【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理学というのは、大学以上においては物理学科だけでなく、化学系や機械系とかかわり、そして化学系や機械系に関わるということは生物系や情報系などなどの、ほとんどすべての学問に関わってきます。少なくとも高校レベルのものは知っていないと、思わぬところで足を掬われます。
大学に入ってからやり直しても良いのですが、どうせならば高校の段階である程度完成しておくと大学の勉強がより早い段階で深く、楽しめるようになります。

というわけで、模試で物理の偏差値が60を超えるという理系の方は、下の『新・物理入門』という“本格”に触れられる参考書はいかがでしょうか。この参考書は他の参考書と一線を画しており、微分積分の立場から解説をしています。実は物理において微分積分はきわめて重要です。というか、本物の“物理学”ではそちらを使います。それゆえ、微分積分のテクニックを身につける本ではなく、微分積分を通して物理現象を理解する点に重きをおくことには注意してください。むしろ式の詳細をすべて追う必要はないので、微分積分を通すことで物理現象をより明確に捉え、想像することを目指してみてください。

河合塾からも同様のコンセプトと思われる『理論物理への道標』シリーズが出ています。ただ、こちらは『新・物理入門』よりもさらにレベルが高いです。さらにそのレベルの参考書としては『オリンピック問題で学ぶ世界標準の物理入門』という本があります。ただ、ここまでやるなら他の科目を仕上げなさいという感じがあります。他の科目もそのレベルならさっさと大学物理や数学の教科書を読みなさい、という感じです。

微積を使った解答については、書けるようになるまでは少し時間がかかりますし、丁寧に見てくれる指導者がいないとかなり誤解をしてしまう恐れがあります。そこで私が行ったのは、教科書と併用することで、公式の理解だけ微積で再構成して、非効率な暗記を減らして理解を深めることです。問題を解くときはその公式を使ったり、高校物理風の解答を書いたりします。それだけでも物理に対する理解度がかなり上がるので、これらの参考書はおすすめです。理系に進もうとする方はぜひ活用してみてください。また、その助けとなる参考書兼問題集に『体系物理』があります。私は『新・物理入門』と教科書を読み比べて身につけましたが、そういうアプローチもありです。

参考書名
新・物理入門 (駿台受験シリーズ)
著者
山本 義隆
ページ
342ページ
出版社
駿台文庫

良いと思う。 だが、これ一冊のみで理解しようとするのは如何なものかと思う、 新物理入門演習などと併用すると使いやすく感じた。 また、個人的に正直なところ微積演算力は物理の1次元計算にはほぼ要らない。 本当に初頭の微積ができれば難なく読めるし、 これが読めないとしたら、知識を要するものがあるときのみ適宜調べれば良い これに限ったことではないですが、参考書一冊を余すところなく知識を吸収するのは前提として、その上でそれについての発展等、とにかく自主的に調べて追求して、納得に至るまでやらないと力がつきませんし、理解できません。 そのくらいはやり込みましょう。

おつむの弱い私は結局読み切らずに浪人生活終わりました。 駿台の授業とリンクしてて教科書みたいに使えたけど、講師がわかりやすく話してくれるからやはり必要なかった(ここで駿台ステマ)

これを使って物理をどうにかしようみたいな考えはやめてください。物理が相当好きな人には堪らないかもしれませんが、物理に苦手意識のある人が無理にイキって手を出すと、本書を開いた瞬間に後悔することになるでしょう。そういう人は一昨日来やがれです。教科書に戻って復習し直すが吉です。 この本の正しい使い方は、一周回って「読み聞かせ本」です。子供を寝かしつける時に読んであげてください、出来れば最初の方の古典物理の歴史というところから。効果覿面ですぐに眠りに落ちてしまうでしょう。

レビューをもっと見る
参考書名
理論物理への道標 上 力学/熱学/力学的波動
著者
杉山 忠男
ページ
243ページ
出版社
河合出版

原理が深くまで理解できる良書。新物理入門演習よりわ断然こっち。新物理入門も合わせて読むとなお良い。

レベル的には学部の2回生あたりで学ぶこと(特殊相対性理論らへん)までが主に書いてあります。載ってる問題は東大、京大、東工大や後期日程のものがほとんどです。苑田さんのトップレベル物理とほとんど基本的に同じ内容でその復習、演習に最適です。ハイレベル物理より高度です(極座標運動方程式等)

最後にやった問題集はこれ。 問題の量もそれなりにあって、講義的なのもあって、興味深いかなり進んだ話が載っていたりもするし、楽しかった。 これのおかげで合格できたと言っても過言ではない。 著者が東工大出身なので、東工大志望の人はなんとなく好きになれるはず。 難系の著者は京大出身なので穴埋め問題が多い。東大志望や東工大志望には道標の方が向いているだろう。 難易度の高いイメージがあるが、臆せずさっさと買った方がいい。

レビューをもっと見る
参考書名
オリンピック問題で学ぶ世界水準の物理入門
著者
物理チャレンジ・オリンピック日本委員会
ページ
320ページ
出版社
丸善

タイトルの通り.脅すようだが,これくらいはできるようになっておかないと2次の会場から楽しく帰ることはできないと思う.実験の試験に関する本は少ないので,その点でも必要性が高いと思う.

レビューをもっと見る
参考書名
体系物理[第6版] (体系シリーズ)
著者
下妻 清
ページ
320ページ
出版社
教学社

公式導出問題が400題ほど掲載されており、何よりこの問題集のいいところは「全てが筆者作問のオリジナル問題」というところ。公式を覚えてからその意味を知るのではなく、問題の誘導に乗りながら計算・式変形していくと必然的に公式が導かれてその意味がわかるという、普通の参考書では味わえない爽快感を実感できる。 公式導出型の問題を出す京大、それに類似した北大などの受験者には是非お勧めしたい。みんながやってるから名問の森やってたけどなんか自分には合わないなーって思ってる人はこっちをやってみることをお勧めする。医学部受験生も是非やってみて欲しい。 ただし解説冊子は解答を並べただけの非常にシンプルなもので、初学者や物理現象の本質を掴みきれてない人にはやや不親切な印象。出来れば質問できる環境がある人に使用を勧めたい。

これやっとけばいいですよ(特に京大) あとは過去問で練習

解説ないけど。

レビューをもっと見る
参考書名
物理教室 (河合塾シリーズ)
著者
ページ
480ページ
出版社
河合出版

※ この記事は、あくまで大学受験を基準にしている。もっと、と思う方には参考にならないかもしれない。 一つ、初めに言っておきたい。物理を根っから受け付けない者や、苦手意識が強い者には薦めない。理解に苦しむだろう。割に淡々と説明がなされている。ある程度の事が分かってから手に取ると良いだろう。 また、ありえないほどに物理が好きな者/得意な者にも薦めない。更にレベルの高いものを薦める。 この本の魅力を二つほど語りたい。 一つめは、バランスの良さ。出題傾向ごとに、例えば出題度が高いものはたくさん掲載、低いものは少なめ、という風に、載せ方が賢い。効率よく、バランスよく学習できる。また、練習問題もこまめに配置されており、力試しにより詳細な弱点を見出すことができる。 二つめは、構成。一般的に高校課程の物理は、「物理基礎」「物理」に大別されている。だが、この参考書ではその仕切りを除き、「本来の物理」として新たに構成し直されている。なので、教科書等で学習するよりもスムーズに、賢い学び方が出来る。 もう一つ追加しておく。それは、幅広い学習者に対応している事である。 普通に受験勉強として使用する者は、練習問題も解きつつ、発展や参考事項などを、余裕があれば見る、という風に学習すれば身につく。 物理が得意な者や、興味心でこの参考書を勝ったもの、趣味として読む者は、前者に加えて発展や参考の項目にも目を通すといいだろう。 また、読み物としても薦める。ただ、物理が苦手な者は以下は読み飛ばしていただいても良い。価値観の違いで混乱が生じるかもしれないー 読み物としても薦める、と言った。これは本当にそうで、この本は中々に厚い。そしてアツい。ひとたび読み出せば入り込んでしまう。通学で読むもよし、家庭内で読むもよし。だが、くれぐれもある程度時間は確保しておきたい。なにせ入り込んでしまう。時間を忘れて、気づけば… なんてことにならないように。ただ、読んでいるだけでは、それは確かに元はとれているが、勿体ない。問題を解こう。何度も解いていくうちに分かってくる。素晴らしい一冊である。使い込んで頂きたい。そうすれば道は開ける。 最後に、この本は本当に頼れる。読んでいてわくわくする。手にして損は無い。なのに得な事はたくさん。こんなにいい本は無い。この本を手にしたならば、ずっと使い続けて頂きたい。使い込んで頂きたい。そして、愛して頂きたい。 、といういつもとは違う語り口調のレビューはいかがでしたでしょうか?笑

物理だけが唯一の苦手科目だった者です。解説は丁寧でまとまっており、たぶん地方国公立ならこれで対策できると言っても過言ではないと思います。が、私には難しかったです。

半年以上この本を利用しています。 例題は全てこなし、二周以上はしています。その上での感想です。 私自身物理は得意であり、物理学そのものに対する興味も持っていまが、この本の解説はしっくり来ていません。 解説の雰囲気は、教科書に近い感じです。 良く言えば、簡潔で的確な解説。 悪く言えば、無味乾燥で眠くなる。 しっくり来なかった具体的な点は、以下の2つ程です。 ・誤解し易いポイントの注意がない、 ・変数や定数などで利用する代数に対する断りがない (代数が何の宣言もなく使用される、相異なる文脈で一つの文字が何の断りもなく使いまわされる) 要するに、そっけない感じです 私には、新・物理入門の記述の方がしっくり来てます。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版

一回やっただけでは伸びない。 エッセンスに関してはすべての問題を完璧にすれば、本当に成績が上がる。完璧にすれば。 自分は高2の冬に始めたが、実際に成績が急上昇したのは高3の夏である。間違えた問題、自信がなかった問題は何度繰り返したかわからないほどやった。 解答解説にどこで自分が間違ったのかを書き込んでおくと、ノートを見返さなくても、2回目、3回目とやったときに自分の成長、どこが苦手なのかがよく分かる。 センター型に関しては十分だが二次試験に対応していくためには名問の森につなげるのがオススメだ。 実際にやってみるとエッセンスでやったことを生かしていけば解ける問題がほとんどである。 エッセンスを何度も繰り返し、物理を苦手教科から得意教科へと変えた私は、自信を持ってこの本を勧めたい。

問題文の質は劣悪と言わざるを得ない。 基礎にはいいのかもしれないが初学者にはオススメしない。 受験用参考書として使う事をオススメさる。 エッセンスだけ三周やればセンター満点www みたいな頭のイカれた意見を採用するのは一ヶ月で東大を真に受ける人間と同レベルと言わざるを得ない。 個人的には現象→公式の導出から入ってもらうと物理は飛躍的に伸びると思う。

基礎を大事にしてください。学校や予備校での授業では足りません。予備校で今物理をひたすらに受講してる人。動画見ただけで勉強してる気にならないでください。とにかく手を動かしてください。私もエッセンスを見た時、カラーじゃなくて面白くなさそう。こんな基本事項分かるし。と思ってました、しかし!やってみると全然知らなかったんですね。等加速度直線運動の2番目の式、変位の式。二つの物体が押し合って作用反作用になったときの運動方程式が分からない。など、曖昧じゃないですか?それを固めてください。私は東進の受講を終え、良問の風をやったんです。そしたら、時間はかかるし間違えるしで。そこで初めて基礎ができてないことに気がつきました。クラスメートにまだエッセンスやってんの?と言われたのもあり、悔しくて受験学年の10月にこれをやりまくりました。そしたら、本当に物理のエッセンス(本質)が叩き込まれて、良問の風へスムーズに進まめました。センターレベルに関しては得意な化学よりも物理の方が取れてしまうということになりましたw 物理は他の教科と違って、本質が分かれば難しい問題も出来るといいますが、それは違います。本質を身につけた上で問題を解きまくるんです。全ての教科は、いい勉強法や講師に出会えたら、あとは慣れです。努力です。3年の秋になって後悔しないように、今からエッセンスを叩き込んでください。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版

僕の高校の授業進度が遅めだったため、夏休みに電磁気を独学するために買いました。たまーに???ってなるところがあったりしますが(筆者の日本語が下手クソで理解し難いところもあったりする)、2,3周ぐらいやればその意味がじわじわ分かってくるでしょう。多分。この感覚は快感です。知らんけど。

基礎を大事にしてください。学校や予備校での授業では足りません。予備校で今物理をひたすらに受講してる人。動画見ただけで勉強してる気にならないでください。とにかく手を動かしてください。私もエッセンスを見た時、カラーじゃなくて面白くなくてもやってください。良書だと断言します。熱効率分かってますか?干渉の公式の意味分かってますか?この熱、電磁気、原子分野は、実生活と馴染みがない分、苦手とする人が多いのではないかと思います。ですから問題を解いてて疑問がたっぷり出てくるんです。でもこの本は私がどこで疑問を抱えるのか知っているかのごとく、Q &Aコラムがいたるところについてるんです。例えば、くさび形の干渉のやつで、なんでガラスの外側では反射しないのかと疑問に思ったら、ちゃんと書いてあるんですね。ガラスが厚すぎて経路差が大きすぎるので干渉はしない。なるほどと納得しました。私は、東進の受講を終え、良問の風をやったんです。そしたら、時間はかかるし間違えるしで。そこで初めて基礎ができてないことに気がつきました。クラスメートにまだエッセンスやってんの?と言われたのもあり、悔しくて受験学年の10月にこれをやりまくりました。そしたら、本当に物理のエッセンス(本質)が叩き込まれて、良問の風へスムーズに進まめました。センターレベルに関しては得意な化学よりも物理の方が取れてしまうということになりましたw 物理は他の教科と違って、本質が分かれば難しい問題も出来るといいますが、それは違います。本質を身につけた上で問題を解きまくるんです。全ての教科は、いい勉強法や講師に出会えたら、あとは慣れです。努力です。3年の秋になって後悔しないように、今からエッセンスを叩き込んでください。浜島清利さんは救世主です。河合塾ありがとう。やまぐち健一は教えるの下手。変な例え考える暇あるんだったらコンデンサーちゃんとやってくれ。

今やっている途中ですが、このシリーズは 自分にとって物理の印象というか、全てを変えてくれました。是非オススメです!

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に