【秋からの大学受験】11月から3ヶ月で合格できる勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

夏休みの受験勉強に失敗してしまったあなた。周りには差を付けられ、とっても焦っていると思います。でも安心してください。そんな夏休みの使い方を失敗してしまったあなたのために、「秋からでも間に合う勉強法」をご紹介します!大学受験は11月からじゃ遅い?そんなことありません。秋からいくらでも逆転は可能なのです。

この記事では秋から受験までの約3ヶ月間(11月、12月、1月)でMARCHレベルの私立文系大学に合格できる超効率的な勉強法を伝授します。もう間に合わない・・・と諦めずに、この記事を読んでもうひと頑張りしてみませんか?

効率的に勉強する4つのポイント

11月ー大学受験まであと3ヶ月。日数になおすと約100日。100日しかないと思いますか?100日もあると思いますか?私は、この100日は勉強法やモチベーションの持ちようで、幾らでも挽回が可能な日数だと思います!なので諦めず頑張ってみませんか?私はこの記事を通して皆さんのお手伝いをしたいと思います。

まず11月からの残された時間を有効活用するために、11月頃から始める効率的な勉強の4つのポイントをご紹介します。

ポイント①きちんと無理のない計画を立てて勉強する

ポイントの1つ目は「無理のない計画を立てる」ことです。この中にはきっと、夏休み中、きちんと計画を立てて勉強を進めようとした人もいると思います。

「きちんと計画を立てていたのに、夏休みうまくいかなかった・・・」
それはきっと、その計画の中に「無理」が生じていたからなのです。実現できない計画を立てても、それを達成できずにモチベーションが下がる一方です。なので無理のない計画を立てることが重要なのです。

「そしたら無理のない計画ってどうやって立てるの?」と思いますよね。方法は簡単で、「計画を細かく分割する」ことです。例えば、ある問題集を1ヶ月で終わらせるぞ!と計画を立てたとします。この計画をもっと細かくしてほしいのです。つまり、この問題集を1ヶ月で終わらせるために、1週間で何ページ、1日で何ページ進めるか具体的に考えてほしいのです。そうすることでその計画に現実味が増し、自分でも「できそう」か「できなさそう」か判断がつくはずです。

このように「計画を細かく分割する」ことが「無理のない計画」につながっていきます。秋から勉強を始めるあなたにとって、残された時間は3ヶ月と限られています。限られているからこそ、つめつめの計画を立ててしまいそうですが、そのような計画は達成できなかった時のダメージが大きいです。結構モチベーションも下がってしまいます。その限られた時間を有効に使うためにも「無理のない計画」を立てましょう。

ポイント②しっかり復習、一度間違えた問題は二度と間違えない

2つ目のポイントは「復習」です。夏休みで成績が伸びなかったあなた、きちんと復習はしていましたか?「復習したつもりだけど、できていなかった」なんてことはザラにありますが、この秋からの3ヶ月間においてそれはタブーです。そこで私なりの復習法をご紹介します。

それは「△も復習する」復習法です。普段あなたは問題を解いた後、何を復習していますか?正解した問題は復習せずに、間違えた問題だけを復習する人が多いと思います。しかしそれでは詰めが甘いのです。

私は問題を解く時に
自信を持って解答し正解できた問題は◯
自信がなく解答したが正解できた問題は△
自信がなく解答し不正解だった問題は✕
としています。

注目してほしいのは「△」なのです!見逃してしまいがちですが、きちんと復習する必要があります。もし今まで「△」を復習できていなかった人は、秋からこれを復習するようにするだけで、得点がアップするかもしれません。

ポイント③アウトプットをする

3つ目のポイントは「アウトプットをする」ということです。アウトプットはインプットが終わってから、といつまでも後回しにしていませんか?これからの時期、それは絶対にNGです!なぜなら、インプットよりもアウトプットの方が圧倒的に重要だからです。なのでインプットがまだ終わっていなくても、インプットと同時にアウトプットをしていきましょう。

例えば覚えた範囲の演習をその日中にする、単語帳の赤シートを活用して隠しながらアウトプットするなどです。アウトプットの段階で100%解答できる必要などありません。間違えたらまた復習すれば良いのです。覚えたことを記憶の奥から引っ張り出す、この作業が何よりも重要なのです!

ポイント④使う教材を絞る

そして最後のポイントは「使う教材を絞る」ことです。参考書や問題集をいくつも持って、どれも中途半端に手を付けていませんか?教材をコロコロ変えることはあまりオススメできません。きちんと使うと決めたものを完璧になるまで何周もすることが、重要なのです。

それともう一つ、自分が使っている教材が「自分のレベル」と「志望校のレベル」に沿っているものか確認してみてください。自分のレベルをはるかに超えた教材を使っても、なかなか理解できないものです。また志望校のレベルを超えた教材を使うと、難関大学でしか出題されないような知識まで覚えようとしてしまいます。この残された3ヶ月では「どれだけ効率的に勉強できるか」がポイントとなるので、今一度、自分のレベルや志望校のレベルを確認してみましょう。

最初に言ったように、基本的には今使っている教材をそのまま使い続けてください。もしその教材が「自分のレベル」や「志望校のレベル」に合っていないものだったら、これから紹介する教材を使ってみてくださいね。

3ヶ月で合格できる勉強法

大学受験まで残り3ヶ月である11月、秋から勉強を始めるということは、すごく時間が限られているということです。その限られた時間の中でまずやるべきは「短期的な勉強で得点が伸びるところ」です。つまりやればやった分だけ得点が伸びるということです。そしてもう一つ、問題演習は欠かせません。ここでは各科目における、秋から勉強すべきポイントをお話ししていきます。

秋からの英語勉強法

まずは秋からの英語勉強について。英語の勉強内容は大きく分けて「英単語」「英文法」「長文読解」の3つです。11月、つまり大学受験まであと3ヶ月しかないので、確実に伸ばせる分野を勉強しましょう!その中でも「英単語」と「英文法」は短期間でも得点に繋がりやすいので、徹底的に勉強しましょう。そして「長文読解」に関してはどんどん問題を解いていきましょう。ここからの3ヶ月は英語の長文にたくさん触れることが大事なのです。それぞれ詳しく説明していきます。

〈英単語・英文法〉
英語の勉強において、「英単語」と「英文法」のインプットなど、11月からの3ヶ月間でいかに「基礎を固められるか」がポイントとなります。ここで難しすぎる単語帳や文法書を使ってしまうのは効率的ではないので、きちんと志望校のレベルに合った教材で効率的に勉強しましょう!MARCHを志望するあなたには以下で紹介する「ターゲット1400」や「Next stage」などがおすすめです。ボリュームもそこまでないので、これらは11月中にマスターしてしまいましょう。きちんと計画的に進めてみてください。無理のない計画ですよ〜

〈長文読解〉
そして基礎を固めると同時にどんどん「長文読解」の問題演習をしていきましょう。これが先に言ったアウトプットになります。この問題演習はセンターの過去問や、MARCHより少しレベルの低い大学のものを解いてもいいです。長文読解に関しては「慣れ」が非常に重要となります。自分が受けたい大学の問題を分析して、できる限り似た傾向の大学の問題を解くようにしましょう!そして復習も忘れずに。

【まとめ】
・「英単語」と「英文法」のインプット
・「長文」の問題演習

ターゲット1400

参考書名
英単語タ-ゲット1400 大学入試出る順(大学juken新書)

誰もが見たことがあるであろうド定番の単語帳。 学校で配布されたという人も多いかもしれない。 高校入学時の単語帳としては易しめだが、中学レベルの単語も混ざっているので、英語が苦手な人には良いと思う。しかし、難関大(国公立、早慶上智など)を目指す人はこれでは足りない。1400は使わずに1900を購入することをお勧めする。 出来るだけ早く終わらせることが鉄則。学校で使ってる場合、カリキュラムに沿って取り組んいるのでは遅すぎる。遅くても高1のうちに、できるなら夏休み明けまでには終わらせて、次の難易度の単語帳に移ること。(自分は怠けたせいで高2の6月くらいまでお付き合いする羽目になった。) もし、1400を購入して取り組んでしまった場合、1900とは被っている内容が多い。別のシリーズ(シス単、速読、鉄壁など)に取り組むことをお勧めする。

結論 買うなら1900を買え by2冊ともやった者  ちょっと茶番 単語をやらないとどうなるか その1 基礎知識が欠如する 見苦しい言い訳 「オラ好きなことのためなら頑張れるんよ」byセンター物理5点 説得力皆無www その2 単語を馬鹿にするとやばい オンライン医学教師 「これ何ですか?」 ○⚪︎○4×7 「eraser …んえっと何だっけ。鏡?」 そうeraser は鏡です 皆さん覚えましょう こっから本題  変な茶番を見てくれた君なら聞いてくれるはず 体験談 残念ながらまともに同じ単語帳を使い突くし始める人はカバーを秒で外す targetはこの単語帳だと目標と訳される よってこの単語帳を使うことはまずは基礎的な単語を1400個覚えることである だがどうだろうか、そもそもこの単語帳は配られない人が多い 特に私のような"自称進学校"出身その人は高1のときに配られる しかしなぜか高2で1900を配られた… 自分は高1の頃1400を1学期で終わらせて使いなれた同じシリーズの1900を購入したが…中身はあまり変わらない むしろ1900にほとんど収録されているしマイナーな意味が1400に載ってたりする したがって配布によってしか入手経由はないと思う ーー使い方ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 単語帳は友達 全て覚えるまで毎日面と向かって話そう(音読) ダメ,絶対 やってはいけないリスト 1 定期テストや小テストの直前だけ見る,「それ、意味ないからwww」 2初めから赤シートで覚えようとする  「それ、意味ないからwww」  3 1度覚えた気になって満足する  寝て起きたらもう半分忘れます  友達の顔と名前だって毎日会うから覚えてるでしょ?それと同じです。 入学式の自己紹介でクラス全員の覚える人なんていないでしょ? 気になる人の名前しか覚えようとしないよな? やって欲しいこと 1ひたすら音読スル 1日500個×2回1週間同じ範囲 最初から覚えようとしない10周20周やってやっと定着スル 2音で覚える タゲ友使おう ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 単語帳を始めようと思う若き中学3年生、高校1年生には単語を始めるというときは1400を経由して1900を購入せず1900を始めに買って欲しい 単語帳はガット覚えてから周一回程度で単語帳を一周することで定着していく だから1900を買ったら1400を見直すといった反復行為が生まれない そして単語帳を買ったらその単語帳を完璧にするまで他の単語帳に乗り換えないで欲しい これもあれも買ったら中途半端になるしはじめは一冊で充分 同じレベルを二冊買う行為は論外である これを読んでくれた人はわかってくれたことを願う 単語帳は同じ共通テストレベルが収録されているターゲット1900を買おう ラーメン一杯の値段だって学生には捨てたもんじゃないだろう… こんな金に細かいことを言っておいて 自分は… 1900高1で先に買ってまた配られて2冊になってさらに1400も使わなくなったから でも後悔はしてない こうして話の落ちが出来たことにありがたいと思うよ ありがとう旺文社 ありがとう1400 ってことでラーメン代は二杯無駄にしたわけだ ごめんなさい批判ばっかり書いて、レビューは基本称賛するべきだよな… ん、5点。  それって何点満点中…?www わかるやつは分かる。 調べたら出ます   🔎「ん,5点。」 検索   で検索w ちなみに科目は英語でなく物理です 現役河合塾落ち1浪サイバー万歳🙌

てめえか?てめえかよ!?ええ?その腐った根性! 笑ったね、その単語笑ってるね? 悪いけどね、テストにもいっぱい出てくるんだよ単語は!絶対出てくるんだよ! おい!サボってないでやって、再試行きたくないから、地道にやって 「どうしたの?どうしたの?落ち着いてどうしたの?ちょっと黙って」 うるさい!やってよ隙間に その単語をコツコツやって 「黙って、黙ってずっと単語帳開いてるとインキャになるからになるから黙って」 なにがインキャだよ! 「そんなムズい単語出るもんじゃないよ」 うるさい うるさい うるさい いい? 模試と定期テスト どれだけの単語を覚えなきゃならないか そこから教育しろよ うるさい

レビューをもっと見る

Next Stage

参考書名
Next Stage英文法・語法問題 入試英語頻出ポイント218の征服

基本的には文法、語法などを覚えるまで何周もする。解説が少ない分、自分から積極的に参考書や辞書で調べて書き込みをすると、初めは大変でも、次解く時にはその解説を見れば良いだけなのでとても楽です。またそこでも疑問点が浮かべば、先生、授業を利用してより理解を深めていきます。(その際にも空いたスペースなどに書き込むとより良いです。) 積極的な勉強(アクティブラーニング)は勉強効率を上げてくれます。もし何らかの理由で手が付けられなくなったら、読書のように読んでみてください。そしてほぼ見ない日はないようにスキマ時間などを使って習慣にしてください。そうすれば、土台は出来上がってきます。 ある程度、用法などが言える、分かるようになったら長文を読んでいってください。長文は文法知識の総集編みたいなものなので、一つ一つ確かめながらやっていって下さい。 またイディオムに関しては各志望校の過去問に合わせてやれば大丈夫だと思います。

窓際の席に座っている僕に、一人の少女が声をかけた。 「ぼうっとしていていいんですか?」 僕は少女の顔を見る。彼女は学年でも随一の優等生だった。 僕は彼女に追い付きたくて、必死に勉強していた。 それももう、以前の話だ。 それにしても、休み時間はいつも机に向かって勉強をしている彼女が何の気まぐれだろうか? 「ネクステ、やらないんですか?以前は気合いを入れて取り組んでいるように見えたのですが」 僕は返答に詰まる。 彼女の瞳を見る。嘘をついても、彼女はきっと僕の本心をその澄んだ瞳で見透かすのだろう。 観念して、僕は真実を話す。 「挫折したんだ。ろくに基礎も身に付けないまま、取り組んでしまったから」 「そうですか」 「自分ならやり遂げられると信じていた。だけど駄目だったよ。始めて1ヶ月も経つ頃には、僕は自らの誤答の多さにうんざりしていたんだ」 堰を切ったように、言葉は次々に溢れて来る。 「他人から馬鹿にされようが、まずは簡単な参考書を何周もして基礎を磐石にするべきだったんだろうな。つまらない見栄を張るからこうなるんだ」 ネクステでの挫折を味わってから、僕は勉強に必要な活力を失ってしまっていた。ネクステをやり遂げられなかった僕にはもう何一つやり遂げられないのではないか、とさえ思っていた。 「笑えるだろう?」 彼女は笑わなかった。代わりに、顔を僕の耳元に近づけた。まるで内緒話でもするように。 「こういうことを真面目に話すのは恥ずかしいので、少し小声で話しますね」 彼女が耳元で囁く。 「私は貴方のことを気に入っています。少なくとも、他の誰よりも」 「……どうしてだ?」 自然と僕も小声になる。 「以前、貴方が『絶対に君に追い付いてやる』って私に言ってくれたからですよ。私はその言葉を聞いたとき、どうしようもなく嬉しかったんです。その言葉は、漠然とした私の孤独感を吹き飛ばしてくれました。今頑張っているのは私だけじゃないんだ、と心から思わせてくれたんです」 確かに、以前に僕は彼女にそう言った。 そんなことも、すっかり忘れていたのだ。 「私が毎日頑張っているのは、貴方のその言葉があったからです。私は、貴方にももう一度頑張って欲しいんですよ。そして私に追い付いて、私の良きライバルになって、私の地位を脅かして欲しいんです」 彼女のその言葉には、切実な思いが込められているように感じられた。 「まあ、全部私の身勝手な願いなんですけどね。……とりあえず、これで言いたかったことは全て言えました。私は勉強に戻ろうと思います」 そう言って、彼女は自分の席に戻っていった。 僕は、彼女の言葉をいつまでも脳内で反芻していた。 それから、僕は死に物狂いで英語の基礎を固めた。全ては彼女に追い付くためだ。 ---私は貴方のことを気に入っています。 勉強を始めるとき、僕は決まって彼女の言葉を思い出した。 ---少なくとも、他の誰よりも。 勉強を続けていれば、何度も困難に遭遇するだろう。 そして僕は、また全てを諦めたくなってしまうかもしれない。 そこで諦めずに頑張ったとしても、もう彼女に追い付くことはできないのかもしれない。 そうだとしても。 僕は、彼女の隣に立ちたい。 その一心で、一度は諦めてしまったネクステを、僕はもう一度その手に取った。

beはほんとに基本の解説をしている一方、こちらは入試問題を並べているのでやや実践的だが、一問一問解説が丁寧なのでよく理解できる。個人的には国公立生であっても文法はちゃんとやるべきだと思う。読解や和訳でも非常に役立つ。後半に載っているイディオムは、長文の穴埋めなんかでもよく問われる、特に基本動詞+前置詞であればあるほど抜けていやすいのでしっかり対応しておくべきかと。結構ボロボロになるまで使っておきたい

レビューをもっと見る

秋からの国語勉強法

そして次に秋からの大学受験国語勉強法です。国語も11月から勉強するにあたって、確実に伸びる部分を伸ばすことを意識しましょう。

〈現代文〉
まずは現代文ついて、大学受験における現代文の勉強内容は大きく分けて「漢字」と「読解」の2つです。「漢字」は11月からでも得点が伸びる部分なので、徹底的に勉強しましょう。漢字の教材はどれもさほど変わらないので、既に持っているものを使い続けましょう。一方「読解」は伸びにくい分野ではありますが、この残された時間の中でまずやるべきことは【志望校の出題傾向をおさえる】ことです。そのためにも徹底的に問題演習に取り組みましょう!

〈古典〉
次に古典(古文・漢文)について、まず大学受験において漢文はMARCHレベルだと出題されないことが多いです。なので、まずは志望校の出題内容をチェックしましょう。そして古文勉強内容は大きく分けて「古語」「古典文法」の2つで、2つとも11月からでも得点が伸びるので、徹底的に勉強しましょう。MARCHレベルで出題される古文問題は、古語や古典文法など、基礎的な知識を問うてくるものが多いです。つまり得点の狙いどころなのです!古語では「読んで見て覚える重要古文単語315」を古典文法では「ステップアップノート」をおすすめします。どちらもそこまでハイレベルではないので、MARCHを目指す方にはぴったりです!

【まとめ】
・「漢字」「古語」「古典文法」のインプット
・「読解」は問題演習で志望校の出題傾向をおさえる
・漢文は要チェック

読んで見て覚える重要古文単語315

参考書名
読んで見て覚える重要古文単語315

古文は全く手付かずでしたが、この本のおかげで古文に嫌悪感なく進められています。 とにかくわかりやすく、しかも改訂のおかげか非常に見やすくなっています。 付録に古文常識とささやかながら文法も載っているのも非常に良いです。

シンプルに好き。 元々単語覚えるのどの教科でも苦手だった私もこれは結構すらすら覚えられました!! 耳に馴染みがない言葉も言葉の成り立ちを詳しく解説してくれているのでとてもわかりやすいです^^ 古文単語はこれを何十周もしようと思います!

王道を逝く1冊

レビューをもっと見る

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

参考書名
ステップアップノ-ト30古典文法基礎ドリル(河合塾series)

講義系の参考書使うよりも個人的には良い

これ7周したら文法めっちゃ分かるようになりました これと単語やればいけると思います

理系はこれだけやっとけば古典文法は大丈夫です。(2次試験で古文が出るとこを除く)

レビューをもっと見る

秋からの世界史勉強法

最後に秋からの世界史勉強法です。これは日本史にも共通して言えることなので、日本史選択の方も参考にしてみてください。大学受験における世界史の勉強内容は基本的にインプットとアウトプットの2つです。その2つの中でも、この11月からは「アウトプット」に力を入れてほしいのです。まだインプットが終わっていなくても、同時進行でアウトプットを進めて行ってください。

〈インプット〉
まずはインプットについて、11月からインプットを始めるのは相当な覚悟が必要です。しかしMARCH大学だと、世界史はだいたい教科書の範囲で出題されるので、まだ間に合います。とは言っても教科書をイチから読んでインプットしていたら、到底間に合いません。なのでインプットは【流れをおさえる】ためにやりましょう。その意味でおすすめな教材は「ナビゲーター世界史」です。

〈アウトプット〉
次にアウトプットです。インプットで流れをおさえたら、どんどん問題演習をしていきましょう。インプットで流れをおさえているだけなので、分からない問題があるのは当然です。その中でもほんのり覚えている記憶を引っ張り出すことによって、その記憶がどんどん濃いものとなっていきます。秋からのアウトプットの方法としては一問一答型の問題集や、過去問を解くことがおすすめです。そしてアウトプットをする際、復習を徹底的にしてください。なぜなら復習することで、また新たな知識をインプットすることができ、とっても効率的なのです。一問一答のおすすめは「山川の一問一答」です。これはちょうどMARCHレベルの一問一答なので、無駄なくアウトプットすることができます。過去問に関しては、センターの過去問がすごくおすすめです!

【まとめ】
・インプットは流れをつかむ
・アウトプットを徹底的に!復習も大事

ナビゲーター世界史

参考書名
これならわかる!ナビゲ-タ-世界史B 1 先史~中世ヨ-ロッパ史の徹底理解

僕自身、最初は世界史が苦手、というか嫌いでした。カタカナばっかりだし、人も多いし、、、 でも、この参考書に出会って全て変わりました!今では世界史が1番好きな科目です! 個人的におすすめの使い方は、 ①教科書を熟読する(おおよその意味を理解する) ②この参考書を2周する ③別冊付録のポイントチェックにオレンジペンで書き込んで赤シートで隠して何回も確認する この方法をしていけば、語句も世界史の流れもびっくりするくらい頭に入ってきます!何より、この参考書の長所は教科書ではあっさり書かれてる内容が詳しく解説してあったり、ちょっとした小話もあるので飽きずに読み進められる点だと思います!

予習、通史終わったあとの復習、センター明けに使いました。講義形式?で、流れや因果関係を掴むのには最高にわかりやすい参考書だと思います。(詳説世界史研究は字の小ささと分厚さとなんかお堅いので挫折しました)特に中世近世ヨーロッパら辺は一橋に役立ちます。

ナビゲーターを10周みて付録の冊子を50周くらいすればセンター9割取れます。ソースは国公立目指してる友達がナビゲーターしか使ってないからです。 ここまですればどんな参考書でも同じくらい成果が出るとおっしゃる方が出てくると思います。しかし私が言いたいのはそこではなくひとつの参考書を何周しかしただけで完璧と錯覚して他の参考書レベルの高い参考書に入るのではなくずっと一つのことを継続し続けることに偏差値アップの鍵が眠っていると思います。 お互い頑張りましょう

レビューをもっと見る

山川 一問一答世界史

参考書名
山川一問一答世界史

基礎知識つけてからやりましょう。 まっててなりり先生

この1冊を完璧にすれば偏差値60は取れる。 この本は記述問題に弱いから赤い文字を隠して勉強すれば記述問題もできる。だけど、記述問題の勉強の場合は教科書のほうがいい。

最初のページを開いてみてください。 サヘラントロプスとアウストラロピテクスがあなたを待ち構えています。 ここから歴史が始まるんだよ。 誘惑の声が聞こえてきます。きっとナポレオンが出てくる頃には、君は6月のことをメッシドールとか言い出します。 やり込んでください。愛してください。世界史はいつでもあなたを待っています。

レビューをもっと見る

センター世界史

参考書名
センター試験過去問研究世界史B 2018年版(センター赤本シリーズ)

最後に

ここまで秋から始める受験勉強の方法についてお話ししてきました。11月、大学受験まで残り3ヶ月しかないからこそ、伸ばせる部分から伸ばしていきましょう。伸びるポイントは英語なら「英単語・英文法」で国語なら「漢字・古語・古典文法」です。世界史などの社会科目に関しては、インプットだけに時間をかけすぎないように注意です。あとは何よりも問題演習が重要です。MARCH大学を志望する場合、センターの過去問も勉強に使えると思うので、どんどん使ってみてください!

11月から大学受験なんて無理だと諦めず、粘り強く勉強してみましょう。

勉強の名言25選!受験生に贈る読むだけで頑張れる名言集

この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【秋からの大学受験】11月から3ヶ月で合格できる勉強法

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に