インテリアが学べる大学を紹介!インテリアコーディネーターになろう

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

将来はインテリアコーディネーターになりたい。

この記事では、そんなあなたのために、インテリアコーディネーターになるための方法や資格、気になるインテリアコーディネーターの仕事内容と給料、インテリアが学べるおすすめの大学を徹底紹介します。

インテリアコーディネーターになりたいけれど、インテリアが学べる大学・学部の見当が付いていない。そんなあなたはぜひこの記事を参考にして、進路選択・受験校選びを行ってみてくださいね。

インテリアコーディネーターとは

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

インテリアコーディネーターとは、室内空間の内装プランや家具の種類・配置などを総合的にコーディネートする職業です。

インテリアコーディネーターの仕事には、インテリアや住宅に関する基礎知識と豊富な商品知識をもとに室内空間を機能的に、且つ美しく演出するセンスが求められます。また、壁紙や照明器具など多種多様なインテリア素材を組み合わせて室内空間を構成する必要があるため、色彩のバランス感覚や構想力に秀でていることも重要です。また、コーディネートする室内空間を利用する人の立場に立って要望をヒアリングしたり、建設会社や設計担当者との交渉を行うコミュニケーション能力も求められます。

インテリアコーディネーターは、依頼者の要望に沿った室内空間の構成・演出を行うやりがいのある仕事と言えるでしょう。また、インテリアや色彩などに興味がある人、お洒落やコーディネートに自信がある人、人の要望を上手に聞き出し、その人の要望に応える提案のできるコミュニケーション能力のある人などにぴったりの仕事と言うことができるでしょう。

また、資格試験の合格者の大半を女性が占めているように、インテリアコーディネーターは女性に人気のある職業でもあるようです。

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターの仕事内容の基本は、依頼者の要望を聞いて、求められている内装を実現する仕事です。依頼者の住生活に対する価値観を正確に把握し、住む人の立場に立って快適な住環境を提供する仕事と言えます。

インテリアコーディネーターの勤務先は住宅メーカーや設計事務所、家具メーカー、ショールームなど多岐に渡ります。また、インテリアが出来上がるまでに依頼者や内装工事の関係者、家具や照明の購入先などと綿密なコミュニケーションを取る必要があるため、外出が多くなる傾向にあるようです。

インテリアコーディネーターの求人情報をみると、より具体的な仕事内容がイメージできます。実際の求人情報によると、家具販売に関わる仕事、建築士と一緒にお客さんの住まいをデザインする仕事、ショールームを訪れるお客さんへの提案といった仕事から、壁紙・家具・水回り設備などを含む住宅一軒丸ごとインテリアコーディネートする仕事まで、仕事内容も責任の度合いも職場によって様々のようです。

あなたのなりたいインテリアコーディネーター像を明確にするためにも、インテリアコーディネーターの求人情報や働き方について細かく調べておきましょう。夢を具体的に描けるほど、夢の実現に近づくことができますよ!

インテリアコーディネーターの給料

気になるインテリアコーディネーターの給料は月収約24万円・年収約380万円程度が平均的のようです。ただし、実際にはインテリアコーディネーターとして働く企業や勤続年数、スキル、学歴、資格の有無、雇用形態などによって給料は大きく変わります。フリーランスとして活躍する人気インテリアコーディネーターのなかには、年収1000万を超える人もいるようです。インテリアコーディネーターの給料について調べておくことは重要ですが、自分がインテリアコーディネーターとして働く際の給料を正確に試算することは難しいと思います。大体の数字のみ頭に入れておくと良いでしょう。

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターになるための一般的な方法としては、高校卒業後に大学・短大・専門学校の建築学部や家政学部の建築学科・インテリア学科などに進み、知識を身に付けながらインテリアコーディネーターの資格取得を行います。その後、卒業と共に建築・インテリア業界の企業に就職することでインテリアコーディネーターとして働くことができるようです。

インテリアコーディネーターになるには、大学や短大・専門学校を修了し、建築・インテリア業界の住宅・家具メーカーやインテリアショップ、デザイン事務所に就職する必要があります。また、インテリアコーディネーターの資格もありますが、必ずしも必須というわけではなく、資格を取得していなくてもインテリアコーディネーターとして働くことができるようです。ただし、インテリアコーディネーターの資格を取得していれば就職にも有利になるようなので、インテリアコーディネーターになりたいあなたは取得しておくと良いと思います。

インテリアコーディネーターの資格

社団法人インテリア産業協会が主催する「インテリアコーディネーター資格試験」の合格によって、インテリアコーディネーターの資格を取得することができます。

インテリアコーディネーター資格試験には一次試験と二次試験があり、一次試験に合格した人が二次試験を受験することができます。また、一次試験に合格し、二次試験に不合格になった場合でも、3年間は一次試験の受験が免除される制度もあるようです。

また、インテリアコーディネーター資格試験の一次試験はマークシート方式ですが、二次試験は論文や製図といった専門知識を要する方式の試験となっているようです。インテリアコーディネーターを目指すあなたは、高校を卒業後もしっかりと勉強する必要があると言えるでしょう。

この記事を書いた人
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

【MARCH】大学偏差値ランキングや学部、雰囲気、国公立との比較!

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

【早慶上智】早稲田・慶應・上智の偏差値と各大学の魅力を紹介!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に