【センター現代文】解き方のコツからおすすめの参考書まで紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「センター現代文ができない…」と悩んでいませんか?
現代文は基本的に暗記科目ではなく、確立された解答法もないため対策に困っている人も多いと思います。
また、時間も全体で80分と短いため時間内に解き切るだけでも一苦労ですよね。
さらにセンター現代文は他の科目と比べて一題あたりの配点が高く、ちょっとしたミスが致命的なものとなりがちです。

そんなセンター現代文ですが、例年平均点は他の科目より低めの5割程度。
そこで今回はいつも5、6割程度の得点の人が8割までアップするための勉強法から解き方、おすすめの参考書まで紹介していきます。

この記事を読んで効率的にセンター現代文の得点を伸ばしていきましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

センター現代文の基礎知識

まずはセンター現代文の基本的な知識とポイントを確認しましょう。

配点

センター国語は4つの大問からなっていて、配点は次のようになっています。

現代文(評論):50点
現代文(小説):50点
古典:50点
漢文:50点

全体のうちで現代文が占めるのは100/200点です。
8割を目指すのであれば、そのうち80点を取らなくてはなりません。

特に問二〜五の内容理解の問題は1問8点程度であるため、それらの問題のミスは評論文、小説各1問以内に抑えておきたいですね。

時間

センター国語の難易度を上げている大きな原因は時間がないことです。
特に現代文の評論では4000字、小説では5000字近い文章が出題されることも有り、それらを短時間で解き切らなくてはなりません。
限られた時間で400字詰め原稿用紙で10枚程度の文章を読み、更に問題に答えなくてはならない…と考えると、その難しさがよくわかると思います。
解答時間はセンター国語全体で80分で、私は評論25分:小説20分:古典15分:漢文10分:見直し10分を目安に解いていました。
一般的に古文・漢文は現代文より短い時間で解くことができるため、現代文全体で少し長めの「45分」を目安に解くのがおすすめです。
小説のほうが苦手な人は、評論20分:小説25分など自分の得意不得意に合わせて調節しましよう。
目安を決めておかないと、必要以上に悩んでしまい他の大問を解く時間がなくなってしまいます。選択に悩んでいてその時間をオーバーしてしまいそうになったら、潔く飛ばすことも大切です。

形式

ここではセンター現代文の形式について紹介していきます。
評論・小説それぞれ6問からなっています。

評論
問一:漢字(2点×5問)
問二〜五:内容把握(各8点)
問六:論理展開(4点×2つ選択)

小説
問一:語句の意味(3点×3問)
問二〜五:内容把握(問二:7点、他:8点)
問六:表現について(5点×2つ選択)

(平成29年度センター現代文の例です。年度によって異なる場合があります。)

内容把握などの1題あたりの配点が高い一方で、漢字・語句といった知識問題も合計で19点と侮れません。しっかり対策していきましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

センター現代文基本の解き方

設問をしっかり読む

これは現代文に限らず全ての科目の基本ですよね。
センター現代文ではまれに「適当でないものを選べ」という出題がされることがあります。
このような問題でうっかりミスをしないためにも問題文はしっかり読み、必要があればマークをつけるなどして注意していきましょう。

迷ったら飛ばす

センター国語ではとにかく時間がありません。そして時間をかければ必ず解けるものでもありません。
したがって、迷ったときには一旦飛ばして後で考えましょう。
後で考えることで不思議とすんなり解けることもあり、おすすめです。
その際に飛ばした問題には目立つように印をつけてきましょう。戻ってきたときに分かりやすく、そのまま解き忘れることを防げます。

選択肢の違いを比較

選択肢をなんとなく眺めていて、選択肢同士の違いが分からず、全て同じことを言っているように思えた経験はありませんか?
そんな状況を防ぐためにおすすめなのが、選択肢間の間違いや共通点をしっかりマークするという方法です。
全ての問題に当てはまるわけではありませんが、センター試験の選択肢は一見長く見えてもその殆どが共通する部分である、ということがよく有ります。
そうした問題の時はその共通部分を棒線等で消し、選択肢同士の違いをはっきりさせましょう。
そうすることで何に注目すれば良いのかぐっと分かりやすくなります。

評論文の解き方

漢字

センター現代文での出題される漢字はどれも基本的なものばかりです。
ですから、基本的な漢字の問題集を一通り確認をするという勉強法がおすすめです。
一般的に「漢字マスター1800+」という参考書が人気ですが、センター対策であればもう少しレベルを落としても良いかもしれません。
わたしが受験期に使っていたのは「漢字マイスター頻出漢字熟語3000」という参考書でした。
これは過去の大学入試のデータに基づいた出題頻度順に掲載されており、レベルもセンター対策をするのにちょうど良いように思えました。
また、巻末の四字熟語や慣用句のまとめも見ておくと、第二問(小説)の問一の語句問題等で役に立つかもしれません。

参考書名
漢字マイスター頻出漢字熟語3000
著者
ページ
224ページ
出版社
第一学習社

内容一致問題の解き方

文章を読む時は「逆接」と「断定」に注目しましょう!
逆接とは「しかし」、「一方で」、「〜ではあるが」など、今までの論理を一旦否定する表現です。
そして断定とは「〜である。」「〜に違いない。」などと筆者のはっきりとした判断を示す表現です。
これらの表現の周辺に筆者の伝えたいことが書かれている可能性が非常に高いです。
文章中でこれらの表現に出会ったら、波線を引く・丸で囲む等して強調しておきましょう。
後で問題を解くときのキーワードとなっていることが多く、おすすめです。
また、最終的にはこれらに注目して【筆者は何を伝えたいのか(=要旨)】を把握することを意識しましょう。

逆に、例え話は読者の理解を助けるためのおまけのようなものなので、あまり着目する必要はありません。
「逆接」と「断定」に着目し、「例え話」はサラッと読む。というように緩急をつけて読み進めましょう!

+α 用語理解

余力がある人は参考書を使って現代文特有のキーワードの知識を入れましょう。
自分の興味がある分野の文章はすごく読みやすいと思ったことはありませんか?
やはり元から書かれている内容に関する知識があると、文章がぐっと読みやすくなります。
それをより多くのジャンルの文章に対応できるようになるのが、現代文における「キーワード学習」です。

おすすめは「現代文キーワード読解」という参考書です。
これは使い方にもよりますが、ポイントだけ抑えるなら1週間程度で終わらせられると思います。

参考書名
現代文 キーワード読解 [改訂版]
著者
Z会出版編集部
ページ
360ページ
出版社
Z会

〈使い始めた時の僕〉 ・現代文超苦手 ・文章の読み方が分からない ・語彙力がかなり足りない ・センター評論が30分かけて8割程度 ・現代文で述べられている内容がチンプンカンプン(時間20分の場合) 〈効果〉 ・速読力が身に付いた(センター評論が15分で8割程度とれるようになった) ・現代文でよく使われる語彙力が身に付いた 〈内容〉 ・キーワードの解説 ・現代文の基本知識が効率よく身に付く ・現代文の基本知識が体系的に身に付く ・本文(語句の解説など)がかなり論理的で、読んでいて納得しやすい 〈個人的使い方〉 ・入試問題の文章は読まなかった(早く回すため) ・キーワードの説明をよく読んで理解した 〈おすすめしたい人〉 ・現代文が苦手で、背景知識、現代文で扱われる内容の概要を知りたい人 ・得意不得意関係なく、体系的に(論理的に)知識を身に付けたい人 ・論理的な説明じゃないとムカつく人 〈備考〉 ・速読力が上がったのは、基礎知識が増え、評論文の内容、主張を予測しながら読めるようになったという理由が大きいと考えます ・僕は現代文の参考書としては漢字以外、ほぼこれだけやりました

自分はキーワード系の参考書を軽視してました。 ですが、入試期間中の電車移動の時に暇になって読み始めたのですが、上智の入試本番の現代文に、ほぼ同じ内容が出てきてビックリ! テーマを知ってると知ってないでは、ここまで読みやすさが違うのかと痛感しました。 このキーワード集に書いてることがピンポイントで本番に出るとは限りませんが、頻出テーマがまとめられてるので、やっておくと良いと思います! あと、読み物としても普通に面白いなと思いました。

暇な時にちょっと読んでた。 まぁ、現代文なんて勉強しても、あんま意味ないと思う。個人的な意見だけど。

レビューをもっと見る

小説の解き方

客観的に読もう

大学入試の小説を読む際にもっとも重要なポイントがこの「客観的に読む」ということです!
小説を読んでいるとついつい主人公に感情移入してしまいがちですよね。しかしセンター試験は誰が聞いても納得できる問題として作成されています。
ですから、「自分だったらこうするだろうな」といった独りよがりな解答は極めて危険です。
必ず文章中に根拠となる箇所があるので、それを材料として判断するようにしましょう。

語句問題

小説の問1は例年語句問題が出題されています。
普段聞いたことがある表現でも、それっぽい選択肢が複数あり迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。
この問題を解く時のポイントは「辞書的な意味として正しいものを選ぶ」ということです。
選択肢を文章中に当てはめてみて文意が通るのかを確認するという方法は避けましょう。
私はまず文章を読む前に語句問題に解答し、後で改めて文章と照らし合わせる。という風に解いていました。

問6 (表現に関する問題)の解き方

小説の問6は文章の表現に関する説明として適当なものを6つの選択肢の中から2つ選ぶ形式の問題です。
「○○行目の〜は〜を表している」といった問題を、文章を一通り読み終わった後に再び戻って考える、という作業は結構時間がかかってしまいますよね。
そこで、「文章を読む前に該当部分にマークをしておく」という解き方をおすすめします!
そして読み進める中で該当部分に到達したらその場で一つ一つ検討していきましょう。

センター現代文おすすめの参考書

きめる!センター現代文

参考書名
きめる!センター現代文【新旧両課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)
著者
船口明
ページ
405ページ
出版社
学研マーケティング

センター現代文の参考書としては非常に出来のいいものとなっていることは間違いないです。具体的には、評論と小説パートに分かれていて、それぞれの設問の仕組みやそれに対するアプローチの仕方などが詳述されています。 でも正直個人的にセンター現代文は過去問演習をバチバチ決めていくうちにドンドンできるようになっていくものだ、と感じたので、余程他の教科に余裕がある人以外特別な参考書は要らないのでは?と思います。 センター現代文で高得点を獲得するために最も必要なのは「慣れ」です。テクニックにこだわらなくても大丈夫です。

センター現代文は、形式は独特だがかなりの良問であるので、しっかりとした対策をすれば点数は安定する。ではその対策はなにかということになるが、それがこの参考書にまとまっている。本書はセンター試験の過去問を徹底的に分析し、その特徴が抽象化・明文化されている。それは評論文のテーマの共通性、傍線部の言い換え、本文と選択肢の対応、小説の全体的な整理の仕方、心情問題の論点の確定方法など、様々なものがあり、これらを身につければ、あとはセンターが求める程度の語彙力(日本語力)があれば正答できる。加えて、過去に出題された漢字や語句の意味をまとめた別紙もあるので、直前にさらうのに使えるだろう。また、センター試験が現代文の問題として優れているからか、この本に書いてあることを記憶しセンター過去問で点数が取れるようになれば、自ずとSMARTと呼ばれる難関私大の評論文もある程度できるようになる。ただし、2019年度本試の小説では、この参考書の技術では選べない出題があった。また2020年度から新たな試験が始まるにつき、本書でいう「例外」的な問題が出る可能性がある。従ってこれを基礎とした上で、ほかの問題集や模試で「悪問」に慣れておくなどの、別の対策が必要になるかもしれない。

センター現代文は運なのでやらなくてもいいかも

レビューをもっと見る

『きめる!センター現代文』はセンター現代文に特化した参考書で、接続語に着目した読み方や重要な箇所の見分け方といった読解法から問題を解くときのコツといった受験テクニックまで詳しく解説されています。解説も分かりやすく、しっかり取り組めばセンター現代文で8割・9割を安定して取れる用になります。ページ数が多くて分厚いため大変そうに思えますが、集中して取り組めば1週間で終わらせることも可能です。

マーク式基礎問題集 現代文

参考書名
マーク式基礎問題集 18 現代文 (河合塾シリーズ) 五訂版
著者
ページ
214ページ
出版社
河合出版

センター対策を自称している現代文の問題集は、本物と全く違います。これができたところで(センター試験のみ現代文利用の人は)何もならない。

レビューをもっと見る

『マーク式基礎問題 現代文』はセンター試験に対応したマーク形式の問題集です。レベルは基礎なので、現代文が特に苦手な人が基礎を固めるために使うのがおすすめです。シンプルな形式ながらも解説が充実していることが魅力です。

最後に

現代文は一般的に対策が取りづらく、諦められがちな科目です。
しかしこの記事で紹介したコツを実行したらきっと8割取れるようになりますよ。
そのポイントとは主に
・設問をしっかり読む
・分からなかったら飛ばす
・選択肢の違いを比較する
ということでしたね。
この記事を読んでくれたあなたの受験がうまくいくことを願っています。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    慶応大学に合格しました。趣味は旅行です!

    関連するカテゴリの人気記事

    【センター現代文勉強法】おすすめ参考書と満点を取る解き方のコツ

    【センター現代文】満点を取る解き方とレベル別おすすめ勉強法

    【センター現代文勉強法】満点を狙う解き方のコツと厳選参考書・問題集

    【センター現代文】解き方のコツからおすすめの参考書まで紹介!

    【センター現代文の解き方】正しい勉強法と解き方で満点対策!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に