【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介&4つの勉強ポイント!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

世界史の勉強法や一問一答などの参考書・問題集の使い方で困ったことはありませんか?
この記事ではまずレベル別におすすめ教材をご紹介して、最後に4つの勉強法のポイントを伝授します!それは【センターレベル】【MARCHレベル】【早慶上智レベル】と、3つのレベルに分けた勉強法です。

自分のレベルや志望校に合った教材を使って勉強することは効率的に成績を上げるための近道です。
世界史の勉強をしているのに成績が伸びない人や勉強法がイマイチ分からない人はこの記事を読んで自分の勉強法などを見直してみましょう!

やってない?4つのNGな世界史勉強法

まず参考書や問題集を紹介する前に多くの人がやりがちなNG世界史勉強法を紹介します。どんなに自分に合った教材を使っても使い方が悪ければ宝の持ち腐れです。なかなか世界史の成績が伸びない人はまず、当たり前だと思っている普段の勉強法を見なおしてみましょう!

NG勉強法1:背伸びしてない?

まず自分のレベルに合わない参考書や問題集を使っていませんか?

基礎がないのに難関大学向けの参考書を読んでも、難しく感じてしまうのは当然です。基礎はどのレベルにおいても一番重要です。基礎を固めてから少しずつ次のレベルに上がっていくようにしましょう。合格する人は、基礎問題は確実におさえた上で難易度の高い問題も取ってきます!そのためにも基礎から確実にステップアップする必要があるのです。

NG勉強法2:丸暗記してない?

次に丸暗記していませんか?

丸暗記とはつまり、歴史の流れなど関係なしに用語だけをどんどん覚えてしまうことです。きちんと流れをおさえた上で用語を覚えないと、論述問題などが解けなくなってしまいます。逆に流れをつかみながら勉強すれば、時系列問題などで年号が分からずとも正解できることもあるのです。一問一答だけで合格できるという人もいるかもしれませんが、私はおすすめしません。教科書や講義式の教材を使ってきちんと流れをおさえながら勉強することが結果的には一番効率的と考えています!

NG勉強法3:授業に合わせてない?

次に授業に合わせて自分の勉強を進めていませんか?

一般的な学校の授業は受験直前に終わるように組まれています。私の学校は進度が遅くて、近代史をはしょっていました。なのでどうしても最初のオリエントなどが得意で最後の近現代史が不得意という受験生が多いのです。逆に言えば、近現代史をしっかりおさえればライバルたちと差をつけることができるということなのです!なので学校の授業に合わせずに自分でどんどん勉強を進めていきましょう。教科書を何周もしていると最初の単元が得意になるのは当たり前です。難関大学になればなるほど近現代史の出題も増えてきます。そこで点を取れるようにまんべんなく丁寧に勉強しましょう!

NG勉強法4:インプットばかりしてない?

最後にインプットばかりをしていませんか?

もちろんインプットあってのアウトプットですが、ある程度インプットが済んできたらどんどんアウトプットにとりかかる必要があります。なぜならアウトプットは最大のインプット法なのです!つまりインプットした事柄をアウトプットすることによってより記憶が定着して、しっかりとしたインプットに繋がります。なのでどんどんアウトプットしていきましょう。インプットした直後にアウトプットするのもおすすめです。例えば教科書を1単元読んだら問題集を解いてみる、などです。しかしその時は記憶が新しくて正解できるのは当たり前なので、また1日おいて同じ問題を解く、など時間をあけてアウトプットを繰り返していきましょう。そうすることで自然と記憶は定着していきますよ!
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

世界史のレベル(偏差値)別 おすすめの参考書と問題集

ここでは偏差値別におすすめの参考書と問題集を紹介していきます。まず最初にすべての世界史受験生に共通しておすすめしたい参考書を紹介します。

【全レベル共通】

詳説世界史B

参考書名
詳説世界史B 81 世B 304 文部科学省検定済教科書 高等学校 地理歴史科用
著者
木村靖二, 佐藤次高, 岸本美緒
ページ
0ページ
出版社
山川出版社

正直これ以外にいい参考書は見つかりませんでした。センター8割安定しない人は過去問に手を出す前にまず教科書を読み込むべきです。自分は10周やりました

高校のとき理系のクラスには地理と倫政の授業しか用意されていませんでした。塾に行くお金もなかったので世界史Bをやりたかった私は独学でやるしかありませんでした。 そういうわけで高2のセンター同日模試1ヶ月前から必死にこの教科書をやりました。結果、94点、偏差値は85、文系含め校内1位になりました。(高2なので差がついてこういう偏差値がでました) 1ヶ月これをやりこむだけでここまで来れるなんて素晴らしい教科書です。(物理や化学ではあり得ないことです) この経験は大変なアドバンテージになり、私はその後世界史の勉強をほとんどしませんでしたが、高3で91点、浪人して83点でした。 点数は下がりましたが理系にとって社会の勉強をしなくていいのはものすごく幸せなことでした。(結果的には世界史Bが0点でも合否に影響しなかったけれど) 文系の方でもセンター9割取れない人はそれなりにいると思います。そういう方は一念発起してこの教科書をやり込んでみてはどうでしょうか。

これだったか

レビューをもっと見る

これは一般的に使われている山川の教科書です。センター試験はこの教科書をもとに出題されます。

世界史用語集

参考書名
世界史用語集
著者
ページ
398ページ
出版社
山川出版社

勉強する時に辞書替わりに使ってます。 教科書に出てくる順に乗ってるから尚見やすい!𓀤𓀤𓀤 定期テストの時とかは絶対に用語集使いながらやってます𓀃𓀃

主な用途としては、わかんない単語が出てきた時に調べる!って感じだけど、難関私立(それこそ早稲田とかに行くには)読んどいた方がそこから出ることあるし🤔いいと思うよ〜! それに世界史が好きな人なら、読んでて楽しいと思うし、オススメだお!

'19年度慶應法はこれのおかげで8割後半取れました、実際用語集でみたなぁって知識でかなり稼げました 年明けてからは一問一答ほぼ開きませんでした、他の大学もそうですが、問題文が用語集から作られてる場合が多いので、何周かするだけで人生変わる

レビューをもっと見る

これは山川出版の用語集です。易しい用語から難しい用語まで載っていて、その難易度が数字で表示されています。なのでどのレベルの受験生にとっても使いやすいものだと思います。教科書であまり説明されていない用語もしっかりと説明されているので、併用することでグッと理解が深まると思います。

最新世界史図説 タペストリー

参考書名
最新世界史図説 タペストリー
著者
ページ
356ページ
出版社
(株)帝国書院

タペストリーを開いてください、あれ、その縦書きのノートは何ですか?ノートはとっくに次のページに進んでる、ということを言っておきます。

写真や地図がたくさん載せているので視覚的に理解を伴うことが出来ます。 特に地図が山川の資料集よりも多く載っているのでオススメです。(世界史は地図が分からないと知識として覚えているのにカンで答えないと行けない事が大量に出てきます) 教科書を読んだ後に見ると、総合的な理解を得ることが可能になるでしょう。(沢山の点が一本の線になる事じゃないかな) さらに、付録に白地図が付いているのでそちらを使うのもいいかと。

レビューをもっと見る

最後に図説です。図説に関してはどれもそこまで変わらないと思いますが、このタペストリーは私が実際に使って使いやすかったので紹介します。図説は必ず一冊持つようにして、教科書を読みながら横に広げて、地図や写真を頭に入れましょう。

ここからレベル別の参考書、問題集紹介にうつります。自分の状況と照らし合わせて、教材選びの参考にしてみてください。

偏差値40台のあなたへ(センターレベル)

偏差値40台のあなたはまず基礎が固まっていないことが考えられます。ここではあなたが偏差値40台からセンター試験を突破できるレベルに上がるような参考書と問題集を紹介します。基礎は何よりも重要です。このレベルの人は勉強すればするほど、どんどん結果がついてくると思うので頑張ってください!

【参考書】

これならわかる!ナビゲーター世界史B

参考書名
これならわかる!ナビゲーター世界史B 1 先史~中世ヨーロッパ史の徹底理解
著者
鈴木 敏彦
ページ
236ページ
出版社
山川出版社

世界史の勉強は6月からこれだけでやりました。最初のうちは読んでもまったく理解できず何書いてるのかわかりませんでした。8月のマーク模試では48点でした。ようやく理解し始めたのは10月頃です。世界史に関しては参考書よりも映像授業の方がいいです。その方が頭に入りやすいと思います。他のレビューでこの参考書がわかりやすいという人はあらかじめ流れが頭に入って世界史を勉強してた人だと思います。つまり初学者向きではないです。勉強方法として参考書を読むより穴埋め問題を8割ぐらいとけるようにしてください。それができたら読んでいく感じの方が頭に入りやすいですし、時間を無駄にせずにすみます。 この参考書と付録の穴埋め問題だけでセンタープレでは93点取れました。本番は満点目指します。

4冊とも買って一通り読むだけで、世界史というものへの興味が深まる大変素晴らしい本です。 これのおかげで世界史53点取ることができました。(東大二次じゃなくてセンター)これを買った皆さんも、ぜひ、私のように効率的に使ってください。真面目なことを言うと、読んでるだけじゃ頭に入ってこないので、1つのまとまりをやるたびに、付属のチェックノートで理解しているかチェックしましょう。それしなかったら何の意味もありません。まじで。

タイトルにも書きましたが、全てが網羅されているわけでは無いので教科書、資料集、問題集を併用の上で不足分はドンドン書き足して情報の一元化を図るのが効果的な使い方かと思います。 あと、本書は考えながら読まないとタダの時間の無駄です。 世界史が苦手という方(特に高校1、2年生)は早い時期に本書を使うことで後で苦しむリスクを軽減できるはずです。 オススメでーす。

レビューをもっと見る
参考書名
ナビゲーター世界史B 2 アジア史 古代~18世紀の徹底理解 2 (新版 これならわかる!)
著者
ページ
258ページ
出版社
山川出版社

1つ250ページ合計4冊あるので、1日1ページ完璧にすれば4年かからず世界史は完璧です!

レビューをもっと見る
参考書名
新これならわかる!ナビゲーター世界史B 3
著者
ページ
297ページ
出版社
山川出版社

《通史の学習方法〜世界史の通史に取り組む時の注意点》 1. 最初から全部を覚えようとしないこと →要点、メルクマールをおさえること 2. まずは【縦の繋がり(時系列)】をおさえること →事件の因果関係を時系列順におさえること(原因そして結果・影響まで把握しよう) この2点をおさえるために本シリーズは最適です。 つまり、本シリーズでは: 1. →付属の冊子上で特に重要な事件について本編の流れに沿った形でまとめられています 2.→事件が起きた原因と結果について典型的な解説が加えられています 前から順に、上記2点を意識しながらじっくりと読み込み、回数を重ねる中で、付属の冊子の内容を完全理解し完全に暗記することを目指して下さい!自分で同内容を何も見ずに再現できるレベルまで習得することができれば最高です!おそらく合計で5回から10回は回すことになると思います。高校2年のはじめぐらいから本格的な勉強を始めておくと、高3で受験生になった時に余裕が出てくると思います。通史の際の副読本としては「流れがわかる各国別・地域別世界史Bの整理」をお勧めします。あとは資料集で時代ごとの【地図を見てイメージを掴んでおく】といいと思います。地図学習は通史以降の問題演習でその都度行いましょう。各事件に関係する【都市名は場所と一緒に記憶】しておきましょう! 《通史終了後の学習方法》 1. 私立対策 本シリーズでの通史が一通り終わったら、私立対策として「一問一答」などで細かい知識の補充をしましょう(これは通史で構築した骨組みに肉付けをしていくイメージです!、その都度通史も復習しましょう!)、また過去問前の総合演習として「実力をつける世界史100題」をお勧めします。 2. 国立2次対策 また国立2次の論述対策に向けて「詳説世界史論述問題集 」などをやっておきましょう、その際テーマごとに同時代の【横の繋がり】に着目する必要が出てくると思うので「ヨコから見る世界史」にも取り組むと良いでしょう。論述では【テーマごとに世界史上の出来事を整理する】必要性も出てきます。【縦と横】双方の視点から整理しておきましょう!さらに余力があって東大を世界史で受ける方は「荒巻の新世界史見取り図(上/中/下)」が頻出テーマを意識した構成になっているので目を通しておくと良いでしょう。 ただし、上記の参考書だけでは現代史対策が薄いかもしれないので、現代史は別に対策した方がいいでしょう!特に慶應経済などを世界史で受ける場合、1500年以降の範囲を中心に出題となっているはずなので注意して下さい。

時代の縦のつながりや、横のつながり以前に世界史の知識がほとんど頭に入っていない人にオススメだと思います。自分はこれのおかげで最低でも「〜を行なったのは誰?」と聞かれたら大体答えられるようになりました。見栄を張って難しい世界史の参考書を見るくらいならまずはこの本を手にとって一読することをオススメします。

高校の世界史の先生の薦めで使い始めました! 世界史は年代が後戻りしたり、いろいろな国が一度に出てきて頭がこんがらがるけれど、この本のお陰で時代の流れが掴めるようになりました!! また、授業もこの本の内容通りに行っているので、この本で予習しておけば授業がしっかりと理解できるようになりました! 世界史が理解できなくて困っている人は使うべきです!

レビューをもっと見る
参考書名
これならわかる!ナビゲーター世界史B 4 帝国主義~現代史の徹底理解
著者
ページ
266ページ
出版社
山川出版社

流れを確認するのにぴったり

レビューをもっと見る

このナビゲーター世界史は山川の教科書と違って、講義式で余談などもはいってくるのでとても面白くて読みやすいです。私も最初、教科書が読みづらくて苦戦している時にこのナビゲーターを読んだらとてもスムーズ読み進められました。4冊とボリュームが多いなと思う人もいると思いますが、とても読みやすいので安心してください。内容も易しいので、基礎から始めたい人におすすめです!

【問題集】

流れ図で攻略詳説世界史B

参考書名
流れ図で攻略 詳説世界史B
著者
谷澤 伸
ページ
167ページ
出版社
山川出版社

教科書や講義形式の参考書を読んでいて、どうも歴史の流れや横の関係が理解しにくいことはないだろうか? 教科書と一問一答だけでは、特に論述問題に対応できないと私は思う。 この参考書は世界史の流れや、分かりにくい横の関係をまとめたものである 構成 左ページに流れ図(まとめ)、右ページに基礎的な問題 (自分は右ページをやらなくても良いと思う) 使用法 教科書や講義形式の参考書を読むときに「流れ図」を確認する

教科書は字だけで読みにくい!資料集は詳しすぎてどこに何があるか分からない!授業のプリント多すぎ!って人にオススメの、まとめ教材です。 分からない単語は適宜用語集で調べ、後地図は少ないので常に資料集の地図を見ながら使いましょう。

レビューをもっと見る

これはタテとヨコ両方から歴史をおさえることができます。タテとヨコというのはつまり歴史の流れと同じ時代における国、地域同士の関係です。また問題も基礎的なものが多いので、教科書やナビゲーターのレベルにもあっていると思います。

センター試験過去問研究 世界史B

参考書名
センター試験過去問研究 世界史B (2017年版センター赤本シリーズ)
著者
ページ
1152ページ
出版社
教学社

ある程度インプットができたらどんどんセンターの過去問を解いていきましょう。わからない問題は飛ばしても構いません。さっきも言いましたがどんどんアウトプットしていくことが大事なのです!

偏差値50台のあなたへ (MARCHレベル)

次は偏差値50台のあなた。あなたは教科書を一から見直さなければ!というレベルではないけれど、少し基礎に抜けがある可能性があります。そんなあなたがMARCHを目指すのにおすすめの教材を紹介します。普段使っている教科書などと併用してみてください。

【問題集】

書きこみ教科書詳説世界史

参考書名
書きこみ教科書詳説世界史―世界史B
著者
ページ
313ページ
出版社
山川出版社

自分の通史の終わらせ方(マジ卍で効率悪いかも) 1日2~3ページずつ教科書、資料集を読んで自分で説明してみます(声だして)→これで単語暗記します(本文声出して読みつつ)→とりあえず全部あたるまで繰り返します→次の日に前日やったとこもう1回解きます→おわり これを毎日やってマーク模試は四月は40点台だったけど通史が終わった7月には90点になりました。”書き込み”教科書とありますが書き込まない方がいいと思います。

空欄に入る言葉の文字数が下線でわかってしまうという難点を除けばかなりいいと思います。 要所々々に文化史もまとめてあるので使いやすかったです。

これだけを使う、というよりは、教科書の復習として使うのがベストだと思います。 私は、教科書音読→書き込み教科書で同じ範囲を音読(この際に音読しながら穴を埋める) って感じで使ってます!これオススメ! 一問一答もいいですが、やはり教科書をやり込むのが、遠回りのようで一番近道でしょう。

レビューをもっと見る

これは問題集というより穴埋め教科書です。教科書と同じように歴史の流れが書いてある中で重要な用語などが空欄となっています。なので、教科書はある程度理解しているつもりだけど、少し不安が残っている人はこの穴埋め教科書で復習しましょう。黙読はもちろん、音読するのもおすすめです。問題集として使うというより、教科書として使ってみましょう!

山川 一問一答世界史

参考書名
山川 一問一答世界史
著者
ページ
288ページ
出版社
山川出版社

教科書と用語集とこれでかなりいけます。 正直言って用語集を「読む」気にはなれないので、教科書に載ってない部分をこれで押さえて用語集などに戻るのを繰り返すといいと思います。 良い点 ・山川の教科書と用語集に対応 ・適度な量 ・三日坊主も多分これならいけるだろう 私は国立受験で個別試験に世界史が無かったので、私立や超難関大はまた違うかもしれませんが... センターで高得点狙いたい!という人にはオススメですよ!!特に、世界史何からやったらいいか分からない人はぜひ最初の一歩に手にとってみて下さい^_^

教科書と資料集とこれだけでも世界史にかなり強くなれます 年代暗記の本もあると尚良いです 某予備校の一問一答より問題量が絞られているようですが、これで十分です

東進と山川両方やった経験から言いますと、私は山川のほうが効率よく覚えられました。 入試本番で世界史で満点狙いたいのならば東進のほうが情報が多いので可能だと思います。が、私は山川でも充分得点源にできました。なにしろ山川はスッキリしてるのが◎ 私は世界史が最後まで足を引っ張ってて、センター終わってから入試本番まで、 教科書音読→山川の一問一答やる を繰り返し猛スピードでやってました。 やり出した時期がセンターのあとだったので、最終的には一問一答を7周するのが限界でしたが、なんで今までこんなに時間かかってたんだろう、ってくらい世界史の知識がどんどんついてるのが赤本解いてて身にしみてわかりました。 山川か東進かは結局は個人の好みだと思います。 ですが、世界史の勉強法としては、1年間かけてちょっとずつダラダラやるよりは、短期間集中(例: 2週間世界史やりまくって一気に通史して一気に暗記する)が絶対いいです。絶対です。絶対(3回目) 英語は短期間でどうこうなるものでは無いですが、世界史は覚えたもん勝ちです。覚えたら点が取れるんです。単純な科目です。 センター後に慌てて世界史を真剣にやり始めましたが、逆に、忘れる前に本番が来たので世界史のおかげで合格できたと言っても過言ではなかったなーと思います笑 受験生の方、量が多い世界史はさっさと終わらせるのが得策ですよ!頑張ってください💪

レビューをもっと見る

MARCHレベルの一問一答はこれです。東進の一問一答もありますが、あれは難関私大向けなのでMARCHを目指すあなたにとっては細かすぎる無駄な知識も多いのです。またさっきも言いましたが、一問一答式の問題集は丸暗記してしまう可能性があります。きちんと流れを理解した上で一問一答で用語を覚えていくようにしましょう。

偏差値60台のあなたへ (早慶上智レベル)

最後に偏差値60台のあなた。教科書などの基礎はきちんとできていると考えられます。ここから偏差値を上げていくには教科書プラスアルファを勉強していかなければなりません。早慶上智 の世界史の壁はとても高いと感じますよね。早慶上智 の世界史は教科書を完璧にしていてもカバーできない問題が多々出題されます。そこで教科書までの基礎をきちんと固めた人におすすめの教材を紹介します。そして最後に分野別のおすすめ問題集も紹介します!

【問題集】

詳説世界史学習ノート世界史B

参考書名
詳説世界史学習ノート世界史B 上 改訂版
著者
ページ
151ページ
出版社
山川出版社
参考書名
詳説世界史学習ノート世界史B 下 改訂版
著者
詳説世界史学習ノート編集委員会
ページ
164ページ
出版社
山川出版社

これは偏差値50台の時紹介した書きこみ教科書詳説世界史―世界史Bと同じような教科書に沿った穴埋め問題集で、それよりもレベルは高くなっています。基礎レベルから早慶上智レベルまでカバーできるものです。これは問題集というより教科書に近いものなので、教科書以上のインプットが済んでいない人は、このような教科書型の問題集から始めてきちんとインプットしましょう。
似た名前の詳説世界史ノートというものもあり、これはまったくレベルが変わってくるので間違えないように注意してください!

実力をつける世界史100題

参考書名
実力をつける 世界史 100題 [改訂第3版]
著者
Z会出版編集部
ページ
480ページ
出版社
Z会

参考書を読んでインプットしたあとは必ずアウトプットする作業が必要です。一問一答をやってるようでは全く身についている気がしないので入試の形式に近いこのテキストを買いましたがかなり良いです。私は山川の詳説世界史研究を一通り読んだあとに解いていますが載っている情報の程度が同じなので良い組み合わせだと思います。情報量の少ない参考書や教科書でインプットしている人が解いても知らない単語ばかりでストレスがたまるだけですので組み合わせに関してはよく考えたほうが良いです。

基礎のワークと併用してどちらも三周するようにしてます。問題文自体がとても良くまとまっていてこれで流れを抑えています。解説もとても詳しいのでありがたいの極みです。

始めるタイミングが少し早くて途中で飽きたので結局一周はしなかった。これやれるレベルなら過去問解いた方が良いかと。

レビューをもっと見る

これは早慶上智受験生には強くおすすめしたい問題集です。かなり難易度の高い問題集となっており、早慶に必須な論述問題も載っています。逆に早慶を志望しない人にとっては難しすぎるのでこれを使う必要はありません。解説もしっかりしているので問題を解いて復習すれば確実に実力がつく問題集です。

世界史B一問一答 完全版

参考書名
世界史B一問一答 完全版 2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
斎藤 整
ページ
493ページ
出版社
ナガセ

この本は、世界史選択なら1冊は持っておきたい本ですし、日本史バージョンもとても重宝されています。 ですが、この本が実用的かと言われるとそうでもないように感じます 英単語帳における鉄壁と同じでは無いでしょうか。大抵の人がオーバーワークに思えるのではないかと思います。 この本って必要以上の情報を記載しすぎなんですよね。用語集にすら乗っていない、どこを参照したら出てくるのかといったような問題が多々見受けられ、正直センターレベルだったらこの本は必要ないです。 この本の売りが網羅100%ってそりゃそーだろ あんだけ問題乗せてんだからw 志望校GMARCH以上でかつ歴史で点とりたい人向けです。他の人は山川の一問一答+用語集でも見とけばいいと思います。 今直前期から始めるなら尚更そうです。この本頭に詰め込むのは無理なので。 この本をやってて思うのはこの本をいかにボロボロにして本番直前で読み周りに圧をかけられるかというアイテムだと感じてます。 やるに越したことは無いですし、覚えるに越したことはないけど無理してやるくらいなら山川やれ 時間足りないから

量が多いから中途半端になりがち 何周もする前提だからリソース割けないならやめとけ

なんと、ついこないだに改訂版?というか新しくなったらしい。今日買ってから気付きました。千円したし、仕方がないので、ここは開き直って資料集と過去問を貼りまくって付箋に書きまくって、新書を自力で上回りたいと思います。その為にも数をこなして手段が目的化しないよう、細心の注意を払いながら、センター満点目指そうと思います!

レビューをもっと見る

これもとても難易度が高く、マニアックな知識がかなり載っている一問一答です。
実力をつける世界史100題と同じく早慶を志望していない人にはおすすめできません。また早慶志望の人もこの一問一答中心に勉強するのはやめましょう。移動時間や寝る前など、おまけ程度に活用しましょう。これは一問一答だけでなく論述も載っていたりするので網羅的な問題集です。

【早慶上智対策】

今までは総合的な問題集を紹介してきました。ここからは早慶上智に特有な問題の対策ができる問題集を紹介していきます。苦手な分野はプラスアルファで補強していきましょう。

各国別世界史ノート―重要事項記入式

参考書名
各国別世界史ノート―重要事項記入式
著者
塩田 徹, 永井 英樹
ページ
206ページ
出版社
山川出版社

各国の歴史がそれぞれ縦の歴史としてまとめられており、流れを整理できます。イギリス史、フランス史など定番の国の歴史からルーマニア史、ポーランド史など普通の参考書には分散して所々に記述される国の歴史も確認できます。加えて、中国反乱史、ヨーロッパ文化史、東西交渉史など一国の歴史に留まらないテーマ史も載っています。知識レベルとしてはそれなりに細かい単語まで扱っており、早慶を始め難関私大の問題にも対応できるレベルです。現在の版は1998年のもので少し古いため、戦後史は若干足りない部分と過剰な部分がありますが、それ以外の内容は素晴らしいです。 タイトルに「記入式」とあるように自分で単語を埋めていかなければならず手間がかかるので、早めに始めることをお勧めします。使い方としてはオレンジ色のボールペンで記入し、赤シートで隠して勉強すると良いと思います。

著書 読書の技法で世界史の勉強法での推薦書 仕上げにピッタリ。

教科書のような横の繋がりではなく、各国の歴史を縦で見る事でより理解が深まりました。 ある程度終わった人にはオススメです。

レビューをもっと見る

早慶上智では各国史が問われることもあります。タテとヨコの勉強はしていても各国史となると難しく感じてしまう人も多いです。これは通史が終わって余裕がある人にはおすすめです。

佐藤の世界文化史一問一答―スラスラ読めて、サクサク解ける!

参考書名
佐藤の世界文化史一問一答―スラスラ読めて、サクサク解ける! (快適受験αブックス)
著者
佐藤 幸夫
ページ
175ページ
出版社
学研

早慶上智では文化史は必須です。例えば上智ではキリスト教の文化史が多く出題されます。文化史は理解ではなく暗記なので、一問一答を使ってどんどん暗記することをおすすめします。私はギリギリにこの一問一答を買って必死で頭につめこみました(汗)

詳説世界史論述問題集

参考書名
詳説世界史論述問題集
著者
価格
1,023円
ページ
89ページ
出版社
山川出版社

モンゴル人民共和国の設立の問題など、一橋大学や東大なら必要とする知識ではあるが、京大や阪大程度には要らない知識が多い。教科書以上の内容をバリバリ当たり前のように書いてきます。河合の世界史論述の方が私は好き。

為になります。流れがよくわかるし、解説が詳しい。教科書で得た知識をちゃんと正しく覚えられてるか確認できる。 論述ない人でも世界史受験者はやっといた方がいいと思う。 でもやるならできるだけ早くからやりましょう。論述は一気にガーッとやるのは時間がかかるから、自分の学んだ範囲をこまめに復習がてらやっといた方がいいかなって思います。 解いた問題の範囲は一応教科書読んで確認しとけば世界史の抜けは少なくなると思います。 独学でもできるけどできるだけ先生に見てもらった方がいいです。世界史論述で満点を得られるのは少ないらしいので。

レビューをもっと見る

そして最後に論述です。論述に関しては流れを掴んでいれば書けるものがほとんどです。自前の問題集に論述問題があるならそれでもいいと思います。私はとくに論述の教材は買わずに、実力をつける世界史100題や世界史B一問一答 完全版 2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター) に載っている論述や過去問で出題された論述の中でも覚える必要があるなと感じたものだけをノートにまとめて暗記していました。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

世界史勉強法のポイント4つ!

世界史勉強法ポイント①基礎

さっきから口を酸っぱくして言ってきましたが、センター試験であろうと早慶であろうと基礎がポイントなのです。でも難しい大学の難しい問題になるにつれて基礎の問題は減ってくるじゃないか!と思ったあなた。そうです、そうなんですが合格する人はその基礎の問題を確実に取ってくるのです。基礎の問題を確実に取ることを前提にそこからどこまで点を伸ばせるか、それが難関大学の世界なのです!なので基礎はサボらずにしっかりやりましょうね。

世界史勉強法ポイント②流れ

次のポイントは流れをつかむことです。なぜさっきから流れ流れと言っているのかというと、もちろん流れを掴むことで用語を覚えやすくなったりもするのですが、もうひとつ、流れをつかみながら暗記することで応用が効くようになるのです。
例えばセンター試験でも出題される時系列問題。これはもちろん年号を覚えているかを問うているというのもあるのですが、もし万が一年号が分からなくても流れさえ掴んでいれば解けることもあるのです。また論述問題、これはMARCH以上になると必ず出現してきますが、これもだいたい歴史の流れを問うているものが多いんですよね。なのでさっきも論述の問題集はあってもなくても良いみたいなことを言ったんです!歴史の流れさえ掴んでいれば、論述の解答を覚える必要がなくなるのです。このように流れを掴みながら勉強することは後の勉強に生きてくるので、しっかり流れを掴みましょう!

世界史勉強法ポイント③アウトプット

これに関してもこの記事の中で何度も言ってきましたね。そうです、アウトプットが記憶を定着させるのです!インプットばかりしていても効率的に覚えることができません。頭に入れた知識を考えて考えてひっぱりだす、これができた時に初めて記憶が定着するのです。なのでインプットとアウトプットは同時進行で進めていきましょう。ただしアウトプットも一度では終わらせずに何回も繰り返しましょう。

世界史勉強法ポイント④復習

そして最後に復習です。これは過去問を解く時はもちろん問題集にもあてはまります。特にセンター試験などの選択式の問題の時、なんとなく選んだら正解しちゃった!そんな経験ありませんか?ここで復習するかしないか、それが分かれ道なのです。答え合わせをするときに心がけてほしいのは「根拠を持ってその選択肢を選んだかどうか」なのです。もちろん根拠を持って正解したものに関しては復習する必要はありませんし、間違えたものはきちんと復習してください。ポイントは根拠なく正解したもの、つまり△であった問題なのです。これに関してもしっかり復習しましょう。間違えた問題というのは新しく暗記するチャンスなのです。復習ではしっかりと解説を読んで、参考書を読んで、用語集を読んで、しっかり理解するようにしましょう。
この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介&4つの勉強ポイント!

【世界史勉強法】受験に勝つ超効率的な勉強法&おすすめ参考書一覧!

【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

覚えられないのには理由がある!効率的&確実な世界史の覚え方

【世界史 参考書】激選7冊!世界史おすすめの参考書・問題集

世界史論述問題の対策はいつから?必見勉強法と参考書・問題集も紹介!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に