どのように語形変化するのか、豊富な解説文に例文と和訳などを加えた形で丁寧に説明してあります。文法事項の「理解」学習を進めるうえで、丁寧な解説書はインプット学習の重要な教科書になっています。学校の授業や予備校の講義でインプット学習(文法の理解と知識の入力)を行っている方は、「総合英語Forest」の代わりにそちらを採用しても構いません。大切なのは、アウトプットするだけの質の高いインプット学習をするということです。

学校の授業や予備校の講義、「総合英語Forest」を使用して文法の知識をインプットしたら、次はアウトプット学習を行いましょう。

「Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服」は、英文法の問題集としてメジャーな一冊です。この一冊には、各文法項目の問題が、センターや私立大学の過去問から出題されています。そのため、インプット学習で得た知識を問題演習でアウトプットして理解を確認するのに有効です。また、発音・アクセントや英熟語も問題形式で掲載されているので、センター英語試験に対応するための知識も補うことができます。

【目標=「次のステップ(偏差値50~偏差値60)」に進む目安】
偏差値40~50のあなたは、まだまだ英語学習の初心者です。この段階では、長文問題で碌に点数が取れませんし、取ろうとしなくてよいです。なぜなら、英単語と英文法という基礎が貧弱な状態で、応用分野である英語長文問題に取り組んだところで結果が伴うはずがないからです。

このレベルでは模試で偏差値が出ずに焦るかもしれませんが、所詮模試は模試です。あなたの本番はセンター試験や私立大学の一般入試がある1月中旬以降のはずです。それまでに「志望校に合格する学力」を身に付ければよいのですから、模試の結果は学力の到達度を測る「指標」にはなっても勉強の「軸」として設定すべきではありません。

英語偏差値40から偏差値50のあなたは、

「Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服」で8割の達成

を目標に勉強しましょう。
掲載されている問題の80%に正解できた段階で、本記事の次のステージ「偏差値50~偏差値60」の勉強方法に移行しましょう(文法の学習なので、発音・アクセントを除いた英文法の項目の問題のみで80%と考えて構いません)。

参考書名
Next Stage英文法・語法問題4th edition
著者
ページ
511ページ
出版社
桐原書店

20週目突入していますが、9回連続で間違えた問題がいくつかあります。私はちゃんと理解しないまま次に進んでしまいました。 ネクステはページ数が多いので、こなさなきゃと思いがちですが一つ一つしっかり頭に入れることが大切です。 やらなかった頃よりは文法力、格段に上がりました!オススメです!できるなら二年生の時にたくさんやっとくといいですよ。

まだ2周目ですが、レビュります。 ネクステージは何も英文法を知らない人にとっては、辞書です。笑 僕も2年の時一周したら死にました笑。これは最初にするのはオススメしないと思います。最初は教科書とかを熟読して必要最低限の読める英文法を身につけます。そして、長文に取り組むと、ある程度のレベルまでになってくると頭打ちがきます。当然ですが。ここで英文法を体系的に学習できるのがネクステージで、これ一個あればものすごい面白い世界(例えば自制がわかりみが深かったりする)がどんどん広がっていって行くかもしれません。

ネクステは英語嫌いの人にとってちょっと難しく感じるかもしれませんが、完璧にする事でマーチレベルまではカバーできます。 意味がわからないと感じたらスタディーサプリの関正男先生の授業を見ましょう。 英語がクソほど苦手だった僕が克服できたのは関先生とネクステのおかげです

レビューをもっと見る

偏差値50から偏差値60の人のための参考書別英語勉強法

偏差値50を超えたあなたは、大学受験英語における中級者の域に入ります。この段階で勉強することは以下の4つです。

学習内容1:英単語

学習内容2:英文法

学習内容3:英文構造・英文解釈

学習内容4:音読

学習内容の3と4がこのステージで取り組むべき新しい内容になります。偏差値50から偏差値60というのは、全体的な受験生人口の中で見れば上位に入りつつあるものの、まだまだ基礎に隙の多い段階です。学習内容の1と2の英単語と英文法は、完璧を目指して引き続き学習する必要があります。どちらの内容も、「これまでに使用した参考書を100%完璧にする」ことを目的に学習を継続しましょう。最低でも90%以上の達成率を実現しなければ、残した「隙」が本番の試験であなたの合格・不合格を分ける不安要素になりかねません。

特に、早稲田大学や慶應大学、上智大学や旧帝大といった超一流と呼ばれる大学郡では、試験の1点の差で100名程度不合格になります。これらの人気大学では、まさに「1点が合否を分ける」状況なのです。

英文解釈勉強法

英文解釈は、長文読解の準備として欠かすことのできない学習分野です。英文解釈の勉強では、「英文の構造」を知り、「英文を読んで構造を見抜ける」という状態までリーディングのレベルを上げることが目標になります。ここでご紹介する参考書は、私の英語長文読解の力をぐぐんと上げてくれたものです。おそらく、偏差値で10くらいは上がったのではないかなと考えています。それだけ、英文解釈の参考書で学ぶことは応用力が高く、英語長文に効いてくるんです!

英文構造を把握する力は、英語の文章の構造を把握しながら読み進めていくために必要な能力です。この能力を習得していない受験生は、英文を「返り読み」したり、いちいち「和訳」したりして長文を読んでいるため、膨大な時間をかけて不正確な内容理解しかできません。一方でこの能力が身に付いている受験生は、英文を「返り読み」することも「和訳」することもなく、前からスラスラと読むことができます。実は、多くの受験生が「長文が頭に入ってこない」と感じるのはこの英文構造把握力の不足のためです(英単語力と英文法力があるという前提はありますが)。

センター英語5割を切るような受験生や、6割程度の中堅層の受験生、高偏差値に手が届きかけているセンター英語試験で7割から8割得点できている受験生は、この能力を身に付けることで爆発的に長文問題の読解能力を高めることができます。

【英単語使用参考書1・2】
『基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)』桑原 信淑、 杉野 隆著
『英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)』桑原 信淑、 杉野 隆著

この参考書は英文の構造の100のパターンを例文と解説付きで掲載したもので、基礎編と応用編に分かれています。英文構造把握の能力に自信のあるあなたは基礎編に取り組む必要はありませんが、基本的には基礎と応用の両方を用いた学習を行うことをお勧めします。


【英文解釈の勉強法】
まずは掲載されている例題の全ての文構造のパターンを知り・理解することに努めましょう。一題一題を「理解できた」という実感があれば大丈夫です。そのうえで、例題の全てを「音読」することで全パターンの英文構造を頭に叩き込みます。「知っている」だけで戦えるほど難関大学の長文問題は甘くありません。「知っている」から「使える」「応用できる」まで発展させてはじめて長文問題を有利に進めるレベルに到達するのです。

【目標=「次のステップ(偏差値60~偏差値70)」に進む目安】
『基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)』/『英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)』の2冊に掲載された各文構造の例題100×2を、各題30回~50回音読する。

これが終了すれば偏差値60以上の方のための勉強法を実践する域に到達します。ただ、回数は目安として設定してあるものの、各題の内容を理解していないで読んでいては何の意味もありません。一題一題に取り組む際には、学習の「質の高さ」を意識しましょう。

「音読」は言語の実力を上げるための「最強の勉強法」なのですが、その効果とやり方については次にまとめて紹介していきます!

参考書名
基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
著者
桑原 信淑, 杉野 隆
ページ
228ページ
出版社
ピアソン桐原

英文解釈の王道です。100題もあってやる気なくなると思いますが頑張ってください。ただ代替教材はたくさんあるのに何も考えずにこれに手を出すのはどうかと思います。100題もあって本当に周回できますか???

演習は解いた方が良いのか??

自力で訳してCDを聴きながら30回音読。これだけで読むのがまじではやくなります。僕の受験の英語の勉強は国立の自由英作文の勉強の時以外はシャーペン必要なかったです。

レビューをもっと見る
参考書名
英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
著者
杉野 隆, 桑原 信淑
ページ
230ページ
出版社
ピアソン桐原

これは英文読んでなんとなく意味を掴んで読んでいく人(その人はポレポレ)には合わないですが、SVOCMをガチガチに取りたい人には最適です。 英文は面白いものから意味不明のものまで(長文の一部分を切り取っているので)あります

【メリット】 長文の中で文法の知識をどのように活用すべきかよく分かる。難しすぎず易しすぎない(これが難しすぎると思ったら英語力がない証拠) 【デメリット】 訳が少し雑(意訳しているところが多い)なので、英語がそこまで得意でない人が独学で使うには向かない。訳文を鵜呑みにしてはいけない。 【総合評価】 英語の偏差値が60↑or添削してもらうならベストな教材。

またまた良すぎてイキました

レビューをもっと見る

英語長文勉強法:音読

音読は英語の学力を爆発的に向上させる「最強の勉強法」です。この勉強方法の実践によって、リーディングスピードの向上、英文構造把握力の定着、語彙力の増強、リスニング力の強化が行われ、長文の内容理解を「素早く」「正確に」する力が身に付きます。スポーツで言う「フットワーク」的な、労力を要するタフな学習方法ではありますが、音読を丁寧に、徹底的にやり込むことで圧倒的な英語力を身に付けることができるのです。

【使用参考書1・2】
『基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)』
『英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)』

【使用参考書3】
長文問題集の問題・過去問

音読の学習に、決まった参考書は必要ありません。質の高い英文を、より多く音読することが重要です。

【英語長文の勉強法】
まずは『英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)』のシリーズを用いて、「短く質の高い英文」を徹底的に(一題30回程度)音読しましょう。次に、一度解いた長文問題の英文や志望校の過去問の英文を、一題に付き30回~50回程度音読しましょう。

なぜこんなに何回も音読する必要があるのかと言うと、「音読」はあなたの脳に「英語の回路」を植え付けるためのものだからです。ヒトの脳は反復によって学びます。何度も何度も、同じ英文を覚えてしまうくらいに音読することで、あなたの脳はその英文に含まれる英単語・英文法・英文構造・意味・音の全てを吸収していきます。この「全て吸収した=音読済」の英文が増えるほど、あなたの長文読解の速度と精度は向上するのです。

私は受験生の時、週末の土曜日と日曜日は英語長文の音読をすると決め、毎週自宅で「音読合宿」を行っていました。1人寂しい合宿ではありましたが、合宿明けには英語長文を読むスピードがどんどん上がっていることを実感できたことを記憶しています。

注意事項として、音読する準備段階として、一度解いた長文は英単語・英文法・英文構造・意味の全てを完璧にわかるように復習しておきましょう。そうでない英文をいくら音読したところで、意味は全くありません。

【目標=「次のステップ(偏差値60~偏差値70)」に進む目安】
音読学習は、偏差値60以上の受験生も継続的に行うべき学習分野です。偏差値50以上の受験生が音読学習の際に設定するべき目標は「30回~50回音読した長文を50から100題作る」というものです。やってみるとわかると思いますが、気が遠くなる程大変な勉強です。その代り、圧倒的な実力が身に付きます。30回音読した長文が20題を超えたあたりから、センター英語の長文問題程度は何の問題もなくスラスラと読みこなせるようになるはずです。音読とは、それほどに有効な勉強法なのです。

志望校に合格するその日まで、音読学習に終わりは来ません。徹底的な音読を実践し、圧倒的な英語力を得てください。大学に入学して、もしあなたが留学したり海外で働いたりする場合にも、音読学習で培った英語力はあなたを助けてくれるでしょう。

また、音読をやり込むことでセンター英語でも8割の突破が現実的になってきます。以下のリンクからセンター英語勉強法の記事を閲覧できるので、参考にしてみてください。

【センター英語】センター8割を確実にするレベル別勉強法&英語長文対策

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に