9eonlbw6ek2lx5d0jbgxw7azroj1nqdzn4maqnmyvg4klbpdq89vz3merpj5g31v

【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理学というのは、大学以上においては物理学科だけでなく、化学系や機械系とかかわり、そして化学系や機械系に関わるということは生物系や情報系などなどの、ほとんどすべての学問に関わってきます。少なくとも高校レベルのものは知っていないと、思わぬところで足を掬われます。
大学に入ってからやり直しても良いのですが、どうせならば高校の段階である程度完成しておくと大学の勉強がより早い段階で深く、楽しめるようになります。

というわけで、模試で物理の偏差値が60を超えるという理系の方は、下の『新・物理入門』という“本格”に触れられる参考書はいかがでしょうか。この参考書は他の参考書と一線を画しており、微分積分の立場から解説をしています。実は物理において微分積分はきわめて重要です。というか、本物の“物理学”ではそちらを使います。それゆえ、微分積分のテクニックを身につける本ではなく、微分積分を通して物理現象を理解する点に重きをおくことには注意してください。むしろ式の詳細をすべて追う必要はないので、微分積分を通すことで物理現象をより明確に捉え、想像することを目指してみてください。

河合塾からも同様のコンセプトと思われる『理論物理への道標』シリーズが出ています。ただ、こちらは『新・物理入門』よりもさらにレベルが高いです。さらにそのレベルの参考書としては『オリンピック問題で学ぶ世界標準の物理入門』という本があります。ただ、ここまでやるなら他の科目を仕上げなさいという感じがあります。他の科目もそのレベルならさっさと大学物理や数学の教科書を読みなさい、という感じです。

微積を使った解答については、書けるようになるまでは少し時間がかかりますし、丁寧に見てくれる指導者がいないとかなり誤解をしてしまう恐れがあります。そこで私が行ったのは、教科書と併用することで、公式の理解だけ微積で再構成して、非効率な暗記を減らして理解を深めることです。問題を解くときはその公式を使ったり、高校物理風の解答を書いたりします。それだけでも物理に対する理解度がかなり上がるので、これらの参考書はおすすめです。理系に進もうとする方はぜひ活用してみてください。また、その助けとなる参考書兼問題集に『体系物理』があります。私は『新・物理入門』と教科書を読み比べて身につけましたが、そういうアプローチもありです。

Pmldxd0dmwrz61ekpqxj7ble82lkgoamn6oqpxz3v9odyb0w5agjn4vmrrn2pj3l
参考書名
新・物理入門 (駿台受験シリーズ)
著者
山本 義隆
ページ
342ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
Dvxngojz45zvbg2kwaxeq3vnrmdyoe8y1gwypd8qwpb16o9klrem0x7glj0ga21m?w=80

大阪府出身。大阪市立船場中学校、大阪府立大手前高等学校卒業。1964年 (昭和39年) 、東京大学理学部物理学科卒業。 東京大学大学院博士課程中退。 1960年代、東大ベトナム反戦会議の活動に携わり、東大全共闘議長を務める。1969年 (昭和44年) の安田講堂事件前に警察の指名手配を受け地下に潜伏するが、同年9月の日比谷での全国全共闘連合結成大会の会場で警察当局に逮捕された。 研究者のほかに予備校教師として、駿台予備学校で物理科の講師を30年以上務めている。現在は、通年授業ではお茶の水校の東大コース、京大コースと千葉校の東大・京大・東工大コース、医系コースに出講して浪人生のみに授業をしている。夏期講習では主に「東大物理」の講座を受け持つ。駿台の過去問題集「青本」では、東大の物理の入試問題について25年以上解説を書いた。現在は森下寛之講師が担当している。 駿台文庫の『物理入門』シリーズは、硬派な参考書として受験生に読まれ続けている。予備校での長い経験から教え子は多く、山形浩生も物理を習ったという。

Qvg9wjvqwlmwkd1b8yrpz4jmne3angxpvmlyvzp0r5xk7ldg2go96qebxjml6wzj?w=80

高校における物理ではなく、大学でも通用する物理が学べます。例えば力学では、公式を2,3個覚えるだけで他の力学の公式は導出可能になります。 レベルはかなり高いので、時間のある人がじっくりと手を動かしてやるものだと思います。英単語のように隙間の時間に読むものではないです。高校で学んだ物理を受験の先でも使えるようにしたい方におすすめです。

Qvg9wjvqwlmwkd1b8yrpz4jmne3angy48pbovzp0r5xk7ldg2go96qebxjml6wzj?w=80

歴史を踏まえて教えてくれるから、分かりやすい。助かった。こいつがなければ合格できなかった。

レビューをもっと見る
30rgj80m8g1gnqy2arwmb6vxvzejnx69vmjo7djk4p9qlebzl5r3oxdkwpwlmdl9
参考書名
理論物理への道標 上 力学/熱学/力学的波動
著者
杉山 忠男
ページ
243ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
Qvg9wjvqwlmwkd1b8yrpz4jmne3angy48pbovzp0r5xk7ldg2go96qebxjml6wzj?w=80

最後にやった問題集はこれ。 問題の量もそれなりにあって、講義的なのもあって、興味深いかなり進んだ話が載っていたりもするし、楽しかった。 これのおかげで合格できたと言っても過言ではない。 著者が東工大出身なので、東工大志望の人はなんとなく好きになれるはず。 難系の著者は京大出身なので穴埋め問題が多い。東大志望や東工大志望には道標の方が向いているだろう。 難易度の高いイメージがあるが、臆せずさっさと買った方がいい。

Gzpjdpzkep6oar3qnd2glbexbqymyp4bxqwy5r9kmjj8dv4xwgw01v7lpz2klrv6?w=80

レベル的には学部の2回生あたりで学ぶこと(特殊相対性理論らへん)までが主に書いてあります。載ってる問題は東大、京大、東工大や後期日程のものがほとんどです。苑田さんのトップレベル物理とほとんど基本的に同じ内容でその復習、演習に最適です。ハイレベル物理よりは若干高度です(極座標運動方程式等)

Icon default user

理論解説・問題選定共に非常に高度ですが、深い理解が得られます。 理論編では微積分の使用を含め大学で習うような内容が簡潔にまとめられています。 問題編では東大をはじめとするリード文長めの入試問題がズラリ。解答の補足で運動の様子に一歩踏み込む解説が 載せられている事もしばしば。 著者の杉山忠男さんですが、 ・「国際物理オリンピック」、「物理チャレンジ」の対策本を書いている ・あの苑田尚之さんと共に河合塾で東大即応オープンの作問したり、浪人生用の最難関向けテキストを作っている という人です。 このテキスト自体も「物理チャレンジ」の参考書に使われるほどのレベルですので、受験生は下手に手を出さない方が良いかも。 高校物理やり直したくなった理系の大学生・OBには程良いかと。

レビューをもっと見る
79mm8z0kr435w0rmlq1nalg7qxod2y23z0jo9zgxebpvzjkw6pbvyd8jem31wxld
参考書名
オリンピック問題で学ぶ世界水準の物理入門
著者
物理チャレンジ・オリンピック日本委員会
ページ
320ページ
出版社
丸善
Btn amazon
Mpvbx1ajjnrxew3lqppdlbzv5mq2abqrvpdod7vk0yg19zbxkgw4ro86emnz4yjq?w=80

タイトルの通り.脅すようだが,これくらいはできるようになっておかないと2次の会場から楽しく帰ることはできないと思う.実験の試験に関する本は少ないので,その点でも必要性が高いと思う.

レビューをもっと見る
L9eonlbw6ek2lx5d0jbgxw7azroj1nqdpgmaqnmyvg4klbpdq89vz3merpj5g31v
参考書名
体系物理[第6版] (体系シリーズ)
著者
下妻 清
ページ
320ページ
出版社
教学社
Btn amazon
5e63jkknj6me2rzq4jgp0my5qg1wnna7rddadw7bxrokpbz89vaxledlv3erzvow?w=80

エッセンスから接続しやすい難易度 物理のモデルとなってる問題で構成されていて理解しやすい 名門だとオーバーワーク、でも良問だと足りないっていう絶妙な大学を志望してる人にはかなり向いてる教材

Icon default user

「物理の公式は覚えたけど、どういう時に適用すれば良いか分からない…」 「公式は覚えてある程度問題もこなしたが、いまいち理解が進まない…」 上に挙げたような悩みを抱えている方に、『体系物理』は特にオススメです。特徴を挙げると、 ・問題数は多め(400題ほど) ・一問は軽め(1問に5分くらい) ・全てが筆者の創作問題 ・公式の導出問題を多数収録 ・様々な問題設定を網羅 となっています。解説はアッサリしているので、質問できる人を確保しておきましょう。 初めて聞くって方も多いと思いますが、40年の歴史を持つ、知る人ぞ知る優良問題集です。物理は公式の成り立ちと意味を深く理解すればあとは演習量に応じて成績が伸びていきます。問題を解く時に、公式がなぜ適用出来るのかを意識しながら解くことを繰り返していきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧ 参考書は『わくわく物理探検隊』がオススメです。

Icon default user

量が400題とかなり多い。しかし、300題の標準問題は、わかりやすい参考書を読んでからやれば、初見で6〜7割はできると思うので、比較的早く終わる。ただし、発展問題は骨のある問題が多いので、1分くらい悩んでも分からなかったらすぐ答えと参考書を読んで理解するようにして、効率を高めると良い。

レビューをもっと見る
Vkllxrwjq1b5gpdmbylazdex0qvvkne3e4qoxr8zwlp7eogj923k6mnr4w1b9qmo
参考書名
物理教室 (河合塾シリーズ)
著者
ページ
480ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
Rwzpnb94wldr05endjpmyeowkxqpokdr7bvax7rjb28zzvqv3a6bmklgg1yj6z4v?w=80

物理だけが唯一の苦手科目だった者です。解説は丁寧でまとまっており、たぶん地方国公立ならこれで対策できると言っても過言ではないと思います。が、私には難しかったです。

Kllxrwjq1b5gpdmbylazdex0qvvkne0jkgwaxr8zwlp7eogj923k6mnr4w1b9qmo?w=80

半年以上この本を利用しています。 例題は全てこなし、二周以上はしています。その上での感想です。 私自身物理は得意であり、物理学そのものに対する興味も持っていまが、この本の解説はしっくり来ていません。 解説の雰囲気は、教科書に近い感じです。 良く言えば、簡潔で的確な解説。 悪く言えば、無味乾燥で眠くなる。 しっくり来なかった具体的な点は、以下の2つ程です。 ・誤解し易いポイントの注意がない、 ・変数や定数などで利用する代数に対する断りがない (代数が何の宣言もなく使用される、相異なる文脈で一つの文字が何の断りもなく使いまわされる) 要するに、そっけない感じです 私には、新・物理入門の記述の方がしっくり来てます。

Gd3qdbx7qqbdove0l2wgzmpvg3wpylrz0eqaykm6r4baked58jjzl19nxrlkg015?w=80

ぶ厚くて持ってはいるがなかなか取り組めないって人は多いと思う。 でも実際読んでみると理論が基礎から応用までしっかり抜けなく説明されていて、 なぜ??え?? っていう疑問をもつことがほとんどない。 しかし電気分野などは特に仕組みを数学的に説明していて理論を読むのは大変だが理解したら忘れなく深く記憶できると思う。 難易度は良問とエッセンスを織り交ぜたくらいで例題は少ないが説明に抜けが全くない 好みは確実に分かれるが、普段から理論を分かりながら進めてる人には合うと思う。

レビューをもっと見る
Pdzw5nqlm8jxv7rrjz2ok1ee4an3ynv6vqmnlqbqwbpg05x6mzgwdk9dpv2jx1db
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
Gvqyplzv6al5gyk2nboxvd1qjpebyrlrnpqa87qr04lkxm3ergj9zwwdpmavx5er?w=80

物理が苦手な人は、もう少し基礎のもの、優しめのものに目を通してから、エッセンスに移ることをお勧めします! 私は割と問題演習として使ってます チャート式の物理を見て、エッセンスに大事なところを書き込んで、付箋を貼ったりして使ってます。 基礎ができる人にはおススメです

Kdxj5vn8rvw2qlpw0a79m1qzpvolnq5p7vknxmk5ze3b4gdjjxky6regdbwav1l7?w=80

少なくともうちのクソ教師の授業よりは断然わかりやすいです。問題をやるだけじゃなくてそれに関連する文章もじっくり読むとそのあとの問題もびっくりするほどスラスラ解けます。物理は本来こんなに楽しい教科なんだと思わされると同時に自分が学校で受けている授業はなんて質が低いのだろうとがっかりします。

30rgj80m8g1gnqy2arwmb6vxvzejnxyvl9zy7djk4p9qlebzl5r3oxdkwpwlmdl9?w=80

これは良い問題集、ほんとに。 とりあえず物理選択なのに、基礎がまだ危なめの人は買うべきだと思ってる。 買った後、自分に合って無かったら他のを買えばいいと思う。合ってなかったとしても、問題演習くらいには使えるだろうし。そんなわけで、オススメしたい1冊です。

レビューをもっと見る
1jmjalez47eamldjrgj3yxdrlnq2xnz5bkbampv8wp9wzbk5gqob1k6ve0zd7e0d
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
30rgj80m8g1gnqy2arwmb6vxvzejnxyvl9zy7djk4p9qlebzl5r3oxdkwpwlmdl9?w=80

先日この本が届いたのですが、名前が似ていたために、シャンプーで髪を洗った後、コンディショナーではなくこのエッセンスを使ってしまいました。なんか違和感を感じると思ったその時には、もう手遅れでした。 このような過ちを減らすためにも、名前を、「メリット」にした方が問題集的にもしっくりくるのでは、と思いました。

Qvg9wjvqwlmwkd1b8yrpz4jmne3angyj8paovzp0r5xk7ldg2go96qebxjml6wzj?w=80

何故そうなるのかではなく、公式ドン!って感じで合わなかった… 解き方も答えも公式に代入。はいオーワリみたいで合わなかった… 先輩の勧めで使っていたけど二度とみない。 リードα一途で行けばよかった。

Kdxj5vn8rvw2qlpw0a79m1qzpvolnq5pkx9nxmk5ze3b4gdjjxky6regdbwav1l7?w=80

この参考書を特に勧めたいのは、受験物理を指導者なしではじめてする人や、受験物理を習いたての人です。まあ、そういう人たち以外でも、この参考書は勧めたい。大学受験物理は微積を使うか使わないかでかなり意見が別れますが、正直そんなことはどうでも良くて、自分が理解しやすい方からやればいいと思います。物理は微積の概念を分かっていないとキツイところも結構ありますが、近似計算のパターンを熟知しておけば、一応なんとかなります。もう一度いいますが大切なのは、自分が使いやすい武器をつかうことです。因みに自分はエッセンス派です。

レビューをもっと見る
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
    Ode1kq7q1ypnmrkb06dz58xajx3my9ezrdlylvwg9gowvdelqbrz4pek2j4ygnrj?w=72
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    Apdwe5vxaeg6q173j0l5d8wkdqmnn7ok6zdnrlgvbexmwzyj4roppb9kz2q2llx3?w=120

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    9eonlbw6ek2lx5d0jbgxw7azroj1nqdzn4maqnmyvg4klbpdq89vz3merpj5g31v?w=120

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    Vbvbxw6adqr29jokme3zvexq1lzgnv3kx70y4jdlkvb80bmg5xw7rywpnpwkkomp?w=120

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    Xlx4qzwrmeqd2wzb79byxgvp4px5yw093jko01r3nkemdkzjlago8vlj6qb5dor9?w=120

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    B6qz8enj7ew8vjz1ok3zmmwd9gqqndx04j8nvpx5ldxkyrl4r20gbpba6epl5gpr?w=120

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    Lrkby3xy7okgzl69k4r15neajgpjy136ab5a0q2em8mqxd3dlbvrvbwpwzmd458a?w=120

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay