現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

現代文の記述問題の解き方

読み方を理解したところで、記述問題の解き方を解説していきます。
基本的には記述問題もマーク式の問題と解き方の手順は同じです。
コツもお伝えするので参考にしてみてください。

【記述問題の解き方手順①】設問条件を理解

当たり前のことですが、設問条件をしっかりと理解しましょう。
理解するということは、「どんな内容を書くことが求められているか?」「どこまでを解答に入れるか?」まで深く考えることです。
明確な答えは分からないので字数などを手がかりに判断していきます。
また、付帯条件がある時は、必ずそれを見逃さないようにしましょう。

【記述問題の解き方手順②】解答範囲を絞る

設問をしっかり理解したら解答範囲を絞ってください。
その際、ヒントにするのが『接続詞』です。
「だから」、「そのため」などがあれば、前後に因果関係が存在することを示しているので、「なぜか?」問題の解答範囲は自然とここに絞られてくるといった具合です。
このように、どこが解答範囲となるのかを本文の論理関係を基に探っていきます。

【記述問題の解き方手順③】出来るだけ本文の言葉を使って解答を作る

解答範囲を策定したら、その内容を記述していきます。
出来るだけ本文の言葉を使うというのは、本文の論理構造を壊さないようにするためです。
どうしても本文の言葉が使いにくい場合のみ自分の言葉で補いましょう。
本文の内容を解答に使って減点されることはありません!
またいきなり書き始めるのはNGです。
余白に書くべき内容をまとめて字数を数えてから書きましょう。

現代文のおすすめ参考書&問題集ランキング

現代文の参考書と問題集って何を使えばいいのか迷いますよね。
今から私が、分野別のおすすめ参考書と問題集をランキング形式でお教えします。
ランキングとはいえどれもおすすめの参考書・問題集なのでぜひ書店で手に取ってみてください。

【語彙編】現代文キーワード読解

現代文では、語彙力が重要になるとお伝えしました。
この語彙力を鍛えるには、どうすればいいのでしょうか?
日頃の努力で決まると言われても困りますよね?
そこで、英語でみんなが単語帳を覚えるように、実は現代文にも単語帳のようなものが存在します。
このキーワード読解がそれに当たるのです。
現代文を読むに当たって必要な語彙の解説をこの単語帳がしてくれています。
現代文を受験で使う人は、語彙に関する参考書を一冊手元に持っておくと良いでしょう。

参考書名
現代文キーワード読解

これで偏差値上がるとかはあんまない気がする ただ、教養としてなら素晴らしい参考書ではあると思う

各大学特有の問題を作ってくる二次試験(一般選抜)を受ける人は読み込んでおいた方がいいです。 キーワード自体もさることながら、現代文を要約する力も身につけられます。

ただ単語帳みたく一語ずつ覚えるだけではなく例文の要約と論理展開の把握をすると尚良い。 ぜひその時はただ頭の中で考えるだけではなく紙に要約した文章を書くことをおすすめする。あとで見返せるし記述試験の対策にもなる。 実際キーワードを丸暗記したことより要約練習のほうが役に立ったのでキーワードを覚える行為を目的にせずそのテーマ全体を理解できるかが鍵になってくると思う

レビューをもっと見る

【読解編1位】現代文読解の基礎講義

現代文ができない人は読み方と解き方が確立していないからです。
この参考書は著者独自の現代文の読み方と解き方をかなり詳しく解説しています。
この先生の授業を受けたことがありますが、非常に合理的なのでこの本を信用しても大丈夫です。
解き方、読み方に困っている人におすすめです。

参考書名
現代文読解の基礎講義(駿台受験シリ-ズ)

現代文読解力の開発講義との違いがあまり分からず、少し値段の安いこっちを買いました。中学の頃から現代文が苦手で、この参考書と出会うまでは模試で100点中40点台が普通でしたが、この参考書に出会い、読み方など読解において必要な技術や着眼点が養われ、次の模試からは80点台が安定しました。とてもためになった参考書の一つです

これのことです。

共テを1ミスにしてくれた参考書。現代文の偏差値55まで落ち込んだときに救ってくれた参考書。みんなこれ買えばいいのに。感覚で解いてたけどなんか高校で現代文わかんなくなったーっていう人に特におすすめだけどみんなが読むべき。理系の人とかもスピーディーに現代文の解き方がわかるからあまり現代文に時間を割かなくて済む。ほんと好きです。

レビューをもっと見る

【読解編2位】現代文と格闘する

『現代文と格闘する』は、その名の通りじっくりと現代文に向き合いたい人向けのものです。
文章の難易度は高めですが、本文の解説がこれでもかと詳しいです。
時間に余裕があって、私大入試・国公立の二次試験で現代文を得点源にしたい人におすすめします。

参考書名
現代文と格闘する(河合塾series)

特に入試現代文で扱われるキーワードを深く掘り下げる「知の扉」の箇所が良い。 いままで点としてしか捉えられなかった各文章が、途端に線となり、その線が他教科とも繋がることで一つの巨大な多角形を形成する──そのような崇高な体験を得た。 演習では、通し番号、意味段落ごとの分解、小見出し・文章要約の作成をしたうえで設問を解くように指示されるが、ある程度の実力があればそのまま解いた方が力になるだろう。

私は、現代文なんかフィーリングやんと思っていました。そして今まで、そうやって解いてきました。フィーリングで解いてしまうと文の内容が自分に合う合わないがあったので成績は不安定。でも、これをやり始めてから少しずつ安定してきました。現代文の解き方がわかってきたような気がします。 私の場合は1題解く→解説読む→理解する→答え合わせの流れで3~5時間かかります…メンタルと体力をごっそり持っていかれるので1日の最後に格闘することが多いです。でも、解説は面白く、時々豆知識(?)のようなものも入っているので飽きません。 私はこの参考書をやる前に『現代文開発講座』という参考書を2周しました。 こちらもオススメです。

レビューをもっと見る

【読解編3位】入試現代文へのアクセス(基本編/発展編/完成編)

現代文のアクセスは問題集です。
この問題集のいいところは、基礎編・発展編・完成編と3つのレベルに分かれているので、徐々に問題のレベルをあげていける点です。
解き方についての解説も詳しいので独学で現代文を勉強する人も困らないはずです。

参考書名
入試現代文へのアクセス 基本編(河合塾series)

キズキの話が衝撃でした

本誌に「どの問題集よりもわかりやすい解説」とあるように⭐丁寧な解説と実力をつけるのに最適な⭐良問で確実に力がつきます これさえやっておけば間違いありません! 断言できます! 語句解説 現代文のキーワード 本文の解説 読解へのアクセス など細かいとこまで丁寧に解説されてるので疑問が、しっかり解消できます レイアウトも見やすくて サイズもちょうど良いです! 基本編の他にも⭐発展編⭐完成編 があります!

語彙力皆無の私が好きな一冊!!! キーワードとかわからない語句もおぼえられるから、ほんとにおすすめーー

レビューをもっと見る

【読解編4位】現代文読解力の開発講座

これは、「現代文とは何か?」という問に答えを与えてくれるような参考書です。
文章の論理構造を踏まえた正攻法的な読解力が身につきます。
要約問題もついているので難関大学を志望する受験生にはおすすめです。

参考書名
現代文読解力の開発講座

レベル→MARCH以上 構成→センターから東大までのかなり難易度の高い文章13題 時期→夏から冬(現代文の解法が安定しないときに。但しある程度すでに解いてる事が前提) 期間→1ヶ月程度 まずこの本はセンターの問題でも例外なく難しいです。過去問より全然難しいです。 また、解説が丁寧という声が多いですが自分はこの本の前にゼロからはじめよう現代文(著者:柳生好之)、池上の短文からはじめる現代文読解をやっていたのでこの2冊に比べると、図解が無くかなりやりづらかったです。 要約は国公立志望でない限りは要らないと思います 自分は1.2周目普通に解いて解説を読み、対比や同一構造の文章には印刷した問題用紙にマーカーで色分けをして自分で図解しました。柳生先生の解き方が身についていたので自分はこの本で解き方というよりも難易度が高い文章に慣れることがメインでした。しかし、この本の後にポラリス2冊をやりましたが2冊とも1周+間違えた所をやるくらいで済みました。 追記:2021年7月にスタディサプリ東大現代文担当の柳生先生がゼロから覚醒Finalを出しました。開発講座と同じ位置のものなのでこれから開発講座を買うつもりの方は両方を見比べて見てください

もともと現文得意な方だったけどこれ2周してからは前よりはるかに確信持って選択肢を選べるようになってアクセス発展編も共通テスト模試も余裕になりましたまじで神です( ; ; ) あとわたしはめんどくさかったので要約は飛ばしました笑 やりたい人はやってもいいと思います!!

レビューをもっと見る

【読解編5位】現代文ゴロゴ解法公式集

古文単語のゴロゴで有名な著者が現代文の解法をパターン化しています。
なぜその解法になるのかをしっかりと解説しているので参考書としては、とても良いものに仕上がっています。
国公立・私立大編をやれば、記述対策も万全なのでおすすめです。

参考書名
現代文ゴロゴ解法公式集 2(国公立・私立大編)

どうやって問題を解いていけばいいのか分かり,とてもタメになる一冊です。毎日コツコツと読む事で確実に力がつくと思います。

基本的な構文の取り方とか、接続語、文書の構成の捉え方が非常にわかりやすい。これは現代文の文法本としては一番わかりやすい。

騙されたと思って3〜5周してほしい。 マジで点取れるようになる。

レビューをもっと見る

【番外編】志望校の過去問

最終的に一番大事なのは、志望校の過去問です。
現代文の設問形式は大学によってまちまちで、大学別の対策は必須です。
さらに自分の得意な問題と苦手な問題がはっきり分かれることがあると思います。
「意外にも自分にこの大学の形式があっている!」とか「この大学の問題は自分にあってない」とかがあるので、早い段階から志望校の過去問に手を付けて相性を知っておきましょう。

最後に

これまで現代文の勉強法と参考書・問題集をご紹介してきました。
自己流に走ってしまいがちな現代文の解き方ですが、論理的に文章を読み解いていくことが大事です。
問題演習を通じて正しい解き方を身につけていきましょう。 必ず結果はついてきます。 あなたの成功を祈っています。

センター現代文、センター国語の対策について知りたい方は東大生が 教えるセンター国語の勉強法!時間配分と参考書で確実に8割突破も合わせてご覧ください!
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

現代文の勉強法!正確な読み方解き方のコツ&参考書・問題集

【大学受験 現代文勉強法】現代文の解き方のコツとおすすめの勉強法

現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

【現代文勉強法】読解力+解答力を身につける参考書別勉強法

【現代文の問題集&参考書】苦手分野を克服して現代文を得点源に

【現代文のおすすめ参考書&問題集】センターから難関大対策まで

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に