【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理学というのは、大学以上においては物理学科だけでなく、化学系や機械系とかかわり、そして化学系や機械系に関わるということは生物系や情報系などなどの、ほとんどすべての学問に関わってきます。少なくとも高校レベルのものは知っていないと、思わぬところで足を掬われます。
大学に入ってからやり直しても良いのですが、どうせならば高校の段階である程度完成しておくと大学の勉強がより早い段階で深く、楽しめるようになります。

というわけで、模試で物理の偏差値が60を超えるという理系の方は、下の『新・物理入門』という“本格”に触れられる参考書はいかがでしょうか。この参考書は他の参考書と一線を画しており、微分積分の立場から解説をしています。実は物理において微分積分はきわめて重要です。というか、本物の“物理学”ではそちらを使います。それゆえ、微分積分のテクニックを身につける本ではなく、微分積分を通して物理現象を理解する点に重きをおくことには注意してください。むしろ式の詳細をすべて追う必要はないので、微分積分を通すことで物理現象をより明確に捉え、想像することを目指してみてください。

河合塾からも同様のコンセプトと思われる『理論物理への道標』シリーズが出ています。ただ、こちらは『新・物理入門』よりもさらにレベルが高いです。さらにそのレベルの参考書としては『オリンピック問題で学ぶ世界標準の物理入門』という本があります。ただ、ここまでやるなら他の科目を仕上げなさいという感じがあります。他の科目もそのレベルならさっさと大学物理や数学の教科書を読みなさい、という感じです。

微積を使った解答については、書けるようになるまでは少し時間がかかりますし、丁寧に見てくれる指導者がいないとかなり誤解をしてしまう恐れがあります。そこで私が行ったのは、教科書と併用することで、公式の理解だけ微積で再構成して、非効率な暗記を減らして理解を深めることです。問題を解くときはその公式を使ったり、高校物理風の解答を書いたりします。それだけでも物理に対する理解度がかなり上がるので、これらの参考書はおすすめです。理系に進もうとする方はぜひ活用してみてください。また、その助けとなる参考書兼問題集に『体系物理』があります。私は『新・物理入門』と教科書を読み比べて身につけましたが、そういうアプローチもありです。

参考書名
新・物理入門 (駿台受験シリーズ)

物理でありがちな"現象を掴めていなかった","理解したつもりになっていた"ことを気付かせてくれる本。いかに高校物理での導出が簡略化されているのかが分かります。(僕は東進の苑田先生の物理に併用していました。)  ご存知の通り難関大学の求める物理は公式を覚え使い慣れることではなく、現象を見抜いて時間内に簡潔に立式し正しい答えを出すこと。そのためには高校の範囲をはみ出たとしてもきちんと理解を深めた方が有利。  初めのうちは細かい計算は飛ばしてok。それでも数Ⅲが出来れば微積も大丈夫。知識→導出でつながる→きちんと理解によって力がつくと思います。理解の弱い分野から詰めていきましょう!(※全範囲やる必要は無いと思います。)

同シリーズの新物理入門問題演習と合わせて使うとより効果的。東進の苑田尚之師の授業で分からなかった部分などをこの参考書を使って読み込んで理解の手助けにしていました。全てをわかる必要はないので辞書的に分からない部分や曖昧な理解になっている部分を読むのがいいと思います。

どっかのエッセンスよりは1000倍必要不可欠な知識をインプットできる。ただ公式を書き連ねるでなく、自然科学史も触れてどんな背景で導出されるのか、利用するのかを教えてくれる。だけど、平気で微分方程式と持ち出したりするのである程度数学が得意な事は必須。イメージ・パターンから解放された生き生きとした古典物理学に触れられる。

レビューをもっと見る
参考書名
理論物理への道標 上 力学/熱学/力学的波動

浪人したらやろうと思ってたけど現役で受かったのでやりませんでした🥺

昔の東工大とか東大とかのレベルだからめちゃくちゃむずい。でもこれのおかげで運動方程式とかエネルギー積分とか強くなりました。一応終わらせたけどムズすぎて詰んだので1周しかやらなかったけど、ムズい分4周くらいやるべきだったかなーーーーーー

これをやるまで私の物理の偏差値は30程度だった。 この参考書の上・下を終えた私の物理の偏差値は低くとも75、東大物理の過去問の点数で言えば、55/60付近をうろつくくらいであった。 以上の文章で私が何を言いたいかは明白であろう。 私は天才だ。(違うそうじゃない)

レビューをもっと見る
参考書名
オリンピック問題で学ぶ世界水準の物理入門

タイトルの通り.脅すようだが,これくらいはできるようになっておかないと2次の会場から楽しく帰ることはできないと思う.実験の試験に関する本は少ないので,その点でも必要性が高いと思う.

レビューをもっと見る
参考書名
体系物理[第6版] (体系シリーズ)

よく物理の苦手な人におすすめの参考書として「物理のエッセンス」や「漆原晃の面白いほどわかる本」や「宇宙一わかりやすい高校物理シリーズ」とかあります。確かに苦手意識や拒絶反応があるなら通っても間違いない(ワタシも漆原はお世話になった)が、やはり所詮公式や解法の“丸暗記”物理。この「体系物理」という参考書は俗に京大志望の1冊目とか言われるけど、公式の導出を問わせる問題や、その後にその公式の使い方を学ぶ良問、そして有名な問題や有名な実験の問題など、この本を通して物理を学ぶことが出来る本となってる。ある程度のレベルのある大学を志望するならこの本は必ず通るべき。 ただ注意点として、解説が親切では無い、しかし裏を返せばこの量で理解出来なきゃダメでしょ?とも取れる。あと発展はやらなくていい。標準の方を完璧に理解するだけで良い。東大京大、東京工大などのとてもハイレベルな大学を志望するなら発展も解いていいが、それなら他の発展的な問題集で良いのかなと思う。

 基礎定着には少し難しいと感じる人もいると思う。そういう人はセミナーなどの少し易しめの問題集を買ってやろう。  基礎固めが終わり、定着の時期に入ったら丁度いいレベルだ。  

物理は基礎を固めれば大丈夫 これやっとけばいいです(特に京大) あとは過去問で練習するのみ

レビューをもっと見る
参考書名
物理教室 (河合塾シリーズ)

初めて学ぶときに役に立ちました。大学受験の物理で必要な知識が網羅されてますが、問題の解き方は解説されてないですので点数upのための参考書というよりは高校物理を理解するための参考書としておすすめです。 直接点数upに繋げたいならば別の問題集で入試問題に慣れることをおすすめします。 例題は、入試問題がそろってます。しかし難易度はかなり高く、苦しい問題ばかりだと思います。

漆原で基本概念を確認した後、これの例題で解き方を学べば問題集が結構解ける。 このコンビ、ポテチとコーラ並みに最強。

難しい参考のとこが、わかりにくいです。 ただメインはそこじゃないんでしょうが…

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

物理の基礎知識を知った上でこの参考書をやると良い。名問の森・良問の風への橋渡し

物理のエッセンスだけだと頭に?が大量に湧いてくるので教科書を一緒に使って勉強するのがいいと思います。マジで教科書と併用するだけでめちゃめちゃわかりやすい参考書に早変わりします。

お客さんが来た時コースターにして使っています! とてもいい家具です!

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

ここにバニラを加えると上品な仕上がりになります

嫌いな奴にあげろって暇医先生が仰ってた

高校で物理を学習する人にとっては赤エッセンスも含めてこの2冊で十分戦えると言っても過言ではない。よく漆○原の参考書と比較されることがあるが、パッと見の厚さやデザインに置いても差は歴然としている。そして最大のメリットは1番人気の参考書ゆえに可能である、ネットで問題番号を調べると大体の問題がYahoo知恵袋に解説が載っていることだ。この格差には漆○原も涙目になっているであろう。さあ、全国で1番売れている物理の参考書、物理のエッセンスを解いて志望大学への道を切り開いていこうではないか!

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に