【京大英語】受験生に贈る最強の参考書と対策

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

京都大学の英語対策に困っていませんか?
参考書選びに頭を悩ませていませんか?

京都大学は西日本でNo.1の難易度を誇る国立大学です。
その入試難易度は、当然ながら日本トップレベルです。
そんな京都大学の受験対策についてこれからお伝えしたいと思います。
私が今回お伝えするのは、文系・理系共に最も重要な科目とも言える英語の対策とおすすめの参考書です。
これから話す内容は私が現役時代に実践していたものです。
このおかげか私は京大模試で、100点以上を安定して取っていました。
ここに書いてあることを完璧にすれば、京大英語で合格点とされる90点を取ることはそう難しくはありません!
ぜひ参考にして頑張ってください。

京大英語の特徴

京大英語の設問はとてもシンプルです。
ここでは、そんな京大英語の特徴についてお伝えします。

京大英語の出題傾向と配点

京大の英語は3題構成です。

このような感じになっています。
とてもシンプルな出題形式ですね。
長文問題は500〜600語前後の文章が2題。
長文問題の設問は長らく英文和訳一本でしたが、ここ数年は、英文和訳に加えて内容説明や要約、空欄補充が出題されるなど、設問形式の多様化が進んでいます。
一方の英作文も従来の和文英訳に加えて、空欄補充型の自由英作文が近年出題されています。
とは言っても
配点としては、恐らく各大問50点の150点満点でしょう。

京大英語の難易度とは?

京大の英語の難易度は最難関の部類に入るでしょう。
そもそも使われている英文の素材が哲学・科学・歴史学など、かなり専門的かつ抽象的です。
当然、専門的な英単語もが頻繁に登場しますし、省略・倒置・仮定法など受験生が苦手としがちな文法も多々用いられています。
しかし、一方で試験時間が120分と長めに設定されています。
そのため時間的な厳しさはありません。
難問をじっくりと解かせるという意味で京大が思考力を重視していると言えるでしょう。

【まとめ】
問題は難しいが、時間的な厳しさはない

時間配分と解く順番

京大英語の制限時間は120分です。
大問が3つあるので、単純計算で各大問40分以内で終わらせる必要があります。
私がおすすめするのは、最初に英作文を35分で解き、残りの時間を長文に割くというやり方です。
京大の場合は、長文問題の難易度が非常に高いので、出来る限りそこに多くの時間をかける方が良いでしょう。
ただし京大英語で時間が足りないということは、まず無いはずです。
そこまで時間配分に深くこだわる必要はないでしょう。

【まとめ】
出来るだけ多くの時間を長文読解に回す

京大英語の合格者平均点と目標点は?

では、この難しい京大英語。
何点取れば合格なのでしょうか?
7割から8割ぐらい取らなければいけないのかなと思っている、あなた。 学部によって最低点は異なりますが、実は文系理系共に二次試験は55~60%取れていれば、まず受かります。
医学部の場合は少し例外で、6割5分ほどです。
そう考えると英語は、150点中85~90点を目指すのが妥当でしょう。
合格者平均もこの辺りになると考えられます。

【まとめ】
目標点は85~90点

国立 / 京都府

京大英語の対策法

目標点が定まったところで京大の長文読解と英作文の対策法についてお伝えしていきます。

【読解編】単語力を鍛える

先ほどもお伝えした通り、京大の英語では一般的な受験生が使う単語帳には載っていないようなレベルの単語がしばしば出てきます。
もちろん全ての単語が分かる必要は無いのですが、周りの受験生に差を付けられないレベルまで単語力を高めておく必要があります。
単語帳を完璧に覚えることは勿論、文章を読む中で出てきた単語をその都度覚えていくのが良い勉強法でしょう。

また単語を覚えるさいは一つの単語から多くを得ることを意識しましょう。
具体的には、語源、品詞違いの単語、類義語、同義語をまとめて覚えるということです。
そうすることで、効率的に多くの単語が覚えられますし、初見の単語を推測する力も自然と身についていきます。

【読解編】英文解釈力を高める

京大の英語といえば下線部和訳が有名です。
京大の和訳問題は非常に難しく複雑な構文が含まれています。
さらに下線が何行にもまたがることがあり、受験生には、これを解釈するだけの力が必要です。
さらに英文解釈力は英文を読む際の土台となるものでもあります。
文構造をつかむことに慣れていないようでは、難解な京大の英語では太刀打ちできないでしょう。
後に紹介する参考書・問題集をこなして徐々に英文解釈力を高めていきましょう。

【読解編】和訳は文脈を意識する

近年、京都大学の英語の出題傾向が変化してきているとお伝えしました。
しかし、以前として京都大学で大きな比重を占めているのは伝統的な英文和訳です。
この英文和訳の問題を解くにあたって、直訳した方がいいのか?意訳した方がいいのか?という問題が生じてきます。
多くの場合、下線が引かれる位置はそのまま訳しても意味が通りません。
採点官も日本語として意味が通っていない逐語訳に点を与えるとは考えられません。
この問題は、そもそも本文の要旨を理解していないと上手く訳せない箇所に下線が引かれています。
本文の内容を踏まえた上で、日本語として意味が通るように訳すのが一番でしょう。

【読解編】読解力をつける

現代文?と思ったあなた。
そうです。
京大の英語は現代文の素材が英語になったものと考えてください。
英文の抽象度がかなり高いので、普段から硬い文章に慣れている必要があります。
単語を覚えて文構造もつかめているのに「全然点が取れない」「何を言いたい文章なのか分からない」となると読解力が欠けている可能性が高いです。
京大入試では、近年の内容説明や要約問題だけでなく、和訳問題でも文脈を意識した答案作りが求められます。

そこで読解力に自身のない人は、少し易しめの長文を使って各段落ごとの要約を一言で作る練習をしてみましょう。
パラグラフごとの要旨をしっかりと整理することが自然にできるようになれば徐々に京大レベルに近付けていきましょう。

【長文読解対策のまとめ】
・単語力を鍛える
・英文解釈力を高める
・和訳は文脈に合わせて行う
・要約を通じて読解力を付ける

【英作文編】標準レベルの和文英訳を完璧に

京大の和文英訳を見たら、求められている英語力の高さに驚いてしまうかもしれません。
そもそも日本語が難しくそれ相応の英語で書かなければいけないような気になりますよね。
ですが、結局は自分の知っている表現でしか英作文は書くことができないんですね。
大事なのは、標準レベルの和文英訳がしっかりできるかという基礎的な部分です。
難しい日本語も簡単な日本語に変換すれば、標準レベルの英訳問題に様変わりします。
京大とはいえ受験生が完璧な答案を書くことはほぼ不可能なので、いかに自分の知っている表現でミスなく書けるかが合否を分けます。
標準的な参考書・問題集の和文英訳を徹底的にやり込みましょう。

【英作文編】硬い日本語を柔らかい日本語へ

京大の英作文は、こなれた日本語が並んでいるので、直訳するのは不可能です。
そもそも直訳の単語が存在しないことが多いです。
直訳ができないとなると、いったん柔らかい日本語に直す必要があります。
文意を変えなければ、その伝え方は無数にあります。
自分が英語で書けそうな柔らかい日本語に変換してみてください。
ただし、文意を変えてしまうのと細かい副詞などを抜かしてしまうのはいけません。
柔らかい日本語に直せたら後は、日頃培った和文英訳の力を発揮してください。
いきなり本番で、柔らかい日本語に変換しろと言われても難しいと思うので、過去問などを使って言い換え能力をupさせておきましょう。

【英作文編】必ず書いた英作文は添削を受けよう

英作文の基本的な勉強法ですが、書いた英作文は必ず添削してもらうことが大事です。
そのさい、間違った表現を正すだけでなく、自分の書いた英文が問題の英訳としてふさわしいものかを客観的に判断してもらいましょう。
そして添削を受けたあとは新しい表現を覚えるなど絶対に復習しましょう。

【英作文対策のまとめ】
・標準的な和文英訳を完璧に
・柔らかい日本語へ直す練習をする
・必ず添削を受けて復習する

京大英語の為の参考書

ここでは、京大英語で90点を取るために最低限やっておきたい参考書・問題集を挙げました。
教材選びの参考にしてみてくださいね。

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

鉄壁は英単語熟語帳です。
東大受験生に有名な鉄緑会という塾が出版しているため東大受験生しか必要ないと思われがちですが、実は京大志望の人にもおすすめです。
この鉄壁は、解説の詳しさと網羅という2点で非常に優れています。
そのため東大志望の人だけが使うというのは、非常にもったいないです。
単語帳の至るところに語源、イラスト、品詞違いの単語、類義語など効率的に暗記するための工夫が散りばめられていて効率的に単語を覚えたい人にオススメです。
またこの一冊を覚えきれば他の京大受験生に差を付けられることがないレベルの語彙力を確保できます。

参考書名
鉄緑会東大英単語熟語鉄壁

鉄壁は受験生から教育者まで幅広い支持を得ている、いまや人気のある単語帳です。そんな鉄壁に超えられない単語帳が存在します。 それは… 英和辞典、いわゆる辞書です。 鉄壁は見出し語が2176語収録されているのに対し、辞書(オーレックス英和辞典 第2版新装版)にはおよそ105,000語収録されています。 辞書は鉄壁のみならず、ターゲットやシステム英単語、パス単など全ての単語帳や大学入試で出題される単語をカバーしていると言えるでしょう。 その内容の濃さは厚さからもわかります。鉄壁は2.8mm、辞書は5.5mmとなっております。 このことから、辞書という単語帳を覚えさえすれば、無敵だと思います。しかし、全部暗記するには半世紀を用するでしょう。 でも、やっぱり私は鉄壁が好きです。

テーマごとに約2000単語が採用されているわけですが、暗記のための効率の塊だというのがよくわかります。単語の辞書に使うには向いてないし、かといって受験前の読み物にするには分厚すぎます......。数年間のEndurancesをThe Giftに昇華する手助けの為にある問題集なんだと思います。

悪くないと思う

レビューをもっと見る

ポレポレ英文読解プロセス50

ポレポレは英文解釈のための参考書です。
先程もお伝えしたように京大の英語では英文解釈力が非常に大事になります。
この本は文構造を捉えることに終始しているため分量が少なく、英語が苦手な人でも取り組みやすいでしょう。
50題の短文が載っておりそれぞれ重要なテーマを扱っています。
どれも京大英語では必須の知識となるので、何度も復習して体に染み込ませましょう。
ただ後半部は難易度が高いので、英語が超苦手という人は、基本的な英文法をマスターした後に挑みましょう。

参考書名
ポレポレ英文読解プロセス50

ライオンマークはYouTube見るべき😬😬

これ絶対、西先生のYouTube見ながらやった方がいいって最後に気づいた。 今からでも遅くないからやろう。

象のフンくらい糞

レビューをもっと見る

英文読解の透視図

京大受験生に特におすすめなのがこの参考書です。
これも英文解釈の参考書ですが、ポレポレと違う点は文法の解説がとても詳しいところです。
文構造の把握だけでなく、強調・比較・仮定法・省略といった重要な文法事項がかなり詳しく解説されています。
これらは京大の英語でも頻出なので必ず押さえておかなければいけないところです。
この英文読解の透視図で英文解釈に磨きをかけるといいでしょう。

参考書名
英文読解の透視図

正直そんなに難しすぎることはありません。 ただ、文型がわからない人は手がつけられません。 また、一周やっただけでは効果が半減します。 わからなかったところを何回か繰り返すのが いいでしょう。 特に強調構文と倒置に対しては強くなれます。

とてもゾウさんが可愛いので購入しました にしきょうじの解説はまあまあです まあ、教え子に手(手以外も)を出した人間なので、仕方ない ただ薄いのでやる気がでます マジでポレポレ良いよ ポレポレよりも透視図の方がいい

英文解釈をそれなりに勉強した、それでも読めない文がある。そーいった方多いと思います。 しかしご安心を。そういった読めない文にはある程度お決まりの分野があります。 それは以下の3つだと思います。(後に詳しく) 1.倒置(やはりこれが多い) 2.割り込み、語順移動(文型倒置や熟語など) 3.省略(対策しないとなかなか得意になれない) 他にも、比較、強調構文、asなどその他 (ここはこのレベル帯ならもう大丈夫という人も多いので割愛する) ・1について 否定の副詞やonlyが文頭に出た時、後ろが疑問文になるというやつですね。この知識を持っている人は多いですが、実際難しいのは、これらの後に割り込んでくる副詞句や副詞節によって複雑化した文です。 例を上げます。簡単な英文では、副詞句にonceとかeverとか簡単な一語だったりするんですが、難しいものだとwhen~と続いたりそのwhen~の中でさらに関係詞がからんで、これが英文の主節のVなのかはたまた副詞節中のVなのかわからん!てなってしまうことがよくあります。結局英文が読めない!の大きな原因は突き詰めれば主語と動詞の把握に帰結します。 ・2について ☆その1 熟語か前置詞か She makes for… これを見た瞬間、大半の人は「make forで、役立つだ!熟語覚えてる、簡単!」となります。しかし、もしこの後に不自然に名詞名詞と2連続する場合があったらどうでしょう。実はこの解釈は間違ったことになります。冒頭部分だけで正解も間違いもありませんが、もし先の不自然な現象が起きた場合、She(S) makes(V) for~(~に対してというfor本来の前置詞の意味!) 名詞(他動詞makeのO) ということになります。 つまり、何が言いたいかと言うと、熟語っぽい表現を見た瞬間、熟語だ!とせずにもしVが他動詞なら前置詞以下は補助的な副詞句で、その後に他動詞Vの目的語が来るかもしれないということです。 ☆その2 謎の前置詞 S to~(不定詞ではない) add 名詞~ という文があった時、このtoてなんだ??てなると思います。Sが長くなってるのか?とか。 これ、実はadd A to Bのto Bつまり前置詞以下が前に出てきてるんです。いわゆる熟語崩しです。 こーいったものもよく引っかかります。 今回はadd A to Bというわかりやすい熟語でしたが、これがさらに分詞構文になったりもっと一見分かりにくい熟語の時はそれはもう、、???の連続です。 ・3について 気になる方は本書を読んで… このように、英文解釈を一通り勉強してきて、つまづく所がある人はキラーポイントとなる分野を集めた本書を読むことで弱点が消え、さらに周りと差がつけられます。この本を読むことで得られる力は、1.英文解釈の知識が深まる 2.誤読を減らせる(意味ではなく形から発見できる) といったものです。ぜひやってください!!

レビューをもっと見る

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

一度くらいは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?
英作文の勉強を始める人におすすめなのがドラゴンイングリッシュです。
重要構文を含んだ100の英文とその解説がなされていて英作文の基礎を身に付けることができます。
またこの参考書の例文を暗記することで、本番でも確実に使える表現が身につきます。

参考書名
ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

こちらの教材、学校で買わされました。まず表紙カバーに何者かの写真が堂々と掲載されています。速攻でカバー捨てました。さようなら。 ページを開いてみると、なんということでしょう、そこには著者(?)と何者かが、会話をしたり、ポーズをとったりしている写真やイラストがたくさんあるじゃありませんか。そして、その周りに英語で何やらいろいろと書かれているのです。しかしながら、そこに書かれていた英文は、写真やイラストの内容とは全く関係ないものばかりであり、しかも、その内容はどれも独立していて、頗る意味不明でした。結局読破してもよくわからなかったので、無理に買わないほうが良いと思います。しかも、「ドラゴンイングリッシュ」の和訳がどこにもありません。タイトルからもうよくわかりません。 ただ、著者信者には好評のようで、私が聞いた話では、校内に、保管用や布教用として数冊所持する者、この本を購入した際に雄叫びをあげた者、この本をおかずにしていた(意味深)者、著者を慕ってK市へ旅立つも入試でボコられた者がいたそうです。本が人間の行動に影響を与えることを証明してくれた、という観点からは素晴らしい本だと言えるでしょう。 ですが、最後にもう一度言います。この本は写真集です。

今回、高3の河合模試は受けました。 河合塾は「現〇文と格闘する」というやばい参考書出している塾なのですが、今回の英語のテストも手間のかかる問題でした。 前回の模試では、英作文にかける時間がなく、かなり失点してしまったのですが、今回の英作文はスラスラと書くことができ、意味わからん長文読解に時間をまわすことができました。 買う価値はかなりあります。 「現代文と格闘する」は買わない方がいい。

和文英訳、自由英作のどちらがある場合でも確実にやっておくべき参考書です。 ほかの例文暗記参考書に比べ100文で良いというのはかなり利点です。 100文と聞くとかなり重いと感じるかもしれませんが、意外とさっくり覚えられるのでぜひやってみて下さい。

レビューをもっと見る

決定版 竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本

この参考書は著者が同じであるドラゴンイングリッシュの後にやるといいでしょう。
対象レベルは旧帝大で、和文英訳の対策におすすめです。
量は多いですが、やりきれば確実に力はつきます。
また問題は一度自分で解いてみるようにしましょう。
その後に、添削を受けるなりしてから模範解答を暗記するのがいいと思います。

参考書名
竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本 決定版

初学者から東大、京大以外の大学ならこれで行ける。初めの方は解くのが難しいと思うが、何周もやってわからないところを潰していけばいけると思う。個人的に最後の方の難語の処理みたいなパートはやる必要は無いと思う。

量が多いから早めにやるのがおすすめ。この本のおかげで英作文が楽しく感じた!

神。 1つの問題に対して、5つぐらいのポイントに3通りくらいの書き方が載っているから、合計243通りくらいの答えになる。それくらい答えが充実してるし、誤答例とかも載ってて、自分の解答の正誤がわかりやすい。これじゃダメなの?ってなりにくい。 和文英訳の勉強をしてこなかった自分としては目から鱗のことが多かった。これダメだったのか!って感じ。 和文英訳で点取りたいならやってみていいと思う。

レビューをもっと見る

大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

これも同じく和文英訳のための参考書です。
自由英作文編もありますが、今回おすすめするのは和文英訳編です。
受験生が迷いやすい時制などの文法事項を丁寧に解説していてとてもタメになる参考書です。
巻末に例文集がついているのも嬉しいですね。
レベルは英作文が面白いほど解ける本より易しいので和文英訳の対策を始める人におすすめです。

参考書名
大学入試英作文ハイパ-トレ-ニング和文英訳編

これで英文を書く時に意識して構成を考えられるようになりました

とても初歩的なところから応用的なところまで幅広く対応してくれているのでこの一冊を仕上げれば旧帝大以下の大学の和文英訳なら対応できると思います。(一部英語難関大を除く)旧帝大以上を目指す人には竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本をおすすめしますが、こっちは少し難しいので本当に苦手な人には入りとしてこれをお勧めします。

簡単な和文英訳なら、これで十分対応出来ると思います。解説も分かりやすいし、レイアウトも良き。 自分が受けたとこだと、学習院とか本女の入試で役に立ちました。 ただ1周でマスターするのはキツイので、早めに志望校の過去問に和文英訳出てるか出てないか確認して、遅くとも秋頃からは取りかかりましょう。

レビューをもっと見る

京大の英語25ヵ年

やはり大事なのは過去問を解くことです。
特に近年、傾向が変わっているので注意しましょう。
過去問を解く中で先ほど、お伝えした解き方を実践して慣れることが大事です。
最低10年、できれば15年以上は解きましょう。

参考書名
京大の英語25カ年(難関校過去問シリ-ズ)
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

【京大英語】受験生に贈る最強の参考書と対策

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に