【京大英語】受験生に贈る最強の参考書と対策

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

京都大学の英語対策に困っていませんか?
参考書選びに頭を悩ませていませんか?

京都大学は西日本でNo.1の難易度を誇る国立大学です。
その入試難易度は、当然ながら日本トップレベルです。
そんな京都大学の受験対策についてこれからお伝えしたいと思います。
私が今回お伝えするのは、文系・理系共に最も重要な科目とも言える英語の対策とおすすめの参考書です。
これから話す内容は私が現役時代に実践していたものです。
このおかげか私は京大模試で、100点以上を安定して取っていました。
ここに書いてあることを完璧にすれば、京大英語で合格点とされる90点を取ることはそう難しくはありません!
ぜひ参考にして頑張ってください。

京大英語の特徴

京大英語の設問はとてもシンプルです。
ここでは、そんな京大英語の特徴についてお伝えします。

京大英語の出題傾向と配点

京大の英語は3題構成です。

このような感じになっています。
とてもシンプルな出題形式ですね。
長文問題は500〜600語前後の文章が2題。
長文問題の設問は長らく英文和訳一本でしたが、ここ数年は、英文和訳に加えて内容説明や要約、空欄補充が出題されるなど、設問形式の多様化が進んでいます。
一方の英作文も従来の和文英訳に加えて、空欄補充型の自由英作文が近年出題されています。
とは言っても
配点としては、恐らく各大問50点の150点満点でしょう。

京大英語の難易度とは?

京大の英語の難易度は最難関の部類に入るでしょう。
そもそも使われている英文の素材が哲学・科学・歴史学など、かなり専門的かつ抽象的です。
当然、専門的な英単語もが頻繁に登場しますし、省略・倒置・仮定法など受験生が苦手としがちな文法も多々用いられています。
しかし、一方で試験時間が120分と長めに設定されています。
そのため時間的な厳しさはありません。
難問をじっくりと解かせるという意味で京大が思考力を重視していると言えるでしょう。

【まとめ】
問題は難しいが、時間的な厳しさはない

時間配分と解く順番

京大英語の制限時間は120分です。
大問が3つあるので、単純計算で各大問40分以内で終わらせる必要があります。
私がおすすめするのは、最初に英作文を35分で解き、残りの時間を長文に割くというやり方です。
京大の場合は、長文問題の難易度が非常に高いので、出来る限りそこに多くの時間をかける方が良いでしょう。
ただし京大英語で時間が足りないということは、まず無いはずです。
そこまで時間配分に深くこだわる必要はないでしょう。

【まとめ】
出来るだけ多くの時間を長文読解に回す

京大英語の合格者平均点と目標点は?

では、この難しい京大英語。
何点取れば合格なのでしょうか?
7割から8割ぐらい取らなければいけないのかなと思っている、あなた。 学部によって最低点は異なりますが、実は文系理系共に二次試験は55~60%取れていれば、まず受かります。
医学部の場合は少し例外で、6割5分ほどです。
そう考えると英語は、150点中85~90点を目指すのが妥当でしょう。
合格者平均もこの辺りになると考えられます。

【まとめ】
目標点は85~90点

国立 / 京都府

京大英語の対策法

目標点が定まったところで京大の長文読解と英作文の対策法についてお伝えしていきます。

【読解編】単語力を鍛える

先ほどもお伝えした通り、京大の英語では一般的な受験生が使う単語帳には載っていないようなレベルの単語がしばしば出てきます。
もちろん全ての単語が分かる必要は無いのですが、周りの受験生に差を付けられないレベルまで単語力を高めておく必要があります。
単語帳を完璧に覚えることは勿論、文章を読む中で出てきた単語をその都度覚えていくのが良い勉強法でしょう。

また単語を覚えるさいは一つの単語から多くを得ることを意識しましょう。
具体的には、語源、品詞違いの単語、類義語、同義語をまとめて覚えるということです。
そうすることで、効率的に多くの単語が覚えられますし、初見の単語を推測する力も自然と身についていきます。

【読解編】英文解釈力を高める

京大の英語といえば下線部和訳が有名です。
京大の和訳問題は非常に難しく複雑な構文が含まれています。
さらに下線が何行にもまたがることがあり、受験生には、これを解釈するだけの力が必要です。
さらに英文解釈力は英文を読む際の土台となるものでもあります。
文構造をつかむことに慣れていないようでは、難解な京大の英語では太刀打ちできないでしょう。
後に紹介する参考書・問題集をこなして徐々に英文解釈力を高めていきましょう。

【読解編】和訳は文脈を意識する

近年、京都大学の英語の出題傾向が変化してきているとお伝えしました。
しかし、以前として京都大学で大きな比重を占めているのは伝統的な英文和訳です。
この英文和訳の問題を解くにあたって、直訳した方がいいのか?意訳した方がいいのか?という問題が生じてきます。
多くの場合、下線が引かれる位置はそのまま訳しても意味が通りません。
採点官も日本語として意味が通っていない逐語訳に点を与えるとは考えられません。
この問題は、そもそも本文の要旨を理解していないと上手く訳せない箇所に下線が引かれています。
本文の内容を踏まえた上で、日本語として意味が通るように訳すのが一番でしょう。

【読解編】読解力をつける

現代文?と思ったあなた。
そうです。
京大の英語は現代文の素材が英語になったものと考えてください。
英文の抽象度がかなり高いので、普段から硬い文章に慣れている必要があります。
単語を覚えて文構造もつかめているのに「全然点が取れない」「何を言いたい文章なのか分からない」となると読解力が欠けている可能性が高いです。
京大入試では、近年の内容説明や要約問題だけでなく、和訳問題でも文脈を意識した答案作りが求められます。

そこで読解力に自身のない人は、少し易しめの長文を使って各段落ごとの要約を一言で作る練習をしてみましょう。
パラグラフごとの要旨をしっかりと整理することが自然にできるようになれば徐々に京大レベルに近付けていきましょう。

【長文読解対策のまとめ】
・単語力を鍛える
・英文解釈力を高める
・和訳は文脈に合わせて行う
・要約を通じて読解力を付ける

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

【英作文編】標準レベルの和文英訳を完璧に

京大の和文英訳を見たら、求められている英語力の高さに驚いてしまうかもしれません。
そもそも日本語が難しくそれ相応の英語で書かなければいけないような気になりますよね。
ですが、結局は自分の知っている表現でしか英作文は書くことができないんですね。
大事なのは、標準レベルの和文英訳がしっかりできるかという基礎的な部分です。
難しい日本語も簡単な日本語に変換すれば、標準レベルの英訳問題に様変わりします。
京大とはいえ受験生が完璧な答案を書くことはほぼ不可能なので、いかに自分の知っている表現でミスなく書けるかが合否を分けます。
標準的な参考書・問題集の和文英訳を徹底的にやり込みましょう。

【英作文編】硬い日本語を柔らかい日本語へ

京大の英作文は、こなれた日本語が並んでいるので、直訳するのは不可能です。
そもそも直訳の単語が存在しないことが多いです。
直訳ができないとなると、いったん柔らかい日本語に直す必要があります。
文意を変えなければ、その伝え方は無数にあります。
自分が英語で書けそうな柔らかい日本語に変換してみてください。
ただし、文意を変えてしまうのと細かい副詞などを抜かしてしまうのはいけません。
柔らかい日本語に直せたら後は、日頃培った和文英訳の力を発揮してください。
いきなり本番で、柔らかい日本語に変換しろと言われても難しいと思うので、過去問などを使って言い換え能力をupさせておきましょう。

【英作文編】必ず書いた英作文は添削を受けよう

英作文の基本的な勉強法ですが、書いた英作文は必ず添削してもらうことが大事です。
そのさい、間違った表現を正すだけでなく、自分の書いた英文が問題の英訳としてふさわしいものかを客観的に判断してもらいましょう。
そして添削を受けたあとは新しい表現を覚えるなど絶対に復習しましょう。

【英作文対策のまとめ】
・標準的な和文英訳を完璧に
・柔らかい日本語へ直す練習をする
・必ず添削を受けて復習する

京大英語の為の参考書

ここでは、京大英語で90点を取るために最低限やっておきたい参考書・問題集を挙げました。
教材選びの参考にしてみてくださいね。

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

鉄壁は英単語熟語帳です。
東大受験生に有名な鉄緑会という塾が出版しているため東大受験生しか必要ないと思われがちですが、実は京大志望の人にもおすすめです。
この鉄壁は、解説の詳しさと網羅という2点で非常に優れています。
そのため東大志望の人だけが使うというのは、非常にもったいないです。
単語帳の至るところに語源、イラスト、品詞違いの単語、類義語など効率的に暗記するための工夫が散りばめられていて効率的に単語を覚えたい人にオススメです。
またこの一冊を覚えきれば他の京大受験生に差を付けられることがないレベルの語彙力を確保できます。

参考書名
鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

使って1週間くらいしか経ってないのに模試とか長文解いてる時にスラスラ単語の意味が浮かんでくるっていう最高の魔法書

もはや辞書としても使える! 最強単語帳【鉄壁】は今年から初の改訂版が出版されました! 変わったところ ・開きやすいつくりになった◎ (これ結構ありがたい!書き込みメモがしやすくなった✨) ・収録語数が増えた◎ ・鉄壁オリジナルのイラストが増えて、覚えやすくなった! ☑️鉄壁ぼろぼろになる問題を解決 →鉄壁カバーを買う 改訂前の鉄壁使ってた時は、もともとのカバー取って使ってましたが、1年ですぐにぼろぼろになってしまいました😭 改訂版鉄壁を買った後、メルカリで鉄壁専用カバーを購入! これがめっちゃ良い😊👍愛用してます! 同じ悩みの人は是非🙌 ☑️女子必見モチベUP法🌸 →香水を含ませた紙を栞にする デパートで試供品でもらった、香水を含ませた可愛い紙を栞にすると開く度にいい香りがします! ☑️おすすめ勉強法 →日本語から英語もやる 鉄壁だと日本語訳しか赤シートで隠れないので、日本語→英語を意識してやってます! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 🔥鉄壁ユーザーの会🔥 というコミュニティを作りました! みなさんのmy鉄壁の写真や、活用法、進捗状況などをシェアしませんか? 誰でも参加OK✨ 私のプロフィールから見つけられます! 良かったら是非💜 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 鉄壁は、私はもはや辞書として使ってます!無駄なく、コンパクトにたくさんの単語を収録しているところが良い◎ わからない単語はまず鉄壁で調べて、チェックつけたりして、たくさん書き込んでます! 鉄壁は持ってるだけじゃなくて、たくさん使って何度も見てなんぼなので、鉄壁をオリジナルに充実させて、楽しく勉強するのが一番いいと思います✨😌💜 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 最後までご覧くださりありがとうございます✨ 良かったらいいね👍やシェア▶️をよろしくお願いいたします! いいねしてくださった方、フォローしてます。

単語集には、ターゲットのような網羅系、シス単やDUOのようなフレーズで覚える系、速単のような文章の中で覚える系などいろいろあるが、この本はセンター以上難関大レベルまでの単語約2000語余りを50のテーマに分け、詳しい解説やイラストを交えて、覚える「とっかかり」を増やすことを目指した、理解重視系の単語集である。 派生語、慣用句、用例はもちろん、語源解説やミニチェック問題、SECTIONごとのテストも充実しており、とにかく記憶に残る工夫が満載。ただし時間をかけて単語を「理解する」ための本なので、入試直前に取り組んで詰め込むには全く不向き。 また、頻度や難易度の順になっていないので、ある程度の単語力がないと、最初から最後まで難しいだけの単語集で終わってしまう。 「センター向け」とうたっている入門単語集が終わっているか、ターゲットのSection15まで、シス単の第3章までを終えてから本書に繋げるのがお薦め。 ただ「鉄壁」とか「東大」といった言葉に惑わされがちだが、見たこともないような難語は意外と少ない。それでも東大クラスの英単語はカバーしているのが、絶妙なところ。東外大や慶応上智、難関医科大など癖のある単語が出る大学を除けば、大抵の大学入試で対応できるだろう。これで足りないと思うなら、速単上級編やリンガメタリカに進めば良い。 書籍の他に、mikanに鉄壁版があるが、こちらは2000円と高価な割には機能がイマイチ。 単語アプリは瞬間記憶を繰り返すのに向いており、ターゲットのような内容なら良いが、速単や鉄壁のような単語集のコンセプトとは矛盾している。 本書は単語集としては異色の大きさを誇っているが、それでも内容が盛りだくさん過ぎて文字が小さく余白が少ないのは難点。私は書き込みもどんどんできるようにと、本書をバラしてA4版に拡大コピーして製本した。これだけでも4000円以上、本書とCDを合わせると合計約1万円の出費だが、それだけの覚悟を決めて使い込んでいる。ただでさえ「武器代わりになる」と揶揄されるが、拡大コピーしたものは、辞書の大きさをはるかに超え、電話帳や時刻表をも凌駕している。もちろん持ち運びには適さないので、自宅専用である。 なお、初版から大きな変化なく版を重ねており、解説の途中で改ページがあったり、他ページの参照がしにくい点(関連語が掲載ページでなく収録セクション番号で記されているので、結局索引でページ数を調べないと参照できない。)など、編集の詰めが甘い面もある。 またターゲットやシス単に掲載の難語が収録されていないことがあり、不安に感じることも稀にある。 これらは今後改訂版で修正されることを期待している。 その際はついでに、大型机上版も作りませんか、角川さん? ・・・・・・・・・・・・・ 以下は2020年3月発行の改訂版に対する追記 改訂版では収録単語が65語追加され、他の標準レベル単語集に掲載されていながら本書未掲載だった単語がほとんどなくなった。 盛りだくさんの内容に加えて、イラストやチェック問題が更に増えたため、圧倒的なボリュームは相変わらず。ただレイアウトはかなり改善され、参照ページがわかりやすくなるなど、使いやすさが向上した。また重要度ランクの*印もかなり変更されている(*印順に取り組む人はそんなにいないだろうが、初版の*印ランクは結構いい加減だった。)。大型机上版を作るまでの洒落はさすがに通じないようだが、初版利用者の意見はかなり反映しているようだ。 取り組み前に一定レベルの単語力が必要である点や、3周程度こなすのに1年弱かかるのが難点だが、じっくり受験英単語研究に取り組むには必携の書であろう。

レビューをもっと見る

ポレポレ英文読解プロセス50

ポレポレは英文解釈のための参考書です。
先程もお伝えしたように京大の英語では英文解釈力が非常に大事になります。
この本は文構造を捉えることに終始しているため分量が少なく、英語が苦手な人でも取り組みやすいでしょう。
50題の短文が載っておりそれぞれ重要なテーマを扱っています。
どれも京大英語では必須の知識となるので、何度も復習して体に染み込ませましょう。
ただ後半部は難易度が高いので、英語が超苦手という人は、基本的な英文法をマスターした後に挑みましょう。

参考書名
ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

何年も難関大受験者に使わせているだけある。 だがしかし、むずい、最後にやるべき、オーバーワークと言っている人や記事も多かったので手をつけなかったが全くそんなことなかった。確かにレベルはかなり高いがライオンマークじゃなきゃ基礎技術100を完璧にしてればできる。まあ要するにもっと早くやれば良かった。 やておき700の前にやっとけば挫折せんかったかもシレッセン

やってて楽しいです 一言言っておけば、確かにそれなりに難しいですが世間で言われてるほどは難しくないです。

( ^ω^)おっ、ポレポレやってんじゃん笑、『なんで貴方がポレポレを❗️❓』ってか笑、参考書で一発芸はキツいて笑笑 これは自分と縁が無いクラスの陽キャ達の会話、、ぼっちが寂しくて盗み聞きしてしまいました…… でも言ってることは正しく、英検準2級も取れてないのに′′あの′′ポレポレに手を出すのはさすがに早いと思いましたね、、 まぁ案の定彼は大学受験に失敗したので、後は野となれ山となれの精神で机の中に参考書を置きっぱなしにして卒業しました 拾ってメルカリで売ろうと思いましたが、なんだかベタベタしていて返品+低評価をもらいそうだったので素直に捨てました

レビューをもっと見る

英文読解の透視図

京大受験生に特におすすめなのがこの参考書です。
これも英文解釈の参考書ですが、ポレポレと違う点は文法の解説がとても詳しいところです。
文構造の把握だけでなく、強調・比較・仮定法・省略といった重要な文法事項がかなり詳しく解説されています。
これらは京大の英語でも頻出なので必ず押さえておかなければいけないところです。
この英文読解の透視図で英文解釈に磨きをかけるといいでしょう。

参考書名
英文読解の透視図

近頃扱われている文章と乖離がありすぎて、無駄が多い参考書。この参考書使って和訳で高得点出す人もいるけど、少ない印象。ちなみに英語力向上という目的でこの参考書使う人は自分の英語勉強について考え直した方がいいと思う。

英文解釈の技術なんてやらないで、 こっちやれよ。 あとは、語彙力ゲーだから。

レビューをもっと見る

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

一度くらいは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?
英作文の勉強を始める人におすすめなのがドラゴンイングリッシュです。
重要構文を含んだ100の英文とその解説がなされていて英作文の基礎を身に付けることができます。
またこの参考書の例文を暗記することで、本番でも確実に使える表現が身につきます。

参考書名
ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

付録のCDを聴きながらやると覚えやすいです 100文完璧に覚えると日本昔ばなしのドラゴンになれます

紙の質が画用紙みたいです。 図画工作かて。

国立大目指す人はほぼ必須であろう。 ドラゴンイングリッシュは基礎的なもの。 と言われがちであり、実際そうである。 しかし、受験英語の英作文なんて基礎的な文とか決まりきった文を書くだけの『英借文』なのでこれのみでOKです

レビューをもっと見る

決定版 竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本

この参考書は著者が同じであるドラゴンイングリッシュの後にやるといいでしょう。
対象レベルは旧帝大で、和文英訳の対策におすすめです。
量は多いですが、やりきれば確実に力はつきます。
また問題は一度自分で解いてみるようにしましょう。
その後に、添削を受けるなりしてから模範解答を暗記するのがいいと思います。

参考書名
竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本 決定版

これ一冊で英作文は大丈夫。むしろ得意分野になると思う。 あとは、問題文の日本語は何を言いたいのか、どういうことを言っているのかということを考えて、その内容を自分が知っているフレーズで書くだけ

旧帝医学部といった超難関大学に受験生を送り込んできた、もはや英作文のバイブルといっても過言ではないほどの超良書である。かくいう私も受験生時代にお世話になった一冊。 ただ、有名になりすぎてしまった弊害か、使い方を間違えて使っている受験生が数多くみられる。正しい用法で使っていれば多大な効果が得られるである本であるのに…ということでレビューを書かせてもらう。 まず、この本は英作文の実践用の本だ、ということを強く認識してもらいたい。英作文の初学者がこの本を使ったところで、ただの例文暗記になってそこで終わりだろう。 この本に書いてある例題を自分なりによくよく考えて、考え抜いてからようやく正しい英訳をみる。乗っている正しい英文と自分の英文が何が違うのかをすり合わせ(ここが一番大切)、本来の単語の使い方やニュアンスの違い、典型的な構文を確認したあとにもう一度自分で英文を書いてみる。そのあとに生徒が書いたアウトな英文を確認し、自分でこの英文の何が駄目なのかということを指摘できるようにする。 そこまでやって週末に復習としてもう一度英文を書いてみる...。間違ったところはまた復習する........。 こうしたサイクルを繰り返し、気づいた頃には英文を覚えてしまっていたというのが理想である。 誤訳と正しい訳を比較し自分の英文を洗練し続けていく。そうした訓練のための一冊であり、決して英作文を0から書けるようにする一冊ではないということに気をつけて頂きたいのだ。 この英文は日本語と英語を一対一対応させて載っけてるだけ!とかいう意味の分からない書評も見かけられるが、そうした人間は、まるで笑い話のようであるが、9割はsee、look、watchの違いやblame、criticize、scoldのニュアンスの違いを言えないのである。この本は何故この単語を使ってはいけないのか?や何故この構文を使うのか?ということに注意し、そういった意識を身につけるために進めるものである。決して例文暗記のためではない。(ただ結局この本にのっている表現はほぼ全て頻出表現なので覚えてしまったほうがいいのも確か)

レビューをもっと見る

大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

これも同じく和文英訳のための参考書です。
自由英作文編もありますが、今回おすすめするのは和文英訳編です。
受験生が迷いやすい時制などの文法事項を丁寧に解説していてとてもタメになる参考書です。
巻末に例文集がついているのも嬉しいですね。
レベルは英作文が面白いほど解ける本より易しいので和文英訳の対策を始める人におすすめです。

参考書名
大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

基本的なことから、ひとつひとつ復習できます。 見やすいですし、よくまとまっています✨ これを使って、以前より英作書けるように(私的には)なった気がします

この本は和文英訳で必須のポイントを66個にまとめて解説している参考書です。 でもポイント1個につき例文が2個ずつ、また途中のページに入試問題が入っていたりと、たくさんの英訳練習問題(約220題)が入っているので問題集としてもとても重宝します! この本は基礎的なところから抑えることを目的としていて、特に一番最初のページから始まる「疑問文の作り方」などは、中学で教わるので、ほとんどの大学受験用英訳参考書とかには載っていないですが、案外やってみると作り方を忘れていたりするので、この本ではそういうほんとの基礎から学ぶことが出来るのでとてもいいです! また英作文を書くことを通じて文法が学べるようにうまく工夫して作られているので、文法の復習にも使えます 個人的にはある程度のレベルの大学ならこれと過去問で充分だと思います。 気になった方は是非1度本屋さんで手に取って見てください(^-^)

和文英訳だろうが自由英作文だろうが結局は日本語があってそれを英語に直すという作業になる。 ならば和文英訳を最初に完成させる事が英作文の基礎になる。 この本はそのための最初の一冊に最適。 やり方はまず巻末付録の暗唱例文を脳筋のように気合で暗記する。 そしてその例文が例題となっている本編の解説を読み、理解する。 これがインプット→アウトプットの流れに沿って記憶に定着する。 これが終わったら同じタイトルの自由英作文編に入ったら良いと思いやーす。

レビューをもっと見る

京大の英語25ヵ年

やはり大事なのは過去問を解くことです。
特に近年、傾向が変わっているので注意しましょう。
過去問を解く中で先ほど、お伝えした解き方を実践して慣れることが大事です。
最低10年、できれば15年以上は解きましょう。

参考書名
京大の英語25カ年[第8版] (難関校過去問シリーズ)
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

【京大英語】受験生に贈る最強の参考書と対策

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に