【東大世界史】その対策と参考書を東大生が詳しく解説!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「東大世界史が難しすぎる」
「論述問題の解き方が分からない」
「何の参考書を使えば良いの?」
など、東大世界史に関する悩み・疑問等は多いと思います。
実際東大の世界史は、論述問題が大半を占めているため対策を指定ない人にとっては、非常に難しく感じられるはずです。

そこで、現役東大生の私が東大世界史の特徴、対策、おすすめの参考書についてお伝えしていきます。
私は、受験生時代世界史が一番の得意科目で、夏の東大模試では世界史11位を取ったことがあります。
そんな私だからこそ伝えられる東大世界史の対策法を伝授するので、ぜひ参考にしてみてください!

私の受験生時代

先程、私は世界史が一番得意だったと言いましたが、実際の勉強は、ほぼ独学です。
高3になってからは、偶に塾の講義に参加したり、学校で世界史の授業を受けたりはしましたが、論述を少し見てもらった程度で、基礎の部分は自分で全部やりました。
詳しい世界史の勉強法が気になる人はこちらを見てください。
ここでは、東大模試で11位を取るまでどうやって世界史の勉強を進めたのかをお伝えしていきます!

東大世界史の特徴

対策をする前に知っておかなければいけない事をまとめておきました。
東大世界史の特徴を掴んだ上で対策を立てていきましょう。

出題形式

東大世界史の出題形式は至ってシンプルです。
60点満点で大問が3つあり、第一問が600字程度の大論述、第二問が30~150字の論述問題が4~6題、第三問が10題の一問一答です。

制限時間は社会2科目を合わせて150分なので、この3つの大問を70~75分で解くことになります。

配点

東大の世界史の詳しい配点は定かではありません。
というのも大学が公表していないからです。
そのため様々な憶測が飛び交っています。
第一問からそれぞれ30点、20点、10点という説もあれば、各20点の60点満点という説もあります。(私は後者推し)
まあ正直なところ、日本史や地理との公平性を保つために得点調整しているはずなので、毎年変わっていると思います。

いずれにせよ正確な配点が分からない以上は悩んでも仕方ありません!
過去問を解く際は、一旦予備校の配点を参考にしてみるのがいいでしょう。

記述式である

東大世界史の大きな特徴として全てが記述問題だということです。
記述ということは選択肢に頼れませんし、正確な漢字を書けるようにする必要もあります。
さらに論述問題では日本語での作文能力も当然求められます。
これらは、練習することで慣れていくしかありません。
地道に手を動かした勉強法が大事ですね。

出題範囲に偏りがない

これは受験生にとっては大きな負荷ですよね。2017年度の大論述は、現代から出題された前年から一転して、古代のテーマが出題されました。
全ての時代、分野の論述対策まですると、かなりの時間が必要となりますよね。
効率的な勉強法はないのでしょうか?

これについては朗報があります。次を見てください!

教科書レベルの内容で対応できる

東大世界史の内容は教科書でほぼカバーしています。教科書を大きく逸脱した細かい知識を問うてくる私大入試との大きな相違点はここです。
東大の世界史は教科書レベルの知識で世界史のタテ・ヨコの大きな流れを理解しているかに主眼が置かれているのです。
そして、教科書レベルで論述問題を作ろうとすると必ず問われやすい論点は限られてきます。

そのため、闇雲に全範囲を勉強するのではなく、教科書をベースに論述のポイントを確実に抑えていく勉強法が有効です。

地理や日本史との親和性が高い

東大の世界史は、地理と日本史との親和性がとても高いです。
特に東アジアの歴史や近現代史は関連性が高く思わぬ形で他科目の知識が生きるということは東大入試の場合、頻繁に起こります。
もう片方の選択科目も怠ることなく勉強することが大事と言えます。

得点差が付かない

東大世界史の得点は35~45点の間にかなりの受験生が密集しています。
日本史では、50点超えをする人がチラホラいますが、世界史の場合はそんな人は滅多にいません。

合格者平均点と目標点は?

先程も書いたように世界史は高得点を狙うにはコスパが悪いです。
その勉強時間を英数に割いたほうがよっぽど周りに差を付けられるでしょう。
では、何点ぐらい取ればいいのでしょうか?
周りの感じを見ていると合格者平均点は40弱です。
そこで、40点を一つの目安にしてみるといいでしょう。
ここでは、40点を目標に話を進めていきます。

ただ、予備校の模試では点数が出にくいので、あまりその点数を気にする必要はありません!

東大世界史の設問別対策

東大世界史の特徴を掴んだところで、設問別に対策法をお伝えしていきます。
勉強法に困っている受験生は必見です!

【第一問】大論述

第一問の大論述は、ある出来事をタテ・ヨコの大きな視点で捉えさせ、それを500~600字で論じさせるという高校生にはかなりハイレベルな難問です。
難問すぎるが故にあまり差が付かないというのが現状です。
そのため、大論述は全く解けなくても合否にはそこまで影響しないんですよね。
筆者の意見として世界史が得意!って人以外は第二問と第三問に8割ぐらいの力を注いでいいと思います。
仮に勉強しても0点だとコスパが悪すぎますよね。

それでも第一問の対策をしたい!という人にはお伝えします。

この大論述を解くためのプロセスとしては大きく2点です。

①問題文・指定語句を正確に読んで解答の枠組みを作ること
②それを500~600字で採点者に正確に表現すること

正直①が、かなり難しいです。前提条件として流れ(因果関係)・重要語句を頭に叩き込む必要があります。その上で問題文・指定語句を参考に解答の方向性を確定させていきます。
問題文は軽視されがちですが、実は“かなり”重要です。
何が問われているのかをまず整理します。ここを適当にやってしまうと600字も書けば、どんどんと的外れになってしまいます。
結局、指定語句を繋いで字数を埋めたものの、それは自由作文であって論述からは程遠い出来となってしまいます。
もちろんそれでは、点はきません。

問いは何なのか?そしてその答えは何なのかをまずはっきりさせます。その上でどのように論述すればスマートになるのかを考え枠組みを考えます。練習を重ねると大体何字ぐらいでこの内容は書けるな、といったことが分かるようになるのでそういったことも考慮します。
どうしても分からないときは、指定語句を繋ぐ解答でも仕方ありませんが、極力、問題文と指定語句から知識を絞り出し伝えたいことをはっきりさせましょう。
大論述に50分時間を割くとしたら35~40分はこの作業に時間を当てましょう。

では、平成28年度の第一問の問題文を掲載しているので書く内容を思い描いてみてください。
比較的かんたんな問題なので取り組みやすい方だと思います。

平成28年度 東京大学世界史過去問

この問題で書くべき内容を整理してみます。
一言で言うと、13~14世紀のモンゴル帝国を中心とした経済・文化の交流について書きます。
問題文に経済・文化とあるので、この2つについて半分ずつ書くのが自然とすぐに考えられるはずです。
かといって闇雲に書いてはダメです。
「以上のことを踏まえて」と問題文にあるので、第一段落を見てみると帝国を超えてヒト・モノ・カネ・情報が行き交うようになったと書いています。
その具体的な地域が次の文章で与えられています。
つまり、帝国外のこうした地域も含めた交流の様相について述べていくことが分かりました。
後は、指定語句をどのように使うか考えていきます。
このように本文を最大限に使って組み立てていきます。

方向性を確定させたら実際に論じていきます。ですが、いきなり書き始めると色々な問題が生じる可能性があります。
そのため、以下の2点に注意しアウトラインを作りましょう。

①設問の要求に明確な答えを提示できているか。
ex) 影響を問われたら、誰が見ても分かるように〇〇という影響を与えたと書く。

②解答のバランスが極端に悪くなっていないか。
ex) 2つのものを比較する問題では、それぞれ250~300字で書く。

の2つです。
この2つを考えた上でアウトラインを作ってみましょう。
世界史の知識だけでなく、国語力も試される辺りが非常に難しいですね。

書いた論述は必ず先生に見てもらうなどして自分の表現力も高めていきましょう。

【第二問】短文記述

第二問は一番の勝負どころです。
というのも第一問は難しすぎて、第三問は逆に簡単すぎて差が付きにくいからです。
一番差が付きやすい第二問を取れれば合格点に大きく近付きます。

難易度としては、小論述は基本的に、教科書レベルの典型的な問題です。
語句説明など一問一答の逆のような簡単な問題が出題されることもあります。

ここでは、第三問の一問一答と合わせて基本的な知識の定着を目指しましょう。
その後、論述問題集・過去問・模試などを利用して実際に書いて練習します。
典型的な問題が出ることから、問題集などで解いた問題の解答をしっかりとインプットすることが、良い対策になります。

【第三問】一問一答

一問一答は一番の稼ぎどころです。1問2点という噂もあるので全問正解を狙いましょう。
対策としては、一問一答の問題集を完璧にしましょう。
それが終われば、過去問や予備校の予想問題集をこなすといいでしょう。
語句レベルは教科書レベルが大半です。
なので、そこまで難しい一問一答問題集は必要ないでしょう。
私は山川の一問一答を使っていました。

また、試験は記述式のため、必ず漢字で書けるようにしておきましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

【東大合格勉強法】現役東大生の考える東大受験に必要な勉強時間・計画まとめ

【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

【東大数学】めざせ満点!東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

【東大国語】おすすめの対策法や参考書!現代文と古文それぞれ解説!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に