14704913

【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

はじめに

物理学というのは、大学以上においては物理学科だけでなく、化学系や機械系とかかわり、そして化学系や機械系に関わるということは生物系や情報系などなどの、ほとんどすべての学問に関わってきます。少なくとも高校レベルのものは知っていないと、思わぬところで足を掬われます。
大学に入ってからやり直しても良いのですが、どうせならば高校の段階である程度完成しておくと大学の勉強がより早い段階で深く、楽しめるようになります。

というわけで、模試で物理の偏差値が60を超えるという理系の方は、下の『新・物理入門』という“本格”に触れられる参考書はいかがでしょうか。この参考書は他の参考書と一線を画しており、微分積分の立場から解説をしています。実は物理において微分積分はきわめて重要です。というか、本物の“物理学”ではそちらを使います。それゆえ、微分積分のテクニックを身につける本ではなく、微分積分を通して物理現象を理解する点に重きをおくことには注意してください。むしろ式の詳細をすべて追う必要はないので、微分積分を通すことで物理現象をより明確に捉え、想像することを目指してみてください。

河合塾からも同様のコンセプトと思われる『理論物理への道標』シリーズが出ています。ただ、こちらは『新・物理入門』よりもさらにレベルが高いです。さらにそのレベルの参考書としては『オリンピック問題で学ぶ世界標準の物理入門』という本があります。ただ、ここまでやるなら他の科目を仕上げなさいという感じがあります。他の科目もそのレベルならさっさと大学物理や数学の教科書を読みなさい、という感じです。

微積を使った解答については、書けるようになるまでは少し時間がかかりますし、丁寧に見てくれる指導者がいないとかなり誤解をしてしまう恐れがあります。そこで私が行ったのは、教科書と併用することで、公式の理解だけ微積で再構成して、非効率な暗記を減らして理解を深めることです。問題を解くときはその公式を使ったり、高校物理風の解答を書いたりします。それだけでも物理に対する理解度がかなり上がるので、これらの参考書はおすすめです。理系に進もうとする方はぜひ活用してみてください。また、その助けとなる参考書兼問題集に『体系物理』があります。私は『新・物理入門』と教科書を読み比べて身につけましたが、そういうアプローチもありです。

11747
参考書名
新・物理入門 (駿台受験シリーズ)
著者
山本 義隆
ページ
342ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
15751521?w=80

まず、この参考書の位置付けですがレベルの高い低いに関わらず物理の本質に触れたいと思う人なら誰でも持っておくべき一冊です。 物理は受験にしか使わないというようなつまらない勉強の仕方をしている人は物理の点数には頭打ちがあるでしょう。 しかしこの参考書は物理の本質が書かれているため一見難しい問題に当たっても物理学の基本原理に基づいて考えればむしろ解けて当たり前のようになる力が付きます。 使用方法は興味のある分野、理解が曖昧な分野などから初めてみると良いと思います。 注意点としては数式が多く目で追って理解した気にならないことです。自分の手で数式を追ってください。そうしなければ物理の力は微塵も付きません。自分の手で書いた経験のあることだけが試験で書けることです。 そして何も見ずに自分で全てを設定し、仕事とエネルギーの関係、単振動の一般解、ビオ・サヴァールの法則を用いて電流と磁場の関係を導出、などをすらすら出来るようになる頃には物理で解けない問題はほぼ無くなるはずです。 最後にもう一度言わせてもらいますが (勉学において全て言えることだが)物理は受験のためとしか思っていない人は必ず点数に頭打ちがあります。(それでも合格はすると思いますが)物理を得点源にしたいなら物理と向き合い楽しむ他ありません。

22183850?w=80

数Ⅲ必須ですが数Ⅲの青チ○ートの微積分が出来るならやった方がいいよ思います。ネットにはレベルが予想の範疇の上をイキスギィ!とかありますが難関大学を目指されるなら必要かと思います。余談ですが、筆者の山本 義隆師は元東大闘争全学共闘会議代表でした。

13679694?w=80

私は高校3学年の1年間、これをバイブルだと本気で言っていました。今は相対論に凝ってるのでそうとも言えないけど。まあでもこの本の言うことを理解せずに二次試験で物理を受験するなんてのは怠慢にすら思えますね。 確かに私も初読のときはさっぱりでした。式の字面に振り回され、理解すべきことが何か、ということを把握できなかったのが原因かと思われます。そして実際式を追って理解することは難しいです(つまり、「なぜそれが可能なのか?」と思わざるを得ない式変形が多数あるということ)。 しかしながら「式を追って理解する」という作業は理数系科目を学ぶ者にとって当然のようにできなければならないことです。大学に入って日が浅いですが多分今後そういったことを何度もやることになるんだろうなあと思います。多分本読んで勉強するのが中心になると思うので。 そして式の追いづらさを差し引いてしまえば本書の説明は実に明快です。まあ大抵の物理の本はそうだったりするかもしれませんが恐らく受験参考書の中では随一でしょう。まさに「物理のエッセンス」が詰まっているように思います。 基本的に公式を原理から導出するというスタイルで進んでいくので、先に公式暗記などという愚かな勉強をしてしまった諸君にも優しいと言えますね。 一つ難を言うとすれば、電磁誘導の記述でしょうか。閉回路が存在しなくとも誘導起電力は生じます。 又問題演習が別に出版されていますがそちらは幾分本書を補う役割も担っているようです。時間があるならやっておいて損はしないでしょう。 現状最高の参考書だと思われます。物理選択者たるものすべくあらく本書を手に取り鍛錬すべし。まさに必読書です。

レビューをもっと見る
9101914
参考書名
理論物理への道標 上 力学/熱学/力学的波動
著者
杉山 忠男
ページ
243ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
21862735?w=80

レベル的には学部の2回生あたりで学ぶこと(特殊相対性理論らへん)までが主に書いてあります。載ってる問題は東大、京大、東工大や後期日程のものがほとんどです。苑田さんのトップレベル物理とほとんど基本的に同じ内容でその復習、演習に最適です。ハイレベル物理よりは若干高度です(極座標運動方程式等)

Icon default user

理論解説・問題選定共に非常に高度ですが、深い理解が得られます。 理論編では微積分の使用を含め大学で習うような内容が簡潔にまとめられています。 問題編では東大をはじめとするリード文長めの入試問題がズラリ。解答の補足で運動の様子に一歩踏み込む解説が 載せられている事もしばしば。 著者の杉山忠男さんですが、 ・「国際物理オリンピック」、「物理チャレンジ」の対策本を書いている ・あの苑田尚之さんと共に河合塾で東大即応オープンの作問したり、浪人生用の最難関向けテキストを作っている という人です。 このテキスト自体も「物理チャレンジ」の参考書に使われるほどのレベルですので、受験生は下手に手を出さない方が良いかも。 高校物理やり直したくなった理系の大学生・OBには程良いかと。

16348478?w=80

道標はいいぞ

レビューをもっと見る
160049
参考書名
オリンピック問題で学ぶ世界水準の物理入門
著者
物理チャレンジ・オリンピック日本委員会
ページ
320ページ
出版社
丸善
Btn amazon
4727127?w=80

タイトルの通り.脅すようだが,これくらいはできるようになっておかないと2次の会場から楽しく帰ることはできないと思う.実験の試験に関する本は少ないので,その点でも必要性が高いと思う.

レビューをもっと見る
269913
参考書名
体系物理[第6版] (体系シリーズ)
著者
下妻 清
ページ
320ページ
出版社
教学社
Btn amazon
Icon default user

「物理の公式は覚えたけど、どういう時に適用すれば良いか分からない…」 「公式は覚えてある程度問題もこなしたが、いまいち理解が進まない…」 上に挙げたような悩みを抱えている方に、『体系物理』は特にオススメです。特徴を挙げると、 ・問題数は多め(400題ほど) ・一問は軽め(1問に5分くらい) ・全てが筆者の創作問題 ・公式の導出問題を多数収録 ・様々な問題設定を網羅 となっています。解説はアッサリしているので、質問できる人を確保しておきましょう。 初めて聞くって方も多いと思いますが、40年の歴史を持つ、知る人ぞ知る優良問題集です。物理は公式の成り立ちと意味を深く理解すればあとは演習量に応じて成績が伸びていきます。問題を解く時に、公式がなぜ適用出来るのかを意識しながら解くことを繰り返していきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧ 参考書は『わくわく物理探検隊』がオススメです。

17889097?w=80

他のレビューを見て落胆した。 この本から何も得ていないのかと疑いたくなるような文章ばかりである。 本書の良さが十分に伝わっていないと思うので、僕が紹介差し上げたい。 まず、この体系物理の主眼とする所は、公式の解明である。 意外と教科書をなぞって確認するだけで、公式をそのまま覚えがちな昨今の物理事情に対して警鐘を鳴らすかのような、公式導出問題の数々。 物理は公式の前に、問題の前に、現象があるのだ、そこを忘れてはならない。 自らの力で、例えば、光の速度をフィゾーの実験を通して解き明かす。 教科書にあっさりと載っている「3.0×10^8」 という光の速度を見ただけならば、印象は薄いだろう。 だが、自らの力で「3.13.....×10^8」と求められた時は、強く心に残るものだ。 問題数は普通の参考書に比べ多いと言われるが、どれもこれもが物理の本質で、欠かせない物理的地盤である。 こうして、体系的に物理を学ぶ事で、無味乾燥な暗記や物理の勉強から脱出できる。 この本の真価はここにある。 解説が少ないという声も聞こえるが、解説が少ないなどとのたうち回っているうちは絶対に学力は向上しない。 自ら、つまり、能動的に知識を得ようとしなければ真の学習はないのだ。 教科書なり他の参考書なり、昨今はインターネットでも、自分で調べて解き明かすのがよい。 そうすることで物理の実力は幾倍にも跳ね上がる。 物理が嫌いとか、苦手とか、無味乾燥だと思っている人にこそ本書を薦めたいものだ。

Icon default user

量が400題とかなり多い。しかし、300題の標準問題は、わかりやすい参考書を読んでからやれば、初見で6〜7割はできると思うので、比較的早く終わる。ただし、発展問題は骨のある問題が多いので、1分くらい悩んでも分からなかったらすぐ答えと参考書を読んで理解するようにして、効率を高めると良い。

レビューをもっと見る
1363973
参考書名
物理教室 (河合塾シリーズ)
著者
ページ
480ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
9908969?w=80

物理だけが唯一の苦手科目だった者です。解説は丁寧でまとまっており、たぶん地方国公立ならこれで対策できると言っても過言ではないと思います。が、私には難しかったです。

20547429?w=80

半年以上この本を利用しています。 例題は全てこなし、二周以上はしています。その上での感想です。 私自身物理は得意であり、物理学そのものに対する興味も持っていまが、この本の解説はしっくり来ていません。 解説の雰囲気は、教科書に近い感じです。 良く言えば、簡潔で的確な解説。 悪く言えば、無味乾燥で眠くなる。 しっくり来なかった具体的な点は、以下の2つ程です。 ・誤解し易いポイントの注意がない、 ・変数や定数などで利用する代数に対する断りがない (代数が何の宣言もなく使用される、相異なる文脈で一つの文字が何の断りもなく使いまわされる) 要するに、そっけない感じです 私には、新・物理入門の記述の方がしっくり来てます。

19053795?w=80

ぶ厚くて持ってはいるがなかなか取り組めないって人は多いと思う。 でも実際読んでみると理論が基礎から応用までしっかり抜けなく説明されていて、 なぜ??え?? っていう疑問をもつことがほとんどない。 しかし電気分野などは特に仕組みを数学的に説明していて理論を読むのは大変だが理解したら忘れなく深く記憶できると思う。 難易度は良問とエッセンスを織り交ぜたくらいで例題は少ないが説明に抜けが全くない 好みは確実に分かれるが、普段から理論を分かりながら進めてる人には合うと思う。

レビューをもっと見る
748332
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
14686265?w=80

このシリーズは2冊で入試で問われる物理が網羅でき、なおかつ低価格という点が良いです。内容は教科書等と多少前後することがあるかも知れませんが、間違えやすい考え方や発展的な考え方も載っているので授業レベルではかなりの進度でも対応できるかと思います。標準的な問題集に取り組む前、もしくはつまずいた時に一読すると良いでしょう。

20779704?w=80

解説が詳しいそうなので、購入した。 が、いかんせん問題数が少ない。 なんだか、実になりにくい気がする。というのもこれを理解した上でリードアルファを解いても歯が立たないからだ。 リードαに入るまでに、その分野への耐性をつけておくぐらいにしか役に立たない。 ほかの簡単な問題集を解いて慣れたほうが記憶に残るし良い。

21280019?w=80

高校物理参考書の定番であるこの一冊。 周りの人や掲示板などで推されたので購入することに。 これだけおすすめされるにはなにか理由があるのだろうけど自分にはそれがわからなかった。 この一冊で大丈夫と思えるほど詳しいとは思えないし、教科書と併用しないといけないかなどがさっぱり… これで完璧なった人はどんなふうに使っていたのだろうか

レビューをもっと見る
875236
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
14686265?w=80

理解が難しい電磁気の分野も、ただ説明が書かれているだけではなくほかの分野と結びつけて書かれているのでわかりやすいです。低価格でありがたいです。

20630438?w=80

物理は苑田先生に教わりましょう☺️ めっちゃおもろいで!

21844296?w=80

熱 33題 電磁気 95題 原子 40題 ※いずれも例題を除く

レビューをもっと見る
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
    14720702?w=72
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15195811?w=120

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    14713140?w=120

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    15746168?w=120

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    14704913?w=120

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    19816022?w=120

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    15790880?w=120

    【物理おすすめ問題集】京大の物理25カ年の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay