【慶應法学部の英語】配点・対策と参考書!目標点や時間配分も紹介

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「慶應義塾大学法学部の英語」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

私大の中でも特に偏差値が高いことから、漠然と「難しい」という印象があるのではないでしょうか。
確かに単語のレベルは高く、細かい文法の知識も求められますが、近年は以前と比べると解きやすくなってきています。
また全問マーク形式のため、英作文が苦手な人には取り組みやすい出題形式となっています。

この記事では10年分ほど過去問研究をした現役慶應法学部生が、慶應義塾大学法学部の英語の基礎知識から合格するために必要な対策法まで紹介します!

慶應法学部を第一志望としている人も、そうでない人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

あわせて読みたい

【慶應経済学部の英語】長文読解と英作文のコツをご紹介!

慶應大学法学部英語の配点・形式と目標点

配点と設問形式

慶應法学部の英語は全てマークシート形式で、制限時間80分、200点満点です。
ちなみに歴史科目100点、論述問題100点の合計400点満点で合否を決めるため、英語が全体の半分を占めることになります。

大問数は例年5つで、その内容は年度によって多少の変化があります。
2017年度入試では次のような形式でした。

大問Ⅰの発音問題は以前は毎年出題されていましたが、2017年度は4年ぶりに出題されました。
形式は2つに分かれており、ひとつは5つの英単語のペアの中から語尾の音が違うペアを選択するというもの。もうひとつは5つの英単語のペアの中から異なる発音をするペアを選ぶという問題でした。

2017年度の大問Ⅱは「5つの短文の中から文法的に誤りを含むものを1つ選択する」問題と、「短文の中から訂正が必要な単語を指摘する」問題でした。
文法問題は毎年出題されているものの、年度によって出題形式が変化するので注意が必要です。

大問Ⅲ〜Ⅴはおおむね毎年同じ形式の問題が出題されていて、
大問Ⅲは会話文中の空欄に入れるのに適切な選択肢を選ぶ問題。
大問Ⅳは文章中の単語の意味を選択する問題。
大問Ⅴは語句整序等を含む長文読解問題。
といった内容でした。

このように大まかな傾向は変わらないものの、急に出題形式が変わることもあるため気をつけましょう。具体的に言うと、発音アクセントのように以前出題されていた問題形式が突然復活する可能性があるのでしっかり過去問対策をしておくことが大切です。

目標点

設問ごとの配点は公表されていません。
したがって過去問演習の際は推測で自己採点をしていくことになります。
一般的に長文問題は高めに配点されていると言われているので、過去問演習をした時はそれを参考に採点してみてくださいね。

一方科目別の受験者平均得点(合格者平均ではないので注意)は公表されています。
2017年度の慶應法学部英語の受験者平均得点は、法律学科は116.90点で政治学科は127.07点でした(問題は共通です)。
例年100点前後であることが多いですが、2014年度はそれぞれ68点と72点であったという様に、急に難易度が変化することもあるので注意しましょう。

目安としては7割程度取れると安心ですが、過去問を解いたらその都度自分の出来と受験者平均点を比べてみることをおすすめします。

慶應大学法学部の英語出題傾向

難易度は高い

「はじめに」の部分で易化の傾向にあると述べましたが、他の入試問題と比べるとやはり難易度は高いでしょう。
特に単語のレベルが高く、一般的な受験用の参考書では補いきれない部分もあります。
しかし逆に言うと単語や熟語が分かればすんなり解けてしまう問題もあり、対策は比較的簡単であると言えるかもしれません。

文法・語法問題

例年大問ⅠまたはⅡが文法問題となっています。
総じてレベルが高く、予備校の解答速報でも解答が割れるほどの悪問が出題されることもあります。
形式は「5つの短文の中から文法的に誤りを含むものを1つ選択する」もの、「短文の中から訂正が必要な単語を指摘する」もの、「短文の空所に挿入するのに適当な語句を語群から選び、更に適切な形に活用させてその語尾のアルファベットを答える」もの…など様々です。

長文読解問題

例年大問Ⅴが長文読解問題で、文字数は700〜1000語程度です。
センター英語の長文も800語程度なので、それほど長くはありません。

内容は科学的な文章から小説まで、様々な文章が出題されます。
段落ごとにアルファベットが振ってあり、それに対応する問題が十数問出題されます。
設問は内容真偽、内容説明、空所補充、文整序、語句整序などと様々です。

ここで高得点を取るためには、基本的な構文の理解はもちろん、高い英単語力を身につけることが重要です。おすすめの英単語の参考書は後ほど紹介します。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

慶應大学法学部の英語対策

時間配分

慶應法学部の英語の制限時間は80分です。
2017年の入試問題をもとにおすすめの時間配分を紹介します。

発音アクセント・文法問題は知識問題なので、少し考えても分からなかったらそれ以上考えても答えが出ないことが多いです。
諦めて適当に選択し、次の問題に進むことをおすすめします。

また、大問Ⅳの単語推測問題もできるだけ文章全てを読まずに意味を答えられるようになるとぐっと解答スピードを上げることができるようになります。

しかし上記の例はあくまでも参考にして、過去問演習を通して自分にぴったりな時間配分を見つけてくださいね。

語彙力

慶應法学部の英語で必要なものは高い英単語能力だと説明してきました。
しかしどこまで覚えればいいのか、イマイチわからないと思います。

これに関しては合格者の中でも意見が分かれると思いますが、私のおすすめは「英検1級レベル」です。

英検1級というとおよそ1万語の語彙力が必要であると言われています。
一般的に高校卒業程度のレベルとされている英検2級の合格に必要な単語数は6000語程度なのでかなりの量ではありますが、難関大の英語ではこのレベルの単語も普通に登場するので覚えて置くと英文を読むのが本当に楽になります!

もちろんそこまで行かなくても合格できるという人もいるので、余裕があったら目指してみてくださいね。

発音アクセント

発音アクセントは2017年度に4年ぶりに出題され、2018年度も引き続き出題されましたが、今後どうなるかの予測は難しいところです。

それでも出題されることを想定して、単語を覚える時に意味だけでなく発音も確認すること、普段からCDなどでネイティブの発音を確認することを意識することが望ましいです。

しかし今までそれらをやっておらず、時間もないという人はセンター向けの発音アクセント対策をしっかり行っておきましょう。
私もセンターレベルの対策しかしていませんでしたが、実際にその知識に助けられました。

会話問題

会話問題では会話表現と同時に、難度が高い熟語表現の知識を問われることが多いです。
特に基本的な動詞を用いた熟語に注意しましょう。

例えば基本的な動詞であるstandを用いた熟語表現の中に、次のものがあります。
皆さんはいくつわかりますか?

「ぼんやりする」 stand ( 1 )
「目立つ」 stand ( 2 )
「(デートを)すっぽかされる」 ( 3 ) stood ( 4 )
「〜の代役をする」stand ( 5 ) ( 6 )
「我慢する」stand ( 7 )

これは2014年度に出題された問題の一部です。実際には語群から文脈にあった英熟語を選ぶ形式となっています。
こうした問題に対応していくためには、熟語帳の活用、辞書を用いて基本的な動詞を用いた熟語を調べるといった対策がおすすめです。


答え:(1)about (2)out (3)get (4)up (5)in (6)for (7)for

合格のためのおすすめの参考書

速読英単語必修編

基礎的な単語に自信がない人や、これから受験対策を始めていく人はまず速読英単語必修編を使いましょう。
短い文章とそれに出てきた単語を覚えていく方法で、中堅大学を狙っていくために必要な単語が収録されています。
見出し語だけではなく、派生語まですべて覚えることを意識しましょう。

参考書名
速読英単語 (1)必修編 [改訂第6版]
著者
風早寛
ページ
384ページ
出版社
z会

話の内容が面白いです!

まず、太字や意味が赤になっている英単語は他の単語帳に比べて少ないのでこれ一冊で受験を乗り切るのなら、細字を緑のマーカーで塗るなどの工夫をして掲載されてる約3000語を全て覚える程度は必要。 この単語帳の良いところは、テキストの構成や掲載されてる文のレベルなど初学者や英語が苦手な人にも取り組みやすい、厚くなく見た目にビビることもないことであると思う。 英語が苦手、単語を全く覚えてないという人は太字の単語のみで良いのでまず最初に掲載されてる意味を覚えることから始める、はじめの方の文は短く、構文的にも苦労しないので「へービタミンCおもろ笑」くらいの感じで和訳を読み、(出来れば構文を取って)音読すると良いと思う。 この単語帳の短所は割と基本的な単語も載せて3000語なので入試でよく見る単語が載ってないことがしばしばある。 なので、赤字の単語を覚えたら別の単語帳を併用するのも良いかと思う。しかし速単に掲載されている約70の文章は日々音読し、文章における単語の色々な意味や、構文を自分のものにしよう。

単語も英文も易しめ。英文一文は大体300字程度が多いです。 一冊で単語と読解が練習出来るので持ち運びのは便利でしょう。

レビューをもっと見る

鉄緑会東大英単語熟語鉄壁

東京大学だけでなく、難関大学を目指す人におすすめの単語帳です。
速読英単語必修編が終わったら使用しましょう。
イラストなど、効果的に覚えるための工夫がなされてます。
量が多いので、計画的にすすめることをおすすめします。

参考書名
鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁
著者
鉄緑会英語科
ページ
666ページ
出版社
角川学芸出版

ターゲットと鉄壁を両方使っています。 ターゲットの方が持ち運びやすいので鉄壁は基本家に置いています。 ターゲットもいいですが、個人的には覚えにくいものが多く、なかなか先へ進めない状態です。 鉄壁はイラストが結構のっているので、どちらかと言うと鉄壁の方が覚えやすいと思います。

本の表紙や目次欄の強度がどう考えても無さすぎる。これで「鉄壁」だから本当に面白い。日中単語帳を持ち運ぶ受験生にとって優しさのかけらもないクソ参考書である。

京大現役合格した者です。 鉄壁は何周もしました。今更評価するまでもない良書ですがただ一つ、難点をつけるなら一部の単語の訳例がおかしいor訳例のセレクションが変なところ 例:desperateの訳例に頻出の「必死の」の意味がない とはいっても長文で知った後に自分で付け加えればいいだけなので問題じゃないですね 早慶志望ならもう一冊難しい単語帳をやるべきかな

レビューをもっと見る

出る順パス単(準1級・1級)

鉄壁の単語を全てマスターし、余力があれば出る順パス単に進みましょう。
これは大学受験用の参考書ではありませんが、慶應法学部を受験する人は使用することをおすすめします。
すでに知っている単語も含まれているはずなので、そう負担は大きくないと思います。
これら全ての学習を終えた頃には、難単語の意味を推測することなく答えられるほどの語彙力が身についているはずです!

参考書名
英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)
著者
ページ
408ページ
出版社
旺文社

2018年度10月、1月と2度受けて2度目で一次試験合格しました☺ 準一級を受けるならこの単語帳は必須だと思います。合わせてmikanのアプリも使いました。 ターゲット1900を終わらせた後にバーッと八割ほど覚えたら本番で語彙問題22/25でした。 (直前に解いた過去問では半分しか取れてなかったのはひみつ) 英検準一級が解ければセンターも国立二次もだいたい読めます。

英検準一級なんてすごいですね

音読をするのを3周くらいやって飽きたんで覚えてないままやめましたが、準一級受かりました。 覚えて1周を3回じゃなくてただ順繰りに3回読んだだけでほっておいても準一級は受かります。英検って長文の文章構造は難しくないんで。 別にこんなの読まなくても早慶上智とか大丈夫な気がしますけどね。

レビューをもっと見る
参考書名
英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)
著者
ページ
520ページ
出版社
旺文社

【5/25→21/25】 勉強期間: 約1か月 勉強時間: mikanのアプリと合わせて約45時間 単語帳はこのテキストしかやっていませんが、これだけで8割超えました。 色々手を出すよりはこれに絞ったほうが良いと思います。 旺文社リスニングアプリ、および「mikan パス単1級」のアプリと併用した結果、かなり使いやすくなりました。 テキストを見るだけでは眠くなるばかりで全然覚えられない私も、mikanアプリのおかげで覚えることができました(笑) 以下、mikanのレビューとかなり被っています。ご了承ください。 <私の活用法> mikanのアプリ(有料)と併用しました。 1. テキスト開いて音声聞く(1.4~2倍速) 2. mikanで確認 3. mikanで間違えた単語はテキストにも印をつけておく ×印だとテンションが下がるので蛍光ペンで可愛く印をつけるようにしましたw 1日1章(「出る度A動詞だけ」)もしくは3章(「出る度A全体」)をやって回していましたが、今日やると決めた範囲の中で2と3をひたすら繰り返しまくっていました。 ※単語は苦手なのでパス単を始める前にmikanの無料分を全部やりました。(合計20時間程かかりました) 高校→大学受験→TOEIC→TOEFL→GRE、と、なるべく全単語「完璧に覚えた単語」に分類されるまでやっていったら、 それまで意味不明だったパス単も半分ぐらい分かるようになりました。 パス単開いた瞬間「こんなの全然分からん!!」となった方は試してみてください。

大学受験が終わったその日に買いました。そして索引をパラパラっと見たところ、まぁ過去問や本番で出てきた単語がたくさん出てくること出てくること(笑)自分は慶應法学部が第一志望で単語帳は鉄壁をやっていたのですが、鉄壁にも載っていないような単語が慶應法では出てきていたんです。しかしこの英検一級の単語帳にはそのような単語が載っているので心の底から受験の前に出会っていれば、、、と思いました。慶應法の話になってしまいますが、文中の単語のdefinitionを選択せよという問題が出てきます。そこで出題される単語は本当にレベルが高いですが、この単語帳に9割は載っていると言っても過言ではないと思います。早稲田、上智でも長文でレベルの高い単語が出てくるので本当にこの単語帳はそのレベルを目指すならおすすめです。 ただし、基本的な単語は載っていないので二級や準一級レベルの単語を習得からの二冊目として活用するのがいいかと思います。 また、TOEFL iBTをで高得点を狙う場合、完璧に覚えるべきだとは言いませんが、このレベルの単語を軽く知っておくとちょっとお得かなって感じです。

英検の試験にでるかもしれない確率順なので、とても分かりやすいです! また、赤セルが付いていて、暗記に最適ですよ(o^^o) 英検を目指す方、是非使ってみて下さい!!(๑˃̵ᴗ˂̵)

レビューをもっと見る

システム英熟語

慶應法学部では細かい英熟語の知識も問われます。
システム英熟語はイラストが多く、覚えやすくなっています。
また基本動詞ごとにまとめて紹介されているため、慶應法学部対策におすすめです。

参考書名
システム英熟語Ver.2 (駿台受験シリーズ)
著者
霜 康司, 刀祢 雅彦
価格
1,028円
ページ
298ページ
出版社
駿台文庫

過去問の使い方

どのような大学・学部を受験するにしても過去問演習は欠かせません。
前もって演習を重ねることで形式になれ、スピードアップすることができるようになるからです。
また自分の苦手な部分を把握し、それにあった対策を立てる事もできます。

特に慶應法学部では過去の出題形式が突然復活することがあるので、できるだけ多くの過去問に触れておくことをおすすめします。
そして過去問の中に知らない単語や熟語があれば、その都度覚えることも大切です。

最後に

ここまで慶應法学部の英語の入試問題の形式とその対策法について紹介してきました。
その特徴とは発音・アクセント問題が出題され、長文はあまり長くないものの、単語のレベルが高いということでしたね。

私もはじめのうちは過去問に歯が立たず、絶望したことをよく覚えています。
しかししっかりとした対策をすれば合格はぐっと近づきます。

ぜひここで紹介した参考書・勉強法を利用して慶應法学部の合格を掴み取ってください!

私立 / 東京都 埼玉県
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

あわせて読みたい

【慶應経済学部の英語】長文読解と英作文のコツをご紹介!

この記事を書いた人
    慶応大学に合格しました。趣味は旅行です!

    関連するカテゴリの人気記事

    【慶應小論文とは】慶應生が教える!無敵の型とおすすめの参考書

    【慶應法学部の英語】配点・対策と参考書!目標点や時間配分も紹介

    【慶應義塾大学商学部の英語】配点・対策と参考書

    早稲田大学文学部・文化構想学部の受験対策!早稲田の英語を徹底解説

    【早稲田大学法学部の国語】最新の傾向と対策について紹介!

    慶應経済学部小論文の総まとめ!論述のコツとおすすめの参考書

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に