【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

偏差値60から偏差値70の人のための参考書別英語勉強法

英語偏差値60以上の受験生は、MARCHや早慶上智の合格が現実的になりはじめているレベルです。このレベルでは、志望する大学によって使用する参考書を変えていく必要があります。MARCHを志望するのであれば、これまでに紹介した参考書での学習に、これから紹介する長文対策と過去問での学習を行えば充分です。ただ、早慶上智や旧帝大を目指す受験生のあなたは、これまでに学習してきた英文法・英文解釈の2つの分野の参考書を、一段階グレードアップさせる必要があります。

MARCH志望者は「英語長文」の勉強法まで進み、早慶上智志望者は2つの分野のハイレベルな参考書に取り組みましょう。

英文法勉強法

【使用参考書】
語法全解説頻出英文法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

この一冊は、「Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服」以上の情報量を含む英文法問題集です。タイトル通り、1000題の文法問題が掲載されており、各題の解説が非常に丁寧です。正直、結構ヘビーな参考書で、やり込むのに時間がかかりますが、夏休みなどを使って集中的に取り組めば、一ヶ月でこなせると思います。この参考書をマスターするのに使った一ヶ月は、あとであなたの財産になりますよ!なにしろ、英語の偏差値が一気に上がります。大学受験英語の文法は、これを完璧にやり込めばオッケーでしょう!

【英文法の勉強法・目標】
勉強方法は既に紹介したものと同じで、問題演習でのアウトプットと解説でのインプットを繰り返す方法です。目標は、早慶上智を目指す受験生であれば「1000題中900題以上の問題に正解できる」に設定しましょう。

英文法・語法1000は重めの問題集ですが、これ一冊を終えれば大学受験英語の文法問題は問題なしの状態になります。ハードでもリターンは大きいので、一生懸命勉強しましょう。

参考書名
全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

高3の夏に1日50問ずつやりました 解説が詳しくて好きでした!ただかなりボリューミーなのは否めません英語に時間割ける人じゃないとキツいかも 取り組むなら1周だけと言わず間違えたとこだけでも反復学習するのがいいと思います

よい

現役時にコズミックゆうという名前で同教材のレビューをしましたが浪人時にも愛用しました。マーチレベルでは無双、早慶でも合格最低レベルには確実に到達できると思います。文法教材に迷ったらひたすらこれをやっとけば大丈夫🙆‍♂️英文法ファイナル問題集との併用もおすすめです

レビューをもっと見る

英文解釈勉強法

【使用参考書】
「英文読解の透視図」篠田 重晃 (著)

この一冊は、難関大学が出題するレベルの複雑な英文構造を網羅・解説した良書です。この一冊があれば大学受験の複雑な英文構造の全てに対応することができます。薄めの一冊なので、英文解釈の基礎的な力が身についていれば、読み流す程度で十分勉強になります。私の場合は3日から1週間で終えました。

【英文解釈の勉強法・目標】
勉強方法は、既に紹介した方法と同じで、「理解」した英文を「音読」していく方法です。筆者の場合は、『英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)』で英文解釈の素地ができていたので、音読よりは読んで理解する段階に集中した勉強を行いました。

参考書名
英文読解の透視図

まず前提として文型を理解していない人には英文読解の透視図は理解できません。 ある程度の熟語単語文法共に理解している人にとっては解釈を深淵に導く一冊になるでしょう隠れた省略や倒置などは完璧に見抜けます ただ一つ懸念があるとするならば訳が意訳気味と言うところです

批判を恐れずハッキリ言うと、この本も現代的な、読んでてつまらない粗製濫造のひとつと言っても過言ではないだろう。まぁ最近の読解系の学参の読むに耐えなさを鑑みれば幾分か良いところにあると言うのは事実だけど この本を使うとしたら、ある程度基本的なことをビジュアル英文解釈などで身につけた上で 「SVCOの構造」 「成句的動詞表現の後続要素の移動」「(and,but,orの結ぶもの)文構造上確定困難な場合」 「仮定法と助動詞の問題」 「as/than以下の倒置」 「比較対象の前方への繰り出し」 「no+比較級+thanの研究」 あたりと、自分の弱点が明確な場合はそこに取り組むと万全でしょう、例えば倒置とかね 上記のところ以外をこの本でやるとなると、うーん、、、 あくまで基礎的なことは他でやって、「守備範囲を広げる本」ぐらいにとどめてみては? まぁ過去問でそれはできませんかと聞かれるとその通りとしか言えませんが

『英文読解の透視図』名前だけではイマイチピンとこない…そんな参考書。初版発行が1994年で「いやこんな古い参考書誰がやるんじゃい」っていうのが一般的な反応だと思う。 この参考書はチャレンジ問題24問、標準問題48問、そして卒業問題1問で構成されている。読解力を上げる参考書としては程よい量だろう、6問/1日のペースでやれば12日で終わる。 そして一番の魅力は「第一章:英文構造」と「第二章:省略・倒置・挿入・強調」の充実、というかそれ以降の「第三章:仮定法・比較表現」は簡単だから正直どうでも良い。とにかくこの第一章と第二章をやり込めば大体の英文は読めるし差がつけられる、早慶志望者は大体ポレポレをやっているがせめて英文読解だけでも差をつけることを推奨する。 文法や単語で差をつけるよりコスパいい気がする(自論) 特に直前期に過去問で行き詰まったときに3日間とかの高速度でこの参考書を回すと、短時間でただ目の運動になっていた読解が文章の意味を汲み取りながら読めるようになるのでおすすめです。 透視図で英文だけでなく合格への道も透視してしまいましょう🥸

レビューをもっと見る

英語長文勉強法

英語長文問題集は、2・3冊取り組めば充分です。英語長文問題集は、大学受験の英語長文問題の対策として取り組むものだと考えられていますが、実際にあなたが解いて得点する必要があるのは「志望校の問題」、つまり「過去問」です。英語長文問題集は、あくまでも長文問題とはどのようなものなのかを知る入口として取り組む程度で良いと思います。

【使用参考書】
「やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)」俊一, 杉山、 友幸, 塚越著
「やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)」俊一, 杉山、 友幸, 塚越著
「やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)」俊一, 杉山、 友幸, 塚越著
「やっておきたい英語長文1000 (河合塾シリーズ)」杉山 俊一
「英語長文問題精講 新装版」中原 道喜著
「キムタツの私立大学英語リーディング 超難関大学編 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)」木村 達哉著

【英語長文の勉強法・目標】
勉強法は至ってシンプルで、「解いて、復習する」だけです。
一点注意するべきなのは、「復習」により重点を置いた学習をするということです。

多くの受験生は、長文問題や過去問に取り組んだ際に、問題を解いて、その結果に一喜一憂し、解説を「なんとなく」読んで「わかった気」になります。そして、次の問題に移ります。果たしてこの勉強で受験生は何を得ることができたのでしょうか?

英語長文問題で力を付けるために必要なのは、「復習」であり、「答え合わせ」の次の段階です。この段階の学習が良質なものであれば、解いた長文を確実に自分のものにしていくことができます。私が英語長文問題を解く際に気を付けていたのが、「答え合わせ」をした後で「解説を読まない」ということです。なぜなら、本番の試験で解説を読むことはできないからです。

私は、答え合わせをし、正答に丸を付け、選択した回答が間違っていた場合には、「正答の根拠を発見する」ように努めていました。つまり、より本番に近い状態で、「自分で正解を見つける力」を養おうとしていたのです。「答え合わせ」の後ですぐに解説を読んでは、「自分で正解を見つける力」を身に付ける努力も機会もなく学習が終わってしまいます。

必要なことは長文問題を解くことで力を身に付けることなので、実力を身に付けるための勉強を意識していきましょう。「やっておきたい英語長文」のシリーズは、わりと薄めの英語長文参考書で、内容が充実しているため、いつ取り組んでみても自分の英語長文の読解力を鍛えるには良いと思います。このシリーズをやり込んで、カンタンだなーと思えるようになったあなたは、過去問に行きましょうね!

【英語長文】厳選問題集で徹底対策!長文問題の読み方・解き方を知ろう!

参考書名
やっておきたい英語長文300 (河合塾SERIES)

今日11やったら2020年が未来として出てて時の流れを感じた

文短いけどその中で学べることが豊富なのでいい感じ。自信がつく。 CDないのは痛いけど、それ以外の欠点がない 解説もわかりやすいし、色んな分野の話が聞けるのでたくさんの分野の内容を網羅したい方には特におすすめ。

レビューをもっと見る
参考書名
やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

解説が丁寧じゃない。設問は学習効果を考慮してオリジナルになっていて良い。 けど音声もないし、イチから鍛えるや出る出た英語長文の方が優れていると思う。

「ジャングルのへき地でカモノハシと出会った。カモノハシ、君には勝てなかった」と爺さんは話している。カモノハシを舐めてはいけない。私はこれ以上進むことはなかった。

300やったから500をやろうと思って買いました。 自分の英語力とかあると思うけど、文法とか単語とかの、長文に対する力をしっかりつけたあとの、実力確認に使うのがいいのかな、と思いました。 それか、他の方も書かれていると思うけど、音読用にするとか。 文の構造とかをしっかり解説してくれる問題集を求めている方は、他のものの方がいいかもしれません。 参考になれば嬉しいです。

レビューをもっと見る
参考書名
やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

解説ゴミ 時間とお金の無駄だった

共通テスト8割以上取れて文法ある程度頭に入ってる人に向いてる。あと解説に要約も乗ってるので和文要約対策も多少はできる。理系のトピックが若干多め。 ただSVOCや文法などの解説が少ししかないので、その辺強化したい人には不向き。 やや専門的な用語も、ちらほら出てくるので単語がまだ完璧でない人は辞書使っていいと思う。 個人的にはやっておきたいシリーズよりZ会のRISEシリーズをすすめる。

結論から言うと早慶勢には向いていない 和訳多すぎるし内容一致が少なすぎる ただ文の内容自体はなかなか良きなのでしっかり精読して読みましょう 一つ注意すべきところは11番の佐賀大の太陽エネルギーかなんかのやつが異常にむずすぎる。東大一橋早稲田とかのよりぶっ飛んでむずすぎた。和訳読んでも意味が分かりません、高校生の読む内容ではない気がします。 あそこは飛ばすべきです。時間の無駄

レビューをもっと見る
参考書名
やっておきたい英語長文1000 (河合塾シリーズ)

東大や一橋大などの難関大の問題を扱う教材ではありますが、内容や設問はそれほど難しいものではなく、答えが簡単に見つかります!ただ、記述を上手く書こうとすると意外と難しいです。記述力に加えて、柔軟な訳し方なども鍛えられるので、まずはやっておきたい500か700を完璧にしてからやるべきだと思います!

睡眠不足の解消にはなるのでお勧めしたいです

思っていたより難しいものではなく、長さも私的にはちょうど良いものでした。 時間がある人におすすめです。

レビューをもっと見る
参考書名
英語長文問題精講 新装版

かなり手応えのある日本語訳問題、 解釈問題を要されるが、 普通に読んでも感動するような良分、 体型的な設問が魅力。 5周はして、終わったら音読するのがオススメ。

すごく難しいわけではないけれど、読みごたえのある長文が60問ものっていて、実力の把握と向上ができ、文の内容も知識として身につくしとても良い。

まず60の長文が載っており、設問は決して良問ではないものの長文の質はものすごく良く、やり甲斐があります。 これをスラスラ読めるまで繰り返し読みまくったらきっと力が尽きます。

レビューをもっと見る
参考書名
キムタツの私立大学英語リーディング 超難関大学編 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

問題数も解説の質もいい。march志望へおすすめ。しかし筆者が関学出身だから関学持ち上げすぎ

難しい英文になると読めなくなると兄に相談したところこの本を勧められ、高3の秋ぐらいにやりました。 難関大の問題が20個ぐらい入っています。解説も丁寧で解いて音読を繰り返せば難解な英文に慣れる気がします。 是非やってみてください、オススメです

レビューをもっと見る

大学受験英語勉強の過去問対策

大学受験英語の勉強の最終段階が、過去問の対策です!
過去問は基礎学力を身に付けたうえで最も時間を掛けて対策するべき分野です。この過去問がまさに、英語の最高の参考書と言えます。

なぜなら、各大学毎の対策を徹底的に行うことが、合格に必要な力を身に付けることに繋がるからです!まずは志望校の問題に関する「情報収集」を行い、次に実際に解いてみましょう。解いた結果、自分に足りない部分があれば、参考書学習に立ち返って勉強してみるべきです。

自分の志望校・志望学部の問題で合格点以上を出せば合格できるのですから、個別学部の徹底的な対策は必須です。ここでは、過去問の解き方と過去問に取り組む時期別の「解く量」を紹介します。

過去問の解き方

解き方はシンプルで、長文問題の学習と同じです。つまり、「解いて、復習する」だけです。ただ、過去問の場合には、実際に受験する問題と同じ傾向の問題に取り組むため、時間を掛けてでも文章や問題の特徴を観察し、慣れていきましょう。

長文問題と同じように、過去問を解いて「力試し」をするのではなく、解いて「徐々にできるようになる」ことが大切です。答え合わせを終えたら、自分で正答の根拠を見つける努力をしましょう。そうすることで学力が身に付いていきます。

過去問を解く時期①:入試半年前(9月頃)

入試半年前の時期=9月あたりに過去問に取り組むことのできるあなたは、まずは全志望校・志望学部の問題に関する「情報収集」を意識して解いてみましょう。まずはどのような問題なのか、その問題を解くためにはどのような力が必要なのかを知ることが重要です。この時期に過去問に取り組むことのできるあなたは、それだけの時間の余裕があるため、じっくりと時間を掛けて過去問の対策をし、必要な力が不足していれば参考書や問題集に頻繁に立ち返って学習しましょう。

【取り組む過去問の年数(量)】
挑戦校:10年分
実力校:5年分
滑り止め校:2年分

過去問を解く時期②:入試まで残り2ヶ月(12月)

入試まで残り2ヵ月程度、12月あたりから過去問に取り組む受験生のあなたは、まずは素早く全受験校・学部の問題に関する「情報収集」を行いましょう。そのうえで、志望度の高い学校から解いていきましょう。時間がない場合には、滑り止め校の過去問は「問題を知る」に留める程度でも良いかもしれません。

【取り組む過去問の年数(量)】
挑戦校:5~10年分
実力校:3~5年分
滑り止め校:1年分~「情報収集」のみ

過去問を解く時期③:入試まで残り1ヶ月 (1月)

入試まで残り1ヵ月付近、1月あたりから過去問に本格的に取り組むあなたは、全ての受験校を丁寧に対策する時間はありません。志望度の高い大学・学部を中心的に対策しましょう。滑り止め校に関しては、問題傾向を知るために前日に軽く解くくらいで済ませましょう(もちろん、以前より対策しておくのが理想ではあります)。

【取り組む過去問の年数(量)】
挑戦校:5年分
実力校:3年分
滑り止め校:「情報収集」のみ

このように、過去問の取り組み方は、「あなたが過去問の対策に本格的に取り組む準備ができる時期」によります。英単語・英文法・英文解釈などの基礎が身に付いていないにも関わらず、過去問に臨んでも返り討ちにされるのがオチです。過去問に取り組めるだけの学力を、可能な限り早い段階で身に着けましょう!

また、下記のリンクで過去問を利用した勉強計画の立て方に関してもご紹介しています。興味のある方は参考にしてみてくださいね。

【勉強計画】過去問から逆算!ゴールを見据えた計画で英語力を伸ばす方法

最後に

英語の偏差値は単なる「模試の結果」の1つに過ぎませんが、勉強計画を立て、何に集中する段階にいるのかを明確に意識した勉強を行うのには有用です。

「今現在」どんなに英語が苦手な人でも、偏差値40以下から偏差値70まで上げることは不可能ではありません!偏差値を効率的に上げることが難しいのは、多くの受験生が自分の学力では「何を」「どのくらい」勉強するべきなのかが明確にわからずに、貴重な時間を浪費してしまうからです。自分の学力にあった勉強計画を立て、毎日目標や進捗状況をしっかりと管理しながら、コツコツと勉強していきましょう。

あなたも、自分に合った勉強法と参考書で、偏差値70に到達してください!応援しています!

英作文対策が必要なあなたはこちら!

この記事を書いた人
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に