現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

現代文の参考書選びで悩んでいませんか?
現代文の勉強法が分からなくて困っていませんか?

勉強法が流布していないことから現代文の勉強は後回しにされることが多いでしょう。
ですが、現代文の得点を確実に安定させる読み方と解き方は存在します。

ここでは、現代文に苦手意識を持っている人を対象に現役東大生の私が現代文のおすすめの勉強法と参考書・問題集ランキングをお伝えしていきます。
記述問題の解き方についても解説しているので、センター試験以外でも現代文を使う人はぜひ参考にしてみてください。

現代文に必要な力とは?

ズバリ読解力が必要

そもそもあなたは現代文で必要な力について理解していますか?
「読解力」と答えたあなた。

間違ってはいませんが単に「読解力」といってもあまりに抽象的過ぎますよね?
詳しく答えるなら
・評論においては、「筆者の主張を理解すること」
・小説においては、「登場人物の心情を理解すること」
この2つです。
センター試験・私大入試・国公立大学二次試験。
どれであろうとこの2つが読解の本質です。
これが理解できれば、その文章の理解が出来ていると言えるでしょう。

この読解力に付け加えて記述問題では、自分で解答を作成しなければいけません。
選択肢に頼ることができない分、より正確な理解と表現力が求められます。
そのため、記述問題の方が選択問題より難易度は高いと言えます。

最低限の語彙力を身に付けよう

現代文では、読解力が問われているとお伝えしました。
この読解力の土台となるものが、語彙力です。
大学受験の現代文では、日常生活では使うことのないような言葉がポンポン出てきます。
さらにセンター試験や多くの私大・国公立大学では、漢字・ことわざなどの国語常識を問うような問題が出題されています。
まずは、この語彙力を大学入試レベルまで引き上げることが大事です。

現代文の勉強法とは?

現代文の勉強法として日頃やるべきことは、非常にシンプルです。

【現代文の勉強法①】語彙力を強化する

突然ですが「帰納」と「演繹」の使い分けはできますか?
帰納は「個々の事例から一般的な法則を導くこと」です。
一方の演繹は「一つの法則から個々の結論を導くこと」です。

あなたは、これを知っていたでしょうか?
現代文が苦手な人の特徴として、まず語彙力が低いことが考えられます。
先程もお伝えした通り、語彙力は漢字問題などの国語常識問題として問われるだけではありません。
語彙力は評論や小説でも文章の理解を左右する大事な要素です。

語彙力を鍛える前に自分の志望する大学がどのレベルの語彙を要求しているかを必ず確認しましょう。
一部の私大を除けば、センターレベルの漢字問題集をこなせば十分でしょう。
また評論で使われる語彙は参考書を買って覚える、もしくは問題演習で出てきたものをノートにまとめるなどしましょう。
現代文で出題されるテーマは似通ったものが多いので一度出てきたものを覚えるという二つ目のやり方は非常に効果的です。

【現代文の勉強法②】問題集・過去問で問題演習

現代文はインプットすることが語彙ぐらいしかありません。
そのため、アウトプットである問題演習がメインの勉強法となります。
ただ、闇雲に問題を解いても現代文が得意になることはないのはお分かりでしょう。
最も大事なのは、自分の読み方と解き方を確立することです。
それが確立すればどんな問題がきても大抵は同じように解くことができます。
もう一つ、自分の志望校の過去問は徹底的に行いましょう。
現代文は大学によってかなり差が出るので事前に分析しておく必要があります。

【現代文の勉強法③】丁寧な復習

現代文は復習が命とも言えます。
問題がマーク式であろうと記述式であろうと解説を読んで正しい答えを確認するだけでは不十分です。
自分が間違えた原因、どこで躓いたのかを明らかにしておきましょう。
これを怠ると、別の問題で同じ間違いを繰り返してしまう可能性があります。
時には、自分ではなぜ間違っているのか分からないときもあるかもしれません。
そんな時は必ず先生に質問にいきましょう。
正しい解答プロセスを反復することで正答率をあげていきます。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

現代文の読み方

今みてきたように、やることは非常にシンプルですが、読む際に意識することはたくさんあります。
現代文では、どんな問題がきても同じような読み方と解き方をすることが一番大事です。
ここでは、それをお伝えしていきます。

【現代文の読み方①】設問を先に見ておく

設問を先に読んでおくべきかどうかは、大学によります。
制限時間が短くて速く解かなければならない時は先に設問を読むべきでしょう。
設問が分かっていると本文を読む際に着目するポイントが分かるのでおすすめです。

【現代文の読み方②】重要箇所をマーキング

「マーキングは時間がもったいない」と思っているあなた。
解答の根拠となる重要箇所に線を引いておくと、問題を解く際に素早く解答範囲を確定できるので、マーキングは決して無駄な行為ではありません!
結果的に時間短縮を狙える可能性もあります。

マーキングする箇所は

評論では「筆者の主張」
小説では「心情表現」です。

筆者の主張は「〜と思う。」「〜すべきだ。」といったものから「〜だろうか?」と言った反語的な疑問形でなされる場合もあります。
いずれにせよ筆者が何かを述べようとしていれば、絶対にチェックしてください。
心情表現とは「嬉しい」「〜と思う。」というものもあれば、「顔を赤らめた」というような間接的に感情を表す表現も出てきます。
登場人物の心情が読み取れる箇所があれば、必ずマーキングしましょう。

このようにマーキングする理由は、これらが本文の核心部であり、解答に絡んでくる確率が圧倒的に高いからです!
では評論と小説のそれぞれ詳しい読み方を解説していきます。

【現代文の読み方③】評論文は論と例を分けて読む

評論を読む際に最も大事なのは、本文の主張(=筆者の主張)を掴むことです。
そこで主張を見抜くために使うのが論と例を区分するという方法です。
評論は例をたくさんあげて主張を読者に分かりやすく伝えようとします。
大事なのは当然論なので、例はカッコで印を付けて素早く読みます。
これは速読のコツでもあるので頭に入れておいてくださいね。

ではここで1問例題を解いてみましょう。
論と例を分けることの重要性が分かるはずです。
問題は東京大学の2017年度の入試問題です。
決して難しくないので気楽に読んでみましょう。

東京大学 平成29年度 国語試験問題

さて、この傍線部ですが問題は「下線部とはどういうことか。」というものです。
至ってシンプルですね。
先に言っておくと解答は、この段落内で完結してしまいます。
では、簡単に解説していきます。
一文目にいきなり「私には思われる。」とありますね。
ここが筆者の主張です。
ここまであからさまに明示してあると分かりやすいですよね。
その後、ワクチンや原発の具体例を出して読者に自論を分かりやすく説明しようとしています。
そして傍線部となります。
この段落の構造が見えたでしょうか?
実はこの段落、
主張→具体例→主張(言い換え)という至ってシンプルな構造なのです。

よくよく傍線部を見てみると一文目と同じようなことを言っている気がしませんか?
解答を作る際は、基本的には例をすっ飛ばします。
冒頭を上手く使いながら傍線部を丁寧に言い換えれば解答になります。
ただし、上手い言い換え表現が思い浮かばない時は、例にある言葉を使っても構いません。

論と例を区分して読むことの重要性と筆者の主張が問題に絡みやすいということがこの東大の問題からも分かったと思います。

【現代文の読み方④】接続詞に注意

これは、何度か言われた経験があるのではないでしょうか?
接続詞は本文の論理関係を示す言葉で文章を理解する上で重要なヒントとなります。
「『つまり』の後は直前の内容を要約しているから大事な内容がくる」とか「『例えば』の後は例がくるから速く読もう」とか、接続詞に応じて読み方に強弱を付けることができます。
この接続詞は解答範囲を確定する時に非常に重要になるということを覚えておいてください。

【現代文の読み方⑤】小説は感情表現に注目

評論とは打って変わって小説では登場人物の心情を理解しなければいけません。
現代文の小説では、登場人物の心情とその原因が分かれば、ほとんどの問題が解けます。
ただし、本文の内容を超えて自分で解釈してはいけません。
入試問題である以上、想像力を問うものではないことは明らかです。
本文に書いてあることから考えれば必ず正解に辿りつくようになっています。

この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

現代文の勉強法!正確な読み方解き方のコツ&参考書・問題集

【大学受験 現代文勉強法】現代文の解き方のコツとおすすめの勉強法

現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

【現代文の問題集&参考書】苦手分野を克服して現代文を得点源に

【現代文勉強法】読解力+解答力を身につける参考書別勉強法

【現代文のおすすめ参考書&問題集】センターから難関大対策まで

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に