【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理学というのは、大学以上においては物理学科だけでなく、化学系や機械系とかかわり、そして化学系や機械系に関わるということは生物系や情報系などなどの、ほとんどすべての学問に関わってきます。少なくとも高校レベルのものは知っていないと、思わぬところで足を掬われます。
大学に入ってからやり直しても良いのですが、どうせならば高校の段階である程度完成しておくと大学の勉強がより早い段階で深く、楽しめるようになります。

というわけで、模試で物理の偏差値が60を超えるという理系の方は、下の『新・物理入門』という“本格”に触れられる参考書はいかがでしょうか。この参考書は他の参考書と一線を画しており、微分積分の立場から解説をしています。実は物理において微分積分はきわめて重要です。というか、本物の“物理学”ではそちらを使います。それゆえ、微分積分のテクニックを身につける本ではなく、微分積分を通して物理現象を理解する点に重きをおくことには注意してください。むしろ式の詳細をすべて追う必要はないので、微分積分を通すことで物理現象をより明確に捉え、想像することを目指してみてください。

河合塾からも同様のコンセプトと思われる『理論物理への道標』シリーズが出ています。ただ、こちらは『新・物理入門』よりもさらにレベルが高いです。さらにそのレベルの参考書としては『オリンピック問題で学ぶ世界標準の物理入門』という本があります。ただ、ここまでやるなら他の科目を仕上げなさいという感じがあります。他の科目もそのレベルならさっさと大学物理や数学の教科書を読みなさい、という感じです。

微積を使った解答については、書けるようになるまでは少し時間がかかりますし、丁寧に見てくれる指導者がいないとかなり誤解をしてしまう恐れがあります。そこで私が行ったのは、教科書と併用することで、公式の理解だけ微積で再構成して、非効率な暗記を減らして理解を深めることです。問題を解くときはその公式を使ったり、高校物理風の解答を書いたりします。それだけでも物理に対する理解度がかなり上がるので、これらの参考書はおすすめです。理系に進もうとする方はぜひ活用してみてください。また、その助けとなる参考書兼問題集に『体系物理』があります。私は『新・物理入門』と教科書を読み比べて身につけましたが、そういうアプローチもありです。

参考書名
新・物理入門 (駿台受験シリーズ)

これが普通の物理です 個人的に微積を使わず、微少量もあつかわない高校物理では、東大、京大の入試には対応できません。 そもそも、高校物理を理解できない理由は簡単 それは高校物理は物理じゃないから 頭で理解すべきところをまるで覚えるだけの公式のように持ち出して、それじゃあ生徒たちが物理を理解できないのも当たり前 そのくせ難関大の物理は、ゴリゴリに微少変化の問題を出してくる 僕は、エッセンス、名門の森を完璧にしたけど、京大物理はできるようにならなかったから、これを見た東大京大を目指す高2の諸君は今すぐこれをしてほしい....

暇な時に読んでます 理科、特に物理が好きな人にはオススメです 真面目に問題を解くっていうよりかはオタクっぽい目線で物理で遊ぶのに向いてます

物理の本質ここにありと言う感覚

レビューをもっと見る
参考書名
理論物理への道標 上 力学/熱学/力学的波動

これをやるまで私の物理の偏差値は30程度だった。 この参考書の上・下を終えた私の物理の偏差値は低くとも75、東大物理の過去問の点数で言えば、55/60付近をうろつくくらいであった。 以上の文章で私が何を言いたいかは明白であろう。 私は天才だ。(違うそうじゃない)

数学と物理の紐付けに失敗したくない人は絶対に読むべきです。理論編を読み込むだけでもおいしいですし、演習編は容赦ない問題がついていて楽しいです。解析的な手法を多く使っていくので、数強だと無双できます。(初読までに数学IIIは終わらせておきましょう。)ただし、あまりに解析的な手法にハマりすぎて基本的なエネルギー保存などの解法を忘れないように意識しておくといいかもしれません。知ったかぶってごめんなさい。ちなみに僕は物理の何もわかりません。

この本と新物理入門で物理学の考え方と難しい問題へのアプローチを理解し使えるようにして、名問の森で典型問題は反射的に解けるよう練習する。 そうすれば受験物理も余裕かつ大学入学後の物理にも抵抗なく入っていけると思います。 (ただオーバーワーク気味になるので物理が好きじゃない人は普通に微積無しの物理で定性的に乗り切るのが楽です。

レビューをもっと見る
参考書名
オリンピック問題で学ぶ世界水準の物理入門

タイトルの通り.脅すようだが,これくらいはできるようになっておかないと2次の会場から楽しく帰ることはできないと思う.実験の試験に関する本は少ないので,その点でも必要性が高いと思う.

レビューをもっと見る
参考書名
体系物理[第6版] (体系シリーズ)

セミナー程度のやさしい問題集が欲しいなと思って買いました(個人的にセミナーは中途半端にわかりにくくて大嫌いなので)。 この問題集のいいところは、章のはじめには必ず定義に関する問題を出しているところだと思います。この本だけで現象や法則の把握がしっかり取れますし、応用的な問題も含まれていて、解答も簡潔明瞭で、謎に思うところがほとんどありません。例えばセミナーはよくベクトルとスカラーを混同した解答で書いてあり非常にわかりにくいのですが、この本ではしっかり使い分けられています。 物弱弱ですが、ある程度物理がわかるようになった気がします。

京大の物理の問題でよくある穴埋めで公式を導出する系の問題が沢山ある。

これやっとけばいいですよ(特に京大) あとは過去問で練習

レビューをもっと見る
参考書名
物理教室 (河合塾シリーズ)

問題は、本番形式の長い文章を読まされるタイプのものが殆どです。難易度も総じて高い。また、解説はエッセンスよりダントツで詳しいです。何故かエッセンスに知名度で負けていますが、こちらの方が上位互換です。 厳密な定義付けの為に、数三の微積を多用していることで、敷居が高くなり使用者数が低下しているのでしょうが、物理はかなり厳密な理解がなければ難関大学では点数が取れません。未知の状況が与えれたり、全く知らない公式や単位をその場で与えられたりする問題では、途端に頭が真っ白になることになります。暗記だけで突破できる物理などセンターでしか出題されないので、難関大志望の方はぜひ微積を使った解説に慣れ、厳密な物理をこの本で学びましょう。

これは神冊!!!!! 来週から始めます

物理のエッセンスと新物理入門の中間に位置する参考書だと思います。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

高2の夏までセミナーをやり尽くし、基本問題は何周もしましたが物理には自信がありませんでした。物理のエッセンスは簡単すぎると思われるかもしれませんが、意外と解けない問題や知らなかったことなど多くあり、解法暗記が好きな方にはとても合っていると思います! 正直、エッセンスが解けないようでは大学受験物理は無理だというレベルだと思います。基本中の基本ですから。しかし、高校2年~3年にかけて力学からやり直すことが大切だと感じました。 この問題集は確実に解けるまで何周もすべきです おすすめは2年の冬から3年の春に赤と青のエッセンス2冊を仕上げること。これに時間をかけてはいけません。 私は エッセンス→良問の風→名問の森→重要問題集 で嫌いになりかけた物理が大得意になりました💪🏻

物理を始めようとする人、基礎固めしたい人、物理が苦手な人、というか受験で物理(物理基礎)を使う人全員まずこの「物理のエッセンス」をやるべき。(姉妹編の青い表紙のやつも) これを完璧すれば普通に受験レベルに持ってける(演習は必要だが) 基本わかりやすいがそれでもつまづく人はYouTubeにあるトライイットが無料で提供してる物理の動画を見た後にもう一度エッセンスやれば確実に理解できるし理解も深まる。 何にせよ最高の参考書だと思う

解法のテクニック集として使うには紹介されてる解法が少ない。本質を理解するために使うにしては微積の解説が一切ないのが致命的。初学者が使うにしては要求される「読解力」が高い。ある程度レベルのある人が使うにしては簡素的過ぎる。 私はエッセンスを何周かしましたが、エッセンスでの分からない部分を、ネット検索や物理教室を参照するなどしながら進めていて、今思えばなんのためにエッセンスをやっていたのかと言う感じです。最初から物理教室をやっていれば良かったと感じております。あちらは微積を使った解説もされており、より本質に触れることができます。 「微積を使った説明」というのは、本来物理を説明する上で1番簡単に、かつ厳密に表現できる説明方法なのですが、それをせずに下手に微積をはしょり簡潔な日本語化をしようとしたせいで、逆に利用者側の読解力が必要になってしまってます。 微積を使った解説を敬遠してはいけません。あれこそが「1番簡単にかつ厳密に理解できる物理の解説」なのです。 本質を知りたい、本質から理解したいガチガチの理系タイプの方は、この本では苦労します。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

高1の最後らへんに手をつけましたがすぐ飽きました。物理の本質をとらえたいなら新物理入門を読み込みましょう。同じクラスの東大志望の人は新物理入門を使って他を圧倒していました

解法のテクニック集として使うには紹介されてる解法が少ない。本質を理解するために使うにしては微積の解説が一切ないのが致命的。初学者が使うにしては要求される「理解力」が高い。ある程度レベルのある人が使うにしては簡素的過ぎる。 私はエッセンスを何周かしましたが、エッセンスでの分からない部分を、ネット検索や物理教室を参照するなどしながら進めていて、今思えばなんのためにエッセンスをやっていたのかと言う感じです。最初から物理教室をやっていれば良かったと感じております。あちらは微積を使った解説もされており、より本質に触れることができます。 「微積を使った説明」というのは、本来物理を説明する上で1番簡単に、かつ厳密に表現できる説明方法なのですが、それをせずに下手に微積をはしょり簡潔な日本語化をしようとしたせいで、逆に利用者側の理解力が必要になってしまってます。 微積を使った解説を敬遠してはいけません。あれこそが「1番簡単にかつ厳密に理解できる物理の解説」なのです。 本質を知りたい、本質から理解したいガチガチの理系タイプの方は、この本では苦労します。

この参考書のあちこちに描かれる謎の生物。僕は彼を「エッセンスくん」と呼んでいた。どんなに勉強が苦しいときも、僕はエッセンスくんを見つけては癒され、励みにしていた。そんなエッセンスくんはp142を最後にして姿を消す。そこから先の内容は原子核。そう、彼は放射性崩壊を起こして無数のα線やβ線、γ線あるいはニュートリノになってしまったのだろう。ありがとう、エッセンスくん。君のことはきっと忘れない。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に