【京大英語】受験生に贈る最強の参考書と対策

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

京都大学の英語対策に困っていませんか?
参考書選びに頭を悩ませていませんか?

京都大学は西日本でNo.1の難易度を誇る国立大学です。
その入試難易度は、当然ながら日本トップレベルです。
そんな京都大学の受験対策についてこれからお伝えしたいと思います。
私が今回お伝えするのは、文系・理系共に最も重要な科目とも言える英語の対策とおすすめの参考書です。
これから話す内容は私が現役時代に実践していたものです。
このおかげか私は京大模試で、100点以上を安定して取っていました。
ここに書いてあることを完璧にすれば、京大英語で合格点とされる90点を取ることはそう難しくはありません!
ぜひ参考にして頑張ってください。

京大英語の特徴

京大英語の設問はとてもシンプルです。
ここでは、そんな京大英語の特徴についてお伝えします。

京大英語の出題傾向と配点

京大の英語は3題構成です。

このような感じになっています。
とてもシンプルな出題形式ですね。
長文問題は500〜600語前後の文章が2題。
長文問題の設問は長らく英文和訳一本でしたが、ここ数年は、英文和訳に加えて内容説明や要約、空欄補充が出題されるなど、設問形式の多様化が進んでいます。
一方の英作文も従来の和文英訳に加えて、空欄補充型の自由英作文が近年出題されています。
とは言っても
配点としては、恐らく各大問50点の150点満点でしょう。

京大英語の難易度とは?

京大の英語の難易度は最難関の部類に入るでしょう。
そもそも使われている英文の素材が哲学・科学・歴史学など、かなり専門的かつ抽象的です。
当然、専門的な英単語もが頻繁に登場しますし、省略・倒置・仮定法など受験生が苦手としがちな文法も多々用いられています。
しかし、一方で試験時間が120分と長めに設定されています。
そのため時間的な厳しさはありません。
難問をじっくりと解かせるという意味で京大が思考力を重視していると言えるでしょう。

【まとめ】
問題は難しいが、時間的な厳しさはない

時間配分と解く順番

京大英語の制限時間は120分です。
大問が3つあるので、単純計算で各大問40分以内で終わらせる必要があります。
私がおすすめするのは、最初に英作文を35分で解き、残りの時間を長文に割くというやり方です。
京大の場合は、長文問題の難易度が非常に高いので、出来る限りそこに多くの時間をかける方が良いでしょう。
ただし京大英語で時間が足りないということは、まず無いはずです。
そこまで時間配分に深くこだわる必要はないでしょう。

【まとめ】
出来るだけ多くの時間を長文読解に回す

京大英語の合格者平均点と目標点は?

では、この難しい京大英語。
何点取れば合格なのでしょうか?
7割から8割ぐらい取らなければいけないのかなと思っている、あなた。 学部によって最低点は異なりますが、実は文系理系共に二次試験は55~60%取れていれば、まず受かります。
医学部の場合は少し例外で、6割5分ほどです。
そう考えると英語は、150点中85~90点を目指すのが妥当でしょう。
合格者平均もこの辺りになると考えられます。

【まとめ】
目標点は85~90点

国立 / 京都府

京大英語の対策法

目標点が定まったところで京大の長文読解と英作文の対策法についてお伝えしていきます。

【読解編】単語力を鍛える

先ほどもお伝えした通り、京大の英語では一般的な受験生が使う単語帳には載っていないようなレベルの単語がしばしば出てきます。
もちろん全ての単語が分かる必要は無いのですが、周りの受験生に差を付けられないレベルまで単語力を高めておく必要があります。
単語帳を完璧に覚えることは勿論、文章を読む中で出てきた単語をその都度覚えていくのが良い勉強法でしょう。

また単語を覚えるさいは一つの単語から多くを得ることを意識しましょう。
具体的には、語源、品詞違いの単語、類義語、同義語をまとめて覚えるということです。
そうすることで、効率的に多くの単語が覚えられますし、初見の単語を推測する力も自然と身についていきます。

【読解編】英文解釈力を高める

京大の英語といえば下線部和訳が有名です。
京大の和訳問題は非常に難しく複雑な構文が含まれています。
さらに下線が何行にもまたがることがあり、受験生には、これを解釈するだけの力が必要です。
さらに英文解釈力は英文を読む際の土台となるものでもあります。
文構造をつかむことに慣れていないようでは、難解な京大の英語では太刀打ちできないでしょう。
後に紹介する参考書・問題集をこなして徐々に英文解釈力を高めていきましょう。

【読解編】和訳は文脈を意識する

近年、京都大学の英語の出題傾向が変化してきているとお伝えしました。
しかし、以前として京都大学で大きな比重を占めているのは伝統的な英文和訳です。
この英文和訳の問題を解くにあたって、直訳した方がいいのか?意訳した方がいいのか?という問題が生じてきます。
多くの場合、下線が引かれる位置はそのまま訳しても意味が通りません。
採点官も日本語として意味が通っていない逐語訳に点を与えるとは考えられません。
この問題は、そもそも本文の要旨を理解していないと上手く訳せない箇所に下線が引かれています。
本文の内容を踏まえた上で、日本語として意味が通るように訳すのが一番でしょう。

【読解編】読解力をつける

現代文?と思ったあなた。
そうです。
京大の英語は現代文の素材が英語になったものと考えてください。
英文の抽象度がかなり高いので、普段から硬い文章に慣れている必要があります。
単語を覚えて文構造もつかめているのに「全然点が取れない」「何を言いたい文章なのか分からない」となると読解力が欠けている可能性が高いです。
京大入試では、近年の内容説明や要約問題だけでなく、和訳問題でも文脈を意識した答案作りが求められます。

そこで読解力に自身のない人は、少し易しめの長文を使って各段落ごとの要約を一言で作る練習をしてみましょう。
パラグラフごとの要旨をしっかりと整理することが自然にできるようになれば徐々に京大レベルに近付けていきましょう。

【長文読解対策のまとめ】
・単語力を鍛える
・英文解釈力を高める
・和訳は文脈に合わせて行う
・要約を通じて読解力を付ける

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

【英作文編】標準レベルの和文英訳を完璧に

京大の和文英訳を見たら、求められている英語力の高さに驚いてしまうかもしれません。
そもそも日本語が難しくそれ相応の英語で書かなければいけないような気になりますよね。
ですが、結局は自分の知っている表現でしか英作文は書くことができないんですね。
大事なのは、標準レベルの和文英訳がしっかりできるかという基礎的な部分です。
難しい日本語も簡単な日本語に変換すれば、標準レベルの英訳問題に様変わりします。
京大とはいえ受験生が完璧な答案を書くことはほぼ不可能なので、いかに自分の知っている表現でミスなく書けるかが合否を分けます。
標準的な参考書・問題集の和文英訳を徹底的にやり込みましょう。

【英作文編】硬い日本語を柔らかい日本語へ

京大の英作文は、こなれた日本語が並んでいるので、直訳するのは不可能です。
そもそも直訳の単語が存在しないことが多いです。
直訳ができないとなると、いったん柔らかい日本語に直す必要があります。
文意を変えなければ、その伝え方は無数にあります。
自分が英語で書けそうな柔らかい日本語に変換してみてください。
ただし、文意を変えてしまうのと細かい副詞などを抜かしてしまうのはいけません。
柔らかい日本語に直せたら後は、日頃培った和文英訳の力を発揮してください。
いきなり本番で、柔らかい日本語に変換しろと言われても難しいと思うので、過去問などを使って言い換え能力をupさせておきましょう。

【英作文編】必ず書いた英作文は添削を受けよう

英作文の基本的な勉強法ですが、書いた英作文は必ず添削してもらうことが大事です。
そのさい、間違った表現を正すだけでなく、自分の書いた英文が問題の英訳としてふさわしいものかを客観的に判断してもらいましょう。
そして添削を受けたあとは新しい表現を覚えるなど絶対に復習しましょう。

【英作文対策のまとめ】
・標準的な和文英訳を完璧に
・柔らかい日本語へ直す練習をする
・必ず添削を受けて復習する

京大英語の為の参考書

ここでは、京大英語で90点を取るために最低限やっておきたい参考書・問題集を挙げました。
教材選びの参考にしてみてくださいね。

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

鉄壁は英単語熟語帳です。
東大受験生に有名な鉄緑会という塾が出版しているため東大受験生しか必要ないと思われがちですが、実は京大志望の人にもおすすめです。
この鉄壁は、解説の詳しさと網羅という2点で非常に優れています。
そのため東大志望の人だけが使うというのは、非常にもったいないです。
単語帳の至るところに語源、イラスト、品詞違いの単語、類義語など効率的に暗記するための工夫が散りばめられていて効率的に単語を覚えたい人にオススメです。
またこの一冊を覚えきれば他の京大受験生に差を付けられることがないレベルの語彙力を確保できます。

参考書名
鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

これ無くてもFラン大学には受かります。 大東文化大学は無理ですけどね

序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど……俺は負けないよ?

枕にするにはちょっと小さめでかたいので、枕には現代文と格闘するをおすすめします。

レビューをもっと見る

ポレポレ英文読解プロセス50

ポレポレは英文解釈のための参考書です。
先程もお伝えしたように京大の英語では英文解釈力が非常に大事になります。
この本は文構造を捉えることに終始しているため分量が少なく、英語が苦手な人でも取り組みやすいでしょう。
50題の短文が載っておりそれぞれ重要なテーマを扱っています。
どれも京大英語では必須の知識となるので、何度も復習して体に染み込ませましょう。
ただ後半部は難易度が高いので、英語が超苦手という人は、基本的な英文法をマスターした後に挑みましょう。

参考書名
ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

この参考書の著者である西きょうじは 自分の教え子とポレポレしたことで有名なので、 清廉潔白の塊である俺は教え子とポレポレした奴の参考書なんて使うもんか!と依怙地になっていた。 しかし同じ高校に通う彼女が「私たちもポレポレしようよ」と言ってきたのでこの参考書を使うことにした。 するとまずこの薄い参考書の中に濃密な内容  俺は思わず開いた口が塞がらなくなり、言葉を失った。この俺に「不倫と浪人は人を大きくするのかもしれない」と思わせたほどだ。 っと言うことでおすすめの使い方は食パンに挟んでまず食べてみてください。 ちなみに僕の高校は男子校です

数十時間かけたけど、ほんとにやってよかった。 エベレスト登るかんじ。今のとこ8周したけど 他の英文が例えるならそこらへんの坂道。 やるなら覚悟したほうがいい。ただ自分の成長実感できて嬉しい。 ps.15番特にエグい。血を吐いた←

(下記、取り組んだ順番) 中学3年間の英語を10時間で復習する本 高校3年間の英語を10日間で復習する本 基本はここだ 基礎英文解釈の技術100 ポレポレ←ココ 基礎英文解釈の技術を1周にかかった時間の半分の時間で、本書を1周できました。 文量が少ないので、1周終えた後の復習には3日で3周できました。 内容としては、頭から読み下す方法を詳しく記載してあります。 英語ができる人ってこんな風に英文読んでいるんだな〜と勉強になりました。 私は一通り読んだら少し戻っての繰り返しで、精読スピードが遅いので、大変参考になりました。 当然ですが、基本的な英文解釈の参考書を消化していないと、本書は消化不良に陥ると思います。 事細かく説明はされておらず、説明を省略されている箇所が多いためです。 透視図は逆に口説く説明されている箇所あります。 注意点は、語注も無ければ、自身で単語を調べなきゃいけない上に、マイナーな意味?古い意味?を採用されてあることが多いので、調べた意味と訳とを見比べても?となることがある。 英文の一語一句を拾った訳ではなく、基本的に意訳に近いので、戸惑うことがあるのとその辺りは気にしないで進める必要があります。 基本はここだから 基礎英文解釈の技術or入門英文解釈の技術で繋いで ポレポレと考えている人は、基礎英文解釈の技術をやっとけば無難ではないでしょうか。 (入門の内容知りませんけど、、どうせポレポレやるなら念のため。その他の理由は、基礎英文解釈解釈の技術のレビューを参照ください) 体感ですが、基本はここだを1周した時より、精神的な勉強負荷は少なかったと思います。 基本はここだや、基礎英文解釈の技術の方が取り扱うエッセンスは多く、対してポレポレでは新たなエッセンスは多くはないと思います。 基本はここだと筆者が同じだからか、重複エッセンスも随所であります。 ただ、英文は複雑で精読の練習になります。 当たり前ですが、SVOCMを振りながら本書に挑むと、より理解が深まります。 英文解釈に慣れている人は、ぜひ挑戦を! 参考になれば幸いです! 学生さんは頑張ってください!!!

レビューをもっと見る

英文読解の透視図

京大受験生に特におすすめなのがこの参考書です。
これも英文解釈の参考書ですが、ポレポレと違う点は文法の解説がとても詳しいところです。
文構造の把握だけでなく、強調・比較・仮定法・省略といった重要な文法事項がかなり詳しく解説されています。
これらは京大の英語でも頻出なので必ず押さえておかなければいけないところです。
この英文読解の透視図で英文解釈に磨きをかけるといいでしょう。

参考書名
英文読解の透視図

見えてしまった😍

(下記、取り組んだ順番) 中学3年間の英語を10時間で復習する本 高校3年間の英語を10日間で復習する本 基本はここだ 基礎英文解釈の技術100 ポレポレ 英文読解の透視図←ココ ここを覗きにくるであろうポレポレと比較した内容を知りたい方向けに、個人的な私見を記載します。 ポレポレより難しいです。 透視図は港で言われているほど難しくないとのレビュー見かけますが、私は口が滑ってもそんなこと言えないです… ポレポレよりエッセンスや小ネタは多いです。 ポレポレ1周と同じくらい時間かかりました。 先にポレポレをやってから透視図取り組んだので、透視図の方が時間かかるという認識でいいのかな。 ポレポレより解説が多いです。 ポレポレはある程度の説明は省かれている。それが悪いというわけではなく、わかっている人からすると丁度いい説明量なので、逆に透視図は丁寧すぎてくどく感じる人もいると思う。 ポレポレ50問に対して透視図は73問の上にチャレンジ問題25問はポレポレより1.3〜1.5倍くらい?問題文が長い。 ポレポレには比較はなくて、透視図には比較がありますが、ここは気にしなくていいのではないのでしょうか。 比較はおそらく、皆さんがそんなに苦労せずに文意がとれる範囲かと。 この辺り、ポレポレ筆者のスタイリッシュに教本を作成しようという気持ちに、今更ながら感心しております。 参考書が薄いって素晴らしい。 ポレポレ130、透視図250(再入門除くと230) しかし、どららを極めるか選択するとしたら、迷わず透視図です。 随所のエッセンスが今までの参考書にも無く、初めて知ったことも多くありためになるので、透視図です。 ポレポレは精読の練習、 透視図は精読の練習+極みコラムあり くらいな位置づけかと思います。 唯一の欠点は、透視図のチャレンジ問題の解説は、小問2つを挟んだ先にあり、離れているので、勉強しにくい。 参考になれば幸いです! 学生さんは頑張ってください!!!

恋愛初心者でも実践できる恋愛テクニックが豊富で、とても為になります! これを実践すれば彼女を作ることも容易になるはずです!本当におすすめします!

レビューをもっと見る

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

一度くらいは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?
英作文の勉強を始める人におすすめなのがドラゴンイングリッシュです。
重要構文を含んだ100の英文とその解説がなされていて英作文の基礎を身に付けることができます。
またこの参考書の例文を暗記することで、本番でも確実に使える表現が身につきます。

参考書名
ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

紙の質が画用紙みたいです。 図画工作かて。

国立大目指す人はほぼ必須であろう。 ドラゴンイングリッシュは基礎的なもの。 と言われがちであり、実際そうである。 しかし、受験英語の英作文なんて基礎的な文とか決まりきった文を書くだけの『英借文』なのでこれのみでOKです

これで頑張る!

レビューをもっと見る

決定版 竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本

この参考書は著者が同じであるドラゴンイングリッシュの後にやるといいでしょう。
対象レベルは旧帝大で、和文英訳の対策におすすめです。
量は多いですが、やりきれば確実に力はつきます。
また問題は一度自分で解いてみるようにしましょう。
その後に、添削を受けるなりしてから模範解答を暗記するのがいいと思います。

参考書名
竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本 決定版

ultimate600との接続が非常に良い。二次で和文英訳がある人はこの本が必要十分条件だと思う。自由英作文の為にも十二分に効果はあると思う。 個人的な勉強法は、まずは自解を出して解説を読み、解答との差異を調べて完璧ならもう解かない。及第点/全然ダメならそれぞれマークして後日に再解する。また、自分で改題して重要事項をおさらいしてみるのも意外と楽しみながら勉強出来ると思う。1日2題大体1時間×30日で終わるのでさっさと終わらし、あとは反復演習を積み重ねていけば怖いもの知らずになれるだろう。

これ一冊で英作文は大丈夫。むしろ得意分野になると思う。 あとは、問題文の日本語は何を言いたいのか、どういうことを言っているのかということを考えて、その内容を自分が知っているフレーズで書くだけ

レビューをもっと見る

大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

これも同じく和文英訳のための参考書です。
自由英作文編もありますが、今回おすすめするのは和文英訳編です。
受験生が迷いやすい時制などの文法事項を丁寧に解説していてとてもタメになる参考書です。
巻末に例文集がついているのも嬉しいですね。
レベルは英作文が面白いほど解ける本より易しいので和文英訳の対策を始める人におすすめです。

参考書名
大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

もし学校や予備校の和文英訳の授業が先生の解答を写すだけの授業なら即受けるのをやめよう。和文英訳はポイントを押さえた上で書くことが大事なのである。この本では文法的なポイントが網羅されてるので文法的なミスが大きく減る。またポイントを押さえることで解答の方針が浮かびやすくなる。あとは付録で表現や語彙を増やしてよりよい解答を目指す。

基本的なことから、ひとつひとつ復習できます。 見やすいですし、よくまとまっています✨ これを使って、以前より英作書けるように(私的には)なった気がします

この本は和文英訳で必須のポイントを66個にまとめて解説している参考書です。 でもポイント1個につき例文が2個ずつ、また途中のページに入試問題が入っていたりと、たくさんの英訳練習問題(約220題)が入っているので問題集としてもとても重宝します! この本は基礎的なところから抑えることを目的としていて、特に一番最初のページから始まる「疑問文の作り方」などは、中学で教わるので、ほとんどの大学受験用英訳参考書とかには載っていないですが、案外やってみると作り方を忘れていたりするので、この本ではそういうほんとの基礎から学ぶことが出来るのでとてもいいです! また英作文を書くことを通じて文法が学べるようにうまく工夫して作られているので、文法の復習にも使えます 個人的にはある程度のレベルの大学ならこれと過去問で充分だと思います。 気になった方は是非1度本屋さんで手に取って見てください(^-^)

レビューをもっと見る

京大の英語25ヵ年

やはり大事なのは過去問を解くことです。
特に近年、傾向が変わっているので注意しましょう。
過去問を解く中で先ほど、お伝えした解き方を実践して慣れることが大事です。
最低10年、できれば15年以上は解きましょう。

参考書名
京大の英語25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

【京大英語】受験生に贈る最強の参考書と対策

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に