センター英語満点対策!過去問を使った勉強法とおすすめ参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

過去問の2つの使い方

①1年分まとめて過去問を解く

過去問1年分やることの意義は何でしょう??
私は大きく分けて2つあると思います。1つ目は、試験時間を体感することで、時間配分を試行錯誤することができることです。2つ目は、自分の実力を把握して自分に何が足りないのかを自覚させてくれることです。 よって1年分過去問をやるときは、マークシートなども用意して、できるだけ本番に近いコンディションでやるようにしましょう。直前期になったら、過去問を解く時間もセンター試験の英語の本番の時間に解くことをおすすめします。

②大問ごとに過去問を解く

大問ごとに過去問を解くということをやったことはありますか?効果的に苦手を克服できる方法の1つであると思います。また何年も前の過去問だと近年のセンター英語とは傾向が違って1年分時間を測って解くのは、あまり効果的ではない。そんな場合でも、傾向の変わっていない大問はあるので、それらを効果的に利用することができます。

この大問ごとに過去問を解く方法には、大きくわけて2つの意義があると思います。
1つ目は、大問ごとの傾向をつかめること。
2つ目は、苦手な大問を克服できることです。

私は地味に失点の多かった第1問の発音・アクセント、第2問の文法問題でこの演習法を行っていました。

やり方は単純です。制限時間を設定して、第1問なら第1問だけを10年分一気に解くという形でやります。制限時間の設定の仕方は、人にもよりますが、配点から割り出すことで大体の目安になると思います。計算のやり方は簡単です。
例えば、第1問は配点14点。200点満点中の7%を占めていますね。よって、制限時間80分の7%、つまり5〜6分が目安になってきます。第1問はもう少し短い時間で解くのが望ましいですが、この配点から制限時間を計算する方法は他の科目にも応用できる便利な方法だと思うので、ぜひ活用してみてください。

解答・解説の使い方

過去問の直し

センター英語の過去問を解いた後の直しは、適当にやりすぎると何も定着せず、せっかく過去問演習をした意味がないですよね。しかし、時間をかけすぎても他の科目の勉強時間を圧迫してしまい効率が悪いですよね。過去問の直しは、問題を解く時間と同じくらいの時間で直しをやることを目安とするといいと思います。

発音アクセントや文法問題など、知識で処理する問題を間違えてしまった場合、原因は知識が足りなかったか、ケアレスミスをしたかの2つです。このような問題では、解説を読んで、足りなかった知識をしっかり吸収するようにしましょう。

長文問題やグラフの読み取り問題などの読解問題を間違えてしまった場合は、解説を読んで、しっかりその原因を分析する必要があります。読み飛ばしが原因なのか、単語力が足りなかったのか、文構造が把握できなかった故に文意が把握できなかったなど、様々な原因があると思います。解説をフル活用しましょう。

全部の問題の解説を読む必要はありません。しかし、自分が間違えた箇所や知識が曖昧だった箇所はしっかり解説を読むようにしてください。知識が曖昧だから後で確かめたいと思った箇所は、過去問を解いている際に印をつけておくと、過去問の直しをする時間が短縮されていいかもしれません。

過去問の解き直し

解き直しは、発音・アクセントや文法など、記憶系で間違えた問題のみやることを勧めます。読解問題は1回読んだことがあるものだと、どうしても内容が頭に残ってしまっているので、あまり解き直す必要はないでしょう。

過去問演習から得た新たな知識の暗記法

ちなみに、覚えていなかった英単語や文法上の重要事項はどのように覚えていますか?自分なりのノートにまとめているなど、やり方は人それぞれだと思います。
重要なのは、1つの所に、情報を集約して保存すること。また、ノートにまとめている時間など、暗記する以外の作業にできるだけ時間をかけないことです。

私はノートを作ると、作ったことに満足してしまい、見直しを怠ってしまうタイプの人間でした。そこで、解答・解説にマーカーを引いて、そのページを写真に撮って、スマートフォンに専用のフォルダを作り、そこに分類して管理していました。英単語なら英語フォルダにという具合にです。スマートフォンなら混んだ満員電車とかでも見直せますし、便利ですよ。隙間時間も有効に活用できるといいですね。

おすすめ参考書&問題集

発音・アクセント対策

短期で攻める最頻出問題発音・アクセント300

参考書名
短期で攻める最頻出問題発音・アクセント300

センター発音アクセントで満点取れます。

これをやって良かったことは アクセントは 「その時々で考えるけどどうせ運」 だと、適当にやってたけど、 これよんでから 根拠を持ってマークするようになりました。 もう1ついいポイントは 第1問にかける時間が かなり短くなったとこです さらに、わかりやすくてすぐ理解出来たとこも有難かったです。 だだ、発音のとこはあんまり…

レビューをもっと見る

センター英語の発音・アクセントに頻出の英単語を3厳選してあり、効率よく対策することができます。この参考書の後ろには、リスニングにも役立つ「発音・アクセント問題 頻出語500」のリストがついています。CD付きで、移動時間や休み時間など、隙間時間の対策にも活用できる参考書です!

センター試験英語が面白いほどとける本 (発音・アクセント・会話・語句整序・文法編)

参考書名
センタ-試験英語が面白いほどとける本 発音・アクセント・会話・語句整序・文法編

この参考書兼問題集では、センター英語の発音アクセント・会話・語句整序・文法問題を1冊で対策できます。

頻度順 音でおぼえる発音・アクセント (大学入試即解セミナー)

参考書名
音でおぼえる発音・アクセント 頻度順

センター直前期に、1点でも多く取るために使用しました。 まず発音アクセントは、対策するしないで大きく変わります。対策してないけど初アク取れる人は、ネイティブかもしくは英会話めっちゃできる人くらいでしょうw そうじゃない人は、優先順位は低いですが、1点もぎ取りたいならやるべきです。初アク対策本の中でもこれは優秀だと自分は思います。 まずレイアウトがとてもよく、CD付きなので正しい初アクを習得できます。毎朝ぶつぶつ声に出してると、自然と覚えられます。 これやって過去問とか解くと、ほとんどこの参考書でやったことあるのばかりなのに驚くはずです。もしも載ってないのがあったら、自分で書き加えるなどして、少しでも多く知識を増やすことが大事です。 初アク対策したいならコレ!!!

CDを聞きながら、発音するがまるで頭に残らない。自分の記憶能力が低いことは知っているが... 体で覚える感じのタイプはわたしには向かないようだ。理論要素はほぼない。そりゃ音で覚えるって言ってるから...でもにしたって理論要素も書いてはほしい、一般化できないから。

【良い点】 ✔️出る順に並んでる ✔️まとまってて、覚えるものが少なめ ✔️発音記号の説明がわかりやすい ✔️練習問題付き 【悪い点】 ✔️間違いやすい読み方が隣に書いてあり、それを覚えそうになる ✔️CDはテンポが悪くてあまり使えない ✔️練習問題の答えが後ろにあって見るのが面倒 センター対策に使いました。これまで発音記号が読めませんでしたが、この本で読めるようになり、模試でも発音アクセント問題は常に8割取れるようになりました。おすすめです。練習問題がかなり難しく、力がつきますが答えを見るのが面倒でした。発音アクセントはセンター1ヶ月前から詰め込めば入ります。そのくらいで始めれば十分だと思います(私立である人は別ですが)。発音問題は、単語を見て発音記号が頭に浮かぶかどうかです。この本ならそれができるようになると思います。凄くおすすめです!

レビューをもっと見る

最新の入試問題を分析し、センター英語に出題される頻度が高い順に収録されています。見やすく、やったところから結果に繋がる参考書です。

文法・語法問題 対策

決定版 センター試験 英語[文法・語句整序]の点数が面白いほどとれる本

参考書名
センタ-試験英語「文法・語句整序」の点数が面白いほどとれる本 0からはじめて100までねらえる

差がつかなそうで実は差がつく「文法・語法問題」、パターンがあるようで実はない「語句整序問題」の2大テーマに、近年の新傾向である「熟語問題」が追加されています。比較的メジャーなセンター英語の参考書・問題集で、支持者も多い参考書です。

センター英語の文法・語法問題の対策に関しては、こちらの記事も参考にしてみてください⬇

【センター英語文法】誰でも満点を取れるコツとおすすめ参考書

長文問題 対策

改訂版 センター試験 英語(読解)の点数が面白いほどとれる本

参考書名
センタ-試験英語「読解」の点数が面白いほどとれる本 0からはじめて100までねらえる

右上の表示には0から100まで狙える。ということで、この本では101点以上をとる力がある人には不適切であるかのようですね。しかしながら、内容としてはその程度で終わる代物ではないんじゃないですか

面白いほどとれるので、だまされた!ともってやるといい。デーバナを選ぶのが上手くなれる

センター長文というよりは、長文そのものの読み方を教えてもらえる本です。 変な長文の問題集やるよりもセンターの過去問やった方が良いとこの本に書いてあります。 塾のセンター対策講座よりもこれを自分でやっていった方コスパ的にも良いと思います。

レビューをもっと見る

合格へ導く英語長文Rise 読解演習2.基礎~標準編(センター試験レベル)

参考書名
合格へ導く英語長文Rise読解演習 共通テストレベル 2 基礎~標準編

解説が詳しくて、わかりやすい! 次のレベルのものも購入しようと思います😊

レビューをもっと見る

『英語長文Rise 読解演習』シリーズは、厳選された英文を用いた問題演習を通して、センター試験基礎レベルから難関国公私立の大学入試に対応できるレベルまで長文読解の力を高めていくことができる参考書です。
「2. 基礎〜標準編」では450~500語程度の入試必須となるレベルの英文15本が収録されています。英文のテーマ・内容に関連した語彙のコラムで、「長文読解の推進力」となる語彙力も増強することも可能です。

「2. 基礎〜標準編」が簡単すぎるという人は、無理にレベルを下げてセンターのレベルでの長文問題を特化するよりも以下の「3.標準〜難関編」や「4.最難関編」で演習することをおすすめします。

合格へ導く英語長文Rise 読解演習3.標準~難関編(センター試験~難関国公立・難関私立レベル)

参考書名
合格へ導く英語長文Rise読解演習 センタ-試験~難関国公立・難関私立レベル 3 標準~難関編

センター・共通テスト以上2次以下の問題を探している人にオススメ。 共通テストのワンランク上へ行くのにサポートしてくれる。 まず物語自体面白いからやる気がでる。問題解説以外にもアドバイスがあって非常にためになる。語数は540~780あって段々増えていくけれど途中で詰まるなんてことは自分は無かった。 これやった後にやっておきたい700をやったが、改めてこの本の解説の良さを実感した。

解説がたっぷりで文法解釈などはもちろん全文訳などもあってとても使いやすいです。 塾などに行っていない人は、解説が濃いのでオススメです。 塾に行っている人は先生に聞けるでしょうから、 詳しい解説が不要なら、問題数の多い問題集を買うといいと思います。

最後のらへんはかみごたえがあるぞい

レビューをもっと見る

合格へ導く英語長文Rise 読解演習4.最難関編(東大・早慶上智レベル)

参考書名
合格へ導く英語長文Rise読解演習 東大・早慶上智レベル 4 最難関編

難しいけどやれば読解力めっちゃ上がるらしい。ただ、それが東大英語に生かされるまでには4ヶ月かかった。オーソドックスな読解には滅法強くなれる気がする。

センター後にヤル気満々で購入し、解き始めましたが、あまりのムズさに4題目くらいで断念しました 今では本棚に飾ってあります

8月に使用。 そのころの自分には900とか1000語の長文は長すぎて半分寝ながら解いてましたが力はついたとおもいます。早慶とか難関国公立の問題が多くてやりがいがあります

レビューをもっと見る

センター英語の長文問題に関する対策は、こちらの記事も参考にしてみてください⬇

【センター英語】英語の長文読解で満点を取れる2つのポイント

マーク式問題集

マーク式問題集は、過去問と違い、最新の傾向を踏まえています。センター英語の過去問をそこそこ解いてしまっていて、最新の問題傾向の年度がもう残っていない。でも最新の問題傾向でセンター英語の演習を1年分通してやりたいというあなたにおすすめです。問題集によってレベルがやや違うので、自分が挑戦したいレベルにあったマーク式問題集を選ぶことをおすすめします。レベルに関しては、問題集ごとに説明していきます。

大学入試センター試験実戦問題集英語(筆記) 2016 (大学入試完全対策シリーズ)

参考書名
大学入試センター試験実戦問題集英語(筆記) 2016(駿台大学入試完全対策シリーズ)

センター英語の傾向を踏まえた予想問題が収録されています。過去に模試として実施された問題には、当時のデータが掲載されているため、自分の到達度を比較することができます。難易度としては、本番のセンター英語より、やや難しい程度です。

マーク式総合問題集英語 2016 (河合塾シリーズ)

参考書名
マ-ク式総合問題集英語 2016(河合塾series)

過去問は何年か前のものになると形式が変わっちゃうけど これは8回分全部最新のセンターの形式だから練習になると思う 全統マーク模試の過去問で平均点も載ってるから参考になると思う!

高3の夏からやりました。何回も繰り返しして、覚えられない単語などはノートにまとめました。これとそのほかの自分の教材を使えばセンター7割は取れると思います。

レビューをもっと見る

マーク式総合問題集英語 2017 (河合塾シリーズ)

参考書名
マ-ク式総合問題集英語 2017(河合塾series)

正直控えめに言います。神教材です。コレはセンターと同じ解き方でして下さい。時間も測って。解きごたえもあり、点が取れたら自信になります。センター過去問を少し解いた後に力が上がったか測るのに使うのをおススメします。 時期的には、秋。頑張って下さい!

レビューをもっと見る

大学入試センター試験対策の模擬試験である「河合塾全統マーク模試」の問題が掲載されています。駿台のと同様、当時の模試のデータから自分の到達度を判定することができます。難易度は、本番のセンター英語と同程度です。

2018センター試験本番レベル模試 英語【筆記】 (東進ブックス センター試験本番レベル模試)

参考書名
センター試験本番レベル模試英語【筆記】 2018(東進ブックス)

東進模試「センター試験本番レベル模試」が収録されています。上記に紹介したのと同様、当時のデータから自分の到達度を把握できます。

この記事を書いた人
    一橋大学経済学部に所属しています。

    関連するカテゴリの人気記事

    【センター英語】時間配分と解答順を直して満点を取ろう!

    センター英語の勉強法と解き方のコツ!一ヶ月で平均点を超え8〜9割へ

    センター英語対策完全版!時間配分と9割満点取る勉強法&参考書・問題集

    【センター英語】9割超えの受験生に共通する時間配分と勉強法

    【センター英語】オススメの時間配分と超効率的勉強法で9割から満点を目指す!リスニング対策も!

    センターリスニングで確実に8割以上取るためのレベル別勉強法

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に