【政治経済 参考書】独学でセンター8割取れる参考書・問題集を使った勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター政治経済の勉強をしているのに、過去問や模試で6割以下しか取れない・・・
高校の授業の進度が遅すぎて、センター試験に間に合わなそう。
教科書や資料集を使って独学で勉強しているけど、なかなか点数が伸びない。

そんな悩みを抱えているあなたに朗報です!
大学受験の政治経済は、塾や予備校の講座も少なく、対策しにくいですよね。

本記事では、参考書・問題集や一問一答を使って、独学でも8割以上を取れるセンター政治経済の勉強法をご紹介します!

倫理・政治経済の選択者や、センター政治経済の対策になるべく時間をかけたくない理系のあなたも必見です。

センター政治経済の出題傾向

まずは、センター政治経済の大枠を掴みましょう。

設問構成と配点

大問は4〜5問で、100点満点です。設問数はだいたい36問です。60分という試験時間を考えると、1問1問をじっくり考えて解く時間は十分にあります。

平均点・難易度

政治経済は、日本史や世界史と比較して、暗記する分量が少なく、また日常生活に馴染みのある内容も多いため、なんとなく「簡単そう」、「楽そう」みたいなイメージをもっている受験生も多いかもしれません。しかし、センター政治経済の平均点の推移を見ると、60点を下回る年度がかなりあります。センター試験の他の地歴・公民の科目と比較しても、センター政治経済の平均点は低い傾向にあります。

センター政治経済は、実は難しい科目なんです!

8割以上の高得点を獲得するためには、教科書や参考書・問題集などを使って、しっかり対策することが必要です。

センター政治経済の対策のコツ

難しい科目とはいえ、政治経済はセンター試験の科目の中で、最も馴染みのある科目の一つではないでしょうか。初見でも、常識的な知識で3〜5割取れてしまう科目だと思います。少し勉強して6〜6.5割、きちんと勉強して7〜8割というところでしょうか。
しかし、センター政治経済は、日本史や世界史などの暗記科目と違って、選択肢に知らない内容が出たり、時事に関する内容が出たりします。また、グラフの読解問題や、グラフがどの国のものかを推測する問題も出ます。よって、点数は安定しにくいです。また、8割から9割や満点に点数を上げるのは、非常に難しい科目です。 参考書や問題集を使って、ある程度勉強すれば、8割までは上がります。しかし、そこから9割から満点に点数を上げていくのに要する努力は、8割までもってきた努力よりも、他の科目を10点上げるのよりも、数倍大変な努力を要します。
そこで政治経済の対策するときは、9割や満点へのこだわりを捨てましょう。
そうでないと、細かくて不要な知識を覚えることに無駄な時間を割いてしまったりします。
安定して8割付近の点数が取れるようになったら、政治経済に関して、あなたの実力は十分です。あとは出題される問題次第です。

センター政治経済8割以上取るための勉強法&参考書・問題集

①基本事項を満遍なく勉強する

センター政治経済は、全範囲から満遍なく出題されます。よって、苦手な分野を作ってはいけません。しかし、政治・経済の教科書には、日本史でいう「山川詳説日本史」のような絶対的な教科書が存在しません。教科書よりも、むしろ参考書の方が、内容が充実している印象があります。センター政治経済で高得点を獲得するための要点も参考書の方が分かりやすいです。
そこで、以下に基本事項を満遍なく勉強するのにおすすめの参考書を紹介します。

センター試験政治経済集中講義

参考書名
センター試験政治・経済集中講義 改訂版 (大学受験super lecture公民)

シンプルかつレイアウトがまとまっていて復習しやすい神の書 政経の知識の土台を固めるという点でこれに勝るものはないと言えるくらい素晴らしい出来で、これだけやってても政経8割〜9割は安定します(政経でそれ以上取るには運の要素も必要 難関私大受験で政経を使う場合は畠山さんが出してる参考書もオススメしたいですが、万人にオススメできるのはこちらの参考書です 今は改定されたものが出ているようなので新しく買う場合にはそちらをどうぞ

レビューをもっと見る

過去19年分を分析。「どのような問題がよく出題されるか(頻度)」「その問題はどのレベルまで理解が必要か(深度)」がわかり、効率的に学習できます。

50のテーマごとに、演習問題が約3題ずつ掲載されているため、1冊解けば約150題、約4年分のセンター試験を解いたことになります。

さらに、別冊の「必携一問一答問題集」空欄補充・正誤判定形式などの一問一答で、間違いやすい問題をトレーニングできます。

改訂第3版 センター試験 政治経済の点数が面白いほどとれる本

参考書名
改訂第3版 センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本

この本だけでmarchと関関同立までは、合格ラインまでもっていけます。 例として私は、同志社政治経済120〜140位は本番で安定して取れました。ただし同志社の場合、憲法の条文を別にまる覚えしなければなりません。 また、黒字や赤字だけでは合格ラインまでもっていくことはできません。細字までしっかり覚える必要があります。また、語句をこうだからこう とまる覚えだけでも取れません。纏めると以下の事項を満たした上で、完全に覚えることが出来れば、十分マーチ関関同立までは対応できます。 1、語句を意味づけで覚える。 例えば、ロックとモンテスキューの権力分立について違いを説明できますか? ロックは、立法権、執行権、同盟権で、立法権の優位を唱えて、モンテスキューは、立法権、行政権、司法権で権力相互の抑制と均衡を唱えた。と言った風に説明できますか? ロックという単語だけで十分な説明はできないですし、モンテスキューという言葉だけでも十分な説明はできません。このように、語句と語句を繋げて覚える必要があります。 2、黒字、赤字、細字関係なく、図や表、年代(法律の年も含む)を含めて全て覚える。新しいレベル上参考書をやることは確かに大切ですが、それよりも、レベルが標準のセンターレベルの語句を完璧にした方が得点率は上がります。 3、流れを踏まえる 特に経済分野においては流れが重要です。復興期、高度成長期、安定成長期、不況期のように流れを抑えた上で、その期間ごとにどのような対策が講じられたのか、その結果どうなったのかを考える必要があります。 この3点を踏まえた上で、ボロボロになるまで完璧に覚えてください。騙されたと思って、これから受験勉強を始める方はこの作業を行なって頂けたら分かると思いますが、癖の強い年(数年に一回)以外は8〜9割は安定します。立命館は少し癖が強いので、標準問題精巧もやれば、より安定すると思います。 センターが面白いほど→志望大学の赤本10-15回分 で、大枠は大丈夫です。赤本に入った時点で、解ける実感が出てくるかと思いますが、各大学毎に傾向は異なりますので、対策しなければならない部分を自ら発見してその分野を潰していくという行為を繰り返せば、合格点に達します。 参考までに 8月に政治経済を本格的に勉強始める→とりあえず畠山の政経の参考書をやってみる→挫折して9月からセンターが面白いほど をやる→はじめは3点を意識出来ていなかったので、センター6割~7割で、たまに8割→勉強方法がわかってきて、センター9割程度まで成長する→12月に志望大学の過去問行う→憲法だけ足りないと感じたので、憲法だけ別途にまる覚え→1月の終わりまでに憲法、面白いほど、志望校15回分を完璧にして、試験に挑む

わかりにくい 面白くない つまらない の3点セットなので他の参考書の方がいいと思います

蔭山のセンター政経の劣化版。表紙の子は可愛いと思うよ。

レビューをもっと見る

教科書では抽象的な箇所も、分かりやすく解説してあります。
累計20万部超で、人気のある参考書です。
この改訂版は、最新の時事と実際の過去問を豊富に盛り込んであり、さらにパワーアップした参考書でおすすめです!

蔭山のセンター政治経済 パワーアップ版

参考書名
蔭山のセンター政治・経済 パワーアップ版

私は受験科目を政経に絞ったにもかかわらず経済分野の計算が壊滅的にできず、”政経じゃなくて政治選択”とまで言われていたぐらいでした笑。もちろん今では黒歴史です(( で、それが悔しくてスタプラでレビューを見てこの本を買ってみたのですが、覚える事項にしろ計算方法にしろ、概念からしっかり理解することができ、センターでは7割後半を取ることができました! この本には本当に感謝しています🥺 豊富なイラストと読みやすいカラーで、頭にすっと入ってきます。 とにかく分からない分野がある人は一度手にとってみてください。私は一度読んで理解→問題演習→わからなかったらこれでまた調べる、をとにかく繰り返しました◎

生徒が先生に問う質問がいつも「それな」って思えるので、先生の回答がまじで的を得てて好きです( ᷇ᵕ ᷆ ) 変にかたい感じじゃなくて語り口調で現代っぽい言葉で書かれてるからそれな〜とかふーんとか独り言止まらなかったです ただ日本史とか世界史だったら過去のことだから日本が変なこと仕出かしても笑えっけどまじ政経だと笑えないですヤバすぎですアハアハアッハッハー日本そろそろ終わりますよね? 先生がたまに言う「僕達の未来が不安になるよね、たまったもんじゃないよ」(ニュアンス)みたいなセリフガチ怖いです、まず結果的に将来いくら政府に貢がなければならないんでしょうか?怖いです、確実に怖いです、日本の未来結構怖いです

まず最初の取り掛かりとして使うにいい教材だと思います。 これだけだと足りないと思うので、 1周目を通し終わったら、問題集などを解きながら分からなかった所を教材に書き込んでノート代わりに使ってもいいと思います。

レビューをもっと見る

講義調ですらすら読めて、政治経済の理解が深まる参考書です。独学しにくい時事問題も手厚くサポートしてあります!

よくわかる政治経済―授業の理解から入試対策まで (MY BEST)

参考書名
よくわかる政治・経済: 【新旧両課程対応版】 (MY BEST)

要所要所にまとめがあるのが良いです。図や表もとてもわかりやすいです。また、色も散らかってなくてとても見やすいです。 が、赤シートで隠せなくてがっかりしました。 緑ペン、青ペンを引こうとしても文字の部分がインクを弾いてしまい、赤シートを重ねると文字が浮き出てきます。 インクの原料か紙質を変えてほしかった………………………

P216の管理通貨制度から金本位制度への移行って、逆ですよね。金本位制度から管理通貨制度への移行が正しいかと思われます

レビューをもっと見る

丁寧にわかりやすく、政治経済のメカニズムを解説してあり、教科書+資料集+用語集の3つが必要なところを、この参考書1冊で補ってくれます。
以下に紹介する「よくわかる政治経済問題集」とセットで使うと、より理解が深まるのでおすすめです。

参考書で基本事項を満遍なく勉強する際のポイントは、自分の使う参考書を1冊に絞ることです。1冊の参考書の同じページを何度も何度も読んで使い込むことで、記憶が定着し、確実な知識となるはずです。参考書を使い込んで、自分専用のとっておきの参考書にアレンジしていきましょう。
どの参考書をとっておきの1冊にするか、迷った時は、参考書の色彩で決めるのもいいでしょう。どんなに優れた参考書でも、目がチカチカする参考書だったら、嫌ですよね。自分の目と相性の合う参考書を選ぶことも、参考書選びの重要なポイントです。

②問題集や一問一答で演習する

参考書で基本事項を1通り勉強したら、問題集や一問一答を使って、すぐに知識の定着を図りましょう。この時のポイントは、できるだけセンター政治経済の出題形式と似た問題集で演習することです。分からなかったり、解説を読んでも不安な分野は、再度自分の使っている参考書に戻って確認しましょう。

おすすめ問題集

よくわかる政治経済問題集―授業の理解から入試対策まで (MY BEST)

参考書名
よくわかる政治・経済 問題集: 【新旧両課程対応版】 (MY BEST)

一問一答式の問題、センター試験の過去問、そして章末に私大の過去問がついています 一問一答は量が絞られていて、初学者でも取り組みやすいです センター試験と私大の過去問は、一問一答で覚えた知識でほぼ解くことができるので、初学者でもステップアップをすることができます 解説も問題を解くための知識がまとめられていて、とても分かりやすいです ちなみに紙質も最高です 非常にオススメ

レビューをもっと見る

高校で学ぶ政治経済の基礎事項についての、必要にして十分な量の精選された問題が収録してあります。高校のテスト勉強や、独学で政治経済を勉強した際に知識を確認する問題集としておすすめです。上記で紹介した参考書「よく分かる政治経済」とセットで使うと、より理解が深まります。

スピードマスター政治経済問題集―20日完成

参考書名
20日完成スピードマスター政治・経済問題集―新課程用

時間のないあなたには、この問題集がおすすめです!
学習内容をテーマ別にまとめた20項目と、全体を通して入試での出題が多い事項についてユニークな視点でまとめた6項目の、計26項目で構成されます。問題は、空欄穴埋め方式が採用されています。

おすすめ一問一答

一問一答というと、東進や山川の一問一答が有名ですよね。東進や山川の一問一答は、問題文から特定の用語を答えさせるタイプの一問一答です。しかし、日本史や世界史と違って、センター政治経済では、特定の用語を答えさせる問題は少ないです。
求められる能力は、文章の正誤を判定する能力です。
そこで、文章の正誤を判定するこの一問一答がオススメです!

センター試験 倫理、政治経済の点数が面白いほどとれる一問一答

参考書名
センター試験 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる一問一答

「特徴」 ・センターの過去問を分野別に並べ、○✕問題を解きながら、事項について学んでいく、問題集兼参考書です。 ・一問一答は穴埋め形式が多いと思うんですが、本書はセンターで8割強を占める正誤問題対策を中心としているので、センター対策として重宝します。 ・解説が重要事項を中心に簡潔にまとめられています。 ・本書の初めにも書いてあるとおり、電車やバスなどの通学の時、ちょっとした放課の空き時間など、少しの時間でできるように一問にかける時間がとても少なくなるように工夫されているので、気軽にできます。 これだけでセンター万全とまではいかないと思います(政経の思考問題とかとあるので、、)。でも、正誤問題対策としては完璧になると思います! 気になった方はぜひ1度本屋で手に取って見てください(^-^)

わかりやすい解説 これだけではダメだが理解の定着を目的とするなら適した本である。 他の倫政の参考書もこの本の解説を見習ってほしいものだ

先日模試でした ネットで拝見した記事でこの参考書を購入 模試2週間前くらいからやって政経の範囲を頑張って2周しました 面白いほど取れませんでした 東進一問一答を周回するとこを決意しました

レビューをもっと見る

センター試験「倫理、政治経済」に必要な知識を効率よくインプットするための、最強の一問一答です!!!
文章の正誤を判定させる、珍しいタイプの一問一答です。
3段階で目標の点数に応じた使い方ができます。
センター試験の問題形式に即した一問一答で、本当におすすめです!!

③過去問演習で苦手分野を把握する

①と②を全範囲やったら、過去問を解いてみましょう。
この際、注意しなければいけないのは、選択肢に知らない内容が出てきても、不安にならないことです。知らない選択肢があっても、消去法で正解にたどり着けるはずです。また、解説を読むと、その選択肢の内容を覚えるべきか、書いてあるはずです。必要な知識だけを吸収しましょう。

なお、解説を読んだり、参考書に戻って復習する時間は、試験時間と同じ60分を目安にやるといいでしょう。
過去問演習の直しにあまりにも時間がかかってしまう場合、それは、政治経済の基本事項が定着していないのに過去問演習をしているか、必要ない知識まで深追いしているかのどちらかなはずです。効率的な勉強で8割以上を目指していきましょう。

④苦手分野を参考書・問題集で演習する

センターの過去問演習を通じて、苦手分野の把握ができたら、分野別に勉強して苦手を克服しましょう。基本事項の確認は、自分の使っている参考書1冊を引き続き使いましょう。分野別の勉強には、以下の問題集がおすすめです。

ベストセレクションセンター試験政治・経済重要問題集 2018入試

参考書名
ベストセレクションセンター試験政治・経済重要問題集 2018入試

センター対策に特化した問題集です。
センター政治経済に頻出な正誤問題に関して、判定のポイントを別冊で丁寧に解説してあります。

センター試験への道 政治・経済 問題と解説(第2版)

参考書名
センター試験への道 政治・経済 問題と解説(第2版)

センター政治経済の問題を教科書に合わせて再編成してあり、分野別の演習にピッタリの問題集です。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

おすすめマーク式問題集

参考書や問題集を使った基本事項の勉強や、分野別の演習が進んでいるというあなたは、過去問やマーク式問題集で、演習をしましょう!!
「過去問はたくさん解いてしまったので、違う問題を解きたい」そんなあなたに、センター政治経済の形式に準拠した数あるマーク式問題集の中から、おすすめの問題集を厳選してご紹介します。

マーク式総合問題集政治経済 2017 (河合塾シリーズ)

参考書名
2017マーク式総合問題集 政治・経済

「河合塾全統マーク模試」より5回分が収録してあります。また、巻末には、「センター試験」2回分が収録されています。
センター政治経済の出題形式に準じているので、与えられた時間で問題を解くことによって本番同様の体験をすることができます。
各回の問題には、解答・採点基準・解説を別冊で付属し、「設問別正答率」「設問別成績一覧」も掲載してあります。さらに、巻頭には、「出題傾向と学習対策」「出題分野一覧」を収録してあります。

大学入試センター試験実戦問題集政治経済 2017 (大学入試完全対策シリーズ)

参考書名
政治・経済 センター試験実戦問題集 2017

2017年版の収録内容 15年度センプレ、15年度全国マ、15年度駿ベネ、16年度版セ実戦問題集第1回、同第2回 ということは後半2つは14年度センプレと14年度全国マーク と思われる。 第4回と第5回(13年実施分)だけに推定偏差値表、第4回だけ設問別正答率があります。第5回の設問別正答率はご丁寧にわざわざ非公表と記載しています。一瞬、は?ってなります… なんで隠す必要があるんですか(kmr) 気にしない人は1~3回の点数を4~5回のグラフに嵌めればいいんですかね(?) 比較的オーソドックスな問題から、駿台らしい正答率20パーのぶっ飛んだ問題まで入ってます。 値段:尼で新品購入 (全部解いた後内容2回修正)

レビューをもっと見る

駿台予備学校で行われたセンター政治経済の模試問題の中から、特に優れたものを精選した、予想問題5回分が収録されています。問題編各回の扉には標準所要時間・難易度を掲載してあります。また、模試として実施した当時の成績データを掲載してあります。
解説も、テーマの背景、最近の動向、周辺の重要事項まで解説してあり、充実しています。

この記事を書いた人
    一橋大学経済学部に所属しています。

    関連するカテゴリの人気記事

    【政治経済 参考書】独学でセンター8割取れる参考書・問題集を使った勉強法

    【センター現代社会勉強法】9割目指す参考書&過去問・問題集活用法!

    【センター英語】9割超えの受験生に共通する時間配分と勉強法

    【受験前日の過ごし方】本番で100%の力を出すための工夫

    センター試験で失敗しないための5つのポイント

    【センター数学】8割取るためのセンター数学勉強法と解答のコツ!

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に