【東大日本史】東大生直伝!おすすめの参考書・問題集と対策法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

東大の日本史ってどんな問題が出るの?どうやって対策したらいいの?
おすすめの参考書・問題集は?

東大日本史についてこんな疑問を抱いてはいませんか?
私も日本史の論述は大の苦手で、対策には苦労しました。
論述対策って授業ではなかなか扱ってくれないので疑問がつのるばかりですよね。

そこで本記事では、日本史で受験した現役東大生の私があなたの疑問を解決します!
入試情報から、おすすめの勉強法・参考書にいたるまで東大日本史対策の全てを教えちゃいます。
東大志望のあなたは必見!
ぜひ本記事の対策法を参考に東大日本史に挑戦してみてください。

東大日本史の入試情報

東大日本史は毎年ほぼ同じ問題構成で問題が出題されています。設問形式をおさえて、目標点や理想の時間配分を決め、東大入試対策をはじめましょう!

東大日本史の配点と出題形式

東大日本史の設問形式と各設問の配点を見ていきましょう。

東大日本史は4つの大問で構成されています。
第1問が古代、第2問が中世、第3問が近世、第4問が近現代と時代に沿った出題となっていて、問題構成はかなりシンプルです。

配点については、東京大学からの明示がないので正確なところはわからないのですが、日本史全体で60点の配点になっていて、かつ各大問の解答量に差がないことから、一般的に各大問15点の配点になっていると考えられています。

次に、各大問の具体的な出題形式を見ていきましょう。東大日本史はどの大問もほとんど同じ設問形式をとっています。
具体的には、はじめに資料文または文献や地図などの史料が示され、それに関連する問題に対し、記述式で答えるという形です。
東大日本史は問題数自体1〜3問と設問によって差がありますが、記述の総量は各大問5.6行で毎年ほとんど変わりません。ちなみに1行30字とされているので、1つの大問あたり150〜180字の記述をすることになります。
例年形が変わらない分、対策のしやすい科目だといえますね。

センターの得点別!東大日本史の目標点

東大日本史は得意不得意が非常にわかれやすい教科なので、ここではセンター日本史の得点を参考に、得意度別の目標点をご紹介したいと思います。あらかじめ目標点を決めておくと、合格までの距離が分かりやすくなって対策へのモチベーションも変わってきますよ。

センター日本史の得点率が8割に満たない人

日本史はそこまで得意じゃない…そんなあなたは、東大日本史では30点越えを目指しましょう。
近年の最低合格点が5科目合わせて350点(正答率約63%)であることを考えると、せめて配点の50%はとっておかなければ、他の科目でカバーしきれなくなってしまいます。
各大問7〜8点を目指す計算になりますね。半分はもぎとりましょう。
ちなみに私は社会科目が大の苦手だったので、30点を目標にしていました。

センター日本史の得点率が8〜9割の人

日本史がまあまあ得意なあなたは東大日本史で35〜45点の得点を目指しましょう。35〜40点はだいたい東大合格者の平均くらいです。大問1つあたり9〜10点程度得点する必要がありますね。センター日本史が8割以上コンスタントに取れるくらいの知識量があれば、このくらいの点数には到達できるはずです。

センター日本史の得点率が9割以上の人

日本史に自信のあるあなたは、東大日本史では50点以上を目指してみましょう。
センター試験で9割以上が取れるなら知識量はもう問題ないはずです。東大独特の出題に慣れ、解き方のコツがわかるようになれば、50点以上の得点も夢ではありません。
これから具体的な勉強法や解き方のコツを紹介していくので是非参考にしてください!

センター日本史の得点別!東大日本史の目標点まとめ
8割に満たない人→30点以上
8〜9割の人→35〜45点
9割以上の人→50点以上

東大日本史の時間配分

東大の二次試験では社会2科目合わせて150分の試験時間になっています。この150分を2科目にどう配分するかをまず考える必要があります。
この時間配分は人によるとは思いますが、2科目の得意度に差がないなら、まずは各教科75分での解答を心がけましょう。過去問を解いて感覚をつかむうちに自分にとってベストな時間配分を見つけることが大切です。

世界史と違って、日本史は各大問が同程度のボリュームの問題になっているので、各大問18〜19分で書くようにしましょう。非常に切りの悪い数字ですが、全ての大問を切りよく20分かけて解いてしまうと時間が足りなくなるので注意が必要です!

もちろん、各大問の時間配分には多少のばらつきがあって大丈夫です。日本史の中で特別得意な時代がある場合はその時代の大問は15分で解くなど、自分の得意不得意に合わせた時間配分を考えておくと、試験本番の時間管理も楽にできますよ。

東大日本史対策のポイント

教科書を徹底的に読みこむ

東大日本史の対策を始めたいなら、はじめに教科書を徹底的に読み込みましょう。

どうして教科書で勉強すべきなのかというと、東大日本史を作成している東大教授の多くが教科書の作成に携っている方々だからです。
つまり、教科書には東大教授が高校生に知ってほしいことが詰め込まれているのです!対策にはうってつけですね!

ということで、まずは教科書の通読から始めましょう。その際、1文1文声に出して読んでみるのがおすすめです。声に出して音読することで、黙読だと読み流してしまうような情報に気づいたり、自分が理解しにくい箇所が見えてきます。
注釈など細かい箇所から出題されることもあるので、注釈にも忘れずに目を通し対策しましょう。

また、「教科書の記述だけでは分かりにくい…」「参考書でもっと分かりやすい説明を見つけた!」そんなときは教科書にどんどん書き込みをしていきましょう。
とにかく教科書の内容を細部まで理解することが重要です。線を引いたり、印をつけたりして、自分がわかりやすいように工夫してみてください。書き込みはアウトプットも兼ねることができるので、だらだらと読んでしまいがちな教科書の通読にもリズムが生まれてはかどりますよ!

過去問に早く手をつける

まだ教科書を理解しきれていないし、過去問なんてまだ早い…
それ、大きな間違いです!
東大に限らず二次試験の対策をする際に重要なのは、「各大学の出題傾向を知り、それに慣れる」こと。やみくもに受験勉強を進めても大学合格にはつながりません。

まず、東大日本史の問題に取り組んでみましょう。もちろん全く解けなくても何の問題もありません。どんな問題が出るのか体験してみるというのが大事なのです。
過去問活用法については後で詳しく説明しますが、東大日本史のように出題傾向が固定している問題は特に「過去問にいかに取り組んだか」が勝負の鍵を握っています。確かに解けなかったらどうしようと怖くなる気持ちもわかりますが、まずは軽い気持ちで解いてみてください!それだけで最終的な結果も随分変わってきますよ!

記述の経験値をつむ

東大日本史のような記述問題が解けるようになるには、とにかく「経験値」が必要です。ただ知識を詰め込むだけでは解けるようになりません。解き方のコツが身につくまで、過去問や問題集で問題演習を繰り返しましょう。

自分の解答を客観的に見るのが難しいと感じるなら、問題を解いたら高校の先生や塾の先生に添削してもらうと良いでしょう。
添削を受けるのが難しい場合は、採点基準などが明確な問題集や過去問解説サイトを利用するのもいいですね。私は良い添削環境がなく自分で添削していましたが、採点基準がはっきりしていると自分でも添削する力が身につきやすいですよ!

普段から史料に目を通しておく

東大日本史のキーポイントの1つに「史料の読み取り」があります。

日本史の問題では、全ての大問で資料文や史料が提示され、そこから読み取れる歴史的な事実や背景が解答の大事な要素となってきます。
したがって、史料の読み取り能力は東大日本史を解くうえで必須の力となってきます。

この力を鍛えるためには普段から史料に親しんでおくことが重要です。
資料集や史料集を活用し、歴史的な文書や地図の読み方を学びましょう。
一見なんだか分からない史料でも、見るべきポイントが分かれば解答にいかせる要素が見えてくるはずです。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

東大日本史の解き方とコツ

いくら日本史の知識を身につけても、実際に東大日本史の問題が解けなければ意味がありませんよね?問題演習を始める、その前に解き方の手順とコツを知りましょう!

設問文を分析して解答をイメージ

東大日本史は冒頭に資料文があるので資料文から読んでしまいたくなりますが、そこはぐっと我慢してまずは設問文の分析から始めましょう。

ここで押さえるべきは「何を答えなければならないのか」ということです。そんな当たり前のことを…と思うかもしれませんが、なんとなく解き始めてしまうと、資料文に引っ張られて資料分の単なる要約になってしまう可能性が十分にあります。
また、東大日本史では「〜に触れながら」や「〜の上で」など解答に条件が付く場合が多いです。解答には条件となる要素が必要であるということなので、条件も必ず押さえておきましょう。

ひと通り設問を読み終えたら、解答に必要な要素を頭のなかで考えてみましょう。知っている知識の中から解答の大枠がつくれるようになればベストです。

資料文を読む

設問文を読み解答がイメージできたら、いよいよ資料文の読み取りに入りましょう。資料文は解答作成のためのヒントです。ただ文章を目で追うのではなく、設問文で確認した解答のポイントを念頭に置きながら「この資料から何を読み取り解答に反映してほしいのか」ということを常に意識して読むようにしてください。

解答をつくるときにはポイントをまとめる

さあ、解答を考えよう!という段階になったとき、思いつく解答をいきなり解答用紙に書くのは非常に危険です。まずは解答に入れるポイントを自分の中で整理しましょう。

このとき、解答を図や表で表してみると解答作成が楽になります。比較ならば要素ごとに比較する表を、関係を問われているならば矢印などを使って分かりやすく図をつくりましょう。頭が整理される上、解答の要素を抜かす危険を防ぐことができます。

ここまで来たらもう解答はできたも同然です。考えたポイントと設問文の要求を照らし合わせながら解答を完成させましょう!

この記事を書いた人
現役で東京大学 文科Ⅱ類に合格しました。文系学部ですが数学が得意なので、数学や国公立対策の記事を中心に執筆しています。 マヨネーズが苦手なのですが、最近ちょっとずつ食べられるようになってきました!

関連するカテゴリの人気記事

【東大合格勉強法】現役東大生の考える東大受験に必要な勉強時間・計画まとめ

【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

【東大数学】めざせ満点!東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

【東大国語】おすすめの対策法や参考書!現代文と古文それぞれ解説!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に