管理栄養士になるには?なり方から栄養系学科のおすすめ大学まで紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

管理栄養士を目指すおすすめ大学

最後に、管理栄養士を目指すあなたにおすすめの大学を紹介します。大学選びには様々な観点がありますが、今回は「管理栄養士国家試験対策の充実度合い」や、「栄養系以外の研究内容」などの視点でおすすめ大学を紹介します。

女子栄養大学

女子栄養大学は埼玉県にある女子大です。
実践栄養学科という学科で管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。
女子栄養大学の特徴は、何と言っても管理栄養士国家試験の合格者数が全国第一位という点です。
栄養士養成学校として80年以上の伝統を持ち質の高い教育が行われていることがこの実績からもわかります。
管理栄養士試験の手厚いサポートが受けたいという人や、管理栄養士を目指す沢山の仲間や先輩が欲しいという人はぜひ女子栄養大学を目指してはいかがでしょうか。

東京農業大学

東京農業大学では、応用生物科学部栄養科学科管理栄養士専攻で管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。
東京農業大学には東京の世田谷区や神奈川の厚木市、はたまた北海道など様々な土地にキャンパスがありますが、応用生物科学部は世田谷キャンパスで授業を受けます。
世田谷にあるので関東近辺、特に東京や神奈川に住んでいる人にとってはアクセスも非常に良いです。
東京農業大学の特徴として、保健・栄養系の大学というわけではなく農学・生命科学関連で様々な専攻が存在するということです。
管理栄養士はその性質上、管理栄養士だけで仕事をするということがほとんどありません。
食品メーカーであれば技術者や研究者の人と共同で新商品を設計していくことになります。
東農大は食に関連する研究としては最先端を行く大学ですから、管理栄養士となった後将来一緒に働く人が東農大の出身者である可能性も十分にあります。
そういった将来に役立つ人脈が得られるという点で東京農業大学を選ぶ価値は非常に高いといえます。

また、栄養系の大学は女子大であることが多いですし、女子大でなかったとしても女性の割合が高いことが多いです。
しかし、東京農業大学は生命系の様々な分野が集まった大学ですから、大学全体で見れば決して女性が多いということはありません。
管理栄養士に興味があるけれど、女性ばかりの大学に通うのは嫌だという男子学生にとっても、東農大はとても良い選択肢でしょう。

私立 / 東京都 神奈川県 北海道

最後に

管理栄養士の仕事や、管理栄養士になるための大学の選び方についてお話してきました。
管理栄養士になるのは大変ですが、その専門性の高い知識は様々な場所で活かすことができます。
しかも、高齢化やオリンピックなど様々な要因で今後管理栄養士の需要は高まっていくでしょう。
食や健康に興味がある方はぜひ、管理栄養士養成の大学を進路の選択肢にしてください!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
あなたの勉強を後押しします。

関連するカテゴリの人気記事

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

【早慶上智】早稲田・慶應・上智の偏差値と各大学の魅力を紹介!

【看護大学の選び方】専門学校との違いからおすすめの大学まで!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に