【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理学というのは、大学以上においては物理学科だけでなく、化学系や機械系とかかわり、そして化学系や機械系に関わるということは生物系や情報系などなどの、ほとんどすべての学問に関わってきます。少なくとも高校レベルのものは知っていないと、思わぬところで足を掬われます。
大学に入ってからやり直しても良いのですが、どうせならば高校の段階である程度完成しておくと大学の勉強がより早い段階で深く、楽しめるようになります。

というわけで、模試で物理の偏差値が60を超えるという理系の方は、下の『新・物理入門』という“本格”に触れられる参考書はいかがでしょうか。この参考書は他の参考書と一線を画しており、微分積分の立場から解説をしています。実は物理において微分積分はきわめて重要です。というか、本物の“物理学”ではそちらを使います。それゆえ、微分積分のテクニックを身につける本ではなく、微分積分を通して物理現象を理解する点に重きをおくことには注意してください。むしろ式の詳細をすべて追う必要はないので、微分積分を通すことで物理現象をより明確に捉え、想像することを目指してみてください。

河合塾からも同様のコンセプトと思われる『理論物理への道標』シリーズが出ています。ただ、こちらは『新・物理入門』よりもさらにレベルが高いです。さらにそのレベルの参考書としては『オリンピック問題で学ぶ世界標準の物理入門』という本があります。ただ、ここまでやるなら他の科目を仕上げなさいという感じがあります。他の科目もそのレベルならさっさと大学物理や数学の教科書を読みなさい、という感じです。

微積を使った解答については、書けるようになるまでは少し時間がかかりますし、丁寧に見てくれる指導者がいないとかなり誤解をしてしまう恐れがあります。そこで私が行ったのは、教科書と併用することで、公式の理解だけ微積で再構成して、非効率な暗記を減らして理解を深めることです。問題を解くときはその公式を使ったり、高校物理風の解答を書いたりします。それだけでも物理に対する理解度がかなり上がるので、これらの参考書はおすすめです。理系に進もうとする方はぜひ活用してみてください。また、その助けとなる参考書兼問題集に『体系物理』があります。私は『新・物理入門』と教科書を読み比べて身につけましたが、そういうアプローチもありです。

参考書名
新・物理入門 (駿台受験シリーズ)
著者
山本 義隆
ページ
342ページ
出版社
駿台文庫

高校の数学IIIの教科書の微積分の計算がスラスラできても、高校物理の知識ゼロだと費用(時間)対効果は極めて薄い。 式を追うことはできるが、その物理的意味を本文から読み取って理解する事が難しい。 高校物理の全範囲を知っている事を前提として記述されている。 全くの物理初心者は、時間がかかり過ぎるので程々にした方が良い。 でも数学IIIの計算がスラスラできる人なら、一通り高校物理の全範囲をやった後はスイスイ進むと思う。

物理の本質ここにありと言う感覚

この本は高校物理の入門の本ではなく学問としての物理学の入門書となっていて大学で習う範囲や線積分などの大学で習う数学を応用した範囲が含まれていてとても高度なものになっています。大学受験のためにこの本をやるのは愚策かと。ただこの本の兄弟本である問題集編はそこそこやる価値のある本です。 まあオススメはできないということです。

レビューをもっと見る
参考書名
理論物理への道標 上 力学/熱学/力学的波動
著者
杉山 忠男
ページ
243ページ
出版社
河合出版

レビュー機能でもう一度紹介 僕はこの本のおかげで駿台全国模試で物理全国3位をとることができたと思っています。この本は原理法則の解説編と問題編に分かれていてどちらも素晴らしいです。教科書なんかよりこの本の解説の方がわかりやすいです。駿台名古屋校に所属する某I師の授業をわかりやすくした感じです。塾に行ってない方は夏休みぐらいにやってみてはいかがですか?

原理が深くまで理解できる良書。新物理入門演習よりわ断然こっち。新物理入門も合わせて読むとなお良い。

レベル的には学部の2回生あたりで学ぶこと(特殊相対性理論らへん)までが主に書いてあります。載ってる問題は東大、京大、東工大や後期日程のものがほとんどです。苑田さんのトップレベル物理とほとんど基本的に同じ内容でその復習、演習に最適です。ハイレベル物理より高度です(極座標運動方程式等)

レビューをもっと見る
参考書名
オリンピック問題で学ぶ世界水準の物理入門
著者
物理チャレンジ・オリンピック日本委員会
ページ
320ページ
出版社
丸善

タイトルの通り.脅すようだが,これくらいはできるようになっておかないと2次の会場から楽しく帰ることはできないと思う.実験の試験に関する本は少ないので,その点でも必要性が高いと思う.

レビューをもっと見る
参考書名
体系物理[第6版] (体系シリーズ)
著者
下妻 清
ページ
320ページ
出版社
教学社

公式導出問題が400題ほど掲載されており、何よりこの問題集のいいところは「全てが筆者作問のオリジナル問題」というところ。公式を覚えてからその意味を知るのではなく、問題の誘導に乗りながら計算・式変形していくと必然的に公式が導かれてその意味がわかるという、普通の参考書では味わえない爽快感を実感できる。 公式導出型の問題を出す京大、それに類似した北大などの受験者には是非お勧めしたい。みんながやってるから名問の森やってたけどなんか自分には合わないなーって思ってる人はこっちをやってみることをお勧めする。医学部受験生も是非やってみて欲しい。 ただし解説冊子は解答を並べただけの非常にシンプルなもので、初学者や物理現象の本質を掴みきれてない人にはやや不親切な印象。出来れば質問できる環境がある人に使用を勧めたい。

これやっとけばいいですよ(特に京大) あとは過去問で練習

解説ないけど。

レビューをもっと見る
参考書名
物理教室 (河合塾シリーズ)
著者
ページ
480ページ
出版社
河合出版

これは神冊!!!!! 来週から始めます

演習量は置いておいて、解説の詳しさはエッセンスよりもこちらの方がダントツで上です。ただこれを全て理解するには数IIIの微積が必要です。数IIの微積では足りません。単振動やそれに準ずる知識が必要な分野で、数IIIの微積が使われた説明がよくなされております。

物理のエッセンスと新物理入門の中間に位置する参考書だと思います。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版

まず初めにこの参考書を完璧にする、というのはこの参考書の問題を完璧に解けるようにするということではありません。その事象がどうしてこの式で表せられているのか、ということを理解することです。 正直、出題方式に「数ページ前の問題の条件を使ってこの問題を解け」などの解く側からしたら不親切な作りになってると感じるものもありますし、問題の不備(なにを示すのか問題内に注釈の無い文字の使用)もありますから、問題集としてはあまり優れてるとはいえません。セミナー物理の方がいいです。 ですがこの"参考書"はあなたの物理への理解を深めることは間違いないです。本当の意味で物理を「理解る」ことを目指すなら、オススメします。

物理のエッセンスと題してはいるが、公式暗記の元基礎問題を早く解くことを主題としているような問題集で、センター対策にはなれど東大のような本質的な入試問題には全く繋がらない 物理は駿台の教材であったり苑田尚之師の講義(これが最も良い)を、時間をかけてでも噛み締めるよう理解するのが結局のところ近道のように思える 難関大志望者は別の参考書での学習を強く勧める

武田塾生です。 この参考書でその日の宿題が終わらなくてなんとか泣きながらやったり、卒業式の前2日連続でオールしても終わらなくてぶっ倒れて卒業式の日寝坊したり、みんな大学決まって卒業式の前の日にクラスでワイワイしてる中1人黙々とやったり、東大生の先生に初学者レベルだからって馬鹿にされながらやった思い出のある参考書。 正直、初学者には結構というかカナリといっていいほどきつい。だけどこれを完璧に近いレベルまで持っていくと無双し始めるというか、かなり自信ついてきます。偏差値21からのスタートだけど、頑張ります!

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版

この問題はこの解き方。 こっちの問題はこの解き方。 問題ごとに解き方を変えるから、なぜその解き方をするのかの判断ができる人ならいいけど、そうじゃない人はテクニック満載の解説だけのエッセンスはわかりずらいと思う。 普遍的な解法を身に付けるには向いてない

青エッセンスは必須。 青エッセンスから名門の森もしくは良問の風への流れが安定。 ただ基礎の細かいところまで行き届いていないのでそれは他の参考書でやるべき。矛盾やん。

導入は初学者でもわかりやすく平易で無理がないのだが、あるレベルを超えると途端につまらなく感じるようになる。物理現象を逐一書き記しているわけではなくかなりザックリとしているので、表面的な理解はできても深い理解には絶対繋がらない。 良問や名問などに接続するのなら使っても良いが、そうでないなら別にやらなくて良い。本当の「物理のエッセンス」を学べる物理参考書はこれ以外にごまんとある。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に