【公認会計士試験に強い大学5選】難易度や大学別合格者ランキングも!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

公認会計士になるためのサポートが厚い大学5選

公認会計士になりたいという夢がある方は進路を考えるときに、夢を達成しやすくする環境づくりをすることをおすすめします。
大学選びの一つとして自分のやりたい学問の講座が整っているかという点が上げられます。
公認会計士に興味がある方は、公認会計士試験対策がしっかり出来るかどうかを大学選びの要素に取り入れてみましょう。

まず、参考までに平成28年度の公認会計士試験合格者数ランキングも見てみましょう。
(公認会計士三田会ホームページより引用)

大学の学部では、一般的に公認会計士は経済学部商学部の出身者が多いと言われています。
経済学部や商学部では、簿記等の会計に関する学問を学ぶことが出来ます。

勉強が大変だと言われる資格だからこそ、周りの環境を整えることは大切です。
自分が根気よく試験に向けて頑張ることができる大学を探してみましょう。
公認会計士を多く輩出する大学や、公認会計士試験対策講座を多く開く大学など、判断材料は沢山あります。
今回は公認会計士になりたい人におすすめの大学を5校に絞ってご紹介したいと思います。

注意⚠

多くの公認会計士試験受験者は昼に大学、夜は予備校に通うというWスクールで対策しています。
膨大な暗記量、勉強時間を要する試験なので、独学や大学での講座のみで対策するのが大変だからです。

しかし、大学選びは、やはり、自分の試験勉強の環境作りとして大切な条件です。
以下の実績は大学のみでの勉強でない可能性がありますが、それだけ試験対策をする人が多い大学だと受け取って大学選びに活かしてください。

慶應義塾大学

慶應義塾大学は42年間連続で公認会計士試験の合格者数1位の大学です。
平成28年度の試験では全体の合格者1108人中、慶應義塾大学から139人の合格者が出ています。(公認会計士三田会ホームページより引用)

慶應大学では大学生協と多くの資格スクールとの連携がされており、公認会計士試験に対して入学直後から対策したり情報を得ることが出来ます。
また、大学在学時も慶應の文系学部は授業時間が少なかったり出席しない授業も存在するので、試験勉強に多くの時間を費やすことが出来ます。
さらに、商学部内に会計研究室という試験を受ける学生のサポートをする機関があります。
そこでは、公認会計士試験対策の問題配布や添削を実施しているそうです。

このように慶應義塾大学は公認会計士試験合格のためのサポートが厚いのが特徴です。
それだけではなく、多くの公認会計士を輩出している「公認会計士 三田会」の研修会や懇親会も行っているそうです。
実際に合格した先輩のお話を聞けて、受かった後も心強い縦のつながりが慶應義塾大学にはあります。

実は、慶應義塾大学の付属生の中には高校在学時から公認会計士試験対策に打ち込む人が多くいるそうです。
多くの同志や先輩がいるので公認会計士試験の勉強のし易い大学です。
私立 / 東京都 神奈川県

早稲田大学

早稲田大学は慶應義塾大学に次いで多くの公認会計士試験合格者を輩出している大学です。
大学別合格者数では42年間連続2位を記録しています。

また、早稲田大学商学部では早稲田大学公認会計講座(WUCPA)という講座が存在します。
そこでは日商簿記検定1・2・3級の指導を受けることが出来ます。
日商1級の学習は公認会計士試験の「財務会計論(簿記)」「管理会計論」「会計学」につながるので試験対策講座として取ることができます。

また、早稲田の大学院会計研究科も有名で、多くの合格者を輩出しています。
早稲田大学の「公認会計士 稲門会」という学閥組織では、就職相談会等も開いていたり、各監査法人で多くの早稲田大学生がインターンシップとして受け入れているそうです。
早稲田大学も縦とのつながりがあり、受験対策の講座も開かれているので公認会計士試験受験生が勉強しやすい環境が整っています。
私立 / 東京都 埼玉県 福岡県

中央大学

中央大学の法学部商学部経済学部がおすすめです。
早慶に続き2007年以降合格者数が大学別で連続3位を記録しています。
実は中央大学が1番直接的なサポートが厚いと思います。

中央大学の1番の強いポイントは中央大学の「経理研究所」です。
経理研究所とは、学内に存在する公認会計士対策の学内Wスクールです。
経理研究所では通学時間ゼロ、受験料は専門学校の半額以下である点ですごくお得です。
それだけではなく、現役合格率は57%で非常に高率な予備校なのです。
その理由として、生徒の個別指導や、先輩が24時間オンラインで質問に答えるサービス、専門学校に比べ1.5~2倍多いと言われる勉強量が挙げられます。
また、学閥組織の「公認会計士 白門会」では、卒業生の公認会計士との情報交換などを通して勉強をサポートをします。

経理研究所のホームページもあるので見てみてください。

中央大学経理研究所のホームページはこちら!

また、中央大学では最年少19才の合格者を3名輩出している点でも有名です。
付属校で簿記の授業があり、早くから公認会計士試験の対策をしている人がいる大学です。

手厚いサポートが受けられ、金銭面で学生に優しい公認会計士試験対策ができるのが中央大学です。
私立 / 東京都

明治大学

明治大学も公認会計士試験合格者数上位4位に常にランクしている上位校の1つです。
明治大学でも公認会計士試験の対策のための講座が「経理研究所」によって開かれています。
多くの講座が大学の授業終了後や土曜日の午後に大学のキャンパス内で広げられているので授業に支障がありません。

明治大学の公認会計士現役合格生には報奨金が与えられるんです。
公認会計士試験を頑張ったご褒美がある大学なんですね。
GMARCHでは中央大学、明治大学が公認会計士試験に強い大学です。
私立 / 東京都 神奈川県

立命館大学

立命館大学には公認会計士試験受験生専用自習室が存在します。
自習室では1人1台専用の勉強机が与えられるそうです。
その中にはパソコンルームも設置されているそうで、公認会計士試験対策を厚くサポートしてくれます。
また、講演会や監査法人見学会などの催しも行っていて公認会計士試験に対して様々な対策をしている大学なんです。

明治大学は合格して報奨金が与えられますが、立命館大学ではエクステンションセンター特別奨励生制度という制度があります。
選抜試験で優秀な成績をおさめると、奨励金の補助が受けられるそうです。
1年生から申請できるそうなので立命館大学に入学した暁には奨励金を狙ってみてくださいね。
私立 / 京都府 滋賀県 大阪府

最後に

ここまで、公認会計士の仕事内容や公認会計士試験の難易度・合格率、税理士との違いや、公認会計士志望者におすすめな大学を挙げてきました。

公認会計士になるためには沢山の受験科目があり、膨大な勉強量が必要です。
しかし、その資格を持つことで幅広い仕事を頼まれたり、給与が高くなり安定した生活が送れることは確実です。
様々な大学のサポートを見つけて、是非、大学在学中に資格を獲得してかっこいい社会人になりましょう!
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
高校時代部活動に打ち込んだワセジョ&リケジョです。数学と英語が好きで、私自身もスタプラを使っています。皆さんの勉強のサポートができるように頑張ります!

関連するカテゴリの人気記事

【MARCH】大学偏差値ランキングや学部、雰囲気、国公立との比較!

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

【早慶上智】早稲田・慶應・上智の偏差値と各大学の魅力を紹介!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に