20752079

司書志望者必見!図書館司書になるための大学と資格の取り方

はじめに

将来は図書館司書になりたいあなた。

図書館司書になるには、図書館司書資格が必要です。しかし、図書館司書資格の取得ができる大学・短大は限られているため、受験校選びの段階で、よく大学に関する情報を調べておくことが重要になります。

この記事では、図書館司書になるための大学や図書館司書資格の取得方法、図書館司書の仕事内容から給料までを徹底解説します。将来の職業として図書館司書を検討しているあなたにとって重要な情報がまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

図書館司書とは

20752059?w=430

小さい頃から読書が好き。図書館の雰囲気が好き。静かで落ち着いた雰囲気の職場で働きたい。図書館司書は、そんなあなたにぴったりの職業の一つかもしれません。図書館司書の仕事は、なんとなく知っているようで、具体的なイメージが持ててない人も多いのではないかと思います。そこで、ここでは図書館司書の仕事について細かく紹介していきます。図書館司書の仕事は、務める図書館の種類によって仕事内容が異なります。まずは、図書館の種類について知っておきましょう。

図書館には、大きく分けて公立図書館・私立図書館・学校図書館の3種類があります。

公立図書館とは、国立国会図書館から地域の図書館まで、公共の機関が運営している図書館のことで、ここに務める司書は公務員の扱いとなります。一方で、私立図書館は公共図書館とは異なり、民間の団体や個人が設立・運営しているため、設立者の意向に沿った特定の専門分野の書物の所蔵に特化していることが多くなります。また、私立図書館は公立の図書館と異なり、入館や資料の閲覧に料金が必要なこともあります。私立図書館で働く司書は、企業に就職するのと同様に、サラリーマンということになるため、公立図書館とは異なるという認識を持っておきましょう。最後に、小学校・中学校・高等学校に設置されているのが、学校図書館です。学校図書館に務める司書は、司書教諭という資格を持った人が大半ですが、大学図書館では通常の図書館司書の資格で勤めている人もいます。

一口に図書館司書と言っても、図書館の種類によって仕事内容も変わってきます。どのような図書館で働きたいかというイメージを固めておくのも、図書館司書という将来像を具体的に描くのに役立ちますよ。なるべく早い段階から、少しでも具体的なイメージを持てるとよいでしょう。

図書館司書の仕事内容

図書館の仕事内容は、図書館での受付業務受付以外の業務に分けて考えると理解しやすいと思います。

図書館での受付業務は、本の貸し出し・返却に関わる業務のことです。図書館で本を借りたことがある人にはイメージが付きやすいと思います。今では所蔵してある図書は図書館のコンピューターなどで検索できるのが一般的ですが、地域の図書館などでは利用者に高齢者の方なども多く、受付で探している本に関する質問を受けることもあるようです。利用者の方との直のコミュニケーションを通じた業務と言えるでしょう。

図書館での受付以外の業務は、返却された本の整理や新しい本の発注、傷んだ本の修復やカバーリングなどが含まれます。私たちがあまり意識していないところにも、図書館司書の方の細かい仕事が隠れているのですね。また、図書館では子供向けのおはなし会や読み聞かせなどを行うこともあります。そういったイベントでは、子供と直接に関わって読書の素晴らしさを伝えることも仕事となります。図書館司書は、子供達に読書の価値という大切なことを教えることができる、貴重な仕事でもあるのですね。

図書館司書の給料

図書館司書の給料は、月給で15万円から18万円程度からスタートすることが多く、アルバイトの時給は900円、派遣社員の時給は1500円程度が一般的なようです。もちろん、公立図書館・私立図書館・学校図書館の違いや職場の規定によって図書館司書の給与も異なります。高校生のうちから働く図書館を想定することは難しいと思いますので、一般的な数字だけ頭に入れておくと良いでしょう。

図書館司書になるには

20752058?w=430

図書館司書になるには、図書館に司書として採用される必要があります。

また、図書館司書として働くための資格として、図書館司書資格という資格があります。 図書館司書資格は、図書館司書として就職する際に必要になる資格です。図書館司書を採用する際に資格の保有を要求しない図書館もあるようですが、実際には図書館司書資格を持っていることを採用条件にしている図書館が多いようです。図書館司書を目指すあなたはとっておくべき資格であると言えるでしょう。

図書館司書の資格取得には、3つの方法があります。

  1. 図書館司書養成課程のある大学・短大で指定の科目を履修して資格を取得する
  2. 大学・短大を卒業に司書講習を受講して資格を取得する
  3. 司書補として働き、図書館で3年以上の実務経験を積んだ後、司書講習を受講し資格を取得する

大学進学を考えている高校生のあなたは、1か2が選択肢を考えておきましょう。図書館司書になりたい気持ちはあるけれど、大学での勉強を踏まえて進路を決めたいというあなたは、進学したい大学で図書館司書の資格が取得できるかどうか、入学前に調べておきましょう。

図書館司書になるための大学

20752054?w=430

文部科学省によれば、司書養成科目を開講している大学は全国に212校あり、うち4年制大学が158校・短期大学が58校あります。

司書養成科目を開講している国立大学は、筑波大学・千葉大学・東京大学・東京学芸大学・三重大学・京都大学・大阪教育大学・山口大学・九州大学の9校のみとなっており、公立大学では都留文科大学・神戸市外国語大学・山口県立大学・静岡文化芸術大学の4校のみです。国公立大学で図書館司書の資格を取得したいあなたは、これらの司書養成科目を開講している大学を受験しましょう。

また、短期大学は58校が司書養成課程科目を開講していますが、公立の短期大学では山口県立米沢女子短期大学・長野県短期大学・島根県立大学短期大学部の3校のみとなっているようです。

*大学と短期大学の学校数を足し合わせると216校になりますが、文部科学省のウェブサイトでは212校となっているため、重複があるか、全体あるいは各学校数の更新が反映されていない場合があります。文部科学省の該当ページへのリンクを張りますので、気になる方は確認してみてください。

文部科学省 司書養成科目開講大学一覧 212大学

18324179
国立 / 茨城県
Univ l@2x
国立 / 千葉県
Univ l@2x
国立 / 東京都 千葉県
Univ l@2x
国立 / 三重県
Univ l@2x
国立 / 京都府
18970085
国立 / 山口県
18251350
国立 / 福岡県

最後に

15288537?w=430

将来の職業として図書館司書が気になっているあなたは、図書館司書資格の取得に必要な科目を開講している大学を調べておいて、賢く受験校を選びましょう。文理選択に悩む高校1年生のあなたも、大学受験が迫っている高校3年生のあなたも、志望する大学に図書館司書養成課程があるかどうかを確認しておくとよいでしょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720512?w=72
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

18399243?w=120

【MARCH】大学偏差値ランキングや学部、雰囲気、国公立との比較!

20665829?w=120

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

18557936?w=120

日東駒専の偏差値・ランキング・就職情報を徹底比較!

18814285?w=120

【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

18559904?w=120

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

18557149?w=120

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay