【秋からの大学受験】11月から3ヶ月で合格できる勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

夏休みの受験勉強に失敗してしまったあなた。周りには差を付けられ、とっても焦っていると思います。でも安心してください。そんな夏休みの使い方を失敗してしまったあなたのために、「秋からでも間に合う勉強法」をご紹介します!大学受験は11月からじゃ遅い?そんなことありません。秋からいくらでも逆転は可能なのです。

この記事では秋から受験までの約3ヶ月間(11月、12月、1月)でMARCHレベルの私立文系大学に合格できる超効率的な勉強法を伝授します。もう間に合わない・・・と諦めずに、この記事を読んでもうひと頑張りしてみませんか?

効率的に勉強する4つのポイント

11月ー大学受験まであと3ヶ月。日数になおすと約100日。100日しかないと思いますか?100日もあると思いますか?私は、この100日は勉強法やモチベーションの持ちようで、幾らでも挽回が可能な日数だと思います!なので諦めず頑張ってみませんか?私はこの記事を通して皆さんのお手伝いをしたいと思います。

まず11月からの残された時間を有効活用するために、11月頃から始める効率的な勉強の4つのポイントをご紹介します。

ポイント①きちんと無理のない計画を立てて勉強する

ポイントの1つ目は「無理のない計画を立てる」ことです。この中にはきっと、夏休み中、きちんと計画を立てて勉強を進めようとした人もいると思います。

「きちんと計画を立てていたのに、夏休みうまくいかなかった・・・」
それはきっと、その計画の中に「無理」が生じていたからなのです。実現できない計画を立てても、それを達成できずにモチベーションが下がる一方です。なので無理のない計画を立てることが重要なのです。

「そしたら無理のない計画ってどうやって立てるの?」と思いますよね。方法は簡単で、「計画を細かく分割する」ことです。例えば、ある問題集を1ヶ月で終わらせるぞ!と計画を立てたとします。この計画をもっと細かくしてほしいのです。つまり、この問題集を1ヶ月で終わらせるために、1週間で何ページ、1日で何ページ進めるか具体的に考えてほしいのです。そうすることでその計画に現実味が増し、自分でも「できそう」か「できなさそう」か判断がつくはずです。

このように「計画を細かく分割する」ことが「無理のない計画」につながっていきます。秋から勉強を始めるあなたにとって、残された時間は3ヶ月と限られています。限られているからこそ、つめつめの計画を立ててしまいそうですが、そのような計画は達成できなかった時のダメージが大きいです。結構モチベーションも下がってしまいます。その限られた時間を有効に使うためにも「無理のない計画」を立てましょう。

ポイント②しっかり復習、一度間違えた問題は二度と間違えない

2つ目のポイントは「復習」です。夏休みで成績が伸びなかったあなた、きちんと復習はしていましたか?「復習したつもりだけど、できていなかった」なんてことはザラにありますが、この秋からの3ヶ月間においてそれはタブーです。そこで私なりの復習法をご紹介します。

それは「△も復習する」復習法です。普段あなたは問題を解いた後、何を復習していますか?正解した問題は復習せずに、間違えた問題だけを復習する人が多いと思います。しかしそれでは詰めが甘いのです。

私は問題を解く時に
自信を持って解答し正解できた問題は◯
自信がなく解答したが正解できた問題は△
自信がなく解答し不正解だった問題は✕
としています。

注目してほしいのは「△」なのです!見逃してしまいがちですが、きちんと復習する必要があります。もし今まで「△」を復習できていなかった人は、秋からこれを復習するようにするだけで、得点がアップするかもしれません。

ポイント③アウトプットをする

3つ目のポイントは「アウトプットをする」ということです。アウトプットはインプットが終わってから、といつまでも後回しにしていませんか?これからの時期、それは絶対にNGです!なぜなら、インプットよりもアウトプットの方が圧倒的に重要だからです。なのでインプットがまだ終わっていなくても、インプットと同時にアウトプットをしていきましょう。

例えば覚えた範囲の演習をその日中にする、単語帳の赤シートを活用して隠しながらアウトプットするなどです。アウトプットの段階で100%解答できる必要などありません。間違えたらまた復習すれば良いのです。覚えたことを記憶の奥から引っ張り出す、この作業が何よりも重要なのです!

ポイント④使う教材を絞る

そして最後のポイントは「使う教材を絞る」ことです。参考書や問題集をいくつも持って、どれも中途半端に手を付けていませんか?教材をコロコロ変えることはあまりオススメできません。きちんと使うと決めたものを完璧になるまで何周もすることが、重要なのです。

それともう一つ、自分が使っている教材が「自分のレベル」と「志望校のレベル」に沿っているものか確認してみてください。自分のレベルをはるかに超えた教材を使っても、なかなか理解できないものです。また志望校のレベルを超えた教材を使うと、難関大学でしか出題されないような知識まで覚えようとしてしまいます。この残された3ヶ月では「どれだけ効率的に勉強できるか」がポイントとなるので、今一度、自分のレベルや志望校のレベルを確認してみましょう。

最初に言ったように、基本的には今使っている教材をそのまま使い続けてください。もしその教材が「自分のレベル」や「志望校のレベル」に合っていないものだったら、これから紹介する教材を使ってみてくださいね。

3ヶ月で合格できる勉強法

大学受験まで残り3ヶ月である11月、秋から勉強を始めるということは、すごく時間が限られているということです。その限られた時間の中でまずやるべきは「短期的な勉強で得点が伸びるところ」です。つまりやればやった分だけ得点が伸びるということです。そしてもう一つ、問題演習は欠かせません。ここでは各科目における、秋から勉強すべきポイントをお話ししていきます。

秋からの英語勉強法

まずは秋からの英語勉強について。英語の勉強内容は大きく分けて「英単語」「英文法」「長文読解」の3つです。11月、つまり大学受験まであと3ヶ月しかないので、確実に伸ばせる分野を勉強しましょう!その中でも「英単語」と「英文法」は短期間でも得点に繋がりやすいので、徹底的に勉強しましょう。そして「長文読解」に関してはどんどん問題を解いていきましょう。ここからの3ヶ月は英語の長文にたくさん触れることが大事なのです。それぞれ詳しく説明していきます。

〈英単語・英文法〉
英語の勉強において、「英単語」と「英文法」のインプットなど、11月からの3ヶ月間でいかに「基礎を固められるか」がポイントとなります。ここで難しすぎる単語帳や文法書を使ってしまうのは効率的ではないので、きちんと志望校のレベルに合った教材で効率的に勉強しましょう!MARCHを志望するあなたには以下で紹介する「ターゲット1400」や「Next stage」などがおすすめです。ボリュームもそこまでないので、これらは11月中にマスターしてしまいましょう。きちんと計画的に進めてみてください。無理のない計画ですよ〜

〈長文読解〉
そして基礎を固めると同時にどんどん「長文読解」の問題演習をしていきましょう。これが先に言ったアウトプットになります。この問題演習はセンターの過去問や、MARCHより少しレベルの低い大学のものを解いてもいいです。長文読解に関しては「慣れ」が非常に重要となります。自分が受けたい大学の問題を分析して、できる限り似た傾向の大学の問題を解くようにしましょう!そして復習も忘れずに。

【まとめ】
・「英単語」と「英文法」のインプット
・「長文」の問題演習

ターゲット1400

参考書名
英単語ターゲット1400(4訂版) (大学JUKEN新書)

苦手すぎて単語も見たくないけど これはほかのものと比べると 薄めだし小さめだしなんか耐えられる。 英語無理な人は、鉄壁とかデータベースとか DUOよりもこっちおすすめします。 厚さ、大きさもそうだけど アプリがあるからスキマ時間に出来るので 私は意外と活用できてる方だと思います。

ターゲット1200→1900で良い 理由 1400にある単語は1900に殆どあります。 しかも1900の方が応用性のある単語があるので1900だけで良いと思いやーす。 ただし、時間がある人は1400をやっても良いかもしれないですよね。

たくさんの単語が乗っているこれからの人生においてこの本がやくだつであろう

レビューをもっと見る

Next Stage

参考書名
Next Stage英文法・語法問題4th edition

センター筆記194点、これが高1の僕がこの参考書とシステム英単語を本気で7周(見返した回数含めたらそんなものじゃないが)して掴んだ結果です。高1で駿台全国で5割行かず、危機感を覚え特進クラスで扱っていた参考書をお前には早いと馬鹿にされながらやり続け、遂にここまで来れました。そのメソッドはとにかく解く(これが文法問題の演習になる)、読む、全部解けるまで寝ないの繰り返しです。そして電車や休み時間で見返す。それだけです。 地道に何百回も見返した後のテストは全く感じるものが変わると思います。是非本気で、なるべく早くやって下さい。早くやったモン勝ちです!頑張って!

最初らへん簡単すぎてワロタ 基本1100のほうがやりごたえある 最初のところ、雑魚すぎる 買うの失敗だったかも… 個人の意見です どうぞ気にせずにお買い求めくださいませ

 自分が一番気に入っている所は、問題が左ページ、解説が右ページにあるので見やすく、左下に和訳、右下に解答があり、問題に対して1つのページに収まっていてとてもコンパクトにまとめられているところです。 解答解説が別冊だと紛失する可能性があったり、一つずつ照らし合わせて丸つけをして時間がかかってしまうことがあるのでその点他の教材と比べていいなと思いました。  様々なレベルの大学(センター試験)の問題から抜粋しているので全て解くとかなりのパターンの問題に対応できるようになると思います。 中には早慶やGMARCHなどのハイレベルな大学の問題も含まれていますが良問が抜粋されているので嬉しいです😄💯 また、(他の教材もそうかもしれませんが)赤シートや音声CDもついているので単に英文法だけでなく会話表現に必要なスキルや発音も身に付くようにカバーされています。しっかり取り組めば、英検にもきっと役に立つと思います。  英文法系問題集の中では一番オススメです📚👍

レビューをもっと見る

秋からの国語勉強法

そして次に秋からの大学受験国語勉強法です。国語も11月から勉強するにあたって、確実に伸びる部分を伸ばすことを意識しましょう。

〈現代文〉
まずは現代文ついて、大学受験における現代文の勉強内容は大きく分けて「漢字」と「読解」の2つです。「漢字」は11月からでも得点が伸びる部分なので、徹底的に勉強しましょう。漢字の教材はどれもさほど変わらないので、既に持っているものを使い続けましょう。一方「読解」は伸びにくい分野ではありますが、この残された時間の中でまずやるべきことは【志望校の出題傾向をおさえる】ことです。そのためにも徹底的に問題演習に取り組みましょう!

〈古典〉
次に古典(古文・漢文)について、まず大学受験において漢文はMARCHレベルだと出題されないことが多いです。なので、まずは志望校の出題内容をチェックしましょう。そして古文勉強内容は大きく分けて「古語」「古典文法」の2つで、2つとも11月からでも得点が伸びるので、徹底的に勉強しましょう。MARCHレベルで出題される古文問題は、古語や古典文法など、基礎的な知識を問うてくるものが多いです。つまり得点の狙いどころなのです!古語では「読んで見て覚える重要古文単語315」を古典文法では「ステップアップノート」をおすすめします。どちらもそこまでハイレベルではないので、MARCHを目指す方にはぴったりです!

【まとめ】
・「漢字」「古語」「古典文法」のインプット
・「読解」は問題演習で志望校の出題傾向をおさえる
・漢文は要チェック

読んで見て覚える重要古文単語315

参考書名
重要古文単語315

その時代の背景から説明されているから頭に残りやすい ゴロゴも持ってるけどこっちを選ばない理由はない。

さくらさく古文単語や頻出古文単語400に比べて解説の文体がわかりやすく面白いので頭に入りやすい 途中に挟まれるコーナーも役に立つしまとまっていて良いし最後の方が古文常識になっているのでコスパも良い

理屈で覚えるのが苦手な方にピッタリです。 私自身理屈で覚えるるのが苦手で、何か良い単語帳は無いかと探している時に出会いました。 最初ゴロゴと迷ったのですが、単語一つ一つに分かりやすい解説と、その単語に関連した面白いイラストが載ってて、まさに『 読んで見て覚える』でいいなと思ってこれに決めました。 この単語見たことあるけどなんだったけなーというのがこの単語帳を使い始めてから、すごく減りました! なかなか古文単語を覚えられない方、理屈で覚えるのが苦手な方にぜひオススメ!!

レビューをもっと見る

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

これを何周もすれば文法問題は秒殺できると思います。 これをやる前に、読み物系参考書(富井の古典文法をはじめからていねいに等)を1冊やっておくともっと良いです。別になくても、右ページ上半分に活用表や意味などが簡単に載っているので、いきなりやってもいいと思います。 問題文に知らない古典単語もちょくちょくあります。自分で和訳するのも効果的です。

古典本当に苦手で、微塵も分からなかったけど、これだけで模試も定期テストも点数すごい上がった。基礎固めに凄くいい!古典大好きになった。

表紙で十二支が「え?君これ使っちゃうのー」などとほざいていますが,(僕はそのように聞こえました)ある程度基礎知識が固まってから取り組むのが良いかと思います。「古典の“こ“もみたくねーよ」という人はやめておいた方が良いかと思います。助動詞・助詞などの基礎をしっかり固められるので,数周して,文法のバイブルとして活用するのが良いです。

レビューをもっと見る

秋からの世界史勉強法

最後に秋からの世界史勉強法です。これは日本史にも共通して言えることなので、日本史選択の方も参考にしてみてください。大学受験における世界史の勉強内容は基本的にインプットとアウトプットの2つです。その2つの中でも、この11月からは「アウトプット」に力を入れてほしいのです。まだインプットが終わっていなくても、同時進行でアウトプットを進めて行ってください。

〈インプット〉
まずはインプットについて、11月からインプットを始めるのは相当な覚悟が必要です。しかしMARCH大学だと、世界史はだいたい教科書の範囲で出題されるので、まだ間に合います。とは言っても教科書をイチから読んでインプットしていたら、到底間に合いません。なのでインプットは【流れをおさえる】ためにやりましょう。その意味でおすすめな教材は「ナビゲーター世界史」です。

〈アウトプット〉
次にアウトプットです。インプットで流れをおさえたら、どんどん問題演習をしていきましょう。インプットで流れをおさえているだけなので、分からない問題があるのは当然です。その中でもほんのり覚えている記憶を引っ張り出すことによって、その記憶がどんどん濃いものとなっていきます。秋からのアウトプットの方法としては一問一答型の問題集や、過去問を解くことがおすすめです。そしてアウトプットをする際、復習を徹底的にしてください。なぜなら復習することで、また新たな知識をインプットすることができ、とっても効率的なのです。一問一答のおすすめは「山川の一問一答」です。これはちょうどMARCHレベルの一問一答なので、無駄なくアウトプットすることができます。過去問に関しては、センターの過去問がすごくおすすめです!

【まとめ】
・インプットは流れをつかむ
・アウトプットを徹底的に!復習も大事

ナビゲーター世界史

参考書名
これならわかる!ナビゲーター世界史B 1 先史~中世ヨーロッパ史の徹底理解

予習、通史終わったあとの復習、センター明けに使いました。講義形式?で、流れや因果関係を掴むのには最高にわかりやすい参考書だと思います。(詳説世界史研究は字の小ささと分厚さとなんかお堅いので挫折しました)特に中世近世ヨーロッパら辺は一橋に役立ちます。

ナビゲーターを10周みて付録の冊子を50周くらいすればセンター9割取れます。ソースは国公立目指してる友達がナビゲーターしか使ってないからです。 ここまですればどんな参考書でも同じくらい成果が出るとおっしゃる方が出てくると思います。しかし私が言いたいのはそこではなくひとつの参考書を何周しかしただけで完璧と錯覚して他の参考書レベルの高い参考書に入るのではなくずっと一つのことを継続し続けることに偏差値アップの鍵が眠っていると思います。 お互い頑張りましょう

世界史の勉強は6月からこれだけでやりました。最初のうちは読んでもまったく理解できず何書いてるのかわかりませんでした。8月のマーク模試では48点でした。ようやく理解し始めたのは10月頃です。世界史に関しては参考書よりも映像授業の方がいいです。その方が頭に入りやすいと思います。他のレビューでこの参考書がわかりやすいという人はあらかじめ流れが頭に入って世界史を勉強してた人だと思います。つまり初学者向きではないです。勉強方法として参考書を読むより穴埋め問題を8割ぐらいとけるようにしてください。それができたら読んでいく感じの方が頭に入りやすいですし、時間を無駄にせずにすみます。 この参考書と付録の穴埋め問題だけでセンタープレでは93点取れました。本番は満点目指します。

レビューをもっと見る

山川 一問一答世界史

参考書名
山川 一問一答世界史

もともと穴埋め式の一問一答使っていたけど、一問一答の本当の姿はこれ。 穴埋めに強くなるかはわからんけど、楽しく勉強するのが1番。

教科書と用語集とこれでかなりいけます。 正直言って用語集を「読む」気にはなれないので、教科書に載ってない部分をこれで押さえて用語集などに戻るのを繰り返すといいと思います。 良い点 ・山川の教科書と用語集に対応 ・適度な量 ・三日坊主も多分これならいけるだろう 私は国立受験で個別試験に世界史が無かったので、私立や超難関大はまた違うかもしれませんが... センターで高得点狙いたい!という人にはオススメですよ!!特に、世界史何からやったらいいか分からない人はぜひ最初の一歩に手にとってみて下さい^_^

教科書と資料集とこれだけでも世界史にかなり強くなれます 年代暗記の本もあると尚良いです 某予備校の一問一答より問題量が絞られているようですが、これで十分です

レビューをもっと見る

センター世界史

参考書名
センター試験過去問研究 世界史B (2018年版センター赤本シリーズ)

最後に

ここまで秋から始める受験勉強の方法についてお話ししてきました。11月、大学受験まで残り3ヶ月しかないからこそ、伸ばせる部分から伸ばしていきましょう。伸びるポイントは英語なら「英単語・英文法」で国語なら「漢字・古語・古典文法」です。世界史などの社会科目に関しては、インプットだけに時間をかけすぎないように注意です。あとは何よりも問題演習が重要です。MARCH大学を志望する場合、センターの過去問も勉強に使えると思うので、どんどん使ってみてください!

11月から大学受験なんて無理だと諦めず、粘り強く勉強してみましょう。

勉強の名言25選!受験生に贈る読むだけで頑張れる名言集

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【秋からの大学受験】11月から3ヶ月で合格できる勉強法

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に