【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理学というのは、大学以上においては物理学科だけでなく、化学系や機械系とかかわり、そして化学系や機械系に関わるということは生物系や情報系などなどの、ほとんどすべての学問に関わってきます。少なくとも高校レベルのものは知っていないと、思わぬところで足を掬われます。
大学に入ってからやり直しても良いのですが、どうせならば高校の段階である程度完成しておくと大学の勉強がより早い段階で深く、楽しめるようになります。

というわけで、模試で物理の偏差値が60を超えるという理系の方は、下の『新・物理入門』という“本格”に触れられる参考書はいかがでしょうか。この参考書は他の参考書と一線を画しており、微分積分の立場から解説をしています。実は物理において微分積分はきわめて重要です。というか、本物の“物理学”ではそちらを使います。それゆえ、微分積分のテクニックを身につける本ではなく、微分積分を通して物理現象を理解する点に重きをおくことには注意してください。むしろ式の詳細をすべて追う必要はないので、微分積分を通すことで物理現象をより明確に捉え、想像することを目指してみてください。

河合塾からも同様のコンセプトと思われる『理論物理への道標』シリーズが出ています。ただ、こちらは『新・物理入門』よりもさらにレベルが高いです。さらにそのレベルの参考書としては『オリンピック問題で学ぶ世界標準の物理入門』という本があります。ただ、ここまでやるなら他の科目を仕上げなさいという感じがあります。他の科目もそのレベルならさっさと大学物理や数学の教科書を読みなさい、という感じです。

微積を使った解答については、書けるようになるまでは少し時間がかかりますし、丁寧に見てくれる指導者がいないとかなり誤解をしてしまう恐れがあります。そこで私が行ったのは、教科書と併用することで、公式の理解だけ微積で再構成して、非効率な暗記を減らして理解を深めることです。問題を解くときはその公式を使ったり、高校物理風の解答を書いたりします。それだけでも物理に対する理解度がかなり上がるので、これらの参考書はおすすめです。理系に進もうとする方はぜひ活用してみてください。また、その助けとなる参考書兼問題集に『体系物理』があります。私は『新・物理入門』と教科書を読み比べて身につけましたが、そういうアプローチもありです。

参考書名
新・物理入門 (駿台受験シリーズ)
著者
山本 義隆
ページ
342ページ
出版社
駿台文庫

暇な時に読んでます 理科、特に物理が好きな人にはオススメです 真面目に問題を解くっていうよりかはオタクっぽい目線で物理で遊ぶのに向いてます

高校の数学IIIの教科書の微積分の計算がスラスラできても、高校物理の知識ゼロだと費用(時間)対効果は極めて薄い。 式を追うことはできるが、その物理的意味を本文から読み取って理解する事が難しい。 高校物理の全範囲を知っている事を前提として記述されている。 全くの物理初心者は、時間がかかり過ぎるので程々にした方が良い。 でも数学IIIの計算がスラスラできる人なら、一通り高校物理の全範囲をやった後はスイスイ進むと思う。

物理の本質ここにありと言う感覚

レビューをもっと見る
参考書名
理論物理への道標 上 力学/熱学/力学的波動
著者
杉山 忠男
ページ
243ページ
出版社
河合出版

数学と物理の紐付けに失敗したくない人は絶対に読むべきです。理論編を読み込むだけでもおいしいですし、演習編は容赦ない問題がついていて楽しいです。解析的な手法を多く使っていくので、数強だと無双できます。(初読までに数学IIIは終わらせておきましょう。)ただし、あまりに解析的な手法にハマりすぎて基本的なエネルギー保存などの解法を忘れないように意識しておくといいかもしれません。知ったかぶってごめんなさい。ちなみに僕は物理の何もわかりません。

この本と新物理入門で物理学の考え方と難しい問題へのアプローチを理解し使えるようにして、名問の森で典型問題は反射的に解けるよう練習する。 そうすれば受験物理も余裕かつ大学入学後の物理にも抵抗なく入っていけると思います。 (ただオーバーワーク気味になるので物理が好きじゃない人は普通に微積無しの物理で定性的に乗り切るのが楽です。

レビュー機能でもう一度紹介 僕はこの本のおかげで駿台全国模試で物理全国3位をとることができたと思っています。この本は原理法則の解説編と問題編に分かれていてどちらも素晴らしいです。教科書なんかよりこの本の解説の方がわかりやすいです。駿台名古屋校に所属する某I師の授業をわかりやすくした感じです。塾に行ってない方は夏休みぐらいにやってみてはいかがですか?

レビューをもっと見る
参考書名
オリンピック問題で学ぶ世界水準の物理入門
著者
物理チャレンジ・オリンピック日本委員会
ページ
320ページ
出版社
丸善

タイトルの通り.脅すようだが,これくらいはできるようになっておかないと2次の会場から楽しく帰ることはできないと思う.実験の試験に関する本は少ないので,その点でも必要性が高いと思う.

レビューをもっと見る
参考書名
体系物理[第6版] (体系シリーズ)
著者
下妻 清
ページ
320ページ
出版社
教学社

これやっとけばいいですよ(特に京大) あとは過去問で練習

解説ないけど。

言わずもがな、と優に評し得る良書です。 この参考書の優れた点は ・全てがオリジナル問題(つまり過去問の掲載はない) ・分野ごとに漏れなく、事象を本質から捉える視点が身につく構成 ・難問系統は掲載されていない ・比較的取り組みやすい問題が多い といったところでしょうか、これ以外にも使い始めて気づく点は多いでしょう。 私は体系物理を今年から使い始めていますが、確実にマーク模試での失点が減り、記述式の模試では解法の糸口が以前より格段に早く思いつくようになったので、もっと早く使っていれば、、、と思う次第です。 名問の森や難系物理などと迷っているようでしたら、間違いなくこれを薦めることができます。 参考までに。

レビューをもっと見る
参考書名
物理教室 (河合塾シリーズ)
著者
ページ
480ページ
出版社
河合出版

これは神冊!!!!! 来週から始めます

演習量は置いておいて、解説の詳しさはエッセンスよりもこちらの方がダントツで上です。ただこれを全て理解するには数IIIの微積が必要です。数IIの微積では足りません。単振動やそれに準ずる知識が必要な分野で、数IIIの微積が使われた説明がよくなされております。

物理のエッセンスと新物理入門の中間に位置する参考書だと思います。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版

著書の中で力学についての考え方があります。 運動方程式のところを見ていると自分が安易な考えで力の方向を決めてしまったように思います汗 気づきは行動と情熱です。 行動がなければ結局何も変わらないし行動し続けた人は情熱を持ち続けていた。 読んだ後にした行動こそがこのレビューです。

昨日受けた河合模試、何をおもったのか、大問3の運動方程式の遠心力をmrv2(この2は二乗ですだれか二乗の打ち方教えてください)として立式していた。このおかげで問3まで分子分母すべてひっくりかえっていた。なにを隠そう、落とした点数16点である。もはや笑うことしかできない、あっはっは~。なぜこのような間違いをしたのか。やはり前日2時半寝がよくなかったのであろう。模試の前日、1ヶ月半ぶりくらいに開いたYouTubeが止まらなかったのである。あぁ、YouTubeは恐ろしい。やはり人間は睡眠、睡眠は人間なのである。みんなもしっかり寝て模試にいどんでほしい。

物理のエッセンスと題してはいるが、公式暗記の元基礎問題を早く解くことを主題としているような問題集で、センター対策にはなれど東大のような本質的な入試問題には全く繋がらない 物理は駿台の教材であったり苑田尚之師の講義(これが最も良い)を、時間をかけてでも噛み締めるよう理解するのが結局のところ近道のように思える 難関大志望者は別の参考書での学習を強く勧める

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版

問題のレベルとかは基礎かもしれませんが、初学には全くおすすめ出来ません。 電磁気さっぱり分からん状態で青エッセンス解くと解法意味不明。で、諦めて漆原の電磁気やったらあら不思議。できるではありませんか。更に青エッセンス解いたらあらあら不思議。解けるじゃないですか。(サクラじゃないです) 要するにエッセンスは初学向きじゃないってこと。 よく赤エッセンスまでは良かったって言う声を聞くけど、力学までは何となく覚えてる人が多いからじゃないでしょうか。 結論:エッセンスはレベル1~であり、0ではない。

値段は良心的だけど買わなくてよかったかも

物理に触れるのは恐らく中学生以来です。 私は無名高校の人ですし、理系分野に明るい人間でもないので、受験戦争や物理学から見た本書の価値については詳しい方に譲ります。 初学者向きでないという評価もありますが、個人的にはとても分かりやすかったです。 考え方や解き方の順序、注意点、解説等が丁寧に書かれていて、「解説を読んでも疑問が残り、ネット検索で類題の解説を探す」という気が滅入る作業をする必要がなくなりました。巻末に「三角関数関連の公式」「単位接頭語」「解の公式」等が一覧で載っているのも、ブランクの大きい人間には有難いです。何かと痒い所に手が届く本だなと思います。 それと内容とは無関係なのですが、表紙中身共にシンプルなのも良いですね。特に大人向けの易しい本には「いかにも初学者向け!」なデザインのものが多くて、持っているだけでなんとなく自信が削がれるので。地味ながら大事な所です。 購入を迷うならとりあえず買っておいていいのではないかと思います。少なくとも私にとっては、買って正解な本でした。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に