【東大物理】現役東大生が贈る合格のための参考書&問題集選びと対策法!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「東大物理はどう勉強すればいいのだろう?」「どんな問題集や参考書を使えばいいの?」「合格点を取るための効率のいい対策方法ってないのかな」…
東大理系の受験生が抱えているであろうこんな悩みをこの記事では全て解決します。
この記事では、東大に合格するために必要な物理の目標点数や、その目標点を取るための参考書や問題集の選び方、更には点数を伸ばす対策法を教えます!
東大受験を考えているあなた、ぜひ参考にしてみてください!

東大物理の特徴

効果的な勉強の前に、まずは東大物理の特徴を整理しましょう。
受験する大学がどんな入試問題を出題するかを知ることで、より効果的な対策をすることができます。

配点と設問形式

東大の二次試験では、物理・化学・生物・地学の中から2科目を選択します。
選択した2科目を合わせて150分間で解きます。それぞれの科目は60点満点で理科で計120点となり数学や英語と同じ点数となります。
つまり東大物理は正味75分、60点満点の問題だといえます。
東大物理は3つの大問から構成されていて、例年第1問が力学、第2問が電磁気学、第3問が波動または熱力学が出題されています。第3問はまれに原子分野が出ることもあります。各大問がそれぞれ20点ずつとなります。
全ての問題が記述式となっています。解答用紙には罫線のみが印刷されていて、そこに自分で適宜解答欄を作って答えを書いていくことになります。

「全ての問題が記述式」であることはセンター物理との大きな違いと言えますね。また、「ボルツマン定数の定義を答えよ」など普段問題を解くときにはあまり関係ない、教科書に載っている知識を隅々まで網羅しているかを問うような問題もあります。

目標点

東京大学理科1類、理科2類の合格点は例年6割弱となっています。
センター試験の得点にもよりますが、2次試験440点満点中250点程度取れればほぼ間違いなく合格することができます。
そのため物理でも60点満点の6割である36点を目標にしたい…と言いたいところですが、物理では40点以上の得点を狙いたいです。
東大模試の平均点などを見ても、東大入試の数学で6割の得点を取るのはかなり困難です。英語も特別得意な人であれば高得点を望めますが、なかなか7割、8割と言った得点を取ることはできません。

一方で物理・化学などの理科科目は英語や数学と比べると試験範囲も狭く、問題形式も固まっています。そのため高得点が狙いやすいのです。
そこで、数学や英語で6割を下回ってしまったとしても大丈夫なように理科では6割を超える得点を取れるように準備しておいたほうが合格の可能性はより高まります。

限られた時間でできるだけ高い得点を取るために、得点源にしやすいところを集中的に鍛えることは重要です。東大理系の入試問題の場合、それが物理・化学だと言えます。


もちろん私は英語が得意だ!という人であれば物理の点数が30点でも合格点を超えることは十分可能です。自分の他の科目の成績を踏まえて、合格点を確実に超えられるように目標点を定めましょう。

東大物理の勉強法

さて、ここからは本格的に東大物理で高得点を取るための勉強法について解説していきます。

分野ごとに細かく目標を設定する

先ほどお話した通り、東大物理の目標点は、4教科の合計点で6割を目指すということを念頭に置いて、
30点(英語が特別得意な人)
40点(それ以外)
と設定されることがわかりました。
と、各科目毎に目標点を決めるまでは多くの受験生がやることだと思いますが、私の提唱する東大物理攻略のための勉強法では目標点をここから更に細かく設定していきます。
つまり、第1問、第2問、第3問それぞれにおいて何点を目指すのかということを考えます。
おさらいすると、第1問は力学、第2問は電磁気、第3問は熱力学or波動でした。
過去問を何年分も解いていくとわかるのですが、実はこれらの問題は例年難易度に差があります。
なんと、第2問・第3問と比べると第1問の力学はかんたんなことが多いのです。これは私がたまたま力学が得意だったというわけではなく、各予備校の出す講評などを見てもそうだということがわかります。
そこで、力学は頑張って勉強すれば20点中15~17点は取れるといえます。
目標点を40点とすると、第2問第3問の40点で残りの20数点を取れば良いのですから、話が随分簡単になりました。
電磁気は毎年出るのですからしっかりと問題演習を重ねれば6割の12点は取れるはず。
波動や熱力学も難しいとは言え最初の数問を確実に答えれば8点はとれます。
ここまでで設定した目標で36点を確保しました。残りの4点をどこからひねり出すか。ここが問題ですが、何処かに力を入れて対策するとなれば力学or電磁気が良いでしょう。
なぜなら波や熱力を得意にしたとしてもいざ本番で出題されなければ全く意味がありません。一方で力学や電磁気はまず間違いなく出題されますから、力学が得意な人、電磁気が得意な人には得点を稼ぐチャンスが必ず与えられるのです!

力学・電磁気を中心に対策

ここまで見てきた通り、東京大学の理科一類や理科二類を目指す際には、熱力学や波動ではなく力学と電磁気を中心に対策することが効果的です。
物理の勉強時間の大半をこの2分野に割くつもりで勉強すると非常に効果的です。
実際私は力学・電磁気に関してはこの後紹介する『物理重要問題集』・『難問題の系統とその解き方』のどちらも3周以上やり込みましたが、熱力学と波動の分野に関しては『重要問題集』しかやっていません。
東大入試本番でも、目標の40点を上回る45点を取ることができましたがその内訳は力学と電磁気で満点を取り40点、対策をあまりしていなかった波動に関しては最初の数問を解いて5点というものです。(内訳はあくまで自己採点なので正確ではありませんが)
ちなみに、夏の東大模試で良い判定を取りたいと思っている人にもこの力学・電磁気中心勉強法はおすすめです。東大模試までに重要問題集を力学・電磁気に絞って複数回繰り返すと、その2分野に関して夏の時点では他の受験生に大きくリードできます!
実は夏の東大模試では全体で50%くらいの得点を取ることができればA~B判定が得られるので、波動や熱が全然わからないという状態でも力学と電磁気さえそれなりに解ければ十分良い判定を取ることができるのです。
東大模試で良い判定を取れると、高校3年生の2学期以降非常に安心して勉強することができるのでぜひいい得点を狙っていきましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

過去問の使い方

さて、東大に限らずあらゆる大学の対策をする上で欠かせないのが「過去問」です。
ここからは、東大物理を攻略するための過去問の使い方についてお話していきます。

過去問はもう1科目とセットで150分測って解こう。高校3年生の2学期からガンガン解く

東大物理の特徴でお話した通り、東大物理はもう一つの理科科目(化学・生物・地学のどれか)と合わせて150分で解きます。
過去問を使う目的の一つに、効果的な時間配分を身に付けるということがあります。
そのため、過去問を解くときは必ず2科目合わせて150分の時間を測って解きましょう。

流石にこれをすると毎日過去問を解くわけには行きません。
私の場合は、3日に1回過去問を解き、2日掛けて復習するというペースで勉強を進めていました。
過去問を解かない日は理科に使う時間が少なくて済むので、数学の過去問を解いたり、物理や化学の問題集の解き直しに時間を充てることが出来ます。
ペース配分は人それぞれですが、私の例の様に各科目バランスよく進められる予定を上手く立てられると受験科目が多い東大受験ではかなり効果があります!

また、過去問を解き始める時期ですが、東大志望が強く固まっているのであれば2学期になったらすぐ始めましょう。
なぜなら他の大学と違って非常に沢山の過去問が使えるからです。
教学社から「25ヵ年」と呼ばれる東京大学の過去問を科目ごとに25年分集めた問題集が出版されています。また、各予備校が東京大学の入試問題を模して作った東大模試の過去問も冊子として市販されています。
こういったものをすべて集めると、東大形式の問題を40年分近く集めることが出来ます。
これらをこなそうと思うと、過去問に手を付けるのは早ければ早いほど良いのです。

最初は得点が伸びなくても、復習をしっかりとこなしていくうちに必ず高得点が取れるようになっていきます。
しかも150分という長い時間を上手く活用するための集中力も身につきます。これも東大合格には欠かせない力です。

逆に言うと、秋から東大の過去問を解き始めるために夏休みの間に物理重要問題集などで基礎固めをしておくことは"絶対条件"とも言えます!
できるだけ早く、高校3年生になった位のタイミングから基礎固めに取り組みましょう。

参考書名
東大の物理25カ年[第4版] (難関校過去問シリーズ)
著者
鈴木 健一
ページ
392ページ
出版社
教学社
参考書名
東京大学への理科 2018―実戦模試演習 (大学入試完全対策シリーズ)
著者
価格
1,430円
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫

得点を必ず記録しよう

過去問を解き始めると、当初は本当にひどい点数を取ってしまうはずです。
しかし、それは織り込み済み。正しく復習できていれば必ず点数は伸びていきます。

毎回毎回点数を記録していき、点数が伸びていく様子を観察すると受験勉強のモチベーションアップに繋がります。
受験生活は大変ですから、できるだけ楽しさを見出しつつ取り組んでいきましょう!

まとめ

・東大物理では、目標点を40点に設定するのが良い。(英語が得意なのであれば30点でも可)
・毎年出題されている力学と電磁気を集中的に勉強し、高得点を狙う
・過去問は150分で、2学期に入ったあたりから解き始める

この記事を書いた人
あなたの勉強を後押しします。

関連するカテゴリの人気記事

【東大合格勉強法】現役東大生の考える東大受験に必要な勉強時間・計画まとめ

【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

【東大数学】めざせ満点!東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

【東大国語】おすすめの対策法や参考書!現代文と古文それぞれ解説!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に