19537680

【東大世界史】その対策と参考書を東大生が詳しく解説!

はじめに

「東大世界史が難しすぎる」
「論述問題の解き方が分からない」
「何の参考書を使えば良いの?」
など、東大世界史に関する悩み・疑問等は多いと思います。
実際東大の世界史は、論述問題が大半を占めているため対策を指定ない人にとっては、非常に難しく感じられるはずです。

そこで、現役東大生の私が東大世界史の特徴、対策、おすすめの参考書についてお伝えしていきます。
私は、受験生時代世界史が一番の得意科目で、夏の東大模試では世界史11位を取ったことがあります。
そんな私だからこそ伝えられる東大世界史の対策法を伝授するので、ぜひ参考にしてみてください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

私の受験生時代

先程、私は世界史が一番得意だったと言いましたが、実際の勉強は、ほぼ独学です。
高3になってからは、偶に塾の講義に参加したり、学校で世界史の授業を受けたりはしましたが、論述を少し見てもらった程度で、基礎の部分は自分で全部やりました。
詳しい世界史の勉強法が気になる人はこちらを見てください。
ここでは、東大模試で11位を取るまでどうやって世界史の勉強を進めたのかをお伝えしていきます!

東大世界史の特徴

14719837?w=430

対策をする前に知っておかなければいけない事をまとめておきました。
東大世界史の特徴を掴んだ上で対策を立てていきましょう。

出題形式

東大世界史の出題形式は至ってシンプルです。
60点満点で大問が3つあり、第一問が600字程度の大論述、第二問が30~150字の論述問題が4~6題、第三問が10題の一問一答です。

制限時間は社会2科目を合わせて150分なので、この3つの大問を70~75分で解くことになります。

配点

東大の世界史の詳しい配点は定かではありません。
というのも大学が公表していないからです。
そのため様々な憶測が飛び交っています。
第一問からそれぞれ30点、20点、10点という説もあれば、各20点の60点満点という説もあります。(私は後者推し)
まあ正直なところ、日本史や地理との公平性を保つために得点調整しているはずなので、毎年変わっていると思います。

いずれにせよ正確な配点が分からない以上は悩んでも仕方ありません!
過去問を解く際は、一旦予備校の配点を参考にしてみるのがいいでしょう。

記述式である

東大世界史の大きな特徴として全てが記述問題だということです。
記述ということは選択肢に頼れませんし、正確な漢字を書けるようにする必要もあります。
さらに論述問題では日本語での作文能力も当然求められます。
これらは、練習することで慣れていくしかありません。
地道に手を動かした勉強法が大事ですね。

出題範囲に偏りがない

これは受験生にとっては大きな負荷ですよね。2017年度の大論述は、現代から出題された前年から一転して、古代のテーマが出題されました。
全ての時代、分野の論述対策まですると、かなりの時間が必要となりますよね。
効率的な勉強法はないのでしょうか?

これについては朗報があります。次を見てください!

教科書レベルの内容で対応できる

東大世界史の内容は教科書でほぼカバーしています。教科書を大きく逸脱した細かい知識を問うてくる私大入試との大きな相違点はここです。
東大の世界史は教科書レベルの知識で世界史のタテ・ヨコの大きな流れを理解しているかに主眼が置かれているのです。
そして、教科書レベルで論述問題を作ろうとすると必ず問われやすい論点は限られてきます。

そのため、闇雲に全範囲を勉強するのではなく、教科書をベースに論述のポイントを確実に抑えていく勉強法が有効です。

地理や日本史との親和性が高い

東大の世界史は、地理と日本史との親和性がとても高いです。
特に東アジアの歴史や近現代史は関連性が高く思わぬ形で他科目の知識が生きるということは東大入試の場合、頻繁に起こります。
もう片方の選択科目も怠ることなく勉強することが大事と言えます。

得点差が付かない

東大世界史の得点は35~45点の間にかなりの受験生が密集しています。
日本史では、50点超えをする人がチラホラいますが、世界史の場合はそんな人は滅多にいません。

合格者平均点と目標点は?

先程も書いたように世界史は高得点を狙うにはコスパが悪いです。
その勉強時間を英数に割いたほうがよっぽど周りに差を付けられるでしょう。
では、何点ぐらい取ればいいのでしょうか?
周りの感じを見ていると合格者平均点は40弱です。
そこで、40点を一つの目安にしてみるといいでしょう。
ここでは、40点を目標に話を進めていきます。

ただ、予備校の模試では点数が出にくいので、あまりその点数を気にする必要はありません!

東大世界史の設問別対策

19537648?w=430

東大世界史の特徴を掴んだところで、設問別に対策法をお伝えしていきます。
勉強法に困っている受験生は必見です!

【第一問】大論述

第一問の大論述は、ある出来事をタテ・ヨコの大きな視点で捉えさせ、それを500~600字で論じさせるという高校生にはかなりハイレベルな難問です。
難問すぎるが故にあまり差が付かないというのが現状です。
そのため、大論述は全く解けなくても合否にはそこまで影響しないんですよね。
筆者の意見として世界史が得意!って人以外は第二問と第三問に8割ぐらいの力を注いでいいと思います。
仮に勉強しても0点だとコスパが悪すぎますよね。

それでも第一問の対策をしたい!という人にはお伝えします。

この大論述を解くためのプロセスとしては大きく2点です。

①問題文・指定語句を正確に読んで解答の枠組みを作ること
②それを500~600字で採点者に正確に表現すること

正直①が、かなり難しいです。前提条件として流れ(因果関係)・重要語句を頭に叩き込む必要があります。その上で問題文・指定語句を参考に解答の方向性を確定させていきます。
問題文は軽視されがちですが、実は“かなり”重要です。
何が問われているのかをまず整理します。ここを適当にやってしまうと600字も書けば、どんどんと的外れになってしまいます。
結局、指定語句を繋いで字数を埋めたものの、それは自由作文であって論述からは程遠い出来となってしまいます。
もちろんそれでは、点はきません。

問いは何なのか?そしてその答えは何なのかをまずはっきりさせます。その上でどのように論述すればスマートになるのかを考え枠組みを考えます。練習を重ねると大体何字ぐらいでこの内容は書けるな、といったことが分かるようになるのでそういったことも考慮します。
どうしても分からないときは、指定語句を繋ぐ解答でも仕方ありませんが、極力、問題文と指定語句から知識を絞り出し伝えたいことをはっきりさせましょう。
大論述に50分時間を割くとしたら35~40分はこの作業に時間を当てましょう。

では、平成28年度の第一問の問題文を掲載しているので書く内容を思い描いてみてください。
比較的かんたんな問題なので取り組みやすい方だと思います。

19663702?w=430

平成28年度 東京大学世界史過去問

この問題で書くべき内容を整理してみます。
一言で言うと、13~14世紀のモンゴル帝国を中心とした経済・文化の交流について書きます。
問題文に経済・文化とあるので、この2つについて半分ずつ書くのが自然とすぐに考えられるはずです。
かといって闇雲に書いてはダメです。
「以上のことを踏まえて」と問題文にあるので、第一段落を見てみると帝国を超えてヒト・モノ・カネ・情報が行き交うようになったと書いています。
その具体的な地域が次の文章で与えられています。
つまり、帝国外のこうした地域も含めた交流の様相について述べていくことが分かりました。
後は、指定語句をどのように使うか考えていきます。
このように本文を最大限に使って組み立てていきます。

方向性を確定させたら実際に論じていきます。ですが、いきなり書き始めると色々な問題が生じる可能性があります。
そのため、以下の2点に注意しアウトラインを作りましょう。

①設問の要求に明確な答えを提示できているか。
ex) 影響を問われたら、誰が見ても分かるように〇〇という影響を与えたと書く。

②解答のバランスが極端に悪くなっていないか。
ex) 2つのものを比較する問題では、それぞれ250~300字で書く。

の2つです。
この2つを考えた上でアウトラインを作ってみましょう。
世界史の知識だけでなく、国語力も試される辺りが非常に難しいですね。

書いた論述は必ず先生に見てもらうなどして自分の表現力も高めていきましょう。

【第二問】短文記述

第二問は一番の勝負どころです。
というのも第一問は難しすぎて、第三問は逆に簡単すぎて差が付きにくいからです。
一番差が付きやすい第二問を取れれば合格点に大きく近付きます。

難易度としては、小論述は基本的に、教科書レベルの典型的な問題です。
語句説明など一問一答の逆のような簡単な問題が出題されることもあります。

ここでは、第三問の一問一答と合わせて基本的な知識の定着を目指しましょう。
その後、論述問題集・過去問・模試などを利用して実際に書いて練習します。
典型的な問題が出ることから、問題集などで解いた問題の解答をしっかりとインプットすることが、良い対策になります。

【第三問】一問一答

一問一答は一番の稼ぎどころです。1問2点という噂もあるので全問正解を狙いましょう。
対策としては、一問一答の問題集を完璧にしましょう。
それが終われば、過去問や予備校の予想問題集をこなすといいでしょう。
語句レベルは教科書レベルが大半です。
なので、そこまで難しい一問一答問題集は必要ないでしょう。
私は山川の一問一答を使っていました。

また、試験は記述式のため、必ず漢字で書けるようにしておきましょう。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

東大世界史の過去問利用法

14650371?w=430

過去問は必ず解きましょう。
というのも過去に出題されたテーマ・問題が焼き直しされることがあるからです。
特に一問一答は同じ問題が出題されていることもあります。「過去問をやっていれば解けたのに…」などと後悔するのは嫌ですよね。
また時間配分も大事です。
第一問の大論述は45~50分欲しいので第二問と第三問を素早く解く必要があります。
短時間で答えを出して自分の言葉で字数内にまとめるには、実際に解いて慣れるしかありません。

解く年数ですが、第二問、第三問は20年分解きましょう。
コスパを考えると第一問を多く解くことは効果的とは言えません。

過去問は、同じ問題が本番で出ても完璧に解けるレベルまで復習することが大事です。

合格のための参考書・問題集【段階別】

14706608?w=430

設問別の対策をお伝えしたところで、おすすめの参考書を紹介したいと思います。
世界史はインプットで決まるので紹介するのは、ほとんどがインプットのための参考書です。
どれも東大対策に有効だと思うので、参考にしてみてください!

教科書(山川/東京書籍/帝国書院)

世界史の勉強の王道は教科書です。
特に東大の世界史は教科書ベースに作られています。
教科書では流れや因果関係が詳しく解説されているため論述のポイントを身に付けることができます。
私は東京書籍と帝国書院の2冊を使っていました。

東大受験生の多くが東京書籍を使用しているため私も東京書籍を使っていましたが、おすすめは「帝国書院の教科書」です◎
帝国書院は東大が好みそうなテーマについてかなり詳しく書かれています。世界の一体化についてのコラムは実際に過去の東大入試に使えそうなフレーズがたくさん載っていたので覚えていました。
また、流れに絞って書いている分、教科書自体が薄いのもおすすめポイントです。

772840
参考書名
詳説世界史B 81 世B 304 文部科学省検定済教科書 高等学校 地理歴史科用
著者
木村靖二, 佐藤次高, 岸本美緒
ページ
0ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
17218675?w=80

★★★★★ 無駄なく情報がまとまっています。 歴史科目は流れを把握するのが第一だと(私は)考えているので、この内容をある程度固めてから一問一答形式の問題集に移るといいかもしれません。 歴史がどうしても苦手で教科書見るだけでも嫌という人はナビゲーターや実況中継を挟んでからでもいいと思います、ただ最終的にはこれを熟読した方がいいかと

16736060?w=80

私はあまり教科書を見ない派だったのですが、早稲田とかで出題される細かい地名や図などが地味に載っていて、侮れない1冊だと思いました。受験期にもっと使えばよかったです。

20947785?w=80

これをやらずになんか他の参考書に手を出している輩をよく見かけるが、 これと一問一答だけで対応できない試験はない (センター試験は教科書からしか出ないから教科書だけで十分) はじめは読みにくいかもしれないが、それは1文に情報が濃縮されているから 論述も教科書の表現がとても役に立つ だから教科書は隅から隅まで完璧にするべき 僕は最後まで教科書と共に戦った 負け戦はない 皆も教科書と共に心中する覚悟をしよう ちなみにセンター世界史Bは満点でした

レビューをもっと見る
16562318
参考書名
世界史B(世B308)東京書籍 文部科学省検定済教科書 高等学校地理歴史科用【平成29年度版】
著者
福井憲彦
ページ
0ページ
出版社
東京書籍
Btn amazon
7504519
参考書名
文部科学省 46 帝国 世B-303 : 新詳世界史B
著者
川北稔 ほか9名
ページ
0ページ
出版社
帝国書院
Btn amazon

荒巻の新世界史見取り図(上/中/下)

同じく流れを掴むのにおすすめするのが、この世界史見取り図という参考書です。
教科書に比べると断然読みやすいので教科書が難しく感じる人はこちらから始めてみるといいでしょう。
著者は東大志望者の中では有名で、この参考書も東大の過去の出題テーマを意識した構成になっているように思いました。

単純に読み物としても面白かったので空き時間に読んでみるという使い方でもいいでしょう。

8561
参考書名
荒巻の新世界史の見取り図 上巻―大学受験 (東進ブックス 名人の授業)
著者
荒巻 豊志
ページ
396ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
22471319?w=80

学校の先生が分かりにくいので家でこれ使って補強してます。学校の数倍わかりやすく、歴史背景も記憶に残りやすいです。

レビューをもっと見る

山川一問一答世界史

山川の一問一答は教科書に準拠しているので東大の対策におすすめです。
私は赤シートで隠して答えを裏紙などに書いて練習していました。
正直、この一冊で東大世界史の一問一答の知識はカバーしていると思います。

8685013
参考書名
山川 一問一答世界史
著者
ページ
288ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
17893678?w=80

教科書と資料集とこれだけでも世界史にかなり強くなれます 年代暗記の本もあると尚良いです 某予備校の一問一答より問題量が絞られているようですが、これで十分です

10678807?w=80

東進と山川両方やった経験から言いますと、私は山川のほうが効率よく覚えられました。 入試本番で世界史で満点狙いたいのならば東進のほうが情報が多いので可能だと思います。が、私は山川でも充分得点源にできました。なにしろ山川はスッキリしてるのが◎ 私は世界史が最後まで足を引っ張ってて、センター終わってから入試本番まで、 教科書音読→山川の一問一答やる を繰り返し猛スピードでやってました。 やり出した時期がセンターのあとだったので、最終的には一問一答を7周するのが限界でしたが、なんで今までこんなに時間かかってたんだろう、ってくらい世界史の知識がどんどんついてるのが赤本解いてて身にしみてわかりました。 山川か東進かは結局は個人の好みだと思います。 ですが、世界史の勉強法としては、1年間かけてちょっとずつダラダラやるよりは、短期間集中(例: 2週間世界史やりまくって一気に通史して一気に暗記する)が絶対いいです。絶対です。絶対(3回目) 英語は短期間でどうこうなるものでは無いですが、世界史は覚えたもん勝ちです。覚えたら点が取れるんです。単純な科目です。 センター後に慌てて世界史を真剣にやり始めましたが、逆に、忘れる前に本番が来たので世界史のおかげで合格できたと言っても過言ではなかったなーと思います笑 受験生の方、量が多い世界史はさっさと終わらせるのが得策ですよ!頑張ってください💪

17603167?w=80

これやってもセンターは取れない 2次も使う人は東進のやつのほうが良い

レビューをもっと見る

世界史論述練習帳new

インプットを一通り終えた人、具体的にはセンター世界史で9割以上を取れるようになってきた人におすすめしたいのが、この世界史論述練習帳という問題集です。
論述の参考書は数が少ないのでこれを使っている人も多いと思います。
論述練習帳は、特に第一問の大論述の解説が詳しくメモの作り方までも紹介しています。
論述に不安を抱えている人、どう書けばいいのか分からない人は参考にしてみてもいいでしょう。

また、別冊の基本60字は第二問の短答論述の対策に最適だと思います。

16474
参考書名
世界史論述練習帳new
著者
中谷 臣
ページ
266ページ
出版社
パレード
Btn amazon
9068434?w=80

長めの論述問題が出題される国公立志望者向け 良いところ 論述問題に対してどのように解答するかがパターン別によくまとめられており、これから論述の練習に取り組む受験生に向いています。設問要求を問題文から注意深く読み取り、それに対し丁寧に答えるという姿勢がとても良いです。(大手予備校の解答速報などでもこうした基本的なことができていない場合が意外に多い。) 別冊基本60字は論述の頻出・重要テーマがまとめられており役に立ちます。 良くないところ 最も気になるのは著者の解答での日本語表現が拙いことです。言葉遣いが洗練されていないばかりか、平仮名の濫用が見られます。字数に余裕がないことが常の論述問題では極力簡潔で洗練された言い回しや漢字を用いることが普通です。こうした理由から著者の解答から解答に使える言い回しを学ぶことができません。 また、一部の問題では著者の個人的なこだわりが極端な現れ方をしていて、良いとは言えない解答が掲載されています。特に東京大学の問題では設問から読み取った様々な設問要求に全て答えていくことが必要になるので、東大志望で世界史で稼ぎたい人は他の解答も参照する必要があります。 使い方としては、問題を解いたら信頼できる先生に添削してもらい、疑問点を質問して解決すると効果的です。著者は構想メモを作るだけで良いと言っていますが、実際に文章化することでメモの作り方も上達しやすくなる(=構想の立て方が上手くなる)ので、できる限り答案を作りましょう。

21938024?w=80

基本60字は酷い。解答例のクオリティが低すぎる。解答の書き方や過去問が多数載っていることは確かに良いが、基本60字は使うな。

レビューをもっと見る

みるみる論述力がつく世界史

この参考書も東大の論述対策におすすめです。東大に限らず世界史の論述問題を扱っています。
基本的な論述問題を解けるようにすることは非常に大事です。問題を解くだけに終わらず解答も暗唱して知識を増やしていきましょう。

18130691
参考書名
みるみる論述力がつく世界史
著者
ページ
200ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon

東大の世界史25ヵ年(赤本)

過去問はこの25ヵ年を使用していました。通称"赤本"ですね。
具体的な使い方は過去問の利用法の章で紹介しました。
最後にしっかりと過去問演習をした上で本番に挑みましょう。

16844127
参考書名
東大の世界史25カ年[第5版] (難関校過去問シリーズ)
著者
佐藤 貢
ページ
400ページ
出版社
教学社
Btn amazon

東大の受験対策について他教科の記事もあるのでぜひ参考にしてみてください。

最後に

15182652?w=430

これまで東大世界史の特徴、設問別の対策、そしておすすめの参考書をお伝えしてきました。
東大の入試では、大きな視点を日頃から持つことが大事です。
同時に論述問題は解答を簡潔にまとめる国語力も必要となります。
世界史に苦手意識を持っている人も本記事を参考に対策に励んでみてください!


東大対策についてさらに知りたい人は以下をご覧ください。
東大合格に必要な勉強時間・センター対策についてはこちらへ。
他教科の東大対策の記事もあるのでぜひ参考にしてみてくださいね!

【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

【東大数学】めざせ満点!?東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

【東大国語】おすすめの対策法や参考書!配点など入試情報も

【東大日本史対策】東大生直伝!おすすめの勉強法&参考書・問題集

【東大地理】東大生が教えるおすすめの参考書と対策法

Univ l@2x
国立 / 東京都 千葉県
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
17781791?w=72
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

18811039?w=120

【東大合格勉強法】現役東大生の考える東大受験に必要な勉強時間・計画まとめ

15705509?w=120

【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

15707712?w=120

【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

15706680?w=120

【東大合格勉強法】文系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

19431564?w=120

【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

15707261?w=120

【東大合格勉強法】理系国語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay