【東大数学】めざせ満点!東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

東大対策のためのおすすめ数学問題集

チャート式

言わずと知れたチャート式です。白、黄、青、赤の順に色でレベル分けされています。
一般に東大など難関国公立レベルの志望者は青本を使うのが良いとされていますが、私の場合基礎的な解法の網羅を目的にチャートを使っていたので、黄チャートしか使用しませんでした。私のように基礎の定着が目的なら黄チャートを、応用問題の対策までチャート式で行いたいと思うあなたは青チャートを選びましょう。
おすすめの使用法は「さまざまな解法に触れよう【基礎編】」で触れた通りです。
どのレベルであれチャートは解法を学ぶための参考書であると考えましょう。暗記するレベルで何度も繰り返し解きましょう。

参考書名
チャ-ト式解法と演習数学Ⅰ+A

色々な問題の解法理解や、問題演習に便利です! 共通対策、定期テストなどに対応できます!模試などの対策にも向いてます!基礎から応用までできるようになりたい人にはオススメです!

チャートは数学教材界の代表的なヤツですね。こいつにも兄弟がいて、赤とか青とか灰色とか緑とか…なんかいっぱいいます。 オレンジ色はザックリいうと「基礎」ですかね(多分)。青とかだととハイレベルになってわからないままで終わる、ってことが多々あるそうです(友達の情報)。 まあ僕目線で言ってるんで「いや知らねぇーよww」ってなると思いますがご了承ください… 中身は至ってシンプル。設問があって解説があります。「chart &solution」っていうコーナーの赤くて太い字を抑えておくのもいい勉強だと思います。ちょっとした役に立つ豆知識的なヤツもあります。 コレの息子みたいな黄色い「解答と解説」と合わせて使うのもバッチグー。(ちなみにコレは「親(?)」の方に載ってる練習問題の解答と解説が載ってます。「親(?)」の方には練習問題の『解答』のみ載ってます。『解説』は載っていません。) 以上、長文失礼しました。

数学が少しわかる人や教科書をマスターしたい人に勧めます。色々な入試問題もあるので入試対策や弱点補強に使えます。この参考書に出会えて良かったです!

レビューをもっと見る

1対1対応シリーズ

チャート式の後に取り組む人が多いのがこの問題集です。
この問題集の特徴は数学1、数学A、数学2、数学Bというように各分野ごとに問題集が分かれている点です。薄く取り組みやすい問題集と言えるでしょう。
難易度としてはそれほど高くないので、応用問題にゆっくり取り組んでいきたいあなたにオススメです。

参考書名
1対1対応の演習/数学1(1対1シリ-ズ)

気に入ったポイントやどんな人にオススメしたい か、自分なりの使い方と勉強法、類似教材との比 較などについて書いてみましよう。長文の時は、 下の入力補助を使うと入力がラクになります。

算数ドリル!!

だが持ってるのは旧版。

レビューをもっと見る

ハッとめざめる確率

東大数学では確率・場合分けが頻出分野です。
とはいえ、イメージがしづらく苦手とする人も多いですよね。実は私も確率が大の苦手でセンターレベルも怪しかったのですが、この参考書を一度解いただけである程度の確率問題が解けるようになりました。基本の基本から分かりやすく説明してあるので、確率が苦手なあなたはぜひ読んでみてください!
確率に対するイメージが激変しますよ。

参考書名
ハッとめざめる確率

良いと思うでも俺には合わんかった

僕は朝早く起きるのが苦手でいつも二度寝してしまう。そこで、書店で見かけたこの本をみて、 ムムッ!これを枕にすれば朝ハッと目覚められるのではないか!?と思った。しかし、枕にしてみると首が痛くなっただけで、逆効果だった。自分と同じような発想で買おうとした人がいたらやめておくことをおすすめする。 中身は神書。僕自身、確率が大の苦手だったのだが、この本を何周も読むことによって確率の根本的な考え方が身についたように思う。問題は多くはないが、安田先生によって厳選された良問をもとに、生徒と先生の会話形式だったり、絵や図を豊富に用いた解説でとてもわかりやすく、いろいろな問題に応用できるような考え方を身につけることができる。また、たまにある先生の雑談?みたいなものもとても面白い。大数の難易度表だと低い位置に位置付けられているが、決して難易度は低くない。僕自身、最初解説を読んでも分からなかったものは何度も何度も(最大5周)読み直した。何周かするうちに解説がわかるようになり、解法が体に染み込んでくる。これを一冊理解しきれば、確率はかなり高いレベルまでレベルアップできるに違いない。 確率が苦手で何をやろうか迷ってる人にはぜひおすすめしたい。

昇ります

レビューをもっと見る

文系数学の良問プラチカ

この参考書は難関国公立の二次試験対策の問題集です。基礎的な解答が定着したと感じたら取り組みましょう。
文系の受験範囲である数1A数2B全範囲の問題が掲載されているので、二次試験対策にはぴったりです。149問と問題数が多すぎずじっくり取り組むのに向いています。
かなりの良問が集められているので、一問一問考え抜くことを意識しましょう。

参考書名
文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B(入試精選問題集)

本書は文系数学の参考書としてはトップレベルの難易度を誇り、対象者は東大・京大・一橋大の文系数学受験者、および医学部を含む難関大理系数学受験者に限られるだろう。 初版の発行が2002年で、2014年より現在の三訂版が発行されている。 ①収録問題について 全部で149題が収録されている。 レビュー作成者が三訂版しか所持していないので詳しいことは分からないが、改訂のたびに新しい入試問題がいくつか追加されているようであり、独自に調べたところ、古くは1985年から2013年の問題までが収録されていた。 近年の入試では類題があまり見られないような古い問題が比較的多いため、「最新の入試数学の傾向・定石を知る」という点がやや欠如していることは否めないが、それでも十分に得られるものがあり、またそうしたものを求めているのであれば、本書を終えた後の過去問演習で身につければよい。 「文系数学」という括りではあるが、理系で出題された問題であっても数Ⅰ,A,Ⅱ,Bの範囲で解答できるものは収録されており、また前期・後期試験などは問わず収録されている。 上記の理由から、本書を理系受験生にもオススメする。理系版も存在するが、著者が異なっており、問題の難易度も文系版の方が上であるようなので、こちらで演習をする価値がある。 また、出典の大学名を見て侮っていると落とし穴にはまってしまう問題が散見されるため、あくまでも出典は参考程度に留めておくべきである。 出題分野について言及するなら、やや整数分野が少なめになっており、京大や一橋大を志望する人は別途演習をしておいた方がよいと思う。 ☆ちなみに著者である鳥山昌純師は、本書とは別に「教科書だけでは足りない 大学入試攻略 整数」という参考書を執筆しており、本書の解説スタイルが気に入った人はそちらも参照するとよいだろう。 ② 解答・解説について 〜良い点〜 解答・解説はかなり丁寧に書かれてあるため、比較的理解はしやすいだろう。 また、問題によっては別解や参考知識も提示されているので、より深い理解の助けになることと思う。 〜悪い点〜 解答のやり方がイマイチ良くないものもいくつか見受けられる。 また、解説に散見される(年配者の方のやや寒い)語り口調に馴染みづらい人も一定数いるのではないかと思う。 ※余談であるが、東進数学科講師の志田晶師が2014年7月14日の自身のブログで、本書の献本を著者の鳥山昌純師から受け取った旨を記している。 鳥山師は志田師が河合塾に在籍していた頃の先輩だったらしく、何かと目をかけてもらっていたそう。 以下はそのブログの引用である。 -------------------------------------------- この本は最初、プラティカではなく精選問題集というタイトルだったのですが、本当に素晴らしい出来だったので、自分の生徒にたくさん推薦しました。 また、自分もいつか本を書けるようになったら、鳥山先生のような本を書きたいと思っておりました(当時25ですが)。特に、確率と数列の融合問題の良問を集めて1章にしてしまうという試みは斬新で感動したのを今でもよく覚えております。 そして、やはり、数学ができる人が書いたものは読んでいて気持ちよいですし、こちらも勉強になります。 最近、数学力不足な数学の講師の方(この数学力でよく講師やれるよなぁと生徒がかわいそうになります)の書いた背景が全く見えてない薄っぺらい解答を載せた本を書店等で見ます。 学習参考書は玉石混交の時代ですね。 立場上、この本がいい、あの本はだめとかあまり言えないのですが(意外と影響力があるらしいので)、この本は自信をもって「いい本です」と推薦できます。 そして、鳥山先生からの手紙にはこんな一文がありました。 「この手の問題集は、A君には良いけれど、Bさんには害毒になるといったことが往々にしてあるものですが、どうか御高覧を給わり、これが適すると思われる受験生に勧めていただけたらと存じます」 さすがです。 鳥山先生ありがとうございました。 --------------------------------------------- このようにかなり評価していることが伺える。もちろん多少のリップサービスがあるのかもしれないが、参考の一つになればと思う。 ③ まとめ 概して長年支持されてきた良書であることは間違いない。 現役生ならば夏以降に一日3題を目安にし、2ヶ月程度で一周することを勧める。 もちろん各々の実力に合わせて調整すればよいと思う。 最後に、 レビュー作成者も本書で典型問題の解法や定石を学び、二次試験の数学力向上に繋がったという事実を述べておく。 以上。

持ってるだけで威圧できます。 これを回せれば東大一橋などどこでもあんぱいです。 一橋後期のための数Ⅲが入ってないのが玉に瑕です。 まあこれをやればあんぱいでしょう。

まず、タイトルでは文系とあるが、全く無視して良い。 文系理系どちらにとっても良問題である。問題のレベルは、文系ならば、東大京大一橋などの最難関大における標準問題、理系ならば、東大京大東工大のやや易〜標準問題、地方旧帝大の標準くらいである。(体感には個人差がある) ちなみに理系数学のプラチカ1A2Bよりも問題は難しく、解説も詳しいので、難関大を目指す人は文系1A2B+理系3のルートを薦める。 掲載されている問題は良問ばかりで、力がつくだろう。問題数は149題と決して少なくはないが、多すぎることもない。 解説は、別冊解答の厚さを見ればわかる通り詳しく、解放メモと模範解答、さらに問題によっては参考の情報もある。 注意点として、これはあくまである程度力をつけた人が演習量を確保するのに良い問題集であるため、力が不足していると効果は薄くなる。初見で(各問題の中での解答が)半分以上できないようでは力不足と思われる。 やさしい理系数学と比較すると、プラチカは数3と合わせればプラチカの方が問題数が多くなる。解答はこちらの方が丁寧だが別解は少ない。

レビューをもっと見る

新数学スタンダード演習

大学への数学から出版されている難関大学向けの問題集です。
1ページに2,3問程度載っているのがよくある問題集の形式ですが、この参考書は大学への数学らしく1ページに10問ほど載っていて、薄く、持ち運びに便利です。
おすすめなのはコピーをノートに貼り、自分の解答をノートに書いていく方法です。印刷するのに便利な形式なのでぜひコピーして使ってみてください。
難易度としてはプラチカと同程度で、東大レベルの問題を解けるようになりたいと思うなら取り組むべき1冊だと言えるでしょう。

参考書名
新数学スタンダード演習 2017年 04 月号 [雑誌]: 大学への数学 増刊

1対1の1A2Bである程度基礎を固めてから二次力を養うのに使いました。チャートの用に分厚くはないですが、重要な問題がしっかり抑えられており、何度も解き直しました。この本のおかげで本番の数学でも8割5分を得点できたので本当に感謝しています。

ある程度(青チャートや一対一を軽く一周程度)のインプットを終えたら、アウトプットが必要になりますが、それを補うことができるのが本冊です。 分野別に問題が200問以上収録されており、体系的な学習ができるようになっています。大数独特のテクニックが多く、最初は解説に戸惑うことも多いでしょうが、最後には愛して止まなくなるはずです。 高3になるまでには終わらせましょう。

入試問題の標準多め、故に難関大学志望なら全部完璧に出来るようにしておくべき(Ⅲも同様)。

レビューをもっと見る

上級問題精講

こちらもプラチカ、新スタ演と同レベルの問題集です。
難問奇問ではなく、東大で問われるような思考力を試される問題が集められているので東大志望者であればぜひ取り組むべきでしょう。
プラチカ、新スタ演と並行して取り組むと良いと思います。

参考書名
数学Ⅰ+A+Ⅱ+B上級問題精講

タイトルの通りだ。 この表紙をよく見てもらいたい。文字ではない、色だ。 そう青。 これが何を意味するか 駿台と河合の青、そうわれわれ浪人生のグループカラーとも言うべき色である。 この参考書、現役生のものにあらず。 浪人生のためのものなり。 東京一工の問題が大半を占めているこの参考書は現役の時は全くと言っていいほど手がつかなかったのですが、浪人の今となってはまあまあ難しいが考えれば6,7割は解けるといった感じでしょうか。 数学偏差70超えたくらいの人がやるべきものかなと思います。正直、文系には必要ないでしょう。 解法暗記ではなくそれを組み合わせて超難関大レベルの問題を解ききる練習に使うべきです。

問題のチョイスが良い。他の同難易度の参考書と比べると解説が丁寧。

東進の早慶模試で大的中を起こし感動しました!本番の早稲田ではカスリもしませんでした!

レビューをもっと見る

入試数学の掌握

こちらは理3や京大医学部など理系の中でもトップレベルを目指す人のための参考書です。
東大数学で満点を取りたい、受験数学を極めたい、そんなあなたは取り組むべきでしょう。難問を取り扱いながらも解説が段階を踏んだ非常に丁寧なものになっているので、しっかりと取り組めば実力がつきます。根気強く演習してぜひ満点を狙ってください!

参考書名
入試数学の掌握 テ-マ別演習2 各論錬磨編

(まだの人は先に総論編の私のレビューをご覧下さい) 総論編レビューに書いたように練磨編はきちんと時間をかけて取り組めばかなり力が着くと思います。 通過領域が苦手な人は本書に取り組むだけで確実に苦手から得意になると思います。 また、論証武器の選択をこなすことで難問を解く能力とそれらを切る目安がある程度は身につくと思います。 一意性の定め方についてはこの手の問題を現在はほとんど見かけませんがそれでもtheme5-3や5-4の解答のまとめ方は結構参考になると思います。(一意性証明とは無関係だが京大模試の過去問で使える場面があった) 総論編に取り組んだ人は必ず練磨編まで取り組むことを強くおすすめします。

通過領域はマジで神。 4章の「論証武器の選択」も、総論編をやったなら、せっかくだからやると良い。 5章の「一意性の示し方」は余裕があったらで良いかな。

どのような状況でどのような解法(順像法or逆像法、ベクトル終点の利用など)を用いるかを体系的にまとめていて良い。赤い方が抽象的な問題が多いのに比べ、こちらの方が問題的に取り組みやすい気がする。

レビューをもっと見る

数学重要問題集

この問題集は昨年の大学入試から受験生が解いておくべき良問を集めた問題集です。
レベルとしてはセンター試験レベルから難関国公立レベルまで様々なので、近年の傾向を知るために、息抜き程度に取り組むと良いでしょう。
簡単な問題なのに意外と解けない分野を見つけるなど、新たな気づきも多いと思うので、あなどらずに一度解いてみるのがオススメです。

参考書名
実戦数学重要問題集-数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(文系) 2017

この問題集青チャートとの対応表がありかなり使いやすい。 第1志望の問題にもいくつか使える考え方がこの問題集には乗っている。 またレベルの低い問題はMARCHまでで猛威を奮ってくれる。 完璧だーーーーーあ!!!

単元別に分かれているため自分がしたいところだけできる

キリスト教徒は聖書、イスラム教徒はコーラン、文系数学利用者は重要問題集

レビューをもっと見る

東大数学で一点でも多く取る方法

東大の過去問の解説をする参考書ですが、普通の赤本と違うのは、試験本番にどう解答すれば「一点でも多くとれるか」に焦点を当てている点です。
満点を目指す人でない限り、多くの人にとって部分点が高得点の鍵を握ってきます。どのような要素があれば部分点をとれるのかを知っておくと実際の入試の時に役立ちます。
入試前に取り組むと良いでしょう。

参考書名
東大数学で1点でも多く取る方法文系編

東大の文系25ヵ年数学

東大の過去問が分野別にまとめられています。
問題数を見れば頻出分野がよくわかりますし、傾向もまとめられているので、東大の赤本とは別に持っておいたほうがいいでしょう。
過去問は先ほども言った通り初めのうちは分野別に解くのがオススメです。
微積分など確実にマスターしたい分野は集中して取り組みましょう。過去問を解きつつ似たような問題を問題集から探して解いてみるという使用法もオススメです。

参考書名
東大の文系数学25カ年(大学入試シリ-ズ 703 難関校過去問シリ-ズ)

解説は他の過去問題集の方がいいと思うが、小さく軽い点は評価する

数弱によるレビューで申し訳ありませんが、過去問をやるなら「東大数学で1点でも多く取る方法」の方をやるべきです。逆像法などの受験数学の基本的なテクニックも初歩から分かりやすく解説してくれますし、例題も付いてるので力が付きます。また、赤本は解答はあっても解説は少ないので、「文系数学の良問プラチカ」や「1点でも多く取る方法」といった詳細な解説が載っている教材で、良問を1個づつ身体化する事を心がけましょう

レビューをもっと見る
国立 / 東京都 千葉県

最後に

ここまで東大数学の入試情報から対策、おすすめの参考書についてお伝えしてきました。
数学は早いうちから対策を行い、着実な努力を積めば、点数アップが狙いやすい科目です。
試験本番までにできるだけ多くの問題に触れ、解法を自分のものにしましょう。
本記事を参考にあなたが東大合格をつかみとることを願っています。

↓東大対策の関連記事はこちら↓

【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

【東大国語】おすすめの対策法や参考書!配点など入試情報も

【東大日本史】東大生直伝!おすすめの参考書・問題集と対策法

現役東大生が教える!東大地理のオススメの参考書と対策法

【東大世界史】その対策と参考書を東大生が詳しく解説!

この記事を書いた人
現役で東京大学 文科Ⅱ類に合格しました。文系学部ですが数学が得意なので、数学や国公立対策の記事を中心に執筆しています。 マヨネーズが苦手なのですが、最近ちょっとずつ食べられるようになってきました!

関連するカテゴリの人気記事

【東大合格勉強法】現役東大生の考える東大受験に必要な勉強時間・計画まとめ

【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

【東大数学】めざせ満点!東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

【東大国語】おすすめの対策法や参考書!現代文と古文それぞれ解説!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に