【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

いくら英単語を覚えても長文が読めない・・・
長文を読むのが遅くて時間切れになってしまう・・・

こんな経験ありませんか?
もしかするとあなたの長文の読み方は少し間違っているのかもしれません。

この記事では、まず多くの人がやっている「間違った」英語長文勉強法を紹介した後、私が実際に試して「効果を実感した」英語長文読解の5つのポイントを紹介します。そして最後に英語長文読解のおすすめ参考書と問題集を紹介したいと思います。

私も英語の長文が苦手で、どう勉強していいのかもわからずにひたすら英単語を覚えていました。しかし、「ある読み方のポイント」を掴んで読んだら、単語量など関係なくスラスラ読めるようになって、MARCHはもちろん、早慶にも合格することができました。この機会に長文の勉強法を見直してみませんか?

間違った英語長文勉強法

長文の勉強にはたくさん時間をかけているつもりなのに、なかなか読めるようにならないあなた、ここで一回勉強法を見直してみましょう。
まずは多くの人がやりがちな、しかし読解力の向上に結びつきにくい、そんな間違った勉強法を紹介します。

間違った英語長文勉強法:英単語をたくさん覚える

まずは「単語をたくさん覚えれば長文を読めるようになる!」そう思っているあなた。そうとは限らないのです。もちろんある程度の語彙力は必要ですが、それ以上になってくるとキリがありません。

ある程度を超えたら、そこから必要となってくるのは「単語推測力」です。MARCH以上の大学入試ですと、難易度が高い単語の意味を問う問題がちらほらと出てきます。その時出題者は、あなたがその単語の意味を知っていると思って出題しているわけではありません。出題者はあなたが前後の文脈から英単語の意味を読み取る「単語推測力」を持っているかを試しているのです。そんな「単語推測力」の身につけ方は後ほど紹介します。

だいだいMARCHレベルだったら単語帳は一冊を完璧にするだけで十分です。つまり!私が言いたいのは単語量ではなく、単語推測力が大事ということです。単語の量はある程度で見切りをつけてしまいましょう。

間違った英語長文勉強法:長文を読みまくる

次に紹介するNGな勉強法は「長文は量をこなせば読めるようなる」と思ってちゃんと復習せずに、次の長文に進んでしまうことです。英語の長文で重要なのは量ではなくです。一つの長文をじっくり丁寧に読んでいきましょう。

また分からない英単語を最初から辞書で調べながら読んでも読解力は身につきません。最初はわからない単語を予想しながら解いていくことがポイントなのです。そしてこれがさっきお話しした「単語推測力」につながるのです。もちろん復習の時は積極的に辞書を使いましょう。長文の勉強において復習は一番重要です。最初に問題を解く時は辞書を使わずに単語を予測しながら解いて、復習の時は辞書を使って丁寧に読み直しましょう。
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

英語長文読解の5つのポイント

長文の読み方がよく分からず、なんとなく読んでしまっていませんか?私もそんな受験生の一人でしたが、今から紹介する「5つのポイント」をおさえながら長文を読むようにしたら、どんどん読めるようになりました。そのポイントは世間一般的に知られているものから、私のオリジナルもあります。参考にしてみてくださいね。

英語長文読解のポイント①先に問題を読もう

長文があったら本文にとりかかる前に、まず問題を読みましょう。そして問題文だけでなく選択肢があったら、選択肢までしっかりと目を通しましょう。そうすることで本文を読む前に、どんな内容の英文なのか予想がつきます。また問題の内容を把握していれば緩急をつけて本文を読み進めることができます。つまり問題に関連してそうな部分をしっかり読んで、関係なさそうな部分を軽く読むことができるのです。問題を先に読めば良いことはたくさんありますよ。

英語長文読解のポイント②イメージしながら読もう

そして次にイメージをしながら読みましょう。「イメージしながら読む」とは、本文を読み進める時に英語のまま読むようにすることです。つまり一文一文和訳をしないということなのです。これが速読への近道です。

いちいち和訳をしてしまうとどうしても時間がかかってしまい、時間が足りなくなってしまうと思います。具体的に英語のまま読むということは、英語を読んだ時に直接頭の中で想像できるようになるということです。これができるようになるためには、普段から単語を覚える時も日本語の意味だけでなく頭の中でイメージと一緒に覚えることがおすすめです。この勉強法は単語の暗記などにも役に立ちます。日本語と英語は必ずしも完全に一致するものではありません。そこで、イメージで記憶することによって複数の意味を持つ単語の応用を効かせることができます。

例えば ‘withdraw’ という英単語、どういうイメージを持ちますか?
この単語の主な意味は ”引く” です。
私は「手を伸ばして自分のほうに引き寄せる」というイメージで覚えています。
他の意味としては 「カーテンを引く」「撤退する」「お金を下ろす」 などがあります。
これらはすべて覚えていなくても、イメージに当てはめれば思いつきそうですよね。

つまり
✕英語→日本語→イメージ
◯英語→イメージ
このように日本語抜きでも理解できるように練習していきましょう。

英語長文読解のポイント③単語推測力をつけよう

そして次に単語を推測しながら読みましょう。「単語推測力」とは先程も説明したとおり、文中にわからない単語が出てきた時にその単語の意味をおおまかにイメージできる力です。それは周りの単語や前後の文の意味から予想することができます。この力がつけばある程度の単語量で長文を解くことができるのです。

単語推測力をつけるために普段の長文読解からやってほしいことがあります。それは「辞書を使わないこと」です。辞書は問題を一通り解き終わって、答え合わせしてから使うようにしましょう。辞書を使わないことによって、わからない単語を前後の文の意味などから予想する必要が出てきます。その予想を積み重ねることによって、単語推測力がついてきます。

英語長文読解のポイント④重要そうな文にはチェック

問題に先に目を通した上で、本文を読み進める時、重要そうな文にはチェックをつけましょう。もし確実に問題の答えになりそうな文があったら、もう解答してしまっても良いです。

重要そうな文を見分ける方法としてディスコースマーカーがあります。例えば文と文のつながりを示す言葉で「for example」「moreover」「however」などがあります。その「ディスコースマーカー」の中でも一番意識してほしいのは「逆接のディスコースマーカー」です。例えば「but」や「however」などが代表例ですね。これらの後には筆者の主張が続くことが多いのでしっかりと印をつけましょう。 このように印を付けることで、後でわからなくなってしまった時や見直しの時に、その印が付いた文を中心に読んでいけば内容をすぐ理解することができるのです。

英語長文読解のポイント⑤何よりも復習が最重要

最後に復習をしっかりしましょう。復習は長文勉強において一番大事と言っても過言ではありません。復習を疎かにしていては、いつまでたっても読解力はつかないし、逆に復習を制する者は長文を制します!

先程から「長文を読む時は辞書を使わないで!」と何回も言ってきたと思いますが、ここでようやく辞書の出番です。ここでは思う存分辞書を使っていきましょう。まずは問題の答え合わせをした後すぐに、辞書を使って、解答の和訳を見ずに自力で和訳していきましょう。そしてそれが自分が最初に読み進めていったイメージと同じなのかを確認していきましょう。もし知らない単語があったら、辞書で調べて自分のノートなり、単語帳なりにメモしておきましょう。この時に他の意味にも目を通してイメージとともに覚えることを忘れずに。
次に、和訳をしながら先程答え合わせした問題を見ていきます。間違えた問題はなぜ間違えてしまったのか、正解した問題も根拠を持って正解できたのかを確認しましょう。
そしてここまできてやっと解答の和訳を見ていきます。ここで自分の和訳との違いを探してみましょう。特に和訳問題などは、自分の和訳と何が違うのかを意識し、次の問題では解答の和訳方法を真似できるようにしましょう。

そして最後に一番重要なことをしてほしいのです。それは音読です。音読をやっていないあなた、それは本当にもったいない勉強です。音読をすることで、発音やアクセント、リスニング問題の対策になります。そしてそれだけでなく、最後に音読することでもう一度本文の内容を頭で確認することができます。音読なので一文一文じっくり和訳する暇はありません。
ここで使って欲しいのが先程紹介した、イメージなのです。音読で読み上げた英文を日本語を経由せずに直接頭でイメージする、これができるようになれば本当に長文を読むのが早くなります。音読はその練習の絶好の機会なのです。ここで付属のCDがあれば最高です。

このように復習は最初の読解以上に丁寧にやってほしいのです。時間の目安としては読解にかかった時間と同じくらい〜二倍の時間をかけましょう。私はこのようにじっくり丁寧に復習していたら、毎回二倍ほどの時間はかかっていました。そして時間をかけなかった時より、断然読解力が上がり、速読もできるようになったのです。一日何個もの長文をぱっぱと読んでいくのではなく、一つでもいいのでその長文を完璧にすることを心がけましょう。
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

英語長文読解のおすすめ参考書・問題集

ここでは私が紹介した読解法が実践できる、参考書や問題集を紹介します。

基礎英文解釈の技術100

参考書名
基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
著者
桑原 信淑, 杉野 隆
ページ
228ページ
出版社
ピアソン桐原

英語がそこそこできるようになったのは確実にこれのおかげです 分かり易すぎます

私はこれのおかげで本当に英語の成績があがりました!😭 高3の夏休みから始め、1日に3〜5題ずつやりました。(夏休みの後半で一周終わりました)私が夏休みに毎日やっていた事を紹介します。 まず英文を書き写し、英文にSVをつけたり接続詞や副詞はカッコでくくったりして英文の構造をとります。それから和訳して答え合わせです。答え合わせは和訳が合っているかだけでなく、主文のSVをちゃんととらえられてるかなどにも注意して自分がとらえた英文の構造が合っているかも確認します。 次の日に自分が昨日書いた和訳をみて英作をし、それからまた新たな英文に取り組んでいました。 上で述べた事を夏休みに毎日欠かさずやっていました。国立は主に二次重視で私の第1志望の学部は目指している大学の文系の中でも特に二次の比率が重いのですが、私は高3の5月の記述模試で第1志望からは程遠い成績をとってしまい、焦っていました。その時塾の先生が英文解釈をすすめてくださり、夏休みにとりくんだところ、夏休みの後半にあったオープン模試から英語の成績が見違えるほど上がりました。(5月の記述模試53→第1回名大オープン66)それ以降、河合塾の記述模試、名大オープン、駿台の名大実践模試など色々な記述の模試を受けましたが英語だけは偏差値60を下回ることがないほどになりました...!( ; ; ) もちろん勉強法は個人差があり、合う合わないがありますし、私の英語の受験勉強が英文解釈だけで成り立っているとも言い切れません。しかし英文解釈をやって英文の読み方が変わったことは断言できます。以前は分からなくて頭を抱えるような和訳もスラスラできるようになったり長文の内容を正しく理解できるようになったのはやはり英文解釈をやって英文の読み方が変わったからだと思います。英語の成績が伸び悩んでいる人はぜひ英文解釈に取り組むことをオススメします!☺️

非常に解説が丁寧で、入試に出てくる標準〜やや難程度の文章がきちんと読み取る力が着きます。問題数も例題+類題で100+100文、CDもついています。 難点としては訳が意訳ぎみであるので少し困惑します。 まあ最初の解釈の参考書に迷ったらとりあえずこれやればいいのでは。

レビューをもっと見る

問題数は200問、そのうち例題が100問とそれに関連した演習問題が100問あります。この参考書はCDも付いているので、先程紹介した勉強法を使うことができます。また解説でSVOCが振り分けられているので、品詞分解に自信がない人におすすめです。難易度はセンター8割、マーチレベルです。

やっておきたい英語長文500

参考書名
やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)
著者
杉山 俊一, 塚越 友幸, 山下 博子, 早崎 スザンヌ
ページ
139ページ
出版社
河合出版

せっかく覚えた難単語。全く使う機会ないじゃない。こういう人にはやっておきたいをやっておけば鉄壁とかでやっといた単語がじゃんじゃんやれちゃうんで単語を覚えるのには良い。 ただ英文解釈と解説は雑だけど、演習量を増やすという点において優れていると思う。

英文監修者の名前がただ頭に残る問題集。 レベルはセンター+α〜上位国立大くらい。 解説は簡素なもので構文の解説等はほぼなく、単語の意味と全訳が申し訳程度に載っているのみで、そういった点には期待できないが、ただ演習量をこなすという点では優れている。 なお過去問そのままではなく、あくまで設問は出版社の方で作り変えられているという点には留意。設問はおまけ程度に考え、全訳、英文解釈をした方が力はつくかもしれない。

300で基本的な読み方を抑えた後500をやることで構文を見極める力がかなり付きます。大学受験英語の見方を変えてくれる1冊です。文構造に加えてテーマが類似したものが連続して断続的に収録されているので読みやすい部分があります。

レビューをもっと見る

問題数は20問です。この500という数字は長文の文字数のことで、およそマーチレベルの問題集です。この解説にはSVOCの振り分けはなく、CDもついていないです。なのでこの参考書は品詞分解がだいたいできるようになって、とにかく本番と同じくらいの長い長文を読みたい人におすすめです。

速読英単語 (1)必修編

参考書名
速読英単語 (1)必修編 [改訂第6版]
著者
風早寛
ページ
384ページ
出版社
z会

鉄壁は見た目と中身の豊富さで周囲を圧倒できるが、その分厚さゆえ心が折れてしまいそう。東大京大以外の受験者は強いてそれに手を出さなくてもいいような気がする。 そもそも基本英単語さえ身についていれば読めるし、難しい単語なんてのは意味を知っている必要はなくて文脈から意味を推理することが可能なことが多い。シラミ潰しにやってもキリがないし理文ともに英語に多く時間を割ける受験生もさして多くないだろうから、本書くらいのレベルで見切りをつけて単語帳は仕上げてしまうのが良い。これと速読英熟語のセットでサッサとイディオムは覚えてしまおう。もちろん反復はしよう。これが合わないならシス単シス熟のセットで仕上げても良い。

話の内容が面白いです!

これ(英文と、和訳の所だけ)読んだら、英語力upした

レビューをもっと見る
参考書名
速読英単語 (1)必修編 CD [改訂第6版]対応
著者
Z会出版編集部
ページ
0ページ
出版社
Z会

メルカリで買ったわ

音源欲しいからってネットで探したら違法で無くて結局買うやつ

レビューをもっと見る

これは長文が載っている単語帳なのですが、単語帳として使うよりも長文読解の教材として使うことをおすすめします。長文の数は70本あります。設問はないのですが、別売りでCDも発売しており、併用することで速読力が上がります。

この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に