センター英語対策完全版!時間配分と9割満点取る勉強法&参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

この記事ではセンター英語の勉強法と対策におすすめの参考書・問題集を紹介します。
対策する分野が多くて不安、なかなか点数が伸びないと思う方もいると思いますが、的を射た対策をすれば平均点を超えて確実に9割〜満点を取れるようになります。

ぜひ今後の勉強の参考にしてみてください。

センター英語の変化について

問題が年々長くなっていて、難化の傾向にある

かつては分量が少ない代わりにじっくりと考えさせる問題が多く出ていましたが、年度が新しくなるにつれて分量が全体的に多くなっています。
設問で紛らわしいものはありませんが、解答に必要な情報を素早く見つけ出さなければなりません。
2016年度入試からは新課程が導入されることもあり、全体的に見て難化していると言えます。
2017年のセンター英語も難易度が上がっていたので、より対策が求められるでしょう。

2・3年おきに一部の問題形式が変わる

文法・長文の問題は数年ごとに形式が変化します。
2014年からは第3問のBパートで「取り除いたほうが良い文」を選ばせる問題が新たに追加され、かなりの受験生が落としていました。
また、2011年からは第6問のBパートでパラグラフの要約を選ばせる問題の形式が変わりました。
解答箇所が多くなり、受験生を脅かすもうポイントの一つになっています。

リスニングに関しては2015年に選択肢の作りが変わり、聴きながら検討するのが少し難しくなっています。
最新の傾向ということでは、2017年には第2問のCの中で、文が3分割されたうえで選択肢が並び、文法的に正しくつながるよう結びつける問題が出されました。

見慣れない形式の問題があれば、落ち着いてその内容を確認してから解答するようにしましょう。

センター英語で陥りやすい罠とその対策

英語をある程度分かっているのに解けないという受験生が、意外とハマってしまう落とし穴があります。
勉強したり過去問演習の際にここは注意が必要だ、というポイントを押さえておくと効率よく対策できます。
闇雲に勉強するのではなく、一度ここで要点を把握しましょう!

センター英語は長文こそ確実に高得点を狙うべき

文法で稼いで40点は確保しよう、という魂胆の人がいますがちょっと待って下さい。
全体のうち、たった2割のために細かい勉強をするのは非効率だと思いませんか?
語彙の問題は配点が1問あたり2〜4点ですが、長文読解問題は1問あたり5〜6点です。
配点を考えた時にオトクなのは長文問題を正解することですよね。

単語・文法の勉強はほどほどにして、読解のスキルを鍛えることを優先する意識を持ちましょう。
もちろん読み方や解き方のコツを後のトピックで詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

時間配分は何よりも大切!80分で全問解答できるペースを考えよう

センター英語を見据えた勉強をするにあたっては、時間配分を常に意識しましょう。
センター英語の試験時間は80分。
この中で55個前後の設問に答えなければなりません。
片っ端から解答して、どこかでつまずいて、そこに集中しすぎた結果、未解答の問題を数多く残してしまっては取り返しがつかないのです。

そこで、時間配分の目安を設定しておくことは大切なのです。
時間配分した中で解き終わらなければ、諦めて次のパートに移ってを繰り返し、時間配分を修正していくとベストです。
具体的には、

第1問:3分
第2問:7分
第3問:15分
第4問:15~20分
第5問:15分
第6問:20分
合計:75〜80分

このようなペース配分が理想です。
5分近く見直しに時間を充ててケアレスミスも含めてミスを無くせることが理想です。
再度確認するゆとりも確保しつつ時間配分を工夫してみると良いです。

後ほど、大問毎の対策と勉強法を紹介しますが、合わせて時間配分の目安も紹介します。
これが絶対というわけではないですが、文章量や難易度を考えると全体を通してゆとりを持って解くことができると思いますので、演習をするときにはぜひ参考にしてみてください。

センター英語で9割~満点を取るための勉強法

単語暗記は2000語程度覚えよう

先程述べましたが、センター英語で求められる語彙数は2000ほどです。
2000語と聞くと多い気がしますが、普段の文法の学習で目にするものも多く含まれるので、毎日継続的に努力すれば意外とすんなり頭に入るものです。

英単語暗記の際は、意味や発音・アクセントはなるべく正確に覚えましょう。
覚える際に声に出すいわゆるしゃべり勉強や単語帳に付属するCDを使って耳で覚えると良いです。
思い出す作業が楽になるだけでなく、センター英語の発音・アクセント問題やリスニングに対応できるようになるので、書いたり眺めたりする以外にも勉強の手法を工夫してみてください。

英文法対策は標準レベルの参考書を繰り返し読む

センター英語では難しい内容が出ることはまれです。
なので、基礎的な部分をいかに正確に理解し、アウトプットできるか、ということを意識してみましょう。
私がおすすめする勉強は、標準レベルの参考書を何度も読み返してみることです。

徐々に学習していくのが文法事項ですが、その一方で忘れている部分がある、といったことは意外と多いのです。
知識の穴に気付くこともあるので、ぜひ1冊読む参考書を決めて根気強く眺めてみてください。
読むときは、全体の基本となる考え方を押さえてから深い内容の学習へと移っていくと良いです。
浅い内容→深い内容というプロセスを減ることで基礎からやや応用的なものまで網羅的に覚えることができます。

この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

【センター英語】時間配分と解答順を直して満点を取ろう!

センター英語対策完全版!時間配分と9割満点取る勉強法&参考書・問題集

センター英語の勉強法と解き方のコツ!一ヶ月で平均点を超え8〜9割へ

【センター英語】9割超えの受験生に共通する時間配分と勉強法

【センター英語】オススメの時間配分と超効率的勉強法で9割から満点を目指す!リスニング対策も!

【センター英語文法】誰でも満点を取れるコツとおすすめ参考書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に