【薬剤師に強い大学】国家試験合格率・おすすめ大学・学部を一挙紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

薬剤師国家試験の合格実績から見るオススメの私立大学

この結果を踏まえて薬剤師になるのにオススメの私立大学薬学部、薬科大学をご紹介していきます。
ぜひ読んでみてくださいね。

東京薬科大学

私立大学の薬学部で最も薬剤師になる人が多いのが、名門東京薬科大学です。
東京薬科大学では全学生の薬剤師国家試験の合格を目標に「薬学教育推進センター」を設置しています。
ここでは情報収集とアドバンス演習という2つのプログラムが開講されています。
大学の教員が用意したオリジナルのテキストを用いて薬剤師国家試験の合格を手厚くサポートしています。
周りに同じ志の学生がたくさんいることも大きな強みとなっています。

京都薬科大学

関西の薬学系の大学で最も有名なのがこの京都薬科大学でしょう。
東京薬科大学に次いで2番目の国家試験合格者数を誇り、合格率も堂々の89%です。
特に2017年3月卒業の学生に絞ると合格率は91.67%です。
京都薬科大学では薬剤師免許の取得を最低限クリアしなければならないものと位置付けてきめ細やかな指導を行っています。
特に4年次〜6年次を対象に薬学の基礎から実践までを講義・演習を行います。
質問や相談があれば薬学教育研究センターが対応してくれるなど生徒と教員の距離が近いのも魅力的です。

明治薬科大学

明治薬科大学は東京都清瀬市にある薬科大学です。
上のランキングを見ても分かるように薬剤師国家試験の合格者数、合格率は非常に高く人気の高い大学です。
この大学では薬剤師国家試験のサポートシステムが充実しています。
例えば、インターネットを利用した独自のLMS/講義支援システムを用意しています。
国家試験対策の授業をデータベース化して校内だけでなく校外からもアクセスできるよう環境を整えました。
これによってネットを利用して家から講義を受けられたり、薬学用語辞典を利用できたりと時代に即した便利な機能で、効率的な学習をサポートしています。

名城大学

名城大学は愛知県名古屋市にある私立大学です。
東海地方では一番の薬剤師国家試験合格者数と合格率です。
特に合格率が高く、薬剤師を目指す人におすすめの大学と言えるでしょう。

私立 / 愛知県

福岡大学

福岡大学は名前から国立大学と勘違いされることがありますが、私立大学です。
九州地方では最も多い薬剤師国家試験の合格者数と合格率を誇っています。
大学病院や地域の医療機関、さらには文系学部と連携した教育に定評があります。

私立 / 福岡県

薬学部の学費を徹底比較!私立大学は国公立大学の4倍?

国公立大と私立大の学費の差は?

国公立大学と私立大学の薬学部ではやはり学費の面で大きな差が出ます。
国公立大学は授業料が年間53万5800円であるのに対して、私立大学の方は年間で約200万円もかかってしまいます。
薬剤師を目指す人は6年間通うことになるので、その差はなんと約1000万円
「国公立大学の方が良いに決まっている」と思うかもしれませんが、国公立大学はそもそも募集人数が少なく入試の難易度が高いので非常に狭き門なのです。
受験科目も国公立大の方が多くセンター試験を必ず受ける必要があります。
一方で、私立大学は学費が高い分キャンパスの立地が良かったり、設備が新しくきれいであったり、大学側のサポートが手厚かったりとプラスの側面もあります。
もちろん入試も英数理だけで受験できるところがほとんどです。
さらに私立大学は奨学金制度や学費免除の特待生制度が充実していることが多いので、上手く活用すれば上の額よりも少ない金額で卒業することも十分可能でしょう。

私立大学でも学費が安い大学がある!?

私立大学も大学によって学費の高い大学とそうでない大学があります。
平均すると初年度は約230~250万円、2年次以降は約210万円です。
ここでは、私立大学の中でも比較的学費が安くてお得な大学を地域別にご紹介していくので要チェックです!!
全て初年度納入額を示しています。

【北海道・東北】
・北海道薬科大学薬学部 1,752,020円
奥羽大学薬学部  1,740,000円
【関東・甲信越】
昭和大学 2,000,000円
武蔵野大学 1,966,600円
国際医療福祉大学 1,750,000円
北里大学薬学部 2,350,000円
【北陸・東海】
名城大 2,100,000円
【関西】
姫路獨協大学 2,174,700円
【四国・中国】
松山大 2,200,000円
【九州】
第一薬科大学薬学部 1,900,000円

薬学部の偏差値や就職先について興味がある人は以下のページも参考にしてみてください!

【薬学部とは?】偏差値ランキングや気になる就職先情報

最後に

これまで、薬剤師とは?という基本的なことから大学別の薬学部の比較までを行ってきました。
薬剤師は安定した職業ですし、将来性を考えても魅力的でしょう。
進路選択をする際は、国家試験の合格率、学費、偏差値、受験科目、立地など様々な観点から選んでいくと思います。
興味のある大学があれば、オープンキャンパスなどに足を運んでみてくださいね。
この記事が受験生の大学選びの参考になることを願っています。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!

関連するカテゴリの人気記事

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

【早慶上智】早稲田・慶應・上智の偏差値と各大学の魅力を紹介!

【看護大学の選び方】専門学校との違いからおすすめの大学まで!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に