現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

現代文の参考書選びで悩んでいませんか?
現代文の勉強法が分からなくて困っていませんか?

勉強法が流布していないことから現代文の勉強は後回しにされることが多いでしょう。
ですが、現代文の得点を確実に安定させる読み方と解き方は存在します。

ここでは、現代文に苦手意識を持っている人を対象に現役東大生の私が現代文のおすすめの勉強法と参考書・問題集ランキングをお伝えしていきます。
記述問題の解き方についても解説しているので、センター試験以外でも現代文を使う人はぜひ参考にしてみてください。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

現代文に必要な力とは?

ズバリ読解力が必要

そもそもあなたは現代文で必要な力について理解していますか?
「読解力」と答えたあなた。

間違ってはいませんが単に「読解力」といってもあまりに抽象的過ぎますよね?
詳しく答えるなら
・評論においては、「筆者の主張を理解すること」
・小説においては、「登場人物の心情を理解すること」
この2つです。
センター試験・私大入試・国公立大学二次試験。
どれであろうとこの2つが読解の本質です。
これが理解できれば、その文章の理解が出来ていると言えるでしょう。

この読解力に付け加えて記述問題では、自分で解答を作成しなければいけません。
選択肢に頼ることができない分、より正確な理解と表現力が求められます。
そのため、記述問題の方が選択問題より難易度は高いと言えます。

最低限の語彙力を身に付けよう

現代文では、読解力が問われているとお伝えしました。
この読解力の土台となるものが、語彙力です。
大学受験の現代文では、日常生活では使うことのないような言葉がポンポン出てきます。
さらにセンター試験や多くの私大・国公立大学では、漢字・ことわざなどの国語常識を問うような問題が出題されています。
まずは、この語彙力を大学入試レベルまで引き上げることが大事です。

現代文の勉強法とは?

現代文の勉強法として日頃やるべきことは、非常にシンプルです。

【現代文の勉強法①】語彙力を強化する

突然ですが「帰納」と「演繹」の使い分けはできますか?
帰納は「個々の事例から一般的な法則を導くこと」です。
一方の演繹は「一つの法則から個々の結論を導くこと」です。

あなたは、これを知っていたでしょうか?
現代文が苦手な人の特徴として、まず語彙力が低いことが考えられます。
先程もお伝えした通り、語彙力は漢字問題などの国語常識問題として問われるだけではありません。
語彙力は評論や小説でも文章の理解を左右する大事な要素です。

語彙力を鍛える前に自分の志望する大学がどのレベルの語彙を要求しているかを必ず確認しましょう。
一部の私大を除けば、センターレベルの漢字問題集をこなせば十分でしょう。
また評論で使われる語彙は参考書を買って覚える、もしくは問題演習で出てきたものをノートにまとめるなどしましょう。
現代文で出題されるテーマは似通ったものが多いので一度出てきたものを覚えるという二つ目のやり方は非常に効果的です。

【現代文の勉強法②】問題集・過去問で問題演習

現代文はインプットすることが語彙ぐらいしかありません。
そのため、アウトプットである問題演習がメインの勉強法となります。
ただ、闇雲に問題を解いても現代文が得意になることはないのはお分かりでしょう。
最も大事なのは、自分の読み方と解き方を確立することです。
それが確立すればどんな問題がきても大抵は同じように解くことができます。
もう一つ、自分の志望校の過去問は徹底的に行いましょう。
現代文は大学によってかなり差が出るので事前に分析しておく必要があります。

【現代文の勉強法③】丁寧な復習

現代文は復習が命とも言えます。
問題がマーク式であろうと記述式であろうと解説を読んで正しい答えを確認するだけでは不十分です。
自分が間違えた原因、どこで躓いたのかを明らかにしておきましょう。
これを怠ると、別の問題で同じ間違いを繰り返してしまう可能性があります。
時には、自分ではなぜ間違っているのか分からないときもあるかもしれません。
そんな時は必ず先生に質問にいきましょう。
正しい解答プロセスを反復することで正答率をあげていきます。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

現代文の読み方

今みてきたように、やることは非常にシンプルですが、読む際に意識することはたくさんあります。
現代文では、どんな問題がきても同じような読み方と解き方をすることが一番大事です。
ここでは、それをお伝えしていきます。

【現代文の読み方①】設問を先に見ておく

設問を先に読んでおくべきかどうかは、大学によります。
制限時間が短くて速く解かなければならない時は先に設問を読むべきでしょう。
設問が分かっていると本文を読む際に着目するポイントが分かるのでおすすめです。

【現代文の読み方②】重要箇所をマーキング

「マーキングは時間がもったいない」と思っているあなた。
解答の根拠となる重要箇所に線を引いておくと、問題を解く際に素早く解答範囲を確定できるので、マーキングは決して無駄な行為ではありません!
結果的に時間短縮を狙える可能性もあります。

マーキングする箇所は

評論では「筆者の主張」
小説では「心情表現」です。

筆者の主張は「〜と思う。」「〜すべきだ。」といったものから「〜だろうか?」と言った反語的な疑問形でなされる場合もあります。
いずれにせよ筆者が何かを述べようとしていれば、絶対にチェックしてください。
心情表現とは「嬉しい」「〜と思う。」というものもあれば、「顔を赤らめた」というような間接的に感情を表す表現も出てきます。
登場人物の心情が読み取れる箇所があれば、必ずマーキングしましょう。

このようにマーキングする理由は、これらが本文の核心部であり、解答に絡んでくる確率が圧倒的に高いからです!
では評論と小説のそれぞれ詳しい読み方を解説していきます。

【現代文の読み方③】評論文は論と例を分けて読む

評論を読む際に最も大事なのは、本文の主張(=筆者の主張)を掴むことです。
そこで主張を見抜くために使うのが論と例を区分するという方法です。
評論は例をたくさんあげて主張を読者に分かりやすく伝えようとします。
大事なのは当然論なので、例はカッコで印を付けて素早く読みます。
これは速読のコツでもあるので頭に入れておいてくださいね。

ではここで1問例題を解いてみましょう。
論と例を分けることの重要性が分かるはずです。
問題は東京大学の2017年度の入試問題です。
決して難しくないので気楽に読んでみましょう。

東京大学 平成29年度 国語試験問題

さて、この傍線部ですが問題は「下線部とはどういうことか。」というものです。
至ってシンプルですね。
先に言っておくと解答は、この段落内で完結してしまいます。
では、簡単に解説していきます。
一文目にいきなり「私には思われる。」とありますね。
ここが筆者の主張です。
ここまであからさまに明示してあると分かりやすいですよね。
その後、ワクチンや原発の具体例を出して読者に自論を分かりやすく説明しようとしています。
そして傍線部となります。
この段落の構造が見えたでしょうか?
実はこの段落、
主張→具体例→主張(言い換え)という至ってシンプルな構造なのです。

よくよく傍線部を見てみると一文目と同じようなことを言っている気がしませんか?
解答を作る際は、基本的には例をすっ飛ばします。
冒頭を上手く使いながら傍線部を丁寧に言い換えれば解答になります。
ただし、上手い言い換え表現が思い浮かばない時は、例にある言葉を使っても構いません。

論と例を区分して読むことの重要性と筆者の主張が問題に絡みやすいということがこの東大の問題からも分かったと思います。

【現代文の読み方④】接続詞に注意

これは、何度か言われた経験があるのではないでしょうか?
接続詞は本文の論理関係を示す言葉で文章を理解する上で重要なヒントとなります。
「『つまり』の後は直前の内容を要約しているから大事な内容がくる」とか「『例えば』の後は例がくるから速く読もう」とか、接続詞に応じて読み方に強弱を付けることができます。
この接続詞は解答範囲を確定する時に非常に重要になるということを覚えておいてください。

【現代文の読み方⑤】小説は感情表現に注目

評論とは打って変わって小説では登場人物の心情を理解しなければいけません。
現代文の小説では、登場人物の心情とその原因が分かれば、ほとんどの問題が解けます。
ただし、本文の内容を超えて自分で解釈してはいけません。
入試問題である以上、想像力を問うものではないことは明らかです。
本文に書いてあることから考えれば必ず正解に辿りつくようになっています。

現代文の記述問題の解き方

読み方を理解したところで、記述問題の解き方を解説していきます。
基本的には記述問題もマーク式の問題と解き方の手順は同じです。
コツもお伝えするので参考にしてみてください。

【記述問題の解き方手順①】設問条件を理解

当たり前のことですが、設問条件をしっかりと理解しましょう。
理解するということは、「どんな内容を書くことが求められているか?」「どこまでを解答に入れるか?」まで深く考えることです。
明確な答えは分からないので字数などを手がかりに判断していきます。
また、付帯条件がある時は、必ずそれを見逃さないようにしましょう。

【記述問題の解き方手順②】解答範囲を絞る

設問をしっかり理解したら解答範囲を絞ってください。
その際、ヒントにするのが『接続詞』です。
「だから」、「そのため」などがあれば、前後に因果関係が存在することを示しているので、「なぜか?」問題の解答範囲は自然とここに絞られてくるといった具合です。
このように、どこが解答範囲となるのかを本文の論理関係を基に探っていきます。

【記述問題の解き方手順③】出来るだけ本文の言葉を使って解答を作る

解答範囲を策定したら、その内容を記述していきます。
出来るだけ本文の言葉を使うというのは、本文の論理構造を壊さないようにするためです。
どうしても本文の言葉が使いにくい場合のみ自分の言葉で補いましょう。
本文の内容を解答に使って減点されることはありません!
またいきなり書き始めるのはNGです。
余白に書くべき内容をまとめて字数を数えてから書きましょう。

現代文のおすすめ参考書&問題集ランキング

現代文の参考書と問題集って何を使えばいいのか迷いますよね。
今から私が、分野別のおすすめ参考書と問題集をランキング形式でお教えします。
ランキングとはいえどれもおすすめの参考書・問題集なのでぜひ書店で手に取ってみてください。

【語彙編】現代文キーワード読解

現代文では、語彙力が重要になるとお伝えしました。
この語彙力を鍛えるには、どうすればいいのでしょうか?
日頃の努力で決まると言われても困りますよね?
そこで、英語でみんなが単語帳を覚えるように、実は現代文にも単語帳のようなものが存在します。
このキーワード読解がそれに当たるのです。
現代文を読むに当たって必要な語彙の解説をこの単語帳がしてくれています。
現代文を受験で使う人は、語彙に関する参考書を一冊手元に持っておくと良いでしょう。

参考書名
現代文 キーワード読解 [改訂版]
著者
Z会出版編集部
ページ
360ページ
出版社
Z会

いらない人にはいらない こんなんやってるひまあったら全大入の国語やろうね そっちのほうが力づくンゴねえ 効率悪すぎる(合う人には合うらしい…自分が嫌いな教師が使ってたけどやらないで後悔するよりは一度買ってやってみよってなったけどやっぱ合わなかったわ〜残念

読書は元々好きだったが、極端に教養がなく、現代文を主観で読んでしまっていた。 しかし、本書を使用してから評論のテーマを容易につかめるようになった。 あとは他の問題集に着手して実力をつけようと思う。

本当にオススメできる。現代文のよく分からん横文字の言葉とかの意味とか思想について詳しく端的に説明してある。 背景知識あるだけで論説文の理解が全然変わった気がした

レビューをもっと見る

【読解編1位】現代文読解の基礎講義

現代文ができない人は読み方と解き方が確立していないからです。
この参考書は著者独自の現代文の読み方と解き方をかなり詳しく解説しています。
この先生の授業を受けたことがありますが、非常に合理的なのでこの本を信用しても大丈夫です。
解き方、読み方に困っている人におすすめです。

参考書名
現代文読解の基礎講義 (駿台受験シリーズ)
著者
中野 芳樹
価格
1,008円
ページ
215ページ
出版社
駿台文庫

現在、私はセンター現代文では8割から9割、二次試験では6割程度の実力だ。以上を踏まえて参考にして頂きたい。 センター、国立二次、私立二次などの入試体系に囚われず、現代文を現代文として読むことが出来る。第1部で作者の主張を掴み、第2部で記述問題の書き方について取り上げられている。 第2部は個人的に微妙だったのでスタディサプリの京都大学対策講座で代用したが、第1部は素晴らしい内容となっている。是非この参考書を仕上げて現代文を得意にしてほしい。

中野信者にはとっておきです。

この問題集では、どんな文章でも絶対に通用する読み方をまず教えてくれます。他の問題集のように問題がバンッとあって解説がバーッとあるのではなく、先にこうやって解くんだよ!と教えてくれるので、後はそれを実践するだけです。実践して経験を積み重ねて徐々に徐々に出来るようにしていくだけです。その内に、え、答えこれしかあり得ないじゃん!という風に、根拠を持って現代文が解けるようになります。普段何となく解いていてそれでなんか合ってる。という人にオススメです。

レビューをもっと見る

【読解編2位】現代文と格闘する

『現代文と格闘する』は、その名の通りじっくりと現代文に向き合いたい人向けのものです。
文章の難易度は高めですが、本文の解説がこれでもかと詳しいです。
時間に余裕があって、私大入試・国公立の二次試験で現代文を得点源にしたい人におすすめします。

参考書名
現代文と格闘する
著者
竹國 友康
ページ
342ページ
出版社
河合出版

分かりやすぎる。これやって現代文伸びない方がおかしい。

今まで現代文をまともに勉強したことがなかっですが、所感としては良さそうです 読み方のところをひたすら繰り返し読んでます 駿台模試の結果が帰ってきたら更新ます

47ページ、12行目 ×マスナス ○マイナス

レビューをもっと見る

【読解編3位】入試現代文へのアクセス(基本編/発展編/完成編)

現代文のアクセスは問題集です。
この問題集のいいところは、基礎編・発展編・完成編と3つのレベルに分かれているので、徐々に問題のレベルをあげていける点です。
解き方についての解説も詳しいので独学で現代文を勉強する人も困らないはずです。

参考書名
入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)
著者
荒川 久志
ページ
190ページ
出版社
河合出版

第2巻も気になっちゃう

これを使うとカミが艶やかになった気がします。カミは真っ白ではなくクリーム色で落ち着きを与えてくれます。一度解けなさすぎて悩んだ時もありましたが、やり終えた後、達成感をカミしめ、また若干の脚色をカミしても、これは素晴らしい力を与えてくれたとそう思いますし、先輩が使っていたことをかんガミてもとてもいい本だと思います。まじカミ。

今までフィーリングで解いてた現代文も、この解説読んだら、正解根拠掴みながら解けるようになった気がする! 問題の形式が河合塾のテキストと似てるし、量こなしたい私にとってすごく合ってた! 語彙力も上がる👍

レビューをもっと見る

【読解編4位】現代文読解力の開発講座

これは、「現代文とは何か?」という問に答えを与えてくれるような参考書です。
文章の論理構造を踏まえた正攻法的な読解力が身につきます。
要約問題もついているので難関大学を志望する受験生にはおすすめです。

参考書名
現代文読解力の開発講座 (駿台受験シリーズ)
著者
霜 栄
価格
1,080円
ページ
173ページ
出版社
駿台文庫

だいたいの理系はセンター国語が爆死して死にます。140点取れればいいや 、って思っていると本番は120点くらい、あるいはそれ以下になります。 難関国公立を目指すなら国語は8割取りたいところ。特に理系は、センター国語に傾斜がかかって配点が高いことが多い。しかし、センター系の授業を受けても点数が上がらない、上がる気がしない。そんなアナタにこの「現代文読解力の開発講座」がオススメ。 小手先のテクではなく、真の現代文の力を身につけることができます。 読解力=要約力。相手の最も言いたいコトを如何に抽出することが出来るか。この本は要約の解説が充実してます。じっくり答えが出るまで何度でも粘って要約文を作っていくうちに、現代文の真の実力がついてきます。 僕は理系で国語はセンターのみでした。しかし、国語の占めるウエイトを考えれば1点でも点数を取りたい。たが、センター現代文対策の授業を受けても一向に点が取れる気がしない。何故ならテクニック以前にそもそも文章が読めてない。しっかり文章が理解できれば、テクニックなんて使わなくても、パパっと選択肢を切れるはず。「センター対策」ではなく「現代文の真の実力をつける」ことに重きを置くべきだと気づき始めました。そんな時に出会ったのがこの本。 周りの人は、センターしか要らないのにこんな本をやって時間の無駄だと馬鹿にしました。しかし、この本、特に要約に力を入れ続けた結果、自分の中で何かが変わってきました。本文を読んで、選択肢を見れば 違う選択肢は問答無用で直ぐに切れるようになってきました。それは、次第に点数にも現れるようになりました。 7月 142 (61) 9月 141 (77) ※10月辺りからこの本を始めた 11月 156 (86) 12月 176 (84) すべて駿台マーク模試の国語の点数(現代文の点数) 正直、これ程気分の良いことはなかった。今まで絶対に解けないと思っていた現代文がスラスラ解けるようになったのだ。現代文が速く解けるから、古文漢文に充てる時間が増え、国語全体の点数も上がる。12月末頃からセンター本試追試に取り組んでいたが2012年追試以外150点を切ることはなかった。 そして迎えた2018年センター本番国語の点数は166点。うち現代文は89/100であった。 古文で少し失敗してしまったが、平均点104.68であることや現役時126点であったことを考慮すると、自分の中では大成功な点数だった。 突出した得意科目がなかった僕は全科目満遍なく点数を獲るしかなかった。もし国語がここまで点数が伸びなければ、第1志望には受からなかった、あるいは受けることすら叶わなかったかもしれない。 本当にこの本に救われた。受かった最大の要因と言っても過言ではない。 国語に苦しめられる理系の諸君は、是非この本の、特に要約に力を入れて取り組むことを強くオススメします。 ちなみにさっき酔っ払って2019年センター国語を解いてみたら評論文は満点でした(´>ω∂`) (古文漢文はすっかり忘れてしまいましたが) この本の偉大さに改めて感謝を込めて酔った勢いでレビューを描きました。

これは強い

本当にこれで開発できるの?って半信半疑で始めて見たら… すぐに疑ってすみませんってなりました。 これで模試40点上がりました。 ひと講座毎に解説のボリュームが結構あるし、なかなか手強い文章なので、最初のうちは心折れそうでした。でも我慢して進めていくうちに評論が構造的に読めるようになりました。 ただし、繰り返さないとすぐ抜けてしまうので、当たり前ですが何度も解くことをオススメします。

レビューをもっと見る

【読解編5位】現代文ゴロゴ解法公式集

古文単語のゴロゴで有名な著者が現代文の解法をパターン化しています。
なぜその解法になるのかをしっかりと解説しているので参考書としては、とても良いものに仕上がっています。
国公立・私立大編をやれば、記述対策も万全なのでおすすめです。

参考書名
現代文ゴロゴ解法公式集2 国公立・私立大編 (音声&映像講義付き)
著者
板野 博行
ページ
253ページ
出版社
スタディカンパニー

基本的な構文の取り方とか、接続語、文書の構成の捉え方が非常にわかりやすい。これは現代文の文法本としては一番わかりやすい。

騙されたと思って3〜5周してほしい。 マジで点取れるようになる。

村瀬に真珠!武田塾の中森がバスで女子と隣に座れるくらいおすすめです!

レビューをもっと見る

【番外編】志望校の過去問

最終的に一番大事なのは、志望校の過去問です。
現代文の設問形式は大学によってまちまちで、大学別の対策は必須です。
さらに自分の得意な問題と苦手な問題がはっきり分かれることがあると思います。
「意外にも自分にこの大学の形式があっている!」とか「この大学の問題は自分にあってない」とかがあるので、早い段階から志望校の過去問に手を付けて相性を知っておきましょう。

最後に

これまで現代文の勉強法と参考書・問題集をご紹介してきました。
自己流に走ってしまいがちな現代文の解き方ですが、論理的に文章を読み解いていくことが大事です。
問題演習を通じて正しい解き方を身につけていきましょう。 必ず結果はついてきます。 あなたの成功を祈っています。

センター現代文、センター国語の対策について知りたい方は東大生が 教えるセンター国語の勉強法!時間配分と参考書で確実に8割突破も合わせてご覧ください!
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

現代文の勉強法!正確な読み方解き方のコツ&参考書・問題集

【大学受験 現代文勉強法】現代文の解き方のコツとおすすめの勉強法

現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

【現代文の問題集&参考書】苦手分野を克服して現代文を得点源に

【現代文勉強法】読解力+解答力を身につける参考書別勉強法

【現代文のおすすめ参考書&問題集】センターから難関大対策まで

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に